人気ブログランキング |
カテゴリ:アートエデュケーション( 23 )
いちねせんいのさくひんてん - ヘンシン!仮面ナンダー!? - 展覧会
1月末から2月の初旬にかけて、守谷市内の3つの小学校、大井沢小学校、郷州小学校、守谷小学校にて、1年生全員に対し、アーティストの飯野哲心さんが仮面制作のワークショップを行い、スタジオには、児童たちによる変身願望のつまった288個の仮面が集ました。

これら、1年生が制作した仮面全てと飯野さんによる写真作品を守谷市役所にて「いちねせんいのさくひんてん - ヘンシン!仮面ナンダー!? - 」と題して、守谷市役所にて3月17日から21日の5日間、展示しました。


展示の様子をお伝えするまえに、設営の様子も。
こちらは事前準備でひとつひとつの仮面を確認していく飯野さん。
a0216706_15462402.jpg

今回、展示会場に飯野さんが選んだのは、守谷市役所でした。
市役所内で職員の方がたが仕事をされている最中に、黒い壁を建てていきます。
a0216706_15485231.jpg

黒い壁がたちあがったら、サポーターさんにもお手伝いしてもらいながら、皆で、288個の仮面を学校ごと、クラス毎にわけて展示していきます。
a0216706_15495998.jpg
a0216706_15500998.jpg

ひとつひとつ確認しながら、ワークショップの当日を思い出しつつ、展示は進んでいきました。
a0216706_15493005.jpg
事前の展示設営は一日で完了し、後は展示に備えるだけです。
a0216706_15512319.jpg


今回の展示は、展示壁面を用いて、空間を内部と外部でわける展示構成となりました。
外側には、児童たちが制作した仮面を飾り、内側には飯野さんによる写真作品。
a0216706_15523565.jpg

箱形の展示会場の外側をぐるっと周ると、そこにはずらっと仮面が並びます。ひとつひとつ、児童の皆が思いをこめてつくった仮面が並ぶ姿は圧巻でした。それぞれ創意工夫が凝らされており、また学校ごとやクラスごとで個性もあり、ずっとみていて飽きませんでした。

a0216706_15574809.jpg
a0216706_15581120.jpg
a0216706_15582580.jpg
a0216706_15580013.jpg
a0216706_15575474.jpg
a0216706_15583011.jpg
a0216706_15582001.jpg
a0216706_15580544.jpg

ぐるっと外側を一周して、仮面の実物を堪能したら、一部開けた通路部分から、箱状の展示空間の内部へと入ることができます。この内部の空間は、飯野さんによる写真作品を展示していました。
a0216706_16022942.jpg

学校でのワークショップの最後にクラスごとに撮影した皆が仮面をつけ、変身状態で撮影したクラス集合写真が並びます。

a0216706_16074980.jpg
a0216706_16075826.jpg
a0216706_16080687.jpg
a0216706_16082065.jpg

それ以外にも、飯野さんは、ワークショップ当日のハイライト写真や、ワークショップ実施の後日にに何人かの児童に協力してもらい、学校で追加で写真を撮影していました。仮面をつけ、校庭で遊び姿や、学校内にたたずむ仮面児童たち。

a0216706_16091346.jpg
a0216706_16091633.jpg
a0216706_16145838.jpg

5日間という短い期間でしたが、祝日もふくめ、お休みの日が多かったこともあり、また会場が市役所であったことも幸いして、展覧会には、制作ワークショップに参加した児童が親子連れ、家族連れで来てくださったり。お孫さんの仮面を観にきてくださるかた、それ以外にも学校の先生や、市役所の職員のかた、また飯野さんのお知り合いなど多くのかたにお越し頂きました。
a0216706_16124410.jpg
a0216706_16110901.jpg
a0216706_16111506.jpg
a0216706_16112304.jpg
a0216706_16115594.jpg
やはり、ワークショップで仮面を制作してくれた児童が、家族を連れて、親御さんや兄弟・姉妹と一緒にみに来てくれたのはとても嬉しく、また自分の作品が飾られているのが、誇らしげな様子がとても印象に残りました。
先生や親御さんから聞いた話ですが、この制作・展示に参加したことで、今までおとなしく控えめだった児童のひとりが、ともて自信を持ち、積極的に発言するようになったと、聞いたのは忘れられません。

また、展示期間中、内部の写真展示空間では、来てくださった方向けに、仮面の制作が体験できるワークショップコーナーも設置していました。
学校でのワークショップに参加した児童がもうひとつ創りたいと来てくれたり。その児童の兄弟・姉妹が一緒になってつくったり、興味をもって制作してくたりなど、この5日間の展覧会会期中にも多くの仮面が作られていきました。
a0216706_16131597.jpg
a0216706_16133838.jpg
a0216706_16132996.jpg
a0216706_16134442.jpg

最後に、展覧会の実施初日は、こんな一幕も。
飯野さんは、この日のために、守谷市のシンボルマークの仮面をつくってきていました。
この仮面を市長につけて頂き、仮面をかぶった同士、市長と飯野さんによる仮面会談。
a0216706_16161061.jpg


展覧会終了後には、仮面は制作してくれた1年生の皆に後日返却してきました。
その後、ある親御さんから、家でも仮面をかぶってヘンシンしているよ。とお聞きし、皆が大事にしてくれていることがわかり、こちらも大変嬉しい報告を頂きました。









----



by arcus4moriya | 2017-03-21 00:00 | アートエデュケーション | Comments(0)
いちねんせいのさくひんてん ワークショップ@大井沢小学校
いちねんせいのさくひんてんの展覧会に向けての小学校でのワークショップも今日で大井沢小学校での実施が3校目となりました。既に2回実施したからか、だんだんワークショップ実施中の時間の流れも掴めてきましたが、学校ごと、児童ひとりひとりで違いが多様なので、最後となった今回のワークショップも気合いをいれていきます。


気合いをいれて、今回も飯野さんからのご挨拶と制作の流れの説明から授業は始まります。
最初はバランから。
a0216706_19350980.jpg

私たちは3回目ですが、児童たちにとっては、初めての体験。皆、真剣に仮面づくりに励みます。
色画用紙の色を選ぶところから。
a0216706_19250496.jpg
いつのまにか赤ワインに。
a0216706_19350787.jpg

児童のみんなは、目の位置と穴の位置を確認しつつ。下書を描いて、かたちを切っていきます。
a0216706_19084115.jpg
a0216706_19350868.jpg
a0216706_19084230.jpg
a0216706_19260930.jpg
a0216706_19261466.jpg
a0216706_19364218.jpg
a0216706_19350948.jpg
今日の飯野さんは、ときおり、バナナに変身してたり。
a0216706_19084282.jpg
ときには、葉っぱに変身して、児童の制作にアドバイスを与えたり。
a0216706_19264232.jpg
徐々に皆仮面を完成させて、変身していきます。
a0216706_19272981.jpg
a0216706_19273317.jpg
a0216706_19350807.jpg
a0216706_19350852.jpg
廊下でネコになりきったりする児童のグループも。
a0216706_19084412.jpg
変身したままで掃除。
a0216706_19084493.jpg
皆で、廊下で変身した姿で遊んでみたり。
a0216706_19084374.jpg
教室では、先生も含む、皆が仮面をつけた状態での授業がはじまっていました。
a0216706_19084676.jpg
この大井沢小学校でも、児童全員が仮面の制作を終えたクラスから順番に写真撮影をしていきます。
a0216706_19084594.jpg
a0216706_19084619.jpg
今日も、無事に3クラスの児童たちが仮面を制作し、写真撮影を完了したところで、ちょうど授業時間も終わりに近づいてきました。
皆がつくった仮面を展覧会で発表するために、お預かりして、最後の挨拶で本日のワークショップも終了です。
a0216706_19450056.jpg
a0216706_19493944.jpg


これで、今回のいちねんせいのさくひんてんに参加・協力頂いた3つの小学校でのワークショップは終了しました。3校の全児童288人が制作した、288個の仮面が揃いました。
この仮面と飯野さんが制作した写真作品を一堂にかいし、展覧会を実施します。









----















by arcus4moriya | 2017-02-03 10:00 | アートエデュケーション
いちねんせいのさくひんてん ワークショップ@守谷小学校
今日は、前回の郷州小学校にひきつづき、いちねんせいのさくひんのワークショップを守谷小学校にて実施しました。今日も児童のみんなに、変身したものになるための仮面を制作してもらいます。

いちねんせいのさくひんてんのワークショップは、小学校の図工の授業時間を学校に提供してもらい、2限枠(約90分)の連続事業のなかで実施しています。そのため、準備、制作の説明から、制作、そして最後の撮影と片付けまでいれると実は、ワークショップ中は、いつも分刻みでのスケジュール。
しかも、今回訪れた守谷小学校の1年生は5クラス。全児童は144人。流石に、一度の授業90分で、144人全員分の制作と撮影は難しいとのことで、今日は午前中の1・2限と3・4限の2回に3クラスと2クラスにわけて実施することになりました。
今日は長丁場のワークショップとなりそうです。

a0216706_17524016.jpg
2回目のワークショップですが、長丁場になることから、またもや緊張気味の飯野さん。そして、今回のプロジェクトでは、撮影担当として、飯野さんの後輩の佐々木創さんが毎回手伝ってくれています。
a0216706_17563410.jpg
前回の郷州小学校の回のブログではかけませんでしたが、今回この一連のワークショップにはたくさんのアーカスサポーター、また市や県の職員さんにもサポート頂いています。
そのサポーターの皆さんと、ワークショップの事前準備や流れの確認。皆さん、ありがとうございます。
a0216706_17583206.jpg
そして、始まった最初の1回目。廊下で3クラスの児童たちに集まってもらい、飯野さんの挨拶から始まりました。
a0216706_17584672.jpg
皆に今日の制作について説明していきます。
a0216706_17595697.jpg
真剣に飯野さんの説明を聞いてくれる児童たち。
a0216706_18022761.jpg
飯野さんの説明が終わったら、クラスにわかれて、まずは色画用紙の配布。
a0216706_18032265.jpg
実は、この画用紙には、事前の目の位置にあわせて、穴が空いています。ちゃんと見えるから確認も大事。
a0216706_18051327.jpg
今日も、児童のみんなはなにに変身したいか考えてきてくれていました。
a0216706_18063196.jpg
a0216706_18063127.jpg
下書を描いて、かたちを切り出していきます。
a0216706_18011320.jpg
かたちが切れたら、飾り付け。今日も、児童たちが家から持ってきた材料に加えて、飯野さんが用意した材料もあります。
a0216706_18083397.jpg
さて、どれを選びまししょうか。
a0216706_18090577.jpg
a0216706_18091391.jpg
a0216706_18092023.jpg
取り付ける材料がきまった、どんどん飾り付けをしていきます。飯野さんもお手伝い。
a0216706_18105299.jpg
a0216706_18103340.jpg
仮面が完成した児童から、バンドをつけて、「ヘンシン!」
a0216706_18111943.jpg
a0216706_18111201.jpg
皆がなにに変身したのか、見せ合ってみるのも児童たちも。
a0216706_18130441.jpg
クラス全員の児童が仮面をつけたら、クラス毎に集合写真を撮影。
a0216706_18165240.jpg
a0216706_18162244.jpg

最初の1・2限の3クラスのワークショップが終わって、ほっと一息ついたら、すぐに3・4限の2クラス分のワークショップの開始です。

疲れる暇もないのと、児童たちの真剣な制作を手伝い、また様々な仮面をみることで、時間はどんどん流れていきます。
a0216706_18223911.jpg
a0216706_18230340.jpg
a0216706_18224508.jpg
a0216706_18225039.jpg
a0216706_18225678.jpg
a0216706_18232587.jpg
a0216706_18231719.jpg
そして、皆どんどん変身していきます。
a0216706_18243628.jpg
a0216706_18242337.jpg
a0216706_18241724.jpg
a0216706_18241275.jpg
a0216706_18240711.jpg

クラスの全員が仮面をつくって、変身し終えたら、教室で撮影。
a0216706_18261950.jpg
教室で撮影のあとに、廊下でも撮影。教室で撮影のあとに、廊下でも撮影。
a0216706_18263086.jpg
無事2クラスの撮影が終了したところで、今日1日のワークショップは終了しました。最後に児童の皆から、仮面を預かり、展覧会の案内をして本日の守谷小学校の回も無事すべての行程を終えました。
a0216706_18301102.jpg
a0216706_18301191.jpg
a0216706_18301291.jpg








写真:加藤甫








---







by arcus4moriya | 2017-01-31 10:00 | アートエデュケーション | Comments(0)
いちねんせいのさくひんてん ワークショップ@郷州小学校
アーカスプロジェクトでは地域プログラムのアートエデュケーション構想プログラムの一環として、守谷市内の小学校にアーティストを派遣し、1学年の全児童とアーティストによる共同制作を行う「いちねんせいのさくひんてん」事業を実施しています。

今年度は大井沢小学校、郷州小学校、守谷小学校の3つの学校のいちねんせいとアーティストの飯野哲心さんが共同制作に取組むことになりました。

今回のいちねんせいのさくひんてんのタイトルは「ヘンシン!仮面ナンダー!?」。
飯野さんは、1年生の児童たちと共同制作を実施するにあたり、児童たちに”変身”したいものを考えてきてもらうことにしました。変身したいものは何でもいいのですが、飯野さんが挙げた条件がひとつだけ。それは人間以外のもの。
変身するために、飯野さんが用意し、児童たちにつくってもらうのは、”仮面”です。

1月26日、よく晴れた日に、最初の仮面制作ワークショップを郷州小学校で2組の児童を対象に実施しました。
最初のワークショップということで、飯野さんも少し緊張していましたが、まずは最初に1年生のみんなにご挨拶。
a0216706_16562609.jpg
そして、今日みんなにつくってもらう仮面について、仮面のつくりかたについて説明していきます。
a0216706_16574186.jpg
これは? バラン?
a0216706_16585126.jpg
一通り、つくりかたの説明が終わったなら、作業にとりかかります。
a0216706_17002212.jpg
まずは、仮面のベースとなる色画用紙を選んで。
a0216706_17010909.jpg
a0216706_17011808.jpg
今日のために、事前に児童の皆には、あらかじめ変身したいものを考えてきてもらい、下書を描いてきてもらっていました。その下書にあわせて、色画用紙にかたちを描いていきます。もちろん、当日の気分で変身したいものは変更してもOK.
a0216706_17031387.jpg
かたちを描くときに、飯野さんも少しお手伝い。
a0216706_17040272.jpg
次に、かたちが描けたら、はさみにかたちを切り取っていきます。
a0216706_17053155.jpg
皆、複雑なかたちも、細かいところも丁寧に切り取っていきます。
a0216706_17082094.jpg
a0216706_17083508.jpg
かたちが切れたら、ここからは、普段みんなが使っている日用品、割り箸やストロー、色紙やテープ、その他いろんなもので仮面を立体的に飾り付けしていきます。皆、下書のときに、飾り付ける道具も考えてきており、家から持ってきてくれていました。
a0216706_17093060.jpg
色を塗るのもあり。みんな思い思いに、変身したいものになるための仮面をつくりあげていきます。
この日のワークショップにあわせて、飯野さんはさまざまな材料を用意していました。家にはなかった新しい材料をつかって、どんどん飾り付けを発展させていきます。
a0216706_17110677.jpg
仮面が完成した児童から、頭にバンドをつけて、仮面をとりつけてもらいます。目の位置をあわせて。
a0216706_17164111.jpg
a0216706_17164928.jpg
a0216706_17173696.jpg
a0216706_17180028.jpg
皆どんどん、仮面を完成させて、変身したいものに変身していきます。
a0216706_17191781.jpg
クラスの全員が、変身したいものの仮面をつけたら、みんなでそろって写真撮影。
a0216706_17201514.jpg
先生にも、飯野さんがお手本としてつくってきた仮面をつけてもらい。
a0216706_17205022.jpg
飯野さんの指示で、集合写真をとります。

「いちねんせいのさくひんてん」は、いちねんせいの児童たちが作品をつくるだけでなく、アーティストといちねんせいの共同制作。そして、アーティスト自身の作品制作の場です。飯野さんは、今回、自身の作品として、写真作品の制作に取り組みました。飯野さんは、この児童たちが日常を過ごす、教室に、非日常的な空間を出現することを目的に、児童たちが仮面をつけ、変身した姿を撮影していきました。
a0216706_17244386.jpg
2クラスの撮影が無事、終了し。児童の皆さんから感想や、お礼を頂いて、今日の制作ワークショップを終了しました。この日、児童がつくった仮面と、飯野さんの写真は、展覧会「いちねんせいのさくひんてん」にて発表されます。
a0216706_17272664.jpg
ワークショップを終えて、アーカススタジオにもどった飯野さんは、次回の守谷小学校でのワークショップに向けて、材料や道具の片付けと事前準備。次は、守谷小学校でのワークショップが待っています。















ーーー

by arcus4moriya | 2017-01-26 10:00 | アートエデュケーション | Comments(0)
「いちねんせいのさくひんてん-踊る人形 The Animation of Dancing Men」 特別上映
皆さん、こんにちは。藤本です。
年の瀬です。本日12/28(日)、アーカスプロジェクトでは「いちねんせいのさくひんてん -踊る人形 The Animation of Dancing Men」の特別上映の日でした。アーティストの松本 力さんと守谷市立大井沢小学校・高野小学校・御所ケ丘小学校の1年生全児童221名が共同制作したアニメーションを、守谷市中央公民館・ホールの大きなスクリーンで上映しました。
a0216706_16434560.jpg

同時開催でホワイエでの展示も開催中。
展示では、3校それぞれに作成したアニメーションとその原画を、松本さん手製の“絵巻物マシーン”とともにインストールしています。会場には、3つのモニターと絵巻物マシーンを展示しており、うち1つ(赤いスーツケース型)は9月に各小学校で実施した原画作成のワークショップ時に使用したもので、あとの2つは今回の展示用に新たに制作してもらったものです。スーツケース型(大)と、三脚型を使ったもので、中でも三脚のものは特にマシーン感が強く、個人的には触りたくてしょうがない作品でした。
a0216706_1463831.jpg

a0216706_1462473.jpg

この展示の面白いところは、編集後のアニメーションの上映だけでなく、絵巻物マシーンを実際に操作できることです。
まずはテレビモニターに接続されたセレクターを変換し、絵巻物マシーン左右に1つずつ着いたハンドルをくるくると回すと、その上に固定されているカメラを通して、テレビモニターに原画が動く様子がライブで映されます。
a0216706_146124.jpg

a0216706_1414781.jpg

a0216706_1481054.jpg


さて、そろそろホールでの特別上映が始まります。年の瀬にも関わらず足を運んでくださった方々に感動です。
a0216706_147369.jpg

a0216706_14112269.jpg

上映後のトークでは、小学校でのワークショップでの話から、松本さんの制作活動の話へと続きます。
a0216706_1472085.jpg

会場にいらしたプログラム参加校の1学年担任の先生から感想をいただきました。
(どうやら児童たちは、今回のワークショップの前までは、人の動きを見て絵に描くとい経験がなかったようです。そして、ワークショップ以後の図工の時間で、少しスキルが上がっていたようです。)
a0216706_1474417.jpg


共同制作のアニメーションの上映後には、松本さんご自身のアニメーション作品の上映も。
なんと、5本ものすばらしい作品を上映することができ、感激です。
a0216706_14114154.jpg

松本さんの作品を観ていつも感じることですが、
自分が年を重ねる事で、小学校の校庭や実家の引き出しのようなところに置いてきてしまった、大事なものの存在に思いを馳せるような心境になります。自己反省的というよりはもう少し憧れに近い感覚だと思います。
松本さんというアーティストは、我々が日々の現実的な出来事にかまけて、粗雑に犠牲にしてきた多くのことに丁寧に向き合い続けている稀な方だと思います。

大人なら、多くの人がジンとくるようなそんな作品たちを子どもたちは、どういう目で観ていたのでしょうか。
気になりつつも、子どもたちとそんな話がうまくできませんでした。
子どもたちと真剣に話せるようなプログラムをつくるというのも面白いかもしれません。
by arcus4moriya | 2014-12-28 22:51 | アートエデュケーション | Comments(0)
「いちねんせいのさくひんてん-踊る人形 The Animation of Dancing Men」
こんにちは、高倉です。
本日は守谷市中央公民館にて開催しました「いちねんせいのさくひんてん-踊る人形 The Animation of Dancing Men」の様子をご紹介します。
この展覧会は、今年の9月にアーティスト松本力(まつもと ちから)さんのワークショップを通して
守谷市内にある3つの小学校(大井沢小学校、高野小学校、御所ケ丘小学校)にかよう1年生に
描いてもらった絵をアニメーションにする過程を展示したものです。

a0216706_18491174.jpg

見慣れない絵巻物マシーンは松本 力さんの手作りによるものです。

a0216706_18492348.jpg

1つ1つ描かれた絵はこのように一枚一枚記録されていきます。

a0216706_18492962.jpg

取り貯められた写真は、後に連続して再生することでアニメーションとなり、
時間、作者、モチーフ、等々様々な境界を飛び越えた映像作品になります。

a0216706_18494823.jpg

市役所から応援に駆けつけていただきました高橋さんの協力もあり、たくさんの方が来てくれました。

a0216706_18495233.jpg


a0216706_18495999.jpg


実際に絵を描いてくれた1年生、またその作品を見に来てくれた方々を取込んで、くるくると
絵巻物マシーンは周り続けていました。
by arcus4moriya | 2014-12-28 17:00 | アートエデュケーション | Comments(0)
いちねんせいのさくひんてん-踊る人形 The Animation of Dancing Men 搬入
皆さん、こんにちは。藤本です。
冬至を過ぎ、昨日からは日が長くなっていくばかり、だと思うと嬉しいです。でも寒い日が続きますね。
さて、本日は「いちねんせいのさくひんてん-踊る人形 The Animation of Dancing Men」の搬入でした。
a0216706_10481919.jpg

このプログラムでは、アーティストの松本力さんが、9月に守谷市内3校(守谷市立大井沢小学校・高野小学校・御所ケ丘小学校)の1年生全員とアニメーションを共同制作をしました。
その様子は以下から御覧いただけます。
大井沢小学校でのワークショップ
高野小学校
御所ケ丘小学校


今回の展示会場となる守谷市中央公民館のスペースはかなり独特の質感を持っています。
床、壁の素材、なんだか特徴的な調度品、強めの人口光、強めの自然光…etc.
a0216706_111783.jpg

今回、松本力さんはそんなスペースの特徴と自身の作品との融合を考えながら、展示のプランを作ってくれました。
a0216706_1112138.jpg

a0216706_11145648.jpg

a0216706_11235842.jpg

3校それぞれで作ったアニメーション作品とあわせて、スーツケース型絵巻物マシーン2台と三脚絵巻物マシーン1台を展示しています。絵巻物マシーンを自分で操作して、原画をモニターに映してアニメのように見ることもできます。さっそく訪れた子どもたちが必死になって絵巻物マシーンをくるくるくるくる回して見ていました。
1.絵巻物マシーンを使った原画の映像
2.アニメーション作品(DVD)
をセレクターで切換えて1つのテレビモニターでみることができるのです。

そして、12/28(日)の特別上映に向けてのテストも行いました。
a0216706_11302277.jpg


松本さんは、最後に、スタジオに戻ってから特別上映の宣伝ボードまで手描きしてくださいました!
ありがとうございます。とてもかわいいです。
a0216706_11315493.jpg

【展示】12/24(水)〜28(日)13:00-17:00 ※28(日)は16:00まで
【特別上映】12/28(日)14:00-15:30 松本力さんも来場します。ホールの大きなスクリーンでの、トークをまじえながらの、過去作品も見れるかも、の素敵な上映会です!入場無料です!
ぜひ遊びにいらしてください。
a0216706_11174252.jpg

by arcus4moriya | 2014-12-24 22:00 | アートエデュケーション | Comments(0)
いちねんせいのさくひんてん ワークショップ 御所ケ丘小学校
いちねんせいのさくひんてん 最後の学校になりました。
最終日は御所ケ丘小学校です。
今日もホワイトボードが素晴らしいです。
a0216706_154667.jpg

先ず始めに松本さんの自己紹介を兼ねて、今日のワークショップの内容の説明をします。
a0216706_1545514.jpg

早速ポーズをするお友達と、絵を描くお友達に分かれて作業に入ります。
なかなかポーズが決まらないお友達や、
「どうやって描いたらいいの?」と悩みながら
なかなか筆がすすまないお友達も。
そんなときは松本さんやスタッフ、先生がサポートします。
a0216706_1551556.jpg

次は、一コマ目を終えて、一列になって続きの絵を描いて行く作業に入ります。
「続いていた絵が、突然何かに変身しちゃってもいいんだよ。」と、
コマ描きのバリエーションを豊かにするためのアドバイスをします。
a0216706_156923.jpg

いろいろチャレンジして描いてみよう! 
皆頑張ってコマを描いていきます。
a0216706_1565081.jpg

松本さんが出来上がった絵を編集する作業をしている間、
こども達は順番に「ご・しょ・が・お・か!」と声を出して、それを録音しました。
a0216706_1573674.jpg

続いて先生のピアノ伴奏に合わせて、係の人が楽器を演奏しました。
a0216706_15104325.jpg

最後に、録音した声と楽器の演奏と映像を合わせて、皆で鑑賞しました。
終わりに感想を言ってくれた子が何人もいて、
皆「楽しかったです。」「面白かったです。」と、感想を言ってくれました。
最後に皆で手をふってさよならしました。

あっという間に終わってしまった三校への派遣プロジェクトですが、
それぞれに毎回個性的で面白かったと思います。
みんな一生懸命、集中して沢山絵を描いてくれて、
思ったよりもコマが沢山埋まったのではないかと思いました。

三校のそれぞれの作品は、これから松本さんによって編集され、
一つの作品に生まれ変わる予定です。
作品が出来上がった時には、お披露目会を予定しています。
その時にはまた改めて学校にお知らせしたいと思います。
どうぞ楽しみにしていてください!
by arcus4moriya | 2014-09-25 15:00 | アートエデュケーション | Comments(0)
いちねんせいのさくひんてん ワークショップ 高野小学校
大井沢小学校の翌日は、高野小学校の1年生を対象にしたワークショップです。
今日もホワイトボードに素晴らしい絵が・・・
a0216706_13591747.jpg

今回は変形版のボードもありました。
コマで描いてアニメーションにすることを
1年生にもわかりやすいように説明したいので、
工夫して利用しました。
a0216706_13533952.jpg



更にコマ描きについてイメージしやすいように、今回は先生方とスタッフでポージングの説明をしました。
a0216706_135451100.jpg

ポーズをする列と、絵を描く列に分かれます。これを交代で行います。
a0216706_13552027.jpg

続いて、場所を入れ替わり、最初に描いてある絵の続きの絵を描きます。
a0216706_14372497.jpg

今回は少し多くて、一人につき7~8コマ描かなければなりません!
a0216706_135678.jpg

松本さんも、丁寧に説明しながら会場を歩きます。
a0216706_14361889.jpg

a0216706_14513280.jpg

今回は絵が完成したと同時に絵巻物マシーンに画像を通して、皆で鑑賞し、その時の歓声などを録音しました。
a0216706_14381353.jpg


絵巻物を終わったあと、音楽の先生の伴奏に合わせて楽器の演奏をしました。
a0216706_13582319.jpg

最後にもう一度、今度は録音した声と、楽器の演奏と映像を合わせて、みんなで鑑賞しました。
a0216706_14571578.jpg

達成感たっぷりのワークショップでした。
最後に、1年生のみなさんから感想と、おれいに歌のプレゼントがありました。
松本さんは歌に合わせて今回制作した絵巻物の映像を上映しました。とても和やかなワークショップでした。
by arcus4moriya | 2014-09-19 13:52 | アートエデュケーション | Comments(0)
いちねんせいのさくひんてん  ワークショップ 大井沢小学校
今年度の最初の「いちねんせいのさくひんてん」ワークショップを大井沢小学校で開催しました。
今回の派遣アーティストは、松本力さんです。
今年度の実施校は3校ですが、派遣アーティストは1名に絞って、同じ内容でワークショップを実施しました。
今回のタイトルは「踊る人形」です。
このタイトルはアーサー・コナン・ドイルのシャーロックホームズシリーズの短編小説「踊る人形」をヒントにしたそうです。
今回は、アーティストとこども達が一緒にアニメーションを制作します。
各コマの絵をこども達が描き、それを松本さんが編集します。
まずは準備作業。授業は午前中に始まるので、朝早く集合しなければなりません!
a0216706_13295387.jpg

a0216706_1330123.jpg

こども達はテーマに沿ったストーリーを考えながら“ポーズをとる役割”と“描く役割”に分かれ、長くつなげた紙を挟んでそれぞれ2列に並びます。
a0216706_13345833.jpg

"描く役割”の列のこども達は、紙に目の前でポーズをとっている児童をスケッチします。
その後、1人ひとりが描いたスケッチの隙間を埋めるように、ストーリーを繋いでいくように作業を繰り返し、交代しながら全300ポーズ以上の絵を制作します。一人につき4〜5コマ描くことになります。けっこうな作業量です。
a0216706_13355866.jpg

描いた作品を松本さんが手製映像装置「絵巻物マシーン」で撮影し、映像に編集します。
a0216706_13363990.jpg

そして、音楽係の人に楽器を先生のピアノ伴奏に合わせて演奏してもらって、その音を録音しました。

a0216706_13373943.jpg

最後に今日描いた作品の上映会。体育館には笑顔があふれていました。
a0216706_13383749.jpg

by arcus4moriya | 2014-09-18 10:00 | アートエデュケーション | Comments(0)


S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
AIR
AIR_2019
AIR_2018
AIR_2017
AIR_2016
AIR_2015
AIR_2014
AIR_2013
AIR_2012
AIR_2011
2009-2010
地域プログラム_地域とアート
HIBINO HOSPITAL
アートエデュケーション
アーティスト・イン・スクール
アーカス||シェア||スタジオ
オープンラジオ
地P_だいちの星座 2014_15
地P_大木裕之 2014-16
テーブルミーティング
ショウケース
MEC_モリヤイーストキャスト
ロッカールーム
アーカスの日常
スタジオ来訪者数
未分類
外部リンク
検索
ARCUS Twitter
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧