人気ブログランキング | 話題のタグを見る
Frequently Asked Questions about Open Call and Application
Residence Program

Q. Can I get help for obtaining visa to enter Japan?
A. Selected artists will receive full support in obtaining a Cultural Activities Visa.

Q. Can I leave before the program period ends?
A. No. We organize various programs throughout the residency so we ask artists to fully commit our program. However, short-time leave during the residence might be accepted for special occasion.

Q. How many artist stay in the residence at once?
A. The program has a total of four individuals/groups staying at one time (one Japanese national and three non-Japanese nationals). Only one individual/group will be selected for this year’s program. The residency period will be the same as for the three artists who previously participated in the 2020 online residency.


Q. Can I bring my family/partner/child?
A. Partners and families are allowed to accompany artist. However, the artist is solely responsible for a partner’s expenses as well as safety. Please be aware that accommodation provided by ARCUS Project is only for single occupants.

Q. Can I apply as dancer/performer/writer/curator?
A. We invite emerging artists engaged in contemporary visual arts or other related fields. Please have a look at former residents’ webpages as references.

Q. Accessibility of the studio
A. We are afraid that the building where our studios are located is not accessible via wheelchair.
The building opens Tuesday - Sunday 9:00-19:00.



Online Application Trouble

Q. I can’t log in.
A. Can you switch browser and try to open the page? Sometimes applicants try to copy and paste password but copy it with blank space by mistake.

Q. The system told me that ‘upload failed due to exceeding numbers of pdf files limits’. How can I upload more?
A. We only ask PDF for CV, ID, and video description (only in the case artist works with video/sound). Maximum of three pdf files are allowed.

Q. Can I upload several JPEG images for the same work?
A. Yes.

Q. Can I put text description in JPEG image?
A. Yes. However, please also fill out text blanks on the upload page as well.

Q. I cannot upload files. Can I send them through email?
A. We do not accept any materials that are sent via email. Please make sure your files are no more than 2MB.

Q. Why do I need to submit my ID/passport?
A. We use it for identification. We keep the applicants’ information with responsibility and will shred it when it’s no longer needed.

Q. I haven’t received automatic confirmation mail after STEP 1.
A. Have you checked a spam folder? If it is not even there, please contact to ARCUS Studio.

Q. Is there submit button on the upload page? I haven’t received automatic confirmation mail after STEP 2.
A. There is no submit button nor confirmation email followed by STEP 2. If you see file icons on upload page, that means they have been successfully uploaded. You can edit files until the deadline.

Q. Can I confirm if I submitted successfully?
We're afraid that we cannot tell each applicants if their application was made on time due to the amount of applications we received. We'll send result of the preliminary screening to every applicants via email.


Selection Process

Q. When will successful applicants be announced?
A. in July.





# by arcus4moriya | 2020-03-17 00:00 | AIR
Information on the 2011 Fukushima nuclear disaster (updated 2020)
Here's updated information on the effects from the Fukushima Daiichi Nuclear Disaster in 2011.

# by arcus4moriya | 2020-03-07 00:00 | AIR
Feedback from 2019 Resident Artists!

Scaling the catwalk of Kashima soccer stadium, suspended some 15 meters above the stadiumseating below, the reality of where I was had begun to sink in. Several months prior and morethan nine thousand kilometers away I had proposed to do just this, and yet, I could not help butmarvel in this moment at how improbable it was to be here. The intangible had manifested.When I reflect on my time at ARCUS, I naturally return to this memory. In a way it describeswhat it was like to research and develop an ambitious project through interviews, site visits andintensive studio production. This was a unique opportunity to take risks and step into theunknown; a creative space to propose the far-fetched, and with the generous and unflaggingsupport of the ARCUS coordinators, see it instrumentalized.

The ARCUS residency provided many moments for quiet reflection and contemplation. A blendof equal parts bucolic and suburban, its surroundings belie the fact that ARCUS is just a 40minute train ride from the frenetic energy of Tokyo. And yet, by the end of the residency period,there was the feeling that an entire lifetime has elapsed. 110 days was a significant period oftime; long enough to initiate new research, establish a routine of daily studio activity and forgemeaningful connections with the city of Moriya. It was a time overflowing with vital activity.Baked into the residency experience was a schedule of bi-monthly studio visits andopportunities for professional development, which included meetings with curators as well aspresentations about past work and current research to a diverse audience of communitymembers as well as academics and university students.

The Open Studios are the decisive conclusion to the residency experience; an indispensablemix of both exhibition and critical space for extended dialogue. New audiences andopportunities emerged over the course of a week for conversation, reflection and the occasionalsurprise. I had discussions with curators, community members and an engaged public thatelicited fresh observations and new perspectives, with resulting feedback that was on occasionunexpected and novel. It was a truly remarkable experience. A rare opportunity to immersemyself and my studio practice in an entirely new and unknown context. I feel a great sense ofgratitude and accomplishment for the research that I undertook during my time at ARCUS andfor the work shared during the Open Studios. But this too was just a beginning, a significant firststep toward a project that I will continue to develop beyond my time at ARCUS.


Feedback from 2019 Resident Artists!_a0216706_11063623.jpg
Half Empty Time at Open Studios, Photo: Hajime Kato

Feedback from 2019 Resident Artists!_a0216706_11071317.jpg
Half Empty Time at Open Studios, Photo: Hajime Kato



Feedback from 2019 Resident Artists!_a0216706_11075136.jpg
カシマサッカースタジアムでの撮影
Shooting at Kashima Soccer Stadium

Feedback from 2019 Resident Artists!_a0216706_11083188.jpg
建築史家 陣内秀信氏へのインタビュー
Interview with architectural historian Hidenobu Jinnai

-----------------



私にとってアーカススタジオでの100日の滞在は、これまででもっとも集中して制作に取り組んだ期間であり、また同時に今後の活動の足がかりとなる重要な機会でした。

他の海外からのアーティストとは異なり、私は日本在住なので環境の変化は大きくありません。いち早く環境に慣れて自分の制作に没頭できたのは、100日という条件の中では良い点でした。また、守谷という立地は都内で展覧会があれば電車ですぐに行ける一方、スタジオ近隣に気を散らす要素が少ないため制作に気持ちを集中することができました。

サポート面では、アーティストが自由に考えを巡らせて、それを実行するのに最適な環境だと実感しました。コーディネーター陣は、アーティストのリクエストをよく理解した上で、的確に対応してくれました。アーティストの活動をする上で発生する周辺的な手続きに素早く対処してくれていたことも、活動に集中する上で非常に助けられていました。私の場合は、多くのインタビューが制作過程の核となっているので、そのスケジューリング、アポイントメント取り役を担ってもらったことは非常に大きいです。

またアーカスの持つコネクションのリソースのおかげで、アーティストとしてのリサーチがより深いものになったことも重要でした。特に、地域や地元とのコネクションと、他のレジデンス機関や美術館とのコネクションとの二つを兼ね備えているのが大きな強みだと思います。前者に関しては、単独では時間をかけなくてはアクセスできない関係者・場所・機関であっても、アーカスの紹介を経て行くことが可能で、そのスピード感に私は非常に助けられました。例えば、日系ブラジル人コミュニティの中で、過去のレジデントアーティストが関わった人たちに繋げてくれたことが挙げられます。後者に関しては、アーカスのレジデントアーティストであったことをきっかけとして、アート関係者との出会いや、他のレジデンスに繋がるチャンスが得られたことは非常に大きい出来事でした。

最後に、ボランティアサポーターの方々の手厚い支援は私ばかりではなく、他のアーティストにとっても非常に大きな存在だったと思います。私の場合、地域と地続きの問題を扱っていたので、地元に在住のサポーターさんが提供してくれる情報は制作の進行を促進してくれる重要なものでした。また、オープンスタジオなど人手の欲しい場面でわがままに応えてくれたことで、より良い展覧会を実現できました。

私にとって初めてのアーティスト・イン・レジデンスがアーカススタジオであったことは、今後の自身の活動を振り返る中での指標となると思います。アートで思う存分遊ぶ日々を支えてくださった、スタッフ、サポーターの皆さん、本当にありがとうございました。


Feedback from 2019 Resident Artists!_a0216706_11141808.jpg
Good luck on your journey
Installation view at Open Studios, Photo: Hajime Kato

Feedback from 2019 Resident Artists!_a0216706_11144698.png
Still from Good luck on your journey


Feedback from 2019 Resident Artists!_a0216706_11152732.jpg
常総市の喫茶店でのインタビュー
Interview at a cafe in Joso City


Feedback from 2019 Resident Artists!_a0216706_11154904.jpg
撮影
Filming at the studio



-----------------



Ruth Watersルース・ウォーターズ(UK)

It is really hard to pinpoint just a few things to say about ARCUS. I had such a wonderful time there. Moriya is a great place to be based. Just outside of Tokyo so you don’t get too distracted by the city, but close enough to go and visit whenever you please. Unlike many other residencies the ARCUS staff support you every step of the way. Whatever dreams you have to achieve in your work, they will strive to make it happen. For me this meant I was able to interview Japanese astronaut Naoko Yamazaki which I didn’t think would be possible. They will help you every step of the way, no matter what you wish to do. They also provide many opportunities to meet with curators, visit galleries and arrange talks at institutions. I want to thank Aruma, Yumiko, Mizu and Keisuke for everything they did to make my research possible.

There is a real community vibe at ARCUS. Everyday we eat lunch together which is a great way to get to know everybody and nice to break up the day when working in your studio alone. There are many local supporters who also spend time at ARCUS and are happy to help with your project which makes it a very nice environment to be in. I was very lucky to be there fellow residents Taku and Chris, we were supportive of each other and also enjoyed visiting the local Izakayas together. And the Onsen, a must!

ARCUS is a special place and any artist who gets the opportunity to go there is very lucky. I feel blessed!

Feedback from 2019 Resident Artists!_a0216706_11203133.jpg
Untitled at Open Studios, Photo: Hajime Kato

Feedback from 2019 Resident Artists!_a0216706_11211227.png
Still from Untitled

Feedback from 2019 Resident Artists!_a0216706_11222487.jpg
心理学者 浦田悠氏へのインタビュー
Interview with psychologist Yu Urata
Feedback from 2019 Resident Artists!_a0216706_11224256.jpg











# by arcus4moriya | 2020-02-27 11:00 | AIR_2019
アーカスサポーターのみなさんと!
アーカスサポーターのみなさんと!_a0216706_18375488.jpg
みなさんこんにちは。石井です。8月も最後を迎えました。
「またあの季節がやってきたね」
そんな声が聞こえてくるようになった夏の終わりのアーカススタジオに
遠方は日立から、守谷市、常総市、坂東市、取手市などからアーカスをサポートしてくださるメンバーが集まってくださいました!
本日は、9月4日のレジデントアーティスト来日を前に、スタジオ整備の日です。
ごらんください、ピカピカになったスタジオ。

アーカスサポーターのみなさんと!_a0216706_18455829.jpg
アーカスサポーターのみなさんと!_a0216706_18481131.jpg
蚕の繭が隅に残っていたり、ちょっと拭ききれていなかったヨーグルトの塗装があったり...。
去年滞在していたアーティストの残り香もここかしこに見え隠れしており、思い出話にひたりながら各3部屋の掃除機かけから窓拭き、黒板拭き、床拭き、あれやこれやと
隅々まで綺麗に整えていただきました。
各スタジオの整備だけでなく、アーティスト3名の生活用品一式のセッティング、滞在中の移動の友となる自転車整備や、アーティストが使いそうな機材や制作に関する備品をメンテナンスしたり。26年目ともなると、モノは増え放題。迷わず断捨離を行いました。
みなさんそれぞれチームにわかれてあっという間に整えてくださいました。(本当に心強い!スタッフ涙目)
アーカスサポーターのみなさんと!_a0216706_18401455.jpg
そんなこんなで作業中に記録も数枚だけしか撮れなかったのですが、アーティストの来日を楽しみにしているサポーターの皆さんです。

休憩時には、今年はどんなアーティストがくるか、どんなプログラムが行われているかと、話題も尽きませんでした。
そんな中で質問にも出た、新しいプログラムについて。
アーカスでは9月21日から「アートカレッジ」も始まります。30名限定の入門レクチャーシリーズがついにスタート!
アーカイブのワークショップも同日21日に開催予定。まもなくお知らせします。

今年のアーカスプロジェクトのAIRプログラム&地域プログラム、どうぞよろしくお願いいたします!



























# by arcus4moriya | 2019-08-31 19:18 | AIR_2019
2019年夏...まもなく今年のAIRプログラム始まります!

2019年夏...まもなく今年のAIRプログラム始まります!_a0216706_18160638.jpg
みなさんこんにちは。
昨日で立秋を迎えました。とはいえ、猛暑が続きますね。
アーカススタジオでは、来月から始まるレジデンスはじめ新しいプログラムにむけて準備中です。

2019年度のアーティスト・イン・レジデンス(以下AIR)プログラム公募結果を7月に発表しました。
今年は88カ国・地域から665件の応募がありました。詳細はこちらの発表サイトを御覧ください。

審査員に水戸芸術館の竹久侑さん、東京都写真美術館の田坂博子さんと小澤ディレクター、実行委員会との厳正なる審査の結果、以下の3名が選出されました。選出理由についてはホームページの下段に続くディレクターコメントをごらんください。
2019年夏...まもなく今年のAIRプログラム始まります!_a0216706_16354747.jpeg
クリストファー・ボーリガード [イタリア]
2019年夏...まもなく今年のAIRプログラム始まります!_a0216706_16361589.jpeg
渡邊 拓也 [日本]
2019年夏...まもなく今年のAIRプログラム始まります!_a0216706_16363019.jpeg
ルース・ウォーターズ [英国]

今年もたくさんの応募があり、ユニットやグループ、またロシアやアフリカ大陸からの応募も多く、表現の多様性も年々変化しています。
昨年に引き続き、年齢制限を設けるなど公募条件の追加変更によって若干の応募数減少が見込まれるかと思ったものの、海外からは642件の応募がありました。
倍率は....321倍。2017年は717件、2018年は655件....枠が拡大するのが本来理想ですが、アーカス名実ともに登竜門となりつつあります。
※アーカス:ラテン語で「門」を意味し、新たな芸術が創造される「門」となること、また「ARCUS=ART×FOCUS」から、茨城が「芸術活動の中心地」となることを願って命名されました。

そして何よりも26年目のアーカスプロジェクトとして新鮮なのが、念願の日本人枠の復活です。2008年以降、海外作家のみの招聘が続き10年のブランクがあったものの、10年ぶりの受入れ再開を喜ぶ声も多数いただきました。
今年度のAIRプログラムは9月4日からスタートします。

-------
また、今年のエクスチェンジ・レジデンシー・プログラム(ERP)の派遣アーティストも決定しこちらで紹介しています。今年度も英国はスコットランドのHospitalfieldでの受け入れで、佐藤朋子さんが選出され9月2日から派遣します。
2019年夏...まもなく今年のAIRプログラム始まります!_a0216706_16371089.jpg
佐藤 朋子[日本]

連携先のスコットランドでは、現在アーカスに派遣するリサーチャーを公募しています。是非興味のあるスコットランドの知人友人などいましたらお知らせください。
公募概要、応募条件などはこちらの
で掲載されています。スコットランドベースのキュラトリルな関心をもっているアーティストやキュレーターなどが対象ですが、今年度どんな招聘リサーチャーが来日するか楽しみです。

AIRとERP、いずれも9月から始動します
両プログラムとも、ぜひご期待ください。

-------

そのほか、今年新たな公開講座やワークショップなどさまざまなプログラムを鋭意準備中です。
そんなアーカスプロジェクトからのお願いを最後に。
2019年夏...まもなく今年のAIRプログラム始まります!_a0216706_17074579.jpg
アーカスプロジェクトをご支援していただける個人や企業/法人の皆様を募集しています。
ご支援くださった方への特典もご用意しています。

☆☆☆ご協賛特典☆☆☆
特製ポストカード(非売品)、公式ウェブサイトへのお名前の掲載、オープンスタジオでのスペシャルガイドツアー、小澤ディレクターによる特別レクチャーなど
◎詳細はこちらのページからご覧いただけます。(下にスクロールしてください)

時代に合わせて成長を続けるアーカスプロジェクトの活動への
ご支援、応援を心よりお待ちしております。アーカスにどうかみなさまの愛の手を…m(_ _)m










# by arcus4moriya | 2019-08-10 17:48 | AIR_2019


S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
カテゴリ
全体
AIR
地域プログラム_地域とアート
AIR_2021
AIR_2020
AIR_2019
Open Discussion_2018
AIR_2018
AIR_2017
AIR_2016
Open Discussion_2015
AIR_2015
AIR_2014
AIR_2013
AIR_2012
AIR_2011
2009-2010
HIBINO HOSPITAL
アートエデュケーション
アーティスト・イン・スクール
アーカス||シェア||スタジオ
オープンラジオ
地P_だいちの星座 2014_15
地P_大木裕之 2014-16
テーブルミーティング
ショウケース
MEC_モリヤイーストキャスト
ロッカールーム
アーカスの日常
スタジオ来訪者数
未分類
外部リンク
検索
ARCUS Twitter
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧