the Feedback from 2017 Resident Artists!

Two months after the end of my residency I look back on a period of great learning and great challenges. The time at ARCUS Project was both beautiful and difficult. ARCUS Project staff outgrew my expectations and definitions of kindness and friendliness, and also of commitment and professionalism. Amazing work from all the staff to support us and our projects and the work was always accompanied by a certain human warmth and devotion that can only be found at the ARCUS Project community; staff and supporters always concerned, attentive, kind.

Having said that about the individuals involved I must give a constructive criticism: it was very difficult to share living space and budget amongst a duo. We were warned before and we agreed, please note that I am aware of this. I suppose it was naive and well intentioned from both sides -institution and us artist- to believe, or hope, that it would all work out and that we could adapt and work with the circumstances. And I am happy we did, for what was the other option? To reject the invitation? Never. I am so happy about the time and experience at ARCUS Project. However, it is very important that next time that a duo is invited to the residency the conditions are better, for the sake and health of the project and the artist. I understand that ARCUS Project works on a very limited budget, and makes wonderful things with little money, but if there is no bigger budget to assign to a 4th artist perhaps the initial budget should be divided by 4 instead of by 3. The two other artists/projects will still be able to live and work well while the 4th artist will have the means necessary to work and live for the residency period. It was much harder that expected to share the living space and budget with Sarah. This is not your fault. I believe it not ours either. This happened because we where the first duo case, some sot of ginny pigs, but now we all know that next time things must be different, for the sake of the future residents.

The amount of help and interest that we got regarding our project was more that one could wish for. The experience of Japan in general has been one of the most enriching I have ever had. I will always be great full for the opportunity to unlearn and question certain things that I 'knew' or thought I knew. I believe that my time at ARCUS Project has greatly helped me to obtain a more layered, comprehensive and informed understanding of the world(s) we make and inhabit in this complex global times.

Infinite thanks to Yumiko San, Aruma San, Mizuho San and Ryota San, your kindness, patience and intelligence makes the world a better place.

An invitation to a residency at ARCUS Project is one of those rare opportunities in life one does not refuse.

ARCUS Project offers the possibility for artists to develop work, research and experiment without any pressure as no finished work at the end is required. The isolation of Moriya takes a while to get used to, but the studios and the wonderful ARCUS Project staff made it truly worth it. Tokyo is not far out, but distant enough to not go on a whim, which enhances the isolation and the focus on the research. Visiting other worlds makes one grow, and my stay in Japan was educational on many levels. The project would not have been realized without the unwavering commitment of the ARCUS Project quartet. As we were trying to research the local Tone river, the ARCUS Project coordinators helped us to find river experts, geographers, local people that live with the river, boatsmen and mapmakers and consequently translated this mountain of information into English. The project felt more like a collective undertaking as we also produced and updated the text for the performance together. Furthermore, the ARCUS Supporters and local Moriya communities brought light (and sandwiches) in darker days.

On a less rosy note: the required focus was immensely hard to maintain because of the living conditions where we had to share a small room with one single bed. ARCUS Project staff surely checked with us beforehand whether we would be okay with this and we honestly assumed it would work. The budget is ample as an individual stipend, but it was far from enough for two people. It is important to point this out so that the next duo will be able to live and work in more comfortable circumstances.

I miss hanging out at Manabi-no-sato, drinking barley tea with koala bears, the sun on my face and the hum of elusive sounds in the background. It was a good experience and a true privilege to be able to work and think in this place in the world.

---



I had a special connection with Japan ever since I discovered the samurai warriors and katana swords. It is hard to point a clear reason why I was attracted to this country, but it is possible that it originates in my interest towards the Edo period Japan. What is certain is that I bought a katana when I was 19 years old, after having previously discovered Kurosawa's movies (when I was around 15-16). Rashomon left me wondering on how individuals can interpret a fact, an event, and how they can craft a truth out of it. Truth is a variable, forever subjective, since we are all subjects of our own subjectivities. I crafted my own truth of Japan based on jigsaw puzzle pieces that found their way into my pockets from the television and from magazines. I picked up most of the jigsaw pieces from Sailor Moon, sumo fights, documentary films, an album about the Shinto shrines, Manga comics, Candy, Miyamoto Musashi and the revenge of the 47 Ronin. I was so certain that I owned a large jigsaw puzzle picture, both sharp and in high definition, of what Japan was. This happened because I was blindly passionate about certain elements that found their way towards me half the world away. I made the mistake of thinking that I am a know-it-all.

After having experienced Moriya, Tokyo, Kyoto, Osaka, Chiba, Fuji, the Pacific and the loud silence of the temples I can say that I don't have a clue of what Japan is about. I realized that I knew nothing about Japan. Now I find myself in the very privileged position of having to get to know very little of it. I am humbled and deeply thankful towards the ones that aided me throughout my journey, people that I can call now friends.

As I am writing these lines that are meant to summarise my thoughts about ARCUS Project and Japan in general, a conversation that I had with Curtis comes to my mind. We talked about how it must feel to be Japanese: how can it feel to wake up every morning knowing that it can be your last. Even though this existential fear is deeply rooted in every individual, there are good reasons for that fear to be contouring a certain Japanese mentality. There are around 1500 earthquakes per year on the Japanese islands and countless tremors every day. I want to think that Japan is a country full of brave people - that inside their hearts are always prepared for the worst, in a silent awaiting of the inevitable. For people living outside areas in which nature tests its inhabitants, it might prove a shock to be prepared to lose all that you have in an instant. To wake up with that thought well hid under your grey matter blanket is something that most of us could not easily accept. Japan will always remain in my memory as sounds, smells, tastes, highs and lows. Not so many images, though. I tend to lose the images quite quickly. I felt I was alive on Fuji and I managed to recuperate my faith in swimming while doing it in the Pacific. Japan tested me, as it most likely does with anyone crossing it.

Thank you, Ken san, Yumiko, Ryota, Aruma, Mizuho, Kaname san and to the many others that were willing to share their kindness with the participants to your artist in residence program.



---



For me the value of participating in this 25-year-old residency, one of the oldest in Japan, is that it functioned as a platform for intensive relational intimacy with people and places I would have never been able to access otherwise. Without the infrastructure of ARCUS Project as a residency, and the thoughtfulness of each coordinator's contribution to my own work, this project simply would not have been possible; they provided unique connections, and broadened the spectrum of my work while in Japan through each of their own creative backgrounds and cultural histories. The residency allowed me to work at a scale beyond my own capacity, thereby stretching and influencing my own perspectives and abilities as a searcher and creative practitioner.

There is a powerful residue; a textured and palpable sense that what I began there will continue onward.

I witnessed a striking thoroughness to all of the ARCUS Project coordinators sensibilities and sensitivities; they are tenaciously present. My rhizomatic pursuits were facilitated, unquestioned, from beginning to end without missing a beat; from working with the local choral group, holding conversations with seismic scientists, to conducting research at Universities in Tokyo and museums in Kyoto, as well as traveling to rural Aomori to record the chanting of Japanese Shamans, ARCUS Project coordinators put in substantial amounts of time and energy helping me achieve my goals. For a brief moment, Moriya became a home, and ARCUS Project, an extended family.



---
















[PR]
# by arcus4moriya | 2018-03-01 13:00 | AIR
Information of Great East Japan Earthquake (March 1st, 2018)
These are information about Great East Japan Earthquake on the internet as reference data. Please refer to them.


▶Japan Atomic industrial Forum_English
Daily updates on nuclear power station in Fukushima

■Nuclear Power Plants in Japan (2017)
Japan Nuclear Safety Institute

a0216706_14034766.jpg


'Information on the Great East Japan Earthquake' by Ministry of
Economy, Trade and Industry


Reading of environmental radioactivity levelby Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology(MEXT)

Nuclear Regulation Authority_English

IAEA: International Atomic Energy Agency_English


■The distance from FUKUSHIMA Nuclear Power Plants to IBARAKI, ARCUS
Studio in Moriya city
a0216706_202129.jpg




Emergency & Disaster (IBARAKI Prefectural Government)

Emergency support desk for foreign residents in Ibaraki:

Moriya City

National Institute of Radiological Science

Consumer Affairs Agency, Government of Japan (inspection of
agricultural products)


ICRP: International Commission on Radiological Protection

Information on Radioactivity Level ( Air ports and ports)


AIST: Advanced Industrial Science and Technology_ the south part in IBARAKI

[PR]
# by arcus4moriya | 2018-03-01 12:01 | AIR | Comments(0)
HIBINO HOSPITAL vol. 72 「紙映画」(ワープステーション江戸)
2018年1回目のHIBINO HOSPITALをつくばみらい市のロケ施設ワープステーション江戸で開催しました。
a0216706_17071398.jpg

ワープステーション江戸は大河ドラマや映画など多くの時代劇の撮影に使用されている場所です。
普段もロケで使用されていない箇所は一般公開されていますが、今回は特別にワークショップの会場としてお借りすることができました。
a0216706_17072429.jpg
多くの参加者の方にお集まりいただきました。



様々な時代の建物があるロケ施設という場所の特性を生かし、今回は建物をスケッチし、そこで起こるストーリーを構成して、紙芝居ならぬ「紙映画」を作ることに。
チームに分かれて1チームで1つの紙映画のストーリーを考えます。
まずは、施設の地図を見ながらそれぞれどこの建物でシーンを作るか考えます。
a0216706_17073201.jpg
a0216706_17074089.jpg
a0216706_17074792.jpg
a0216706_17075836.jpg
a0216706_17111446.jpg
a0216706_17112149.jpg
紙映画を上映する際のサウンドトラックは、ワークショップ前日に平昌オリンピックで金メダルを受賞した羽生結弦選手が演技で使用していた曲「SEIMEI」を使用することに。

それから施設の方に案内していただいてみんなで各場所を説明を聞きながら回ります。
ロケ施設なので外観はしっかりしていますが、ほとんどの建物の中は空っぽです。
a0216706_17114702.jpg
a0216706_17115780.jpg
a0216706_17120566.jpg
a0216706_17121657.jpg
a0216706_17145369.jpg
a0216706_17150595.jpg
a0216706_17164110.jpg
a0216706_17163095.jpg
もう歩きながらスケッチを始める子も
a0216706_17171844.jpg


その後おのおのが選んだ場所に分かれてスケッチをしました。
a0216706_17173521.jpg
a0216706_17175896.jpg
a0216706_17181037.jpg
a0216706_17182157.jpg
a0216706_17185272.jpg
a0216706_17190489.jpg
a0216706_17191702.jpg
a0216706_17193754.jpg
a0216706_17194834.jpg
a0216706_17203062.jpg
a0216706_17205636.jpg
a0216706_17211381.jpg
a0216706_18133477.jpg

そしてもう一度室内に戻って色を用いながら絵を仕上げます。
a0216706_18150183.jpg
a0216706_18292619.jpg
a0216706_18302622.jpg
a0216706_18314732.jpg
a0216706_18321827.jpg
a0216706_18324777.jpg
a0216706_18331726.jpg
a0216706_18334766.jpg
ストーリーの基本設定は、まず主人公となる人間が登場し、何かしらの出来事によって動物に変身してしまうというものです。
a0216706_18342440.jpg
a0216706_18351256.jpg



みんなで話し合って変身する動物と、ストーリー展開を考えます。
a0216706_18364649.jpg
ほとんどが初めて会った人達で構成されたチームで、いきなり一つのストーリーを作ることに、みんななかなか苦心していました。


そして、いよいよチームごとに考えた紙映画を発表します。
a0216706_18371637.jpg
会場を移動して舞台のある芝居小屋へ。

この舞台セットは当日、日比野さんの突然のリクエストに応えて、ワープステーション江戸のスタッフの方があっという間に作ってくださったものです。



BGMに羽生結弦選手の使用した曲が流れるなか、1チームずつ、ぞれぞれ自分の書いたシーンを読み上げ、お話を発表します。
計6チームが発表しました。
a0216706_18393708.jpg
a0216706_18400753.jpg
a0216706_18403794.jpg
うさぎの出てくるお話を考えたチーム


a0216706_18410721.jpg
a0216706_18421444.jpg
羊の登場するお話のチーム


a0216706_18424783.jpg
a0216706_18431828.jpg
a0216706_18434792.jpg
竜の登場するお話のチーム



a0216706_18450415.jpg
a0216706_18454407.jpg
a0216706_18461333.jpg
トラの出てくるお話のチーム


a0216706_18464491.jpg
a0216706_18472098.jpg
a0216706_18480515.jpg
ねずみの登場するお話のチーム



a0216706_18483827.jpg
a0216706_18504908.jpg
a0216706_18553477.jpg
最後は犬の登場するお話のチームでした。


a0216706_18560941.jpg
おしまい!

a0216706_18564796.jpg
ご参加いただきました皆さんありがとうございました。

写真:加藤甫

[PR]
# by arcus4moriya | 2018-02-18 16:57 | HIBINO HOSPITAL | Comments(0)
1/30 エクスチェンジ・レジデンシー・プログラム招聘キュレーター、ホゥ・ユークァン[台湾]
English is coming soon.
こんにちは、藤本です。
現在、エクスチェンジ・レジデンシー・プログラムで招聘しているインディペンデント・キュレーターのホゥ・ユークァン[台湾]の活動を紹介します。クァンは、本プログラムの連携機関である、國立台北藝術大学 關渡美術館(Kuandu Museum of Fine Arts[KdMoFA])推薦の候補者からアーカスプロジェクト実行委員会が選出したキュレーターで、2018年1月16日から2月14日までの30日間滞在し、リサーチに取り組みます。
a0216706_12394883.jpg

台湾と日本の歴史・政治的な関係が自身の研究テーマのひとつでもあり、今回の滞在では、第二次世界大戦に現代の視点からアプローチする日本人アーティストをリサーチしました。
今回は、アーティストの笹川治子さんへのインタビューの様子を紹介します。笹川さんは、2015年に東京都美術館で開催された「戦争画STUDIES」の企画者でもあります。

笹川さんは茨城県取手市にある井野アーティストヴィレッジ にスタジオをかまえ、制作されています。
a0216706_12435041.jpg
インタビューでは、戦争画STUDIESというプロジェクト全体についてのお話や、笹川さん個人の制作活動について具体的なお話をしていただき、クァンからの質問もなかなかにたくさんあったため3時間以上お付き合いいただきました。
a0216706_12443379.jpg
戦争画といっても、そのカテゴライズは様々で、画面に小さく描かれている台湾兵士の持っている武器から事実が見えてくる藤田嗣治の絵画などもあれば、当時描かれた戦争とは関連のないような風景画も戦争画として捉えることもあるようでした。
a0216706_12444620.jpg
最後にスタジオも見学させていただきました。
a0216706_12452007.jpg
a0216706_12453146.jpg
どうもありがとうございました。

クァンは、2月10日のエクスチェンジ・レジデンシー・プログラム活動報告会で今回のリサーチについて発表します。
KdMoFAにアーカスプロジェクトから派遣した磯村暖さん、mamoruさんも登壇し、台湾での60日間の活動を紹介してくれます。
アーティスト、キュレーターの視点を通して、日本と台湾という国を形づくる文化的営み、また両国が異なる立場で共有している歴史や社会問題についても知ることができる機会です。みなさま、ぜひお越しください。






[PR]
# by arcus4moriya | 2018-01-30 13:00 | AIR | Comments(0)
エクスチェンジ・レジデンシー・プログラム 派遣作家オープンスタジオ@國立台北藝術大學 關渡美術館(台湾)
皆さん、こんにちは。藤本です。
今回は、今年度より開始したエクスチェンジ・レジデンシー・プログラムのオープンスタジオのご紹介をします


a0216706_16323166.jpg
来場者に過去作品の説明をするmamoruさん

エクスチェンジ・レジデンシー・プログラムでは、海外のレジデンスプログラム運営団体と連携し、アーティスト/キュレーターを一定期間、派遣/招聘します。アーカスプロジェクトがこれまで培ってきた芸術家支援活動を海外に展開し、滞在制作・リサーチを通して国内、国外のアーティスト/キュレーターが交流する機会を創出します。

今年度はアーカスプロジェクトから台湾の連携団体、國立台北藝術大學 關渡美術館 Kuandu Museum of Fine Arts(以下、KdMoFA)に日本人アーティスト2名を派遣し、60日間の滞在制作の機会を提供。KdMoFAより1名の台湾人キュレーターをアーカスプロジェクトに招聘し、30日間のリサーチ活動をサポートしています。


a0216706_17194678.jpg
磯村暖さん 新作


a0216706_16594842.jpg
部分


アーカスプロジェクトから台湾のKdMoFAに派遣した日本人アーティストは、磯村暖さんとmamoruさんです。

2017年12月1日から2018年1月29日(60日間)の滞在での中盤、12月29日にKdMoFAにてオープンスタジオを開催し、

過去作品と制作過程を公開しました。写真はその時の様子ですが、現在も引き続き滞在調査・制作は続いています。

a0216706_16540809.jpg
来場者に制作活動を紹介する磯村暖さん

a0216706_16503778.jpg
mamoruさんはリサーチの一環で伝統楽器‘Suona’のレッスンを受けているとのこと。

a0216706_17280128.jpg

a0216706_16373009.jpg
a0216706_16391868.jpg
a0216706_17211387.jpg
a0216706_16430967.jpg

お二人が帰国したのち、2月10日(土)にアーカススタジオにて活動報告会を開催します。

現在アーカススタジオに招聘している台湾のインディペンデント・キュレーター、ホゥ・ユークァン(写真右)も日本でのリサーチを報告します。皆様ぜひお越しください。


a0216706_17181213.jpg

Photo credit: Kuandu Museum of Fine Arts, TNUA
Photographer: Huang Yung-En













[PR]
# by arcus4moriya | 2017-12-29 17:29 | AIR | Comments(0)
HIBINO HOSPITAL vol. 71 「ゆげおゆけむりひ」(茨城県立児童センター こどもの城)
12月24日クリスマスイブにヒビノホスピタルvol. 71を開催しました。
会場は茨城県東茨城群大洗町の茨城県立児童センター こどもの城です。
a0216706_16480499.jpg
a0216706_16491349.jpg
a0216706_16494616.jpg
まずは集まって今日やることの簡単な説明を


今回は「ゆげおゆけむりひ」と題して、実際にBBQ場で火を沸かし、湯気・お湯・煙・火を観察してその絵を描くことになりました。

まず歩いて10分の海岸までみんなで海水を汲みに行きました。
a0216706_16495802.jpg
a0216706_16501225.jpg
a0216706_16502222.jpg
a0216706_16504372.jpg
a0216706_16505765.jpg
a0216706_16511524.jpg
a0216706_16512867.jpg


汲んだ海水を持ってBBQ場に移動し、まず周りの松林から落ちた松ぼっくりや松葉を拾って火をおこします。
a0216706_16514570.jpg
a0216706_16520334.jpg
a0216706_16522687.jpg
a0216706_16523910.jpg
a0216706_16525873.jpg
a0216706_16530891.jpg
a0216706_16532941.jpg
a0216706_16534044.jpg
a0216706_16535271.jpg
a0216706_16540617.jpg
みんなが驚くくらい火があっという間に高くなりました。
その火で燻した松ぼっくりを潰して絵の具の顔料にします。
a0216706_16543812.jpg
a0216706_17050835.jpg
バケツでこんなにたくさん松ぼっくりの粉を作るグループも。

a0216706_17052315.jpg
煙がもくもく立ち込めていました。


a0216706_17061322.jpg
a0216706_17064131.jpg
そして汲んできた海水を鍋にかけてお湯を沸かします。
a0216706_17074025.jpg
お湯と湯気を観察することができます。

a0216706_17071056.jpg
松ぼっくりの粉で絵の具を作るのですが、そのままでは松ぼっくりは水に溶けず、乾いた時に粉が落ちてしまいます。
そこで、乳化剤を加え松ぼっくりの粉を水に溶かし、乾いても絵の具として紙に定着するようにします。
a0216706_17085217.jpg



a0216706_17072235.jpg
そしてさらに落ちている松葉を拾って筆も手作りしました。
a0216706_17081257.jpg
a0216706_17083426.jpg
ここまでに2時間ほどかかったような。。




a0216706_17091723.jpg
いよいよ手作りの絵の具と筆で絵を描きます!
a0216706_17094070.jpg
a0216706_17095613.jpg
作った筆の形によってそれぞれの描線になります。
a0216706_17100795.jpg
a0216706_17101848.jpg
a0216706_17103136.jpg
a0216706_17104807.jpg
固体ではない湯気やお湯を描くことにみんな苦心していました。




a0216706_17111707.jpg
室内に戻って描いた4枚の絵を縦に繋げ、掛け軸のようにします。
a0216706_17113627.jpg
a0216706_17115369.jpg
a0216706_17120738.jpg
a0216706_17124169.jpg

最後にグループごとに出来上がった絵の前で記念撮影。
a0216706_17130648.jpg
a0216706_17132679.jpg
a0216706_17134131.jpg
a0216706_17135043.jpg
a0216706_17140305.jpg
a0216706_17141327.jpg
a0216706_17142637.jpg
a0216706_17144093.jpg
a0216706_17150540.jpg

ヒビノホスピタルvol. 71も大勢の方にご参加いただきました。
お天気の良くない真冬のアウトドア3時間ということで、どうなることだろうと思いましたが、みんなで火を起こしたり、自然にあるもの拾い集めたり夢中になっているうちにあっという間に時間が過ぎて行きました。
ガスではなくIHの家庭が増えていることもあり、子供達にとって火を観察するのは新鮮だったようです。

ご協力くださった方々、ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

[PR]
# by arcus4moriya | 2017-12-24 13:12 | HIBINO HOSPITAL | Comments(0)
11/10 カーティス 朝日新聞の取材 Curtis Interview by Asahi Shimbun
朝日新聞の記者さんがスタジオのカーティスを取材に来てくださいました。

1時間程、日本でのプロジェクトを説明。
京都へ行った時の梵鐘のことや、先日の鋳込みの撮影のフッテージを見せながらじっくりお話を聞いていただきました。

印象的だったのは、コンピューターで音楽を作っているのかという問いに対して、コンピューターで純粋に作られた音楽と、カーティスがフィールドレコーディングを元に作っている音楽は違うという答えでした。

カーティスにとってコンピューターはCDを再生する際のプレーヤーと同じで、あくまで録音した音を実際に再生するための機械であるということ。
そしてカーティスはindexical(指標的)な音を集めているそうです。
(つまり例えばセミの音はセミのindexです。)


そしてオープンスタジオに向けてセッティングを始めているサウンド・ライブラリーを体験していただくことに。
a0216706_14033526.jpg


最後に黒板に書いている曼荼羅の前でポーズ。
a0216706_14045357.jpg

この時の朝日新聞の記事はこちらです。

ご取材いただきありがとうございました。

文:外山


[PR]
# by arcus4moriya | 2017-11-10 16:35 | AIR | Comments(0)
11/9 カーティス 梵鐘鋳込みの撮影 Curtis shoot pouring of temple bells
以前のブログでカーティスが梵鐘に興味を持ち、桜川市真壁町の小田部鋳造株式会社様を訪ねたこと、そこで撮影をさせていただきたいとお願いしていたことなどを書きましたが、とてもとてもラッキーなことに、年に数回しか行われることのない梵鐘の鋳込みの日に撮影させていただけることになりました。
アーティストの短い滞在期間と鋳込みが重なるなんて本当にタイミングがいいです。

実際に型に高温で溶かした金属を流し込む鋳込みの作業は午後でしたが、炉への火入れは朝5時に開始し、午前中いっぱいだんだん火を大きくして金属を足していくということでした。
カーティスはぜひ夜明け前に着いて外の光がだんだん変わる中で撮影したいということで、私たちスタッフと朝4時前に集合することに。

守谷で車で1時間程の真壁町までまだ真っ暗な中向かいました。

到着してすぐ、小田部さんが炉に火を入れます。

a0216706_11221025.jpg
a0216706_11223058.jpg
コークスという燃料を少しずつ足していきます。
a0216706_11230700.jpg
まだ炎は小さめです。
a0216706_11240289.jpg
だんだんと外が明るくなってきました。

a0216706_11243599.jpg
暖かい事務所で一息ついているところ。
a0216706_11244614.jpg
小田部さんは鋳込みという大事な日にも関わらず、私たちスタッフのことも気にかけてくださいます。

a0216706_11260338.jpg
a0216706_11262167.jpg
コークスを手で拾い炉まで上って入れるという作業を小田部さんは朝中何度も何度も繰り返されます。
a0216706_11271635.jpg
早朝は空気が澄んでいて光が美しいです。
a0216706_11445671.jpg


a0216706_11274988.jpg
午後に梵鐘の鋳込みをするところ
布で覆われているのが内側の型です。
a0216706_11281755.jpg
大きい梵鐘のほか、小さめの半鐘の鋳込みも同時に行われます。

a0216706_11283375.jpg
a0216706_11285888.jpg
a0216706_11294543.jpg
a0216706_11300507.jpg
どの作業も真剣に撮影するカーティス

撮影にあたってカーティスがよく言っていたのは、派手でスペクタキュラーな工程を撮りたいのではなく、場所の日常や空気感、その場に宿る精神性といったものを撮りたいと言っていました。

a0216706_11322446.jpg
a0216706_11323866.jpg
a0216706_11330128.jpg
a0216706_11333845.jpg
a0216706_11335950.jpg

a0216706_11343723.jpg
カーティスが見ているのは藁灰
溶かした金属に浮かせることで不純物を取り除いたり、温度を調整したりできるそうです
a0216706_11411516.jpg
a0216706_11415057.jpg
それぞれの梵鐘で異なる彫りが入っている型を、内側の型とずれがないようにはめていきます。
ずれがないように慎重な微調整が必要な作業です。


ここでお昼休憩に行きました。
a0216706_11460707.jpg
天気が良かったのでちょっとしたピクニック

a0216706_11471269.jpg
午後になると炎が高くなり緑色に!
a0216706_11474770.jpg
a0216706_11482518.jpg
a0216706_11484037.jpg
小田部さんはずっと手で銅と錫を足していきます。
a0216706_11513987.jpg
a0216706_11515201.jpg
a0216706_11521159.jpg
a0216706_11524416.jpg
カーティスは梯子に登ってより近くから撮影
a0216706_11591903.jpg
a0216706_11534405.jpg
鋳込みの際の読経に備えて準備も始まります。
a0216706_11593760.jpg
煙が天井いっぱいまで充満し火の粉も沢山飛んでいます
a0216706_12001684.jpg
a0216706_12004929.jpg
a0216706_12010042.jpg


いよいよ鋳込みへ
a0216706_12012290.jpg
炉から溶かした金属を容器へ
a0216706_12023515.jpg
a0216706_12024912.jpg
a0216706_12030898.jpg
a0216706_12034247.jpg
a0216706_12035634.jpg
a0216706_12042483.jpg
お坊様が読経される中、容器から溶けた金属を型へ流し込みます。

a0216706_12040622.jpg
a0216706_12141717.jpg
お坊さんや檀家さんからは鋳込みはこのように見えていました。

私はカーティスに言われて部屋の中から読経の音を録音していたのですが、静まりかえった瞬間に聞く歌のようなお経には、そこにいるみんながなにか違うものに生まれ変わったような神聖さを感じました。
a0216706_12055847.jpg
鋳込みが終わると移動させます。
a0216706_12044764.jpg
この日は2つの梵鐘の鋳込みがありました。



a0216706_12081842.jpg
最後に炉を解体します。
a0216706_12091574.jpg
a0216706_12092730.jpg
a0216706_12093859.jpg
a0216706_12095144.jpg
a0216706_12102136.jpg
a0216706_12115639.jpg
a0216706_12121489.jpg
a0216706_12123780.jpg
a0216706_12131463.jpg
a0216706_12133255.jpg
解体した炉の内部


朝5時に始まった撮影は夕方5時に終わり、終わる頃にはまた暗くなっていました。
1日中炉の近くにいたのでみんな灰と煤で黒く。

小田部さんのご協力でカーティスも1日中近くで撮影することを許可していただき、本当に充実した日でした。
日本でしか体験できないことや発見をしてもらえるとコーディネートの甲斐があります。

カーティスが梵鐘と小田部さんの制作場に興味があるのは、伝統的な工法が今も続いていることです。
現代ではそういったものの価値を認めることのできる人が少なくなっている中で、そういった生き方を続けていられるのは貴重なことだと言っていました。

この日カーティスは、小田部さんに、後日梵鐘を型から出した後の磨きの工程の見学と、小田部さんのインタビューができないかとお願いしました。
オープンスタジオの後、帰国までは2週間ほどですが、天気(磨きの日は晴れていないとだめだそう)と日程が合えばもう一度伺わせていただけることに。

小田部鋳造株式会社様はじめ、撮影にご理解をいただきましたお寺の皆様、誠にありがとうございました。

カーティスはこの映像をオープンスタジオでみせるのではなく、アメリカへ帰国後に時間をかけて編集していくようです。

文:外山

[PR]
# by arcus4moriya | 2017-11-09 17:46 | AIR | Comments(0)
11/8 カーティス 守谷高校吹奏楽部とのワークショップ Curtis Workshop with Brass Band Club at Moriya High School
さて、守谷のコーラスグループとワークショップをしているカーティスですが、アーカススタジオのお隣の高校、茨城県立守谷高等学校の吹奏楽部ともワークショップを行いました。

コーラスの時と同様、新たなサイレンの候補となる音をみんなで作り出すためのワークショップです。
カーティス自身、このようなワークショップは行ったことがないらしく少し緊張していました。

まずはみんなの顔が見れるように円になります。
a0216706_21461695.jpg
最初はまず鉄琴とドラムはなしで、簡単なゲームのように、左の人が出した音を真似して右につないでいき音の円を作ります。
a0216706_21455296.jpg
みんな種類の異なる楽器を使っているので、隣の人を真似するのはなかなか難しそう。

テンポを変えてみたり、みんながルールに沿って遊べるように調整します。
普段楽譜通りの演奏を行っている高校生たちにとって、自分の好きな音を出すことや、周りの音に合わせて即興することはなかなか難しいようでした。

a0216706_21462340.jpg
次にドラムと鉄琴も輪に加わります。
a0216706_21460919.jpg
ドラムががみんなの即興にベースを与えます。
a0216706_21463201.jpg
a0216706_21460067.jpg
最初は恥ずかしがって笑ってしまっていた高校生たちも、後半はだんだんと雰囲気を掴めてきたようでした。


今回は1時間と短いワークショップで、即興演奏に触れたことのない高校生たちにはなかなか何をやっていいのか分かりにくかったと思います。
カーティスも言葉の壁もあり、なかなかグループをマネージするのに苦労していました。
私の高校生の頃を思い出しても、周囲の目が気になって間違うことを恐れたり、変なことをしてしまわないかと恥ずかしがったり、大人でもそういう気持ちはあると思いますが、高校生の年頃の子たちには特に難しいのではないかと思います。

即興演奏に間違いはなく、自分なりの音を出しながら、かつ周囲の音に耳を澄ませることがポイントです。
他人に合わせつつ自分を出す、これって全ての創造的なコミュニケーションに普遍なことだと思います。
相手の音を’よく’聴くのは本当は難しいことなんだと改めて思った日でした。

これをきっかけに高校生のみなさんが即興演奏に興味を持ってくれるといいなと思います。

文:外山

[PR]
# by arcus4moriya | 2017-11-08 02:29 | AIR | Comments(0)
11/6 カーティス 防災科学技術研究所(NIED)訪問 Curtis visited NIED
a0216706_21432428.jpg
カーティスは科学の視点から地震の研究をしている研究者にもインタビューをしています。

今日はつくばの防災科学技術研究所(NIED)へ!
NIED は地震含む火山・気象・土砂災害などあらゆる自然災害から人々の生活を守る研究をしている機関です。

まずは広報の方に研究所を紹介するビデオを見せていただきました。
a0216706_21393407.jpg
a0216706_21394353.jpg
a0216706_21395156.jpg
a0216706_21392703.jpg
パンフレットを手にポーズを取ったりして。



次に実際にあった地震の揺れを体感できる地震ザブトンへ。
a0216706_21395824.jpg
メニューから地震を選ぶことができます
近年起こった実際の地震を、震源地からの距離、建物の何階にいたか、などの状況との組み合わせから体感できます。
a0216706_21403508.jpg
a0216706_21402843.jpg
目の前のスクリーンには地震が起きた際の仮想の部屋の様子が写されます。
a0216706_21404168.jpg
a0216706_21405005.jpg
熊本地震の波形
a0216706_21412556.jpg
最後にアンケートを書きました。

a0216706_21414472.jpg
a0216706_21415103.jpg

a0216706_21415943.jpg
 研究所内の違う建物へ移動。

とてもいい天気でした。
カーティスは研究所内に植物が生い茂っているのが気に入っていました。
広報の方によると植物の手入れをする予算を取っていないそう。
庭師がいないので植物が繁栄することができて逆にいいねとカーティスは言っていました。
とても大きな女郎蜘蛛の巣を見つけ観察したりしました。

a0216706_21421267.jpg
大型耐震実験施設へ


ここでは世界で2番目に大きな振動台(14.5x15m)を用いて加震実験を行っているそう。
この日はハウスメーカーが木造住宅の実験を行っていました。
a0216706_21421904.jpg

続いて大型降雨実験施設へ
a0216706_21423083.jpg
a0216706_21423678.jpg
山崩れや土石流などの実験を行っています。
写真では見にくいですが、建物の手前にレールがあり、この建物部分は動くようになっていました。


それから、研究者の方のインタビューへ。
今回協力してくださったのは地震津波防災研究部門の久保久彦さんです。
a0216706_21424236.jpg
a0216706_21425653.jpg
カーティスのインタビューは少し独特かもしれません。
音楽と同じで即興的というか、相手が聞かれたことのなさそうな質問や、普段考えていないこと、つまり答えが前もって用意されていないその場で考えないと答えられないような質問をするのを好みます。
インタビューを受ける方にとっては、なかなか難しいと思います。。

話はなぜ地震研究の道に進んだのか、波(地震の波形)を見てどう感じるかなどの個人的なことから、ナマズの神話などカーティスの興味のあることを中心に進みました。

地震研究の分野では、95年の神戸の震災をきっかけにそれまで予知に重きを置いていた研究が、地震とは何かという本質の研究にシフトしたそうです。
防災科学技術研究所の英語名National Research Institute for Earth Science and Disaster Resilienceにも話が及び、カーティスはresilience(立ち直る力、回復力)という単語を気に入っていました。

カーティスは、昔はあったナマズに関する神話などが現代では失われたことで、人間が地震とどう向き合うか、付き合っていくかを学ぶ精神的繋がりが失われてしまったのではないか、波(音も地震もスケールの違いはあるけれど同じ波です)が人間と地震の間をつなぐコミュニケーション装置になるのではないか、などこれまでのリサーチで発展させてきたアイデアを語っていました。


a0216706_21430312.jpg
リアルタイムの地震データを映すモニター群
a0216706_21431896.jpg
赤は揺れが感知されたポイント。
東京は地下鉄が多いため揺れがよく感知されるそう。


日本では人間が感知することのできない小さな地震が無数に起こっていて、その数1日約300回と言われています。
気象庁によると世界の地震の1/10は日本周辺で起こっています。)
その意識することのできない微小な地震の'波'は、私たちにどのような影響を与えているのでしょうか。
私たちはその波をどのように聴いているのでしょうか。

文:外山

[PR]
# by arcus4moriya | 2017-11-06 00:08 | AIR | Comments(0)
11/2 カーティス コーラスグループとのワークショップ Curtis Workshop with Local Choir
以前練習を見学させていただいた(その時のブログ)守谷のコーラスグループ'ドルチェ’との初回のワークショップの様子です。
北守谷公民館のホールをお借りしました。
a0216706_21501207.jpg
まず円になって深呼吸。
リラックスしてウォーミングアップをします。
a0216706_21502131.jpg


それから、左隣の人の声を真似して右の方へパスしていき、声の輪を作るように。
a0216706_21503066.jpg
ドルチェのみなさん、身振りも合わせたりとてもノリがいいです。
すぐに自分を開放していくことができるようで、輪の外で聴いていても体を揺らしたくなるような感じ。

a0216706_21503870.jpg
ロングブレス、長い音で声を重ねていきます。
必ずしもハーモニーを作る必要はなく、一周して最初の人に戻ってきたら自由に違う声を出します。
a0216706_21505465.jpg
動物の鳴き声のような音も。
a0216706_21511380.jpg


カーティスが録音していたため、あまり写真は撮れませんでしたが、ワークショプはこの後も白熱していました。
動画でお見せできないのが残念です。

後日カーティスのスタジオで録音音声を聞きましたが、その場にいた時よりも視覚情報がないせいか余計にアヴァンギャルドな音に聞こえました。
この音源はカーティスがオープンスタジオで作るサウンド・ライブラリーに収録される予定です。

ぜひ声の迫力を体感しに、どうぞオープンスタジオにお越しください!

文:外山






[PR]
# by arcus4moriya | 2017-11-02 13:49 | AIR | Comments(0)
11/1 カーティス 尺八のプレゼント Curtis got plastic shakuhachi by the koto player
カーティスにお琴を貸してくださっている樋口さんが、プラスチックでできた練習用の尺八をカーティスにプレゼントしに来てくださいました。
a0216706_14403220.jpg
赤くてかわいいです。

a0216706_14404449.jpg
a0216706_14405563.jpg
a0216706_14410607.jpg
樋口さんはカーティスを生活面でも心配してくださったりとても優しいのです。


以前に樋口さんのお宅へお邪魔した時はなかなか尺八をうまく吹けなかったカーティスですが、この後時おり彼のスタジオから事務所へ尺八を吹いている音が聞こえてくるようになりました。

この尺八はオープンスタジオでの彼の作品でも生かされるようになります。

文:外山



[PR]
# by arcus4moriya | 2017-11-01 14:34 | AIR | Comments(0)
10/26 カーティス コーラスグループ'ドルチェ'見学 Curtis visited local chorus group
カーティスはオルタナティブなサイレンを制作するにあたり、コラボレーションしてくれるコーラスグループを探していました。
現在の一般的なサイレンは電子のトーンですが、カーティスはより人間の感情・自然に近い音でできているサイレンを構想しています。

市役所のスタッフの協力により見つけていただいた、守谷のコーラスグループ'ドルチェ'の方達に協力していただけるかもしれないということで、まずはドルチェの練習を見学に訪れました。
a0216706_20244081.jpg
a0216706_20253522.jpg
着いてびっくり、皆さんハロウィン前ということで仮装されていました。
みんなでわいわい楽しく集まって歌うことができるなんて素敵な会です。


この日はミュージカル「南太平洋」の'バリハイ(Bali Ha'i)'を練習されていました。
a0216706_20255776.jpg
a0216706_20260712.jpg
真ん中で聴くカーティス

最後にカーティスの考えているワークショップを皆さんに説明します。
ワークショップはカーティスが全てを指揮するのではなく、みんなで即興的にその場で作っていくようなものを考えている様子。
ドルチェの皆さんもはっきりとは想像できないようでしたが、ご協力いただけることになりました。
やったことのないことにトライする気持ちをお持ちの素敵な方達です。

みんなが楽しめるようなものを作ることができるといいなと思います。
初回の練習が楽しみです。

文:外山

[PR]
# by arcus4moriya | 2017-10-26 19:46 | AIR | Comments(0)
10/25 カーティス 守谷高校で楽器を演奏 Curtis played the instruments at Moriya High School
カーティスは実は来日前からいろいろな楽器を演奏することのできる場所を探していました。

アーカススタジオの隣にある守谷高校で生徒が使用していない時間に楽器を使わせていただけることになり守谷高校へ。

今日は鉄筋と木琴を録音していました。
a0216706_14221963.jpg
a0216706_14223463.jpg
a0216706_14224749.jpg

他にもティンパニなどさまざまな打楽器がありカーティスは喜んでいました。

この後計3回程守谷高校様で楽器を使用させていただきました。
ありがとうございました。


文:外山

[PR]
# by arcus4moriya | 2017-10-25 14:05 | AIR | Comments(0)
10/19 フリエッタ&サラ、佐原へ
皆さん、こんにちは。藤本です。
今回は招聘アーティスト、フリエッタ・アギナコ&サラ・ドゥムーンの活動を紹介します。
彼女たちは現在、利根川についてリサーチしています。

・主に守谷~犬吠埼(利根川の河口、千葉県銚子市)エリアの利根川においてどのように人工的な工事がなされ変化していったか。

・川が起こした災害の歴史

・現地に残る利根川にまつわる昔話や民話、個人の経験
などです。
これまでのリサーチについては前回のブログでご覧いただけます。
a0216706_17412157.jpg
本日は千葉県香取市佐原を訪れています。「川の駅さわら」の防災教育展示室の見学とインタビュー、利根川巡視船への同乗が本日の目的です。防災教育展示室は国土交通省と香取市による運営で、利根川の治水の歴史などが展示されており、利根川の工事や管理を行う利根川下流河川事務所(以下、河川事務所)がかつて保有していた資料なども見ることができます。
展示では、ボランティアガイドチームの吉川さんと田邊さんがガイドしてくださいました。田邊さんは、川の歴史に明るいだけでなく、かつて河川事務所に所属し実際の河川工事などに携わっていた方です。
a0216706_17393595.jpg
a0216706_17394877.jpg
江戸時代に行われた利根川東遷事業や明治期の話など、、、とにかく壮大かつ地道な治水事業やその背景にある政治的な事情がオンパレード、、、。
a0216706_17395999.jpg
田邊さんには、ガイドツアー後に個人的な川にまつわるお話も伺いました。

その後、お昼をはさんで河川事務所の巡視船に同乗させていただきました。ほぼ嵐です。
一般の方は通常乗船できない巡視船ですが、河川事務所計画課で広報も担当されている佐藤さんに、フリエッタ&サラの活動を説明しご快諾いただきました。
自転車や車から見る利根川とは違う視点から見る川の姿の調査と、水門の見学が目的です。
川の駅さわらの裏手の船着場から出発です。
a0216706_17400819.jpg
a0216706_18353958.jpg
a0216706_17401830.jpg
a0216706_17403317.jpg
a0216706_17404878.jpg
a0216706_17405784.jpg
佐藤さんからは、タナゴのお話を聞きました。タナゴには在来種と外来種があり、現在利根川では、外来種の繁殖により在来種が卵を産める環境がない、とのこと。現在、河川事務所では在来種を呼び戻せる環境づくりに取り組んでいるそうです。
a0216706_17410992.jpg
同乗してくださった田邊さんからは、「たぬき島」という河川工事によってできた人工島(田邊さんがつくった&命名した...!)のお話も伺いました。
今回のリサーチでは、治水の歴史だけではなく、その周辺で起こる環境の変化や人々の生活の変化についても知ることができました。これが、フリエッタ&サラの制作にどのような影響を与えるのでしょうか。
乞うご期待!





[PR]
# by arcus4moriya | 2017-10-19 13:00 | AIR | Comments(0)
10/18 ラヂオつくばの収録
a0216706_10380801.jpg
こんにちは石井です。

今日はラヂオつくばのインタビューがありました。
ラヂオつくばのパーソナリティの福田さんはいつもアーカスを応援して下さいます。
そして毎年、レジデントアーティストを紹介させてくれ、毎年、自己紹介を緊張した面持ちで行うアーティスト。

そのひとコマを。

a0216706_10283211.jpg
今年は外山が一人ひとりのインタビューを伝えてくれています。私はちょいちょい噛んでいます。
この放送は10月29日(日)20:30から「Yesからはじめよう!グローカルな夜」にてオンエアされます。
そしていつものこの赤いテーブルに乗っている、ライトグリーンなもの。。。そう、今年のオープンスタジオのポスターが完成!
今年のOS(Open Studios)は、11月22日(水)〜26日(日)に開催します!!

その情報も含め、皆様にお知らせするこのラヂオ放送局はFM84.2 MHzです。御聞きになれない方はサイマルでインターネットから後日こちら(コモン・ニジェール公式HP)から視聴できます。どうぞ皆様お楽しみに!










[PR]
# by arcus4moriya | 2017-10-18 10:24 | AIR | Comments(0)
10/17 カーティス 琴と尺八の先生宅を訪問 Curtis visited koto and shakuhachi players
いろいろなものに広く興味のあるカーティスですが、日本の伝統楽器を作曲に使いたいということで、守谷市内の琴と尺八の先生のお宅を訪ねました。

樋口雅礼瑤さんとそのお嬢様の樋口景山さんです。

お二人は守谷でお琴と尺八の教室を開催されています。

a0216706_18052302.jpg

到着するとお部屋にはすでにたくさんの琴が準備されていました。

まずは、この日のために集まってくださった琴を演奏される方達とお話しし、カーティスのプロジェクトを紹介します。

それから琴爪をはめて琴の弾き方を教わります。
a0216706_17244316.jpg
a0216706_17254350.jpg
a0216706_17245897.jpg


はじくととにかく音は出る琴に比べて尺八は難しそうです。
a0216706_17260921.jpg
a0216706_17261301.jpg

皆さんが演奏する「さくらさくら」ととなりのトトロのテーマに合わせてカーティスは琴を即興で演奏しました。
a0216706_17254908.jpg
a0216706_17255987.jpg
a0216706_17261780.jpg

カーティスは音楽を正規の方法で'学んだ'ことはないそうですが、色々な楽器を即興で弾きます。
スタジオでも定期的に音楽室のピアノを弾いて曲を作っています。
この日の琴もなんだか形になっていました。
カーティスの、いろいろな人と楽器を演奏し、即興で相手に合わせていくことができるところは才能だなと感じます。


とても優しい樋口さん親子に迎えていただき、カーティスも素敵な時間を過ごせたようです。
a0216706_17263517.jpg

さらになんと後日樋口さんが琴を借りて作曲に使用したいというカーティスのために琴をスタジオまで持って来てくださいました!
大事な楽器をお貸しくださるなんてカーティスもとても喜んでいました。
a0216706_17282915.jpg
a0216706_17284311.jpg
a0216706_17283619.jpg

気になったダニエルがスタジオに覗きに来ました。
a0216706_17285274.jpg
a0216706_17290910.jpg
a0216706_17291797.jpg
琴があることでスタジオの雰囲気が変わりますね。
スタジオにあった本。
When the Snakes Awake: Animals and Earthquake Prediction
地震の前の動物達の異変について


*おまけ*
a0216706_17264040.jpg
樋口さん宅からの帰り道自転車に乗っているフリエッタに遭遇しました。
守谷のなかで偶然出会うなんて宇宙的な力に導かれているねとカーティスが。


文:外山


[PR]
# by arcus4moriya | 2017-10-17 17:13 | AIR | Comments(0)
10/7 ダニエル ワークショップ1 Daniel Workshop 1
ダニエルはレジデンスの公募へのアプリケーションのときから、日本の若者と2028年という架空のディストピアな未来について物語を考えるワークショップがしたいと言っていました。
元々は日本にいるルーマニア移民を想像するという趣旨のアイデアでしたが、実際に日本に来て数週間経った後,最初のアイデアは少し形を変え、もう少し日本にいる私たちが想像しやすい設定へと変わりました。

2028年に日本に住んでいる人(国籍・年齢・性的指向などは問わない)がなんらかの紛争により、日本を離れ他国に移住しなくてはいけなくなるという枠組みの元、自由に登場人物や、紛争の背景、キャラクターがどのようにその紛争に関わったか、そしてその後の人生(彼/彼女は紛争の原因を招いたかもしれない、もしくはただ巻き込まれた、はたまた紛争によって利益を得るような人間でもいい)を、さらに先の未来から振り返って過去形で書く、というワークショップになりました。

日本は移民の少ない国です。もしくはいるのですが、社会の中で見えない存在として扱われているように感じます。
例えばダニエルの出身のヨーロッパでは、移民・難民は政治とまず切り離せない話題ですが、日本ではどのくらいそれは身近な問題として考えられているでしょうか。

(法務省が発表した平成28年度の日本の難民認定者数は難民認定申請を行った10,901人に対し、実際に難民認定を受けたのは28人です。残念で恥ずかしい数字ですね。)

ダニエルは同様のトピックをヨーロッパで何度も扱ってきたようですが、日本でこのトピックがどのように若者に響くのかは未知数でした。


ワークショップでは特に若物の自由な想像力に触れたいということで、ダニエルは市内外の高校などをいくつか周り、高校生にワークショップへ来てもらえるようにお願いもしました。



そして、10/7広く参加を呼びかけたものとしては初めてのワークショップが開かれました。
a0216706_14313723.jpg
参加者約10名のワークショップには、高校生も5人参加してくれました。
a0216706_14320874.jpg
a0216706_14325748.jpg
まずは自己紹介。
ダニエルはこういう時とてもテンションが高いです。
a0216706_14335121.jpg
それからゆっくり時間をかけてワークショップでみんなに書いてほしいものを説明します。

a0216706_14382984.jpg
a0216706_14371479.jpg
2028年に起こっている紛争的状況によって登場人物が日本を離れなくてはならなくなる、という設定のほかは、何を書くかは全く参加者の自由です。
また、ライティングの形式も自由で、小説、詩、歌詞、演劇の脚本、、どんなスタイルで書いてかまいません。
a0216706_14404544.jpg
a0216706_14412473.jpg
a0216706_14415417.jpg
ダニエルがその場で即興的に考えた北朝鮮とのストーリーなどを交えつつ、約40分かけてイントロダクションを行いました。
その後はゆっくり時間をかけて参加者が自分なりのストーリーを考えます。
ストーリーが似通ってしまわないために、話しながら相談したりするのは禁止です。

約2時間の予定のワークショップでしたが、みんな思い思いのストーリーを書いているうちにあっという間に時間がすぎ、予定の2時間が終わった後も多くの参加者は残って書いていました。


そして、終わった後は、みんなが日本語で書いてくれたストーリーの内容をダニエルが聞き出します。
a0216706_14423789.jpg
a0216706_14430851.jpg
a0216706_14433723.jpg
ワークショップが行われた日は、北朝鮮のミサイルの事件からあまり日が経っていなかったため、(またダニエルが冒頭で北朝鮮を例に挙げたためか)、北朝鮮とミサイルのことを書く子が非常に多かったです。
それでもキャラクターや話のディテールはみんなそれぞれオリジナルなものでした。

ダニエルは参加者に、できるだけ常識に捉われないクレイジーなものを書いてほしいとお願いしていました。
社会人になったりすると、学校でもそうかもしれませんが、理性や合理的理由を離れて物事を考えるように求められることは普段あまりないと思います。
そして、2028年というのは実は11年後、そんなに遠い未来ではありません。
どんなに荒唐無稽なストーリーを考えてもいいと言われても、普段自分が生きている社会状況から乖離した状況を想像するのは実はなかなか難しいことだと思います。

みんながどんなストーリーを考えたのかは、オープンスタジオまでお楽しみに。


文:外山




[PR]
# by arcus4moriya | 2017-10-07 13:57 | AIR | Comments(0)
フリエッタ&サラの活動1 / Activities of Julieta & Sarah 1
- English is coming soon.
皆さん、こんにちは。藤本です。
今回はフリエッタ・アギナコ&サラ・ドゥムーン[メキシコ/ベルギー]の活動についてご紹介します。
彼女たちは現在、利根川についてリサーチしています。
・主に守谷~犬吠埼(利根川の河口、千葉県銚子市)エリアの利根川においてどのように人工的な工事がなされ変化していったか。
・川が起こした災害の歴史
・現地に残る利根川にまつわる昔話や民話、個人の経験
などです。

9月に守谷から犬吠埼(千葉県)まで利根川沿いに自転車で約1週間かけてフィールドトリップしました。出発前までにテントを借り、組み立てをシュミレーションし、自転車に荷物用のカゴを取り付け、虫除けスプレーを準備し…その他諸々やることがたくさんです。
毎日テント生活では大変なので、スタッフも大急ぎで各エリアの宿の予約状況や当日予約が可能かどうかのチェック、シャワーのあるキャンプサイトの確認などに追われました。(トリップ中も追われていました。)

なんせ自転車と徒歩の旅は、それ自体で、さらにはその場で出会うさまざまなエレメントにより、必ずしも計算通りに進むとは限らないのです。
加えて宿自体が見当たらないエリアもあります。予約の電話がなかなか繋がらないキャンプサイトもあります。これは大変だ…
a0216706_14502963.jpg

a0216706_14512706.jpg
出発当日、そんな状況をはねかえすような笑顔の2人。蚊の心配をしていたのにサラがショーツだということに驚きを隠せません…!
a0216706_14522437.jpg
利根川と川を取り巻く環境を実際に見て、柳田國男記念公苑(茨城県利根町)や伊能忠敬記念館(千葉県香取市)や千葉県立中央博物館 大利根分館(千葉県香取市)などをはじめとする施設を訪れました。
訪れた先では、言葉の壁も感じ、また言葉の壁を越える現地の人々の親切心や行為にも触れたようです。いろいろと奇妙なトラブルもあったようですが、とにかく無事に戻ってきました。

帰ってきてからは、守谷中央図書館で自分たちが辿った守谷〜犬吠埼の利根川のあらゆる時代の地図探しにとりかかりました。図書館の職員さんに多大なるご協力をいただき、調査エリアを網羅した1880〜1886年(明治)の地図本を見ることができました。当時地図は軍事機密だったのです。
他の年代の地図とあわせて見ると利根川の変化を細かく把握することができました。
1/25000程度の地図だと全てのエリアを網羅するには、たくさんの地図を組み合わせなくてはならないのでパズルのようでもありました。
a0216706_17482079.jpg
a0216706_17461613.jpg


その後は、国土地理院(茨城県つくば市)でも、情報サービス館の職員さんと他部署の職員さんに助けていただきながら同エリアの伊能図「大図」のデータに出会い、第二次世界大戦直後に測量された同エリアの地図(国土地理院作成)を購入することもできました。これらももちろんパズル状態です。
建物内は撮影禁止だったので記録写真がないのが残念です。
a0216706_18083763.jpg
この後は、利根川における河川工事の専門知識と経験をお持ちの方へのインタビューや、民話に詳しく、かつ個人的な利根川の記憶・災害経験のある方への面会などが控えています。
少しずつ集めている情報をどのような形で表現行為に反映させるのかが楽しみです。



さて…
10月28日(土)に、招聘アーティストが過去作品を中心に自身の活動について紹介するトークイベントがあります!

サイレン、ステレオタイプ、フィールドワーク-SIREN, STEREOTYPE, FIELDWORK-
アーカスプロジェクト 2017 いばらき アーティスト・イン・レジデンスプログラム 招聘アーティストプレゼンテーション

会場:SHIBAURA HOUSE
ぜひともお越し下さい。
SHIBAURA HOUSEのウェブサイトイベントページでの紹介はこちら


a0216706_19134636.jpg







[PR]
# by arcus4moriya | 2017-10-03 17:27 | AIR | Comments(0)
9/26 カーティス 小田部鋳造製造の梵鐘の録音と工場の見学 Curtis visit to the bonsho factory and two temples
カーティスは梵鐘(お寺の釣鐘)に興味をもってリサーチし始めました。

梵鐘は古くから日本の生活に鳴り響いていたはずの音です。
第二次大戦中に溶かして武器として利用するために梵鐘を差し出さなければならなかった(供出)お寺も多く、現在は鐘を持っていないお寺も実は多いようです。
最近では日常的に梵鐘を鳴らすお寺も減って来ているようですが、いまでも、アーカススタジオ周辺では夕方にどこからか鐘の音が聞こえます。

カーティスは新しいサイレンを作る上で、古くから日本の生活に溶け込んでいたはずの梵鐘の音を集めることにしました。
またその制作過程も見学したいということで、調べたところ,茨城の真壁町に創業800年の歴史を誇る小田部鋳造株式会社様があることが分かりました。

偶然アーカスプロジェクト担当の県職員が小田部さんとお知り合いで、そこからコンタクトをとり工場を見学させていただけることに!
あわせて小田部鋳造さんが制作した実際に茨城の2ヶ寺で使用されている梵鐘の音を録音させていただけることになりました。

a0216706_16293831.jpg
茨城県つくばの普門寺

a0216706_16300741.jpg
a0216706_16294611.jpg
a0216706_16320129.jpg
a0216706_16321566.jpg
とっても綺麗なお庭とかわいい犬がいるお寺でした。


お坊さんに梵鐘の音は心を清める効果があることなどを教えていただきました。

カーティスは、読経など仏教の儀式において、なぜ音楽的な要素が重要な位置を占めているのかに関心があります。

a0216706_16301977.jpg
梵鐘の置かれている鐘楼

a0216706_16305124.jpg
a0216706_16310219.jpg
小田部鋳造製造の梵鐘です。


a0216706_16303190.jpg
録音の準備をするカーティス

a0216706_16312721.jpg
a0216706_16314683.jpg



次はいよいよ制作現場へ。
a0216706_16363557.jpg
小田部鋳造株式会社へ到着
関東地方では唯一の梵鐘製造元だそうです。


まずは三十七代目の小田部庄右衛門さんにお話を伺いました。
a0216706_16341869.jpg
a0216706_16342644.jpg
工場の様子を見学させていただきます。
a0216706_16362549.jpg
外からの自然光が入る美しい場所

a0216706_16352327.jpg
制作に使用する特別な粘土

a0216706_16354354.jpg
鋳込みをするところ

a0216706_16350155.jpg
a0216706_16350717.jpg

それから実際に梵鐘を衝いて音を聴かせていだきました。
a0216706_16344543.jpg
a0216706_16343516.jpg
a0216706_16345481.jpg
a0216706_16361739.jpg
a0216706_16360924.jpg

梵鐘の音は、梵鐘の中から聴くと外から聴くのとはまたちがう聴こえ方がします。
a0216706_16360230.jpg
a0216706_16355394.jpg
カーティスは子宮の中にいるような感覚だと。
スタッフは宇宙にいるみたいだと言っていました。


その後もう一軒、小田部鋳造製造の梵鐘を使用されているお寺に伺いました。
a0216706_16375592.jpg
桜川市真壁町の薬王院

a0216706_16380195.jpg
ここでも梵鐘を録音をし、終わるとすっかり日が落ちて真っ暗になっていました。


カーティスは小田部さんに梵鐘の制作工程を撮影したいと申し出ました。
見学前から考えていたアイデアですが、実際に小田部さんにお会いし、工場の雰囲気に触れたことでより気持ちが高まったようです。
カーティスは、1週間ほど工場に通って日常の風景を撮影したいと言いましたが、工場は繊細な制作現場であり、他にはない小田部鋳造ならではの技法などもあるので、小田部さんが受け入れてくださるかどうかはなかなか難しそうでした。
帰りの車では気落ちしていたカーティスを見て、コーディネーターの私も悲しくなりました。
110日間という限られた日本の滞在のなかで、アーティストにはより充実した体験を提供してあげたいと思っています。

ーーーーー
この後、カーティスはより多くの梵鐘の音を録音するため、京都へ向かうことになります。

文:外山

[PR]
# by arcus4moriya | 2017-09-26 15:11 | AIR | Comments(0)
9/9 ゲストキュレーター近藤健一さんとの初めてのミーティング The first meeting with the guest curator Kenichi Kondo
ウェルカムレセプションの翌日は、レジデントアーティストと今年のゲストキュレーター近藤健一さんの初めてのミーティングがありました。

選考過程ではアプリケーションを読み、過去作品も見ますが、じっくりアーティスト本人からプラクティスについて聞くのは初めてとなります。
自己紹介代わりに、まず過去作品についてみんなの前で一組ずつ紹介し、そのあと個別にアーティストとキュレーターのミーティングを持つことになりました。


まずはダニエルから。
a0216706_17150525.jpg
a0216706_17151714.jpg
亡くなった祖母の遺品から見つけた家計簿を使った作品や、ルーマニア移民を取り扱った作品について。


次はカーティス。
a0216706_17152982.jpg
a0216706_17155903.jpg
カーティスのプレゼンは独特で、これまで彼が撮りためたフッテージから約20分の映像を編集し、それを流しながら文章を朗読するという詩のようなものでした。
このミーティングのために時間をかけて準備したことが分かります。


最後はフリエッタとサラ。
a0216706_17161558.jpg
a0216706_17164450.jpg
二人でペアとして取り組んだ過去の作品と、アーカスへ来る直前に行って来たアメリカのRabbit Islandというレジデンスでの活動について。
2人の活動が風景と言語を扱い、これまでのプロジェクトではなにかテキストを元に始めることが多かったということが分かります。

今回のアーカスプロジェクトでのリサーチではまだテキストはなく、これから探していくそう。
日本では言語の問題が大きいですが,どうなるのでしょうか。


一旦解散し休憩をはさんで今度はアーティストとキュレーター個別のミーティングへ。

まずダニエルです。
a0216706_17165830.jpg
a0216706_17171138.jpg
日本でやろうと思っている16人の若者を集めたワークショップについて話しました。
ジョージ・オーウェルの1984のようなディストピア的な2028年という未来の架空の物語を若者たちに書いてもらうというものです。

日本の若者は、ヨーロッパの若者に比べてかなり政治に関する意識が低いですが、どうなるのでしょうか。
ダニエルはまだ、日本の9割の人が英語を自分の考えを満足に伝えることができるレベルでは話すことはできない、ということに気づいていない様子。

これから守谷で時間を過ごして、日本の現実を発見していってほしいです。


次はフリエッタとサラ。
a0216706_17172868.jpg
a0216706_17173909.jpg
2人は利根川をリサーチするにあたり、まず自転車でフィールドトリップに行きます。
そこで実際に河の風景を知り、そこからリサーチを広げていくつもりだそう。

もうすぐ台風のシーズンなので天気予報をしっかり確認しなくてはいけないです。


最後はカーティス。
a0216706_17181026.jpg
a0216706_17182585.jpg
日本で考えているサイレンのプロジェクトについて。
アーカスプロジェクトで行うリサーチは、彼がロサンゼルス・カウンティ・美術館(LACMA)から得たArt + Technology Lab Awardsというグラントで進める一連のプロジェクトの一部となります。

日本の火山活動が活発なところとして恐山に行きたいそう。
スタッフは鹿児島、近藤さんはまず手近なところとして箱根を勧めていました。

また、なまずが地震を引き起こすという神話に関心があり、なまずの生態の専門家に会いたいそうです。
加えて、自然災害を避けることができるといわれた密教の曼荼羅にも関心があるそう。

なまずの専門家はスタッフが調べ、曼荼羅に関しては美術館をあたってみることになりました。

もう気づいていますが、カーティスは放射状に平行していろいろなことに関心があり、訪れたい場所も会ってみたい人も格段に多いです。


これからみんなのリサーチがどのように発展していくのか非常に楽しみです。

文:外山


[PR]
# by arcus4moriya | 2017-09-09 17:07 | AIR | Comments(0)
CIRによる茨城県・守谷市のオリエンテーション
茨城県と守谷市からそれぞれCIRによるオリエンテーションがありました。
We had orientations from CIR staffs from Ibaraki prefecture and Moriya city respectively.

a0216706_17434718.jpg
茨城県からはCIRのアンソニー・シマさんが来てくださいました。
Mr. Anthony Shima from Ibaraki prefecture gave a lecture


a0216706_17450069.jpg
a0216706_17450918.jpg
守谷市からはルイーザが来てくれました。
Luiza came from Moriya city


茨城県、守谷市の生活情報について説明を受けました。
だんだんレジデントのみんなもアーカスプロジェクトでの生活に慣れつつあるようです。
They gave a talk on dairy life in Moriya, Ibaraki.
The resident artists seem to have been gradually getting used to lives at ARCUS Project.
a0216706_02370194.jpg
a0216706_02373100.jpg



文:外山
text: Aruma

[PR]
# by arcus4moriya | 2017-09-06 19:07 | AIR | Comments(0)
9/2 カーティスのスタジオ風景 Curtis's Studio
カーティスのスタジオ風景をご紹介します。

カーティスは、オルタナティブなサイレン(警告音)を制作するためにリサーチをしています。
地震速報のようなアラーム音は現在は電子音が主流ですが、カーティスはそれをもっと人間と自然の世界との有機的なつながりを表現したものに変えられないかと考え、日本で聞くことのできるいろいろな音(蝉,コオロギ、お寺の梵鐘の音など)を収集しています。
a0216706_01160292.jpg
音楽が好きなサポーターさんがカーティスのスタジオを訪れてくれた日がありました。
カーティスがそのとき取り組んでいた音の作品をサポーターさんに聞いていただきました。
a0216706_01165899.jpg
奥の2つのスピーカーから聞こえる音は、カーティスが普段座る位置で一番よく聞こえるように調整されています。

ギターが好きなサポーターさんとはすぐに意気投合して、それ以来カーティスは彼と一緒にピアノとギターで即興演奏をしています。
楽器を介しての言語を介さないコミュニケーション、特に即興はカーティスにとって人と関係を構築するための大事な方法なんだそう。
即興、つまり他者の動きに合わせて自分の反応を変えること、応答することは、実はカーティスのメインのトピックであるサイレンにも関わる、彼の活動の根底に流れているもののような気がしています。

その日スタジオには守谷中央図書館から借りてきた曼荼羅の本に入っていた曼荼羅の見本が飾られていました。
a0216706_01162581.jpg
a0216706_01164271.jpg
左はカーティスが描いていたドローイング。
a0216706_01172088.jpg
黒板には彼の思考のノートがいろいろ残っています。
a0216706_01594330.jpg

カーティスのスタジオは、そのときそのときの彼の関心に合わせて刻々と変化しているので、いつ訪れてもおもしろい発見があります。
ぜひみなさんも遊びにきてください。

文:外山


[PR]
# by arcus4moriya | 2017-09-02 17:00 | AIR | Comments(0)
8/30レジデントアーティスト市長表敬訪問 Courtesy Call on the Mayor
先日、レジデントアーティストが守谷市長に表敬訪問をしました。
We paid a courtesy call on the mayor of Moriya City the other day.

a0216706_10292001.jpg

アーティストはそれぞれ市長に自己紹介をし、アーカスプロジェクトでのプランについて語りました。
The resident artists introduced themselves and talked about their project plan at ARCUS Project.
a0216706_10263678.jpg
a0216706_10255798.jpg


その後それぞれ持参したお土産を市長に渡しました。
Then, they gave presents to the mayor.
a0216706_10283717.jpg
カーティスはアメリカの国立公園で拾った、ガラス性のきらきらした黒い石
Curtis gave a black volcanic glass that he found at a national park in America.


a0216706_10284785.jpg
フリエッタとサラはベルギーのチョコレートと、メキシコのお酒メスカル
Julieta gave mezcal from Mexico and Sarah gave chocolate from Belgium


a0216706_10290896.jpg
ダニエルはドイツで見つけた戦車や戦闘機が描かれたカードと、フィンランドで見つけた70年代のコミック
Daniel gave playing cards with pictures of tank and fighter airplane that he found in Germany and a comic book from 70s' that he found in Finland

まだアーティストは到着して1週間ほどですが、すでにいろいろ行きたいところや会いたい人が挙がって来ています。
スタジオに遊びに来てくれる方も普段より増えてわたしたちも楽しいです。
どうぞ遊びにきてください。

The artists already started listing places to visit and people to meet and the ARCUS Studio has been getting more visitors than usual.
You are more than welcome to visit us.

文:外山
text: Aruma Toyama

[PR]
# by arcus4moriya | 2017-09-02 10:35 | AIR | Comments(0)
2017年度招聘アーティスト到着/The Resident Artists 2017 Arrived at ARCUS Project
こんにちは、あるまです。
Hi, I'm coordinator Aruma.

8月25日に2017年度の招聘アーティストが来日しました!
Our resident artists for 2017 arrived in Japan on Aug 25.
a0216706_15350668.jpg
サラ・ドゥムーン(ベルギー)とフリエッタ・アギナコ(メキシコ)
Sarah Demoen (Belgium) and Julieta Aguinaco (Mexico)


2人は個人でもアーティストとして活動していますが、アーカスでは2人組のグループとして利根川のリサーチをする予定です。
Along with the individual activities, Sarah and Julieta work as duo at ARCUS Project and conduct research on the Tone River.

a0216706_15355168.jpg
ダニエル・ニコラエ・ジャモ(ルーマニア)
Daniel Nicolae Djamo (Romania)


ダニエルは守谷の若者と日本の未来を現在の社会情勢から想像するようなワークショップをひらく予定。
Daniel is planing to have workshops with Japanese youngsters to imagine the social landscape in 2028.

a0216706_15362188.jpg
カーティス・タム(米国)
Curtis Tamm (USA)


カーティスは日本の自然災害などの際に使われるサイレンの音をリサーチします。
Curtis is going to research on how sound of siren for waring natural disaster has developed in Japan, and how it defines the relationship between human beings and nature.
a0216706_15372687.jpg
ばらばらの便で来日した彼らが成田空港で初めて全員揃ったところ
The first time gathering at Narita airport


これからみんなが実際にリサーチやフィールドワークをスタートし、日本で色々な経験をするのが楽しみです。
オープンスタジオは11月22日-26日を予定しています。
We're looking forward to seeing that they start researches and fieldworks, and experience daily lives in Japan.
Open Studio is Nov 22-26 this year.

各レジデントの詳細はこちら
For more details on the resident artists.


a0216706_17292828.jpg
守谷でのみんなで最初の食事
The first dinner at izakaya in Moriya



どうぞお楽しみに!
スタジオへアーティストに会いにきてください。
Please come to see the artists at the studio!







[PR]
# by arcus4moriya | 2017-08-30 17:42 | AIR | Comments(0)
熊谷雲炎さんによるパメラン・ウォール展示vol. 1「遊」/書アート体験
アーカスサロンでは、アーカイブの書棚スペースを利用した展示のシリーズ、パメラン・ウォールが始まりました。
初回のvol. 1は守谷在住の現代書家、熊谷雲炎さんによる「遊」です。

a0216706_18525139.jpg
黄色に水色の夏らしい表具が素敵です。
雲炎さんがオリジナルの配合で墨を腐らせ、にじんだような質感を出す手法で書かれています。

雲炎さんには、この夏、アーカス‖シェア‖スタジオで約1ヶ月間スタジオもご利用いただきました。
スタジオで作家としての書を探究するかたわら、書アート体験と題して10日間(全20回)にわたるワークショップを企画し開催されました。

ワークショップでは、まず雲炎さんからそれぞれの書体の基本を教えていただきます。
a0216706_19035270.jpg
ワークショップの始まりの挨拶
a0216706_19020506.jpg
篆書・隷書・楷書・行草・草書などの解説
a0216706_19253674.jpg

今回書いてみる書のテーマは「花火」です。
雲炎さんが書いてくださったそれぞれの書体での「花火」のお手本をまず半紙で練習します。
a0216706_19281727.jpg
好きな字体をえらぶ子ども達
a0216706_19300785.jpg
a0216706_19312458.jpg
まだ学校でも書道の授業を受けたことのない子ども達が真剣に取り組みました。


今回のワークショップの目玉は、普段見ることの少ない大きな全紙(695x1365mm)に、雲炎さんが持って来てくださった色々な変わり筆での創作に取り組めることです。
a0216706_19325844.jpg

いよいよ全紙での書アートに挑みます。
a0216706_19361132.jpg
家族で一緒に
a0216706_19381766.jpg
a0216706_19393280.jpg
a0216706_19573917.jpg
おんぶしながらのたくましいお母さん
a0216706_20073625.jpg
こんなに小さな子が書く力強い花火
a0216706_20103404.jpg
アーカススタッフも体験しました。

夏休みということもあって、親子やご家族で参加される方が多く、なんと計201人の方が書を体験されました。
完成した書は学びの里いっぽいに貼り出され、それぞれの素敵な花火が揃いました!
a0216706_20140770.jpg
a0216706_20154014.jpg
a0216706_20172682.jpg
アーカスプロジェクトは熊谷雲炎さんをはじめ、この場所を好きになってくださる方々の参加によって成り立っています。
今回の大規模なワークショップで初めてアーカスプロジェクトのことを知ったという方も多く、そんな皆さんがまたあそびに来てくれるような場所にしていきたいと思います。

文:外山





[PR]
# by arcus4moriya | 2017-08-29 20:55 | 地域とアート | Comments(0)
東京藝術大学大学院 GAP 講義

初めまして、5月よりコーディネーターとして働いている外山有茉(とやまあるま)です。
これからどうぞよろしくお願いします。

5/25に東京藝術大学大学院 美術研究科 グローバルアートプラクティス専攻で藤本がアーカスプロジェクトについてお話する機会をいただきました。
2015年度のアーカスプロジェクト ゲストキュレーターでもあり、現在はグローバルアートプラクティスの指導教員である飯田志保子先生にお誘いいただいたのがきっかけです。
グローバルアートプラクティス(GAP)は、2016年に新設された海外の美術大学と提携を通して、世界で活動できる人材育成を目的とするコースです。
今回は、今秋イギリス ケント州の港町フォークストン (Folkestone) で開催されるフォークストン・トリエンナーレにおいて、ロンドンのセントラル・セント・マーチンズ(CSM)との共同制作が決まっている学生のグループに向けて「Art discovers and changes it, with force?」(アート:発見と変化、そこに潜む暴力性)と題して講義を行いました。
a0216706_17065927.jpg

講義は主に過去のアーカスプロジェクトのレジデントアーティストの中から、様々な原因でプロジェクトがプラン通りには進まなかったアーティストを取り上げつつ、レジデンスという短期間でリサーチ/実践(アーカスプロジェクトでは滞在中に完成作品の展示は求めません)を行わなければいけない場合に、起こりうる出会いと失敗についてでした。
特に興味深いのは、レジデンスという、長いアーティストキャリアにおいて一時期を過ごす場所で、プロジェクトを実践する意義について。たとえ短期間の滞在中にプロジェクトがうまく運ばなくても、その経験がアーティストの今後のキャリアにどのような影響を及ぼしうるのかという視点に立てば、単純にプロジェクト成功可否を判断できないというレジデンスプログラムのオープンエンドな性質です。

ケース1:2009年度招聘 ダニエル・サイプル (Daniel Seiple) / アメリカ / ベルリン在住
・守谷市近隣河川敷でゼロ戦やB29のミニチュアを飛ばしていた2つのラジコンクラブを取材。
・アーティストはそのメンバーと特攻隊についてディスカッションし、教科書に載っていない話や突撃の瞬間を目撃した人の話を聞いた。
・川に浮かべた船の模型にアーティストが用意したラジコンをクラッシュさせるというプランをたてる。
・そのクラッシュやメンバーへのインタビュー映像をオープンスタジオに用意していたが、直前でクラブより公開の中止を求められ、現在日本ではその映像は上映できない。
a0216706_10431728.jpg
a0216706_10381414.jpg
(オープンスタジオ展示風景 部分)


ケース2:2012年度招聘 ファザル・リズヴィ (Fazal Lizvi) / パキスタン / カラチ在住
・2011年の東日本大震災直後のレジデンス、その年5月の時点で守谷はホットスポットになってしまった。
・アーティストは応募時のプロポーザル「守谷でのホームステイを経験して制作する」で来日、震災直後の不穏な空気と放射能への不安を感じ取る。
・東京で行われていたFUJIフィルムによる津波被災地の写真アルバムの洗浄活動を見学。
・写真洗浄ワークショップを企画するも市役所の許可がおりず。代わりに破損したアルバムの一部のオブジェクト展示を企画するも、それも却下され、代替案として洗浄に用いる道具一式を未使用の状態(全て白色透明なイメージでそろえることで)で展示。
・東北で回収された写真アルバムの残骸を弔いとして火葬するというパフォーマンスを、オープンスタジオで実施。
・最初の守谷の家庭でホームステイをするプランの時点でメディアの取材がついていたが、アーティストが方向転換をしたことなども関連するのか、放送は中止される。
a0216706_17141910.png
a0216706_17142120.png

ケース3:2011年度招聘 オズギュル・デミルジ (Özgür Demirci) / トルコ / イスタンブール在住
・日本の改造車をリサーチする予定だったが(トルコでは改造車は反体制的なイメージ)、思ったようなデザインの車が見つけられず、暴走族や旧車会へのリサーチに変更。
・ 廃タイヤを使ったプレゼンテーションのビジュアルを友人に見せたところ、その時期にMOMAで展示されていた作品ととても似ている、という指摘を受け、そのビジュアルを断念。
・アーカススタジオが位置するもりや学びの里の入り口を廃タイヤで封鎖するというプランを企画するも公共施設の一部という理由から市役所の許可がおりず。
・屋外の他の場所での展示も考えたが、タイヤの数が足りずスタジオ内でのプレゼンテーションへ。
a0216706_17142374.png
a0216706_17142660.png

3つの事例から読み取れるのは、アーティストが短期滞在で地元の人々(市民・行政)との関係性の中で制作していくと、ときに軋轢が生まれることもあり、用意していたプランから臨機応変に方向転換が求められるということ。
取材に基づいた作品では、アーティストと参加者の相互理解と信頼が肝になること。
社会的にセンシティブなテーマを扱う際には、現在の日本では検閲/自主規制という問題から逃れることはできず、特に公共空間では表現は規制/ルールとの交渉の結果とも言える。

その土地に短期しか滞在しないアーティストはどの程度その場所に干渉できるのか?どの程度それは許されるのか?
アートという価値を宙づりにする行為によってなら、その介入は担保されるのか?
だとすれば、アーティストはなんの責任によってそれを行うことができるのか?

そういったことを改めて具体的な事例と共に考えた日でした。

GAPの「東京藝術大学芸術大学(TUA)xロンドン芸術大学(CSM)セントラル・セント・マーチンズ校ロンドンユニット特別授業」はこの日まだ始まったばかりでしたが、これから様々な経験を通して、イギリスで学生さんたちがどのような作品を制作されるのか楽しみです。



文:外山





[PR]
# by arcus4moriya | 2017-06-10 16:53 | AIR | Comments(0)
5/27 ようこそ守谷へ!2017 に参加しました。
みなさんこんにちは。
守谷市では毎年、「ようこそ守谷へ」というイベントが開催されます。これは新しく守谷市に転入された新しい市民の皆さんをお迎えするイベント。アーカスプロジェクトもブース会場でこれまでにもアーカスで活動をした作家さんの映像作品を上映したり、資料をお見せしたりして守谷の(茨城の)芸術文化活動拠点、アーカススタジオをご紹介してきました。今年は昨年の滞在作家、ガンのインスタグラム動画の紹介のほか、これまでに守谷に滞在した経験があって昨年の茨城県北芸術祭に参加したOB作家をご紹介しました。
a0216706_18193868.jpg
a0216706_18185142.jpg
今年は、なんと!新入りスタッフ外山と、藤本、石井3人で市民の皆さんにフェイスペインティングを。
a0216706_17403545.jpg
守谷市は66,000人ほどの、茨城県内でも小さな市ですが都心へのアクセスの良さから転居してくる率はたいへん高いです。市内にはいろんな活動をされている団体さんがおり、ブースの両隣は国際交流協会(MIFA)さんや、ミュージアムパーク/茨城県自然博物館さんの虫の標本や恐竜の映像など!(最近恐竜にやはり祖先が鳥だったことから、羽毛?があったことがわかり、毛のある恐竜が展示されていることもここで知りました!)毎年見応えたっぷりです。
そんなこんなで新しい市民の皆さんをお迎えする準備が整ったところで...
最初に現れたのはなんと!松丸市長。さっそく頬に市章のマークを。
a0216706_18030022.jpg
まだ開会式が始まる前だったのでステージでお話される時にはこのフェイスペインティングをしたまま、登壇されたのかと思うと....;;
白い部分を石井も追加して、完成。
a0216706_18084424.jpg
守谷市で国際交流員として働いているルイーザにはドイツの国旗を。市の職員さんもドイツのマーク。
a0216706_18090926.jpg
a0216706_18135685.jpg
最後の仕上げは石井が。ちょこちょこっと。
a0216706_18503965.jpg
左にミツバチ、右に市章を描いたのは藤本と外山。描いたキャンパスは小川さんの顔。
a0216706_18101939.jpg
こんな感じでフェイスペインティングが始まりました。

a0216706_18180000.jpg

それから、あれよあれよという間に人が集まりだし.....
a0216706_18145772.jpg
ボーイスカウト君がボーイスカウトのマークを描いてというお題が出て来たり。
a0216706_18150947.jpg
a0216706_18520809.jpg
はいてたパンツのライオンがかわいくてそれをほっぺに。
a0216706_18152228.jpg
僕のリクエストは犬と猫だったそうで。。
a0216706_18160913.jpg
a0216706_18161729.jpg
鼻をつけたりヒゲを描いたりしてるうちになんともシュールな....(笑)
a0216706_19054884.jpg
僕はどこへ向かっているんだ...(笑)
a0216706_18163063.jpg
こちらは「スーパーボールを描いて」と。
え?スーパーボールってドラゴンボールの仲間?.....いえ、違うんだそうです。
a0216706_18254998.jpg
a0216706_18264633.jpg
ポケモンGOのなんだそうです。(あえてアニメキャラ以外!と最初にお断りを入れていたにも関わらず、知らなさすぎ)
四葉のクローバーを描いてという子も最後に写真でチェック。四つ葉希望の子もいれば...
a0216706_18173380.jpg
ガールスカウトのマークだという「三つ葉のクローバーを描いて」という子まで。
a0216706_18324981.jpg
小さな子も、最初は顔が固まりつつも(笑)そのフェイスペインティングを見た他の子たちがどんどんやってきて...
a0216706_18383431.jpg
a0216706_19204242.jpg
a0216706_18174067.jpg
a0216706_18532121.jpg
行列ができてきてしまい。うさぎやお花やいろんな絵をお顔に残していきます。
a0216706_18395460.jpg
スミレやアネモネを描いてというリクエストなどもあり。子どもたちの発想はいろいろだなあと関心しました。
a0216706_18174587.jpg
「うま〜いうま〜い!」と子どもたちにいわれ、調子に乗る石井。(一応、親に多浪を許してもらい美大での勉強をさせていただいたのですよ、これでも)
a0216706_18533737.jpg
難しかったのはハリネズミ!(顔がパンダになってしまった...)まるで、子どもたちからお題をだされて即興で描くワークショップのようでした。
a0216706_18265357.jpg
これを機会にみんな絵を描くのも観るのも好きになってほしいな。
a0216706_18542766.jpg
新しく守谷での生活を始めた皆様、是非、アーカススタジオのあるもりや学びの里に遊びにきてくださいね!という想いを込めて、スタッフ一同新しい顔に絵を施させていただきつつ。実行委員会のさねよしさんからの案内で会場の皆様に向けて、朝重からアーカスプロジェクトのご紹介をさせていただきました。是非、守谷の芸術文化活動拠点、国際交流拠点のアーカススタジオへ訪れる市民の皆さんが増えると嬉しいです♪
a0216706_19093242.jpg


















[PR]
# by arcus4moriya | 2017-05-27 19:33 | 地域とアート | Comments(0)
2017年度アーカスプロジェクト、始動。
みなさんこんにちは、石井です。
今年、2017年度のアーカスプロジェクトが始まりました。3月末に新しい書棚も出来て、環境もがらっと変わりました。やっとサロンの棚の存在に慣れてきた5月です。
既にGWも明けて5月に突入にも関わらず、まだ落ち着かない感じではありますが、ぜひスタジオサロンにいらしてください。ご支援いただいた方々のお名前も公式HP上で紹介しています。棚ができるまでの様子もREADYFORのブログにて公開しています。ご協力いただき、有難うございました。
a0216706_16020282.jpg
                                 (写真:加藤甫)
今年度でついに100人を迎えることになるアーカスプロジェクトのAIR(アーティスト・イン・レジデンス)プログラムの公募も、4月20日に締め切りました。
今年は、これまでの応募資料郵送のシステムをやめて、全てオンラインによる募集受付としました。
その理由には、

・郵便屋さんや宅急便、海外速達宅配業者さんらが毎日まなびの里へ届けてくる膨大な封筒の数々...の配達量を軽減協力し
・守谷では厳重な可燃・不燃ゴミの仕分けがあるため、これらの応募封筒(梱包材と紙類)の分別作業はたいへんな量になるという危惧と
・送られた場合のDVDやメディアなどの保存が難しい。

という点が挙げられます。要するに環境に優しくしていきましょう、ということです。一昔前はスライドマウントと推薦書などで審査をはかる時代や、パスポートの写真サイズを2枚、最初に送りなさいという規定もあったりと、様々な応募規定の変遷を遂げてオープンコールが続きましたが、ついにここまで来ました。
昨年はもりだくさんの国際郵便の数々をお見せしたかと思いますが、海外から日本に郵送する手数料も、アーティストにとってはかなりの負担になります。
ほかにもこのご時世、なぜリンクじゃだめなのか、といったような応募者からの要望がここ数年の間にもいち意見としてありました。
アーカイブとして残していく方法も、こういった点ではデータ保存は画期的でありつつも、どこまでのデジタルデータを保存していくかが今後の課題になりそうです。

..というわけで、アーカススタジオでは現在今年度の招聘作家を選出するため目下審査中です。
昨年まででアーカススタジオで活動してきたアーティストは97人を数えます。決して大きな数ではありませんが、着実に世界の国際舞台で活躍していくであろうアーティストがこの登竜門(ラテン語でアーカスとは門の意。)をくぐっています。審査員兼今年のゲストキュレーターの発表はまだ最終審査を終えるまでのお楽しみです。(...と、決してじらすつもりはないのですが)

2003年度に公募制を導入して15年目を迎えた今年、世界からアーカススタジオでのAIRプログラムに参加したいと届いた応募者数は御陰様で、なんと!
昨年の656件という記録を塗り替え、717組
という数に達し、過去最多の応募件数を更新です。
今回もユニット、または複数のメンバーでの応募(ひと組として換算)が増えています。3組の枠に対して、これまでの応募者数推移はこちら。(*クリックすると当時の招聘アーティストが閲覧できます。)

2003年度:125名(37カ国・地域)のうち5名 
2004年度:180名(45カ国・地域)のうち5名
2005年度:246名(48カ国・地域)のうち5名
2006年度:281名(51カ国・地域)のうち5名
2007年度:304名(60カ国・地域)のうち5名
2008年度:350名(63カ国・地域)のうち4名
2009年度:401名(57カ国・地域)のうち3名
2010年度:426名(70カ国・地域)のうち3名
2011年度:174名(55カ国・地域)のうち3名
...東日本大震災の影響を多大にうけた年。
2012年度:337名(63カ国・地域)のうち3名
2013年度:344名(47カ国・地域)のうち3名
2014年度:640名(78カ国・地域)のうち3名
2015年度:599組(81カ国・地域)のうち3名 (個人公募からグループ応募も考慮し、組数で表示)
2016年度:656組(89カ国・地域)のうち3名
2017年度:717組(85カ国・地域)の中から、3組を選出予定。←今ココ。

...ついに東日本大震災後、2012年度の応募者数の倍を越える数になり、競争率だけが上がっています。つくづく、拠点の拡充・拡大を切望したい限りです。これほど日本に来て活動したい作家がいても守谷に来られるのはたったの3組。たいへん頭を悩ませます。
今年の応募地域傾向はヨーロッパ圏に含まれる、ロシアの応募がたいへん多かったです。(恐らく昨年度はヨーロッパからの招聘がなかったからでは?と推察・分析できます)まだまだ膨大な審査資料を前にスタッフ一同、どんな作家を守谷に迎えるか検討中です。
この審査結果は7月上旬にお知らせできると思いますのでご期待ください。

アーカススタジオは心機一転、新たにスタッフを迎えて4人体制で事業実施します。また、守谷市の管轄もこれまでのアーカスを担当していた企画課から生涯学習課になるなど、ちょっとした変化を迎えた2017年度が始まりました。事業も新たにAIRプログラムで海外からのアーティストを迎えるだけでなく、日本人アーティストを海外派遣する事業にも着手します。日本人のアーティストにもAIRのチャンスです。詳細は夏の前頃には発表されると思います。
これまでと変わらず、皆々様のご協力をいただきながら今年もはりきってまいりますのでアーカスチームをどうぞ宜しくお願いいたします!
a0216706_15581235.jpg
(左より県庁事務局の大藪さん、外山有茉、朝重龍太、藤本裕美子、石井瑞穂)

a0216706_16194017.jpg
(遅すぎましたが今年の桜を....)













[PR]
# by arcus4moriya | 2017-05-13 16:24 | AIR | Comments(0)
いちねせんいのさくひんてん - ヘンシン!仮面ナンダー!? - 展覧会
1月末から2月の初旬にかけて、守谷市内の3つの小学校、大井沢小学校、郷州小学校、守谷小学校にて、1年生全員に対し、アーティストの飯野哲心さんが仮面制作のワークショップを行い、スタジオには、児童たちによる変身願望のつまった288個の仮面が集ました。

これら、1年生が制作した仮面全てと飯野さんによる写真作品を守谷市役所にて「いちねせんいのさくひんてん - ヘンシン!仮面ナンダー!? - 」と題して、守谷市役所にて3月17日から21日の5日間、展示しました。


展示の様子をお伝えするまえに、設営の様子も。
こちらは事前準備でひとつひとつの仮面を確認していく飯野さん。
a0216706_15462402.jpg

今回、展示会場に飯野さんが選んだのは、守谷市役所でした。
市役所内で職員の方がたが仕事をされている最中に、黒い壁を建てていきます。
a0216706_15485231.jpg

黒い壁がたちあがったら、サポーターさんにもお手伝いしてもらいながら、皆で、288個の仮面を学校ごと、クラス毎にわけて展示していきます。
a0216706_15495998.jpg
a0216706_15500998.jpg

ひとつひとつ確認しながら、ワークショップの当日を思い出しつつ、展示は進んでいきました。
a0216706_15493005.jpg
事前の展示設営は一日で完了し、後は展示に備えるだけです。
a0216706_15512319.jpg


今回の展示は、展示壁面を用いて、空間を内部と外部でわける展示構成となりました。
外側には、児童たちが制作した仮面を飾り、内側には飯野さんによる写真作品。
a0216706_15523565.jpg

箱形の展示会場の外側をぐるっと周ると、そこにはずらっと仮面が並びます。ひとつひとつ、児童の皆が思いをこめてつくった仮面が並ぶ姿は圧巻でした。それぞれ創意工夫が凝らされており、また学校ごとやクラスごとで個性もあり、ずっとみていて飽きませんでした。

a0216706_15574809.jpg
a0216706_15581120.jpg
a0216706_15582580.jpg
a0216706_15580013.jpg
a0216706_15575474.jpg
a0216706_15583011.jpg
a0216706_15582001.jpg
a0216706_15580544.jpg

ぐるっと外側を一周して、仮面の実物を堪能したら、一部開けた通路部分から、箱状の展示空間の内部へと入ることができます。この内部の空間は、飯野さんによる写真作品を展示していました。
a0216706_16022942.jpg

学校でのワークショップの最後にクラスごとに撮影した皆が仮面をつけ、変身状態で撮影したクラス集合写真が並びます。

a0216706_16074980.jpg
a0216706_16075826.jpg
a0216706_16080687.jpg
a0216706_16082065.jpg

それ以外にも、飯野さんは、ワークショップ当日のハイライト写真や、ワークショップ実施の後日にに何人かの児童に協力してもらい、学校で追加で写真を撮影していました。仮面をつけ、校庭で遊び姿や、学校内にたたずむ仮面児童たち。

a0216706_16091346.jpg
a0216706_16091633.jpg
a0216706_16145838.jpg

5日間という短い期間でしたが、祝日もふくめ、お休みの日が多かったこともあり、また会場が市役所であったことも幸いして、展覧会には、制作ワークショップに参加した児童が親子連れ、家族連れで来てくださったり。お孫さんの仮面を観にきてくださるかた、それ以外にも学校の先生や、市役所の職員のかた、また飯野さんのお知り合いなど多くのかたにお越し頂きました。
a0216706_16124410.jpg
a0216706_16110901.jpg
a0216706_16111506.jpg
a0216706_16112304.jpg
a0216706_16115594.jpg
やはり、ワークショップで仮面を制作してくれた児童が、家族を連れて、親御さんや兄弟・姉妹と一緒にみに来てくれたのはとても嬉しく、また自分の作品が飾られているのが、誇らしげな様子がとても印象に残りました。
先生や親御さんから聞いた話ですが、この制作・展示に参加したことで、今までおとなしく控えめだった児童のひとりが、ともて自信を持ち、積極的に発言するようになったと、聞いたのは忘れられません。

また、展示期間中、内部の写真展示空間では、来てくださった方向けに、仮面の制作が体験できるワークショップコーナーも設置していました。
学校でのワークショップに参加した児童がもうひとつ創りたいと来てくれたり。その児童の兄弟・姉妹が一緒になってつくったり、興味をもって制作してくたりなど、この5日間の展覧会会期中にも多くの仮面が作られていきました。
a0216706_16131597.jpg
a0216706_16133838.jpg
a0216706_16132996.jpg
a0216706_16134442.jpg

最後に、展覧会の実施初日は、こんな一幕も。
飯野さんは、この日のために、守谷市のシンボルマークの仮面をつくってきていました。
この仮面を市長につけて頂き、仮面をかぶった同士、市長と飯野さんによる仮面会談。
a0216706_16161061.jpg


展覧会終了後には、仮面は制作してくれた1年生の皆に後日返却してきました。
その後、ある親御さんから、家でも仮面をかぶってヘンシンしているよ。とお聞きし、皆が大事にしてくれていることがわかり、こちらも大変嬉しい報告を頂きました。









----



[PR]
# by arcus4moriya | 2017-03-21 00:00 | 地域とアート | Comments(0)


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
全体
AIR
地域とアート
オープンラジオ
アーティスト・イン・スクール
HIBINO HOSPITAL
だいちの星座
ロッカールーム
アーカスの日常
スタジオ来訪者数
2009〜2010
未分類
外部リンク
検索
ARCUS Twitter
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧