カテゴリ:AIR_2012( 31 )
新学期 - 別れと出会いのはじまり
新年度に入り、初めてのブログを更新します。

もりや学びの里の施設校舎が春から耐震工事に入るため、スタジオでは今までの19年分の備品や資料やあらゆるモノたちの片付けに追われる毎日が続きました。

そして3月の最終日。
ようやく桜が咲きそろいだした頃、アーカススタジオにも再び別れの季節がやってきました。
2009年度から、4年にわたりアーカスプロジェクトを支えてくださった、2012年度チーフコーディネーターの杉山さんが退任されることになりました。
a0216706_19313162.jpg

仮事務所に移転する前の、また仮事務所である二階で、スタッフたちが仕事をしている一方で
一階の元事務所では、地元の気のおけない方々が集まってサプライズのパーティーを極秘に準備!
a0216706_19404032.jpg

昨年度、バイトスタッフやインターンスタッフとしてアーカスを盛り上げてくれた仲間、
地元の地域プログラムにも様々な場面でご協力くださった方々、また歴代の日本人ゲストアーティストたちが次々に集まりました。


別のスタッフが『一階に行って荷物を運んでほしい!!!』とウソのお願いをしつつ、チーフを一階へ誘導するまでのこの緊張感....

スタジオ事務所をあけると同時にみんなでクラッカーをならし、本当にビビるチーフ(笑。
a0216706_1911780.jpg


2009年度から、様々な立場でアーカスプロジェクトの運営に携わり、AIRと地域をつなぐ担い手として多くの仕事をこなされてきました。ロッカールームやまなフェス、そしてMECなど、次々と新たな領域に地域の市民やアーティストを巻き込んでいく企画が生まれました。そしてそれらを通して、子どもからお年寄りまで、様々な年齢層の方々との交流を欠かさず、少しずつですが着実にARCUS Projectとコミュニティとのつながりを強固にしていくきっかけを作り出してくれました。現代アートなどわからなくても活動に興味をもった市民が、いつの間にか作品の中に参加している、という気軽さをも生み出すきっかけをこれまで以上に増やしてくれました。
a0216706_1931497.jpg

外の桜は満開!
a0216706_1920894.jpg

チーフのために弾き語りを披露...♪
a0216706_19292970.jpg

最後は記念撮影を...(曲がっている;;)
a0216706_19303523.jpg

4年間、お疲れさまでした。そしてありがとうございました!!
a0216706_1943387.jpg

そして4月.....
新アーカス事務所は、守谷駅の東口側から旧道沿いにのびる商店街に移転しました。
a0216706_2091780.jpg

(この看板はいつつけられるかな...?)
8月末まで、この事務所に間借りをさせていただく形でお世話になります。
本町という旧市街の町並みでの『アーカススタジオMEC』、どうぞ皆様、気軽にお立ち寄りください。
本を読んだり、会話をしたり、ちょっとしたカフェのような雰囲気にしつつ、人が集まる場所になればと思います。次回は新スタッフをご紹介します♪
by arcus4moriya | 2013-04-10 20:16 | AIR_2012 | Comments(0)
Information on the Earthquake, Fukushima, and Radioactivity (March 1st, 2013)
▶Japan Atomic industrial Forum_English
Daily updates on nuclear power station in Fukushima
a0216706_15302969.jpg


'Information on the Great East japan Earthquake' by Ministry of
Economy, Trade and Industry


Reading of environmental radioactivity level
by Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology(MEXT)


Nuclear Regulation Authority_English

IAEA: International Atomic Energy Agency_English


■The distance from FUKUSHIMA Nuclear Power Plants to IBARAKI, ARCUS
Studio in Moriya city
a0216706_1531172.jpg


Emergency & Disaster (IBARAKI Prefectural Government)

AIST: Advanced Industrial Science and Technology_ the south part in IBARAKI

Emergency support desk for foreign residents in Ibaraki:

Moriya City

National Institute of Radiological Science

Consumer Affairs Agency, Government of Japan (inspection of
agricultural products)


ICRP: International Commission on Radiological Protection

Japanese Air Transport after the 2011 Tohoku-Pacific Ocean Earthquake


【Report and Media】

The radiodensity in Japan_graphic data_Japanese

IBARAKI

Water in IBARAKI

Science Media Centre of Japan

Citizen's Nuclear Information Center_incl:u-stream posting

'GAIJIN Pot'_WEB Magazine for Foreign residents in Japan
The Great East Japan Earthquake issue

Science for a Changing World

by arcus4moriya | 2013-03-01 13:00 | AIR_2012 | Comments(0)
View the feedback of 2012 resident artists!
Interview with Resident Artist 2012.

Özgür Demirci


Eunju Yoo


Basir Mahmood




Project Images of each artist at final Open Studio.

Özgür Demirci
a0216706_2112384.jpg


The Tuners
Video installation

In the past, Demirci had worked with a group of young people in Istanbul who modify cars and cruise in them across the city. His project in Moriya started with his interest to find out whether a similar community exists in Japan, and if the act of driving illegally modified vehicles is functioning as a counter-culture against the social system and centralized power. He interviewed a number of people who modify their cars, and found that the activity is not necessarily motivated by the feeling of resistance against society or the system; rather it’s a hobby that remains inward looking, or on the border line of the law and social norms.
In the video installation, five monitors are placed randomly on old tires covering the entire floor. The monitors show videos of a group of young people riding motorbikes, or talking about themselves and how they consider the public or the police in order not to violate them. The gaze of the artist here seems to be suspending any form of judgment and trying to understand them as individuals. In order for the audience to see the videos, they are required to walk on the tires. By constrcuting this agitating space, Demirci seems to be reflecting inner conflicts and contradictions untold in the young people’s conversation, as wel as hidden prejudices against them.


Eunju Yoo
a0216706_211504.jpg


Moriya Fantasy: A Short Study of Suburb Vol. 1
4-channel video installation
31’ 00”

Enju Yoo produces performances and videos based on narratives that take shape through workshops and interviews. For her project at ARCUS, she worked with a group of women in their 30s and 40s who have families in Moriya. Yoo organized a series of workshops that started with participants describing their daily lives through to exploring their inner worlds, which otherwise remain untold. The scripts therefore include various forms of narratives –their actual experiences, imaginative episodes, or even rumors. According to Yoo, the way in which they composed their narratives seems to be influenced by their hesitation and a sort of defense mechanism against revealing hidden states of mind.
Yoo created an abstract folding screen as a background, incorporating elements from Japanese domestic spaces and architecture. There, the women’s voices are telling their own stories, which seem to be conversing with each other; but at the same time, the voices seem to be reaching no particular point.


Basir Mahmood
a0216706_2114130.jpg


In a move, to the better side
Single-channel video installation
5’ 40”

Mahmood, who continues to travel across continents, took interest in how people came to be in Moriya and start their lives here. He researched the city’s history and development, while traveling around Moriya to observe a variety of spaces and sites. Mahmood’s practice is such that he transforms all the specific research elements into very poetic and abstract visual expressions. The video work ‘In a move, to the better side’ was shot on the Kokai riverside in early November. His camera captures a group of people in the process of constructing a large wooden structure little by little, collectively moving parts of it around. Whether the structure they are carrying is a house or a box, or where exactly they are heading, is never clearly indicated in the film, yet the abstract narrative richly insinuates the viewer’s own imaginative associations.


Taihei Kimura (Japanase Guest Artist)
a0216706_2113254.jpg



Yet to Be
Installation

Kimura captures the energy of explosions or centrifugal forces in his sculptural works. His work includes a series of objects crystalizing the moment of collision between opposite energies, or recording a long repetitive action by the artist, who spills resin as though it were liquid, scattering and spinning it.

The artist’s intervention into such dynamics has been expanding to engage a wider context. For his project in ARCUS, he made a performance in which he attached chains to the white wall of the studio, and pulled this with a truck from outside, tearing it into pieces. The idea came from his observation of Moriya Manabi no Sato, the repurposed school building in which ARCUS Studio is located: that is, the lack of connection between people working in the ARCUS Studio and those doing different activities in other spaces. Kimura found the white temporary wall that had been positioned in order to make an old classroom into a studio, artificial and out of place. The performance is a symbolic representation of such ideas and invokes different movements and energy, while opening the way for new imaginings and meaning.


All text written by Che Kyongfa (Guest Curator 2012), Photo by Akira Yasuda


Please see other activities of our AIR Program.
by arcus4moriya | 2013-03-01 13:00 | AIR_2012 | Comments(0)
Open Studio
十一月もあっというまにもう下旬。大変遅くなりましたが、今回は今月17日18日に行われた、オープンスタジオの模様をお届けします。
初日は曇天のち豪雨、二日目はうってかわった秋晴れに恵まれた二日間。
November is already ending. I'm sorry for the delay but here I report how was the open studio like on 17th and 18th this month.
First day was rainy after clouds, but second day was contrary nice autumn sunny day.
a0216706_15491355.jpg

a0216706_15511419.jpg

今回のオープンスタジオには、スタジオツアーやトークイベントなどの企画を用意しました。
スタジオツアーでは、四人のアーティストのスタジオを、キュレーター、そしてアーティスト本人とともに回ります。制作の動機や過程、守谷だからこそできたことなど、作品についてアーティストについて、事細かに聞くことができるツアーでした。
We had some events with studio tours and talks in the open studio this time.
In the studio tour, people can visit 4 studios with the curator and the artists. People had an opportunity to listen to the stories about the works and behind the works in details, motivation, process and what they could do because it was in Moriya, as well as about artists themselves.
a0216706_1683911.jpg

a0216706_161597.jpg

a0216706_16165441.jpg

こちらはトークイベントの様子です。会場はロッカールーム。
初日は美術批評家の杉田敦氏による地域でのアートマネジメントとアーティストについてのトーク、二日目は今年度招聘キュレーターのリヴィア・パルディによる、自身のこれまでの経験とバルティックアートセンターについてのトークと、それぞれ密度の濃い時間となりました。
These are the pictures from the talk events in Locker Room.
The talk on first day was about art management and artists in local by the art critic Atsushi Sugita, and second day was by this year's invited curator Livia Paldi about Baltic Art Center and her experiences. Both of them went very well.
a0216706_16231524.jpg

a0216706_16265729.jpg

a0216706_1665981.jpg

a0216706_1672463.jpg


そして今回は、子ども向けのキッズツアーも用意しました。身構えず気軽に作品に触れてもらうことを目的としたこのツアーでは、アーティストに事前に許可を得て、実際に作品に触れたり、なるべく間近で見ることができるようにしていました。
スタジオに入った子どもたちの目はキラキラと輝いていて、こちらまでわくわくしてきます。
We also had Kid's Tour for children. We made this tour so that it makes easier for people approaching works in a relaxed mood, they could actually touch works directly and see them closer with artists' agreement.
Children's eyes were shining when they came into the studios, that made me excited.
a0216706_15572751.jpg

a0216706_1226159.jpg

a0216706_1558151.jpg

a0216706_15583632.jpg

a0216706_1559159.jpg


さて、18日夜のクロージングパーティでは、守谷市内の美味しいレストラン「さくら坂ビバーチェ」「ぼらぁちょ」(敬称略)にご協力いただきました。
At the closing party on 18th evening, we had cooperations of wonderful restaurants in Moriya, Sakurazaka Vivace and Borracho.
a0216706_1629694.jpg

a0216706_16303569.jpg

並んだ料理はどれもおいしそう。勿論とってもおいしかったですよ。
トルコ出身のアーティスト・オズギュルの手ほどきによるトルコ料理も、みるみるうちにお皿から参加者の胃袋へと消えていきました。お集まりいただいた皆様も、アーティストもスタッフも、皆が笑顔のパーティとなりました。
Every dish looked good. They were actually very good of course.
There were some Turkish dishes instructed by the Turkish artist Ozgur, they were gone so quickly too. Everyone was smiling in the party, visitors, artists, and also staff.

ということで、2012年アーティスト・イン・レジデンス オープンスタジオ、笑顔の終幕です。
お越しいただいたみなさま、ご協力いただいたみなさま、本当にありがとうございました!
This was the happy ending of the open studio of artist-in-residence program in 2012.
We are really grateful to you for your cooperation and visit! Thank you very much!


(インターンはらだ/Intern Harada)
by arcus4moriya | 2012-11-29 12:32 | AIR_2012 | Comments(0)
いい日旅立ち
11月26日、ついにアーティスト3名が日本を離れました。
a0216706_14411263.jpg

世界中を旅するアーティストは、またつぎの場所へ、次のプロジェクトへと旅立って行きます。
またいつかどこかで会える日を楽しみにしています。
by arcus4moriya | 2012-11-26 14:35 | AIR_2012 | Comments(0)
きょうは渋谷で
17日・18日のオープンスタジオも無事に終わり、今回は株式会社ロフトワーク様に開催場所をご提供いただき、アーティストプレゼンテーション@LOFTWORK Lab 10Fを開催しました。
アーカスが東京に出張しました!!
道玄坂上の首都高が窓から見える見晴らしのよいオシャレな空間をお借りして、
海外招聘アーティスト3名と日本人ゲストアーティストのプレゼンテーションと、アーカスもお世話になっているsoda designのシバタユウスケさんによるDJが流れる中で、和やかに懇親会を行いました。
a0216706_1571493.jpg

a0216706_1553583.jpg

by arcus4moriya | 2012-11-23 17:00 | AIR_2012 | Comments(0)
いよいよ明日
オープンスタジオを前日に控え、スタッフもアーティストも最終チェックに余念がない今日この頃。
現在、関東鉄道常総線×ARCUSのコラボレーション、トレインジャックが行われています。
a0216706_10594186.jpg

a0216706_1103623.jpg

a0216706_1111358.jpg

アーティストたちのポスターも掲示されています。

また、駅前拠点もりやイーストキャストにもポスターを展開中。
a0216706_1132452.jpg

a0216706_1143849.jpg

オープンスタジオは明日17日と明後日18日、13時スタートです。
両日ともに30分のキッズツアーを開催します。
「アートってなあに?」
「現代美術って、ちょっとよくわからない……」
「興味はあるけど、なんだか難しそう」
「そもそもARCUSってどういうことをしているの?」
という皆さんに向けたこのツアー。アーティストのスタジオをスタッフと一緒に回るワークショップです。キッズツアーではありますが、親子での参加が可能です。
参加予約受付中ですので、参加を希望される方はスタジオまでご連絡下さい。

(インターンはらだ)
by arcus4moriya | 2012-11-16 11:17 | AIR_2012 | Comments(0)
11月13日 |CONNECT! ART ROUND EAST
11月2日から、JR上野駅のBreakステーションギャラリーにて、アーカスの参加している展覧会が始まりました。
ARCUS is participating with the exhibition at Break Station Gallery in JR Ueno station started on November 2nd.

a0216706_1649479.jpg


東東京圏、JR常磐線、つくばエクスプレス沿線地域でアート関連活動を行っている団体や個人の連携を目的として設立されたARE (アール: ART ROUND EAST) に参加している6団体が前期の展示に参加しています。
6 organizations from ARE (ART ROUND EAST) which is established for connecting organizations/persons having artistic activities in east Tokyo area and along the railways of JR Joban line and Tsukuba Express are participating in this exhibition of the first half.

アーカスのブースでは、招聘アーティストのオズギュル・デミルジ、バスィール・マフムード、ユ・ウンジュと、日本人ゲストアーティストの木村泰平の4名の過去に制作したビデオ作品を一つのモニターで展示しています。
We are showing previous video works of 4 artists, Özgür Demirci, Basir Mahmood, Eunju Yoo and the Japanese guest artist Taihei Kimura in ARCUS's booth.

上野駅にお越しの際にはぜひお立ち寄り下さい!
Please come to see it if you come around Ueno!

a0216706_1702261.jpg

a0216706_16523042.jpg
a0216706_16522150.jpg
a0216706_16521271.jpg

a0216706_1657936.jpg

a0216706_1652284.jpg
a0216706_16513363.jpg

a0216706_171552.jpg


会期:11月2日(金)-12月13日(木) 7:00-23:00
会場:Breakステーションギャラリー(JR上野駅正面玄関口「ガレリア」2階)
Date: 2 Nov(fri)-13 Dec(thu) 7:00-23:00
Venue: Break Station Gallery (JR Ueno station front entrance 'galleria' 2F)
by arcus4moriya | 2012-11-13 17:02 | AIR_2012 | Comments(0)
11月7日 Shoot! Shoot! Shoot!
アーティストの成果発表となるオープンスタジオまで、残りあと10日ほどとなり、制作も大詰めです。
We have only about 10 days left before the final open studio which artists will show their achievement of their stay. Their productions are now in final stage.

連日撮影が続いています。
We are having shooting of artists every day.

バスィールの最終の撮影は先週の土曜日に行われました。
Basir's final shoot was on last Saturday.
a0216706_22343831.jpg

a0216706_22351581.jpg

a0216706_22353715.jpg

大掛かりなセットとボランティアの出演者、そして撮影用のレールを使った撮影になりました。
It was done with a big set, actors of volunteers and a camera track.

オズギュルは改造車のオーナーにインタビューし、彼らの車を撮影しています。
Ozgur is interviewing owners of modified car and shooting their car.
a0216706_22363254.jpg

a0216706_2237532.jpg


ウンジュは複数回のワークショップを経てできあがった台本をまずは皆で読み合わせ、
The script of Eunju's film was finally completed from the series of workshops. Eunju and the participants of the workshops rehearsed with reading the script together.
a0216706_22403877.jpg


撮影のためのセットをつくり、
She made a set for the shooting.
a0216706_22412114.jpg


本日いよいよ撮影も始まりました。
The shooting started today!
a0216706_22414914.jpg


17、18日のオープンスタジオまであと少しです。ぜひ皆さんお誘い合わせの上お越し下さい!
Open studio on 17th and 18th is coming soon! Don't miss it!

詳細はこちらです。
Please click here to see the details.
by arcus4moriya | 2012-11-07 22:46 | AIR_2012 | Comments(0)
10月30日 出演者大募集!!
バスィールの撮影がいよいよ始まりました。
Basir's shooting started today.
a0216706_20202156.jpg


早朝、鳥の声を聞きながら、天候にも恵まれ、初日の撮影は順調に進みました。
The first shooting day went well with good weather and sound of birds in early morning.
a0216706_20204735.jpg

a0216706_2021140.jpg

a0216706_20211568.jpg

a0216706_2024723.jpg

a0216706_20242193.jpg


どんな映像になるのか楽しみです。
I'm curious how it's going to be.

11月3日、ボランティアの出演者を集めて大掛かりな撮影が行われる予定です。
He is planning to have a large-scale shooting with actors of volunteers on November 3.
おかげさまで出演して下さる方々が集まりつつありますが、現在もまだ出演者を募集しています。
Fortunately some people are showing interest in participating the shooting, but we are still looking for more people to join.
アーティストの映像作品に興味のある方、ぜひご参加ください!
If you are interested in artist's video work, please join!
a0216706_20223797.jpg

by arcus4moriya | 2012-10-30 20:28 | AIR_2012 | Comments(0)


S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
カテゴリ
全体
AIR
AIR_2018
AIR_2017
AIR_2016
AIR_2015
AIR_2014
AIR_2013
AIR_2012
AIR_2011
地域プログラム_地域とアート
2009-2010
HIBINO HOSPITAL
アートエデュケーション
アーティスト・イン・スクール
アーカス||シェア||スタジオ
オープンラジオ
地P_だいちの星座 2014_15
地P_大木裕之 2014-16
テーブルミーティング
ショウケース
MEC_モリヤイーストキャスト
ロッカールーム
アーカスの日常
スタジオ来訪者数
未分類
外部リンク
検索
ARCUS Twitter
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧