10/16 エドゥアルドWS その2/Eduardo's WS part2 -making your own banner
a0216706_919884.jpg
前回は言葉や身体を使ったエクササイズでした。主に、言葉を口にだしてみたり、言葉を使わずに体現してみたりしました。それをふまえて、
次はバナーの作り方。5枚のピースから一つのバナーを構成します。
The last workshop was the excise to use language and body. The students tried to express themselves literary or physically. In this time, the workshop was about how to make banner. Selected 5colors pieces are combined into one piece as banner.
a0216706_9201256.jpg


材料は、常陸太田市の西の内和紙を使います。西の内の和紙は山方宿エリアで作られている、大変滑らかな繊細な紙です。繊維でできているだけあって、まるで衣のような柔らかさ。しかし、この西の内和紙は「紙布」と呼ばれる、和紙をよった糸から、着物を作ることもできるほど、頑丈です。
We used this Japanese paper (Wa-Shi in Japanese) of Nishi-no-uchi made in Hitachi-Ota city. Because it is made of fiber, it touches very smooth and sensitive as silk. Also this Japanese paper is quite strong enough to be cloth. Even it can make "Kimono" by twisting paper.
a0216706_9211552.jpg
a0216706_9222922.jpg
まず与えられた型紙に図を書いて、それにそってそれぞれパターンに合わせて切り離していきます。
First of all, the students wrote patterns on the paper, and then they cut it along with each of the pattern.
a0216706_9225652.jpg
パターン通りに和紙を切るのが至難の業。
It looked difficult for them to cut the Japanese paper exactly the same way with the patterns.
a0216706_9232925.jpg
上辺だけをのりでとめていきます。
After that, they glued only the upper part of some pieces of paper.
a0216706_9284678.jpg
エドゥアルドも参考例を作ってみます。
Eduardo showed them the example.
a0216706_9241060.jpg
こんな感じです。
Like this.
a0216706_925546.jpg

完成しました。
Success.
a0216706_925366.jpg
a0216706_9261156.jpg

この次の展開は2回目のワークショップで。そしてオープンスタジオの最終日、11月22日(日)には、パフォーマンスを発表します。参加してくれたエスコーラ・オプションの生徒の皆さん、ありがとうございました!
We will see how this project goes in the next workshop. On the last day of the open studio, 22nd of November, they will perform in ARCUS Studio. Thank you very much for all students of Escola Opçao who participated in this workshop!
[PR]
# by arcus4moriya | 2015-10-16 20:17 | AIR | Comments(0)
10/16 「holding, walking, falling」 / Eduardo's the first workshop at Escola Opçao
今日は常総市にあるブラジル人学校、エスコーラ・オプションへ。ここには低学年から18歳までの日系ブラジル人の生徒が学んでいます。今回は校長先生のご協力により、高学年の15-16歳の生徒に参加してもらうことになりました。常総市が被災の影響で慌ただしい状況もあるにも関わらず、ある方との出会いをきっかけに機会を得ることができたのです。 この場を借りて関係者の皆さんに感謝を申し上げます。
We visited Escola Opçao which is Brazilian school located in Joso city in Ibaraki Prefecture. This school is for Brazilian Japanese students up to eighteen years old. Thanks to the school principal, we involved fifteen to sixteen years old students in our workshop in this time. We are very thankful to all the people who kindly cooperated us regardless of the severe situation in Joso city after the water flood.


まずはレクチャーから。一通り、エドゥアルドのこれまでの活動をポルトガル語でプレゼンしました。
We got started from the lecture. Eduardo talked about his career and his art works with the powerpoint in Portuguese.
a0216706_23131029.jpg
彼がここでやろうとしているのは「つかむ。歩く。倒れる。」。という身体を使ったワークショップ。まずとっかかりとして、クラス全員で自己紹介をしながら、好きなことを答えます。
What he was going to do in this school was the workshop called "holding, walking, falling". First of all, all the students in the class introduced about themselves, and thought about what they like.
a0216706_23135758.jpg
生徒はお気に入りの言葉や詩、気になるものなどを書き出します。日本語でもポルトガル語でも英語でも。
Then, they wrote down their favorite stuff, like word, poem and so on. The language they used was Japanese, Portuguese and English.
a0216706_23285714.jpg
それを3人ごとのチームに別れ、これぞれの書き出した言葉を3人でつなげ、再構成します。
After that, they made teams consisted with three students, and they connected their favorite things and reconstructed.
a0216706_23275787.jpg
まとまったチームからエドゥアルドの元へ確認しにいき…
After they finished, they showed Eduardo what they made, and..
a0216706_23301840.jpg
全員完成すると、順にその文章や言葉同士を組み合わせた一節を、前にでて3人で発表します。
Finally, they presented the sentences which involved the elements of their favorite stuffs in front of the other students in the class.
a0216706_23323625.jpg
彼らにとって初めての発表の場、即興のパフォーマンスが始まりました。まずは3人並んで、発表する女子。若干恥じらいも。一人一人が自分のセンテンスを読み上げ、最後に3人で一緒に発言する、というのを一例として、スタンダードな発表が続きます。
It was the first time for them to present something in front of audience. In some teams, they made line and speech. They looked like a little bit nervous. In another team, each student explained their own sentences first, and then all three spoke together.
a0216706_23333165.jpg
次のチームは立体的な構成。背後の二人は発言せずにセンターの彼が発表する構成。
In the another team, the way they presented was sterically; only this boy in the center made speech but other two did not.
a0216706_23342025.jpg
その元となるお気に入りの文章や詩には、こんな言葉が。3人の気に入った言葉を構成して一文にするのは脚本作りに似ています。
One student took note like this in the photo. This activity to reconstruct and combine their favorite thing into one sentence was like making script.
a0216706_23351014.jpg

次のお題は….
The next activity is..
a0216706_2336049.jpg
日常のしぐさ、動きを数秒で表現してみること。彼らの日常にどんな動きがあるのか、歯を磨く、髪をとかす、自分の身の回りでいつも行っている事を思い出してもらいました。
To express the behavior in daily life in some seconds. He let the students think what kind of movement they do in their every day lives, for instance, brushing teeth, brushing hair and so on.
a0216706_2337597.jpg
DJ?PC?仕事中? 実際に何を表現しているかは口に出してはいけません。観ている皆に想像させるのです。これが彼にとっての日常よく使う動作のようです。
Playing DJ? or PC? or doing job? They were not allowed to speak out but they had to encourage other students to imagine what they were describing. This seems like this movement is what he usually does in his daily life.
a0216706_23375090.jpg
ネットサーフィン、チャットしてるのかな、それとも音楽鑑賞?
Is she surfing the internet, texting for chat or listening to music?
a0216706_23401112.jpg
それぞれに日常の一コマを一瞬で発表していきました。それが次に展開すると、より面白くなります。
Each student had only few seconds to act the moment in their normal lives. The next step is even more interesting.
a0216706_23411896.jpg
次は3人の個々のしぐさをまとめて表現してみる、というもの。エドゥアルドが指示したことは、そのうちの1人が次に発表する人を1人選び、その1人がディレクターとなって残りの2人を選び、3人組をつくらせます。次の3人グループでは、ディレクターが選ぶ2人とともに演じさせるというもの。ディレクターとなる生徒は、その状況を想定して(他の2人を)選ばなければならないわけです。この3人の場合、例えてみると「布を持っている、爪を磨く、何かの作業をする。」の動作でしょうか。(観ている私の想像ですが)
Next, they combined three students' movements. What Eduardo suggested to divided the class into several teams was that one student became the director and chose the other two students as team member. In this time, the director let the other two members act. The director student needed to imagine the performance and choose two actors. In this trio case, I guess one has cloth, one polishes nails and one does job.
a0216706_23421558.jpg
任命されたディレクターは残りの2人の仕草を思い出し、選んでどのように設定して演じるかを瞬時に指示します。
The director had to keep the members' movements in his mind, choose, combine, immediately decide how they would act and tell about it to the members.
a0216706_23471444.jpg
彼の場合は...2人を下に配置して....メイドさん?
In his case,.. the other members pretend to be.. maid-servants?
a0216706_23481075.jpg
手先に出る仕草を並んで発表したり。マニキュア塗ってる?
They described something related to fingers. Are they polishing their nails?
a0216706_23484985.jpg
配置を変えるだけで、同じ単純な動きなのに、違う状況が読めてきます。次の3人も椅子を配置したり、再構成することで、より空間が見えてきました。Their movements were same and simple basically, however, we could see the different situations because the director placed the members into original way. The next trio used chairs and replaced the members, which made it easy for us to imagine the situation more clearly.
a0216706_23495622.jpg
a0216706_23503449.jpg
a0216706_2351104.jpg
ひと通り、日常の動きを体現してみることで、「自分」が持っているしぐさは他人にとっては当たり前に見える光景だったり、もしくは見た事のない日常の仕草や動きであることを、この細やかな動作の中から抽出していくワークショップを行いました。次はそんな「自分」を一つのバナーに投影し、形にする作業に入ります。
Through this exercise to use their bodies to express their every day lives, we expected students to realize that "our" behavior can be looked normal but sometimes different and new from outside. The next excise is to project "us" to the banner to visualize ourselves.
材料は、こちら。西の内の和紙。
We used these tools. The Japanese paper of Nishi-no-uchi.
a0216706_20322298.jpg




その2へつづく。
To be continued.
[PR]
# by arcus4moriya | 2015-10-16 01:25 | AIR | Comments(0)
10/15 武蔵野美術大学での講義 / Lecture at Musashino Art University
皆さん、どうもこんにちは。藤本です。
Hello people. Yumiko is writing.
本日アーティスト3人は、武蔵野美術大学にお招きいただき講義しました。
Today our resident artists were invited to Musashino Art University as the lecturers.
a0216706_17271069.jpg
まずはチーフコーディネーターの朝重から、アーカスプロジェクトについて、アーティスト・イン・レジデンスについての紹介です。
First of all, the chief coordinator Tomoshige got started from introducing the artist in residence program in ARCUS Project.
a0216706_17272610.jpg
アンガーのプレゼンテーションが始まりました。過去作品について。
Then Anggawan started his presentation about his past art works.

彼のプロジェクトは常に歴史と深く関わっています。“歴史”といっても、教科書に載っていることだけではありません。あらゆる立場の人によってあらゆる角度から残されたそれらの総体が、歴史を形成しています。しかし、我々が学んでいる歴史とは必ずしもそういったものではないということは想像に難くありません。
His project is strongly linked to history. "History" is not only the past story written in book but it also consists of several perspectives of those who have different cultural background and social status. What we have learned as history subject in school is not always the same with the "history".
a0216706_17274246.jpg
彼の生まれたインドネシアでは、時の政権によって歴史が歪みを伴って提示された時期がありました。
In his home country, Indonesia, there was the time when the history was produced and rewritten because of the political situation.
彼はその事に非常に自覚的なアーティストです。その事実が現在の彼らにどのように影響を及ぼしているか、ということについても。
He is quite conscious and sensitive about the relationship between history and oppression, and about how the "artificial" history has affected people still nowadays.
a0216706_20421252.jpg
a0216706_20435127.jpg
a0216706_1728721.jpg
会場からは質問も。
Some students made a questions to him.
a0216706_1727556.jpg

続いて、ステファニー。
The next presenter was Stephanie.

プレゼンテーションは、自身が幼少期に出演したTV番組でのインタビューから始まりました。
She started her presentation with the old TV program she was interviewed in her childhood.
a0216706_18454070.jpg
このインタビューの中で、「将来、何になりたい? 」という質問に対して、当時10歳の彼女はこう答えます。「女優になりたい。物書き、発明家、アーティストにもなりたい。」そして、彼女は今でもある意味でこの事に忠実で、一貫性を持たないということとを一貫して実践しています。
One of the questions they asked in this program was "What would you like to be when you are older?". 10-year-old Stephanie at this time answered, "I would like to be an actress, writer, inventor and artist.". She is honest to follow her dream and fulfill it eventually through her art works where she has played different social and cultural roles.
a0216706_2052724.jpg
自身をツールのように扱い、様々な役割を与え、多分野における境界線を身をもって探り続けることが、彼女の活動の神髄ともいえます。
As social experiment, she gives her body various meaning, explores and tries to transgress the boundaries between many different fields.
a0216706_2018069.jpg
会場からはシャープな質問も。
The student asked the sharp question towards her presentation.
a0216706_20181410.jpg
a0216706_20183018.jpg
長沢教授からもコメントを頂きます。
Professor Nagasawa commented on the lecture.
a0216706_20193316.jpg
最後はエドゥアルドです。
The last lecturer was Eduardo.

“A Method for Experimental Production of Emotions”「感情の実験的演出方法」とでも直訳してみましょう。これだけでは理解しづらいです。彼がここで着目しているのは、言語の政治性です。言語が人の感情をどうコントロールするかというリサーチに基づいたプロジェクトです。「Flat land」という、映像と本人のレクチャーパフォーマンスを合わせた作品などがあります。
We could see the sentence “A Method for Experimental Production of Emotions” on one of the slide. It might be hard to understand fully what it meant without any explanation. What he has interested in is the language has politics. His project is based on the research about how language can control emotion. One example of his artwork is "Flat land" that is the combination of video and his lecture-performance.
a0216706_2034499.jpg
そして、学生の皆さんのために、自身の学生の頃の少し初々しい作品も上映。
Especially for this time, he showed his artwork that was created in university to the students who are the same situation as he was.
これは我々も初めて観ました。
We first watched this work.
a0216706_20265627.jpg
これは彼のパフォーマンスのドキュメント映像です。長時間のこの無理な体勢と読まれるテキストにどんな関係があるのか、オープンスタジオにお越し頂ければ少しピンとくるかもしれません。
This is the documentation of his performance. Can you guess what kind of relationship between his unnatural tough position and his reading? Come to the event "Open studio" and you may get the answer.
a0216706_2027119.jpg
a0216706_20272620.jpg
計3時間弱にわたる講義でした。皆様お疲れ様です。
The lecture lasted about three hours.
a0216706_2029350.jpg


今回、このような機会を与えてくださった長沢秀之先生、池田哲さんに心より感謝申し上げます。
We appreciate Professor Hideyuki Nagasawa and Mr. Satoshi Ikeda for giving us this great opportunity.

そして、これが学生の皆さんにとって有意義で、実用的な機会として捉えていただけていたら幸いです。というのも、今年度のアーティストたちは年齢が学生の皆さんと近いため、プレゼンの内容に修了制作が含まれていたりと、おそらくかなり近い将来を意識できるような内容であったように思うのです。
We hope this lecture was thought-provoking and the students could learn something practical. Because our resident artists are almost as young as the students, it would be our pleasure if their presentations could inspire the students especially when they think about their coming future.

次はぜひ彼らのスタジオでのアーティストトークにお越し頂きたいです!
オープンスタジオ関連プログラム
「アーティストトーク×飯田志保子」
(11月18日(水)15:00-18:00 ※入場無料)
よろしくお願いします。
The next time, we will held this event "Artist talk" in their own studios in ARCUS. It would be wonderful if you join us!
This is one of the Open studio related program; "Artist talk × Shihoko Iida" (3pm - 6pm on 18th of November ※The entrance fee is free of charge.)
We are looking forward to seeing you.
[PR]
# by arcus4moriya | 2015-10-15 13:00 | AIR | Comments(0)
10/15 ソンミン・アンの再訪 / Art talk by Song Ming Ang
来年の秋に茨城県の北部で開催されるKENPOKU ART 2016 に参加する出展作家に、アーカスプロジェクトからのOB作家がいます。2010年度招聘作家、ソンミン・アンもそのひとりです。
KENPOKU ART 2016 is the art festival that will be held in the north part of Ibaraki Prefecture in next Autumn, and we are very happy to announce you that one of our past residence artist will participate in the festival. The artist's name is Song Ming Ang, and he stayed in ARCUS Studio in 2010.

今日は急遽、KENPOKU ART2016の関連企画として、アーカススタジオにてアートトーク「アートが地域でできること」が実施されました。
He visited ARCUS stadio today for the event "art talk" in the Pre-art program related to KENPOKU ART2016.
a0216706_17433886.jpg
トークの御相手は、県北芸術祭キュレーターの四方幸子さんです。ソンミンがアーティストになろうと決心するまだその前の、彼の作品からお話を聞く機会を得る事ができました。
the event was going on through the curator of KENPOKU ART2016, Yukiko Shikata asked questions to Song Ming Ang and he answered. He started talking about the time before he decided to be an artist. It was great opportunity for us to get to know about him and his art works more deeply.
a0216706_2040737.jpg

さかのぼる事2007,8年の頃、彼はまだ学生で、アーカスプロジェクトに招聘されるまではこれといって「アーティストになろう」という決断が明確でなかったそうです。
Date back to around 2007, he was an student and he could not make the decision to be an artist until he was invited to ARCUS studio as residence artist.
a0216706_20413443.jpg
a0216706_2045961.jpg
ある学校の吹奏楽部の部室で彼の作品には、ある吹奏楽部の音だし練習をする生徒たちが奏でる音を録音した音響作品や。
a0216706_22245581.jpg
a0216706_20472999.jpg
音楽の好きな彼は、ロンドンの大学でクラスメイトの女子にKraftwerkの「The Robbots」をアカペラで歌えるようになるまでの経過をビデオにおさめていました。
He took the video that his classmate of the college in London practiced singing a song of "The Robbots" by Kraftwerk in a cappella style. He likes music by the way.
a0216706_20503384.jpg
その後、アーカスを経て、翌年にはシンガポールビエンナーレに参加することになり、2010年度のオープンスタジオ時とは異なったしつらえで、「Be True to Your School」を展示/発表しました。この作品は海外で評価され、その後、シンガポール美術館にも芸術作品として収蔵されます。守谷の旧大井沢小学校の卒業生が歌う校歌が、あちこちの展覧会やアートフェアで芸術作品として認められ上映されている、と思うとちょっと不思議な感覚を覚えます。
After his stay in ARCUS Project residency program, he joined Singapore Biennale in 2011. He exhibited his art work "Be True to Your School" in different way that the "open studio" event in ARCUS Studio. This work was globally appreciate and it became one of the collection in Singapore art museum. It is impressive for us that our old school song of Oisawa primary school is accepted as art work and shown in art festival or exhibition.
a0216706_2226951.jpg
アーカス滞在中の裏話をすると、これは「もりや学びの里(アーカススタジオの拠点となる生涯学習施設)」に眠っていた旧・大井沢小学校の校歌の書を偶然みつけたソンミンが、この歌詞を卒業生は覚えているだろうか?と市民の中から卒業生を探し出すところから始まります。守谷市役所にも何人か卒業生がおり、一人一人に、旧・大井沢小学校校歌を思い出して歌ってもらう、という行為や、全員が集まってソンミンの演奏によって校歌斉唱をする映像、が作品になったものです。
Let me introduce about his work process during his residency in 2010 briefly. ARCUS Studio is housed in"Moriya Manabi-no-sato," the non-formal educational center managed by Moriya city. This institution was used to be Oisawa primary school originally but it was closed down in 1994. Song Ming accidentally found the lyric of school song of Oisawa primary school while he stayed here. His research was begun from his question, "Does ex-student of Oisawa still remember the lyric of their school song?", and he started looking for the alumnae and alumni. He could find some of them who worked in Moriya city hall and asked each of them to remember the school song and sing it. His took the video while he played accompaniment them the glockenspiel to sing the school song together.

なぜ旧、とつくのかというと、元々、大井沢小学校の校舎だったここ、もりや学びの里は1990年代初頭にも入ると、児童の減少により廃校になったのではなく、生徒数の増加によって生徒が収容できなくなり、市内の別の場所に「新・大井沢小学校」ができたことに理由があります。昨今、ちまたで流行の「廃校利用で地域再生する施設」ではなく、「最盛しそうなために20年以上も前に廃校にした」施設なのです。新しい小学校が設立すると同時に、この旧・大井沢小学校の校歌はこの校舎とともにこの場に残され、新・大井沢小学校には新しい校歌が作られたのでした。ですから23年前の卒業生までで歌われなくなった校歌、なのです。
The reason why we call "old Oisawa primary school" is to distinguish the difference with the "new Oisawa primary school" located in another parts of Moriya city. The "old" Oisawa primary school was closed down because the number of students in this area increased rapidly, hence we needed bigger school for them studying. Recently, it is trendy to use abolished facility to revitalize the remoted place, however, Oisawa primary school was closed down to expect to be developed more than twenty years ago. The new school was built and new school song was sung, at the same time, this old school and school song were left and forgotten. Therefore, the old school song had been the unsung song for 23 years.
(2010年当時の様子/his process in ARCUS at Year2010)
a0216706_21234828.jpg
a0216706_21253327.jpg
a0216706_21254847.jpg

ちなみに、伴奏に使われている鉄琴の各鍵盤の留め金部分には、守谷滞在中に発見した7色の家の壁と同じ色で彩色されています。虹のように、街の中に際立って鮮やかな壁面をもつ一般の家々の色が、ソンミンの奏でる鉄琴の音色に重ね合わせられている、とも言えます。彼のHPを参照してみてください。(参照:「Colour Scale」)この鉄琴は完成後、ミ・ナーデ(南守谷児童館)に寄贈されています。
By the way, he painted the glockenspiel with the seven colors that he found in the colorful house in Moriya. We can connect the brilliant house to the sound of the glockenspiel though the rainbow color. Please refer to his Homepage and his work. Also his glockenspiel that he made in Moriya was donated to Minaade(Minami Moriya Children's House).
a0216706_21301872.jpg


この場面、よく目にします。近所のサポーター高梨さんもここの卒業生でした。定年を迎えられた年齢層の方々に母校の校歌を思い出してもらうその姿は、記憶をたどる瞬間はどこの場所でもあるような、誰もが遭遇するような場面で観る人が共感を得ます。なかなか歌詞は思い出せないけれどちょっと合っているかのようにも聞こえる滑稽な鼻歌に、時折笑いも誘います。大人になってからはなおさら、自分の育った小学校の校歌を思い出す事自体は、なかなかないかもしれない、と改めてこの作品で気づかされるのです。
a0216706_22331277.jpg
We often see this scene. Our supporter who lives nearby, Mrs. Takanashi is one of the former student. The way elderly people tried to remember the old school song was somehow familiar with anyone who have ever reached back into their memories. It makes us smile to see them hum a tune while they search their minds. We noticed that we do not have the chance to sing the primary school song especially in adulthood.

現在、ソンミンはトルコで開催されているイスタンブールビエンナーレに出展しています。参照:「Something Old, Something New」
やはりここでも「音楽」にまつわるもの。古い譜面台を美しいガラスで作った彫刻作品です。街に流れる音、もしくは意識的に奏でる音、人が無意識に出す音や音のような景色の中にある美しさを、ソンミンは独自の視点で拾い上げています。来年の県北芸術祭でもどのような形で紡ぎだしてくれるのか、楽しみです。
Song Ming participates in İstanbul Bienali held in Turkey. His work is something concerning to "music" again. It is the sculpture made from glass, which represents old music stand. He expresses the sound in town, the music that is made consciously, the sound people make unconsciously, or the beauty in sound-like landscape in his unique way from his perspective. We are looking forward to seeing his new work in KENPOKU ART2016.
[PR]
# by arcus4moriya | 2015-10-15 12:53 | AIR | Comments(0)
10月に突入!アーティスト達の活動は... / October has come! How is artists going on.
皆さんこんにちは。石井です。
あっという間に10月に突入し、アーティスト達もほぼ滞在期間の折り返し地点に来ました。
それぞれにアーティスト達はリサーチを重ね、プロジェクトを進行させています。

ステファニーは友達を募集し、ワークショップの準備。

Hello this is Ishii.
Time flies so fast, it is already October the half of artists' days are gone.
All artists are working on their research, and progress each projects.

Stephanie called to make friends and preparing for her workshop.
a0216706_1123231.jpg

アンガは人の記憶にある過去や現在、未来について話を聞かせてもらおうと、ポストカードを作り情報を集めています。それは個々の歴史、はたまた日本の歴史にもつながる話に展開するかもしれません。皆さんの記憶に残っている話題を、アンガは聞き出そうとしています。

Angga made post cards to collect narratives which belongs to past, present, and future of each people. That might has possibility to connect with Japanese history Angga is trying to get untapped stories from each of you.
a0216706_1315018.jpg

これは何のイメージでしょう?(現在も問いに答えてくれる方を募集中!)

What is this image? (Looking for someone to answer)
a0216706_132980.jpg


エドゥアルドは常総市にあるブラジル人学校を訪問し、日系ブラジル人コミュニティーの調査をしつつ、実際に生徒らとワークショップを実施する準備中。

Eduardo will visit Brazilian school to have research of Japanese-Brazilian community and also planning to have workshop with them.
a0216706_119471.jpg
a0216706_1191979.jpg


そして定期的にゲストキュレーターの飯田さんからアドバイスをもらい、毎日調査・制作に日々いそしんでいます。プロセスを見せていく点で、ゲストキュレーターの助言はアーティスト達に新しい思考をもたらします。

All artists have regularly meeting with our guest curator, Ms.Shihoko Iida to have advice and create their works. The advice from guest curator will be the opportunity to recognize how to show their process. also it brings new idea to them.
a0216706_11163642.jpg
a0216706_1118869.jpg
a0216706_11193998.jpg


そんなアーティストたちの過程を各スタジオでお披露目する、今年度のオープンスタジオのポスターがついに、完成!毎年恒例の膨大な量のチラシ封入作業には、サポーターの皆さんが手慣れた様子でお手伝いしてくださいました。ありがとうございます!こちらのデザインはおなじみの木村稔将さんによるデザインです。いつも素敵なデザインを本当にありがとうございます。今年は鮮やかなブルーに金文字です。

The poster of Open Studios has arrived at the studio, now we are preparing to show process of all artists. As for every year we could have many supporters to help our sealing work, thank you very much! The Poster was designed by Mr.Toshimasa Kimura. Thank you about great design for every time. We have fresh blue and gold letters for this year.
a0216706_1194431.jpg

そ・れ・か・ら!
アーカスプロジェクトの封筒がついに復刻版として完成!

A ・ n ・ d!
Finally we could have made original envelope of ARCUS Project. (reprinted edition)
a0216706_11103716.jpg

これは(わたしの記憶が間違いでなければ)知る人ゾ知る、2001年頃にアーカスプロジェクト実行委員会として本格始動した頃に作られたアーカスロゴをベースにした封筒です。実は諸事情で長年お蔵入りしていたものなのですが(上段)、完全復刻しました(下段)。キャッチコピーが若干違うのと、15年経た年月の色合いが封筒をアイボリーに...(苦笑) なので今年はハッスル黄門さまからのお届けではありませんが。。。どうぞ宜しくお願いいたします。

If my brain still does work, I can remember that original envelop were made at the beginning of ARCUS Project has started officially ..as like year of 2001. ARCUS logo is used to be basic design with vivid pink color. Actually, more than 10 years these envelop has been not appeared by some reasons(upper one).However we reissued this(lower one) again! Our new envelop has catchphrase like "Residency for Artists, Experience for Locals, Moriya, Ibaraki". Therefore, We won't send the (used to be) regular Gray-color one which has Hustle Komon image on it in this year!


来週ついに、オープンスタジオの内容が発表されます。今年は11月14日(土)から22日(日)までの平日含む、8日間の開催!どうぞ皆さま、今年のオープンスタジオをお楽しみに!

Finally, We will announce OPEN STUDIOS information next week. We will be opening the studios of our three resident artists. we have 8days OPEN STUDIOS from 14th of Nov to 22nd of Nov.
Look forward to seeing you!
[PR]
# by arcus4moriya | 2015-10-14 00:12 | AIR | Comments(0)
10/10 着物で日本人になってみた。の巻
このうなじ美人はどなた?
Who is this Unaji-bijin (the lady who has beautiful nape)?
a0216706_1665818.jpg


いつもアーティストの胃袋を満たしてくれ、アーカスを温かく見守ってくださる母のようなサポーター、田原さんのお誘いで、和服に着替え、あるセレモニーへ。
One of our wonderful supporter, Mrs. Tahara provided Japanese traditional cloth kimono, and invited us the ceremony.
a0216706_23265796.jpg
「センスはここ、懐紙はここにね。」と。ステファニーが日本人になりきるにはうってつけの機会です。着付けをしてもらい、髪飾りも整え、歩き方も身の動かし方も、腰回りの窮屈さも、新鮮だったかもしれません。(そして後で味わう、正座の苦しみも…)
"You can put the Japanese fan here, and the tissue goes there." It was great chance especially for Stephanie to experiment to become Japanese. We guess it should have been interesting for her to wear kimono, tie her hair up, be taught how to walk and move in Japanese way, and how tight the waist can be with kimono. (And she realized how tough it is to sit in Japanese way.)
a0216706_16255799.jpg


これは別の日のオフショット。(やはり浴衣と着物では雲泥の差!)
This is candid shot taken in another day. (Well, yukata and kimono are different obviously!)
ちょっと前に、大子の宿でこんな姿になった時も、3人はとっても嬉しそうで興奮気味だったのですが、今回は本格的な和の装いにチャレンジ。(どうしてアンガはいつもそう”サムライっぽい”と思ってる男前目線をするんだろう笑)
When they wore yukata in the hotel in Daigo town, they looked happy and excited enough, but they wore more formal and traditional Japanese cloth in this time. (Why does Anggawan always make "manly" samurai face? haha)
a0216706_16182632.jpg


お茶会を別の場所にしつらえていただき、そこへ向う前に、3人で撮りました。なんて凛々しいのでしょう。
Before we participated in tea ceremony, we took photo of our residence artists. Look, how brilliant they are!
a0216706_23303022.jpg

....こんなオフショットも。(それでもイケメンを通そうとするアンガ)
…Here is candid shot. (Anggawan is still handsome.)
a0216706_23321941.jpg
芸術は爆発ですか?アンガさん。
"The art is an explosion!"?
a0216706_23341332.jpg
こんな様子の彼らは無事お茶会を乗り切れるのでしょうか?
Can they survive the tea ceremony?
a0216706_23361471.jpg
お茶会の様子はまた次回に。
To be continued.
[PR]
# by arcus4moriya | 2015-10-10 16:05 | AIR | Comments(0)
9/28芋掘り、そして蕎麦打ち体験 / Digging sweet potatoes & Making soba

皆さん、どうも。藤本です。
本日はアーティストにとってのレクリエーション・デイ。守谷ひょうたんクラブの清水さん、皆様にお招きいただき、サツマイモ堀り・蕎麦打ちを体験させてもらいました。(守谷ひょうたんクラブの活動はこちらのブログからご覧いただけます。)
芋堀りだというのに、なぜかショートパンツを履いてきてしまったお三方。この後、蚊にたくさん刺されて激しく後悔することになるのです。

Hello Yumiko is writing.
Today is a recreation day for artists. We got invitation of digging sweet potatoes, and to have experience of making soba noodles from Shimizu-san and members of Moriya gourd club.
They came to the farm with wearing shorts, I know they regret after digging, because mosquitoes must bite them.
a0216706_17533918.jpg

a0216706_17375273.jpg
芋掘りは思っていた以上に繊細な作業です。引っ張ればいいというものではなく、1つの株にたくさん付いた全ての芋を傷つけないように、シャベルの使い方は慎重に、最終的にはなるべく手を使って地道に掘りすすめていきます。
Digging potatoes was sensitive work more than we thought. It was not the deal with only pulling out, you need to take care for all potatoes in the same root. It required gentle way to use a shovel, and use our hands at the end.
a0216706_17333154.jpg
a0216706_17412230.jpg
頑張って根っこの先の方まで掘って、結局芋がない、なんていうことも…それはそれで楽しい。
We dig so hard to the end of root, however there is no potato....even though it was fun.
a0216706_17423282.jpg
なぜかクロード・モネの「日傘を差す女」を想起させます。
For some reason, this photo reminds me "Woman with a Parasol" by Claude Monet.
a0216706_17432758.jpg


芋掘りを終え、休憩をはさんで蕎麦打ちです。会場はアーカススタジオからもほど近い北守谷公民館の調理室です。まずは名人のデモンストレーションの見学から。

After dogging potatoes, we had a chat as a short break, then we moved to public hall in North Moriya to try making Soba-noodles. At a nice bright kitchen, we watched a demonstration by the soba master.
a0216706_17535693.jpg
蕎麦打ちはスピード勝負、乾燥との戦いだそうです。

Making Soba is a competition of speed to not get dry.
a0216706_18254971.jpg
名人の動きの美しさに、アーティストたちも釘付けです。写真や動画を撮影しながら、同時に手順を覚えなくてはなりません。この後、自分たちも挑戦です。
The master's way and motion was very beautiful. It attracted all artists so much. They took pictures and movies, but they had to remember the way and process at the same time to do soon after!
a0216706_1826484.jpg
なぜか2人で一緒に作業するアンガーとエドゥアルド。物凄く真剣な表情です。It was funny view that Angga and Eduardo was mixing together. looked very serious.
a0216706_1929143.jpg
ステファニーは生地をこねてまとめる作業が大変上手だったようで、褒められていました。Stephanie was actually very good at kneading.
a0216706_19291563.jpg
a0216706_1627829.jpg
生地を薄く伸ばしたら、急いで切る作業です。アンガーは持ち前のリズム感で順調に切っております。immediately after the step of cutting, Angga was cutting soba smoothly with inborn sense of rhythm.
a0216706_19292868.jpg
エドゥアルドが切った蕎麦は美しい出来です。彼の繊細さが表れているようでした。
And soba which Eduardo had cut was beautiful. It represented his good sensitivity.
a0216706_19301985.jpg
その間に、本日収穫ししたサツマイモや同じ畑で採れたシソの葉と花を天ぷらにしてくれています!
During their special experience, ladies made beefsteak plants and its flower to tempura. 
a0216706_16273324.jpg
そして、いよいよ茹でます!皆お腹がすきすぎてきたようです。
The final step came! The smell of boiling made us too much hungry.
a0216706_16291981.jpg
ついに食します。名人の食べ方を真似して食べようとするアーティストたち。名人は蕎麦の上に、天ぷらもわさびも薬味ものっけてつゆをかけて混ぜて食べてらっしゃいました。カジュアルです。我々もそのスタイルを真似して頂きました。とっても美味しかったです。
The true final step was eating. Artists copied the way master having soba with tempura. It was actually very casual style, and absolutely delicious!
a0216706_16182235.jpg
皆様、お疲れ様でした。
a0216706_16361496.jpg
今回アーティストたちは制作活動の合間のとにかく楽しい一時を過ごさせていただきました。守谷ひょうたんクラブの清水さん、皆様、その他参加されていた皆様、どうもありがとうございました!
They seemed to have very fun time during their tough artistic activity.
Thank you for inviting them, and all effort of everyone.
[PR]
# by arcus4moriya | 2015-09-28 22:20 | AIR | Comments(0)
9/26 ステージ@守谷市商工まつり / Stage at festival in Moriya
a0216706_1384597.jpg

皆さん、どうもこんにちは。藤本です。
本日9月26日は、「守谷市商工まつり~きらめき守谷夢彩都フェスタ~」のステージにて、アーティストの紹介をさせていただきました。
毎年恒例のこの祭では、ステージでよさこい、キャラクターショー、ダンスなど様々な演技が行われ、守谷駅周辺会場内には地元商店、企業、市民団体によるブースが出展されます。(食べ物がおいしい!)

また、今年は関東・東北豪雨により被害を受けた常総市に対する復興支援として、「がんばれ!常総」をメインに位置づけ実施されました。売上の一部と出展者及び来場者からの募金活動を被災者への支援金となるそうです。

5分ほどの短いステージですが、ステージ裏で順番を待つ間少しそわそわしております。

Hello this is Fujimoto.
Today September 26th we went to Festival held by Moriya Commerce and industry group to introduce our artists.
As for every year we have seen YOSAKOI dance, Costume hero performance, Pop dance etc. They have many participants from local stores, corporations, and citizen's groups.(Foods are tasty!)

And this year we had reconstruction support project for Joso area where we had huge downpour. So they put "Cheer up Joso" as un title and prepared for donation from their returns, and also from visitors.

The introduction time was only about five minutes, however it is enough to make artists nervous.


a0216706_12403813.jpg
お客さんもたくさん…。

So many visitors.
a0216706_12411297.jpg
我々のステージの前に、よさこいの総踊りがあり、なぜかアーティストと私はその踊りに飛び入り参加させていただき、端の方でエキサイトして汗をかきました。

Before stage there were YOSAKOI dance performances, one of them invited us to take part in their stage! We danced somehow, and excited at the edge of lines.
a0216706_19234468.jpg
a0216706_19254960.jpg

想定外の運動量のおかげで、練習していた長セリフがすっかり飛んでいき…
結局我々はぶっつけ本番的な緊張感の中、ステージに立たせていただいたのです。

Finally we stood on the stage with tense atmosphere. You can imagine that we totally forgot the sentences for speech because of unexpected hard exercise.

a0216706_13221553.jpg
アーティストたちは、簡単な自己紹介とあわせて守谷で取り組んでいるプロジェクトプランを話し、協力者募集の呼びかけもしました。
(エドゥアルドは少し照れちゃっております。)

All artists introduced themselves, project that they are working on, and also they made a call to support their projects.
(Quite easy to find that Eduardo was embraced)


a0216706_19442454.jpg
a0216706_1940098.jpg
a0216706_19264815.jpg

ステージ直後にさっそく、数人の方々が話しかけてくださいました。効果大です。

Soon after our stage, some people talked to artists, it was effective.
a0216706_12402361.jpg
このような機会を与えていただき、ありがとうございました。


そして、

「頑張れ常総! 」

Thank you very much for giving us such a opportunity.


And

"Cheer up JOSO !"





























[PR]
# by arcus4moriya | 2015-09-26 21:37 | AIR | Comments(0)
アーティスト紹介3 / About Artists3
こんにちは、高倉です。
今日の作家紹介は最後の1人、エドゥアルド・カシューシュの紹介をします。

Hello This is TAKAKURA.
I am going to introduce Eduardo Cachucho from South Africa.
a0216706_18573080.jpg
日本とブラジルの間にある社会的、政治的レベルにおける関係性について
調査をしたいと考えているエドゥアルドは守谷周辺、そして茨城に住んでいる
日系ブラジル人と交流を図りながらインタビューを重ね、
ワークショップを行いたいと考えています。

He is planning to research about relationships between Japan and Brazil.
He is using interviews to communicate with local Japanese-Brazilians
who lives in Ibaraki, specially in/around Moriya to get response about political,
and social situation. He also planing to have workshop with
Japanese-Brazilians and local Japanese students.
a0216706_18573266.jpg
真剣な顔つきの奥にある茶目っ気たっぷりの笑顔には、いつも気持ちが和らぎます。
It is easy to find that way of his smile and attitude make us warm as usual.


a0216706_18573385.jpg




























[PR]
# by arcus4moriya | 2015-09-25 13:50 | AIR | Comments(0)
アーティスト紹介2 / About Artists2
こんにちは、高倉です。
今日はアーカスアーティストの日常と題して
ステファニー・ビッグフォード=スミス(英国)を紹介していきます。

Hello this is Takakura.
Today I am going to introduce
Stephanie Bickford-Smith(UK) to show artist's daily life.
a0216706_18534162.jpg
たくさんの同性、同世代の友達を滞在期間中に作りたいと考えている彼女ですが、
その想いは彼女の制作スタイルと密接に関わっています。
守谷に住みながら、自身と重なる人生経験を積んできた女性たちと共に過ごす
ことから彼女の制作は始まっていきます。

さっそく友達募集をはじめた彼女には、自身の主張をしっかりと伝える反面、
恥ずかしがり屋という要素も備わっています。

She is trying to make friends with same sexuality, and same age
during her stay, this has strong connection with her project.
Her project is starting from making friends,
who have same back ground with her.

She had announced at Moriya to make friends,
and she has strong attitude of her insistence
however at the same time she is shy.


a0216706_18534322.jpg

「日本人になる」と掲げた言葉がどのように実を結ぶのか、楽しみです。
We look forward to see the result of her statement "To be Japanese".

a0216706_18534461.jpg



































[PR]
# by arcus4moriya | 2015-09-23 18:58 | AIR | Comments(0)
〈映像作品のための連続/断続的ワークショップ〉大木裕之と過ごす私の守谷・茨城、日常的妙。2015第2回
皆さん、どうもこんにちは。藤本です。9月19日(土)に〈映像作品のための連続/断続的ワークショップ〉大木裕之と過ごす私の守谷・茨城、日常的妙。 の2015年第2回目を実施しました。
前回が6月4日で、今日までの3ヶ月間に、またここ数日間に実に様々なことが起こり、大木氏と参加者の3人にも変化があったようです。
鬼怒川下流が裏にあるアーカススタジオ集合でスタートしました。そして、アーカススタジオのある「もりや学びの里」の施設の一部が、現在常総市の方々の避難所になっています。
今回のワークショップについてはうまく書ける気がしませんが、あったことを記録します。長いですが、どうぞよろしくお願い致します。
a0216706_1382135.jpg
話は自然に9月10日、台風18日号がもたらした記録的大雨、洪水、鬼怒川上流の堤防決壊のことに。アーカススタジオのある守谷市は、被害の大変大きかった常総市の隣です。アーカスプロジェクトのサポーターさんにも常総市在住の方がいます。守谷市では被害がなく、すぐ隣の市で起こっている信じられないくらいの甚大な被害状況をテレビやネットを通して、まず知りました。
a0216706_13839100.jpg
西尾さんが制作に携わっていた「守谷さとやまマップ」や、地図を見ながら守谷市、常総市の地形や土地の高さを確認したり、守谷の歴史の本で過去の水害の記録をみたり…。
守谷市は3つの川に囲まれている緑豊かな地域です。

水位の下がった鬼怒川まで歩くことにしました。
a0216706_1385326.jpg
アーカススタジオの裏から鬼怒川までは歩いて10分ほどです。
a0216706_1391757.jpg
漂流物が木の幹にひっかかっており、ここまで水位があがっていたことがうかがえます。私の予想をはるかに超える高さ。
a0216706_19102322.jpg
近くにある商店へ。参加者の西尾さんが以前から店のポスターのチョイスが気になっていたようですが、なかなか入る勇気がなかったお店。アメ子ちゃんと私は無理言って、箱のあずきバーをバラ売りしてもらいました。(なぜならアイスクリームケースの中にある唯一のあずきバーの箱がすでに開いていたから。)
a0216706_1310377.jpg
a0216706_1311141.jpg
a0216706_13115862.jpg
鬼怒川にかかる滝下橋から眺めていると、かなり長い柱のようなものが流れてきました。
a0216706_13134442.jpg
スタジオに戻ってきてから、記録のドローイング。(正確には、喫煙所でレジデントアーティストのティモテウス[インドネシア]と会い、かなりの長話をしてからの記録制作。そこでの話題も組み込まれています。)
西尾さんとはここでお別れ。
a0216706_13143693.jpg
a0216706_19345052.jpg
a0216706_19351175.jpg
その後、再びティモテウスと彼のスタジオで、記憶と記録にまつわる込み入った話。
a0216706_1963917.jpg
そうこうしているうちにアメ子ちゃんの画塾の時間が近づいてきました。常総方面に向かいつつ、アメ子ちゃんがいつも使っている駅とは違う駅、関東鉄道常総線「小絹駅」へ。
a0216706_197253.jpg
電車を待つ間に、アメ子ちゃん制作人生初の映像作品を鑑賞。アメ子ちゃんとはここでお別れ。
a0216706_13151216.jpg


そこからは、河合さんと3人で常総方面へ車を走らせます。時々通行止めがありました。塀や建物の外壁に泥が付着してラインができており、浸水した水位を示しています。道路の脇などにときどき尋常ではない量のゴミが積まれており、それを目撃し、ようやく我々にとって現実味を帯びてくる今回の災害。鬼怒川の決壊したエリアに近づくと、家は流され、車は畑に半分埋まっており、壮絶な光景が目の前に広がっています。窓を開けると砂埃であっという間に喉が痛くなりました。感情がよくわからなくなりながら、水海道駅まで戻ってきて、駅前のスーパーに。活気があって救われます。
その後、自分たちが先ほど通ったエリアを駅前の地図で確認。

その後、常総市の方々の避難所になっているアーカススタジオへ戻るわけですが。
a0216706_14374451.jpg
a0216706_143183.jpg
今回は、このような形の会でした。頭の中で、どこにも着地できない&何もまとめないまま翌日を迎え、大木さんが撮影した映像をチェックしました。色々な風景が映っていました。

この企画がどうなっていけるか、常に探っている状況は少し作品制作と似ており、しかし私はオーガナイザー側の立場なので、上映会に向けて構築的な運びを意識しがちな脳みそになっており、それを大木さんがいつもぬぐい去って行き、参加者の皆さんが楽しんでいるという事実に安堵させられています。


〈映像作品のための連続/断続的WS〉大木裕之と過ごす私の守谷・茨城、日常的妙。2015第3回・4回 につづく。


ーーーーーーーーーー
※これまでのワークショップの様子はこちらからご覧いただけます。
2014年度 第1回
2014年度 第2回
2014年度 第3回
2015年度 第1回
                                                                                                                                                                                                                                    
[PR]
# by arcus4moriya | 2015-09-19 22:58 | 地域とアート | Comments(0)
アーティスト紹介1 / About Artists1
こんにちは、高倉です。
今日はレジデンスアーティストの中から、
ティモテウス・アンガワン・クスノ(インドネシア)の
スタジオレポートをお届けします。とにかくたくさんの
インタビューをしたいと考える彼と1度話し始めるとあっという間に
時間が過ぎていきます。
a0216706_11461691.jpg

2011年にあった震災に端を発したインタビューは、その後に起きた原子力発電所
の事故が日常生活にどのような影響を与えたか、そしてそのことを
後世にどのように伝えていきたいか。まで、鋭い質問が続きました。
安易に答える事のできないそれらの質問は、同時に忘れてはいけない事実として
私の頭に強く思い起こされました。

熱心に聞き入る姿勢と、関心に満ちた問いかけには
時間の流れを忘れさせる力がありました。

あっという間に日が暮れた、久しぶりの出勤でした。

a0216706_13272085.jpg

Hello this is TAKAKURA.
Today I am going to introduce Timoteus Anggawan Kusno ( Indonesia )
from our residency artists.
During his stay he is trying to have interviews as much as possible.

The interview was started from disaster at 2011, accident of
nuclear power plant, and ended with this question
"How can you tell about this huge disaster to your sons, when they get older. "
All questions were sensitive to me and difficult to answer,
therefor at the same time it reminded me those are the topics
that we have to keep in our mind.

Once someone start to talk with him time goes fly.
Passing through the interview he breathe in every words, and
his way of asking questions has power to forget about time.

It is been a while to work as Arcus staff, however time runs on.

a0216706_11461592.jpg









































 

[PR]
# by arcus4moriya | 2015-09-18 11:47 | AIR | Comments(0)
9/11 大きな子どもが大子へ。藝大子視察の旅
こんにちは、石井です。現在、アーティスト達の活動が活発になり、もうひと月半も前の出来事をブログにします。この日、アーティストたちをつれて研修旅行と銘打って北上しました。県外の方々にはあまり聞き慣れない言葉だと思いますが、茨城県は北の方、茨城県民はその地域を『県北(ケンポク)』と呼びます。県ホクではなく、県ポク。
hello. Mizuho is writing with rough English. Day by day, Artist's activities have gradually gotten busier.( Sorry, just excuse!) we will memorize about a short trip to Daigo town, an half and month ago. We went to the north area of Ibaraki, which is called "KENPOKU", but not "KENHOKU". kenPOku sounds familiar among Ibaraki citizen, though, other people seem to hear it strange.
remind you again,the area is called not kenHOku, but kenPOku.(So funny)

『藝大子(げいだいご)』という、東京芸大・シルパコーン大学(タイ)・インドネシア国立藝術大学(ISI)による大子町でのアートプロジェクト開催を翌日に迎えて、スタッフ藤本さんにとっても実は初めての「県北」へ。今日はそのケンポクへの旅についてご紹介します。
Today I will write about the travel to Kenpoku. It was the day before when the art project called "Geidaigo" was held in Daigo town. "Geidaigo" was planned and run by Tokyo University of the Arts (Japan), Silpakorn University (Tailand) and INSTITUT SENI INDONESIA DENPASAR (Indonesia). For Fujimoto-san, one of our staff, this was the first time for her to visit Kenpoku.

守谷からは最も近い、谷和原(やわら)I.C.から北上して県北の玄関口、那珂(なか)I.C.へ、そこからひたすら国道118号を進みます。
We passed Yawara I.C. first, and headed to north part of Ibaraki Prefecture, and then reached Naka I.C. so called "Kenpoku door", and finally we went through national highway 118.

出発の朝、守谷市上空は青空。そしてたくさんのヘリコプターが飛び交っていました。先日の大雨で捜索が続く常総市がたいへん気になる日でもありました。前夜はアーティスト達には文字の読めない近隣地区の避難勧告エリアメールが一晩中届き、実は彼らにとっても地震の次に起こりうる予期していなかった自然災害が身近に起こり、不安を隠せない夜でもありました。まさかその後、もりや学びの里が避難所になり、被災者の皆様と同じ拠点で活動するとは、彼らにもまだこの頃はピンとこなかったでしょう。
When we left Moriya city, the sky was clear and blue, and so many helicopter flew across the sky. They were still searching the missing persons in Joso city because of the serious water flood. On the day before we left, through the whole night, the residence artists received lots of e-mails in Japanese warned inhabitants around this area to evacuate. They should have been scared by the natural disaster occurred in Joso where was quite close to Moriya. Few days later, our institution, "Moriya Manbi-no-sato" became temporary evacuation shelter, and we hosted some flood victims, which might our artists confused.
a0216706_2284862.jpg


同じ茨城県でも、最北端の大子町は人口減少・少子高齢化の進む街でもあります。茨城県内でも最大の土地面積、守谷市とは真逆の環境で、自然と温泉に囲まれた観光地です。ここで来年度開催される県北アートフェスティバル(KENPOKU ART 2016)のプレ事業として、今回東京藝大とタイやインドネシアの藝術大学との交流事業が実施されました。
Although Daigo is also located in the same state with Moriya, they have serious problem as population decline, aging population and low birth rate. Daigo has the largest land in Ibaraki Prefecture, and it is sightseeing spot with nature and hot spring. "Geidaigo" was organized to build good relationship between arts colleges from three different countries as the preparation for KENPOKU ART 2016.
a0216706_11561757.jpg

守谷から2時間ほどで緑深い大子町へ。駅前商店街にある「大子カフェ」に着くと、インドネシアからのアーティストに遭遇。バリ島のISI (Intitut Seni Indonesia/Dempasar)/インドネシア国立芸術大学デンパサール校からのガムラン奏者、ワヤン・クリッ(Wayang Kulit)を演じられる先生方でした。アンガも久々のインドネシア語で対話を楽しんでいたようです。
It took around two hours from Moriya to Daigo. In the "Daigo cafe" near the station, we accidentally met the artists from Indonesia. They were the teachers who played Wayang Kulit from Intitut Seni Indonesia. It seemed Anggawan enjoyed the conversation with them in Indonesian language.
a0216706_2676.jpg
a0216706_11551460.jpg
大子駅前商店街の商店の町並みは静かで、百段ある神社の入り口にもアーティストらは興味津々。まちなかで展示を行うタイのシルパコーン芸大の方々のワークショップ作品の成果の様子を見学したり。
Daigo shopping district was still. The artists had interested in the entrance of the shrine. We found the exhibition about the workshop held in the center of the town by the students of Silpakorn University.
a0216706_293887.jpg

a0216706_1495454.jpg
もちろん、大子に来たらここ、上岡(うわおか)小学校へも足を運びました。こんな懐かしい風景が。
You must visit Uwaoka primary school if you have chance to come to Daigo. This scenery made us nostalgic.
a0216706_1264742.jpg
ここはドラマのロケ地としても活用され、訪問者も多く見学に来るそうです。上岡小学校ではレジデントアーティスト達も「もうひとつの(もりや)学びの里だ」といって廃校になった古き良き時代の校舎の音楽室に残された楽器でセッションを始めたり。
Because here was often used as the location to shoot the film, they had many visitors. The artist called this school as "another Moriya Manabi-no-sato", and they began the music session with old musical instruments in music classroom.
a0216706_1503768.jpg
休憩室となっている元職員室で昔の設備に感慨深くなっている様子。アンガ校長の?学校ごっこ。
We used old school office as lounge. Anggawan pretended to be headmaster?
a0216706_1234731.jpg
案内役の地元のお母さんにお茶とお漬け物をいただくなど、田舎ならではのおもてなしを受けました。
The local guide provided us tea and Japanese pickled vegetables, which impressed us.
a0216706_223413.jpg
翌日の藝大子の会場となる初原(はつばら)小学校は大子駅より奥の上岡小よりさらに奥にあります。周りはのどかな風景が広がります。
"Geidaigo" was held in Hatsubara primary school that was located much far from the Daigo station. We could see dynamic nature on the way to go there.
a0216706_149371.jpg
a0216706_22325100.jpg
ここで芸大工芸科チームの鋳造を体験したり、
We experienced to cast as handicraft students,
a0216706_2194363.jpg
a0216706_2203827.jpg
アンガの似顔絵だそう!
The motif is Anggawan himself!
a0216706_212144.jpg
鍛金工房を見学したり、鈴木理策さんの写真展示を拝見したり。
We also observed the hammering studio, and visited the photo exhibition of Mr. Risaku Suzuki.
a0216706_2212949.jpg
a0216706_2215772.jpg
a0216706_2221656.jpg

大子と言えば、ここです。エドゥアルド....(笑)
Here is pretty famous in Daigo. Eduardo…lol
a0216706_11591313.jpg
トンネルをくぐり抜けるとそこは
After we went through the tunnel,
a0216706_1159513.jpg
日本三大瀑布、四度の滝で有名な「袋田の滝」!
This is the Fukuroda waterfall!
a0216706_1512750.jpg
(奇しくも前日の豪雨でものすごい水量..) とりあえず、その爆発的な自然の威力を収めようと、それぞれ撮ります…
(Because it rained heavily on the previous day, too much water..) Anyway, we tried to take photos of the explosive power of the nature.
a0216706_233453.jpg
a0216706_120394.jpg
滝を観るだけでなく、トレッキングして月居山(つきおりやま)頂上まで登頂!(私と藤本は途中で断念しましたが)。忘れていました、今年のアーティストは、若かった…。
Not only seeing the waterfall, we climbed to the top of the Mt. Tsukiori! (Fujimoto and I gave up at some point though.) Yes, the artists are young…
a0216706_152073.jpg

道中、常陸大宮市では「紙のさと和紙資料館」へも。日本の伝統工芸、和紙については茨城でも「西ノ内和紙」が有名です。アーティスト達は日本に来てから和紙について興味をもっていたので、様々な和紙を手にしてその繊細さに驚いていました。和紙から一本の細い紙糸を作り、織って反物にし、紙(=繊維)でできた着物も展示されています。この技術は「西ノ内和紙」の質があってこそ成せる技だと知る良い機会となりました。
We dropped by "Japanese paper museum" in Hitachi-ota city. One of the Japanese traditional craft, Nishi-no-uchi paper is pretty famous in Ibaraki prefecture. The artists had interested in Japanese paper, and they were surprised to touch it. The kimono made of Japanese paper was also exhibited. It was good opportunity to get to know how high quality the Nishi-no-uchi paper was.
a0216706_1523826.jpg
細密な自身のドローイングに合う和紙を探すアンガ。お店の方に紙糸の作り方を聞くエドゥアルド。衣装なども手がける彼にとって、自然素材からできる繊維(当たり前のことではありますが)について知るうちに興奮さめやらぬものを手に入れて感激していたようです。外国人である彼らの純粋なその驚きや感激は、日常その地域で暮らす人々には気づかない、その土地の産物に自ずと価値を与えます。彼らが「すごい宝物をみつけた!」といってはしゃぐ様子が、わたしたちにも初々しく見えるほどでした。
Anggawan looked for the Japanese paper for his sophisticated drawing. Eduardo asked the shop staff how to make paper string. Because his interest was also in making cloth, he looked excited by the string made from natural material. The artists' emotions gave the production in this area special value that the local people had not realized that it deserved. It was impressive for us to see them say "we found the treasure!".

県南地域とは全く趣の異なる県北の土地でも、彼らの制作のヒントになるような素材を熱心にそれぞれリサーチし、彼らの制作活動も続きます。いよいよアーティスト達も、来るオープンスタジオへ向けて、着々と準備を進めています。
The artists researched the materials to seek the key to create their art works. They are smoothly preparing for the coming "open studio".



そんなケンポクの土地で来年度、秋に繰り広げられる茨城県北芸術祭(KENPOKU ART 2016)のプレイベントのひとつ、アートトーク「アートが地域でできること」が10月15日にアーカススタジオでも開催されます。2010年度に招聘したシンガポールのアーティスト、ソンミン・アンがキュレーターの四方幸子さんと対談します。夜19時30分からのスタートですがぜひ、アーカススタジオへ県北芸術祭に参加するソンミンのこれまでの作品の話や、芸術祭のお話も聞く事のできる機会となりそうですので皆様、お気軽にお立ち寄りください。
KENPOKU ART 2016 will be held in next Fall in Kenpoku region, and before the art festival, we will have this event "art talk; what art can do in remote place" in ARCUS Studio on 15th of October. The past residence artist Song Ming Ang from Singapore is going to discuss with curator Mrs. Yukiko Shikata. We will start from 7.30pm, which might be late for some of you, however, it must be great opportunity to hear her story about her past works and KENPOKU ART 2016. Please feel free to join us.
a0216706_2412976.jpg

[PR]
# by arcus4moriya | 2015-09-12 20:28 | AIR | Comments(0)
9/9ゲストキュレーター飯田志保子氏 / Guest Curator Shihoko Iida
本日は、今年度のAIRプログラム ゲストキュレーターの飯田志保子さんとアーティストのミーティングがありました。飯田さんは、公募の審査から関わっていただいています。
アーティストたちにとっては、自分を選出してくれた審査員に直接会う最初の機会ということで、少しだけ緊張がみられましたが、同時に興奮もあったようです。彼らは、自身の過去の活動や、今後のプラン、その繋がりについてじっくりと話をしました。
Today all artists had meeting with Shihoko Iida who is the guest curator for this year. She takes part in our program examination as one of jury since we started open call.
That was first time for artists to meet the person who selected them, so for that reason they became nervous, however they also felt excited at the same time. They talked carefully about their previous works, activities, plan, and relationships among those of factors.

スタジオ1:ティモテウス[インドネシア]
Studio1 : Timoteus Anggawan Kusno( Indonesia )
a0216706_171599.jpg
黒板に考えていることがびっしり書かれています。考えを整理するために必要なのでしょう。
The black board were full with his idea, which he needs to sophisticate.
a0216706_1723167.jpg

スタジオ2:エドゥアルド[南アフリカ]
Studio2 : Eduardo Cachucho ( South Africa )
a0216706_1724873.jpg
過去のパフォーマンス作品の動画を見ながら説明しています。このパフォーマンスは印象的でした。
He was showing his previous film of his parformance. It was impressive.
a0216706_173339.jpg

スタジオ3:ステファニー[英国]
Studio3 : Stephanie Bickford-Smith ( UK )
a0216706_1733296.jpg
手前のマットが気になりますね。何かフィジカルな研究をしているようです。
There are mat in front, she is using that something physical.
a0216706_1735156.jpg
a0216706_1743480.jpg


11:00に始まったミーティングは、昼食をはさんで16:00近くまで続きました。
初回からみっちりです。
彼らの今後が非常に楽しみです。
The meeting was started from 11:00 until 16:00 including lunch time.
Completely enough for first meeting.
We look forward to seeing how that will be developed in the future.

















[PR]
# by arcus4moriya | 2015-09-09 17:00 | AIR | Comments(0)
9/5 ステファニーとエドゥアルドの陶芸サークル見学
土曜日の午前中はサークルさんがB棟で陶芸をしている、というのでアーティスト達が見学に行きたいと志望。見学のみのつもりが、じゃあ、アーティストさんだから。ということでいきなり粘土を配られ...さぁどうする?
A Saturday morning, One of Ceramic art class are having activity at art class room in Building B, So artists visited to see their class.They were provided a big amount of clay without any advices....how they gonna do?!
a0216706_16115176.jpg
a0216706_16231466.jpg
Atmosphere of making pottery is quite calm.....
陶芸サークルが活動する創作工芸室は、静かで皆さん集中して制作している様子...。
a0216706_16122431.jpg
Eduardo, so serious face....
エドゥアルドの表情も真剣。
a0216706_1612567.jpg
sometime they are checking on each other, how she/he will make a pottery?!
お互いに進み具合をチェックしあうステファニーとエドゥアルド。なんだかつくっているものが似てきているようです。
a0216706_16134430.jpg
a0216706_1620157.jpg
You'll see, they are artists!
初めてなのに、なんとか形になっている、さすがアーティスト?!
a0216706_16203467.jpg
Their first ceramic class were done. the next step is grazing!
彼らにとって初めての陶芸体験はあっという間でしたが楽しめていたようです。皆さんに道具の使い方や片付け方もきちんと教わりました。次回は釉薬をかける工程にぜひいらっしゃい、とのこと。
a0216706_16242150.jpg
どろんこクラブの皆様、飛び込み体験で参加させていただき、有難うございました!
Thank you for having good time, we appreciate this Circle team Doronko!
[PR]
# by arcus4moriya | 2015-09-05 16:10 | AIR | Comments(0)
9/1 スペインからのお客様。アーカススタジオへの取材
Sep.1
アーカススタジオにはアーティスト・イン・レジデンス(以下AIR)事業をこれから実施したいという全国の地方自治体やアーティスト、様々な方からの相談や来訪があります。今日もそんなお客様が、スペインからいらっしゃいました。

We often get advices not only visitors from other region in Japan, but also from other countries. those of people are researchers, artists, and people who like to start new Artist-In-Residence (AIR) activities in their own city, town, prefectures. Today, we had guests from Spain.
a0216706_15481477.jpg
外国から日本のAIRを調査したい、という訪問はアーカスプロジェクトでは時々あります。日本というエキゾチックな国でのアートシーン、日本そのものについて滞在しながらリサーチして、芸術活動をしたいという海外アーティストは想像以上に多いようです。日本でのAIRのはじまりについてはAIR_Jのこちらをどうぞ。

ARCUS Project accept visitors who wants to research about residency.Especially for visitor from oversea, its an opportunity for them to know about art activities in Japan through AIR, purpose to organizing AIR. and depend of characteristics of area, we have more than 50 kinds /various forms of AIR programs in Japan. we are the one of (the oldest) them.
Please refer to this about AIR in Japan (from AIR_J).

今年の公募状況を以前お知らせした通り(ブログ:今年度アーティスト・イン・レジデンスがスタートします)、世界196カ国から81カ国(約41%)から応募があったということは、今年注目すべき値でした。ですが、まだまだ日本のAIRについてはよく知らない諸外国もあるようです。
a0216706_1549308.jpg

As we reported about this year's applicants on the blog, we have received from 81countries out of 196countries ( about 41%) in 2015. it was remarkable point as the biggest number of countries and region of Proposals we have received.
However, we also need to introduce about AIR in Japan to oversea more. Artist in Residency programs in Japan is not known so much yet.

私達のAIRの特徴をお伝えし、選考で選ばれた作家に与えられることについてやその歴史についてもできる限り、質問に答えました。そして各スタジオのアーティストにもインタビュー。各々が質問に答えていたようです。
We are interviewed by visitors from Spain. we explained about our characteristic activities, mission, history and details of grant for selected artists as possible as we can. Then, they moved to artists' studio.3artists were answering to their interview.
a0216706_15501022.jpg
日本にもっと興味をもってもらい、多くの作家が日本での体験を制作活動にも生かしてほしいと思うと同時に、世界のAIRをもっと知りたい、と思うアーカススタッフです。今後もこのような情報交換を国内外問わずにできる機会が増えるとうれしいです。多くの訪問を、お待ちしております!
We most welcome these kind of visiting for research, and want them to promote about AIR in Japan to their own countries. we hope that foreign artists are interested in AIR in Japan. It was good opportunity for us to meet them.To knowing other country's AIR is important for us, too. Thank you for coming from so far! its grateful to share information with visitors from oversea.
[PR]
# by arcus4moriya | 2015-09-01 21:29 | AIR | Comments(0)
One day of Moriya Manabi no Sato
「Hi! Nice to meet you! my name is Mitchy!」
a0216706_1021850.jpg

そういって、毎年やってくるアーティストにご挨拶してくださるのは管理人さん。数名いる管理人さんが毎日入れ替わりで「もりや学びの里」の施設管理をしており、わたしたちが最もお世話になっている方々のひとりに、この方がいます。
There is one of management caretaker for Moriya Manabi no Sato, where ARCUS Studio is in.

春になれば花壇の手入れ、夏になれば冷房のメンテナンス、(今年は守谷市の鳥でもあるコジュケイの出産の世話も4度も!)秋になるとスズメバチ退治や校庭に落ちる枯葉を集め、冬はまた暖房メンテナンス。古い校舎だけに、アンペアが小さいのですぐに停電がおきても、常に冷静に対処してくださいます。それ以上にこの施設の利用者への対応のみならず、スタジオ環境にもいつも気をかけてくださっています。
a0216706_1037198.jpg

They take care of not only building maintenance & security, but also gardening in Spring, maintenance for Air conditioning for Summer season, (additionally, taking care of "Kojukei" Bird's hatching 4times in this summer!), Emergency exterminating Giant hornet, a lots of fallen leaeves collection at ground in Autumn, so on...and always caring about user, who is called "Circle" of this Facility including us.

無事にコジュケイの赤ちゃんの誕生を見届けた今週、そんな管理人さんの一人が本日でお仕事を終えます。アーティスト達はわずかな間でも彼の優しさを感じ取っていたようです。アーカスプロジェクトは日々、様々なサポーターに囲まれて運営できています。ぜひ、生涯学習施設、もりや学びの里へ一度足を運んでみてください。(写真は入り口のリニューアルした看板です!)
a0216706_1045228.jpg

We knew that "Kojukei" couple made new 2-little family in this week. ("Kojukei- Bamboo pheasant," is our official Moriya city bird.) This day, one of caretaker leaves from this job. he was the one who really has been taking care of hatching with artificial incubator in this summer season, and finally could see new family in the cage before his leaving. Also, He looked after new ARCUS resident artists even in a very short period of time.
we are supported by such a wonderful people in Moriya. Why don't you drop by? (this is new sign board!)
[PR]
# by arcus4moriya | 2015-08-29 20:15 | AIR | Comments(0)
8/25 アーティストたちのプレゼンテーション/Artists' presentation
皆さん、どうもこんにちは。藤本です。招聘アーティストが8/18に来日して、約1週間が経ちました。
本日は、アーティストたちがそれぞれこれまでやってきた活動と、ここアーカスプロジェクトでやろうとしていることを互いに話す機会をもちました。内部でのプレゼンテーションです。
Hello, Yumiko is writing about the artists' presentation on 18th Aug. They have spent the time here around a week.
They introduced their previous activities and projects which they are planning.

まずは最年長のエドゥアルドから。といっても彼も30歳、若手です。
First Eduardo who is older than the others. But still 30 years old, should be a young artist.
a0216706_12571112.jpg
彼はこれまで、主に映像や、映像を用いたレクチャー・パフォーマンス作品を制作しており、今回の滞在では、日本と諸外国の関係における移民の歴史・現状についてリサーチし、パフォーマンスや映像作品を制作する予定。茨城県にいる日系ブラジル人の人々について調べており、日本とブラジルの政治的な関係から導かれる彼らの社会的生活に興味をもっています。
(※代わりにアーティスト本人のコメントを掲載致します。)
During my stay at ARCUS Project I will undertake research with Brazilian-Japanese locals in Ibaraki. I am interested in the social lives of these locals related to the political connections between Brazil and Japan. If any Brazilian-Japanese locals in Moriya would like to speak with me, please contact the ARCUS Project office and they can arrange a meeting with me.
a0216706_12592291.jpg
続いて、ステファニー。
彼女は主に、映像やパフォーマンスなどの制作を行っています。今回は、イギリス人でありながら茨城県で生まれた日本人になりきって生活し、文化や慣習の相違点を体験し分析することに取り組む予定。守谷で100日のあいだに地域に溶け込み、観察を重ね、日本人になることに挑戦します。このプロジェクトの目的は完璧な結果を出すことよりも、人々に疑問を投げかけることにあります。
(※代わりにアーティスト本人のコメントを掲載致します。)
During my time in Moriya I plan to conduct a hundred day experiment to try and become Japanese from purely first hand interactions and observations with the local people by immersing myself into the community of Moriya. The intention of the project is to create a space for questions rather than resulting with a final complete solution.
a0216706_12573487.jpg
最後はアンガー。
ドローイング、彫刻、写真、映像、テキストなど、多岐にわたる制作を行っています。滞在中は、市民へのインタビューなどから民話や言い伝えを集め、新たな歴史の発掘や物語の制作を行う予定。
(※代わりにアーティスト本人のコメントを掲載致します。)
I want to conduct research about remembering. I want to invite people and let them draw the map of Moriya by using their memories. As the first bottom-up step to find questions and collecting answers, I'll be using the postcard which contains images i collect in this city as medium. Basically, I want to explore the mnemonic experience (something that makes people remember something) of people in relating themselves to the past, and presents---as part of the community. Through the images I collect (drawing, photographs, etc), I'd love to use the metaphors and metonymy as a "gate" to the people's (collective) memory.
a0216706_1355266.jpg
a0216706_12581034.jpg

普段は、一見仲の良い友人同士にも見える3人ですが、互いを単なる友人ではなく、アーティストとして強く意識できるこのようなタイミングは刺激的なはずです。
They look like friends even if they are not artists. But this opportunity could make important discussion to be conscious each other as artists.
[PR]
# by arcus4moriya | 2015-08-25 23:33 | AIR | Comments(0)
8/21 オープニングレセプション / Opening Reception
皆さん、こんにちは。藤本です。
本日は8月21日に開催した2015年度アーティスト・イン・レジデンス プログラムのオープニングレセプションの様子をご紹介します。招聘アーティストを来賓の皆様に正式にご紹介し、彼等の活動について紹介する大切な日です。
Hello, Yumiko is writing. 21st of Aug was the opening reception of AIR program 2015. It was the important occasion to introduce our resident artists and their activities officially.
a0216706_12562969.jpg

実は少し前から、サポーターさんにもご協力いただいて事前準備を進めておりました。例えば、箸袋に“ARCUS”とハン押しする作業、手のひらサイズのリーフレットの折り作業など、やることがとにかくたくさんあります。会場のテーブルクロスだって一見シュッと見えますが、自分たちで測って切って貼り付けて…と大変でした。それも強力なサポーターの皆様が手伝ってくださいました!
Some supporters had helped us to prepare quite a lot of things for the reception in advance. For example, stamping “ARCUS”mark on covers of chopsticks, folding leaflets, and we set a tablecloth with measuring, cutting and sticking by ourselves.
a0216706_12573645.jpg
a0216706_1311569.jpg
アーカスプロジェクト21年(※プレ事業含む)の歴史の紹介を、過去招聘アーティストのあたたかいメッセージとともに。今年度招聘のアーティストが掲示を手伝ってくれております。
Angga, Stephanie and Eduardo helped to put 21years-history of ARCUS Project including test programs and warm messages from our former resident artists on the wall.
a0216706_1313567.jpg
a0216706_1315936.jpg
会場は、国際交流研修センター(ログハウス)です。雨が降る中の準備はなかなかに大変…
A venue was the International exchange training center (Log House). The preparation in rain was quite tough.
a0216706_13174496.jpg
お料理も到着し、そろそろ開始です。
The food's ready, it will be started soon.
a0216706_13243988.jpg
はじめに、アーカスプロジェクト実行委員会の会長・茨城県知事、橋本昌氏より、続いてアーカスプロジェクト実行委員会の副会長・守谷市長、会田真一氏よりご挨拶があり、
First of all, the chairman of ARCUS Project Administration Committee Masaru Hashimoto who is the governor of Ibaraki prefecture gave a greeting, and next the vice chairman Shinichi Aida who is the mayor of Moriya city.
a0216706_13252922.jpg
a0216706_13254185.jpg
アーティストが自己紹介のち、抱負を語りました。
ティモテウス・アンガワン・クスノ[インドネシア] Timoteus Anggawan Kusno [indonesia],
a0216706_13262412.jpg
ステファニー・ビックフォード=スミス[英国] Stephanie Bickford-Smith [UK],
a0216706_13263531.jpg
エドゥアルド・カシューシュ[南アフリカ] Eduardo Cachucho [South Africa]had a short speech.
a0216706_13265212.jpg
そして、アーカスプロジェクトアドバイザーであり、AIR2015の最終審査員としても関わっていただいた南條史生氏より激励のお言葉を頂戴し、感慨深いひととき。
And the Adviser, Fumio Nanjo who is the director of Mori Art Museum gave a speech with encouragement. He is one of juries for the final selection of this year's AIR program.
a0216706_1326498.jpg
ここで2010年度招聘アーティストのソンミン・アンからのメッセージ。彼はシンガポール出身で、アーカスプロジェクトでの活動後、守谷で制作した作品がシンガポールビエンナーレで発表され、シンガポール美術館に所蔵されました。その後も活躍し、この秋開催のイスタンブールビエンナーレなど、世界の国際舞台での国際展に出展が決定しております。先月、5年ぶりに再来日を果たしました。ちなみに映っているのは、その作品の短いバージョンです。
Before a toast, we had a short screening which showed a artwork by Song Ming Ang. He was invited as our resident artist in 2010. “Be True to Your School” created by him at that time in Moriya, is actually 5-channel video but we show its short version, a single channel. It was showed at Singapore Biennale, and then a collection of Singapore Art Museum. He became a remarkable artist after ARCUS, will be entered upcoming İstanbul Biennial 2015 in this Autumn.
We met him this May in Moriya, Thank you for coming back to Japan.
a0216706_1327993.jpg
乾杯!
ちなみに、アサヒビール株式会社からたくさんのドリンクをご提供いただきました。ありがとうございます。
Make a toast to our resident artists and all people supported us! with drink from Asahi Breweries, Ltd.
a0216706_13273242.jpg
a0216706_1328488.jpg
a0216706_19174364.jpg
a0216706_1918534.jpg
a0216706_13364699.jpg
最後になりましたが、今回司会を務めてくださった、一般社団法人コモン・ニジェールの福田英子さん。どうもありがとうございました。
Thank you for a wonderful compere, Mrs. Hideko Fukuda who is a representative of Comment Niger.
a0216706_1337259.jpg

素晴らしいフードは、 さくら坂VIVACE、 ハンスホールベック、 寿し屋の小平治 より。
また、今回は茨城の美味しいものを皆様にご紹介したいということで「茨城を食べよう運動推進協議会」から、常陸牛のローストビーフとシャインマスカット、県産ワインを提供いただきました。
Beautiful food from sakurazaka VIVACE, Hans-hohlweck, Koheiji as cooperation. They have nice restaurants in Moriya. And for this time, Ibaraki wo Tabeyou Suishin Kyogi Kai Which is the association to promote local food production presented some roast beef of Hitachi-ushi, shine muscat and wine in Ibaraki.

どうもありがとうございました。
Thank you for all people supported and visited!
[PR]
# by arcus4moriya | 2015-08-21 22:36 | AIR | Comments(0)
8/20 オリエンテーション / The Orientation
皆さん、どうもこんにちは。藤本です。
本日レジデントアーティストたちは、オリエンテーションを受けました。茨城県庁国際課からカサンドラさん、守谷市役所からヨークさん、ルイーザさんにスタジオにお越しいただき、茨城県全体について、守谷市について教えていただきました。観光情報からゴミの出し方まで…!制作にも、生活にも有用な情報です。

Hello, everyone. Yumiko is writing.
Our resident artists had a orientation by Cassandra from Ibaraki pref office and Jörg, Louisa from Moriya city hall. It was the information about whole Ibaraki and specifically for Moriya. Tourist attractions, special products and even the guide for sorting and disposing of recyclable resources and waste! It should be very useful information both as residents and artists.

皆、真剣な表情で聞いております。
That's why they were listening with serious looks.
a0216706_16154471.jpg
a0216706_16161022.jpg


これから、日本での制作と生活が同時に始まります。
Their artistic activities and living started in Japan.
[PR]
# by arcus4moriya | 2015-08-20 22:11 | AIR | Comments(0)
2015年度招聘アーティスト来日 / Resident Artists 2015 arrived
皆さん、どうもこんにちは。藤本です。
本日8月18日(火)、2015年度の招聘アーティスト3人が来日しました。今年は、インドネシア、英国、南アフリカから、ティモテウス・アンガワン・クスノ、ステファニー・ビックフォード=スミス、エドゥアルド・カシューシュを招聘し、8月18日から12月5日までの110日間アーティスト・イン・レジデンス プログラムを実施します。

Hello, Yumiko is writing. Today was the day that our resident artists arrived. 18th August. We have invited Timoteus Anggawan Kusno from indonesia, Stephanie Bickford-Smith from UK and Eduardo Cachucho from South Africa. Eduardo was living in Belgium, so he had his flight from there.

まず、成田に到着したのは、ティモテウス(インドネシア)。“アンガー”というニックネームです。
First we met Timoteus at the Narita International Airport. Please call him Angah.
a0216706_1824098.jpg

続いて、エドゥアルド(南アフリカ)。この表情、よくしています。
And next, Eduardo arrived. He often makes this a bit fanny smile.
a0216706_1813053.jpg

一旦2人を守谷のアーカススタジオへ送り、時間をあけて遂にステファニー(英国)の到着です。
We took two guys to ARCUS Studio in Moriya, and caught Stephanie at last.
a0216706_1818855.jpg

全員が無事に到着し、とりあえず一安心。アーカスプロジェクト、22回目(※プレ事業含む)のアーティスト・イン・レジデンス プログラムが始まりました。皆様、どうぞ彼らをよろしくお願い致します。

Eveyone had a safe journey. It made us relief, and meant 22nd (※Including a test term)AIR of ARCUS Project started.
They will spend special 110 days from today.
[PR]
# by arcus4moriya | 2015-08-18 22:00 | AIR | Comments(0)
今年度アーティスト・イン・レジデンスがスタートします。
a0216706_1582412.jpg
いよいよ夏も残暑のはず...がものすごい暑さの本日、アーティストが続々と到着しています。
今年もこの季節がやってまいりました。
22年目を迎えたアーカスプロジェクトのレジデンスプログラムは、プレ事業の1994年、パイロット事業の1995年から2000年までの6年を含め、22回目となります。今年の応募の様子をご報告します。


2003年度に公募制を導入してからちょうど13年目を迎えた今年、世界からアーカススタジオでのレジデンスプログラムに参加したいと届いた応募者数は、昨年度よりちょっと減ったものの、御陰様で、
599組という数に達しました。
今回はユニット、または複数のメンバーでの応募(ひと組として換算)が増えたため、実際には600数十名の応募者(延べ人数)でした。

推移を見ますと、(*クリックすると当時の招聘アーティストが閲覧できます。)

2003年度:125名(37カ国・地域)のうち5名 
2004年度:180名(45カ国・地域)のうち5名
2005年度:246名(48カ国・地域)のうち5名
2006年度:281名(51カ国・地域)のうち5名
2007年度:304名(60カ国・地域)のうち5名
2008年度:350名(63カ国・地域)のうち4名
2009年度:401名(57カ国・地域)のうち3名
2010年度:426名(70カ国・地域)のうち3名
2011年度:174名(55カ国・地域)のうち3名
...無論、東日本大震災の影響を多大にうけたことは言うまでもありません。
2012年度:337名(63カ国・地域)のうち3名
2013年度:344名(47カ国・地域)のうち3名
2014年度:640名(78カ国・地域)のうち3名
2015年度:599組(81カ国・地域)の中から、3名招聘決定。←今ココ。
a0216706_1542739.jpg
(今年、デザイナーの木村稔将さんに作成していただいたリーフレットの一部より抜粋)
a0216706_15435353.jpg
今年度の3人を加えると、94人/30カ国・地域のアーティストがアーカススタジオで活動してきた計算になります。決して大きな数ではありませんが、着実に世界の国際舞台で活躍しているアーティストがこの門(ラテン語でアーカスとは門の意。)をくぐっています。
今年度は、応募してきた国・地域数が過去最大数の81カ国・地域に増加したことが特筆すべき点といえるでしょう。
昨年度滞在したキプロスやアルゼンチンのアーティストなど、滞在後に情報がその近隣諸国に伝わるようです。
そして今年は初めて、アフリカ大陸は南アフリカからのアーティストも選ばれました。


20年前、1990年代初頭の日本ではまだわずかな所でしか行われていなかったアーティスト・イン・レジデンス。
(1994年頃ですとまだFAXでやりとりをし、まだ何でもそろっているレオパレスのようなアパートもなく、携帯電話もない、オンライン応募もない時代です)時代とともに芸術表現のみならず、それを受け入れる土地も変化しています。


じわじわと日本でのアーティスト・イン・レジデンス(AIR)が世界でも認知されるようになり、国内外でのデータベースができ、インターネットの普及により海外からのアクセスがしやすくなったのが読めてきます。国内でも多くの地域でAIRが活用されるようになりました。

22年実施し続けた結果、その資料も膨大になっています。
作品を残すことに特化していない、アーカススタジオのレジデンスプログラムでは残された記録資料で時代背景・文化背景を読むことが出来ます。社会にどう反映されているか、どんなことを当時求められていたか。など、その貴重な記録を今後どのように活用していくかについては適切に整理しアーカイビングしていく必要性もあり、先日、P+ARCHIVEさんのインタビューにも答えさせていただきました。

アートプロジェクトを実施していく中で起こりうる出来事や経過を今後どのように日本のAIRの事例のひとつとして残していくか、が私たちの課題です。そのようなアーカイビングに興味のある研究者やアーティスト、学生さんやアートプロジェクトに興味のある方へもぜひ、アーカススタジオへ一度立ち寄っていただければと思います。
スタジオ見学も申込み頂ければ随時、受付けています。

守谷市内の方も、守谷市の広報もりや・図書館の掲示板や町内の回覧などで↓↓↓↓↓↓このチラシを目にした方もいるかと思います。少しでもご興味がありましたらどうぞお気軽にお立ち寄り下さい。
a0216706_1611932.jpg

[PR]
# by arcus4moriya | 2015-08-17 14:44 | AIR | Comments(2)
オープンラジオ夏の陣 88.oMhz @守谷祇園祭
皆さん、こんにちは!藤本です。
本日7月25日は守谷市にある八坂神社の祇園祭です。アーカスプロジェクトは、毎年会場ほど近くの場所でオープンラジオを実施しております。1年に1度のこの祭。八坂神社へ続く旧道が、恐ろしいほどの人で溢れ返り、気温・湿度が上がるんじゃないかというほど皆の血が騒ぎます。
a0216706_19411085.jpg

オープンラジオとは…
微弱電波を利用することで、自主企画番組を目に見える距離の中で発信し、視聴者とその場でのコミュニケーションを図るプログラム。数台の受信用のラジオと発信機器があればどこでも実施可能です。
今回は、アーカスプロジェクトサポーター、河合幹貴さんが企画&メインパーソナリティを担当し、本町のリカレント☆ねっと事務所からお送りします。
a0216706_19424193.jpg
石井さんは、藝大時代の手作りはっぴで登場です。
a0216706_20575834.jpg

18:00からスタートです。最初の飛び入り参加者は昨年もこのラジオに参加してくれたご兄弟でした。外は明るく、各エリアの山車6台もまだ八坂神社には来ない時間帯だろうと思っておりましたが…
a0216706_19445564.jpg
去年の話や祭の話をしている最中、
オープンラジオ名物 “山車が目の前にやって来たら、実況のち一旦中断” 。さっそく登場です。
a0216706_19462743.jpg
盛り上がっております。山車の上では2人のひょっとこが、途切れることのない太鼓と笛の音色に合わせて踊り続けます(すごい体力と精神力!)。それぞれの山車の形や装飾の違い、はっぴの模様、着こなし、ヘアスタイル(やんちゃ度)。これらを見比べるだけでも楽しくて仕方ありません。
a0216706_19574234.jpg
a0216706_19503271.jpg
私事ですが、昔は祭嫌いで、全然乗り切れない、たいそう冷めた子どもでした。「酔っぱらってギトギトした大人キラーイ」的な。しかし、大人になるにつれて“血の騒ぎ”を感じることができるようになってきたのです。
祭とは、乗るとか乗らない、そういう問題ではないんです。
「注入」であり、「解放」の時なのです!
a0216706_20122836.jpg
a0216706_20201038.jpg


…話が逸れましたが、河合さんは初パーソナリティだったため、アーカススタジオスタッフが時々ちゃちゃを入れながらお送りしました。飛び入り参加者の日常の話、中学生が一生懸命語る将来の夢。お囃子をBGMにそれらをきいていたら…「守谷っていいな。」そう思えました。
a0216706_20202242.jpg
踊るひょっとこ、太鼓、笛、山車を引く人、声を出す人、神輿を担ぐ人、皆きっと仕事の後に集まってこの日のために練習を重ねたんだろうな。ラジオに参加してくれた中学生の子たちが、そんな人たちのことを「格好いい。自分も将来やりたい!」と言っていたんですよ。素敵な文化です。

19:30を過ぎてラジオが終了し、その後は神社近くで6台の山車とありえない人数の観客がごった返す中でシャウトしながら、この祭を構成する全ての人々に感謝の意でした。


そして、河合さん、初のパーソナリティお疲れ様でした!
a0216706_2028496.jpg

[PR]
# by arcus4moriya | 2015-07-25 22:34 | オープンラジオ | Comments(0)
7/15(金) 本日のAIS いよいよお披露目会・除幕式典!
本日晴天也。この約3週間、アーティスト・イン・スクールを通して狩野さんと過ごしてきた松前台小学校の児童に、約2週間制作活動した成果をお披露目する日がついにやってまいりました。
a0216706_10455966.jpg
校庭の西側、大きなクスの大木の陰にひっそりとあった大きな飼育小屋の前に、400余名の児童が集まりました。
a0216706_1046502.jpg
a0216706_1134653.jpg
狩野さんはというと...準備は万端!
a0216706_10471968.jpg
そして、この飼育小屋の回りの柵を覆うように、次々と児童が整列!
a0216706_10493071.jpg
a0216706_10495337.jpg
...気分はちょっと囲まれている動物園の動物のような(苦笑。
暑さに負けぬよう、クスの大木が児童たちのために大きな日陰を作ってくれています。全員揃ったところで、お披露目会がスタートしました!今回のAISに多大なるご協力をしてくださった、教務の先生から司会していただきます。
a0216706_10524092.jpg
開会の言葉に児童から。担当スタッフの話もさせていただき、いよいよ、狩野さんにこの2週間の活動と作品についてスピーチしてもらいます。
a0216706_1054498.jpg
これまで、図工室にできた狩野スタジオで、狩野さんが見せたこと教えてくれたこと、様々な児童との興味や好奇心による会話が、狩野さんと児童との間で繰り広げられました。知らなかったことを探求して調べて、みんなに知らせて知識を共有し、場所を変えてアーティストが変化をおこすと、児童もそれに対応していく姿は、日々の活動の中で1羽の鳥を通じて如実に発展していきました。
a0216706_11331641.jpg
アーティストの狩野さんがいる間、いろんな木で、ハッカン先輩の止まりやすいかもしれない止まり木を組み立てていき、児童には自然と動物の関係や、人間がすごしやすいと思う「家」と同様に、鳥にもそんな居心地の良さを感じたりする場所はどこにあるのかな?という、普段考えないような意識を傾けてみるような体験ができたと思います。植物や、果実をテーマにシールやテープや、考えもしたことのない材料も使ってドローイング作品を作る狩野さんの動作も、児童たちは熱心に見ていました。「自然の設計」というテーマそのものを、体現して下さっていたようにも思えます。
a0216706_1744852.jpg
                                     (写真:加藤甫)   その成果を除幕式という形で、テープカットでお披露目します。松前台小学校の校長先生と、狩野さんに、手作りでセットした幕(図工室からお借りしました◎)を張っているテープをカットしてもらってお披露目する算段。
スタッフから児童や保護者の皆さんに、新居に住み始めたハッカン先輩のあだ名を一緒に呼んでもらおうと、声をかけます。「それではいいですかぁ〜?せーの!でセンパ〜イて呼んでね」
などと伝えた瞬間、どこからか別の方向からかぶる声が。ここからアーカスのカメラでどうぞ。
あら.......
a0216706_11223586.jpg
a0216706_11225096.jpg
a0216706_1123553.jpg
a0216706_11231855.jpg
一方で、真正面から撮影してくれていたプロのカメラ目線ではどうでしょう?↓(写真:加藤甫)
a0216706_17501363.jpg
さぁ、みんなが楽しみにしてますよ〜。「せ〜〜〜〜〜〜のっ!」
a0216706_17552980.jpg
a0216706_17554048.jpg
a0216706_17555241.jpg
a0216706_1756479.jpg
a0216706_17562439.jpg
a0216706_17564412.jpg
a0216706_1757125.jpg
a0216706_1759239.jpg
a0216706_1803389.jpg
a0216706_1812532.jpg
a0216706_1813524.jpg
ここまで(写真:加藤甫)
ある記者が「もっとこっち向いて!こっち向いて!」とカメラの方向に向くように指示した瞬間.......

今回のテープカットのために、センパイの羽をデコレーションして用意していたハサミの切れ味が良すぎました....児童たちが「センパ〜イッ!!」と呼ぶ声を聞く前に、呼ばれた方に向いたハサミがあたってテープが切れて除幕されるという.....(- _ - ;;
残念ながらフライングで除幕式終了。自分で叫んでおいて、シャッターチャンスを逃した記者が「なにやってんだよー!」と先生に怒号を飛ばした声が、大人も児童も回り全員に聞こえました。残念でしたね(苦笑。先生も狩野さんも終始苦笑いでしたが、児童たちの拍手とともに無事にセンパイ邸がお披露目されました。
a0216706_1894628.jpg
児童から感想と狩野さんへの感謝の言葉が述べられ、
a0216706_18103777.jpg
校長先生からも有り難いお言葉をいただきました。
a0216706_1815563.jpg
暑い日差しの中でしたが、無事式典の終了後、ここからは、元気な児童たちが順番にセンパイ邸まで近づいて、見学タイム。大勢押し掛けてきました!記念撮影後に中へと駆け寄っていくコウハイさん達です。
a0216706_18175146.jpg
a0216706_18193250.jpg
こうして2週間にわたるアーティスト・イン・スクール@松前台小学校『自然の設計/Naturplan』-センパイ邸改修計画- は無事に終了致しました。
a0216706_1827020.jpg
静まり返った狩野スタジオ。元の図工室に戻ったこの教室で、今日まで児童にとっては非日常だった2週間。それでも校庭に目をやれば現実にセンパイが優雅に過ごせていることを願いつつ。教室を後にしました。
a0216706_1828962.jpg
狩野哲郎さん、松前台小学校や地域の皆さん、ありがとうございました。
a0216706_18305199.jpg

[PR]
# by arcus4moriya | 2015-07-15 10:40 | アーティスト・イン・スクール | Comments(0)
7/14(火) 本日のAIS、いよいよお披露目会直前です!
本日もカンカン照りの猛暑到来。暑かったですね〜。朝からすでにセミがないていました。
1限目にもセンパイ邸見学にきてくれた児童たち。
a0216706_336727.jpg
日よけにタープを設置して狩野さんの解説からはじまりました。
a0216706_3303799.jpg
日差しがまぶしすぎるのでセンパイの白さも増します。
a0216706_332185.jpg
昨日できたデッキも、みんなが乗っても大丈夫。
a0216706_3335821.jpg
昨日から、児童とのこの近づき加減に驚かされています。こんなにセンパイ近づくこと、あったでしょうか?
a0216706_340927.jpg
ちょこっと羽でつついてみても物怖じしないハッカンセンパイ。
a0216706_3411169.jpg
少しずつ松前台小の仲間と認識してきているのかも?!今日の質疑応答でも面白い質問がありました。大人はどう返すんだろう?というような難解な質問。「なぜ鳥は空を飛ぶの?」....「鳥だからだよ」と先生は答えていましたが、実際になんでだろう?と考えたこともなかったです。そして鳥の祖先が恐竜だったことを知った児童もじっくりセンパイの足下や爪を観察していきました。

授業が終わると業間休み。あいにく熱中症にならないようにと、外に出る児童はいなかったようです。それもそのはず、この日差しの強さ。
a0216706_3422191.jpg
お昼休みもまだまだ気温が上昇中でした。代わりに狩野スタジオへやってくる子たちは...
a0216706_34812100.jpg
プール上がりですか。うらやましいですね(笑)。午後に取材も入りました。
a0216706_3515285.jpg
午後は日差しがかげるのを待って、最後の追い込みに入ります。....といってもまだこの日差し....!
a0216706_3495091.jpg
明日のお披露目会のための最終準備です。
a0216706_3594747.jpg
何をしているかというと...明日のお楽しみです。
a0216706_40262.jpg



そして作業の最終日に、まさかこんな瞬間がついに来ようとは!
a0216706_3235441.jpg
ふたりのアー写でしょうか。なんだか微笑ましい写真が撮れました。
a0216706_3244319.jpg
センパイと狩野さんのツーショット。明日がアーティスト・イン・スクール@松前台小学校の最後の活動日。「自然の設計」シリーズに仲間入りした『センパイ邸改修計画』はもうすぐその計画の完成をお披露目します。
[PR]
# by arcus4moriya | 2015-07-14 16:28 | アーティスト・イン・スクール | Comments(0)
7/13(月) 本日のAIS、暑いです! 授業見学と仕上げの制作。
月曜日の朝もサンサンと輝く太陽。まるで真夏のような日差しになりました。午前中はちょっとだけ出張して3年生と6年生のクラスを見学に。
a0216706_2205115.jpg
8020てどういう意味なの?とたずねたところ...
a0216706_2213572.jpg
こういうことだそうです。
a0216706_2225388.jpg
6年生は地球環境をテーマにしたポスター。今は検索画面が大きなモニター黒板?で表示される時代なんですね...驚きです。
a0216706_311189.jpg
夏休みの宿題でポスター、あったよな...などと思い出しながら授業を拝見させていただきました。業間休みにはこれまでのプロセスを見に来る子たち。
a0216706_2244695.jpg
ずいぶん日常的に狩野スタジオへ足を運ぶ児童が増えてきました。児童たちにとっての非日常が日常になってきた、ともいえるでしょうか。ベランダに出れば狩野さんがいなくともセンパイ邸を見に来る児童たちが見えます。
a0216706_2271974.jpg
完成を楽しみにしてくれているのだと思うとうれしいですね。
a0216706_2281746.jpg
センパイはというと...なに、この距離感!
a0216706_2285911.jpg
子どもたちには近づいている気がする?!
a0216706_2292894.jpg
始めの頃に比べたら鳥も変化を遂げている模様。
a0216706_2301383.jpg
どんどんセンパイ邸の内装も色がついてきました。
a0216706_234639.jpg
狩野さんは、というと...
a0216706_2312938.jpg
デッキができてる!狩野さんも最後の仕上げにかかっているようです。中で作業していても平気になってきたセンパイ。あいかわらずノドをならして妙な鳴き声を発していますが。
a0216706_237405.jpg
電動ドリルを使ってもこの距離感。
a0216706_2423334.jpg
手前にはコキアも登場。
a0216706_2425789.jpg
ひとつひとつのパーツが計算でははかれないバランスを保って、さりげなく美しく整ってきているようです。
a0216706_244520.jpg
ほぼすべてが「木材」であるこの空間は
a0216706_251358.jpg
センパイにとって住み心地のよい新居となるでしょうか。
a0216706_2463177.jpg
どんどんセンパイとの距離感が縮まっていくような気がしています。
a0216706_247249.jpg
近づいてきたなあと思ったら
a0216706_2475718.jpg
飛ぶんですが....!!
a0216706_2482627.jpg
そんな高い所に止まっておりられるのか?と心配にもなりますが
a0216706_249356.jpg
a0216706_2582712.jpg
心配ご無用のようです。
[PR]
# by arcus4moriya | 2015-07-13 01:53 | アーティスト・イン・スクール | Comments(0)
7/10(金) 本日のAIS、ようやく晴れ!
まぶしい太陽がカンカンと照りつける午後、真っ赤な帽子のかわいい一年生たちがハッカンセンパイ邸を見学にきました。今週ずっと雨だった天気も、嘘のように晴れ渡り、ようやく太陽の光を見た金曜日。
a0216706_0351981.jpg
松前台小学校はひと学年2クラスあって、この日も1年生の2クラスが順番に訪れました。まずは狩野さんがどんなことをやってきたのかご紹介。
a0216706_0365134.jpg
この中にいる『ハッカン』というキジの種類の鳥が、なぜ、「センパイ」という名前なのかを児童が質問すると、狩野さんからこの鳥がいつからいるのかはわからないけれども7年以上ここにいて、みんなより先輩であること、そしてこの鳥の特徴について教えてくれました。鳥小屋の中に狩野さんが入ると、一緒に小屋の中に入ってみたい!という児童が挙手。
a0216706_0393774.jpg
順番に入り口までいってセンパイのおうちにお邪魔してみることに。
a0216706_0411038.jpg
並んで入るのに、おしあいへしあいしていたのに、いざ入ってみるとおそるおそる中を覗き込む後輩さんたち。
a0216706_0401675.jpg
鳥の気分になると、こんな感じなのかなぁ...
a0216706_125268.jpg
そして口々に「センパイこんにちは!」と挨拶をする児童。ハッカンの鳴き声を教えると、みんなまねを始めて...
a0216706_0425849.jpg
だんだん慣れてきたのか、センパイから近づいてきました。
a0216706_0435843.jpg
そして低い声で猿のような声を出すね、と鳥を観察するようになりました。室内を見渡すとセンパイ邸の壁には、まるで床の間にある掛け軸のような、でも自然の素材でつくられた不思議な彫刻のような様々な形がちりばめられていることにも気づきます。
a0216706_0523830.jpg
これまでと全く別世界に生まれ変わりつつある新しい家の奥にたたずむセンパイは以前にもまして雅に見えてくるのでした。
a0216706_0533129.jpg
はじめは落ち着かなかったセンパイも徐々に児童たちに慣れてきたのか、はたまたこれまで、こんな風にみんなに見られることもなかったからなのか、こころなしか児童に興味を示している様子にも見えます。ちょっとずつ、変化があるようです。
一通り、おうち見学が終わっても狩野さんへの質問は続きます。
a0216706_1364333.jpg
「これはどんな道具で作ったのですか?」「どのくらいかけて作ったんですか?」「この鳥はどのくらい飛べるんですか?」....子どもたちの疑問は次から次へと止まりません。
a0216706_057468.jpg
アーティストがひとり、小学校にいるだけで、今まで気づかなかった生き物の存在に興味を示してくれたこと、そしてアーティストという職種の人が疑問に思うことを調べたり実験したり、考えたりすることを仕事にして作品を作っている姿を少しでも身近に見せることで、児童たちの好奇心から自然や動物や芸術や道具やお家や....様々なことに対して、より深く探究心が芽生えてくれるとうれしいです。この様子は、松前台小学校のホームページでも紹介されています。ありがとうございます。
a0216706_13715.jpg
お披露目会まであともう少し。アーティスト・イン・スクール 『自然の設計』 -センパイ邸改修計画- 、狩野さんは最後のしつらえに入ります。
[PR]
# by arcus4moriya | 2015-07-10 17:53 | アーティスト・イン・スクール | Comments(0)
7/9(木) 本日のAISはプチお引っ越し。
梅雨のジメジメした天気が続きますね。こんにちは、石井です。先週の木曜日は午前中に低学年の児童たちがスタジオにやってきました。
a0216706_2055558.jpg
黙々とドローイングを進める狩野さんと、活発な児童たち。狩野さんの動作を休み時間、ずっと観察しているようでした。1年生は教室のある一階から狩野さんのいる3階まで毎回あがってきています。嬉しいですね。
a0216706_2161528.jpg


業間休みが終わったところで、センパイ邸の鳥小屋へ。雨がふりしきる中、一度センパイを新居にいれてなじませてみようと、実験的に引っ越してみました。
a0216706_2056884.jpg
緊張気味のセンパイ。
a0216706_20573112.jpg
鳥にもGPSのような仕組みがあるらしく、視界がかわるとその間になじむまでちょっと時間がかかるそうな。壁の前をうろうろしながら、元の小屋とうってかわった空間にソワソワ。雨曇りなのに、明るい新居。
a0216706_20584379.jpg
そして、何が変わったかというと、金網の目が大きくなったので、小屋の中がすっきり見えるようになりました。こないだまでの目の細かな金網では、センパイもあまり外が見えていなかったかもしれません。視界が広まると、外にいる私たちの方へも視線を向けるようになりました。
a0216706_2121472.jpg
この鳥小屋が変わっていくまでのプロセスも、随時狩野スタジオで更新しています。
a0216706_2135934.jpg

明日は金曜日、もう雨もやむでしょう。センパイ邸はどんな風に変わっていくのか、乞うご期待!
[PR]
# by arcus4moriya | 2015-07-09 20:47 | アーティスト・イン・スクール | Comments(0)
7/8(水) 本日のAIS、スタジオ見学とセンパイ邸塗装
a0216706_7483432.jpg
今日の狩野スタジオに見学児童が集まりました。
a0216706_7494737.jpg
絵の描き方、というよりも道具の使い方、を見せたりこれまでの狩野さんの作品や松前台小学校での制作過程を説明しました。
a0216706_8112691.jpg
いつものように囲まれる狩野さん。子どもたち用の狩野作品ポートフォリオを真剣に見始める児童や、小さな小枝でできた彫刻、のようにも見える作品のパーツ、または制作に使う道具にも興味を示す児童たち。教室での授業よりも現場が見られて楽しいかもしれません。
a0216706_8115844.jpg
a0216706_8121380.jpg
鉛筆一本にしても、削り方や傾け方の違いで、様々な表現ができることを実演しました。順番に描き心地を実感してもらいます。
a0216706_812329.jpg
a0216706_8132212.jpg
さっそくいろいろな線で絵を描いてみる児童たち。「うわぁ!こんな鉛筆で描くの楽しい〜ぃ!」というお言葉を聞き逃しませんでしたヨ。にぎやかな休み時間でした。
a0216706_814469.jpg
さて、センパイ邸の改修は続きます。少しずつ、木材の空間ができてきます。
a0216706_8143482.jpg
壁も塗装します。外ははげしい雨、でも塗りは楽しい作業。
a0216706_11394113.jpg
a0216706_8233641.jpg
雨がやみませんが、軽やかなBGMで作業は進みます。床の土台も、多様なサイズ、色合いの木材で組み立てられていきます。
a0216706_8213381.jpg
センパイが元の小屋に戻る日ももうすぐです。
a0216706_8242420.jpg
狩野さんは、色合いの選び方や素材の扱い方が丁寧で、選択の仕方としてそこにあるもの同士の組み合わせ方、マッチングのさせ方に偶然性もはらむ、独特なバランスの取り方が興味深いです。
a0216706_8285566.jpg
なかなか雨はあがりませんが、日々変化がおきています。少しリラックスしてきたのか、甲高い声でセンパイも鳴き始めました。アーティスト・イン・スクールによるセンパイ邸のお披露目会は最終日の7月15日(水)です。ぜひ一般の方もお越し下さい。
a0216706_8332651.jpg

[PR]
# by arcus4moriya | 2015-07-08 07:37 | アーティスト・イン・スクール | Comments(0)
7/7(火)本日のAIS、鳥小屋改修続く!
さて、昨日から始まった改修。お天気さえよければ...ともいいたいところですが、猛暑でも厳しかろとのことで全員つなぎ着用で作業は続きます。2限目あとの長い業間休みに、昨日からの変化に気づいた子どもたちが鳥小屋に向かっているのが見えました。
a0216706_6311871.jpg
昨日は終日、鳥小屋にいた狩野さんに皆も会いたくてそわそわしていたような。スタジオにいってもいなかったからですね。
a0216706_6264462.jpg
校庭もご覧のように水たまり。鳥小屋前もぬかるんできてはいるものの、人間用の小屋=タープを用意しています。
a0216706_6281636.jpg
蚊の対策もばっちり。本日はセンパイ邸の洗浄から。
a0216706_6323534.jpg
a0216706_633169.jpg
柱に刺さった釘抜きと、土壌や壁の洗浄を進めます。たま〜にかわいい小動物も現れたりして(苦笑)。
a0216706_6342579.jpg
a0216706_6361439.jpg
センパイといえば、なんだか落ち着かない様子で隣の小屋でじっとしています。
a0216706_6392183.jpg
壁も金網も、そしていつも先生らがえさやりに入ってくる小屋の入り口もまんべんなく、水を撒いて洗浄。
a0216706_638124.jpg
そうこうしているうちに給食時間が過ぎ、お昼休み。ハッカンセンパイみたいな真っ赤な帽子で児童たちが集まってきました。
a0216706_6455264.jpg
実はこれまで鳥小屋の存在に気づかなかった児童もいたようで、ニワトリだ!と勘違いしてニワトリの鳴き声をまねをしてはしゃぐ子も。これはキジの仲間なんだよ。と教える狩野さん。センパイもあまり眺められたことがなかったのか、終始緊張でおとなしく。
a0216706_6473266.jpg
ハッカンセンパイを見に来たんだか、狩野さんを見に来たんだか...w
a0216706_6522879.jpg
初めてハッカンの羽の美しさに気づく児童たちでした。放課後も作業は続きます。男手助っ人の朝重さんも出動。これまで目が細かくて見えづらかった金網から、すっきりした幅の広い金網に張り替え。
a0216706_6591635.jpg
a0216706_6484711.jpg
センパイ邸の洗浄を終え、ついに狩野さんの内装改修にとりかかります。
[PR]
# by arcus4moriya | 2015-07-07 05:59 | アーティスト・イン・スクール | Comments(0)


S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31