10/7 ダニエル ワークショップ1 Daniel Workshop 1
ダニエルはレジデンスの公募へのアプリケーションのときから、日本の若者と2028年という架空のディストピアな未来について物語を考えるワークショップがしたいと言っていました。
元々は日本にいるルーマニア移民を想像するという趣旨のアイデアでしたが、実際に日本に来て数週間経った後,最初のアイデアは少し形を変え、もう少し日本にいる私たちが想像しやすい設定へと変わりました。

2028年に日本に住んでいる人(国籍・年齢・性的指向などは問わない)がなんらかの紛争により、日本を離れ他国に移住しなくてはいけなくなるという枠組みの元、自由に登場人物や、紛争の背景、キャラクターがどのようにその紛争に関わったか、そしてその後の人生(彼/彼女は紛争の原因を招いたかもしれない、もしくはただ巻き込まれた、はたまた紛争によって利益を得るような人間でもいい)を、さらに先の未来から振り返って過去形で書く、というワークショップになりました。

日本は移民の少ない国です。もしくはいるのですが、社会の中で見えない存在として扱われているように感じます。
例えばダニエルの出身のヨーロッパでは、移民・難民は政治とまず切り離せない話題ですが、日本ではどのくらいそれは身近な問題として考えられているでしょうか。

(法務省が発表した平成28年度の日本の難民認定者数は難民認定申請を行った10,901人に対し、実際に難民認定を受けたのは28人です。残念で恥ずかしい数字ですね。)

ダニエルは同様のトピックをヨーロッパで何度も扱ってきたようですが、日本でこのトピックがどのように若者に響くのかは未知数でした。


ワークショップでは特に若物の自由な想像力に触れたいということで、ダニエルは市内外の高校などをいくつか周り、高校生にワークショップへ来てもらえるようにお願いもしました。



そして、10/7広く参加を呼びかけたものとしては初めてのワークショップが開かれました。
a0216706_14313723.jpg
参加者約10名のワークショップには、高校生も5人参加してくれました。
a0216706_14320874.jpg
a0216706_14325748.jpg
まずは自己紹介。
ダニエルはこういう時とてもテンションが高いです。
a0216706_14335121.jpg
それからゆっくり時間をかけてワークショップでみんなに書いてほしいものを説明します。

a0216706_14382984.jpg
a0216706_14371479.jpg
2028年に起こっている紛争的状況によって登場人物が日本を離れなくてはならなくなる、という設定のほかは、何を書くかは全く参加者の自由です。
また、ライティングの形式も自由で、小説、詩、歌詞、演劇の脚本、、どんなスタイルで書いてかまいません。
a0216706_14404544.jpg
a0216706_14412473.jpg
a0216706_14415417.jpg
ダニエルがその場で即興的に考えた北朝鮮とのストーリーなどを交えつつ、約40分かけてイントロダクションを行いました。
その後はゆっくり時間をかけて参加者が自分なりのストーリーを考えます。
ストーリーが似通ってしまわないために、話しながら相談したりするのは禁止です。

約2時間の予定のワークショップでしたが、みんな思い思いのストーリーを書いているうちにあっという間に時間がすぎ、予定の2時間が終わった後も多くの参加者は残って書いていました。


そして、終わった後は、みんなが日本語で書いてくれたストーリーの内容をダニエルが聞き出します。
a0216706_14423789.jpg
a0216706_14430851.jpg
a0216706_14433723.jpg
ワークショップが行われた日は、北朝鮮のミサイルの事件からあまり日が経っていなかったため、(またダニエルが冒頭で北朝鮮を例に挙げたためか)、北朝鮮とミサイルのことを書く子が非常に多かったです。
それでもキャラクターや話のディテールはみんなそれぞれオリジナルなものでした。

ダニエルは参加者に、できるだけ常識に捉われないクレイジーなものを書いてほしいとお願いしていました。
社会人になったりすると、学校でもそうかもしれませんが、理性や合理的理由を離れて物事を考えるように求められることは普段あまりないと思います。
そして、2028年というのは実は11年後、そんなに遠い未来ではありません。
どんなに荒唐無稽なストーリーを考えてもいいと言われても、普段自分が生きている社会状況から乖離した状況を想像するのは実はなかなか難しいことだと思います。

みんながどんなストーリーを考えたのかは、オープンスタジオまでお楽しみに。


文:外山




[PR]
by arcus4moriya | 2017-10-07 13:57 | AIR | Comments(0)
<< 10/17 カーティス 琴と尺... フリエッタ&サラのリサーチ(は... >>


S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
AIR
地域とアート
オープンラジオ
アーティスト・イン・スクール
HIBINO HOSPITAL
だいちの星座
ロッカールーム
アーカスの日常
スタジオ来訪者数
2009〜2010
未分類
外部リンク
検索
ARCUS Twitter
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧