人気ブログランキング |
4/6 テーブルミーティングvol.11 新しいディレクターと+冨井大裕「企画展=収蔵展」ツアー Table Meeting vol. 11 with the new director

2019年度初めてのイベント、テーブルミーティングvol. 11 新しいディレクターと+冨井大裕「企画展=収蔵展」ツアー を開催しました!

a0216706_11553420.jpg
学びの里は桜が満開です。



テーブルミーティングとは、アートだけに限らず、様々なジャンルをテーマに、テーブルを囲んで皆で交流しながら知識見識を深めるプログラムです。
参加者は誰でも発言・意見交換可能で、通常のトークイベントよりもカジュアルな雰囲気です。

a0216706_11361484.jpg
今回のテーマは「新しいディレクターと」。
2019年1月に就任した小澤慶介ディレクターが、アーカスに来てくれる方達に初めてしっかりと自己紹介し、お互いを知る事ができるような会になりました。


大学で仏文学を専攻していた小澤さんは、19世紀末の急速な都市化が進むフランスで、さまざな分野を超えた芸術家たちが思想を共有していたことを知ります。
そうして次第に、では自分が今生きている時代の雰囲気とは何なのかと、現代の思想に興味を持ち始めます。
a0216706_11374823.jpg
アンリ・ファンタン=ラトゥール《ドラクロワ礼賛》

そこで大学院ではロンドンへ留学し現代美術の理論を学びました。
(本当はポストパンクとかのミュージシャンに憧れていてギターを持って渡英)
a0216706_11371203.jpg

a0216706_11380457.jpg
90年代のその当時、ロンドンではダミアン・ハーストに代表されるYBA(Young British Artists)が流行っていました。
ハーストは、牛の親子を半分にスライスしてホルマリン漬けにしたりする、センセーショナルで挑発的な作品で有名です。

一方、海を挟んだ大陸のフランスでは、キュレーターのニコラ・ブリオーが「関係性の美学」を提唱し、「物」としてのアートの存在価値ではなく、作品によって生まれた人と人との間の「関係性」に注目する考えが関心を集めていました。

a0216706_11383079.jpg
それから、もう一人重要なキュレーターであるオクウィ・エンヴェゾーについて。ナイジェリア出身で、ヨーロッパの有名な国際展(ドクメンタやヴェニス・ビエンナーレ)のキュレーターなどを務めた彼は、アートの世界に存在する欧米とそれ以外の国々(グローバル・ノースとグローバル・サウス)との文化間格差を縮めていくような取り組みをしました。

日本でも世界的な画家といえば、一般の皆さんはピカソやモネをまず思い浮かべるかもしれませんが、それはメインストリームとされてきた「アート」(とその歴史)が欧米圏で作られてきたものだからです。欧米には、美術館があり、アート作品が所蔵され(元植民地圏から奪ったものも含め)、それを展示してアートとして成り立たせる仕組みがあります。
美術館のような制度がない国ではそういう文化に触れる機会はありません。エンヴェゾーは、国際的な展覧会でアフリカのアートを紹介し、その後の2000年代のアートの一潮流を切り拓いていきました。

a0216706_11455703.jpg

現代アートってなんだろう?という質問までたどり着きました。
難しい問いですが、一つ言えるのは、現代アートとは、同時代を生きる人たちの考えを知ることのできる表象です。確率した一つの判断基準が存在するわけではないので、いろんな展覧会に出かけて、作品の良し悪し、面白いかどうかを批判的に議論することが大事です。


お客さんからもいろいろな質問が出たところで、後半は、もりや学びの里に展示されている冨井大裕さんの作品のツアーに向かいました。
a0216706_11461328.jpg
a0216706_11401022.jpg
a0216706_11402341.jpg
a0216706_11465139.jpg
a0216706_11472452.jpg
a0216706_11482302.jpg
a0216706_11483217.jpg
a0216706_11405311.jpg
a0216706_11490263.jpg
a0216706_11484576.jpg

冨井大裕さんの作品ツアーは、普段から予約制で受け付けております!
ご希望の際はどうぞお早めにご連絡ください。


by arcus4moriya | 2019-04-06 14:00 | テーブルミーティング | Comments(0)
<< 2019年夏...まもなく今年... 4/5 2019年度アーカスプ... >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
全体
AIR
AIR_2019
AIR_2018
AIR_2017
AIR_2016
AIR_2015
AIR_2014
AIR_2013
AIR_2012
AIR_2011
2009-2010
地域プログラム_地域とアート
HIBINO HOSPITAL
アートエデュケーション
アーティスト・イン・スクール
アーカス||シェア||スタジオ
オープンラジオ
地P_だいちの星座 2014_15
地P_大木裕之 2014-16
テーブルミーティング
ショウケース
MEC_モリヤイーストキャスト
ロッカールーム
アーカスの日常
スタジオ来訪者数
未分類
外部リンク
検索
ARCUS Twitter
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧