人気ブログランキング | 話題のタグを見る
2/23 エクスチェンジ・レジデンシー・プログラム活動報告会 ① レズリー・ヤング Exchange Residency Program Activity Report 1 Lesley Young
2018年度のエクスチェンジ・レジデンシー・プログラムではスコットランドのアーティスト・イン・レジデンスHospitalfieldと連携して、アーティスト/キュレーターの派遣交換を行っています。夏にスコットランドへ1ヶ月派遣したアーティストの青柳菜摘さん、高川和也さんと、現在スコットランドからアーカスに招聘しているキュレーター レズリー・ヤング(現在はEdinburgh Sculpture Workshopのプロジェクト・コーディネーター)、今回のプログラムの推薦員を務めてくださったキュレーターの堀内奈穂子さんを交えて活動報告会を行いました。

2/23 エクスチェンジ・レジデンシー・プログラム活動報告会 ① レズリー・ヤング Exchange Residency Program Activity Report 1 Lesley Young_a0216706_16172708.jpg

まずはレズリー・ヤングが彼女のスコットランドでのインディペンデント・キュレーターとしての経験を話します。

(以下ヤングのプレゼンテーションを大まかに日本語に訳しています。)


ヤング:私はギャラリーや美術館に所属するのではなく、友人や仲間のキュレーターとその都市のコンテクストに応じたプロジェクトを作ってきました。コンテクストとは、どんなギャラリーや美術館がアクティブか、彼らはどんな展覧会を作っているか、地元のアートスクールがどんな活動をしているか、加えて自治体が文化をどのように扱っているかなどです。

2/23 エクスチェンジ・レジデンシー・プログラム活動報告会 ① レズリー・ヤング Exchange Residency Program Activity Report 1 Lesley Young_a0216706_16174292.jpg
2/23 エクスチェンジ・レジデンシー・プログラム活動報告会 ① レズリー・ヤング Exchange Residency Program Activity Report 1 Lesley Young_a0216706_12022653.jpg

(
2005-2010年はマンチェスターにてThe Salford Restoration Office、2017-c.2021年はグラスゴーにてChapter Thirteenをそれぞれ展開しています。)



私がThe Salford Restoration Officeをマンチェスターで始めた2005年当時は、労働党のトニー・ブレアが首相で、いわゆる「New Labour(新しい労働党)」(*労働組合の影響力を減らし、市場経済を重視した新たな方針)の政策が進められていた時期でした。
この政権は文化、アートや、クリエイティブ・インダストリーに対する支援を厚くすることで、しばしばアートを社会問題の解決策として利用しました。1970,80年代に産業の空洞化に苦しんだマンチェスターは、2005年までには「新しい労働党」の政策を受け入れ自らのイメージを文化を中心とした街へと一新していました。

2/23 エクスチェンジ・レジデンシー・プログラム活動報告会 ① レズリー・ヤング Exchange Residency Program Activity Report 1 Lesley Young_a0216706_16175254.jpg

一方、Chapter Thirteenはもう一つの脱工業化を果たした都市グラスゴーを拠点にしています。2008年の金融危機の後、保守党政権下では緊縮財政政策により社会保障や文化事業予算は削減されていきました。

Chapter Thirteenをめぐる状況としては、2014年にスコットランド独立住民投票が行われています。(52:48という僅差で独立反対派の勝利。)独立に関する議論は人々の間で熱心に行われましたが、メインストリームのメディアがあまり利用されなかったことが特徴でした。なぜならメディアは独立の反対派へ偏っていると思われていたからです。この議論は今でも活発なので、数年後にまた同様の住民投票が行われるかもしれません。

また、2016年にはイギリスのEU離脱を問う国民投票が行われ、51.9:48.1で「離脱」が決定されましたが、スコットランドや北アイルランド、ロンドンやその他多くのイギリスの地域は「残留」に投票していました。

アーティストやその作品はこういった社会の出来事との連環の中にあり、互いに影響し合っています。
2/23 エクスチェンジ・レジデンシー・プログラム活動報告会 ① レズリー・ヤング Exchange Residency Program Activity Report 1 Lesley Young_a0216706_16180518.jpg
(The Salford Restoration Officeで行われたマルクス『資本論』のリーディンググループ)


The Salford Restoration Officeは、2006年に、James Hutchinsonと、マンチェスターのヴィジュアルアートのインフラストラクチャーを批評するために発足したキュレトリアル・エージェンシーです。
展覧会やプロジェクトを通して美術館、ギャラリーが社会の中でどんな立ち位置を持っているか分析するよう促すものです。The Salford Restoration Officeは4年間の計画で始まりました。そのため、インフラがある特定の時期にどう機能していたか、また、それがどのように活用され得たかをスナップショットとして見せるようなものです。それは、空間の異なる使い方を提案することでアーティスト・ランのギャラリーにオルタナティブな立ち位置を与えました。

既存のマンチェスターの'インスティテューション'としてのインフラを使い、ハード面では既にあるギャラリースペースを利用、ソフト面ではアーティストなどを取り込んでいくことで、マンチェスターにある(アートと社会の)ギャップを埋めるにはどうしたらいいのかということに向き合い、展覧会やパブリック・アート、組織運営への介入を生み出していきました。マンチェスターという一つの都市に活動を限定しましたが、イギリス全土やヨーロッパのアーティストと活動しました。
また、活動期間は4-5年間だと決まっていたので、自分たちの力とお金を建物や施設といった恒久的なものではなく、アーティスト、インスティテューションとの関係性をつくるために使いました。

展覧会やプロジェクトでは、いつも既存の組織(美術館、ギャラリー、大学など)とパートナーシップを組んで動きました。パートナーとなるインスティテューションに予算やスタッフ、スペースを提供してもらい、私たちはアイデアを持ち込んで、そのパートナーの通常のルーティンに合わせて働きました。

The Salford Restoration Officeではジェレミー・デラー(Jeremy Deller)やアルトゥル・ジミェフスキ(Artur Zmijewski)といったアーティストとの展覧会を実現しています。

2人はともに'参加'ということに異なるやり方で取り組んでいるアーティストです。

2/23 エクスチェンジ・レジデンシー・プログラム活動報告会 ① レズリー・ヤング Exchange Residency Program Activity Report 1 Lesley Young_a0216706_16181587.jpg
Jeremy Deller Procession



2016年には、4人のインディペンデント・キュレーターと一緒に
、グラスゴーにChapter Thirteenというキュレトリアルの協働組織を作りました。
スコットランドのアートシーンにおけるインスティテューションのあり方に多様性を加えるような組織です。これも4年間という一時的なプロジェクトの特性を生かして、メンバーのそれぞれの得意分野や適性、知識を活用するものです。

2/23 エクスチェンジ・レジデンシー・プログラム活動報告会 ① レズリー・ヤング Exchange Residency Program Activity Report 1 Lesley Young_a0216706_16182556.jpg
(Chapter Thirteenのオフィススペース、展覧会スペースにもなる)
2/23 エクスチェンジ・レジデンシー・プログラム活動報告会 ① レズリー・ヤング Exchange Residency Program Activity Report 1 Lesley Young_a0216706_14484150.jpg


レズリーの話は、自分たちでもインスティテューションに依らずに個人間の連帯で何かおもしろい企画をやってみようかな、という気にさせてくれます。


Chapter Thirteenという名前は、マルクス『資本論』の第13章、協同について書かれた章からとられているそうです。
この名前の由来には、短期の契約ベースという不安定な雇用形態で働くインディペンデント・キュレーター同士の連帯のために、というメッセージが込められているそうで、同じく労働環境の不安定な日本のアート業界でも、もっと声を上げていければと思いました。


今回は、来日直後の報告会となってしまったので、レズリーには自身の今までの活動について話してもらいましたが、今後の活動のヒントにしていきたいと思います。

次回のブログでは、青柳菜摘さんと高川和也さんのパートをご紹介します。
2/23 エクスチェンジ・レジデンシー・プログラム活動報告会 ① レズリー・ヤング Exchange Residency Program Activity Report 1 Lesley Young_a0216706_16184578.jpg















# by arcus4moriya | 2019-02-23 16:00 | AIR_2018
HIBINO HOSPITAL Vol.73 「一分の一の日本地図は世界のどこかの場所に似ている。」at 電波宇宙館(高萩市/2019.1月20日 )

HIBINO HOSPITAL Vol.73 「一分の一の日本地図は世界のどこかの場所に似ている。」at 電波宇宙館(高萩市/2019.1月20日 )_a0216706_22184959.jpg
みなさんこんにちは、石井です。

2019年1月20日に開催された、2018年度 地域プログラムの人気ワークショップシリーズ、
HIBINO HOSPITAL(日比野美術研究室付属病院放送部) Vol.73のダイジェストです。
年2回実施のHIBINO HOSPITAL 第1弾は県北・高萩市へ!
この日は「宇宙電波館」のある、さくら宇宙公園で開催。県北/高萩市の皆様のご協力、ありがとうございました。
HIBINO HOSPITAL Vol.73 「一分の一の日本地図は世界のどこかの場所に似ている。」at 電波宇宙館(高萩市/2019.1月20日 )_a0216706_17210868.jpg
さて公式73回目のテーマは、
です。(実質はVol.0も含め外部での展示も入れたりするとHHは75回カウント更新!)

毎度ながら日比野さんの解説・導入トークから始まります。
直前まで何をするのかスタッフも詳しくは知らないので、全員注目!

HIBINO HOSPITAL Vol.73 「一分の一の日本地図は世界のどこかの場所に似ている。」at 電波宇宙館(高萩市/2019.1月20日 )_a0216706_18130280.jpg
HIBINO HOSPITAL Vol.73 「一分の一の日本地図は世界のどこかの場所に似ている。」at 電波宇宙館(高萩市/2019.1月20日 )_a0216706_22160950.jpg
HIBINO HOSPITAL Vol.73 「一分の一の日本地図は世界のどこかの場所に似ている。」at 電波宇宙館(高萩市/2019.1月20日 )_a0216706_22184156.jpg
皆でGoogle earthを眺めます。参加者の中から、自分の家の近くの住所を言ってもらうと、本当にくっきりとその場がわかってしまう、地図アプリ。このアプリの中では世界中を見る事が出来ます。今日は何をするのかというと...日比野さんがみせたこの画像。衛星画像でしょうか?よく目をこらしてみると。

HIBINO HOSPITAL Vol.73 「一分の一の日本地図は世界のどこかの場所に似ている。」at 電波宇宙館(高萩市/2019.1月20日 )_a0216706_15364804.jpg
HIBINO HOSPITAL Vol.73 「一分の一の日本地図は世界のどこかの場所に似ている。」at 電波宇宙館(高萩市/2019.1月20日 )_a0216706_15404023.jpg
HIBINO HOSPITAL Vol.73 「一分の一の日本地図は世界のどこかの場所に似ている。」at 電波宇宙館(高萩市/2019.1月20日 )_a0216706_15365936.jpg
日比野さんが会場にくるまでに撮影した地上の画像なのだそう。そこで今日のワークショップは。
「1分の1の地図を描きます!」

HIBINO HOSPITAL Vol.73 「一分の一の日本地図は世界のどこかの場所に似ている。」at 電波宇宙館(高萩市/2019.1月20日 )_a0216706_22183114.jpg
日比野さんから、ひとりひとりにこの薄いトレーシングペーパー(写し紙)を一枚ずつ、マーカー1本を渡されました。
1分の1の地図は、この紙一枚分のサイズに原寸のまま記すこと。
地表面でも木々でも、地球のどこかに似ているような場所を探して、描き写すのです。
HIBINO HOSPITAL Vol.73 「一分の一の日本地図は世界のどこかの場所に似ている。」at 電波宇宙館(高萩市/2019.1月20日 )_a0216706_22182178.jpg
レクチャー後、外へ解散。この日は真冬なのにポカポカ陽気。
宇宙電波館のあるさくら宇宙公園は広大です。
HIBINO HOSPITAL Vol.73 「一分の一の日本地図は世界のどこかの場所に似ている。」at 電波宇宙館(高萩市/2019.1月20日 )_a0216706_17291654.jpg
敷地内であればどこでも、目の前のミクロの世界で地表に見える、どこかの地球上の場所に似ているかもしれない形を探せそうです。
HIBINO HOSPITAL Vol.73 「一分の一の日本地図は世界のどこかの場所に似ている。」at 電波宇宙館(高萩市/2019.1月20日 )_a0216706_22181053.jpg
地面に這いつくばる人もいれば、黙々と桜の幹を描き写す人も。
HIBINO HOSPITAL Vol.73 「一分の一の日本地図は世界のどこかの場所に似ている。」at 電波宇宙館(高萩市/2019.1月20日 )_a0216706_22175372.jpg
HIBINO HOSPITAL Vol.73 「一分の一の日本地図は世界のどこかの場所に似ている。」at 電波宇宙館(高萩市/2019.1月20日 )_a0216706_18281850.jpg
芝生のいっぽんいっぽんの草や、ボコボコ感を描き写す子。
HIBINO HOSPITAL Vol.73 「一分の一の日本地図は世界のどこかの場所に似ている。」at 電波宇宙館(高萩市/2019.1月20日 )_a0216706_22174514.jpg
HIBINO HOSPITAL Vol.73 「一分の一の日本地図は世界のどこかの場所に似ている。」at 電波宇宙館(高萩市/2019.1月20日 )_a0216706_17373030.jpg
隅々まで描き写していきます。
HIBINO HOSPITAL Vol.73 「一分の一の日本地図は世界のどこかの場所に似ている。」at 電波宇宙館(高萩市/2019.1月20日 )_a0216706_22173880.jpg
HIBINO HOSPITAL Vol.73 「一分の一の日本地図は世界のどこかの場所に似ている。」at 電波宇宙館(高萩市/2019.1月20日 )_a0216706_22172409.jpg
後ろにそびえ立つのはパラボラアンテナ。なんと高萩のここが、アメリカから日本で一番最初の国際衛星画像をNASA経由で受信したアンテナがある場なのだそう。当時、日本国内でのテレビはすでに普及していましたが、一番最初の衛星画像は、言わずと知れた米国ケネディ大統領のパレードシーン。団塊の世代の方々なら、最初に見た衛星中継画像で印象が強く残っているかもしれませんね。
HIBINO HOSPITAL Vol.73 「一分の一の日本地図は世界のどこかの場所に似ている。」at 電波宇宙館(高萩市/2019.1月20日 )_a0216706_22171477.jpg
また、高萩は日本で最初に日本地図を作った長久保赤水(ながくぼ・せきすい)という地理学者の出身地として知られています。
HIBINO HOSPITAL Vol.73 「一分の一の日本地図は世界のどこかの場所に似ている。」at 電波宇宙館(高萩市/2019.1月20日 )_a0216706_16003059.jpg
興味深いのは、伊能忠敬よりも42年早く、しかも伝聞だけで作られた「改正 日本輿地路程全図(かいせい にほんよちろていぜんず)」を1779年に制作した偉人、赤水さん。秘蔵された伊能忠敬の地図とは異なり、広く「赤水図」として町民に向けて版が刷られ、普及していたというのだから驚き。
240年前にそんな歴史のあったこの地で、現代の1分の1の地図を制作するみなさん。
HIBINO HOSPITAL Vol.73 「一分の一の日本地図は世界のどこかの場所に似ている。」at 電波宇宙館(高萩市/2019.1月20日 )_a0216706_22170473.jpg
皆それぞれが描き写した表面、1分の1の地図を持ち帰り、次の段階へ。
携帯にあるアプリ、google mapやgoogle earthで自分が描いた地図に見える似た場所を探します。
HIBINO HOSPITAL Vol.73 「一分の一の日本地図は世界のどこかの場所に似ている。」at 電波宇宙館(高萩市/2019.1月20日 )_a0216706_15300718.jpg
HIBINO HOSPITAL Vol.73 「一分の一の日本地図は世界のどこかの場所に似ている。」at 電波宇宙館(高萩市/2019.1月20日 )_a0216706_17330794.jpg
参加者同士、どこに似ているか、スマホで見比べあったり。
HIBINO HOSPITAL Vol.73 「一分の一の日本地図は世界のどこかの場所に似ている。」at 電波宇宙館(高萩市/2019.1月20日 )_a0216706_22165463.jpg
そこにあの赤いピンを置いて、場所の名前を入れます。グーグルマップっぽい。
HIBINO HOSPITAL Vol.73 「一分の一の日本地図は世界のどこかの場所に似ている。」at 電波宇宙館(高萩市/2019.1月20日 )_a0216706_22164327.jpg
ニューヨークシティ。写し込んだのはマンホールでしょうか。
HIBINO HOSPITAL Vol.73 「一分の一の日本地図は世界のどこかの場所に似ている。」at 電波宇宙館(高萩市/2019.1月20日 )_a0216706_15312134.jpg
草木を描き写したらセドナに。平城京まで!
HIBINO HOSPITAL Vol.73 「一分の一の日本地図は世界のどこかの場所に似ている。」at 電波宇宙館(高萩市/2019.1月20日 )_a0216706_15304579.jpg
「完成!」
HIBINO HOSPITAL Vol.73 「一分の一の日本地図は世界のどこかの場所に似ている。」at 電波宇宙館(高萩市/2019.1月20日 )_a0216706_15272076.jpg
HIBINO HOSPITAL Vol.73 「一分の一の日本地図は世界のどこかの場所に似ている。」at 電波宇宙館(高萩市/2019.1月20日 )_a0216706_22163452.jpg
1分の1の地図が完成したら、我こそは!という参加者に場所の発表をしてもらいました。
スクリーンには同じ場所をgoogle mapでサーチ。
HIBINO HOSPITAL Vol.73 「一分の一の日本地図は世界のどこかの場所に似ている。」at 電波宇宙館(高萩市/2019.1月20日 )_a0216706_22162707.jpg
確かに、似ている!
さくら宇宙公園に地球上のいろんな場所が閉じ込められている、そんな想像力が高まるワークショップとなりました。
後日、全員の作品が高萩市立福祉センターで展示されることになりました。(会期は既に終了しています)
地元の方々はじめ、遠方からお集まりいただいた皆様、ありがとうございました。
HIBINO HOSPITAL Vol.73 「一分の一の日本地図は世界のどこかの場所に似ている。」at 電波宇宙館(高萩市/2019.1月20日 )_a0216706_22161650.jpg
 (写真:加藤甫)


展覧会の様子はこちらから。
HIBINO HOSPITAL Vol.73 「一分の一の日本地図は世界のどこかの場所に似ている。」at 電波宇宙館(高萩市/2019.1月20日 )_a0216706_15332934.jpg
HIBINO HOSPITAL Vol.73 「一分の一の日本地図は世界のどこかの場所に似ている。」at 電波宇宙館(高萩市/2019.1月20日 )_a0216706_15553638.jpeg
HIBINO HOSPITAL Vol.73 「一分の一の日本地図は世界のどこかの場所に似ている。」at 電波宇宙館(高萩市/2019.1月20日 )_a0216706_15565545.jpeg
HIBINO HOSPITAL Vol.73 「一分の一の日本地図は世界のどこかの場所に似ている。」at 電波宇宙館(高萩市/2019.1月20日 )_a0216706_15353033.jpg

HIBINO HOSPITAL Vol.73 「一分の一の日本地図は世界のどこかの場所に似ている。」at 電波宇宙館(高萩市/2019.1月20日 )_a0216706_15584255.jpg
HIBINO HOSPITAL Vol.73 「一分の一の日本地図は世界のどこかの場所に似ている。」at 電波宇宙館(高萩市/2019.1月20日 )_a0216706_15564100.jpeg










# by arcus4moriya | 2019-01-20 22:21 | HIBINO HOSPITAL
Erica van Loon's studio : OPEN STUDIOS
Erica van Loon [The Netherlands]

The Longest Wave We Surf

1. Statement by Erica van Loon
The Longest Waves We Surf reflects on ideas around ecology by relating physical movements of human and non-human bodies, it specifically focuses on movements with a cyclic character. Think of how slow earthquakes vibrate barely noticeable seismic waves throughout the body of the earth, at frequencies so low that we need to drill holes in mountains to sense them; of aikido movements that spiral and embrace, physically and philosophically; and an ant that lives high up in the canopy of tropical trees and that evolved techniques so she falls without ever hitting the ground.

The input for this project was gathered during my residency at ARCUS Project and during the Labverde Arts Immersion Program in the Brazilian Amazon, which I attended just before coming to Japan. The video installation I am developing at ARCUS Project combines images, text and sound inspired by these antipodes.

In part my research itself was physical; I recorded footage and was taught while sweating in the middle of the rainforest, training on tatami mats in the dojo and ascending sacred mountains. The installation invites the spectator to engage on a physical level as well.

2. Comment by Kodama Kanazawa
[ Guest Curator 2018 / Independent Curator/ Senior Deputy Director of Curatorial Affairs, Towada Art Center ]

Already strongly interested in the physical connection between human beings and the earth, Erica van Loon explored several different topics during her residency in Japan and conducted research on them at the same time. One of these was aikido. Van Loon actually received training in the martial art and learned some aikido moves. In aikido, you utilize your opponent’s energy to protect yourself. Van Loon said that she was impressed by the idea that “redirecting the rhythm and intent of someone’s movement enables you to attune to one another.” She also went to meet a seismologist in Tokyo and learned about slow earthquakes, which occur over the course of a few days, months or even years. Van Loon’s interest in the subject stemmed in part from the fact that she experienced her first earthquake during her residency. She also read up on Cephalotes atratus, a species of ant that she encountered during a stay in the Amazon just before coming to Japan. The ant lives its entire life on a tree. Whenever it is danger of falling, the creature glides through the air to change direction and jumps back toward the tree trunk.

Van Loon created a video installation made up of moving images and sound that deals with the ant’s behavior, the aikido technique of rotating the arm, and slow earthquakes, which extend throughout the world. Her presentation shows the outcome of her explorations into the dynamics of circulation in the ecosystem through both a scientific and physical approach.


Special Thanks:
Shinya Aoyama, Satoshi Ikeda, Kohei Kanomata, Takahiko Kamiyama, Joseph Kudirka, Cihad Caner, Tamaki Sugiyama, Hiroshi Sugiyama, Yukari Sugiyama, Tetsuya Suzuki, Yudai Suzuki, Erika Ceruzzi, Kaname Takahashi, Rintaro Takahashi, Masatoshi Tagami, Akiko Takeo, Curtis Tamm, Santiago Diaz Escamilla, Taeko Naruko, Rosie Heinrich, Fabricio Baccaro, Hirokazu Hayashi, Hiroshi Hara, Amy Pickles, Steve Yanoviak, Hideki Yamashita, Teruaki Yamanoi, Daisuke Watayo

North Ibaraki Geopark Promotion Council, North Ibaraki Geopark GeoNet HITACHI, Studio OZ, Tsukuba Aikido-kai, Tokyo University earthquake Research Institute, Labverde

青山 真也, 池田 哲, 鹿又 亘平, 神山 貴彦, ジョセフ・クディルカ, ジハド・ジャネル, 杉山 たまき, 杉山 洋, 杉山 ゆかり, 鈴木 哲也, 鈴木 雄大, エリカ・セルジ, 高橋 要, 高橋 臨太郎, 田上 正敏, 竹尾 明子, カーティス・タム, サンティアゴ・ディアス・エスカミリア, なるこ たえこ, ロジー・ハインリッチ, ファブリシオ・バッカロ, 林 宏和, 原 広, エイミー・ピクルス, スティーヴ・ヤノヴィアク, 山下 秀樹, 山野井 照顕, 済陽 大介

茨城県北ジオパーク推進協議会, 茨城県北ジオパーク ジオネット日立, スタジオOZ, つくば合気道会, 東京大学地震研究所, ラブヴェルデ

Erica van Loon\'s studio : OPEN STUDIOS_a0216706_20025891.jpg
Erica van Loon\'s studio : OPEN STUDIOS_a0216706_20025161.jpg
Erica van Loon\'s studio : OPEN STUDIOS_a0216706_20024309.jpg
Erica van Loon\'s studio : OPEN STUDIOS_a0216706_20023677.jpg
Erica van Loon\'s studio : OPEN STUDIOS_a0216706_20022783.jpg
Erica van Loon\'s studio : OPEN STUDIOS_a0216706_20030721.jpg

                                 Photo by Hajime Kato



















# by arcus4moriya | 2018-12-25 12:00 | AIR_2018
Erika Ceruzzi's Studio : OPEN STUDIOS
Erika Ceruzzi [USA]

F1

1. Statement by Erika Ceruzzi
F1 is an installation; an environment to experience my research surrounding transgenic silk in Japan. F1 temporarily replaces the room number of my studio 1 and refers to an F1 hybrid, which in biology, classifies the offspring of two distinct parental lines.

My interest in genetically modified silkworms began with a fascination of silk’s structural properties. It is a hyper strong yet delicate, biocompatible fiber. In the United States, silk is being developed as a potentially bulletproof material for the military. This is possible through genetic engineering of spider DNA within the organism of the domesticated silkworm (Bombyx mori).

During the course of my research, I discovered that the relationship between human and silkworm is intensely intimate.

For generations, even as raw silk became a major export and source of economic growth for Japan, silkworms were raised in people’s homes, in rural regions where the silk industry had taken root during the Meiji Restoration.

With optimal conditions in question, I invite the possibility of genetic entanglement between silkworm and human. The synthesis occurs not in a highly technical lab, but rather, in a kind-of residential research complex. It is a hypothetical space, incomplete, and stripped down as a mere framework for imagination. I’ve altered elements of the former classroom in order to subtly re-contextualize the environment into a domestic setting.


2. Comment by Kodama Kanazawa
[ Guest Curator 2018 / Independent curator / Senior Deputy Director of Curatorial Affairs, Towada Art Center]
After learning that silkworms were being genetically engineered to spin spider silk for the U.S. military, Erika Ceruzzi developed a strong interest in the political significance of the insect. During her residency in Japan, Ceruzzi discussed a variety of topics with the curator and the staff, including the long history of Chinese silk production, which began before the Common Era; the Silk Road, which connected various regions in Eurasia; and the role that the silk industry played in the modernization of Japan. She also considered some less apparent sides of the subject, such as the exploitation of female laborers and the study of silkworms in genetic technology. In addition, Ceruzzi made research trips to the Tomioka Silk Mill, an active silk mill and a silkworm farmer in Gunma, the Silk Museum in Yokohama, and the National Agriculture and Food Research Organization (NARO) to broaden her knowledge of silkworms, sericulture, and the relationship between people and the insects.

In Open Studios, Ceruzzi presented the results of her research in the form of an installation. One notable aspect of the display related to the phenomenon of double cocoons – a cocoon created by two silkworms that is normally not suitable for commercial use. Ceruzzi also fabricated slippers for her studio visitors – a reference to the slippers required to enter the laboratories at NARO. This suggests her sensitivity to local differences such as notions of hygiene and ritual behaviors.

You might say that Ceruzzi set out to discover the geographical, historical, and physical politics contained in the material silk (a fabric used to make sculpture) and its origins.


Special Thanks:
Tsunenori Kameda, Keiko Kimura, Kyoko Koshiishi, Cihad Caner, Tetsuya Suzuki, Curtis Tamm, Michiko Noguchi, Shinsuke Hayashi, Hiroshi Hara, Erica van Loon, Hideki Yamashita
亀田 恒徳, 木村 恵子, 輿石 京子, ジハド・ジャネル, 鈴木 哲也, カーティス・タム, 野口 美智子,
林 慎介, 原 広, イリカ・ファン・ローン, 山下 秀樹

Usuiseishi Co., Ltd., Silkworm Farmers in Gunma Prefecture, National Agriculture and Food Research Organization, Shiina Tatami, Tomioka Silk Mill
碓氷製糸株式会社, 群馬県の養蚕農家様, 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構, 椎名畳店, 富岡市・富岡製糸場

Erika Ceruzzi\'s Studio : OPEN STUDIOS_a0216706_19245287.jpg
Erika Ceruzzi\'s Studio : OPEN STUDIOS_a0216706_19270423.jpg
Erika Ceruzzi\'s Studio : OPEN STUDIOS_a0216706_19281011.jpg
Erika Ceruzzi\'s Studio : OPEN STUDIOS_a0216706_19335712.jpg
Erika Ceruzzi\'s Studio : OPEN STUDIOS_a0216706_19272603.jpg
Erika Ceruzzi\'s Studio : OPEN STUDIOS_a0216706_19274484.jpg
Erika Ceruzzi\'s Studio : OPEN STUDIOS_a0216706_19403340.jpg
Erika Ceruzzi\'s Studio : OPEN STUDIOS_a0216706_19264888.jpg
Erika Ceruzzi\'s Studio : OPEN STUDIOS_a0216706_19414179.jpg
Erika Ceruzzi\'s Studio : OPEN STUDIOS_a0216706_19404852.jpg
photo: Hajime Kato










# by arcus4moriya | 2018-12-25 11:23 | AIR_2018
Cihad Caner's studio : OPEN STUDIOS
Cihad Caner [Turkey]

Demonst(e)rating the untamable monster

1. Statement by Cihad Caner
The “others” of this story are monsters. Their frequented places are those that the maps do not show, the ships are not moored, and the compasses are surprised. It's a landless country. Where the world ends. Rumor has it that wild things live in a remote realm. These “other” figures are the inhabitants of the border region where the mind is weakened and fantasies flourish.

The monsters provoke us to break down our built-in categories and rethink. They threaten the known with unknown and leave us with fear and trembling. They are driven to hell or heaven, or they are driven out of the human community and sent to the land of foreigners. The body of the monster is a political claim on its own.

With its existence, it destroys all the assumptions that are fundamental to human beings and social stratification. The monster does not know paradise; it is not made of clay, so it cannot dream of returning to the dust.

The project focuses on the image of the “other” as monster that finds itself in the mechanisms of dominant image production with very specific images. The artist created fiction-animated avatars inspired from various monster illustrations in ancients manuscripts, Acaibu'l-Mahlukat ve Garaibu'l-Mevcudat by Zekeriya ibn Muhammed Qazwini, Siah-Qalam's drawings and Japanese yokais (monsters and supernatural characters) Gazu Hyakki Yagyō written by Sekien Toriyama.

2. Comment by Kodama Kanazawa
[ Guest Curator 2018 / Independent Curator/ Senior Deputy Director of Curatorial Affairs, Towada Art Center ]

Towns devastated by bombs, surges of refugees without any place to live, people in tears…. The more tragic photographs of reality are, the more readers they attract. Bewildered by the fact that news photographs are destined to include an element of entertainment, one-time photojournalist Cihad Caner began searching for another way to express reality.

In Japan, Caner experimented with a new approach by combining Mesopotamian monsters with traditional Japanese yokai (supernatural creatures). Monsters and yokai are “others” – symbols of incomprehensible entities emanating from the outside. By scrutinizing and digesting these forms, which were developed over hundreds of years, Caner attempts to convey certain realities that he has come to understand as an individual living in the present era.

For Open Studios, Caner wrote a story combining fictitious and factual information about yokai for a lecture performance. He will also screen 3D animated works in which characters that are an amalgam of 13th-century Mesopotamian monsters and traditional Japanese yokai let out agonized cries and sing. Searching for possibilities in the “translation” of these expressions, Caner provides encouragement to those who are confronted with cruel realities.


Special Thanks:
Satoshi Ikeda, Kiyoshi Ono, Tetsuya Suzuki, Erika Ceruzzi, Kaname Takahashi, Hiroshi Hara, Erica van Loon, Yukari Miyajima, Rin Miyajima, Kayoko Muraishi, Hideki Yamashita, Teruaki Yamanoi, Daisuke Watayo, Keiko Wachi, Ebuzer Caner, Zehra Güveli, Marta Ponsa, Seda Yildiz
Doronko Club, Meijin-Kai

池田 哲, 小野 清, 鈴木 哲也, エリカ・セルジ, 高橋 要, 原 広, イリカ・ファン・ローン, 宮嶋 ゆかり, 宮嶋 凛, 村石 かよ子, 山下 秀樹, 山野井 照顕, 済陽 大介, 和地 恵子, どろんこクラブ, 名人会

Cihad Caner\'s studio : OPEN STUDIOS _a0216706_19221019.jpg
Cihad Caner\'s studio : OPEN STUDIOS _a0216706_19214865.jpg
Cihad Caner\'s studio : OPEN STUDIOS _a0216706_19233285.jpg
Cihad Caner\'s studio : OPEN STUDIOS _a0216706_19232392.jpg
Cihad Caner\'s studio : OPEN STUDIOS _a0216706_19225414.jpg
Cihad Caner\'s studio : OPEN STUDIOS _a0216706_19230802.jpg

                                 Photo by Hajime Kato

















# by arcus4moriya | 2018-12-25 10:00 | AIR_2018


S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
カテゴリ
全体
AIR
地域プログラム_地域とアート
AIR_2021
AIR_2020
AIR_2019
Open Discussion_2018
AIR_2018
AIR_2017
AIR_2016
Open Discussion_2015
AIR_2015
AIR_2014
AIR_2013
AIR_2012
AIR_2011
2009-2010
HIBINO HOSPITAL
アートエデュケーション
アーティスト・イン・スクール
アーカス||シェア||スタジオ
オープンラジオ
地P_だいちの星座 2014_15
地P_大木裕之 2014-16
テーブルミーティング
ショウケース
MEC_モリヤイーストキャスト
ロッカールーム
アーカスの日常
スタジオ来訪者数
未分類
外部リンク
検索
ARCUS Twitter
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧