人気ブログランキング | 話題のタグを見る
9/6 プレゼンテーション / First Presentation
9/6 プレゼンテーション / First Presentation_a0216706_1891650.jpg
English is coming soon.
皆さん、こんにちは。藤本です。
本日は9月6日、アーティストが来日して2週間弱です。今年度ゲストキュレーターの服部浩之さんをお迎えしての最初のプレゼンテーションの日です。アーティストが各20分で自身の過去作品や活動の紹介をする、という会です。服部さんはあいちトリエンナーレ2016のキュレーターであり、本日もご自身の活動拠点の名古屋からお越しくださいました。
アーティスト同士にとっては、互いの制作の詳細について知る初めての機会です。

ガン・シオン・キン[マレーシア出身、在住]のプレゼンテーションは自国の情報から始まりました。
9/6 プレゼンテーション / First Presentation_a0216706_188452.jpg
マレーシアを中心に作品制作と発表を続けるガンは、作品において「遊び」の感覚を大切にし、笑いやユーモア、喜びを探求しています。しかし、その作品は感覚的というより、むしろコンセプチュアルで絵画の根源的構造などを探求するものです。近作では、展覧会制作そのものをひとつの作品と定義し、ひとりの人物をモデルにした12枚の同じポートレイトを描き、各絵に異なったタイトルを添えることで、人のアイデンティティと文脈の関係やその不確実さを思考するセルフキュレーションによるプロジェクトを実施しました。
9/6 プレゼンテーション / First Presentation_a0216706_189018.jpg
気になったことを質問しながら、ディスカッション形式で進みます。
9/6 プレゼンテーション / First Presentation_a0216706_1893420.jpg


イェン・ノー[韓国出身、オーストリア在住]
韓国人として欧州に暮らすノーは、言語や翻訳を主題に、同一空間において互いに関連するインスタレーションとスピーチ・パフォーマンスを発表します。西欧世界で編まれるテキストがアジアなど非西欧圏へと輸入される際に、翻訳・通訳を通じて、ときに誤読や誤解なども生じるなかで、如何に解釈され、近代化にどのような影響を与えたかを考察しており、近年はヴァルター・ベンヤミンによる『翻訳者の使命』というドイツ語のテキストをモチーフにして、翻訳することを介して、ポストコロニアルの諸問題の再考を試みています。
9/6 プレゼンテーション / First Presentation_a0216706_1816331.jpg
彼女の過去の展覧会の様子や展覧会でのスピーチパフォーマンス、平面作品とそのパフォーマンスの関係性などについて、掘り下げてディスカッションしました。
9/6 プレゼンテーション / First Presentation_a0216706_2003491.jpg
9/6 プレゼンテーション / First Presentation_a0216706_1943784.jpg


エルネスト・バウティスタ[Ernesto エルサルバドル出身、在住]
9/6 プレゼンテーション / First Presentation_a0216706_2035337.jpg
彼は、治安が不安定なエルサルバドルに暮らす彼自身の背景に呼応するかたちで、身近にある暴力や死、争いなどを強く意識し、人間の存在や生の本質的意味を探求します。血や銃弾、炎、人骨、刃物など、死や暴力を直接想起させるものを素材とし、社会や政治の諸問題を主題に、彫刻やインスタレーション、映像作品を制作しています。
9/6 プレゼンテーション / First Presentation_a0216706_2091713.jpg
エルサルバドルの国内の状況や、彼の人骨(頭部)を使った作品について、鑑賞者のリアクションについて話しました。日本人の私にとっては、人骨を見るということだけれも大きなインパクトだったりもしますが、エルサルバドル人の鑑賞者は私とは違う捉え方をするはずです。
9/6 プレゼンテーション / First Presentation_a0216706_19422059.jpg
9/6 プレゼンテーション / First Presentation_a0216706_20145655.jpg

これから本格的にスタートする、ここでのリサーチ、制作活動がどう転がっていくのか大変楽しみです。そして、レジデンスの醍醐味のひとつは、互いのバックグラウンドの違い、そこからくる考え方の違いを知っていくことでもあります。それはアーティスト同士でももちろんそうですし、スタッフ、キュレーター、サポーターさんたちとでもそうです。その経験がどのように制作活動に反映されるか、どのような変化をもたらすかというところが楽しみなのです。

…ちなみに、当初予定していた1人20分という設定はもちろん変更をやむなくされ、結局1人1時間以上のプレゼンテーションとなりました!
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        
by arcus4moriya | 2016-09-06 11:00 | AIR_2016
<< 9/16 KENPOKU AR... 9/2 Opening Rec... >>


S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
AIR
地域プログラム_地域とアート
AIR_2021
AIR_2020
AIR_2019
Open Discussion_2018
AIR_2018
AIR_2017
AIR_2016
Open Discussion_2015
AIR_2015
AIR_2014
AIR_2013
AIR_2012
AIR_2011
2009-2010
HIBINO HOSPITAL
アートエデュケーション
アーティスト・イン・スクール
アーカス||シェア||スタジオ
オープンラジオ
地P_だいちの星座 2014_15
地P_大木裕之 2014-16
テーブルミーティング
ショウケース
MEC_モリヤイーストキャスト
ロッカールーム
アーカスの日常
スタジオ来訪者数
未分類
外部リンク
検索
ARCUS Twitter
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧