人気ブログランキング |
<   2019年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧
3/9 レジデンスプログラム公募説明会 at 森下文化センター Residence Program Orientation for Japanese Artist
アーカスプロジェクトでは2019年度のレジデンスプログラムより日本人アーティストの受け入れを再開することになりました!
2007年以来約10年ぶりの試みです。

そこで、アーカスプロジェクトをあまり知らない、アーカスに来たことがないけど公募に興味があるというアーティストを対象に、東京・江東区の森下文化センターにて公募説明会を開催しました。
ゲストスピーカーとして、2005年にアーカスに滞在し、現在は日本の現代アートシーンを代表するアーティストとして国際的に活躍している藤井光さんをお招きし、アーカスでの経験を語っていただきました。
パリを拠点に活動しながら、日本に一時帰国する方法を探していた藤井さんは、アーティスト・イン・レジデンスを利用することを思いつきます。

a0216706_14471553.jpg

(以下敬称略)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
藤井光(以下藤井):日本のレジデンスを探していく中で、アーカスプロジェクトは当時、ずば抜けて条件の良いレジデンスでした。日本の多くのレジデンスの滞在期間が2ヶ月ほどであった当時、アーカスは5ヶ月のフルサポート。応募には推薦書の提出も必要で、ややハードルの高いステータスのあるような印象があり、試してみようと思いました。

それまで10年間日本を離れていたので、いわば日本社会を知るための場でした。別の見方をするとある種ひきこもっていた人間が社会に出る移行期のような期間。制作活動もあるけれど、ディレクターの帆足さん*と話すことや、他のアーティストと話す緩やかなコミュニケーションの場でした。

*当時のアーカスプロジェクトのディレクターは帆足亜紀さん(現・横浜トリエンナーレ組織委員会事務局長)でした。


藤井:招聘条件に英語で他のアーティストとコミュニケーションがとれることとありますが、それは気にしなくて大丈夫。僕は英語はできなかった。どうやって話をしていたか分からないくらい。でもジェスチャーとかでどうにかなるし、滞在している間に英語力は伸びます。

小澤慶介(以下小澤):どういう毎日を送っていましたか?

藤井:スタジオから自転車で10分くらいのところに住むところが用意されていて、アーカスから借りた自転車で通っていました。ちょうど僕のいた時につくばエクスプレスが開通して。

小澤:今でも、アーカスの周りは畑がありますね。ベッドタウン化で守谷駅前には高層マンションが建ちましたが。

藤井:アーカスのある場所は守谷駅から離れているし、あんまり変わらない感じの風景なんじゃないかな。スタジオに行って机があって、パソコンを開いて、本を読んで調べ物をしてというような生活でした。

小澤:調査でどこかに出かけたりしましたか?僕の印象では、アーカスに滞在しているアーティストは市民に出演してもらったり、何か手伝ったりしてもらうことが多い気がします。

藤井:滞在していた時は、そもそもなぜ市民と共同制作しないといけないの?自分の制作をしに来ているのに、市民にそれを還元するのは義務ではないんじゃないか?義務にしたら問題があるんじゃないか、と帆足さんに投げかけてました。今でこそ、僕の制作は社会に参加するあるいは関わりを持つような作品のスタイルで認知されているけれど、当時の僕はむしろもう少し、社会を俯瞰的に見て、離れたところから「描く」ようなスタイルでした。自分自身が社会に入って行くなんて、、と思っていた。

小澤:それは作品との距離感が取れなくなってしまうから?

藤井:それもあるし、当時20代で若くて生意気だったこともあり、税金で運営しているレジデンスを正当化するために、アーティストを政治的に利用しているだけじゃないか、と思っていたんです。それでも、帆足さんは真摯にそういった僕と議論をしてくれました。それが、僕に、アートを創ることそのものと公共性の問題とか、アートが持つ社会性ということをより具体性を持って考える一つの契機になったんです。ちなみに、アーティストが地域と関わりを持つことについて違和感を感じていたのは僕だけじゃなかった。他の海外アーティストも疑問に感じていて、アーティストどうしでも話し合っていました。「じゃあ日本人の僕が理由を聞いてくるよ」みたいな感じで、僕はみんなの中で通訳というかメディエーター(仲介)みたいな役割をしていたと思います。
a0216706_14475135.jpeg
小澤:僕は当時、藤井さんの年のオープンスタジオをお客さんとして観に行っているんです。今でも覚えているけど、オープンスタジオで市民の反応がダイレクトにあったことが印象的でした。「なんなのかわかんないよ」と言ってるおじいさんがいたりして。作品をめぐるやりとりが開かれていてよい空気が流れているなと感じたんです。美術館の展覧会だと、アーティストはいないし、作品鑑賞の作法のようなものがあるように思うけれど、それとは違ってアーティストと市民(鑑賞者)が対等にやりとりしている感じがした。そういう市民からのダイレクトなツッコミが入るから、それによって作品が豊かになる可能性があるなと感じました。

藤井:それは確かに忘れられない経験です。特にヨーロッパとか、美術館等のインスティテューションに入ると展示の動線があって、その門をくぐればその中に置いてあるものは全てアートだという前提があります。中に入った人は視線は芸術作品を観るよう条件付けられています。でもアーカスにはそれがなかった。市民や観客に対して、そもそもそこにあるものがアートであるかどうかということ以前に表現として見せることになり、観た人から強いリアクションが返ってきた。

小澤:アーティストと市民の間に熱があるというか、アーカスにはいろいろな熱があって、アーティストどうしの間にも熱が生まれる生っぽい体験だったのではないかなと思います。

a0216706_14480180.jpg
藤井:その生っぽいということを別の言い方にすると、これは後に僕が日本に残ることに決める理由にもなるんですが、日本では美術を鑑賞者が受容するときに、自分が前提としていた美術史を抜きにしてダイレクトに反応してくれるんです。美術が美術として回収されないんです。それは、ある種少し恐ろしい場所だと感じたんです。
その後の自分の作品での経験に引きつけると、いわゆる極端な政治思想を持つ人が僕に直接文句を言ってくることがあります。それって作品を美術として受容しているのではなくて、表現として、一種のアクティビズムとして受け取っているということ。僕としては美学的な探求をやっているはずなんだけど、観客からは美的判断を保留してリアクションがくるんです。この状況は、当時の世界を俯瞰して観ていたような視点を引き摺り下ろしました。それはとてもインパクトのある経験で、その後の活動を見た僕の古くからの知人からは、「人類学者になったの?」と言われたりした。つまり制作する上でのポジションが変わったんです。

小澤:藤井さんの作品を見ていると、その時々で距離感や質感が変わるように思います。もしかしたらアーカスでの経験はそうした可能性を広げたのではないでしょうか。

藤井:アーカスは確実に広げましたね。いろいろ予期せぬことが起こったし(笑)。オープンスタジオのために制作費を使いすぎて生活費に食い込んでしまったので、スタジオの入り口に箱を置いて寄付を集めたんです。そうしたら、「税金でやってるのに、寄付も募るなんて!」と住民から怒られたりもしていろいろ学びました。

小澤:僕も駆け出しの頃は頭の中だけで考えていて、それをなかなかうまく身体化できませんでした。抽象的なことをそのまま話していたので、周りの人たちが引いてしまうこともあったり。社会経験を経てそれではまずいと思い変わっていきました。難しい言葉をあまり使わないようにしたりすることで、活動の幅が広がったし得られるフィードバックも大きくなったと感じます。
振り返ってみて、アーカスでの経験は他になにか巡り合わせというか、アーカスきっかけで知り合ったアート関係の人とかはいますか?

藤井:帆足さんと知り合ったのは大切な出会いでした。アーカスを離れたあとも、実は陰ながら僕や小泉明郎さんのことをずっとサポートしてくれていたんです。日本は、経済的な点からアート活動をするのはすごく大変な場所です。そこでアーティストがアーティストを支える組織である、アーティスツギルドを作って自分たちで助け合いながら製作コストを下げる工夫をしたりしたんですが、その立ち上げの時も支援していただきました。また、当時の公募の審査員たちは今は館長クラスの職についているけれど、そういうことより当時お客さんだった小澤さんのような人たちとの出会いも大事でした。
僕は、キャリアを考えて有名キュレーターに会うというのはあまり重要だと思っていません。それよりも同時代的なネットワーク、自分と同時代性を分かち合える人たちとどうネットワークを組んでいくかが大事だと思います。自分の表現云々というより、単純に話して楽しいとか、いつも同じメンバーではなくて別の人を入れて議論しようとか。アーカスはそういうネットワークを作る機会になりました。小泉明郎さんに会ったのもアーカスを通してです。

小澤:藤井さんや小泉明郎さん、僕などの世代で、現在アートの仕事に就いている人の間では、お互い助け合ってやってきたという感覚がどこかありますね。経験を一緒に積んできたというか。レジデンスをそういうネットワーク作りの場と捉えることもできるのかなと思います。

藤井:帆足さんには当時「ヨーロッパに帰った方がいいよ」と言われていたんです(笑)。このアーカスでの作品を作った時も、「地域住民との交流を」と言われるから地元の中学校に協力してもらおうと思ったら、そんな政治的な作品には協力できないと断られることがあったりして。結局いろいろな伝手で協力者を集めたんですがとにかく大変だった。帆足さんは僕が日本に残っていたら大変になるだろうと、ヨーロッパに帰った方がいいと言ってくれたんですが、僕はそれを聞かずに逆に日本に残る決断をしました。小澤さんの前でなんですが、ディレクターの言うことを全て聞き入れてはいけないということは伝えておきたいです(笑)。最終的な判断は自分で下さなければいけない。

小澤:アーティストどうし、アーティストと市民だけではなく、アーティストとスタッフの間にも、そういうやりとりができるニュートラルな関係が築けていたんですね。そうした開かれた場だからこそ、ふだんは眠っている脳みそや感覚が刺激されて作品や活動の幅が変わってゆくのかもしれません。日本人の公募枠からは、長い時間をかけて、社会性のある自立したアーティストが生まれるといいなと思います。
藤井さん、今日は貴重なお話をありがとうございました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


日本人アーティストを対象とした募集要項についてはこちらからご確認ください。(2019年4月19日郵送必着)

選出された日本人アーティストは、海外アーティストと2名/組と同時期にアーカスに滞在し、制作やリサーチに取り組むほか、茨城県北地域にも滞在して制作を継続し発表します。
日本国内にいながら、海外のアーティストの考え方を知り、国際的なネットワークを作っていく機会にもなります。

皆様からの熱いご応募をお待ちしております。





















by arcus4moriya | 2019-03-09 18:00 | AIR_2018 | Comments(0)
Feedback from 2018 Resident Artists!
Cihad Caner

During my time in Japan, I had a chance to develop the idea of my current project "Demonst(e)rating the untamable monster". It was an important period for me to focus on the pre-production part of my work. I think the amount of time was not enough to finish this work, however it was enough to develop it and do some new experiments with different mediums. For instance I had a chance to test new mediums in my practice, lecture performance and drawings during the five days open studios event.

I think Moriya's location is a perfect place to focus only on the project. You are not in the middle of Tokyo, which gives you a great opportunity not to disturb yourself from the magical atmosphere of it. It is also quite nice how you interact with local residents of Moriya. They remind of me of Turkish people who help you more than you ask. I was feeling at home, when I was surrounded by local Moriya residents, who helped me during my research, building up period.

I also want to mention the guest curator Kodama Kanazawa. Her feedbacks were really helpful for me to develop my project during my time at Arcus Project. She was literally thinking with me, instead of just giving references. Additionally, I also found important the talks that Kodamasan organized during the open studios. It was interesting to hear, different curators' reflections on your work.

Arcus project is a special artist in residency program for me. The longest residency I did, which opened new paths in my artistic practice. It thought me a lot! After finishing the program, you understand why Arcus Project is the longest and oldest artist residency in Japan.

a0216706_16154137.jpg
a0216706_16385113.jpg
a0216706_17003864.jpg

--------------

Erika Ceruzzi

It’s bittersweet to summarize the ARCUS experience as succinct feedback. The residency is an immersive environment aimed to steer one’s practice towards exploring Japanese culture from the outskirts of Tokyo’s metropolis. It was an incredible, tranquil place to be based. ARCUS enabled me to reshape my methodology to incorporate cross pollination with sites and institutions that would have otherwise been inaccessible.

To conduct and showcase a research project within the timeframe of this residency is a tough proposition. It was important to plan outreach and fieldwork from the beginning. The ARCUS staff are beyond supportive. They became crucial to informing my conceptual framework and execution plan. Through our collaboration, I met with specialists behind the scenes of biotech research institutions, silkworm farms and silk reeling factories.

ARCUS encouraged a deeply focused inquiry for me. The program is thoroughly planned out from beginning to end. It is structured so that artists remain on track with their projects. Although there was ample solitude, there was not much privacy. Artists must meet the requirements of the residency, report their activities in various ways, and be cooperative with the constant photo documentation of their process. While an awareness of cultural difference colored my experience of the day to day, it drew me closer to my practice, and challenged me to make work that could communicate with a multilingual sensibility. The culmination of the residency at open studios allows each artist an incredible platform to share their work with the community, renowned curators, and the extended contemporary art scene in Japan. I made acquaintances during my stay who will remain a part of me forever. I am so grateful that my first encounter with Japan was guided by the ARCUS program.

a0216706_12504075.jpg
a0216706_19242838.jpg
a0216706_17045340.jpg


--------------

Erica van Loon

From the moment I arrived in Japan I entered a bubble where everything is slightly different; on a daily basis I would learn something new. And even time was different; it seemed to stretch while my working process simultaneously seemed to accelerate. The incredible amount of support by the coordinators of ARCUS Project was vital in this experience, both on a personal and on a professional level. Their contribution to my working process was extensive and beyond any expectations I had. They anticipated every part of the process, but made sure to keep enough flexibility for my research to move in unexpected directions, they were with me every step of the way. Their mediation provided access to sources in ways that I wouldn’t have had on my own; I got to work with and be part of the local aikido community; I talked with scientists from the Center for Geophysical Observation and Instrumentation of the University to Tokyo; hiked up the sacred Mount Oiwa with a team of specialists from the North Ibaraki Geopark; and made sound recordings of traditional singing bowls.

I think ARCUS Project does a wonderful job at engaging local people and (art) specialists from near and far. I was honored that the program provided multiple opportunities to share my work in progress and my practice in general, during talks at universities, event spaces and the Open Studios. The Open Studios are a key element of the residency. It was very rewarding to work towards a presentation and share my project with so many people. One of the many highlights was the Riddling Dialogues, where multiple curators reflected on each of our projects and provided many new perspectives. These open discussions were a concept by curator Kodama Kanazawa, who along with the ARCUS team, gave valuable feedback and cheered my research throughout my residency.
A 110 days was a good amount of time to get to feel at home and to be able to grow a fruitful context for working, to really become part of a community, the ARCUS project community, but also the community in Moriya and the art world in and around Tokyo. It was a perfect combination to have both the closeness of such a big cultural hub and to be able to withdraw and focus in a more intimate environment. It still feels heart warming that I was surrounded by so much generosity and care, from the ARCUS team, the volunteers and all the other people that contributed to my work. I feel like I’ve left behind a parallel universe, but what remains are many memories of enriching experiences, new friends and a project that keeps on expanding.

Thank you, Yumiko San, Aruma San, Mizuho San, Kodama San and all the other wonderful people that made my project possible. I could not have done this without you!


a0216706_17130153.jpg
a0216706_18242269.jpg
a0216706_17075515.jpg











by arcus4moriya | 2019-03-01 11:50 | AIR_2018 | Comments(0)


S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
全体
AIR
AIR_2019
AIR_2018
AIR_2017
AIR_2016
AIR_2015
AIR_2014
AIR_2013
AIR_2012
AIR_2011
2009-2010
地域プログラム_地域とアート
HIBINO HOSPITAL
アートエデュケーション
アーティスト・イン・スクール
アーカス||シェア||スタジオ
オープンラジオ
地P_だいちの星座 2014_15
地P_大木裕之 2014-16
テーブルミーティング
ショウケース
MEC_モリヤイーストキャスト
ロッカールーム
アーカスの日常
スタジオ来訪者数
未分類
外部リンク
検索
ARCUS Twitter
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧