11/25 キッズツアー(オープンスタジオ) / Guided tour for kids at OPEN STUDIOS
皆さん、こんにちは。藤本です。
本日はオープンスタジオ4日目の11月25日(土)。
14:00から キッズツアー 16:30から スタジオトーク×南條史生 18:00から 秋の手打ち蕎麦交流会
とイベント盛りだくさんの日です。

キッズツアーの様子をご紹介します。対象は、小・中学生。
こどものためのスタジオ鑑賞ツアーですが、付き添いの保護者の方々なども少し距離をおいてもらうことを条件に参加することができます。アーティストのスタジオをスタッフと一緒にまわり、ワークシートや質疑応答を通してそれぞれのアーティストの制作活動への理解を深めます。

または、アーティストにこどもたちの想像力を捧げます。
a0216706_17325912.jpg


まずは、カーティス・タム [アメリカ]のスタジオからです。
a0216706_17022236.jpg
↓ここからは、ワークシートの内容を引用します。

《細胞調律センター》
カーティスさんは、身の回のいろいろな音をあつめて、音の図書館「サウンド・ライブラリー」をつくったよ。どうやら音と津波、地震にはなんらかのつながりがあるみたい。それって一体なんだろう?

①きいてみよう。
音をよくきいてみよう。なにの音がきこえるかな?
a0216706_17021335.jpg
a0216706_17015419.jpg
セミの羽をチャートに落として、落ちたポイントによって、プライベートセッションの際に
カーティスが作成したサウンドライブラリー内のどの音源を使うかが決まります。

a0216706_17014242.jpg
②かんがえてみよう。
音をきいて、自分がどんな気持ちになったか、どこにいるように感じたか、なにの音にきこえたか、たくさん言葉にしてみよう。
5つ以上の言葉を探してい書いてみてね。
a0216706_17011582.jpg
「ディスオリエンテーション・セラピー」中。サウンドを聴いています。
a0216706_17010257.jpg

③きいてみよう。
ふしぎに思ったことをカーティスさんに質問してみよう。
a0216706_17003259.jpg
音と津波、地震のなんらかのつながりとは。規模の違う「波」なのでは?




続いて、フリエッタ・アギナコ&サラ・ドゥームーン [メキシコ/ベルギー]のスタジオへ。
a0216706_17001547.jpg

《既知とされていることを知らないと断言すること》
フリエッタさんとサラさんは、利根川について調べました。川の歴史、川のかたちが変わったこと、川のそばで生活してきた人の話、昔話、オランダ人のこと。
「川」ってみんなにとってどんな存在なのかな?
a0216706_17000164.jpg
①みてみよう。
スタジオの中をよくみてみよう。
a0216706_16595258.jpg
a0216706_16594062.jpg

②かんがえてみよう。
どうして、利根川について調べたのかな?そこからなにがわかったのかな?
a0216706_16591781.jpg
③きいてみよう。
自分がいちばんおもしろいと思ったものをみつけて、フリエッタさんとサラさんに伝えてみよう。
a0216706_16585613.jpg
「ねねこ」という女カッパが利根川に住んでいたらしい
a0216706_16584455.jpg
a0216706_16592781.jpg
川は泳ぐためのもの、すでにそこにあるもの。あと「資源」と答える小学生もいましたね。




最後に、ダニエル・ニコラエ・ジャモ [ルーマニア]のスタジオへ。

《16種の紙の音》《守谷ファースト・東京セカンド》《隕石を集める》

ダニエルさんは、16-30才の人たちに2028年のことを想像して物語をつくるワークショップをしたよ。そのとき、世界は、日本は、みんなが住んでいる町はどんなふうになっているのかな?
a0216706_16583354.jpg
①みてみよう。
みんなのつくった物語をしっかり読んでみよう。
a0216706_16582045.jpg
漢字が読めない年齢の人のために、ワークショップ参加者が作った物語をひとつ音読してくれています。
a0216706_16580742.jpg
②かんがえてみよう。
みんなの物語の中に自分が体験したできごとはあるかな?
ないものは自分におきかえて想像してみよう。
a0216706_16575455.jpg
③きいてみよう。
自分にとってよくわからないと思ったことがあれば、ダニエルさんにきいてみよう。

a0216706_16573779.jpg
ワークシートより:「2028年には戦争が始まりそう。2028年には住みたくない」
「未来が何であれ、今変えていけば、きっと良いことになると僕は思いました。」
「全自動?食糧不足?戦争中?そのままってことはない(と思う。)」
「いばらきなくなったらふるえる。こころがどきどきする。こころがかたくなる。わたしはこうこうせいになったらべんきょうしてる」

Photo: Hajime Kato


ご参加くださった皆様ありがとうございました。
また会いましょう!毎年来てくれる皆さんの成長を見られるのも感慨深いのです。








[PR]
by arcus4moriya | 2017-11-25 14:00 | AIR | Comments(0)
<< HIBINO HOSPITAL... 11/10 カーティス 朝日新... >>


S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
AIR
地域とアート
オープンラジオ
アーティスト・イン・スクール
HIBINO HOSPITAL
だいちの星座
ロッカールーム
アーカスの日常
スタジオ来訪者数
2009〜2010
未分類
外部リンク
検索
ARCUS Twitter
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧