人気ブログランキング |
【レポート】アーカスラジオ+いまを表現する青年団トーク02/小さな電波塔をつくろう!
2月25日(土)に、アワーズ守谷にあるアーカスサテライトスタジオにて開催されたワークショップとラジオ放送のレポートをお送りします。

今回は、第1部 ラジオのワークショップ『小さな電波塔をつくろう!』 第2部 アーカスラジオ+いまを表現する青年団トーク02 「地域とメディア② Morism/モリズム~気になるでつながる・気になるをつなげる~」の2部で構成されました。

a0216706_131565.jpg

第一部はアーティストの毛原大樹さんによる『小さな電波塔をつくろう!』のワークショップです。

毛原さんは、微弱な電波を利用したラジオ放送・テレビ放送を介して生まれる、あらゆる関係性をテーマに、プロジェクト形式の活動や作品を製作しています。最近の活動としては、『BankArtLifeⅢ 新・港村~小さな未来都市』(2011)における実験型アナログテレビ放送局「最後のテレビ」
スタジオ空間製作とイベント「”最後のテレビ”より愛をこめて~伊丹十三への13の質問~」の開催、『松戸アートラインプロジェクト』(2010・2011)などで活躍中です。

まず、毛原さんを中心にして参加者全員で話し合いながら、電波塔のイメージを描いていきます。

a0216706_13153254.jpg

この日のために、守谷市内のアーカスサポーターのお宅にある竹林から竹を切り出し、材木店からご厚意で廃材を譲っていただき、材料を準備しました。
これらの材料をつかって、電波塔を組み立てます。会場は「おとなの日曜大工」の雰囲気。

a0216706_13154196.jpg

竹をどうやってバランス良く組み合わせるか、試行錯誤しながら作業をすすめます。

a0216706_1316121.jpg

最後にアンテナと、赤いランプを設置。ついにアーカスサテライトスタジオのシンボルとなるラジオ電波塔が完成しました。アワーズ守谷の空間が、「アーカスラジオ+いまを表現するセンター」へと変貌した瞬間です。
赤いランプの点滅する速度が、独特の雰囲気を醸し出します。
電波塔が完成してから最初の放送です。常陽新聞の記者さんによる、参加者ひとりひとりへのインタビューが行われました。それぞれが感想を述べます。


a0216706_1316254.jpg

続いて、守谷中学校卒業生で美術部の先輩である高校の生徒さんと、毛原さんによる「都内の地下鉄をめぐる謎」をテーマにした対談が行われました。
この対談、当初から打ち合わせなど皆無だったのですが、高校の生徒さんの趣味である鉄道に関する一般的な話題から、話は都市の地形と鉄道の軌道の比較考察へと展開し、さまざまな都市伝説にまで及び、都市の奥深くに潜り込んだような壮大な気持ちになりました。毛原さんの、相手の話力を引きだす力と、都市に対する造詣の深さに圧倒されました。一見即興的なトークに見えますが、都市の幻影に対する憧憬と、ラジオやテレビの微弱電波と、人とのコミュニケーションの不可視の三要素を見事にリンクさせる力量と、実は日々のコツコツとしたご自身の研究に裏付けられた様々な知識をお持ちの方なのだなと感じました。

a0216706_13164780.jpg

毛原さんのワークショップが終了するころ、守谷中央公民館にて作品展の搬入作業を終えた守谷中学校美術部の皆さんが会場に駆けつけてくれました。生徒の皆さんと共に電波塔の出来具合を鑑賞し、毛原さんが作業内容について解説しました。

a0216706_13165393.jpg

さらに、飛び道具出現!!毛原さんが、ファミコンの初期の機械を持参してきており、モニターに繋いで、生徒の皆さんに見せてくれました。
リアルタイムで、初期のファミコンに接していないであろう中学生の皆さん、興味津々です。今のゲーム機にはない、アナログ感がかえって新鮮なようです。
毛原さんは、ファミコンの子機でも、アンテナを繋げるとマイクになり、放送局ができることをレクチャーしてくれました。こんな身近にあるもので、誰でも放送局が開けます。


a0216706_13172846.jpg

第二部は、フリーペーパー「Morizm~モリズム~」の発行人である、お三方をお招きして、取材方法や、興味対象の広げ方、企画されたワークショップの内容についてお伺いしました。
街をテーマに、さまざまな情報を提供し、人と人を繋げていくこと。そして「Morism」の紙面に溢れる守谷という街に対する愛着や、楽しみ方の提案は、日々の私たちの暮らしを改めてみつめなおすひとときでした。
a0216706_13173978.jpg

今回は音響設備係として、守谷中学校美術部の生徒さんもボランティアとして参加してくれました。新たな若手音響チームの誕生です。次回3月10日(土)に開催される、守谷中学校美術部によるパフォーマンスの時に、この経験が生かされることと思います。
by arcus4moriya | 2012-03-08 13:20 | オープンラジオ | Comments(0)
<< 【イベント】アーカスについて@京都 私の好きな守谷 市民フォトコン... >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリ
全体
AIR
AIR_2019
AIR_2018
AIR_2017
AIR_2016
AIR_2015
AIR_2014
AIR_2013
AIR_2012
AIR_2011
2009-2010
地域プログラム_地域とアート
HIBINO HOSPITAL
アートエデュケーション
アーティスト・イン・スクール
アーカス||シェア||スタジオ
オープンラジオ
地P_だいちの星座 2014_15
地P_大木裕之 2014-16
テーブルミーティング
ショウケース
MEC_モリヤイーストキャスト
ロッカールーム
アーカスの日常
スタジオ来訪者数
未分類
外部リンク
検索
ARCUS Twitter
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧