8/31 オープニングレセプション
a0216706_23391143.jpg
アーカススタジオよりこんにちは。

来日してからあっという間に1ヶ月が過ぎました。その間、地震や台風など、自然災害にも見舞われ
落ち着かないひと月だったように感じます。災害に遭われた地域の皆様へ心よりお見舞い申し上げます。

これをアップしている今はすでに10月。実は9月末には更新予定でしたが、予定通りにいかないのはレジデンスが始まった証拠ですね。
また今週台風25号が来るらしいのですが、季節もだんだん涼しく秋らしくなってきました。
アーティストたちはそれぞれにリサーチを進めています。
ここで8月末に開催されたアーティスト歓迎オープニングレセプションの様子を。
写真は加藤甫さんです。


この日は夕刻から激しい雨に見舞われましたが、多くのお客様にお越しいただきました。来賓の皆様にもスピーチをいただき、今年度のアーカスプロジェクト2018いばらき アーティスト・イン・レジデンスプログラムのスタートです。
まずはアーカスプロジェクト実行委員会会長の大井川知事からご挨拶。
a0216706_18033924.jpg
a0216706_18042646.jpg
副会長の守谷市・松丸市長よりご挨拶。
a0216706_18044172.jpg
そして今年度のレジデントアーティストの紹介です。トルコ出身・オランダで活動しているジハドから。そしてアメリカから来日したエリカ、オランダより来日したイリカとご挨拶させていただきました。
a0216706_18050599.jpg
ジハド・ジャネルは28歳。トルコ出身ですが現在オランダのロッテルダムを拠点に活動しています。
a0216706_18053658.jpg
こちらがアメリカから来たリカ・セルジです。遺伝子組み換え蚕について調査したいとやってきました。
a0216706_18061489.jpg
こちらはオランダから来た(オランダ語読みで)リカ・ファン・ローンです。彼女は地球の動きについて調査します。なにやら壮大なイメージですが、みなさん、3人の名前覚えてくださいね。
そして、当日はお越しいただくことができなかったのですが、今年度ゲストキュレーターの金澤韻さんもご紹介させていただきました。
a0216706_18073635.jpg
次に来賓の小川県議からのご挨拶もいただきました。
今年は多くの協賛企業・団体様にもご参席いただきました。
a0216706_18092493.jpg
アドヴァイザーであり森美術館・館長の南條さんからいただいたお言葉からは、アーカスプロジェクトOBの作家のひとりである1996年度招聘の日本人アーティスト・山出淳也さんのご活躍が話題になりました。
山出さんといえば、いま別府でアニシュ・カプーアin別府 を展開されています。守谷から世界的に活躍するアーティストを輩出しているという実績を活かし、その成果を、スタジオからもどんどん発信していきたいと思いました。
a0216706_18101768.jpg
乾杯は守谷市議会の梅木議長の呼びかけで。
トルコ語で "şerefe!(シェレフェ)!" 、アメリカの"Cheers!"、オランダの"Proost!!(プロースト)"、そして日本語で"KANPAI!(乾杯)"
a0216706_18110340.jpg
a0216706_18114298.jpg
a0216706_18120275.jpg
しばしご歓談を。
a0216706_23315516.jpg
a0216706_23361880.jpg
a0216706_18121759.jpg
a0216706_18123134.jpg
今年は今年度のレジデントアーティストの紹介のほか、過去招聘アーティストの活動記録の映像などもご覧頂きました。
a0216706_18131443.jpg
a0216706_18142325.jpg
展示ブースには今年度ご協賛いただいた企業様のご紹介もさせていただきました。公式ホームページにも今年度事業を間も無く更新します。その前に
本ブログでもこの事業を支えてくださっている協賛企業様はじめ、諸団体をこの場でご紹介させていただきます。
後援:国際交流基金、オランダ王国大使館

などなど、まだここには書ききれないほど、多くの方々や協力団体様に支えられて毎年運営させていただいております。
皆様の支援のおかげです。ありがとうございます。
アーカスプロジェクトでは、企業・団体様のみならず事業期間中はいつでも、アーカスプロジェクトの活動にご賛同いただけるよう、個人様から(1口1000円)募らせていただいております。詳しくはこちらをどうぞ。
a0216706_18144634.jpg
今年の春に完成した2012-16年度の活動記録集も閲覧いただきました。また歴代の招聘アーティストの協力により作成したポストカードもお披露目。これはほんの一部です。
a0216706_18152069.jpg
a0216706_18231859.jpg
そしてフードはハンス・ホールベック様とカフェドラパン様にお願いしました。ハンスさんは言わずと知れた守谷で有名なドイツ料理のデリカ・テッセン、カフェドラパンさんはパスタやワッフルなどが美味しい人気のカフェです。テーブルコーディネーションはアーカスサポーターさんにお願いしました。
ありがとうございます!
a0216706_18261848.jpg
a0216706_18234352.jpg
a0216706_18241702.jpg
茄子ミートソース ファルファーレで
a0216706_18242550.jpg
クラッカーに (エビとホタテソテー・ピクルスと玉子・ホタテ、ブロッコリー、じゃが芋、ジェノベーゼ、カマンベールチーズ 黒胡椒・たらこじゃがマッシュ・リコッタ アプリコット コンフィチュール・ズワイ蟹とフルーツトマト・ツナ 玉ネギ ケッパー)を添えて。
a0216706_18250180.jpg
a0216706_18243268.jpg
ピンチョス (フリッタータ・アンチョビポテト・クリームチーズとプロシュートとトマト)

a0216706_18244658.jpg
夏野菜とハニーマスタードチキンのサラダ
a0216706_18255440.jpg
ハンス・ホールベックのアウフシュニット。
a0216706_18265152.jpg
そしてお飲み物は守谷が誇るアサヒビール株式会社様。
ご来場ただいた、普段からお世話になっている市民サークルの皆様やアート団体、そして大使館関係者やサポーターの皆様には、これまでのアーカスプロジェクトの活動もご紹介しました。ソンミン・アンの「be true to your school」に見入る方も。
a0216706_18274443.jpg
宴もたけなわとなってまいりましたが今回守谷へお越しいただいた知事に改めてご挨拶をするレジデントたち。
a0216706_18283084.jpg
a0216706_18285806.jpg
a0216706_18293554.jpg
海外からお越しいただいたお客様も。レセプションを機に更に交流を深めていただきます。
a0216706_18301223.jpg
a0216706_23274628.jpg
実は今回、昨年オランダにスタッフが派遣された時に訪問した、Fifth Season/Beautiful Distress のディレクターのエスターさんが来日中ということで、レセプションにもお越しいただくことができました。
a0216706_23335035.jpg
a0216706_23263519.jpg
南條さんとも記念に。
a0216706_16441644.jpg
新聞社のインタビューに答えるアーティスト。通訳の池田さん、ありがとうございます。後日、茨城新聞さんにもご紹介いただきました。
a0216706_18314614.jpg
以上、ざっとダイジェストでお送りしましたが最後に。
今回、茨城県庁職員および守谷市生涯学習課職員の皆さんと全パーティーの準備をしました。またサポーターの皆様にもお手伝いいただきました。
悪天候のなかお越しいただいたサポーターの皆様、ありがとうございました。
今年度のAIRプログラムをどうぞ宜しくお願いいたします。オープンスタジオは11月21日〜25日の5日間です!
a0216706_21224374.jpg
a0216706_23512374.jpg




[PR]
by arcus4moriya | 2018-08-31 00:03 | AIR | Comments(0)
<< 9/15 エリカ 遺伝子組換え... 2018年度のアーティスト・イ... >>


S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
AIR
地域とアート
オープンラジオ
アーティスト・イン・スクール
HIBINO HOSPITAL
だいちの星座
ロッカールーム
アーカスの日常
スタジオ来訪者数
2009〜2010
未分類
外部リンク
検索
ARCUS Twitter
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧