カテゴリ:AIR( 323 )
the Feedback from 2017 Resident Artists!

Two months after the end of my residency I look back on a period of great learning and great challenges. The time at ARCUS Project was both beautiful and difficult. ARCUS Project staff outgrew my expectations and definitions of kindness and friendliness, and also of commitment and professionalism. Amazing work from all the staff to support us and our projects and the work was always accompanied by a certain human warmth and devotion that can only be found at the ARCUS Project community; staff and supporters always concerned, attentive, kind.

Having said that about the individuals involved I must give a constructive criticism: it was very difficult to share living space and budget amongst a duo. We were warned before and we agreed, please note that I am aware of this. I suppose it was naive and well intentioned from both sides -institution and us artist- to believe, or hope, that it would all work out and that we could adapt and work with the circumstances. And I am happy we did, for what was the other option? To reject the invitation? Never. I am so happy about the time and experience at ARCUS Project. However, it is very important that next time that a duo is invited to the residency the conditions are better, for the sake and health of the project and the artist. I understand that ARCUS Project works on a very limited budget, and makes wonderful things with little money, but if there is no bigger budget to assign to a 4th artist perhaps the initial budget should be divided by 4 instead of by 3. The two other artists/projects will still be able to live and work well while the 4th artist will have the means necessary to work and live for the residency period. It was much harder that expected to share the living space and budget with Sarah. This is not your fault. I believe it not ours either. This happened because we where the first duo case, some sot of ginny pigs, but now we all know that next time things must be different, for the sake of the future residents.

The amount of help and interest that we got regarding our project was more that one could wish for. The experience of Japan in general has been one of the most enriching I have ever had. I will always be great full for the opportunity to unlearn and question certain things that I 'knew' or thought I knew. I believe that my time at ARCUS Project has greatly helped me to obtain a more layered, comprehensive and informed understanding of the world(s) we make and inhabit in this complex global times.

Infinite thanks to Yumiko San, Aruma San, Mizuho San and Ryota San, your kindness, patience and intelligence makes the world a better place.

An invitation to a residency at ARCUS Project is one of those rare opportunities in life one does not refuse.

ARCUS Project offers the possibility for artists to develop work, research and experiment without any pressure as no finished work at the end is required. The isolation of Moriya takes a while to get used to, but the studios and the wonderful ARCUS Project staff made it truly worth it. Tokyo is not far out, but distant enough to not go on a whim, which enhances the isolation and the focus on the research. Visiting other worlds makes one grow, and my stay in Japan was educational on many levels. The project would not have been realized without the unwavering commitment of the ARCUS Project quartet. As we were trying to research the local Tone river, the ARCUS Project coordinators helped us to find river experts, geographers, local people that live with the river, boatsmen and mapmakers and consequently translated this mountain of information into English. The project felt more like a collective undertaking as we also produced and updated the text for the performance together. Furthermore, the ARCUS Supporters and local Moriya communities brought light (and sandwiches) in darker days.

On a less rosy note: the required focus was immensely hard to maintain because of the living conditions where we had to share a small room with one single bed. ARCUS Project staff surely checked with us beforehand whether we would be okay with this and we honestly assumed it would work. The budget is ample as an individual stipend, but it was far from enough for two people. It is important to point this out so that the next duo will be able to live and work in more comfortable circumstances.

I miss hanging out at Manabi-no-sato, drinking barley tea with koala bears, the sun on my face and the hum of elusive sounds in the background. It was a good experience and a true privilege to be able to work and think in this place in the world.

---



I had a special connection with Japan ever since I discovered the samurai warriors and katana swords. It is hard to point a clear reason why I was attracted to this country, but it is possible that it originates in my interest towards the Edo period Japan. What is certain is that I bought a katana when I was 19 years old, after having previously discovered Kurosawa's movies (when I was around 15-16). Rashomon left me wondering on how individuals can interpret a fact, an event, and how they can craft a truth out of it. Truth is a variable, forever subjective, since we are all subjects of our own subjectivities. I crafted my own truth of Japan based on jigsaw puzzle pieces that found their way into my pockets from the television and from magazines. I picked up most of the jigsaw pieces from Sailor Moon, sumo fights, documentary films, an album about the Shinto shrines, Manga comics, Candy, Miyamoto Musashi and the revenge of the 47 Ronin. I was so certain that I owned a large jigsaw puzzle picture, both sharp and in high definition, of what Japan was. This happened because I was blindly passionate about certain elements that found their way towards me half the world away. I made the mistake of thinking that I am a know-it-all.

After having experienced Moriya, Tokyo, Kyoto, Osaka, Chiba, Fuji, the Pacific and the loud silence of the temples I can say that I don't have a clue of what Japan is about. I realized that I knew nothing about Japan. Now I find myself in the very privileged position of having to get to know very little of it. I am humbled and deeply thankful towards the ones that aided me throughout my journey, people that I can call now friends.

As I am writing these lines that are meant to summarise my thoughts about ARCUS Project and Japan in general, a conversation that I had with Curtis comes to my mind. We talked about how it must feel to be Japanese: how can it feel to wake up every morning knowing that it can be your last. Even though this existential fear is deeply rooted in every individual, there are good reasons for that fear to be contouring a certain Japanese mentality. There are around 1500 earthquakes per year on the Japanese islands and countless tremors every day. I want to think that Japan is a country full of brave people - that inside their hearts are always prepared for the worst, in a silent awaiting of the inevitable. For people living outside areas in which nature tests its inhabitants, it might prove a shock to be prepared to lose all that you have in an instant. To wake up with that thought well hid under your grey matter blanket is something that most of us could not easily accept. Japan will always remain in my memory as sounds, smells, tastes, highs and lows. Not so many images, though. I tend to lose the images quite quickly. I felt I was alive on Fuji and I managed to recuperate my faith in swimming while doing it in the Pacific. Japan tested me, as it most likely does with anyone crossing it.

Thank you, Ken san, Yumiko, Ryota, Aruma, Mizuho, Kaname san and to the many others that were willing to share their kindness with the participants to your artist in residence program.



---



For me the value of participating in this 25-year-old residency, one of the oldest in Japan, is that it functioned as a platform for intensive relational intimacy with people and places I would have never been able to access otherwise. Without the infrastructure of ARCUS Project as a residency, and the thoughtfulness of each coordinator's contribution to my own work, this project simply would not have been possible; they provided unique connections, and broadened the spectrum of my work while in Japan through each of their own creative backgrounds and cultural histories. The residency allowed me to work at a scale beyond my own capacity, thereby stretching and influencing my own perspectives and abilities as a searcher and creative practitioner.

There is a powerful residue; a textured and palpable sense that what I began there will continue onward.

I witnessed a striking thoroughness to all of the ARCUS Project coordinators sensibilities and sensitivities; they are tenaciously present. My rhizomatic pursuits were facilitated, unquestioned, from beginning to end without missing a beat; from working with the local choral group, holding conversations with seismic scientists, to conducting research at Universities in Tokyo and museums in Kyoto, as well as traveling to rural Aomori to record the chanting of Japanese Shamans, ARCUS Project coordinators put in substantial amounts of time and energy helping me achieve my goals. For a brief moment, Moriya became a home, and ARCUS Project, an extended family.



---
















[PR]
by arcus4moriya | 2018-03-01 13:00 | AIR
Information of Great East Japan Earthquake (March 1st, 2018)
These are information about Great East Japan Earthquake on the internet as reference data. Please refer to them.


▶Japan Atomic industrial Forum_English
Daily updates on nuclear power station in Fukushima

■Nuclear Power Plants in Japan (2017)
Japan Nuclear Safety Institute

a0216706_14034766.jpg


'Information on the Great East Japan Earthquake' by Ministry of
Economy, Trade and Industry


Reading of environmental radioactivity levelby Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology(MEXT)

Nuclear Regulation Authority_English

IAEA: International Atomic Energy Agency_English


■The distance from FUKUSHIMA Nuclear Power Plants to IBARAKI, ARCUS
Studio in Moriya city
a0216706_202129.jpg




Emergency & Disaster (IBARAKI Prefectural Government)

Emergency support desk for foreign residents in Ibaraki:

Moriya City

National Institute of Radiological Science

Consumer Affairs Agency, Government of Japan (inspection of
agricultural products)


ICRP: International Commission on Radiological Protection

Information on Radioactivity Level ( Air ports and ports)


AIST: Advanced Industrial Science and Technology_ the south part in IBARAKI

[PR]
by arcus4moriya | 2018-03-01 12:01 | AIR | Comments(0)
1/30 エクスチェンジ・レジデンシー・プログラム招聘キュレーター、ホゥ・ユークァン[台湾]
English is coming soon.
こんにちは、藤本です。
現在、エクスチェンジ・レジデンシー・プログラムで招聘しているインディペンデント・キュレーターのホゥ・ユークァン[台湾]の活動を紹介します。クァンは、本プログラムの連携機関である、國立台北藝術大学 關渡美術館(Kuandu Museum of Fine Arts[KdMoFA])推薦の候補者からアーカスプロジェクト実行委員会が選出したキュレーターで、2018年1月16日から2月14日までの30日間滞在し、リサーチに取り組みます。
a0216706_12394883.jpg

台湾と日本の歴史・政治的な関係が自身の研究テーマのひとつでもあり、今回の滞在では、第二次世界大戦に現代の視点からアプローチする日本人アーティストをリサーチしました。
今回は、アーティストの笹川治子さんへのインタビューの様子を紹介します。笹川さんは、2015年に東京都美術館で開催された「戦争画STUDIES」の企画者でもあります。

笹川さんは茨城県取手市にある井野アーティストヴィレッジ にスタジオをかまえ、制作されています。
a0216706_12435041.jpg
インタビューでは、戦争画STUDIESというプロジェクト全体についてのお話や、笹川さん個人の制作活動について具体的なお話をしていただき、クァンからの質問もなかなかにたくさんあったため3時間以上お付き合いいただきました。
a0216706_12443379.jpg
戦争画といっても、そのカテゴライズは様々で、画面に小さく描かれている台湾兵士の持っている武器から事実が見えてくる藤田嗣治の絵画などもあれば、当時描かれた戦争とは関連のないような風景画も戦争画として捉えることもあるようでした。
a0216706_12444620.jpg
最後にスタジオも見学させていただきました。
a0216706_12452007.jpg
a0216706_12453146.jpg
どうもありがとうございました。

クァンは、2月10日のエクスチェンジ・レジデンシー・プログラム活動報告会で今回のリサーチについて発表します。
KdMoFAにアーカスプロジェクトから派遣した磯村暖さん、mamoruさんも登壇し、台湾での60日間の活動を紹介してくれます。
アーティスト、キュレーターの視点を通して、日本と台湾という国を形づくる文化的営み、また両国が異なる立場で共有している歴史や社会問題についても知ることができる機会です。みなさま、ぜひお越しください。






[PR]
by arcus4moriya | 2018-01-30 13:00 | AIR | Comments(1)
12/29 エクスチェンジ・レジデンシー・プログラム 派遣作家オープンスタジオ@國立台北藝術大學 關渡美術館(台湾)
皆さん、こんにちは。藤本です。
今回は、今年度より開始したエクスチェンジ・レジデンシー・プログラムのオープンスタジオのご紹介をします


a0216706_16323166.jpg
来場者に過去作品の説明をするmamoruさん

エクスチェンジ・レジデンシー・プログラムでは、海外のレジデンスプログラム運営団体と連携し、アーティスト/キュレーターを一定期間、派遣/招聘します。アーカスプロジェクトがこれまで培ってきた芸術家支援活動を海外に展開し、滞在制作・リサーチを通して国内、国外のアーティスト/キュレーターが交流する機会を創出します。

今年度はアーカスプロジェクトから台湾の連携団体、國立台北藝術大學 關渡美術館 Kuandu Museum of Fine Arts(以下、KdMoFA)に日本人アーティスト2名を派遣し、60日間の滞在制作の機会を提供。KdMoFAより1名の台湾人キュレーターをアーカスプロジェクトに招聘し、30日間のリサーチ活動をサポートしています。


a0216706_17194678.jpg
磯村暖さん 新作


a0216706_16594842.jpg
部分


アーカスプロジェクトから台湾のKdMoFAに派遣した日本人アーティストは、磯村暖さんとmamoruさんです。

2017年12月1日から2018年1月29日(60日間)の滞在での中盤、12月29日にKdMoFAにてオープンスタジオを開催し、

過去作品と制作過程を公開しました。写真はその時の様子ですが、現在も引き続き滞在調査・制作は続いています。

a0216706_16540809.jpg
来場者に制作活動を紹介する磯村暖さん

a0216706_16503778.jpg
mamoruさんはリサーチの一環で伝統楽器‘Suona’のレッスンを受けているとのこと。

a0216706_17280128.jpg

a0216706_16373009.jpg
a0216706_16391868.jpg
a0216706_17211387.jpg
a0216706_16430967.jpg

お二人が帰国したのち、2月10日(土)にアーカススタジオにて活動報告会を開催します。

現在アーカススタジオに招聘している台湾のインディペンデント・キュレーター、ホゥ・ユークァン(写真右)も日本でのリサーチを報告します。皆様ぜひお越しください。


a0216706_17181213.jpg

Photo credit: Kuandu Museum of Fine Arts, TNUA
Photographer: Huang Yung-En













[PR]
by arcus4moriya | 2017-12-29 17:29 | AIR | Comments(0)
11/25 キッズツアー(オープンスタジオ) / Guided tour for kids at OPEN STUDIOS
皆さん、こんにちは。藤本です。
本日はオープンスタジオ4日目の11月25日(土)。
14:00から キッズツアー 16:30から スタジオトーク×南條史生 18:00から 秋の手打ち蕎麦交流会
とイベント盛りだくさんの日です。

キッズツアーの様子をご紹介します。対象は、小・中学生。
こどものためのスタジオ鑑賞ツアーですが、付き添いの保護者の方々なども少し距離をおいてもらうことを条件に参加することができます。アーティストのスタジオをスタッフと一緒にまわり、ワークシートや質疑応答を通してそれぞれのアーティストの制作活動への理解を深めます。

または、アーティストにこどもたちの想像力を捧げます。
a0216706_17325912.jpg


まずは、カーティス・タム [アメリカ]のスタジオからです。
a0216706_17022236.jpg
↓ここからは、ワークシートの内容を引用します。

《細胞調律センター》
カーティスさんは、身の回のいろいろな音をあつめて、音の図書館「サウンド・ライブラリー」をつくったよ。どうやら音と津波、地震にはなんらかのつながりがあるみたい。それって一体なんだろう?

①きいてみよう。
音をよくきいてみよう。なにの音がきこえるかな?
a0216706_17021335.jpg
a0216706_17015419.jpg
セミの羽をチャートに落として、落ちたポイントによって、プライベートセッションの際に
カーティスが作成したサウンドライブラリー内のどの音源を使うかが決まります。

a0216706_17014242.jpg
②かんがえてみよう。
音をきいて、自分がどんな気持ちになったか、どこにいるように感じたか、なにの音にきこえたか、たくさん言葉にしてみよう。
5つ以上の言葉を探してい書いてみてね。
a0216706_17011582.jpg
「ディスオリエンテーション・セラピー」中。サウンドを聴いています。
a0216706_17010257.jpg

③きいてみよう。
ふしぎに思ったことをカーティスさんに質問してみよう。
a0216706_17003259.jpg
音と津波、地震のなんらかのつながりとは。規模の違う「波」なのでは?




続いて、フリエッタ・アギナコ&サラ・ドゥームーン [メキシコ/ベルギー]のスタジオへ。
a0216706_17001547.jpg

《既知とされていることを知らないと断言すること》
フリエッタさんとサラさんは、利根川について調べました。川の歴史、川のかたちが変わったこと、川のそばで生活してきた人の話、昔話、オランダ人のこと。
「川」ってみんなにとってどんな存在なのかな?
a0216706_17000164.jpg
①みてみよう。
スタジオの中をよくみてみよう。
a0216706_16595258.jpg
a0216706_16594062.jpg

②かんがえてみよう。
どうして、利根川について調べたのかな?そこからなにがわかったのかな?
a0216706_16591781.jpg
③きいてみよう。
自分がいちばんおもしろいと思ったものをみつけて、フリエッタさんとサラさんに伝えてみよう。
a0216706_16585613.jpg
「ねねこ」という女カッパが利根川に住んでいたらしい
a0216706_16584455.jpg
a0216706_16592781.jpg
川は泳ぐためのもの、すでにそこにあるもの。あと「資源」と答える小学生もいましたね。




最後に、ダニエル・ニコラエ・ジャモ [ルーマニア]のスタジオへ。

《16種の紙の音》《守谷ファースト・東京セカンド》《隕石を集める》

ダニエルさんは、16-30才の人たちに2028年のことを想像して物語をつくるワークショップをしたよ。そのとき、世界は、日本は、みんなが住んでいる町はどんなふうになっているのかな?
a0216706_16583354.jpg
①みてみよう。
みんなのつくった物語をしっかり読んでみよう。
a0216706_16582045.jpg
漢字が読めない年齢の人のために、ワークショップ参加者が作った物語をひとつ音読してくれています。
a0216706_16580742.jpg
②かんがえてみよう。
みんなの物語の中に自分が体験したできごとはあるかな?
ないものは自分におきかえて想像してみよう。
a0216706_16575455.jpg
③きいてみよう。
自分にとってよくわからないと思ったことがあれば、ダニエルさんにきいてみよう。

a0216706_16573779.jpg
ワークシートより:「2028年には戦争が始まりそう。2028年には住みたくない」
「未来が何であれ、今変えていけば、きっと良いことになると僕は思いました。」
「全自動?食糧不足?戦争中?そのままってことはない(と思う。)」
「いばらきなくなったらふるえる。こころがどきどきする。こころがかたくなる。わたしはこうこうせいになったらべんきょうしてる」

Photo: Hajime Kato


ご参加くださった皆様ありがとうございました。
また会いましょう!毎年来てくれる皆さんの成長を見られるのも感慨深いのです。








[PR]
by arcus4moriya | 2017-11-25 14:00 | AIR | Comments(0)
11/10 カーティス 朝日新聞の取材 Curtis Interview by Asahi Shimbun
朝日新聞の記者さんがスタジオのカーティスを取材に来てくださいました。

1時間程、日本でのプロジェクトを説明。
京都へ行った時の梵鐘のことや、先日の鋳込みの撮影のフッテージを見せながらじっくりお話を聞いていただきました。

印象的だったのは、コンピューターで音楽を作っているのかという問いに対して、コンピューターで純粋に作られた音楽と、カーティスがフィールドレコーディングを元に作っている音楽は違うという答えでした。

カーティスにとってコンピューターはCDを再生する際のプレーヤーと同じで、あくまで録音した音を実際に再生するための機械であるということ。
そしてカーティスはindexical(指標的)な音を集めているそうです。
(つまり例えばセミの音はセミのindexです。)


そしてオープンスタジオに向けてセッティングを始めているサウンド・ライブラリーを体験していただくことに。
a0216706_14033526.jpg


最後に黒板に書いている曼荼羅の前でポーズ。
a0216706_14045357.jpg

この時の朝日新聞の記事はこちらです。

ご取材いただきありがとうございました。

文:外山


[PR]
by arcus4moriya | 2017-11-10 16:35 | AIR | Comments(0)
11/4 フリエッタ&サラのリサーチ(地図編)/ Julieta&Sarah's research (Maps)
皆さん、こんにちは。藤本です。
招聘アーティスト、フリエッタ・アギナコ&サラ・ドゥムーン[メキシコ/ベルギー]の活動を紹介します。
彼女たちは現在、利根川についてリサーチしています。

・主に守谷~犬吠埼(利根川の河口、千葉県銚子市)エリアの利根川においてどのように人工的な工事がなされ変化していったか。

・川が起こした災害の歴史

・現地に残る利根川にまつわる昔話や民話、個人の経験


などです。これまでのリサーチについてはブログでご覧いただけます。

今回は「地図編」ということで、過去に国土交通省国土地理院で地図製作に携わっていた鶴見英策さんという方との交流をご紹介します。アーカススタジオの近くにお住まいで、以前にスタジオを訪れてくださった鶴見さん。2人の活動に興味を持ってくださったようです。
鶴見さんは国土地理院で地図の製作に携わったのちに、アフリカに渡り地図製作の知識と技術を伝えるお仕事をされた方です。伊能忠敬のことや当時の測量のこと、鶴見さんご自身のことなどを教えてくれました。
a0216706_17173929.jpg
最初の訪問の際には、伊能大図の見方を教えてくれました。
(以前、2人は国土地理院情報サービス館の職員さんと他部署の職員さんにご協力いただき伊能図「大図」のデータ(茨城、千葉周辺)を貸していただき、あわせて第二次世界大戦直後に測量された同エリアの地図(国土地理院作成)を購入。どちらももパズルのように組み合わせなくてはいけない状態。)

細切れになっている大図のデータ群から守谷〜犬吠埼エリアを抽出する作業は複雑で、2人は特に古い地名の表記に四苦八苦していました。そんな2人には大変心強いサポーターです。
a0216706_17372390.jpg
a0216706_17205934.jpg
そして、鶴見さんはお仕事を引退されてからも地図に対する情熱が凄まじく、明治16年(1883年)につくられたフランス式の迅速測図(↑フランス式はカラーで地域の見どころや風景画が周辺に描かれている凝ったつくり。対するドイツ式はモノクロで簡素。)の風景画の場所へ足を運び、それが描かれた地点から現在の風景を眺め、写真に撮り、当時と変わらない部分/変わった部分を検証する。または当時に思いをはせる。ということをされています。
仕事としてではなく、このように当時の地図製作者の状況を追体験することを、心から楽しんでいるのです。
a0216706_17440264.jpg
2015年9月10日に台風18日号がもたらした記録的大雨、洪水、鬼怒川上流の堤防決壊が起こりました。アーカススタジオのある守谷市は、被害の大変大きかった常総市の隣です。
その際にどのエリアに川から溢れた水が浸入したか、という鶴見さんの分析図を見せてくれました。浸入した部分に手作業で色が付けられています。土地の高低差や水の進路がわかります。その作業にかける根気強い姿勢からも、鶴見さんの地形への強い関心と、記録することへの使命感のようなものが感じられます。
a0216706_16370608.jpg
鶴見さんは、伊能図よりも以前に作られた様々な地図も見せてくれました。↑こちらはそのうちのひとつで、1648年頃に徳川幕府によって作られたもの。


地図からは、地形や領土だけでなく、当時の人々の生活環境や政治情勢などを読み取ることができると鶴見さんは言っていました。あと地図には目に見える情報と目に見えない情報の両方が詰まっている、ということも。地図に書かれた情報から、書かれていないことを想像する力を身につけることができるのです。
それが「地図を読む」ということなのです。
a0216706_16354965.jpg
目に見えている情報からそれ以上の情報へアクセスするスキル(想像力)。
a0216706_16353999.jpg
オープンスタジオ期間中に2人が毎日行ったパフォーマンスも何度も見に来てくれました。その度にスタジオに広げられた地図を何度もじっくりと眺めている姿が印象に残っています。↑こちらは、フリエッタがアナログカメラで撮影した鶴見さんの初スタジオ訪問の際の写真。オープンスタジオが終わって鶴見さんに差し上げました。
a0216706_16352615.jpg
ここからは余談ですが...
個人的には地図や地図製作についてだけでなく、もっと基本的なをたくさん学ばせていただいたと思います。
自分が絶え間ない努力で得た知識を他者に惜しげもなく与えること、経験を共有すること、新しい考え方やものの見方に対してオープンであること、わからなかったことを素直に相手に聞くこと。
いくつになっても好奇心をもち、知らないことがあることに自覚的でそれに対して探究心を失わないこと。
理想の大人像ですね。




[PR]
by arcus4moriya | 2017-11-10 13:00 | AIR | Comments(0)
11/9 カーティス 梵鐘鋳込みの撮影 Curtis shoot pouring of temple bells
以前のブログでカーティスが梵鐘に興味を持ち、桜川市真壁町の小田部鋳造株式会社様を訪ねたこと、そこで撮影をさせていただきたいとお願いしていたことなどを書きましたが、とてもとてもラッキーなことに、年に数回しか行われることのない梵鐘の鋳込みの日に撮影させていただけることになりました。
アーティストの短い滞在期間と鋳込みが重なるなんて本当にタイミングがいいです。

実際に型に高温で溶かした金属を流し込む鋳込みの作業は午後でしたが、炉への火入れは朝5時に開始し、午前中いっぱいだんだん火を大きくして金属を足していくということでした。
カーティスはぜひ夜明け前に着いて外の光がだんだん変わる中で撮影したいということで、私たちスタッフと朝4時前に集合することに。

守谷で車で1時間程の真壁町までまだ真っ暗な中向かいました。

到着してすぐ、小田部さんが炉に火を入れます。

a0216706_11221025.jpg
a0216706_11223058.jpg
コークスという燃料を少しずつ足していきます。
a0216706_11230700.jpg
まだ炎は小さめです。
a0216706_11240289.jpg
だんだんと外が明るくなってきました。

a0216706_11243599.jpg
暖かい事務所で一息ついているところ。
a0216706_11244614.jpg
小田部さんは鋳込みという大事な日にも関わらず、私たちスタッフのことも気にかけてくださいます。

a0216706_11260338.jpg
a0216706_11262167.jpg
コークスを手で拾い炉まで上って入れるという作業を小田部さんは朝中何度も何度も繰り返されます。
a0216706_11271635.jpg
早朝は空気が澄んでいて光が美しいです。
a0216706_11445671.jpg


a0216706_11274988.jpg
午後に梵鐘の鋳込みをするところ
布で覆われているのが内側の型です。
a0216706_11281755.jpg
大きい梵鐘のほか、小さめの半鐘の鋳込みも同時に行われます。

a0216706_11283375.jpg
a0216706_11285888.jpg
a0216706_11294543.jpg
a0216706_11300507.jpg
どの作業も真剣に撮影するカーティス

撮影にあたってカーティスがよく言っていたのは、派手でスペクタキュラーな工程を撮りたいのではなく、場所の日常や空気感、その場に宿る精神性といったものを撮りたいと言っていました。

a0216706_11322446.jpg
a0216706_11323866.jpg
a0216706_11330128.jpg
a0216706_11333845.jpg
a0216706_11335950.jpg

a0216706_11343723.jpg
カーティスが見ているのは藁灰
溶かした金属に浮かせることで不純物を取り除いたり、温度を調整したりできるそうです
a0216706_11411516.jpg
a0216706_11415057.jpg
それぞれの梵鐘で異なる彫りが入っている型を、内側の型とずれがないようにはめていきます。
ずれがないように慎重な微調整が必要な作業です。


ここでお昼休憩に行きました。
a0216706_11460707.jpg
天気が良かったのでちょっとしたピクニック

a0216706_11471269.jpg
午後になると炎が高くなり緑色に!
a0216706_11474770.jpg
a0216706_11482518.jpg
a0216706_11484037.jpg
小田部さんはずっと手で銅と錫を足していきます。
a0216706_11513987.jpg
a0216706_11515201.jpg
a0216706_11521159.jpg
a0216706_11524416.jpg
カーティスは梯子に登ってより近くから撮影
a0216706_11591903.jpg
a0216706_11534405.jpg
鋳込みの際の読経に備えて準備も始まります。
a0216706_11593760.jpg
煙が天井いっぱいまで充満し火の粉も沢山飛んでいます
a0216706_12001684.jpg
a0216706_12004929.jpg
a0216706_12010042.jpg


いよいよ鋳込みへ
a0216706_12012290.jpg
炉から溶かした金属を容器へ
a0216706_12023515.jpg
a0216706_12024912.jpg
a0216706_12030898.jpg
a0216706_12034247.jpg
a0216706_12035634.jpg
a0216706_12042483.jpg
お坊様が読経される中、容器から溶けた金属を型へ流し込みます。

a0216706_12040622.jpg
a0216706_12141717.jpg
お坊さんや檀家さんからは鋳込みはこのように見えていました。

私はカーティスに言われて部屋の中から読経の音を録音していたのですが、静まりかえった瞬間に聞く歌のようなお経には、そこにいるみんながなにか違うものに生まれ変わったような神聖さを感じました。
a0216706_12055847.jpg
鋳込みが終わると移動させます。
a0216706_12044764.jpg
この日は2つの梵鐘の鋳込みがありました。



a0216706_12081842.jpg
最後に炉を解体します。
a0216706_12091574.jpg
a0216706_12092730.jpg
a0216706_12093859.jpg
a0216706_12095144.jpg
a0216706_12102136.jpg
a0216706_12115639.jpg
a0216706_12121489.jpg
a0216706_12123780.jpg
a0216706_12131463.jpg
a0216706_12133255.jpg
解体した炉の内部


朝5時に始まった撮影は夕方5時に終わり、終わる頃にはまた暗くなっていました。
1日中炉の近くにいたのでみんな灰と煤で黒く。

小田部さんのご協力でカーティスも1日中近くで撮影することを許可していただき、本当に充実した日でした。
日本でしか体験できないことや発見をしてもらえるとコーディネートの甲斐があります。

カーティスが梵鐘と小田部さんの制作場に興味があるのは、伝統的な工法が今も続いていることです。
現代ではそういったものの価値を認めることのできる人が少なくなっている中で、そういった生き方を続けていられるのは貴重なことだと言っていました。

この日カーティスは、小田部さんに、後日梵鐘を型から出した後の磨きの工程の見学と、小田部さんのインタビューができないかとお願いしました。
オープンスタジオの後、帰国までは2週間ほどですが、天気(磨きの日は晴れていないとだめだそう)と日程が合えばもう一度伺わせていただけることに。

小田部鋳造株式会社様はじめ、撮影にご理解をいただきましたお寺の皆様、誠にありがとうございました。

カーティスはこの映像をオープンスタジオでみせるのではなく、アメリカへ帰国後に時間をかけて編集していくようです。

文:外山

[PR]
by arcus4moriya | 2017-11-09 17:46 | AIR | Comments(0)
11/8 カーティス 守谷高校吹奏楽部とのワークショップ Curtis Workshop with Brass Band Club at Moriya High School
さて、守谷のコーラスグループとワークショップをしているカーティスですが、アーカススタジオのお隣の高校、茨城県立守谷高等学校の吹奏楽部ともワークショップを行いました。

コーラスの時と同様、新たなサイレンの候補となる音をみんなで作り出すためのワークショップです。
カーティス自身、このようなワークショップは行ったことがないらしく少し緊張していました。

まずはみんなの顔が見れるように円になります。
a0216706_21461695.jpg
最初はまず鉄琴とドラムはなしで、簡単なゲームのように、左の人が出した音を真似して右につないでいき音の円を作ります。
a0216706_21455296.jpg
みんな種類の異なる楽器を使っているので、隣の人を真似するのはなかなか難しそう。

テンポを変えてみたり、みんながルールに沿って遊べるように調整します。
普段楽譜通りの演奏を行っている高校生たちにとって、自分の好きな音を出すことや、周りの音に合わせて即興することはなかなか難しいようでした。

a0216706_21462340.jpg
次にドラムと鉄琴も輪に加わります。
a0216706_21460919.jpg
ドラムががみんなの即興にベースを与えます。
a0216706_21463201.jpg
a0216706_21460067.jpg
最初は恥ずかしがって笑ってしまっていた高校生たちも、後半はだんだんと雰囲気を掴めてきたようでした。


今回は1時間と短いワークショップで、即興演奏に触れたことのない高校生たちにはなかなか何をやっていいのか分かりにくかったと思います。
カーティスも言葉の壁もあり、なかなかグループをマネージするのに苦労していました。
私の高校生の頃を思い出しても、周囲の目が気になって間違うことを恐れたり、変なことをしてしまわないかと恥ずかしがったり、大人でもそういう気持ちはあると思いますが、高校生の年頃の子たちには特に難しいのではないかと思います。

即興演奏に間違いはなく、自分なりの音を出しながら、かつ周囲の音に耳を澄ませることがポイントです。
他人に合わせつつ自分を出す、これって全ての創造的なコミュニケーションに普遍なことだと思います。
相手の音を’よく’聴くのは本当は難しいことなんだと改めて思った日でした。

これをきっかけに高校生のみなさんが即興演奏に興味を持ってくれるといいなと思います。

文:外山

[PR]
by arcus4moriya | 2017-11-08 02:29 | AIR | Comments(0)
11/6 カーティス 防災科学技術研究所(NIED)訪問 Curtis visited NIED
a0216706_21432428.jpg
カーティスは科学の視点から地震の研究をしている研究者にもインタビューをしています。

今日はつくばの防災科学技術研究所(NIED)へ!
NIED は地震含む火山・気象・土砂災害などあらゆる自然災害から人々の生活を守る研究をしている機関です。

まずは広報の方に研究所を紹介するビデオを見せていただきました。
a0216706_21393407.jpg
a0216706_21394353.jpg
a0216706_21395156.jpg
a0216706_21392703.jpg
パンフレットを手にポーズを取ったりして。



次に実際にあった地震の揺れを体感できる地震ザブトンへ。
a0216706_21395824.jpg
メニューから地震を選ぶことができます
近年起こった実際の地震を、震源地からの距離、建物の何階にいたか、などの状況との組み合わせから体感できます。
a0216706_21403508.jpg
a0216706_21402843.jpg
目の前のスクリーンには地震が起きた際の仮想の部屋の様子が写されます。
a0216706_21404168.jpg
a0216706_21405005.jpg
熊本地震の波形
a0216706_21412556.jpg
最後にアンケートを書きました。

a0216706_21414472.jpg
a0216706_21415103.jpg

a0216706_21415943.jpg
 研究所内の違う建物へ移動。

とてもいい天気でした。
カーティスは研究所内に植物が生い茂っているのが気に入っていました。
広報の方によると植物の手入れをする予算を取っていないそう。
庭師がいないので植物が繁栄することができて逆にいいねとカーティスは言っていました。
とても大きな女郎蜘蛛の巣を見つけ観察したりしました。

a0216706_21421267.jpg
大型耐震実験施設へ


ここでは世界で2番目に大きな振動台(14.5x15m)を用いて加震実験を行っているそう。
この日はハウスメーカーが木造住宅の実験を行っていました。
a0216706_21421904.jpg

続いて大型降雨実験施設へ
a0216706_21423083.jpg
a0216706_21423678.jpg
山崩れや土石流などの実験を行っています。
写真では見にくいですが、建物の手前にレールがあり、この建物部分は動くようになっていました。


それから、研究者の方のインタビューへ。
今回協力してくださったのは地震津波防災研究部門の久保久彦さんです。
a0216706_21424236.jpg
a0216706_21425653.jpg
カーティスのインタビューは少し独特かもしれません。
音楽と同じで即興的というか、相手が聞かれたことのなさそうな質問や、普段考えていないこと、つまり答えが前もって用意されていないその場で考えないと答えられないような質問をするのを好みます。
インタビューを受ける方にとっては、なかなか難しいと思います。。

話はなぜ地震研究の道に進んだのか、波(地震の波形)を見てどう感じるかなどの個人的なことから、ナマズの神話などカーティスの興味のあることを中心に進みました。

地震研究の分野では、95年の神戸の震災をきっかけにそれまで予知に重きを置いていた研究が、地震とは何かという本質の研究にシフトしたそうです。
防災科学技術研究所の英語名National Research Institute for Earth Science and Disaster Resilienceにも話が及び、カーティスはresilience(立ち直る力、回復力)という単語を気に入っていました。

カーティスは、昔はあったナマズに関する神話などが現代では失われたことで、人間が地震とどう向き合うか、付き合っていくかを学ぶ精神的繋がりが失われてしまったのではないか、波(音も地震もスケールの違いはあるけれど同じ波です)が人間と地震の間をつなぐコミュニケーション装置になるのではないか、などこれまでのリサーチで発展させてきたアイデアを語っていました。


a0216706_21430312.jpg
リアルタイムの地震データを映すモニター群
a0216706_21431896.jpg
赤は揺れが感知されたポイント。
東京は地下鉄が多いため揺れがよく感知されるそう。


日本では人間が感知することのできない小さな地震が無数に起こっていて、その数1日約300回と言われています。
気象庁によると世界の地震の1/10は日本周辺で起こっています。)
その意識することのできない微小な地震の'波'は、私たちにどのような影響を与えているのでしょうか。
私たちはその波をどのように聴いているのでしょうか。

文:外山

[PR]
by arcus4moriya | 2017-11-06 00:08 | AIR | Comments(0)


S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
AIR
地域とアート
オープンラジオ
アーティスト・イン・スクール
HIBINO HOSPITAL
だいちの星座
ロッカールーム
アーカスの日常
スタジオ来訪者数
2009〜2010
未分類
外部リンク
検索
ARCUS Twitter
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧