人気ブログランキング |
12/20 AIR Bridge「AIR事例紹介・意見交換会」_Reborn-Art Festival実行委員会(石巻)
みなさん、こんにちは。藤本です。
今年から始まった新事業、AIR Bridge第2回目について紹介します。舞台は宮城県石巻市。

AIR Bridgeとは、設立から25年目を迎えるアーカスプロジェクトの経験と歴史を元に、様々なアーティスト・イン・レジデンス運営団体、またはこれから運営を始めようとしている団体と協働することで、ノウハウを共有し、これからの互いの事業運営の発展に生かすことを目的とする事業です。
a0216706_15585324.jpg
AIR Bridge第2回目は、Reborn-Art Festival(以下、RAF)実行委員会の協力により「AIR事例紹介・意見交換会」を開催しました。RAF実行委員会の事務所をお借りし、RAF実行委員会事務局、石巻市役所、石巻実行委員会アートサポート部会の方々、アーティストの有馬かおるさん(現在、石巻拠点)らを対象に、アーティスト・イン・レジデンス事業の役割、アーカスプロジェクトやその他の多様なAIRの紹介をプレゼンテーション形式で発表し、その後ラウンドテーブルで、石巻市の現状のヒアリング・意見交換を行いました。
a0216706_15572159.jpg
Reborn-Art FestivalしてはAIR事業を実施してはいませんが、芸術祭にむけたアーティストの滞在制作、その後アーティストが長期滞在しながらその地域や人々に、よりコミットしながら制作活動を行うという状況も自然発生的におこっています。その状況はAIRとしてプログラム化はしていないものの、実際にはAIRそのものともいえます。
a0216706_15580389.jpg
将来的に、RAFでAIRを実施する状況も想像しつつ、まずは石巻の様々な立場の方々にAIRがどいうものなのかイメージを膨らませていただける会を設定しました。
a0216706_16014545.jpg
a0216706_15573513.jpg
RAF実行委員会の事務局長、松村さんのご挨拶から会が始まりました。
a0216706_15574202.jpg
プレゼンテーション:
(なくてはならない)永遠のオルタナティヴ-アーティスト・イン・レジデンスをひらく-
1. アーティスト・イン・レジデンス(AIR)とは?

2. アーカスプロジェクトの事例

3. さまざまなAIRの形態(ライクスアカデミー、AIR Onomichi


AIRの起こりについて。
a0216706_15574779.jpg
現在多様化するAIRに共通する役割とは?ー2012年の文化庁の事業として「諸外国のアーティスト・イン・レジデンスについての調査研究事業」を委託されたニッセイ研究所の報告書「調査研究の総括的まとめ」で述べられている文章を参照しつつー

a0216706_15575385.jpg
さまざまなAIRの事例として、規模も指針も運営形態もさまざまな3団体、アーカスプロジェクト、ライクスアカデミー(Rijksakademie van Beeldende Kunsten、オランダ)、AIR Onomichi(広島)を紹介させていただきました。
a0216706_16014545.jpg
それを踏まえて、意見交換のパートに移行します。
「石巻には一体どんなAIRがあったらよいだろうか?」「石巻でしか実現できないAIRはどんなものだろうか?」
a0216706_15590171.jpg
a0216706_15582648.jpg
a0216706_15583238.jpg
a0216706_15580837.jpg
建築に特化するのはどうか。長期滞在型が望ましい。RAFとの連携の可能性は?RAFで発表する作品のための滞在制作は?石巻には漫画の素地がある。漫画家を受け入れてきた経験がある。
などなど。街を様々な角度から見続ける参加者それぞれの意見がでました。

a0216706_15581367.jpg
みんなで話した趣旨と少しそれるかもしれませんが、日本では、その場所性を重要視するAIRや、サイトスペシフィックな作品制作への期待が大きく、拠点が移動してしまったら全く機能しなくなる/別物になってしまうケースが多いように感じます。(もしくは、拠点変わることをあまり想定していないケース。)
でも世界に目をむけると、場所(拠点)を移動しながらAIRを継続している団体もあります。場所が変わっても団体が大事にしているアイデンティティを変えないことは可能なのです。

アーカスプロジェクトは守谷に拠点を構えて25年がたちました。拠点が変わらないことで得られるメリットはとてもたくさんあります。アーティストが再び訪れやすいことや、地域に定着しやすいこと、また一定の信頼と安定感をえられることなど...。
でも同時に、場所に頼りすぎない指針をもつこと、その指針を守りながら時代に合わせて新しいアイディアを生み出すことも大切です。

結局、今回の石巻滞在からアーカスが学ぶことの方が多かったように思います。

AIRはアーティストやクリエイターのための場所。
その波及効果として、アーティストだけでなく、彼らを取り巻く人々や社会、国際社会に変化がもたらされる。
そうであるべきだと思っています。
a0216706_15585768.jpg
石巻の皆様、どうもありがとうございました。またお会いしましょう!










by arcus4moriya | 2018-12-20 10:30 | AIR_2018 | Comments(0)
<< Cihad Caner'... 11/2 エリカ 【群馬リサー... >>


S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
AIR
AIR_2019
AIR_2018
AIR_2017
AIR_2016
AIR_2015
AIR_2014
AIR_2013
AIR_2012
AIR_2011
2009-2010
地域プログラム_地域とアート
HIBINO HOSPITAL
アートエデュケーション
アーティスト・イン・スクール
アーカス||シェア||スタジオ
オープンラジオ
地P_だいちの星座 2014_15
地P_大木裕之 2014-16
テーブルミーティング
ショウケース
MEC_モリヤイーストキャスト
ロッカールーム
アーカスの日常
スタジオ来訪者数
未分類
外部リンク
検索
ARCUS Twitter
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧