人気ブログランキング |
<   2019年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧
4/6 テーブルミーティングvol.11 新しいディレクターと+冨井大裕「企画展=収蔵展」ツアー Table Meeting vol. 11 with the new director

2019年度初めてのイベント、テーブルミーティングvol. 11 新しいディレクターと+冨井大裕「企画展=収蔵展」ツアー を開催しました!

a0216706_11553420.jpg
学びの里は桜が満開です。



テーブルミーティングとは、アートだけに限らず、様々なジャンルをテーマに、テーブルを囲んで皆で交流しながら知識見識を深めるプログラムです。
参加者は誰でも発言・意見交換可能で、通常のトークイベントよりもカジュアルな雰囲気です。

a0216706_11361484.jpg
今回のテーマは「新しいディレクターと」。
2019年1月に就任した小澤慶介ディレクターが、アーカスに来てくれる方達に初めてしっかりと自己紹介し、お互いを知る事ができるような会になりました。


大学で仏文学を専攻していた小澤さんは、19世紀末の急速な都市化が進むフランスで、さまざな分野を超えた芸術家たちが思想を共有していたことを知ります。
そうして次第に、では自分が今生きている時代の雰囲気とは何なのかと、現代の思想に興味を持ち始めます。
a0216706_11374823.jpg
アンリ・ファンタン=ラトゥール《ドラクロワ礼賛》

そこで大学院ではロンドンへ留学し現代美術の理論を学びました。
(本当はポストパンクとかのミュージシャンに憧れていてギターを持って渡英)
a0216706_11371203.jpg

a0216706_11380457.jpg
90年代のその当時、ロンドンではダミアン・ハーストに代表されるYBA(Young British Artists)が流行っていました。
ハーストは、牛の親子を半分にスライスしてホルマリン漬けにしたりする、センセーショナルで挑発的な作品で有名です。

一方、海を挟んだ大陸のフランスでは、キュレーターのニコラ・ブリオーが「関係性の美学」を提唱し、「物」としてのアートの存在価値ではなく、作品によって生まれた人と人との間の「関係性」に注目する考えが関心を集めていました。

a0216706_11383079.jpg
それから、もう一人重要なキュレーターであるオクウィ・エンヴェゾーについて。ナイジェリア出身で、ヨーロッパの有名な国際展(ドクメンタやヴェニス・ビエンナーレ)のキュレーターなどを務めた彼は、アートの世界に存在する欧米とそれ以外の国々(グローバル・ノースとグローバル・サウス)との文化間格差を縮めていくような取り組みをしました。

日本でも世界的な画家といえば、一般の皆さんはピカソやモネをまず思い浮かべるかもしれませんが、それはメインストリームとされてきた「アート」(とその歴史)が欧米圏で作られてきたものだからです。欧米には、美術館があり、アート作品が所蔵され(元植民地圏から奪ったものも含め)、それを展示してアートとして成り立たせる仕組みがあります。
美術館のような制度がない国ではそういう文化に触れる機会はありません。エンヴェゾーは、国際的な展覧会でアフリカのアートを紹介し、その後の2000年代のアートの一潮流を切り拓いていきました。

a0216706_11455703.jpg

現代アートってなんだろう?という質問までたどり着きました。
難しい問いですが、一つ言えるのは、現代アートとは、同時代を生きる人たちの考えを知ることのできる表象です。確率した一つの判断基準が存在するわけではないので、いろんな展覧会に出かけて、作品の良し悪し、面白いかどうかを批判的に議論することが大事です。


お客さんからもいろいろな質問が出たところで、後半は、もりや学びの里に展示されている冨井大裕さんの作品のツアーに向かいました。
a0216706_11461328.jpg
a0216706_11401022.jpg
a0216706_11402341.jpg
a0216706_11465139.jpg
a0216706_11472452.jpg
a0216706_11482302.jpg
a0216706_11483217.jpg
a0216706_11405311.jpg
a0216706_11490263.jpg
a0216706_11484576.jpg

冨井大裕さんの作品ツアーは、普段から予約制で受け付けております!
ご希望の際はどうぞお早めにご連絡ください。


by arcus4moriya | 2019-04-06 14:00 | テーブルミーティング | Comments(0)
4/5 2019年度アーカスプロジェクト始動!
みなさんこんにちは。石井です。
4月に入りました。新しい年度のスタートです!
2018年度のレジデントが帰国してすでに4ヶ月近くが経ちました。あっという間ですね。
(いやはや、ご無沙汰してしまいました)

現在、2019年度のアーティスト・イン・レジデンス(以下AIR)プログラムの公募、真っ最中です。
実はいろいろお知らせしたいことがあり、改めてブログ更新します。ちょっと長文ですがお付き合いください。まずは昨年度のオープンスタジオから振り返りつつ.....キッズツアーやガイドツアー、ERPの上映会やジハドのレクチャーパフォーマンスなど、毎日何かが起こる5日間でした。
a0216706_19385911.jpg
a0216706_22103388.jpg
a0216706_22332755.jpg
a0216706_22311622.jpg
a0216706_19591154.jpg
a0216706_19595880.jpg
オープンスタジオ(OS)にご来場者くださった皆さん、ご登壇いただいたゲストの皆さん、ありがとうございました。特筆すべきは、ゲストキュレーターの金澤さん企画。
オープンディスカッション、または大喜利」の様子は、今回はイメージダイジェストのみとしますが、必ずやリポートしたい内容です。
a0216706_21193900.jpg
a0216706_21225915.jpg
a0216706_21210111.jpg
a0216706_19381751.jpg
 左から山峰潤也さん、田中みゆきさん、澤渡麻里さん、五十嵐純さん、金澤さん。
a0216706_21264131.jpg
a0216706_23453993.jpg
a0216706_21284054.jpg
皆さん笑いが絶えず....なぜって前代未聞の学芸員/キュレーターによる大喜利でしたから。こんなに笑顔だと一体何が話されていたか知りたくなるはず!
a0216706_19383180.jpg
下段左より、金澤さん、長谷川新さん、田坂博子さん、三本松倫代さん、黒澤伸さん。
かしこまってお約束の撮影をするも、カメラマンの加藤甫さんも見逃さなかったこの日のプログラム全てを終えた瞬間。
a0216706_00205611.jpg
OS 5日間のうち、2日間にわたり開催された「オープンディスカッション、または大喜利」。
表現を読み解くのに例えてみること。オーディエンスからも「面白かった、わかりやすくて楽しかった」と多くの感想をいただいたプログラム。ただそれだけではなく、巧みな言葉による謎かけで深い意味合いを堪能する、実に斬新な試みでした。(個人的には)シリーズ化希望です(笑)。
整ったらぜひリポートしますのでそれまでお楽しみに。
レジデントらの未公開活動プロセスや、オープンスタジオ各プログラムの様子、年度末の地域プログラムのご報告も随時アップしていきます。
a0216706_19390931.jpg
振り返ってみると。665件から選ばれた3名のアーティストと金澤韻さんの紡いでいったアーカス2018は笑顔が絶えないAIRプログラムでした。金澤さん、ありがとうございました!

....というわけで。2019年に入り、また新たな歴史の1ページがスタートします。
すでに公式アナウンスされましたが、改めまして。
2012年度から7年続いたゲストキュレーター制から、2019年度よりシステムが変わります。
a0216706_19400558.jpg
アーカスプロジェクトのディレクターに小澤慶介(アートト代表/インディペンデント・キュレーター) が就任しました。(プレ/パイロット事業時の岡田勉さん、辛美沙さん、帆足亜紀さん、遠藤水城さん、小田井真美さんに次ぐ6代目)
「就任にあたって」ディレクターメッセージはこちらからご覧下さい。

2012年度よりディレクター不在の7年間は、歴代のゲストキュレーター(チェ・キョンファさん、堀内奈穂子さん、西川美穂子さん、飯田志保子さん、服部浩之さん、近藤健一さん、金澤韻さん、とそうそうたる顔ぶれ!)のAIRディレクションによって、コーディネーター陣もアーカススタジオに吹き込む新鮮な風を取り込むように、毎年様々なかたちでアーティストたちの活動を支援することができました。プレ事業を含む1994年からの取り組みは25年になります。これも次々と”新たな展開を”、と代々繋いでくださったバトンによるもので、これまでに迎えたアーティストは103組(104名)を数えました(Exchange Residency Programを除く)。過去招聘アーティストらは帰国後、続々と国内外で活躍しています。
歴代ディレクターやゲストキュレーター陣のみならず、アドヴァイザーはじめ、AIR事業に携わる方々やプログラムに関わってくださったサポーターの皆さんも大勢。歴史を感じます。

このたびめでたく、より新しい時代にふさわしいアーティスト・イン・レジデンス事業へと、金澤さんから小澤さんへ、バトンが引き継がれました。
a0216706_19401456.jpg
小澤ディレクターとともに我々コーディネーター陣は26年目突入を迎え、前述したように2019年度は公募内容も一新します。
これまで国外招聘アーティストのみだったAIRプログラムの招聘枠に、日本国籍を有するアーティスト、つまり日本人アーティストも応募が可能になりました。(念願叶ってついに!)
実に10年ぶりの再開となります。

過去に滞在・輩出した歴代招聘アーティストには山出淳也島袋道浩岩井成昭さとうりさ眞島竜男澤登恭子北山美那子小泉明郎稲垣智子藤井光出田郷椎名勇仁という12名の皆さんがいます。先月、レジデンス公募説明会と題して藤井光さんに経験談をお話しいただきました。その様子はこちらのブログで。(必読!)
日本人アーティスト支援をちょっとおろそかにしてしまった10年を経て、その次世代を広く募集します。

詳しくは応募要項をこちらよりご覧下さい。締め切りは4月19日(金)必着です。
(もう一度言います。郵送で19日必着です。)
国外から2組、国内から1組、という構成で今年度のAIRプログラム、始動します。
スタジオで制作活動していくなかでの、完璧な完成は求めません。調査・実験・新たな事に挑戦するアーティストに時間と空間を提供します。フィードバックもご参照ください。


そして今週末の告知です。2019年度最初のプログラムは
テーブルミーティング Vol.11 新しいディレクターと +冨井大裕「企画展=収蔵展」ツアー からスタート!
ちょうどもりや学びの里の桜も満開になりそうなこの週末、7年ぶりにディレクターが就任したことを記念して、アーカスサポーターや守谷の皆さん、また、アーカスプロジェクトに興味があるけれどまだ来たことがない方々と、新しいディレクターとの最初の最初の交流イベントを開催します。

「現代アートってそもそも何なのか」という素朴な疑問をディレクターと語りたい方のお越しもお待ちしております。「アーカススタジオってどんな感じ?」と気になっているアーティストの皆さん、気軽にお立ち寄りください。守谷の街やアーカスを以前から知る皆さんも、これからのアーカスプロジェクトについてディレクターと共に語り合うことのできる機会です。

同日、2008年より恒久展示されている(知る人ぞ知る!)遠藤水城キュレーションによる冨井大裕さんの「企画展=収蔵展」では、特別に小澤ディレクターによるツアー形式で貴重な作品群を一部公開します。
a0216706_11122452.jpg
ちなみに幾度となく聞かれる基本情報を、最後にアーカイブ担当より。

『「アーカス」とはラテン語で「門」を意味します。そしてこの言葉に、若いアーティストの才能を発掘・支援し、国際的舞台に送り出す登竜門となること、そして日本の芸術活動の中心地(ART x FOCUS)となることを願って名付けられました。』
(1995年頃。ロゴを決める時の記録より/現リーフレットより抜粋)とあります。

a0216706_23132260.jpg
新たな門をくぐって、小澤ディレクターと新しいアーカスプロジェクトでお会いしましょう!



[最後の写真3枚+チラシ画像を除き、Photo: Hajime Kato]

















by arcus4moriya | 2019-04-05 09:02 | AIR_2019 | Comments(0)


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリ
全体
AIR
AIR_2019
AIR_2018
AIR_2017
AIR_2016
AIR_2015
AIR_2014
AIR_2013
AIR_2012
AIR_2011
2009-2010
地域プログラム_地域とアート
HIBINO HOSPITAL
アートエデュケーション
アーティスト・イン・スクール
アーカス||シェア||スタジオ
オープンラジオ
地P_だいちの星座 2014_15
地P_大木裕之 2014-16
テーブルミーティング
ショウケース
MEC_モリヤイーストキャスト
ロッカールーム
アーカスの日常
スタジオ来訪者数
未分類
外部リンク
検索
ARCUS Twitter
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧