11/26 イェン パネルディスカッション「CAN WE TALK ABOUT MAVO ?  -マヴォについて話さない?」/'CAN WE TALK ABOUT MAVO?' by Yen
皆さん、どうもこんにちは。藤本です。
Hello, this is Yumiko.

“CAN WE TALK ABOUT MAVO?”
マヴォについて話さない?日本のダダ・ムーブメントのための、日本(現代)美術の位相の仮設プラットフォーム

イェン・ノー企画のパネルディスカッション
「CAN WE TALK ABOUT MAVO ? -マヴォについて話さない?」
11/26日(土)16:00 - 17:30

本日モデレーターを務めるアンドリュー・マークル氏 [ART iTインターナショナル版副編集長]との打ち合わせの様子。
The artist, Yen and today's moderator Andrew Maerkle [ART iT international deputy editor] are having a meeting.
a0216706_1683473.jpg
パネルディスカッションはプロジェクトの一部。本格的なドキュメントが必要ということで、撮影はARTISTS' GUILDにお願いしました。
This panel discussion was organized a part of her project.
ARTISTS' GUILD helped us with professional documentation.
a0216706_16101110.jpg
間もなく始まります。
We soon start.
a0216706_169198.jpg
パネリストの3名です。写真左から、上崎千 氏 [芸術学/アーカイブ理論]、白川昌生 氏 [美術家/美術評論家]、アンドリューさんをはさんで、外山恒一 氏 [「九州ファシスト党〈我々団〉」総統。革命家。]
These are today's panelist, (from the left to the right) Sen Uesaki [Art theory/Archive theory], Yoshio Shirakawa [Artist/Art critic], Andrew, and Koichi Toyama [Leader of Kyushu-Facsist party〈Warewaredan〉, Revolutionary].
a0216706_16161581.jpg

まずは、イェンが英語で書いた主旨がアンドリューさんによって英語で読み上げられ、通訳の池田さんによって日本語に訳されます。
First, Andrew read aloud the concept of the discussion written by Yen in English, and the translator Mr. Ikeda translated it into Japanese.
a0216706_16173040.jpg
まず、この活動が、日本のアヴァンギャルドへの応答としてのアクションであること。
日本のアヴァンギャルドの歴史化は、西洋、または米国のそれとは異なること。近代化以降日本の美術史はメインストリームを追随し、西洋、または米国の概念や展示を国内に取り入れることにやっきになり、国内のアートムーヴメントや社会運動との間にあるギャップが見落とされ、いまだに検証されていないこと。それが国内のアートムーヴメントとの断絶を引き起こし、日本のアートムーヴメントのダイナミズムが失われたこと。
そして最後に、このディスカッションが文化的権威、またはシンポジウムとして行われるものではなく、問題や課題に非権威的に対応するためのものであるということが付け加えられ、
パネリストは金銭ではなく、交通費と韓国料理のみを謝礼としてお支払いすることを条件に招聘しており、この条件を承諾してくださった皆さんにご参加いただいた旨が観客に伝えられました。
---------
(excerpt from English statement)
Today’s discussion is an action of the reaction to the avant-garde, Japanese avant-garde in particular.
Historicization of Japanese avant-garde has gone through a different process from its process in Western Europe and the U.S. Since modernization, Japanese art has strived to follow the mainstream of art history, that is the major achievements and exhibitions in Western Europe and the U.S., yet its own gap between art and social movements has been overlooked and hardly examined. This led to a disconnection between movements and thus lacks of dynamic in its own art history in the end.
This discussion is neither organized by a cultural institution nor as a symposium or a conference. This means we could be able to deal with the topic in a non-institutional manner.
Including myself, panels are invited without a fee but only transportation and a small Korean buffet—we all accepted her proposals with this condition.
----------

その後、イェンが書いた英語のステイトメントを藤本が日本語訳し、“イェンとして”日本語で読み上げました。(以下に記します)
Then, Yumiko from Arcus translated the statement written in English by Yen and read aloud as Yen. (below)
a0216706_16355253.jpg
-----
この活動は、私にとって初めての試みで、あらゆる交換のあり方・方法について考えるためのものです。そのなかには、労働の仕方や、知識を得る方法、アートによって、特に、作品によってお金を得る方法も含まれます。
今回のプロジェクトで、私は、参加者とともにこの「図書館」の形をもったプラットフォームをつくりました。このプラットフォームは、ひとつにはそういった共同作業そのもの、つまり集団による行為に対する問題提起の場であり、もうひとつには、これまでのどんな制度化された形とも異なる、交換のあり方・方法、知識の共有が可能かどうか。
そして、ともすると時代遅れともとれる「芸術と資本」の問題を、新しい形で表面化することができるかどうか。そういった問題提起の場でもあります。

私が一人のアーティストとして言えることは、そういった問題がアートとビジネスの問題と直接関係があるということです。そこには「交換」という言葉がとても実用的な形で存在していると思います。
私はこれらの問題、アートに関しては、しばしばタブーとされ、きらびやかな見た目によって覆われているこれらの問題を深く探りたいと思っています。

私は、私の作品を何に交換するのか。

このプラットフィオームはそういった問題提起のために、開かれている場です。
-----

This is my very first attempt to think of means of exchange, including labour, knowledge and money in arts, specifically art works.
I gave this platform in order to address not only a question of a collective action, but also a question of what can be other ways of exchanging and sharing knowledge out of any institutional form and how to make a seemingly antiquated question of art and capital rise to a new surface?
As an artist, these questions are directly related to art and business: it is because “exchange” is a very pragmatic sense of word, I want to deepen the questions in terms of arts in which those questions are often tabooed and covered by a glorious exterior.

What do I exchange by means of my art work?
-----
イェン本人は客席に座り、“観客として”その様子を英語の通訳を聞きながら観察しています。
Yen herself was sitting at the audience seat, and observing the situation through English translation as 'an audience'.

a0216706_16225730.jpg
マークルさんから、タイトルの“CAN WE TALK ABOUT MAVO?”は、いくつかの異なる解釈が出来る表現だという話がありました。日本語にすると、今回の訳「マヴォについて話さない?」というものと、捉えようによっては、「マヴォについて話すことができますか?」という実践的な意味。そして、「私たちはマヴォについて話す資格がありますか?」というニュアンスのもの。これら何層かの情報がこの英語の一文ではフラットに並べられてしまうという事実があります。
Andrew mentioned the English title 'CAN WE TALK ABOUT MAVO?' can be interpreted in multiple ways.
Translated into Japanese, it can mean inviting participation like the title today, and also 'are you able to talk about Mavo?', and moreover, 'are we entitled to talk about Mavo?'
These various layered information is flattened in one English sentence.
a0216706_1625555.jpg
白川さんからマヴォの概要と活動の特徴などが紹介され、さらに日本の芸術家が表現の自由を獲得していないこと(そして、いまだに…)、マヴォが日本美術史においてはあまり評価されていないといった話に。
Mr. Yoshio Shirakawa introduced the outline of Mavo and character of its activity, and talked that artists in Japan hasn't yet attained freedom of expression, and the fact that Mavo hasn't been evaluated in Japanese art history.
a0216706_16265579.jpg
マヴォ(の)宣言を読み上げる上崎千さん。マヴォ宣言は3つあり、実はとても長いです。
(私は、上崎さんがイェンから事前に指示を受けたのかと思いましたが、実はそういうことではありませんでした。アーティスト本人がこのディスカッションをどれほどオーガナイズしているかは非常に微妙なラインです。)
Mr. Sen Uesaki is reading Mavo's manifest. There are three statements and they are actually long.
(I thought Yen asked Mr. Uesaki to read it, but she didn't. It is uncertain to what extent the artist planned the discussion.)

アーキヴィストの上崎さんは歴史主義的ではない芸術活動の捉え方が可能かどうか、という点に関心をお持ちで、
革命家の外山さんは、政治活動の観点から捉えるマヴォの意義に興味をお持ちです。(外山さんは前提として、芸術家が自らの活動を“芸術運動”と名乗ることで、活動を急激に安全なものとしてしまうことに批判的だということにも少し触れていました。)
The archivist Mr. Uesaki was interested in how it is possible to see art movements from non-historicism perspective.
The revolutionary Mr. Toyama was interested in to see significance of Mavo from political perspective.
(Mr. Toyama was basically critical towards the artists who call themselves artists which, he thinks, let their movement tamed.)
a0216706_16251890.jpg
早くも外が暗くなってきましたた。
マヴォがあまり評価されていないというトピックから…
上崎さんから、日本の戦前と戦後の歴史記述は繋がっておらず断絶しているという話から、歴史記述の話へ。
白川さんがデュッセルドルフで企画した日本のダダ展の話_現地でのコミュニケーションで感じた日本の断絶された歴史を伝えることの難しさ。絵画・彫刻が西洋で生まれた方式に依存している現状で、日本独自の表現としての「パフォーマンス」をひとつのカードとしてキュレーターに提案できたという話(マヴォや具体など)。
It's already getting dark outside.
Starting from that face Mavo has been underestimated...
Mr. Uesaki: Historicization of pre-war and post-war period is disconnected in Japan.
Mr. Shirakawa talked about the exhibition of Dada in Japan that he curated in Düsseldorf and recalled that he felt it difficult to convey the disconnected history of Japan at that time. He also talked that he suggested to a curator that performance such as Mavo and Gutai as original representation generated in Japan, while painting and sculpture were dependent on the method brought from the West.
a0216706_16274855.jpg
外山さんは断絶に対して_断絶は第二次世界大戦をはさんで出来たがそれまでは、西洋からの輸入の歴史があるので、その観点からならもしかしたら一貫した記述ができるのでは。戦後は、日本も含めて冷戦構造のなかで、「保守対革新」という二項対立以外の道を探ることが政治運動でも起こった。それと並走するかたちで演劇史は展開していた。美術に対してもそういったことが当てはまるのでは?例えば、赤瀬川原平の作家自身が埋没するような制作スタイルなど…。
それに対しては上崎さんから、それはあくまで過去を振り返ることで定義づけることのできる「美術史的観点」でしかないという指摘。
例として、60年代の前衛作家たちも、自身が亡くなる前に結局当時の作品のオーサーシップを整理しているという話。
Mr. Toyama: the disconnection appeared during the WWII, yet there had been exchange with the West, so it might be possible to write consistent history from that viewpoint. Within the Cold War structure after the World Wars, the momentum which strived to beyond the dualism between 'conservative versus liberal' emerged in political movement in Japan. In parallel with that, the history of theater developed.
He questioned if Genpei Akasegawa's style which one can say that to art as well
Mr. Uesaki: That idea consolidates 'art historical perspective' that only define the facts by looking back the past. Also, avant-garde artists in the 60s organized authorship of the artworks before they would die.
a0216706_16282671.jpg
外山さんから、記述の仕方においては、当時の美術界ではない他分野の活動とリンクさせて記述する可能性の話。
上崎さんから、赤瀬川の千円札裁判の話。その裁判で弁護団側の証人だった石子順造が、その裁判に勝つということは合法化されるということなので、芸術家としては勝つべきではないのでは、と言った、というやせ我慢の話。
白川さんからマヴォの演劇運動の話。演劇のおかげで、村山知義が中国などで崇拝されている話。村山は、演劇運動を始めるにあたって自身の絵画や彫刻などを「自己批判として焼き捨てた」と言っていたが、本当は保管していたという心の葛藤の話(結局空襲で焼けたが)。そして戦前は構成主義絵画を制作していたにもかかわらず、戦後、業界人や実業家の肖像画(具象絵画)を多数制作していたという矛盾の話。ゴリゴリのダダイストではなかった…?
Mr. Toyama mentioned the possibility of wiring art history in connection with other disciplines at that time.
Mr. Uesaki talked about 1000 yen note incident of Akasegawa and the defense witness Jyunzo Ishiko said that winning case would mean legalization of the work so he should not win as an artist.
Mr. Shirakawa: Theatrical movement of Mavo. Tomoyoshi Murayama is known in China for his theater activity. Murayama said that he set fire to his previous paintings and sculptures as action of self-criticism, but he actually stored them secretly (ultimately they were burned because of airstrike though.) Moreover, despite that he was making constructivism paintings in pre-war period, he made a number of portrait (figurative) paintings of businessmen. It is doubtful if he was pure Dadaist...
a0216706_18383887.jpg
上崎さんから、マヴォ宣言で、講演会やポスター・ショーウィンドウの制作なども請け負うと表明していることから、実はずいぶん柔軟な性格を持っているのだろうという話。(戦後の非商業的に活動することを美徳としていた作家たちとは明らかに異なる)。講演会という表現からも、否定だけを目的とした反体制運動とは思えない。
白川さんから、マヴォのメディアに対する意識の話。(講演会、機関紙などでマヴォのイメージを作り込んでいく)。
マークルさんから、「ブロック」というポーランドの前衛美術誌にマヴォが取り上げられていることから、その時代は同時多発的に互いにアピールする手法がとられていたのだという話。同時代性を意識していた。
Mr. Uesaki: Having said that Mavo undertakes lecture, designing poster, or display window in the manifest, Murayama had in fact flexible attitude towards commercial acitvity.
(This is totally different approach from the artists after the war who believed in non-commercialism.)
The word, lecture also sounds that Mavo was not meant to be anti-establishment movement hoping solely negation.
Mr. Shirakawa: Mavo was aware of utilization of media. (They elaborated the image of Mavo through the lectures and bulletin.)
Mr. Maerkle: Mavo was also aware of importance of being contemporary to their comrade avant-garde art abroad.
They appeared in an avant-garde art magazine in Poland at that time.

a0216706_18391411.jpg
上崎さんから、未来派(イタリア、20世紀初頭)の記述の話。未来派は前衛のはずなのに、蓋を明けてみたら戦争賛美&女性蔑視(ファシストの外山さんから「初期のファシスト党の半分は未来派の芸術家ですから。」)。それでも美術史としては、未来派をキュビスムの影響を受けた前衛の系譜として位置づけ、その後に繋いでいる。そういった記述の手法を日本がとっていないというだけでなく、マヴォのもつある種の猥雑性(柔軟性)が美術史上に位置付けづらく、さらにマヴォを「見落とされている」とする判断はすでに西洋的な視点に染められてしまった、歴史記述的な歴史の捉え方でしかない。
Mr. Uesaki: Futurist (Italy, in the beginning of 20st century) was supposed to be avant-garde, yet turned out to be infamous for praise of war and discrimination against women.
(Mr. Toyama: The half of original fascist member were Futurist artists.)
Mr. Uesaki: Art History regards Futurist as avant-garde group who were influenced by Cubism. Japan does not follow that thought and flexible/impure nature of Mavo made it difficult to be written in art history. This very idea that Mavo was overlooked in the history itself is reflection of historicism influenced by Western perspective.
a0216706_18385950.jpg
外山さんから、あらゆる媒体の記事記述をあわせて美術史を作るという提案。
白川さんから、それに近いもの(クリッピング)はあるが、重きを置くポイントの難しさの指摘。
外山さんから「偽史でしかあり得ない」という前提での歴史の作成への批判。それぞれの立場で正史だといえるものを作成して論争することの重要性の話。
上崎さんからAI技術を用いたデータベースとしての歴史作成の可能性と、その読み解きの難しさの話。
外山さんから、民主主義的な決定への批判の話。価値の相対化に疲れる側へのシンパシー。
Mr. Toyama suggested writing art history by combining articles from all kinds of medium.
Mr. Shirakawa: There's already similar idea (clipping), yet then it would be problematic on which point should be based.
Mr. Toyama criticized writing history with the presumption it would only be 'false history'. It is important to have discussion on each one's authentic history.
Mr. Uesaki mentioned that the possibility of writing history as a database generated by AI technology and difficulty of reading it.
Mr. Toyama criticized decision making through democratic way. He felt sympathy towards the side who got tired from relativization of value.
a0216706_18412719.jpg
それをしばらく黙って聞いていた白川さんの「不遜な言い方かもしれないけど、外山さんの言っていることはアートだなと。それをやろうとしているのがアートだなという気がしました。だからアートは政治にはならないというか…。」
上崎さんから、そういう意味では村山はもっと政治的かもしれない、という話。
この時点で終了の時間を越えていたが、全員で「意外とマヴォの話しましたね。」と言いながら、質疑応答へ。
Having listening to Mr. Toyama, Mr. Shirakawa said 'this might sound insolent, but what Mr. Toyama is saying is actually art. I thought it is art that tries to do what he is saying. Precisely because of that, art won't be politics...'
Mr. Uesaki also said that in that vein, Murayama would have been more political.
We had already running out of time at this point, then started Q & A session.

質疑応答では、イェンから「ラディカルは過去のものだと思いますか?」という質問が日本語で投げかけられました。
Yen asked the question in Japanese, 'Do you think being radical is outdated?'
a0216706_1840404.jpg
外山さん_「それは…僕は過去のものとは言えないでしょう。」(→そりゃあそうだ!)
マークルさん_「自分がラディカルだと言える資格はないかもしれないけど、ラディカルにシンパシーを持っている。」
外山さんが加えて…311もしくは911以降、政治活動に興味を持ち始めた人々がそれまでラディカルな態度で制作していたのに、急にリベラルになってしまったことが許せない!ラディカルはお前の趣味でしかなかったのか!血や肉になっていなかったのか!と。
Mr. Toyama: 'I can't say it is...'
Mr. Maerkle: 'I'm not sure if I'm qualified to say I'm radical, but I feel sympathy towards radicalism.'
Mr. Toyama: 'I can't accept the fact that those who had been radically producing work became to be liberal after 3.11 or 9.11. Was radicalism just your hobby, not blood or muscle?'

a0216706_18414953.jpg
白川さん_「自分なりに…そうですね。ほんのちょっとラディカルにやっています。」(→白川さんからのその発言は格好よすぎます。)
上崎さん_「歴史としてはラディカルは過去のものなんですが、自分として思うことは、今アーティストがラディカルになることは難しいと思います。どんなにオルタナティヴなものを求めていっても、それは芸術だし、助成金とったりとか、キュレーターとの良好な関係を持ちながら芸術が進んでいくと、いつの間にか、アーティストたちがキュレーターのパロディになっていってしまう。でも、実はキュレーターはポストモダニズム期にアーティストのパロディとして登場し、ただその頃にはアーティストもアーティストのパロディになっていた。(中略)すると、皆キュレーターになっていく。(中略)そういった中でラディカルを装う、リベラルを装う。それらはちょっと茶番に思える。」
Mr. Shirakawa: 'I'm bit radical I think...'
Mr. Uesaki: In the history, radicalness is belong to the past. I guess that it is difficult for artists to be radical today. No matter how hard they seek to be alternative, it is art. They need to apply for fund, or get along with curators, and then they become parody of curators before they know it. Actually it is curators who became a parody of artists in postmodern, and artists had already became to be curators at that time. Than is, everyone becomes curators. In situation like this, being radical or liberal seems to me farce.
a0216706_1855512.jpg
外山さんから、それでもやっぱり「ものわかりの悪さ」を持って断固として登場したいという話。
上崎さんから、アートのシーンを積極的に避けなければいけないくらい、美術はもう制度化されているという話。
外山さんから、現在の一番の問題は、美術だけでなく他分野でもラディカリズムが壊滅しているということ。ここ20年くらいラディカリズムの復活を模索しているんだけどね、なかなか。と。
上崎さんから、僕はまず大学に所属することをやめてみた。でも流しのアーキヴィストは成立しないので、自分がいかにインスティシューションに属していたかを感じる。という話。
外山さんから、流しの演劇人だったら、岸井大輔さんは家もないし…ラディカルかもしれない。という話。
Mr. Toyama said that he himself wanna be thought as disobedient.
Mr. Uesaki talked art is institutionalized to the extent one should avoid art scene.
Mr. Toyama: 'The major problem nowadays is not only in art, but also in other disciplines radicalism has disappeared. I've been trying to revitalize radicalism however...'
Mr. Uesaki: 'I quit job at the university as the first step. However, independent archivist cannot exist. I realize how deeply I was involved in the institution.'
Mr. Toyama: 'if you think theatre, Daisuke Kishii might be radical, he doesn't settle one place.'

話は尽きる事無く、外山さんが20歳くらいからストリートミュージシャンでそれで食うことを覚えた、という話から、流しのアーキヴィスト、インディペンデントアーキヴィストの実現可能性の面白おかしい話へ…。
The discussion went on and on.
a0216706_183934100.jpg
その後、会場からも質問や反論などがありました。
There were questions and objections from the audience.
a0216706_18395473.jpg
先ほどさらっと「イェンから日本語で質問があった」と書きましたが、もちろん彼女は日本語が話せません。
元々数日前にドイツ語が堪能なイェンがドイツ語で作成していた質問「ラディカルは過去のものだと思いますか?」について。イェンからは私に「その一文を日本語にしたいんだけど、英語に置き換えることに難しさを感じた」という英語での相談がありました。もちろん彼女は英語も堪能ですが。(私はドイツ語が全くできません)。2人で話しながら考えてみましたが、本人としてはドイツ語から直接日本語に訳したい、という答えに辿り着きました。
そこで、中央大学でドイツ語とドイツ文学を専門に教えてらっしゃる縄田雄二教授に助けていただくことにしました。縄田教授は、大学での講義にイェンをゲストとして招いてくださった方で、今回のプロジェクトについてもご存知です。縄田教授に改めてコンテクストを伝え、日本語でもドイツ語でも話し合いました。
Though I wrote 'Yen asked the question in Japanese' earlier, she doesn't speak Japanese.
A few days ago, Yen was writing the question in German which she is fluent. Yen came to me asking 'I found it difficult to translate the sentence into English.' (She is also fluent in English.)
We decided to translate original German sentence directly into Japanese.
Then we visited Prof. Yuji Nawata at Chuo University who is majored in German literature and had invited Yen to a lecture as a guest.
We discussed how to translate in Japanese and German.

結果的には非常に簡単な一文となったわけですが、このプロセス自体から私は、イェンが以前から考察している「複数の言語を介するコミュニーケーションや翻訳において発生する誤読や誤解」を孕みながら、近代化の道を歩んだ韓国や日本の状況そのものを、思わずにはいられなかったのです。
As a result, it became a simple English sentense.
However, the process made me think of the situation of modernization of South Korea and Japan which developed with misinterpretation generated within multilingual communication and translation.

モデレーターとしてマークルさんが選ばれたのには、彼の母国語が英語であることももちろん関係しているでしょう。そして、私がイェンのステイトメントを日本語で“彼女として”読み上げたこともです。
The reason why Mr. Maerkle was chosen as the moderator is probably because his first language is English.
The role I played that reading aloud Yes's statement in Japanese as her is also related to this issue.
a0216706_18401690.jpg
この文章を書きながら、彼女の今回のプロジェクトがいかに複雑な構造であるかを認識しています。また多層的であるために複数のフックがあり、そこに反応してくれたさまざまな分野の人々との交流が生まれた事実も非常に興味深いものでした。インスティテューションではなくアーティストが企画する「非権威的」なディスカッションが作り出す開放的な場も目の当たりにしました。これは自分にとって大きな発見でした。
Writing this article, I am reminded again how complexly her project was structured.
It was also very interesting to see that these multilayered structure involved collaboration and discussion with inter-disciplinary professionals.
It was discovery to me to experience the time that is created by unauthoritative discussion organized by artists, not by institution.

さてさて、彼女の壮大なプロジェクトはもちろんこれで完結するわけもなく…本人作成のHPの更新に今後もぜひご注目いただければと思います。
Yen's ambitious project is ongoing.
You can follow her project on the website she made.

a0216706_18421022.jpg
写真:加藤甫
Photograph: Hajime Kato                                                                                                                                                                                                                    

[PR]
# by arcus4moriya | 2016-11-26 16:00 | AIR | Comments(0)
11/22 もりや市民大学 校外授業@オープンスタジオ
こんにちは。朝重です。

今年、アーカススタジオはもりや市民大学の後期オープンコースの講義を受持つこととなり、市民大学の受講生の皆さんと「アートに関わる方法」についていろいろ考えていくこととなりました。

今日は、その講義の2回目「多様な表現にふれる」ということで、まだ2回目ではありますが、いきなりの校外授業です。まあ、アートってのはまず観てみることから始めましょうと。座って講義を聞くだけが楽しみかた、関わり方のひとつではないですからね。もちろん、講義を聞くこと、きちんと学習して人と議論することは大事です。

ちょうど、この市民大学の講義の日程が、私たちアーカスプロジェクトのAIRプログラムの「オープンスタジオ」開催期間中であったことから、受講生の皆さんと、レジデント・アーティストたちのプロジェクトについて観て、聞いて、考えてまわってみようと言うことで、朝からアーカススタジオにお集り頂きました。

まずは、サロンで皆さんにあつまって頂き、コーヒーを飲みながら、今日の内容についてご説明ともう一度、アーカスのAIRプログラムについてご紹介しました。あわせて私たちの「オープンスタジオ」について説明。海外から招聘した3人アーティストたちが、今日までの滞在期間に取組んだプロジェクトの経過を、また現在進行形の状態を紹介しています。と。今日は鑑賞であり、鑑賞ではない機会。アーティストもいるので対話してください。と。
a0216706_13143889.jpg
この校外授業の概要説明の時点で、皆さんからすでに質問事項や疑問、またまた意見が出てきました。

「現代美術はどのように観るの?」「アートって感じるものでしょ?」「現代アートはよくわからない。」「どうすればいいの?」「感性が違うから。」

さて、どのように観ればいいのでしょうか。夕焼けなどをみて美しいと感じるように、アートは感じるものでしょうか。よくわからないものであることは確からしいですが、観てみないとわからないものもわからない。
さて、どうすればいいのかも、わからないのではどうしようもないので、とりあえず観にいきましょう。
アーティストたちも居るし、スタジオもあります。
と、言うことでツアー形式でみんなでスタジオをまわることにしました。



最初に訪れたのは、ガン・シオン・キンのスタジオ。
ガンから、プロジェクトの説明をうけます。
ガンは最初に「ここのスタジオには”アート作品”と言われるものはありません。私がつくっているもの、制作物は全てオンライン上にあります。」との説明がありました。

a0216706_13473160.jpg
受講者のみなさんに、タブレットをみせながら、ガンは制作を続けている「yarimoriya」の映像をみせていきます。映像にうつっているのは、特別な人たちや特別な物事ではなく、ガンがここ守谷で滞在しているあいだに出会った人々の生活や仕事、または遊びの様子です。
a0216706_13143968.jpg
その他にも、スタジオ内には、作品ではなく、ガンが撮影・録音に使用している機材が並べられています。

a0216706_13211614.jpg
ここ、このスタジオに”作品”はありません。





作品のないガンのスタジオを離れ、私たちは隣のスタジオ、イェン・ノーのスタジオに。

韓国からきたイェン・ノーは、MAVOというグループの活動を中心に、日本のアヴァンギャルドやダダの前衛運動、近代化の歴史についてのリサーチを行っています。
スタジオにはイェンのプロジェクトの参加者から送られてきた書籍や、またライブラリングと呼ばれる活動の参加者による活動の跡がところ狭しと広がっています。

ここには、本がカタログが、また描かれたものや、書かれた文字や、記録・文書があります。
a0216706_13144005.jpg

耳慣れない、MAVO、アヴァンギャルド、ダダという言葉、そして1920年代から30年代の日本のアートや歴史、また活動。それに加えて、日本の近代化と韓国との関係。
a0216706_13211035.jpg

私も説明をしながらわからない部分をイェンに、どのようなリサーチをしていて、MAVOについてなど聞いていきます

a0216706_13144276.jpg
受講者のみなさんも、知らないこと、または時代の背景や日本の歴史について知っていることについて、イェンと対話をおこなっていました。

a0216706_14073862.jpg
さて、MAVOになってみてわかること、わからないこともあるかもしれません。


ここにはアーティストのイェンがひとりで造りだしたものはありません。




本と資料に囲まれたイェンのスタジオを離れ、一行はエルネスト・バウティスタのスタジオへ。
エルネストは、日本人の死生観について調査しており、スタジオのなかでは2画面の映像が流れていました。(すみません。部屋が暗くていい写真が撮れてませんでした。。。スタジオの様子は他のブログをご参照ください。)


エルネストは自国エルサルバドルの社会的な状況、とくに日本にくらべて、死が身近にある状況のなかで過ごしてきました。そこから日本とエルサルバドルの比較を考察するために、日本人がもつ死生観について調べています。映像は2種類あり、ひとつエルネストが深い森や水辺など生死を感じさせる場所を訪れた際に撮影した映像。もう一方はエルネストが出会った人々へのインタビュー映像です。

2本の映像をみている間にも、エルネストから受講生の皆さんに質問がとびます。「生き甲斐はなんですか?」「死についてどう思いますか?怖いですか?」
映像のなかでインタビューに答える人の回答に「そうそう」「うんうん」と頷く人もいれば、エルネストが撮影した風景に見入る方もいました。

私たちにとって、人類にとって生や死について考えることは根源的なことですが、それが国や社会構造によって異なるとはどういうことなのでしょうか。

a0216706_13144346.jpg

ここには、エルネストが自国のエルサルバドルで直面している死のイメージはありません。彼が表現したいものごとは、まだこの日本では調査途中で、ここにはありません。




3人のアーティストのプロジェクトをスタジオをまわりながら、彼らの制作活動にふれてみて、今回の校外授業は終了となりました。その後、サロンにもどって、また皆さんとコーヒーを飲みながら、今日の感想や、意見を少しだけ頂きました。そのなかで、印象深かったののをひとつだけ、それは「頭が疲れました。」というものでした。心地よい疲れであると付け加えて頂けましたが、私も一緒にまわり私も心地よい頭の疲れを感じていました。

「わからない」ことがなんだったのか、わかったから頭は疲れたののでしょうか。それとも「わからない」ことを考え続けているから頭は疲れたのでしょうか。
いずれにせよ、今回の校外授業はここで終了。皆様、お疲れ様でした!



a0216706_13144314.jpg

校外授業の時間は終わりましたが、終了後に希望する方が残って、ガンのスタジオで彼のプレゼンテーションを聞いていました。皆さん、まだ頭が疲れたりないようで。。
人に会うのは簡単ですしね。
















ーーーー






[PR]
# by arcus4moriya | 2016-11-22 12:00 | AIR | Comments(0)
11/19 キッズツアー(守谷中学校美術部のみなさん)@OPEN STUDIOS
こんにちは、篠倉です!

今回はオープンスタジオのイベント「キッズツアー(中学生編)」です!
a0216706_17113205.jpg
今回参加してくれたのは小学生1人と守谷中学校の皆さんです。前回のキッズツアーに比べるとみなさん緊張した面持ちですね。なんと守谷中学校のみなさんは全員美術部なのだそうです!私も美術部だったのでとても親近感があります。私がいた美術部にはこんな機会が無かったので羨ましいです。もっとお話ししたかったのですがシャイな生徒さんが多かったようです・・・


a0216706_17113434.jpg
まずはガンさんのスタジオへ。
さっそくガンさんのみかん配給が行なわれました。なんでみかん?口には出さないけど表情から困惑しているのがわかりましたよ。
ビデオ撮影の道具が沢山並べてありますね、これらすべてをバックにつめて撮影時には持ち歩いていたそうです。実は道具の一つ一つにガンさんの言葉が添えられていたのですが皆さん気づきました?


a0216706_17113657.jpg
a0216706_19255178.jpg
a0216706_19255097.jpg
沢山の道具で撮影されたムービーをみんなで見ています。ガンさんのyarimoriyaはスタジオ外でもオープンスタジオが終わった後でも見られるので家に帰ってからゆっくり見てみてくださいね。ガンさんのスタジオは靴を脱いでくつろげるスペースがあったため映像をみんなで囲って見ていました。
映像作品だけでなく過去の絵画の作品集が公開されていたり。絵も描けてムービーもかっこよく撮れる、多才っていいなぁ・・


a0216706_17114077.jpg
a0216706_17114261.jpg
次にエルネストのスタジオへ行きました。エルネストのスタジオはすごく暗いので配線に引っかからないように注意しなければ。
まずは自由にムービーを見てもらいます。お坊さんが話しているところ、夢の話、霧がかった湖、森の映像・・・じっと見つめていました。

a0216706_14554828.jpg

カミーロ(エルネストがエルサルバドルから招いた撮影担当)と話をしていたのですが、エルネストが暮らすエルサルバドルという国と日本とは大きく安全面や住んでいる人の考え方が違います。私とカミーロの間に死生観にも違いがあることが分かりました。私たちも子どもの頃、死んだらどうなるのか?どんな世界があるのかを絵本で読んだ事があります。イメージは想像しようと思えばいくらでも出来ますが、亡くなる事への距離感や恐怖の度合いなどの感覚を言い表すことは難しいだろうなと思います。今回エルネストは夢と死生観についての作品を発表したのですが、この二つにどんな共通点があるのか考えて見るといいかもしれません。




最後にイェンさんのスタジオに行きました。
沢山本が積まれていますね。普通の図書館だと床においていると怒られそう・・みんなダダなんて知っているのかな?私は中学生のときダダを知りませんでした。
床にはCAN WE TALK about MAVO?の文字があります。
a0216706_17520499.jpg

集められた本はダダやその時代に関するものでした。本のほとんどはイェンさんの物ではなく貸してくれた人たちがいます。貸してくれた人たちはなぜその本がダダっぽい!と思って貸してくれたのでしょうか。CAN WE TALK about MAVO?は本を貸してくれた人がその本を選んでイェンさんに貸そうと考えたことがイェンさんとのダダ対談として成立していることを指すのではないか?という問いなのではと思いました。

a0216706_15433658.jpg

a0216706_19254975.jpg
ウルトラマンの怪獣にダダという怪人がいたのはご存知でしょうか。あの黒と白の幾何学模様の入った怪人です。
あのダダの由来もイェンさんの探しているダダイズムにあるのです。

a0216706_15533802.jpg
イェンさんのダダの図書館で本を眺めたり絵を描いている人もいました。
美術部の皆さんは今回のキッズツアーをどのように受け止めたのでしょうか?今後の作品にすこしでも影響が見られると嬉しいですね。








[PR]
# by arcus4moriya | 2016-11-19 15:59 | AIR | Comments(0)
11/16 イェンのリサーチ_ダダコンペ Yen's research about DADA competition
a0216706_19001403.jpg
こんにちは。石井です。たいへん遅くなりましたがアーティストの制作活動レポートを更新します。イェン・ノーが滞在中にリサーチしている「マヴォ/MAVO」について、またその原型とも言える、第一次世界大戦のさなか、スイスはチューリッヒでおこった「ダダ(イズム)」についてある日、ひとつの情報をSNSから入手しました。
ダダって?マヴォって何?という方もいるでしょう。最初はわたしもそうでした。恥ずかしい事に、遅ればせながらイェンというアーティストを介して知る事になります。
a0216706_18594220.jpg
彼女が調査テーマにしている、「ダダ(イズム)」、そこから派生し1920年代の日本におこったアヴァンギャルド「マヴォ(MAVO:前衛芸術集団)」の芸術運動を知ったきっかけは、1人の朝鮮人の存在から始まります。それは詩人/小説家の李 箱(イ・サン)。彼が残したものを手がかりに、彼女が今回日本で出会い、より「日本のアヴァンギャルド(前衛芸術)」について深く知るためにインタビューを行う行為は、MAVO(1923年-1925年)が起こった当時の東京をこの目で観て確かめ、感じたくてようやく1920年代後半〜30年代頃に朝鮮から日本へやってきた李 箱(イ・サン)の境遇にも似ており、タイムスリップして追体験をしているようにも見えます。
(詳しくは、朝重さんによる白川昌生さんを訪問したときのブログ、藤本さんによる五十殿氏を訪問したときのブログを参照
イ・サンは1つの芸術運動が終わりかけた後の1936年、降り立った東京の地のその印象をのちに「東京」という随筆に残しています。それが遺稿となったイ・サンの東京への憧れと幻滅。....というものを知ったイェンには、日本の現代のアートシーンがどう見えているのでしょうか。

それから90年以上経った現代。
イェンが来日する前の2016年日本の初夏、東京ではダダイズム誕生100周年を祝って様々なところでイベントが行われていました。(後日談になりますがイェンの日本滞在も終わりに近づいてきた頃、彼女自身がパフォーマンスをすることになったASAKUSAでも、初春に既にダダ関連の展覧会「1923」が開催されていました。)1923年といえば東京大震災が起きた年。第一次世界大戦中のスイス、東日本大震災があった2011年の日本もそうですが、自然災害や戦争に何かしらの影響を受けて「表現者」はその現状を目にして、または体感して、なにか表現し伝えることに存在する/発信する/動き出すように見えます。

余談ですが、中年世代ではウルトラマンに出てくる敵の宇宙怪獣シリーズの「ダダ:別名/三面怪獣」は聞いた事があるかもしれません。その「ダダ」という名前はダダイズムが由来なのだそうです(脚本家の山田正弘氏によって命名)。ウルトラマン怪獣キャラクターの生みの親、成田亨のつくり出したキャラクターでもありました。
a0216706_18565658.jpg
スタッフも前もって「マヴォは何だ、ダダは何だ」とサーチしているうちに、ほどなく、たまたま見かけた「ダダコンペ」という出来事をイェンに知らせる事になります。

「そういえば東京ではこんなことがあったらしいよ。」

東京都内がダダ100周年を祝う展覧会やパフォーマンス、イベントでにぎわう中、関連ワードに出てきたツイッター上の「ダダコンペ」(正しくは「ダダイズム誕生100周年・アートコンペティション」)。
8月26日にそれらのコンペが終わったことは、日本の前衛芸術マヴォやその源となるダダの動きを調査し始めたイェンにとっては、寝耳に水のできごとでした。
奇しくもイェンを含め、アーティストが来日したのも8月25日。実に、既に過ぎていた事象でした。

彼女は着々と、次のオープンスタジオに向けて計画している「マヴォについて話さない?日本のダダ・ムーブメントのための、日本(現代)美術の位相の仮設プラットフォーム」でのオープンディスカッションで、日本アート界に見過ごされ、制度化されてこなかった1920 年代半ばに活躍した前衛美術グループ、マヴォの思想を再考するため、そして90余年経った今、日本では取り残されたマヴォについて現代において知識を共有すべく、有識者にアポをとる日々が続いていました。

そんな中で、イェンはスイス大使館主催のダダイズム100周年で開催されたSNSを活用したダダ・アートコンペについて調べ始めます。コンペに応募される作品はネット上に投稿され、今の時代だからこそ可能となった審査方法で一般からの「イイネ」の数で優勝者が決まる、というもの。コンペをめぐり、様々な人たちの葛藤や思惑が巡る興味深い流れが、これも時代を反映したネット上で繰り広げられていました。ツイッター上ではそのまとめもあり、少し前に過ぎた出来事を知るのに時間はかかりませんでした。
そして大賞を受賞した動画作品をみたイェンは、映像作品の中にいる登場人物と、それを作ったアーティストに興味をもち、面会したい、ということに。ちょうどその頃、一連のコンペで大賞を獲得する経緯がドキュメントとして出版された書籍情報を手がかりに、「メインストリーム」というところにアポをとりました。

実は滞在アーティストがリサーチのためにアポを取って会いたい、話を聞きたい、という要望には、いろんな「日本人」がいます。これまでにも社会人類学者や、K-1格闘家として後に世界的に知られる事になるパフォーマー、山伏になろうとした人や、実際に月山(がっさん)にいる山伏、暴走族/旧車会や改造車を作り、走っているちょっとヤンチャな人、刺青を入れるプロの彫り師、年間300日は日本にいないという世界の3本指に入る航空写真家、などなど...。私たちコーディネーターも滅多に会えないような日本人に会う機会がありました。今回は...いや...まさかね...となんとなく察しがつきながらも、このアーティスト?政治活動家?と面白い展開になってきました。

同時進行でオープンスタジオを進めながら都内のとある場所で、ついにご本人に会う事になりました。(実はこの面会、アーティストより私たちがかなり緊張していました。)
a0216706_15215795.jpg
受賞されたのは織田曜一郎さん。という名前までわかっていて初対面の2人。ご挨拶するととても気さくなジャーナリストの方でした。早速作品について、またその作品をコンペに出すことになった経緯を聞きました。また一方で、彼女がなぜ「マヴォ」についてリサーチしているのか、韓国と日本の、西洋から渡って来た芸術(運動)の歴史の伝わり方も踏まえて経緯も説明しました。
織田さんは、編集者/ジャーナリストであってアーティスト、ではない。アートのことはわからない。と言います。しかし、アーティストである/ないこと以前に、「言語」「文字」や「声」を使ってものを表現することや他者に伝えるという共通点をもつ2人が共有することは、現代のダダ・コンペやマヴォやダダ、政治的思想や政治活動というものの「表現の伝わり方・伝え方」を通じて、互いを理解しあう上でも時間はそうかかることはなく、相通ずるものがあったようでした。
a0216706_15202760.jpg
織田さんの映像作品の中でモチーフとなる(アクションをおこしている)人物についての話にもなりました。それは後日、彼女がオープンディスカッションを実施するにあたり、パネリストとして誰に参加してもらうかの指標とするためにも、把握する必要のあった人物像のひとりだったようです。
ダダ・アートコンペの出品動画作品には九州ファシスト党(我々団)の外山恒一さんが偽の選挙運動をしている様子が流れています。良いファシストだそうで、ご存知の方はお名前を聞いただけでYoutubeなどでご覧になったこともあるかもしれません。織田さんが制作した「外山恒一の「ニセ選挙運動」〜現代美術パフォーマンスとしての記録〜は結果、大賞になるわけですが、織田さんを介してイェンは外山さんの思想・活動について知り始めます。
マヴォが全盛期だった時代の社会背景から見えてくる思想や政治的事象の推移、表現者の出来事をリサーチしていたイェンは、(織田さんがしでかしていることもアーティスティックであると同時に、画中での発言・表現・行っていること自体がパフォーマティブだという点で)「外山さん自身もアーティストですね」と笑みがこぼれました。
ここで外山さんと接触することを試みます。織田さんに繋いでもらい、交渉することになりました。
a0216706_15293858.jpg
イェンの想定している「知を共有する」人物像にアーティスト、アーキビスト、キュレーター、思想家や政治運動家、などの候補がどんどんあがってきました。アーティストの視点から、芸術家の動き(芸術運動)を知る事によって、時代背景や当時の思想が見えてくる。それを現代の表現者はどのように価値づけ、または意識しているのでしょうか。イェンがプレゼンツのパネルディスカッション「マヴォについて話さない?」が、どのようなディスカッションになるか、楽しみです。
a0216706_15522070.jpg
リサーチにご協力頂いた織田さん、ありがとうございました!

a0216706_20153029.jpg
(最末尾の写真:加藤甫)













[PR]
# by arcus4moriya | 2016-11-16 09:03 | AIR | Comments(0)
11/13 アーティストトーク×服部浩之
今日はオープンスタジオの3日目。オープンスタジオでの制作経過の公開にあわせて、アーティストたちの制作の背景や生の声をきくために、ゲストキュレーターの服部浩之さんと3人のアーティストによる個別対談を行いました。

15時に始まったトークは、まずマレーシアからのガン・シオン・キンのスタジオにて行われました。
a0216706_17005591.jpg

ガンは今回、「PLAY(遊び)」「WORK(仕事)」「HOME(家)」をテーマに、様々な人や活動を対象に1分程度の映像を制作し、インスタグラム上にて公開する”yarimoriya”というプロジェクトを行っています。


ガンは、マレーシアでは普段、絵画を制作していますが、今回のレジデンスでは映像制作に集中していました。服部さんから、まず、絵画と映像との間にある考え方や制作の違いについてガンに問いかけがあり、
トークは始まりました。
a0216706_17005605.jpg
ガンにとって、絵画制作と映像制作の根底にあるのは同じこと。”遊ぶこと=PLAY”を追求しているとのことです。ただ、根底は同じでも、制作手法も表現されているものも全然別もので、複数の表現手段を自分のなかに持っていることの重要性が語られます。絵画においては、絵画の歴史や学術的な意味、絵画それ自体が持つ暗黙のルール。絵と対象物の関係性などについて絵画を用いて遊び。映像では撮影や編集テクニックに表れる表現の多彩さや感覚的な部分で遊ぶこと。絵画と映像において、両方が直接の関連性があるわけではなく、どちらも表現の在り方として別々のこと行い、新しい意味をつくることが出来るとのことです。
a0216706_17005791.jpg
ガンにとって新しい意味をつくりだす挑戦は、今回の滞在は40代にはいってからのレジデンスもでした。ずっとマレーシアで絵画の制作を続けていて、常につきまとっていた不安や恐怖がようやく40歳をすぎて、乗り越えられるようになってきた為に今回レジデンスに挑戦することなったとガンから語られます。
そのなかで、服部さんからレジデンスならではと見られかねない今回のプロジェクトに取組んだ意義についての質問があがります。
ガンはマレーシアにいるときから、今回のレジデンスでは絵画ではなく、映像制作に集中する時間にしたいと決めていたとのこと。形式にはこだわっておらず、映像でどのように経験や物語、周囲の人々や物事との関係性をつくれるかに集中することを目標にしていたとのこと。今回の映像制作では、まず自分や他者の経験を混ぜ合わせることが目的としてあり、インスタグラムを用いたのは、この経験を共有するためのフォーマットとして適していたからです。
先ほども言ったように、ガンにとっては制作において、絵画も映像でも、ルールやフォーマットをモチーフに手を加えて遊ぶことがモチベーションのひとつとなっていて、建設的になにかを壊していくことが、ガンが重要視している点でした。
a0216706_17005882.jpg

今回の滞在ではガンは1枚も少しも絵を描きませんでした。ガンは絵を書く為のルーティン(決まりきった行動)が滞在中には出来ないからだと理由を伝えます。彼にとって絵を描くことは自然な行為ではなく、マレーシアでの自分のスタジオや、時間の流れなど定まった環境、その環境に強制的に居ることが必要であるとのことです。
ただ、最後に、今回の滞在をきっかけにまた制作のリズムや制作方法について思うところがあり、次にどこかのレジデンスに滞在したら、今度は絵を描くことが出来るかもしれないと語っていたのが印象的でした。

a0216706_17005999.jpg


次にエルネストのスタジオに移動します。
エルネストは今回、日本の自殺率の高さに着目し、そこから日本人が持つ死生観について調査し、インタビューや映像による記録をまとめるプロジェクトを行っています。
a0216706_17010051.jpg

中米の小さな国エルサバドルから来たエルネストに、服部さんはまず彼の背景やエルサバドルの環境について問いかけます。
彼はこれまで、そして今回の滞在でも、死や暴力または記憶など重いテーマのもとに制作を続けてきました。どのように彼がアート制作を始めるようになったのか。
a0216706_17005954.jpg
エルネストは自分が労働階級の出身であり、またエルサルバドルには絵画を勉強できる学校がひとつあるだけで、現代美術を教わる環境がないこと。そのため、大学でアートを学ぶことは出来ず、
自分で詩の制作からはじめて、その後に段階的に彫刻やインスタレーション、様々なアートの表現方法を自分で学習・習得していったことが伝えられました。
また、エルサバドルは社会が安定しておらず、誰かの死・悲報を聞くことは日常茶飯事であり、毎日のように十何人も人が死んだことを伝えるニュースが流れてくること。
生きること自体が過酷で大変な状況であることが伝えられます。
そんな国で、彼は自分の表現を通して、まずその生きること自体が難しい現在の状況を伝えること、生き抜く為に、生きることの意味をつくりだすことをアートを通じて実践していることが語られます。
a0216706_17010129.jpg
つづいて、服部さんのプロジェクトへの質問から、今回のプロジェクトの全貌が語られます。
実は今回のエルネストのプロジェクト「infinite memory(無限の記憶)」は、更に大きなプロジェクト「Museum of Infinite(無限の美術館)」の一部であり、その中では、アートだけでなく、物理学や数学との関係についても言及されています。
アートは、物理学や数学または建築など、様々な事象をつなぐプラットフォームであり、物事をつなぎあわすコアとなる想像力を補うものであるとのことです。この想像力があれば、無限にものごとはつくることができるのじゃないかとの考えからこの大きなプロジェクト「Museum of Infinite(無限の美術館)」は始まっているとのことです。そして、無限ということへの探求、無限を探求することは、永遠に生きること、存在しつづけることを考えていくことであるとエルネストは言います。そこで、今回の滞在で取組んだ大きなプロジェクトの一部をなす「infinite memory(無限の記憶)」では、エルサルバドル出身の1人の人間として、人が持つ欲求や目的、記憶とはなんだろうか。記憶はどういうものなのかということを知るために始まったとのことです。エルネストは人の記憶は人の死に直接的に関係していると言います。
誰かに覚えていてもらえること。あなたが死んだあとも、誰かがあなたのことを覚えていることは、死や生を超越することであると。身体的な死が人の終わりなのではなく、記憶に残ることがその人が永遠になることと繋がるのであれば、人は存在し続けることが可能である。その記憶を残すため、記憶と人の死の関係を構築するために、アートの力・想像力を用いるのです。想像力には制限がなく、想像することで様々な事象と物事の関係は繋ぐことが出来るとエルネストは言います。

最後に、服部さんから今後のプロジェクトの展開について質問が飛び、エルネストからは、いまは作業中のドキュメンタリーであるが、今後、映像を中心に、写真・エッセイや詩がはいり、ステートメント、ある提言として提示したいことが伝えられ、また3歳になる自分のこどもに生きることは難しいと伝えたいことが語られました。あわせて、この大きなプロエジェクト「Museum of Infinite(無限の美術館)」のなかでは、今後、建築や映画、時間などに関する多様なプロジェクトで構成されていくことが明かされ、壮大な計画が伝えられました。



最後にイェンのスタジオに。
イェンは今回、日本のダダの活動のリサーチから始め、オープンプロポーザルを発表し、参加者と共同で「マヴォについて話さない?」というタイトルのもとでプラットフォームをつくりあげるプロジェクトに取りくんでいます。
a0216706_17051999.jpg
他の2人と同様に服部さんからは、まずイェンのバックグラウンドについての質問からトークは始まりました。
イェンは滞在前には、オーストリアにて制作を続けていました。何故、彼女が韓国からオーストリアに移り制作するようになったのか。そこから話は始まりました。
韓国に居たころから常に、韓国を離れることを考えていたイェンは、当時、読んでいたエルフリーデ・イェリネクやミヒャエル・ハネケによる小説から影響をうけ、ウィーンに移り住むことへの興味を高めていました。韓国で美術大学を卒業し制作を続けるなか次の展開を模索してイェンは、アクティビストやフェミニストたちが実施している様々なリーディンググループに参加する日々のなかで、突然、オーストリアに行くことを決めたとのことでした。
韓国にいた頃から、読むことや翻訳の問題に関心があったイェンは、韓国でもテキストを読む行為による”リーディングパフォーマンス”行っていました。しかし、オーストリアに移住し、オーストリアにてドイツ語を習得するなかで、表現方法や、自分の行為の呼び方を”スピーチパフォーマンス”へと転換していきます。自分のつたないドイツ語でテキストを読む事をパフォーマンスとして発表する際に、言語や書かれていること、読まれる言葉を理解するのものではなく、”話す”という行為そのものへと主眼を置き、話すことを身体的な行為として捉えることから、パフォーマンスの形式をスピーチパフォーマンスとして変更していったとのことです。話すことを通して、言語やコミュニケーションの問題を扱っていました。
a0216706_17051623.jpg

ここから、今回のプロジェクトについて話が進んでいきます。
コミュニケーションと言語やテキストの関係について考えていたイェンはアーカスプロジェクトでの制作に対する最初の提案で、ウォルター・ベンヤミンの「翻訳者の使命」というテキストや、それについて書かれたヒト・スタヤルのテキストに言及していました。また韓国の現代詩人、李箱(イ・サン)と日本の現代詩について、そこからヨーロッパと日本、また韓国の関係について考察することを目的にレジデンスに参加します。あわせて、渡航前にウィーンで、彼女の先生からMAVOについて教わったとのことです。
そこから、MAVO,李箱(イ・サン)、日本と韓国の関係などとあわせて、どのように歴史がつくられるかどうかへの探求が始まります。
MAVOを題材としたのは、日本の美術史のなかで、MAVOはまだ体系的に歴史化されていないためであると彼女は考え、また、西洋の影響をうけて体系的に歴史化される日本のアートムーブメントと、その日本のアートムーブメントを輸入し体系化される韓国の歴史、どちらにも属していないからだと言います。そのため、自分達で新しい方法で歴史的事実にアプローチできると考えていました。
ここで服部さんから、イェンが今回おこなっているプロジェクトは、過去に彼女が1人で行ってきたスピーチパフォーマンスとは異なり、多くの参加者の介入があるプロエジェクトになったことに話題が広がりました。
イェンとしては、1人で全てを決めるプロジェクトの進め方とは異なり、どのように進むかわからない部分もあり不安もあるが、テキストや本を介した新しいコミュニケーションの場をつくること。参加者と共に読む行為や共有する行為が発生する場所をつくることで生まれるコミュニケーションについて表現に適していると感じたようです。またオープンプロポーザル形式としたのも、ウェブサイトをつくったのも同様に参加者が主体的に参加できる場をつくることを可能にしていました。
a0216706_17051707.jpg

最後にトークを聞いていた方から、今後の展開や今回の活動をどのように記録するのかについての質問があると、イェンにとってもそこは今までもこれからも同様に、どのようにパフォーマンスの記録をドキュメントしていくのか、なにをドキュメントとするのかは課題であり、行為そのものの記録ではなく、オブジェクトや作品として残していくことを検討していると回答がありました。

a0216706_17051585.jpg



15時からはじまった今年のアーティストトーク×服部浩之は、予定していた18時の終了時間を延長し、19時近くまで続きましたが、各アーティストの制作に至る背景や、プロジェクトに対する考え・思考の一端を覗くトークとなりました。














ーーーーーー



[PR]
# by arcus4moriya | 2016-11-13 15:00 | AIR | Comments(0)
11/12 キッズツアー@OPEN STUDIOS
皆さん、こんにちは。藤本です!
今回はオープンスタジオ期間中の土曜日に2回開催したキッズツアー@OPEN STUDIOS 第1回目の様子をご紹介します。
a0216706_1702473.jpg
対象は小・中学生です。この回は小学生が多かったです。それに加えて特別参加として、小学生以下の皆さんの参加と保護者さんの参加もあり、ツアーはにぎやかに始まりました。
a0216706_17143167.jpg
アーティストの自己紹介が終わり、
ガン・シオン・キン[マレーシア]のスタジオから見学です。
a0216706_17162217.jpg
ガンはyarimoriyaというマイクロ・ビデオ・エッセイに取り組みました。
子どもたちには最初にワークシートを渡しますが、まずは制作の説明より先にスタジオの中をじっくりみてもらいます。
a0216706_17165184.jpg
ガンと一緒にインスタグラム上に公開しているyarimoriyaをタブレットを操作しながらみました。すべて1分以下の短い映像で、時には子どもたちが知っている風景や人が登場します。なぜなら、ガンが注目したのは、周辺エリアに住む一般の人々の仕事の様子、暮らし、楽しみなどだからです。
a0216706_17155654.jpg
制作の過程で話した、特別な選ばれし人を撮影したいというわけではなく、すべての人の人生の重みがイコールであることを伝えたいというガンの言葉が印象に残っています。
a0216706_17164180.jpg
映像以外にも、撮影のためのあらゆる道具の展示や、ガンの制作に対する姿勢がみてとれる文章などを自由に見学し、
a0216706_1740306.jpg
ワークシートの項目について時々考えて、自分の考えを書いてみます。
a0216706_17392991.jpg
最後に質問コーナー。皆の前だと恥ずかしくてなかなか質問出来ない子どもたち。
ツアー後に何人かが再びガンのスタジオに遊びに来て、通訳無しでガンと交流していました(驚)。
a0216706_1717993.jpg
次はエルネスト・バウティスタ[エルサルバドル]のスタジオへ移動です。
a0216706_17181693.jpg
小さい子どもたちは、暗い部屋に入るのがどうも怖いようで、みんなで揃ってゆっくり入りました。
a0216706_17183490.jpg
こちらでは、エルネストが取り組んいる「無限の記憶」という、記憶、夢、死と超越についての人々の話をもとに制作したドキュメンタリーフィルムプロジェクトについてと、エルサルバドルという国の状況について最小限の説明をし、時間をかけて映像をみました。子どもたちには少し難しい内容かもしれませんが、それでも挑戦です。
a0216706_17185062.jpg
以前に読んだ本の中で、子どもたちが大人との会話において、もしくは大人の話を聞く場面において、知らない言葉がたくさん出てきた場合に、それでもその言葉を前後の話の流れとあわせて理解しようとする力を持っている。というようなことが書いてありました。
a0216706_17185963.jpg
私たち大人の理解の仕方とは違う仕方で、彼らなりの物事を理解する術を持っている、ということについて書かれていました。
a0216706_17191165.jpg
それに関して私はもっと知識を蓄える必要がありますが、自分の体験に基づいて言えば、そういったことを実感したことは何度もあります。
a0216706_17192163.jpg
人生の深淵に触れるほど暗い内容も含めて、エルネストの考えていることと、子どもたちが経験したことのなさそうな感情だけれども、子どもたちの想像力とがどのように交差できたかは、正直きちんと読み取れませんでした。
a0216706_17333942.jpg
中には、ただただ「こわい」とだけ感じて終わった子もいるかもしれません。課題が残りました。
a0216706_17335328.jpg
そして、最後のスタジオです。イェン・ノー[韓国出身、オーストリア在住]は参加者と「Librarying」中です。
a0216706_17341373.jpg
イェンの取り組んでいる
“CAN WE TALK ABOUT MAVO?” マヴォについて話さない?
日本のダダ・ムーブメントのための、日本(現代)美術の位相の仮設プラットフォーム
は、大人にも説明するのが難しいプロジェクトです。非常によく考察され、丁寧に組み立てられたプロジェクトだけに、その複雑さをなかなか分解して伝えられないのです。史実に基づくだけではなく、イェンの頭の中であらゆる年代のあらゆる人物と出来事が独自の結合をみせるように、プロジェクトもゆっくり出来上がっていきました。そのなかのいくつかだけをピックアップすることはあまり意味をもちません。
a0216706_17344014.jpg
ただ、まず子どもたちにはスタジオに入る前に「ここがどんな場所か、何をするための場所か考えながらみてみてね。」ということだけを伝えて、スタジオを自由に見学してもらいました。
a0216706_17345627.jpg
スタジオ内にあるものをとくかく見つけた順に発表してもらい、一番たくさんあるものが「本」であるということから、イェンの「Librarying」という図書館のあり方を拡張させる取り組みについて話を繋げることができました。子どもたちの知っている図書室や図書館との違いについて発表してもらったときも盛り上がりをみせました。
a0216706_17353719.jpg
実は、本よりもペンの方がたくさんあるかもしれないという疑惑が浮上しましたが、これも物事をフラットに捉えることができる子どもならではの指摘だと感じました。
a0216706_19243296.jpg
英語のテキスト。
a0216706_17354990.jpg
子どもたちが聞いたことないであろう「MAVO」という集団の話。
a0216706_17352595.jpg
イェンの活動を機に守谷周辺の子どもたちがMAVOを知るというのは、不思議な現象ですね。私にも見たことも聞いたこともないものに出会うことがときどきありますが、その時にここにいる皆のように想像力を膨らませることが果たしてできているだろうか…と思いました。(すぐに検索してしまいますから…。)
a0216706_1736398.jpg
1時間の予定が1時間半になってしまったキッズツアーでした。
a0216706_17361310.jpg
皆様どうもありがとうございました。最後は少し疲れた様子の子どもたちが、親御さんに甘える様子もちらほら。
今日のことを大きくなって思い出してくれるといいな、と願うアーカススタジオスタッフなのでした。
 

撮影:加藤甫                                                                                                                                                                                                                                                                                                
[PR]
# by arcus4moriya | 2016-11-12 14:00 | AIR | Comments(0)
11/11-13 イェン ‘Librarying’
皆さん、こんにちは。藤本です。今回はイェンが取り組んだプロジェクト、
“CAN WE TALK ABOUT MAVO?” マヴォについて話さない?
日本のダダ・ムーブメントのための、日本(現代)美術の位相の仮設プラットフォーム

の「Librarying(ライブラリング)」についてご紹介します。
a0216706_1043555.jpg
ライブラリングは、オープンスタジオ期間中の6日間、11/11(金)・12(土)・13(日)・18(金)・19(土)・20(日)に行われました。1日に2回(11:00-14:00 / 15:00-18:00)。1回の参加人数は4名以下。という条件のもとで…
イェンのスタジオ内にて、参加者はそこに集められた書籍を読み、書き、リラックスし、テキスト・コラージュ、資料作成、グループ・ディスカッションを通して「ライブラリ」を創ります。これはワークショップでも制作のサポートでもありません。これといった指示はなく、その場や状況に応じて、役割が決まります。私が日本語をあまり話せないということ以外、制限はなく、希望があれば何度でも参加することが可能です。
a0216706_10462454.jpg
参加の条件は、イェンが作成した特設サイトの、オープン・プロポーザルを事前に読み、彼女の活動に賛同、もしくは何らかの興味を持ち、申込をすることです。


事前準備の様子。
a0216706_10433378.jpg
床に二重にビニールを敷き、壁にもビニールを張り巡らせています。
一体どういう場所になっていくのでしょうか?
a0216706_1043516.jpg
初回の参加者は2人です。前情報の通りイェンからの指示は非常に少なく、このスタジオで出来ることと、疲れたら自由に休憩がとれるということ、道具の説明などがあるだけでした。参加者がオープン・プロポーザルを読んでいればどういった振る舞いでもよい、ということかもしれません。
a0216706_10453862.jpg
参加者の方が、書籍を持ってきてくれました。(CDも!)
実は、これもひとつのプロジェクトへの参加の仕方です。
特設サイトの、「How to participate」というページにはこう記されています。
----------
オープン・プロポーザルの内容に則する本(複数可)で、面白く他者に共有したいと思うものがあれば郵便にて送付ください。送付頂いた本は2016年11月11日から27日までの2週間、「ライブラリ」にて読まれ、読み上げられ、コピーされるなどの方法で使われます。その後11月末に返送いたします。対象言語に制限はありません。
----------
a0216706_10455385.jpg
こちらは、テキスト・コラージュをしたい人のためのプリンター、用紙などです。
a0216706_1046965.jpg
当初イェンは、自身をを含め参加者同士は個人で活動し、あまりコミュニケーションをとることはない、と想定していたようです。「鑑賞者から見た際にそれら個人の活動がパフォーマンスのようにもみえたり、でも同時にパフォーマンスとは捉えづらい部分があるようにしたい。」と言っていました。
a0216706_11443726.jpg
                                      撮影:加藤甫
しかし、それぞれの参加者同士の関係や時間の積み重ねによってそういった想定は柔軟に変更を加えられていき、時にはテキストの翻訳などを通して共同作業もみられました。
a0216706_11451570.jpg
                                      撮影:加藤甫
期間中、個人から送ってもらった本、持って来てもらった本も徐々に増えていく予定です。
a0216706_1145371.jpg
                                      撮影:加藤甫                                   
a0216706_11593776.jpg
                                      撮影:加藤甫
a0216706_11472065.jpg
                                      撮影:加藤甫                                      
a0216706_16574512.jpg
参加者の残していったものは、キャプションがないため、誰のものかわかりません。もちろんイェンの残したものも同じです。イェンのスタジオ内にあった情報や、オープン・プロポーザルキーワードから直接的・間接的に影響を受け作られたものだということが共通点です。
a0216706_11491720.jpg
                                      撮影:加藤甫
ライブラリングという行為を通して、他者によって集められた限定的な知識を得ることへの疑問、そして得た知識を何らかのかたちでアウトプットすること、それをこれまでになかった方法で共有することが可能か、既存の図書館という機能の拡張について考察しているのでしょうか。
a0216706_1717383.jpg
さまざまな疑問と可能性を残して今週3日間のライブラリングは終わり、来週へと続きます!                                                                                                                                                                                                                             
[PR]
# by arcus4moriya | 2016-11-11 11:00 | AIR | Comments(0)
11/9 エルネストのインタビュー
エルネストは日本人がもつ死生観を知るために、プロジェクトを進めていますが、資料やニュースなどによって得られる情報だけでなく、守谷や調査の過程で直接出会った方々に、インタビューを行い、”生き甲斐”や”死”や”記憶”や”夢”などについて聞くことを通して、より身近で直接的な言葉を集めようとしています。

インタビューを行いたいとエルネストが挙げていた候補のなかでも、是非話を聞きたいと思っていたのは、8月末に訪問した神社とお寺に務める宮司と副住職でした。

訪問した際に、仏教と神道について強い興味を抱き、日本人がもつ宗教観や、人と自然との付き合いかた、自然への信仰や畏れがどのように伝えられて来たのか、死と生に直接関わっている副住職と宮司からのお話は不可欠だったようです。

インタビューには、下村宮司も下村副住職も快く引き受けてくださり、挨拶をすませた後、エルネストのスタジオへ移動して、お一人づつお話をお聞きしていきます。

まずは、浄土宗雲天寺の副住職、下村順一さんにお話をお聞きします。
a0216706_163069.jpg

浄土宗における仏教の教えからまずはお聞きし、浄土宗仏教における死や生、または死後の世界についてお話をお聞きします。また、僧侶としての人の苦しみをわかちあい、助け合うというお仕事についてもお話頂きます。
話が進むにつれて、副住職の夢のお話や生き甲斐など、個人的なお話もお伺いしていきました。
a0216706_16304434.jpg

副住職のお話のなかで、エルネストにとって、とても印象的だったのは、「生き甲斐とは、楽しいことや嬉しいことのみならず、苦しいことや悲しいことも人の生き甲斐の糧となる」ということでした。
a0216706_163109.jpg


次に、八坂神社の宮司、下村良弘さんにお話を伺いました。
a0216706_16312027.jpg

宮司には、まず神道や神社の役割についてお教え頂きました。神道とは日本人の節目節目を大切する生き方を表したものであり、また神社とは地域の和をつくり、日本人が集団として生きるために集まっていた場所であるとのことです。昔から、日本人は自然を敬い、畏怖し、自然と共に生きるために、神社を建て自然を神として、奉るために節目毎に”まつり”を行ってきたとのことです。
a0216706_16314057.jpg

宮司が死についてお話してくださった中に、エルネストが特に印象つよかったのは、「人は二度死ぬと言われている。最初は心臓がとまったとき。二回目は忘れられてしまったときだ。」という言葉でした。
a0216706_1632378.jpg


副住職も宮司もどちらもですが、祖先・先祖を敬い、大切にすること感謝することと共に教えを伝え、今を生きることが大事でる。とエルネストに伝えてくれました。

今日のインタビューで少し、日本人の死生観の一端がかいま見えたようなエルネストでした。
両下村さま、お二人ともどうもありがとうございました。















---
[PR]
# by arcus4moriya | 2016-11-09 12:00 | AIR | Comments(0)
11/6 エルネストのインタビュー / Ernesto's interview
皆さん、どうもこんにちは。藤本です。
招聘アーティストのエルネスト・バウティスタ[エルサルバドル]は、現在「Infinite Memory(無限の記憶)」というプロジェクトに取り組んでいます。「無限の記憶」は、記憶、夢、死と超越についての人々の話をもとに制作したドキュメンタリーフィルムプロジェクトになる予定です。さまざまな立場の人々へのインタビューを行った様子を紹介します。
インタビューはセットアップされたエルネストのスタジオで行われます。
a0216706_1402789.jpg
                                  Photo: Camilo Henriquez

頭の中でかなり準備をして、というか紆余曲折を経てインタビューに臨んでおります。数学を学んでいたエルネストはよく自分の思考を図式にします。黒板には数式などもみてとれます。
a0216706_14104258.jpg
a0216706_14115215.jpg
実際の撮影は、エルネストがエルサルバドルから招いたカミーロ・エンリケが担当します。実力のある若者です。
a0216706_14124452.jpg
ライトを調整して撮影準備している様子。(よく見るとガン[マレーシア]が手伝っていますね!)
a0216706_14133863.jpg
武蔵野美術大学の学生の川鍋さん。この日までにオンラインなどでもエルネストとたくさんやりとりをしていたそうです。その中で、川鍋さんが幼少時代から繰り返しみている夢の話にエルネストは着目しており、
a0216706_1413164.jpg
                                  Photo: Camilo Henriquez

まずはその撮影から始まりました。、川鍋さんがその夢の内容を事前に紙に書いてきてくれ、それを読み上げるヴァージョンと読まずに話してもらうヴァージョンの2テイクを撮影しました。それに加えて過去の会話の中からいくつかのトピックについてエルネストから質問し、それに川鍋さんが答えていく、という風にインタビューは進んでいきます。私は後で知ったのですが、トピックのひとつでもある「生きがい」という日本語をエルネストに教えてくれたのは、川鍋さんだったそうです。
a0216706_1414164.jpg
                                  Photo: Camilo Henriquez
アーカスのサポーターさんでもある大泉さん。
a0216706_14261574.jpg
英語でも答えてくださいました。
a0216706_14175444.jpg
榎さん。最初は緊張と照れで何度もやり直したりもしながら、お母様が出てきた夢や、お母様・ご家族との関係、
a0216706_14345969.jpg
進学や就職を含む自分のこれまでの人生、これからの目標、
a0216706_14352448.jpg
死について、生きがいについて、それらを時間をかけて丁寧に話してくれました。なかには、事前にエルネストと話していなかったトピックもあったようです。
a0216706_14355094.jpg
a0216706_1436384.jpg
その他にも、たくさんの方がインタビューに答えてくださいました。共通の質問もあれば、その方にだけの質問もありました。これらがオープンスタジオで、さらにはその後最終形としてどのようなものになるか楽しみです。
a0216706_13475949.png
a0216706_171185.png
a0216706_1713582.png
                                                                                                                                                                                                                      
[PR]
# by arcus4moriya | 2016-11-06 14:00 | AIR | Comments(0)
11/4 服部さんとのミーティング その3 オープンスタジオ前
11月にはいり、オープンスタジオの開催を来週に控え、アーティストたちもそれぞれのプロジェクトに忙しい時期になりました。11日から始まるオープンスタジオにむけて、今日は服部さんとのオープンスタジオ前最後のミーティングです。

まずはMAVOのリサーチを続けながら、今回、多くの他者に参加してもらうプログラムを構築しようとしているイェンのスタジオから。今まで、ひとりで行ってきたスピーチパフォーマンスとは異なるために、イェンも新しい挑戦にむけて四苦八苦しています。今日も朝からバタバタと制作に、プランづくりに、午後からは買い出しにと、とても忙しいイェンですが、一度落ち着いて、皆とプランを共有すること、人と話すことで具体的な次のステップが見えてきたようです。
a0216706_14545788.jpg

a0216706_14553012.jpg


ガンのスタジオでは、この後のスタジオ設営についていろいろと相談が進みました。オープンスタジオ期間中に、これまで取り組んできたマイクロビデオエッセイのシリーズ”yarimoriya”と、彼がどのように撮影してきたのか、またどのような道具を使ってきたのか。
あわせて、スタジオ内で、また編集作業を進めていくとのこと。
それともうひとつ、ガンはこの滞在期間中に、自分自身をまた自分の過去の活動を知ってもらうために、多くの訪問者のかたに向けてプレゼンテーションを行ってきました。そのプレゼンテーションをオープンスタジオ期間中に行うために、どうすればスタジオで訪問してくれた皆さんにリラックスしてもらえるかどうか、空間づくりの打合せを進んでいきました。
a0216706_14554786.jpg

a0216706_14582019.jpg


エルネストの部屋でも、オープンスタジオにむけての最終調整が行われていました。これまで彼が撮影し集めてきたインタビュー集や、また黒板に描かれた、または壁に貼られているスケッチやマインドマップ、そして、カメラマン、カミーロの協力を得て、撮影していきた深い森にて体験してきたことの映像。それらをどのように配置し、どのように観せることができるか、服部さんとじっくり打合せしていきます。
映像を扱う場合、部屋の暗さや音の問題など、細かな調整が必要となり、それらひとつひとつをクリアしていくための相談が続きました。
a0216706_14594911.jpg

a0216706_14591574.jpg



さて、オープンスタジオ前にミーティングを終え、あと約1週間となりましたが、どのようなオープンスタジオになるのか私たちも楽しみです。



















---









----
[PR]
# by arcus4moriya | 2016-11-04 14:44 | AIR | Comments(0)
11/1 イェンのリサーチ_五十殿利治氏 / Yen's reserch_Mr. Toshiharu Omuka
皆さん、こんにちは。藤本です。現在イェン・ノーは自身のプロジェクトのために、MAVOの活動を中心に日本の1920-30年代のアヴァンギャルドとその周辺領域のリサーチをしています。
今回取材させていただいたのは、ロシア・アヴァンギャルド、大正期新興美術運動を専門とする美術史学者研究をされている五十殿利治氏(筑波大学人間総合科学研究科教授)です。
a0216706_16535353.jpg
MAVOといったら五十殿教授、今年の春にASAKUSAで開催された『1923』という展示にご協力なさっていたことも記憶に新しいです。
大変ご多忙な時期にもかかわらず一若手アーティストの取材に快く応じてくださいました。
a0216706_16372521.jpg
たくさんお話いただいた内容をすべて記述するのは難しいので、トピックを並べさせていただきます。
※写真はランダムに掲載しています。
a0216706_16371042.jpg
村山知義、Futurism 未来派、1912年、イ・サン(李箱)、第一次世界大戦、関東大震災直前 1923年、関東大震災の影響(震災後政府の圧力が強まる)、舞台装飾、柳瀬正夢、大杉栄、傾向映画(当時50銭で観られた。映画は27, 28年頃非常にポピュラーな娯楽だった)、詩人や批評家の方が早くダダイズムを日本に持ち込む、
a0216706_192441100.jpg
30年代中盤にアヴァンギャルドは終焉をむかえる、イ・サンは暗い時期に来日、でも若者はエネルギッシュだった、
a0216706_1638322.jpg
20年代と30年代の大きな違い
(20年代:mavo/ラディカル/パフォーマンス/屋外/アーティスティック/マガジン/芸術の専門教育をそれほど受けていない
30年代:アヴァギャルドだけれど/タブローの展示/屋内/芸術の専門教育を受けている/武蔵美/多摩美/institutionalized 制度化/政治的な圧力有)、
a0216706_16382037.jpg
近代化、バラック装飾社、今和次郎、「しらべもの[考現学]」展、modernology モダノロジー、吉田謙吉、前衛芸術家団体「アクション」、東京再建に協力しなければいけない雰囲気、社会に貢献しなければいけない雰囲気、
a0216706_1640416.jpg
辻潤、高橋新吉、ヴェルクブント、FiFo(1929,シュトゥットガルト→東京、大阪)、30年代の写真家・写真家集団、ネオダダ、「Tokyo1955-70: A New Avant-Garde」@MoMA の偏り、
a0216706_16402910.jpg
30年代初頭の調査における空白、プロレタリアの画家たちへの無関心、30年代後半に出現した松本竣介、靉光などのスターたち、30年代中期の抽象画家
a0216706_16404358.jpg
40年代の村山のポートレートの展示(銀座)からみてとれる大きな変化、規制のもとで出来る展示に限りがある、ダダイズム誕生100年を批評的に捉える、等
a0216706_17223342.jpg
このインタビューが彼女のプロジェクトにどのように影響を与えるのか、とても楽しみです。
そして、私もアーティストを通して、貴重なお話をうかがう機会を得ることができ、光栄でした…!                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                         
[PR]
# by arcus4moriya | 2016-11-01 09:00 | AIR | Comments(0)
10/28 クラウドファンディングのリターンが届く!
a0216706_18451148.jpg
ポストカードがついに到着!
7月7日から約2ヶ月間、皆様から募らせて頂いたクラウドファンディングによるご支援へのお返し、歴代のアーティストが制作した(当時は過程の、しかし後になって作品となった)記録写真による貴重なポストカードが完成しました。
a0216706_18494927.jpg
これまでに守谷で滞在制作していた作家94名の記録写真は膨大です。その中でも厳選した15パターンのポストカードからご支援いただいた皆様にお届けします。
a0216706_18563576.jpg
そしてサポーターの皆様にご協力いただき、お送りしました。いつもありがとうございます!


クラウドファンディングREADYFORでの新着情報も合わせてご覧下さい。














----
[PR]
# by arcus4moriya | 2016-10-28 18:44 | AIR | Comments(0)
10/27 オープンスタジオ(OS)の広報準備やラジオ出演
こんにちは、石井です。引き続き振り返りのブログとなりますが、こちらも活動記録です。
今日は朝からスタッフが数える作業。何をしているのかと言うと、封筒の数をひたすらカウント。いよいよ来月始まるオープンスタジオのお知らせと、クラウドファンディングのリターンを一斉に全国に送るからです。
a0216706_16554190.jpg
この後、各アーティストのリサーチをアテンドし(同日のほかのブログを参照)
午後は、アーティストがそろったところで「ラヂオつくば」さんの取材です。
a0216706_1893559.jpg
始めはちょっと緊張気味でしたが、裕美子さんの通訳を交えながら3人ともなんとかラヂオ収録を終えられました。
a0216706_18144965.jpg
終わった途端、和やかなサロン。
a0216706_18164297.jpg
パーソナリティーの福田さんとアーティストたち。アーカス特集のラジオ番組の様子は「Yesからはじめよう!グローカルな夜 Vol.43(10月30日放送分)」から聞くことができます。
a0216706_18173211.jpg

特集の後半はvol.44(11月6日放送分)でアーカススタッフによるトークをお聞きいただけます。
この日は各アーティストも終日取材や作業で長い一日でしたが、それはまた別のブログで。
収録後のサロンでは、ふたたびスタッフによる広報準備が続きます......
a0216706_181926100.jpg















---
[PR]
# by arcus4moriya | 2016-10-27 16:53 | AIR | Comments(0)
10/27 ガンの撮影 そばの収穫
秋晴れのいい天気の日が続いています。守谷近郊はちょうど蕎麦の実の収穫時期で、至るところの畑で日に日に、収穫が進んでいます。
そんな中、今日は、守谷市農業委員会会長の海老原様のご厚意と市役所のみなさんに助けて頂き、ガンと蕎麦の収穫の撮影を行いました。

畑にはいるからと、事前に長靴を借り、いつもの一脚にもビニールのカバーをかけて撮影準備万端のガンさん。
a0216706_19405740.jpg



畑について、まず海老原会長に今回の撮影について、お願いと許可を改めて頂き、収穫の作業について説明を受けます。

まずは、いつものように一眼レフのカメラをもって、収穫の様子を農耕機の後について撮影していくガンさん。
a0216706_19311820.jpg

a0216706_19315557.jpg


だんだん撮影にも力がはいっていき、ついには、農耕機にのせて頂き、撮影をし始めました。この時は、一眼レフではなく、機動力を重視したGoProをつかって撮影しています。
(※今回のみ特別に許可を頂いて農耕機にのって、撮影しています。)

a0216706_19323072.jpg

a0216706_19324659.jpg

a0216706_19331424.jpg



いつものように真剣なまなざしで、農耕機のうえから、蕎麦の収穫の細部を撮影していくガンさん。
a0216706_19333918.jpg



農耕機で収穫した蕎麦の実を別のトラックに移しかえて、今日の収穫作業も終わりです。
a0216706_19341396.jpg



短い時間でしたが、農耕機を追いかけたり、上に乗ったり、近づいたり離れたりといろいろ撮影できたガンさんでした。この撮影した映像がどのように編集されてまとめまれるのかは、ガンさんのインスタグラムアカウント”yarimoriya”で
ご確認ください。
[PR]
# by arcus4moriya | 2016-10-27 14:18 | AIR | Comments(0)
10/22 オープンスタジオのお知らせの準備
こんにちは、もう11月ですね。お昼と夜の気温差が厳しいです。
オープンスタジオが近づいてきていますね。

はじめまして。
アルバイトの篠倉といいます。よろしくお願いします。

a0216706_1729465.jpg
....忙しそうですね。

先月の22日にサポーターさんといっしょにオープンスタジオのお知らせを封入しました。
5名のサポーターさんと約4000枚ものお知らせを封入しました。約3時間余りで全部終わるとは!
分厚いお知らせの束をきれいに封入するのは意外にコツが必要でした。
私は何百枚と紙を数を数えていると集中力が切れて段々とミスも増えてきました。すみません・・・
a0216706_14283953.jpg
a0216706_17115279.jpg

a0216706_1711931.jpg

大勢でやるにはチームワークが試されます。ですがみなさんとっても手際がよく予定時刻よりもずっと早く終えることができました。オープンスタジオ前の一番大変な作業が終わった!ありがとうございます!

それにくわえてポスターを守谷市内にはってきました。
シルバーに蛍光イエローが遠くからでも目立ちます。大きなポスターなのですぐ見つかりますよ。
a0216706_1721722.jpg

a0216706_172214100.jpg

守谷駅のタリーズの前に4枚、もりやすたいるさん、コーヒーファクトリー守谷店さん、インド料理アイキッチンさん、
守谷市役所 中央公民館さんに大判サイズのポスターを掲示させていただきました。
もし掲示してくださる方がいたらお知らせください!

アーティストの動きも慌ただしくなってきました。
ガンさんはゴザを探してたり
イェンちゃんはおびただしい数の本探してたり
エルネストは青木ヶ原から帰還したり・・・・あ、取材ですよ!
a0216706_17225514.jpg



オープンスタジオの準備は着々とすすんでいます。
ぜひお越し下さい!


------------------------------------------------------------------------------------------------

オープンスタジオ 開催|11月11日(金)-27日(日)

今年度のアーティスト・イン・レジデンス プログラムの成果発表、
オープンスタジオを開催します。

日時|11月11日 (金)〜27日 (日) 13:00 -19:00
※金・土・日曜日、23日祝日開催|左記を除く平日は予約制・月曜日休館
会場|アーカススタジオ
入場料|無料
アーティスト|
エルネスト・バウティスタ [エルサルバドル]
ガン・シオン・キン [マレーシア]
イェン・ノー [韓国]

関連プログラム|
1. キッズツアー:11月12日 (土)・19日 (土) 14:00 -15:00 ※要予約
2. アーティストトーク×服部浩之:11月13日 (日) 15:00 -18:00
3. アーティストによるガイドツアー:11月23日 (水・祝) 14:00 -15:30
4. オープンディスカッション:11月23日 (水・祝) 17:00 -19:00
5. スタジオガイドツアー:会期中 (平日火・水・木曜日) 14:00 -18:00 約1時間 ※要予約










---

[PR]
# by arcus4moriya | 2016-10-22 14:00 | AIR | Comments(0)
10/20 知事表敬と記者会見@茨城県庁へ
こんにちは、石井です。本日は茨城県庁へ、橋本県知事を表敬訪問しました。
a0216706_13305058.jpg


まずは今瀬部長にご挨拶。今年のオープンスタジオのポスターとともに、レジデントアーティストの滞在経過をご報告。初めての水戸、そして茨城県庁で、3人ともちょっと緊張気味。
a0216706_1551421.jpg
a0216706_15403624.jpg
a0216706_1615526.jpg

その後の知事表敬は終始和やかでした。今年は現在開催中の茨城県北芸術祭もあり、過去招聘したレジデントアーティストたちの参加や、今年のレジデントの滞在・活動報告を。守谷の生活、茨城県で何を食べたか、どこへ行ったか、など。美味しくないものを探す方が難しい、とガンさん。
a0216706_15524232.jpg
ガンは現在制作しているインスタグラム、yarimoriya を知事に見せて説明しました。
a0216706_15475096.jpg
イェンは在住地のウィーンからのお土産と土地柄を説明しながらSECESSIONの『時代にはその芸術を、芸術にはその自由を』 “To every time its art. To art its freedom.” というメッセージを贈りました。
a0216706_1550699.jpg


その後、記者会見に出てインタビューに応える3人。(実はこの日、来年始まるNHK朝の連続ドラマの記者会見もあったようで某女優さんが来ており、外はにぎやかでした。)
アーティスト達の訪問の様子は、10月21日の茨城新聞に掲載いただきました。ありがとうございます。
a0216706_16231329.jpg

また、後日11月8日に朝日新聞さんにも掲載されました。
a0216706_162454.jpg
アーティスト達も来日してほぼ1ヶ月以上が経ち、だいぶ生活にも慣れて来て、いよいよ制作に本腰を入れ始めたようです。





おまけ。2014年度のセイット・バタル・クルト(トルコ)のお土産の器(!!)が知事室前室にありました。
a0216706_1611374.jpg












----
[PR]
# by arcus4moriya | 2016-10-20 13:28 | AIR | Comments(0)
10/18 ガンの守谷そば打ち倶楽部見学
ガンは以前に守谷商工祭で出会った蕎麦を作る方々に会いたい、と守谷市役所に問い合わせて、ついに近所の公民館で活動していることをつきとめました。今日は特別に許可をもらってそば打ちのサークルさんを見学させてもらうことに。
a0216706_15361121.jpg
ここでは、AチームとBチームが隔週で蕎麦打ちの練習を行っているとのこと。
a0216706_1536291.jpg
それぞれに時間内にさらさらのそば粉から麺にする行程を実践しています。
a0216706_1537250.jpg
師匠の笠川さん。生地の延ばし方も美しい。
a0216706_15372698.jpg
それにならって新人さんが延ばし方を学ぶ様子も、ガンは所狭しと動き回って撮影。
a0216706_15374272.jpg
均一に延ばす延べ棒も、まな板も、麺を切るナタも、全て皆さん自前のものだそうです。
a0216706_15392956.jpg
麺を等間隔に切っていく様はまさに芸術。ガンのしょっぱい顔も撮影に集中すれば集中するほどいい意味で険しくなっていきます(笑)。このあと、完成したそばを器にいれ、打ち粉として使い、残ったそば粉も余すことなくきれいに刷毛で集め、備品を丁寧に扱い片付けていく様子は、蕎麦ひとつ打つための動作としては極めてパフォーマティヴな一連の動きに見えてくるのもうなづけます。
a0216706_15401439.jpg
およそ1時間半ほどの見学でしたが、様式美をみるような、「蕎麦道」のひとつを見せてもらったような気がしました。守谷そば打ち倶楽部の皆様、ありがとうございました!

こちらが完成したyarimoriya の守谷そば打ち倶楽部の動画です。ぜひご覧下さい。
a0216706_13301214.jpg








-----
[PR]
# by arcus4moriya | 2016-10-18 15:24 | AIR | Comments(0)
10/15 ガンのJAXAでの見学と撮影
こんにちは、石井です。オープンスタジオをご覧になった方はご存知かもしれませんが、ガンのスタジオでは彼の使用する様々な機材ひとつひとつに説明や道具にまつわるストーリーがほどこされており、それらのキャプションの中の一節に、
「他の国へ来た時は必ず図書館、博物館、DIYショップ、雑貨屋、美術館を訪れる..」とありました。連日、守谷市内外で気になる人やモノに出会い、コンスタントに活動し続けているガン。
今日はJAXAの特別公開日、ということでつくば市の筑波宇宙センターへ。
a0216706_1243532.jpg
彼の撮影機材バッグもいつも通り搭載。このカーキのバッグの中には、ドラエもんのようにあらゆる撮影に必要な道具が入っています。真っ先に向かうのはやはり、モニター。ISSからこうのとりをキャプチャーする様子がループで上映しているのを見逃さないガン。普段、滅多に入ることのできない施設にも、自由に見学できるこの日は、まさにJAXAのオープンスタジオのようなもの。ほぼ同サイズのISS(国際宇宙ステーション)きぼうの中や、様々な宇宙開発の資料、ロケットのエンジンや衛星そのもの、実験コーナーや音響を体験するコーナーやミニロケット発射イベント会場など、じつに様々な体験ができる日です。
a0216706_12475469.jpg
ガンのガン見。よほど「撮影禁止」の表示がない限り、どこにいっても終始撮影しているガンさん。宇宙で働く人、または宇宙で働いているものに興味があるらしく、ほぼ全箇所を見て回りました。
a0216706_1392346.jpg
そうそうたる日本の宇宙飛行士。
a0216706_13105947.jpg
模擬管制室や宇宙飛行士になる人の為の養成棟なども。
a0216706_13311487.jpg
a0216706_13114832.jpg
a0216706_13193843.jpg
ガンの撮影の邪魔にならぬよう背後にいると、模擬管制室前にはこんな名言も。
a0216706_14144397.jpg
物知りなガン、既に知っていたというこの10か条。なんだかどこかレジデンスにも相通ずる名言....
a0216706_135539.jpg
マレーシアでははやぶさが有名なのだそうです。映像や映画にも詳しいガンは映画ではやぶさのストーリーを知ったそうな。本物(にちかい)はやぶさ2の模型をみられて喜んでいた模様。
a0216706_1244838.jpg
こちらは先日ISSに届けられた「HTV/こうのとり」とほぼ同じ模型。水や電池などをはじめ、宇宙飛行士の滞在に必要な物資をISSに運びます。日本のロケットに搭載され届けられる「こうのとり」は世界でも最も活躍しているのですが、帰りは不要な荷物を蓄えてISSから離れ、可燃ゴミのように大気圏で燃えてなくなってしまいます。この展示ドームに展示されているものだけでも、ひとつひとつの衛星が地球上の人類の生活に役立てる為のものなので、行っただけで色々学べます。
a0216706_13362443.jpg
外へ出ると別棟にて爆音が。映像にとって重要なのは「音響」というガン。いかにその画にあった音の効果を用いるかによって、映像の印象は全く異なると力説します。なのでここでもH-ⅡAやH-ⅡBロケット、イプシロンロケットの音響に興味津々だった模様。(回りは子どもだらけの会場に真剣に音を聞くアーティスト...)この展示ドーム以外にも様々な実験棟が広い敷地内にあるのですが、本当に広く広く...テーマパークのよう。日本の宇宙開発の中枢を担う場所が近所にある、とはいえ、施設内だけでも相当な移動距離でした。
a0216706_133367.jpg
歩いていたらこういう驚きもあったり。まるで自分たちも微弱重力空間にいる錯覚さえしてきました。ガンは背後であいかわらず何かを撮っています。
a0216706_1334927.jpg
ガンはどの場所へ行ってもカメラを欠かさず、歩いている時も常に何かを捉えているようでした。終日いろんなカメラを駆使して撮影をしていましたが、それを1分の動画にまとめるのですから撮影・編集筋トレは日に日に鍛えられているようです。
a0216706_12442493.jpg
日々、綴られていく短編動画は彼のyarimoriya で観ることができます。

あとから追記しますが....奇しくもこんな動画に。どうぞこちらをご覧下さい。
a0216706_16365656.jpg








-----
[PR]
# by arcus4moriya | 2016-10-15 12:32 | AIR | Comments(0)
10/14 服部さんとのミーティング その2
アーティストが来日してから、51日目。もうすぐレジデンスの滞在期間も折り返しとなった今日は、ゲストキュレーターの服部さんとの2回目のミーティングでした。今回は、スタジオスタッフも一緒に各アーティストのスタジオをまわっていきました。

それぞれのスタジオでプロジェクトの進捗や今後の進め方の話をしようと伝えていたのですが、サロンで服部さんがスタジオに着いたとたん、すぐに話しはじめるガン。結局、まずはサロンでガンさんとのミーティングが始まりました。
a0216706_12293148.jpg

ガンは、すでに何本ものマイクロビデオシリーズ”yarimoriya”の撮影、編集、アップロードを始めており順調に進んでいます。事務所には撮影したい人や、場所などのリストが溜まってきています。
服部さんとのミーティングでは、この1分以内のマイクロビデオをどのように展開し、制作として発展させていくのか、どのように観せるのか。映像と音を分離する、または編集過程をも観せることは出来るのではないかといった相談や。再度、なぜ1分以内でないといけないのか。また、この集積をまとめる必要があるのか、などなど制作のコンセプトなどについても話は尽きませんでした。
a0216706_14481928.jpg



続いて、エルネストとのミーティング。
a0216706_14484780.jpg

エルネストはやりたいことがとても多く、壮大なプロジェクトの構想が3つあります。3つとも、近接するテーマのなかで、ゆるやかに関連しながら繋がっているのですが、全てをレジデンス期間内に行うのは難しいのではないかと、皆で相談し、まずは1つのプロジェクトに集中して取り組むことを決めていきました。この時点で、エルネストとしては今まで、本格的には取り組んだことのなかった、映像制作を進めることに決めたようです。
”死”や”記憶”、”超越”などをキーワードとして、撮影したい場所や、インタビューの構想など、プロジェクトの方向性がはっきりしてきたミーティングでした。
a0216706_1452397.jpg



引き続き、イェンとのミーティング。
a0216706_12282647.jpg

イェンはプロジェクトとして、MAVOの活動を中心に日本の1920-30年代のアヴァンギャルドとその周辺領域のリサーチを進めていて、白川さんをはじめ、たくさんの人に会ったり、書籍を集めたりなど着々とプロジェクトを進めていました。今後も、このリサーチを継続していくことで、更に踏み込んだ調査を進めると共に、次の展開として、このリサーチをどのように自身の表現として、パフォーマンスや、インスタレーション、またはwebでのプロジェクトなど、体現していくかについての相談が進められていきました。
a0216706_1453050.jpg



3人とも、それぞれのプロジェクトが軌道に乗り出し、次の展開を見据えることの出来たミーティングとなりました。各アーティストはそれぞれ長くても2時間程度のミーティングでしたが、アーティストたちの様々アイデアや観ているビジョンを共有した1日はあっと言う間でした。





















----
[PR]
# by arcus4moriya | 2016-10-14 12:00 | AIR | Comments(0)
10/11 イェンのリサーチ 前橋へ
今日は、上野から電車にゆられること、約3時間。
アーティスト、イェン・ノーのリサーチにて群馬の前橋にやってきました。

イェン・ノーは現在、日本で1920年代から30年代におこったダダイズムの活動、とりわけMAVOの活動について調査していますが、日本でダダイズムの活動を研究されているアーティスト、白川昌生さんにお会いしに来ました。

白川さんには、2007年にアーカススタジオにて毛利嘉孝さんとトークイベントを行って頂いたこともあります。
http://www.arcus-project.com/jp/event/2007/ev_jp071006190000.html

前橋駅前で、白川さんにお会いした後、車で白川さんのアトリエまで連れていって頂きました。
白川さんにはイェンの今回の訪問目的については事前にお伝えしていたため、アトリエに向かう車中にて既に筑波大学の五十殿教授や、またその生徒さんのお話など、いろいろとお話が進んでいきます。

車で30分ほど走った白川さんのアトリエについてからも、一息する間もなく、二人の話はどんどん進んでいきました。

a0216706_2034154.jpg



まずは白川さんにMAVOの活動についてお聞きし、特に村山知義の活動についてお話を伺います。
そのなかで、白川さんからは、村山がいかに中国や朝鮮に関わりを持つこととなったのか、1920年代から30年代の演劇活動と政治活動のつながりや流れ、またまたバラック装飾社についてなど、関東大震災以降の演劇活動やプロレタリアート活動にまで展開していきます。

a0216706_20131765.jpg

a0216706_20161767.jpg



その他にも、イェンの調査にあたり、神奈川近代美術館での村山知義の展示や、日本文学館にある雑誌MAVOについて、またご自身の著書をお貸しくださるなど、大変有意義な面会でした。

a0216706_20135737.jpg


当初、1時間程度とお願いしていた時間も、気づいてみればアトリエにお邪魔してから、3時間以上もたっており、
周りもすっかり薄暗くなっていました。

また、帰りに白川さんに駅までお送り頂き、次の再会をお願いしてお別れしました。
白川さん、ありがとうございました。
そして、一日通訳をお願いした池田さんもありがとうございました。

a0216706_20143233.jpg

[PR]
# by arcus4moriya | 2016-10-11 20:42 | AIR | Comments(0)
10/6 プレゼンテーション@武蔵野美術大学 / Presentation at Musashino Art University
English is coming soon.

皆さん、こんにちは。藤本です。
本日、アーティストたちは武蔵野美術大学にお招きいただき講義を行いました。
始まる前にガンが学部生さんたちと積極的に会話をしており、教室は和やかムードでした。
a0216706_21414742.jpg
まずは私からアーカスプロジェクトの紹介、アーティスト・イン・レジデンスの仕組みについて簡単に紹介させていただき、
エルネスト・バウティスタ[エルサルバドル出身、在住]のプレゼンテーションが始まりました。
a0216706_21491596.jpg
自身の過去作品を手短に紹介しました。エルサルバドルの社会状況やそれが影響を与えたであろう彼の死生観が色濃く反映された作品たちです。
a0216706_21513470.jpg
先ほど“手短に”と書きましたが、実際にそれらの作品はテーマが明快でメッセージ性の強いものが多く、詳細な説明がなくても鑑賞者は意図を察することができたり、感情移入しやすいように思います。
a0216706_21522817.jpg
a0216706_21401143.jpg
続いてガン・シオン・キン[マレーシア出身、在住]。
最初のチャーミングな画像からはプレゼンを聞く相手への彼の思いやりが感じられますね。
a0216706_2140233.jpg
彼は絵画とビデオに取り組んでいますが、今回の滞在でビデオを扱うこともあり、過去作の中でもビデオを中心に紹介しました。
a0216706_2224136.jpg
サイクリストであり、アクティヴィストである人物を追ったビデオ作品の一部を流しました。マレーシアで初めてサイクリングマップを作成した人だそうです。
a0216706_2244524.jpg
最後に現在取り組んでいるショートビデオシリーズの紹介です。彼が経験した、出会ったあらゆる物事を記録しており、それらがインスタグラム上で公開されています。yarimoriyaというプロジェクトです。
a0216706_2251984.jpg
最後はイェン・ノー[韓国出身、オーストリア在住]のプレゼンテーションです。
a0216706_22145718.jpg
イェンのプレゼンだけは、本人のたっての希望で通訳を介さずに進行されました。
まずはさながらスピーチのように、自身が準備していたテキストをゆっくりと慎重に読み上げます。
a0216706_22202828.jpg
その後は、他者の作品への考察を経て、最後に自身の作品紹介を紹介しました。
a0216706_22215390.jpg
作品は彼女のウェブサイト When A Form Withdraws Itself からご覧いただけます。
a0216706_22155039.jpg
講義は質疑応答が含まれている構成です。英語で直接質問する学生さんや、作品の具体的なポイントに関する質問をする学生さんがいて積極的な態度に感心しました。
(私が1年生のときに果たしてこんな学生だったでしょうか…。)
a0216706_2218058.jpg
a0216706_21291815.jpg

今回、このような機会を与えてくださった池田哲さんに心より感謝申し上げます。
                                                                                                                          
[PR]
# by arcus4moriya | 2016-10-06 14:00 | AIR | Comments(0)
10/5 ガンの筑波大訪問
先週末出会った美大生に、自己紹介のプレゼンテーションをしたガン。自分の制作のことや、自分自身の置かれている環境について紹介し、相手とコミュニケーションをはかります。
a0216706_151355.jpg
そして今日は美大生の学んでいるアトリエ(スタジオ)を訪問しました。
a0216706_15141825.jpg
ここは筑波大学。筑波大は本当に広くて敷地内に公共バスが走るほど多くの学部があり様々な分野の棟が。。目指すは体芸食堂へ。
a0216706_15162081.jpg
早速、ガンは学生の工房にお邪魔して、その学生が行っている「work」を中心に取材撮影を始めました。
a0216706_15465799.jpg

彼女がてがけているのは立体作品。マスクをして蝋を溶かしながら制作しています。
a0216706_15263847.jpg
a0216706_15265113.jpg
ガンのこの表情にわたしたちも慣れてきましたが(笑)、いつも液晶画面越しの彼の(しかめっ面に見える)表情は真剣そのもの。
a0216706_15504675.jpg
a0216706_15485528.jpg
そして学生に聞きます。「なぜこの作品を作ろうと思ったのか?」 篠倉さんは日本語で答えたバージョンと、一生懸命英語で応えたバージョンとでインタビューに答えました。
一通りインタビューし撮影したあと、編集して完成したガンの短編動画・インスタグラム「yarimoriya」はこちら
a0216706_1534924.jpg
彼女の肢体に対する真摯な考えが制作に反映されていることがわかります。ガンがそこから理解して作った動画がその人となりを象徴するかのように短い尺の中で紹介されます。
ガンの出会う人たちによる「仕事・遊び・家」をテーマにした動画はこれからどんどん増えていきます。どうぞお楽しみに。

『インスタグラム ガン・シオン・キン』で検索しても彼の yarimoriyaシリーズが見つかりますので是非、ご覧になってみて下さい。








----
[PR]
# by arcus4moriya | 2016-10-05 15:10 | AIR | Comments(0)
9/29 ゲストキュレーター服部さんとの対話
9月末になってもまだまだ夏の暑さが抜けないアーカススタジオです。
今日は、今年度のゲストキュレーター、服部浩之さんがスタジオに来て、3人のアーティストの活動の進捗について聞き、お互いに意見交換をしています。

前回のプレゼンテーションから約2週間。来日し守谷についてからは約1ヶ月が経ちました。3人のアーティストはすでに守谷での生活にも慣れたでしょうが、それぞれのプロジェクトの方向性については、まだまだ思考錯誤しているようです。

動き出した自分たちの制作・プロジェクトについて、ゲストキュレーターの方とアーティストとがゆっくり時間をとって、対話することで、より幅広い視点で見つめ直していくことは、大変有意義なことで、こういう時間をしっかり持てることもレジデンスの醍醐味ではないでしょうか。

今日は、落ち着いて話をしてもらうために、1対1の対話を、服部さんとアーティストにお願いしました。

まずはイェンのスタジオから。
a0216706_14471987.jpg


続いてエルネスト。
a0216706_14454663.jpg


最後にガンさん。
a0216706_14463748.jpg


ときたま、様子を伺い、写真をとりながらでしたが、 それぞれのアーティストと服部さんの対話を邪魔しないように、二人が集中して話せるように、私たちは事務所で作業。ガンさんは結局事務所で服部さんと話をしていましたが、ガンさんはすでにあちこち出かけながら、撮影しているので、どこでも彼のスタジオになってしまうのでしょう。

服部さんとアーティストたちはたっぷりじっくり話が出来たようで、あっと言う間に、暗くなり、気温も午前中にくらべてぐんと下がりました。
さて、次の服部さんの訪問までに、アーティストたちはどのように活動し、なにを考えプロジェクトを進めていくのか楽しみです。










----
[PR]
# by arcus4moriya | 2016-09-29 12:49 | AIR | Comments(0)
9/25 守谷市商工祭り/ Moriya Commerce and industry association Festival
こんばんは、石井です。
先月9月25日に開催された商工会のお祭り「きらめき守谷夢彩都フェスタ」でのステージにアーカスのレジデントアーティストが登場。このオーディエンス!!!(こんなに守谷市民が集まるのも、八坂神社以外でめったにないのではないかと)。
a0216706_1628583.jpg
バックステージではなにやらイェンが習いたての日本語を練習中。
a0216706_16305642.jpg
a0216706_1635968.jpg
フラダンスチームの前にちょっと緊張気味な面持ちで待つ人たち。
a0216706_1642373.jpg
守谷市内にフラダンスチームは多数あります。思えば2010年に滞在したオーストラリアのアーティストユニット、デビッド&ケルダもこのステージにでたことがきっかけでインスパイアされて、守谷市内のフラダンスチームとプロジェクトをおこなったこともありました。
a0216706_16172072.jpg
ついに彼らの出番です。
a0216706_16289.jpg
アーカスプロジェクトのご紹介。
a0216706_16253651.jpg
a0216706_1651627.jpg
実は私は駅側デッキの向こうにいたので、視線に気づいたのはガンだけでした。カメラ目線。
a0216706_1653631.jpg
a0216706_166124.jpg
それぞれご挨拶。ポツンとしているように見えますが、実際の回りはこんなにひとだかり。人、人、ひと。
a0216706_16225657.jpg
a0216706_16242111.jpg
それでは一人ずつ自己紹介。
a0216706_16162263.jpg
エルネスト(最も緊張していたらしい)。
a0216706_1685863.jpg
イェンはカタコトの日本語で挨拶していましたが、拍手をたくさんもらっていたようです。....カンペ見てますけどね。
a0216706_1691531.jpg
ガンはというと、挨拶もそこそこに、さっそく出店中の屋台の中でも、そばを作っているブースで制作・撮影を開始しておりました。
a0216706_16134792.jpg
この真剣な眼差しは、どうなったかというと。
a0216706_16141760.jpg
a0216706_18582590.jpg
                     (photo/video by Gan Siong King)
こちらをご覧下さい。
現在彼は、日々出会う人々に自分の作品を個々にじっくりプレゼンテーションし(1時間程度、と本人は言っていますがだいたいいつも約2時間)、その上で相手とコミュニケーションをはかったのち、コンスタントにその1人ひとりを追う、という制作活動をしています。KLでは油絵を描いている画家(ビジュアルアーティストと本人は名乗っており)のガンは、日本に滞在中はじっくり映像と向き合うことを主に活動しています。短い動画ですが、滞在中に彼のInstagram/インスタグラムの中の『yarimoriya/ヤリモリヤ』にどんどんUPされています。
(※ちなみに、守谷のゆるキャラ「もりやもり」とはなんの関係もありません)
それらは、何を形作るのか、楽しみでもあります。ガンのプロジェクトに参加したい人を随時募集中です。気になった方はアーカススタジオへご連絡下さい。









-----
[PR]
# by arcus4moriya | 2016-09-25 16:00 | AIR | Comments(0)
9/17 県北芸術祭へ。テアの鯨探訪と、海側へ。
a0216706_1934990.jpg
いよいよ始まった茨城県北芸術祭。9月17日の朝は快晴でした。
a0216706_1953250.jpg
早朝からナニしに行ったかというと....
a0216706_197137.jpg
昨晩、ちょっと先日聞いたニュースを、動物を愛するテア・マキパー(2006年度招聘アーティスト)に伝えたところ...
a0216706_1995659.jpg
a0216706_19371590.jpg
日立の海に打上げられた鯨がみたい。と。
もしいたら、というちょっとした期待と、暴発が危険なので既にもういないかも、という半々の気持ちでたどりついたところ、この結果でした。「確かにそこにいたのね!」とテアはちょっとだけ鯨のいた場所を確かめるかのように浜辺を散策していました。
a0216706_21305888.jpg
早朝から、OBと現役レジデントアーティスト連れ立って、存在していた不在の鯨を...インビジブルなものをみにいくような散歩となりました。イェンも海を観られてちょっと嬉しそう。
a0216706_19383859.jpg
さて、そんなテアの作品、「ノアのバス」からはじまり。(日立駅前)
a0216706_20583325.jpg
a0216706_21535164.jpg
a0216706_2102966.jpg
a0216706_2154247.jpg
エルネストやガンが観ているのは...
a0216706_211658.jpg
a0216706_20572690.jpg
これをご覧になるとどんな動物たちがいるのかがわかります。
a0216706_21524369.jpg
山行きのバスをみた後は海へ行き...
a0216706_2154056.jpg
高戸海岸のイリヤ・エミリア・カバコフの「落ちてきた空」
a0216706_219559.jpg
小浜へ行くと素敵な渚が広がり、ガンは早速撮影を始めており...
a0216706_2195359.jpg
a0216706_21281588.jpg
a0216706_211548.jpg
風光明媚な渚です。ガンは...
a0216706_21252516.jpg
やはり撮影していますね。
a0216706_21145758.jpg
偶然居合わせたOB作家達に遭遇し。スッシリー、ティファニー、テア、ハル、デビーなどなど。
a0216706_2122537.jpg
a0216706_214912.jpg
ここにはスッシリー・プイオックの作品「ソウル・シェルター」が。藤本さんと比べると、こんなに大きい貝が、タイからやってきました。
a0216706_21162378.jpg
夏のような日差しの県北ツアーはまだ始まったばかりです。(つづく)








----
[PR]
# by arcus4moriya | 2016-09-17 18:59 | AIR | Comments(0)
9/16 KENPOKU ART 2016 OPENING! 茨城県北芸術祭開幕。
a0216706_1811751.jpg
こんにちは。石井です。現在12月初旬です。2016年・秋を振り返るブログとなりますがご容赦を。3ヶ月も前のことになりますが、9月17日、茨城県で初めての芸術祭が開幕しました。(もう既に懐かしい...) ちょっと上の写真が斜めなのは、ひっそりチーフ朝重さんに撮影を頼んだからです。こんな機会は二度とないかもということで祝福すべき日に立ち会えました。
a0216706_1431184.jpg
アーカス発足時(1994年)からのアドヴァイザーであり、南條史生・茨城県北芸術祭総合ディレクターを囲んで記念の(貴重な)一枚。この芸術祭には、茨城県南のアーカスプロジェクトも協力団体として参加しており、開幕までの準備も陰ながら応援していました。
アーカスプロジェクト関係者もこの日のスタートを祝って大集合。茨城県北エリアという広大な土地での初の芸術祭、まだこの頃はどんなものになるのか県南のわたしたちも想像できませんでした。まさか茨城で芸術祭が起ころうとは。ケンポクでの芸術による地域振興を軸に、国内外から100もの作品が展開されました。過去23年築いて来たアーカスプロジェクトの芸術文化活動の成果も、11名の過去招聘作家の参加作品を通じてご覧いただけるような機会ということで、この65日間がどんな芸術祭になるのか、楽しみです(と書くはずでした..)。
既に11月20日閉幕したKENPOKU ART 2016は大盛況のうちに終わったようですね。茨城県南はいつも通りのAIR(アーティスト・イン・レジデンス)事業をしながら、守谷から県北芸術祭を楽しむ中学生バスツアーや市民バスツアーを催行したりと、守谷とゆかりあるOBアーティスト達の作品、そして大自然と多彩な作品群に会いに行きました。(それも追って報告します。)
というわけで、今年のレジデントアーティスト達がオープニングに行った時の様子を。出展作家との関係やちょっとした思い出なども含め、記憶を取り戻しながらダイジェストで紹介します。
a0216706_17533779.jpg
↑左) 藤 浩志さんは実は2001年に水海道(現在の常総市)と石岡市でワークショップ「かえっこバザール」を実施していただいたアーティスト。当時、アーカスが最初にディレクター主導のプロジェクトとして発足した年でした。その年に滞在していたピウス・シギットがとても影響を受けた作家さんだったそうです。キュレーターの金澤さん(中央下段)、お疲れさまでした。OB作家が本当にお世話になりました!右隣には、あの最後の最後に公式HPのサーバーがダウンしたというきっかけのツィートに掲載されていた作品「ブラック・フィールド」のザドック・ベンさん。
a0216706_17535822.jpg
↑(中央) ワン・テユ(台湾)は2000年度にアーカスへやってきました。常陸大宮市・家和楽青少年の家での「No.85」と名付けられた巨大なバルーン作品も記憶にあるかと思います。
今回、テユの作品をテーマに作られた出展作家の 佐藤悠さんのKENPOKU SONGSの中の「やわらかいくうかん」を聞きたくなります。テユはまさに16年前の滞在時に西ノ内の和紙を紙すき体験したり、大子でリンゴ狩りをしたりと、県北経験がありました。そのときには同期の眞島竜男さん(今年、糸島国際芸術祭や岡山芸術交流に出展)も一緒だったのも懐かしいです。
a0216706_1475634.jpg
オレンジのニットをまとっているのはハイパーニットクリエイターの力石咲さん。2012年度に地域プログラムでアーカスに招きひょうたんを編むワークショップを実施。常陸多賀では街中がニット・インベーダーに包み込まれていました。そしてお隣の中崎透さんは2007年度にNadegata Instant Partyとして実施した アーカススタジオでは伝説の「パラレルスクール」のアーティスト。県北の舞台・6市町となる前の旧町村名を「看板屋なかざき」で表現。この地名を知っている人には特に実にグっとくる看板です。
a0216706_1494492.jpg
山側のキュレーター、四方さんにも大変お世話になりました。(中央)
a0216706_17525123.jpg
こちらは2006年組。後ろでカメラを構えているのは高戸海岸で指の生えた貝の作品で存在感のあったスッシリー・プイオック(タイ)、前列は、日立市郷土博物館のワンフロアを使い、日立市の歴史に寄り添い緻密にリサーチした作品を展示したティファニー・チュン(ベトナム/米)。テア・マキパーも含め、この3人は茨城で10年ぶりの再会。
a0216706_17545879.jpg
2人の後ろの中央に見えるのは2008年度招聘のデビー・ハン(韓国/米国)。
a0216706_21239.jpg
そのデビーがアーカスにいたときにディレクター(3代目)だったのは、インディペンデント・キュレーターの遠藤水城さん(左)。当時大学生だった志村さん(右)は現在石巻のReborn Art Festivalに。懐かしい面々はどんどん増え。。。
a0216706_1193859.jpg
手前左から日立の日鉱記念館で展示したタクシナー・ピピトゥクル(2001年/タイ)、スッシリー(2006)、中央左から常陸大宮市で展示したレ・トゥア・ティエン(2003/ベトナム)、大子町の上岡小学校で展示したピウス・シギット・クンチョロー(2000/インドネシア)、会田守谷市長、ティファニー・チュン、そして一番背後に朝重さんと、テア・マキパー(2006/フィンランド)。...と集合すると更に...
a0216706_1231231.jpg
左に日比野さん(1999年から現在まで継続中のHHでおなじみ)、右に2代目ディレクターの帆足さんと。歴代の顔ぶれが集合。今回HIBINO HOSPITALの17年を振り返るアーカイブ資料を展示とのことで、アーカスでのWSの歴史を日比野さんと恊働させていただきました。
a0216706_1263316.jpg
久々に茨城へ帰って来たアーティスト達は県北で会田市長とも再会を果たし、ご挨拶。
a0216706_1282635.jpg
日立駅前で「ノアのバス」を発表したテア(左)、高萩の穂積家にて「ウェブ・オブ・ライフ」を展示したデビー・ハン(右後ろ)。そして中央には今年のレジデント、エルネストも。エルネストはあまりにもアーカス出身の先輩OBアーティストらがあちこちにいるので混乱していたご様子。
a0216706_14455891.jpg
デビーは8年前の守谷では日本食材を用いて女性のアクセサリーを作り、それらをモデルにまとわせた写真作品を作っていました。そのモデルも当時の守谷市民です。
a0216706_1459225.jpg
現在NYを拠点に活躍するデビーは、当時と変わらぬその特徴的なヘアスタイルとは裏腹に、とてもフレンドリーに現役アーカススタッフとも話してくれました。
a0216706_1364241.jpg
こちらはなんと!1996年に招聘した日本人アーティストの山出淳也さん。現在ではBEPPU PROJECTの...として知られる誇るべきOBです。そして野口さん(右)はその当時のアーカス担当。山出さんと同期のタワッシャイ・プンサワッ(タイ)はあいにくオープニングに来れなかったのですが、茨城県で20年ぶりに制作をしたことになります。ここには映り込まずにどこかに潜んでいたヴェンザ・クリスト(インドネシア)は2002年度のレジデント。彼は日立市の小貝ケ浜緑地で「虚ろ舟ミニ博物館」を展示。そして、オープニングには来れなかったソンミン・アン(2010年度/シンガポール) は大子町で「大子ロストアンドファウンド」というサウンドインスタレーション作品を展示しました。そして2014-15年と地域プログラムで宇宙芸術分野のプロジェクトを実施した「つくば座・もりや座」の鈴木浩之+大木真人さんも今回「いばらきけんぽく座」を展示。6市町の一カ所一カ所に各地域の人が集って電波反射器をそろえ、同時多発に人工衛星を用いて県北の地上を宇宙に見立て、過去最大の巨大な星座を作りました。実は茨城県北芸術祭は県北エリアのみならず、県南の科学都市、つくばとのつながりも外せません。サイエンスとアート、ハッカソン、書や陶芸、われわれAIRの活動も含め様々な分野のアーティストやクリエイターが集まっていました。
a0216706_1444786.jpg
ここには全て掲載しきれませんでしたが、それぞれOBアーティストたちがお世話になった県北チームのアシスタントの皆様、有難うございました。2000年組のシギットとタクシナー(通称ハルちゃん)は15年ぶりの再会。茨城県北芸術祭でリユニオンすることができました。
a0216706_14485623.jpg
それから知る人ぞ知る、2000年頃から「アーカスの父」として歴代アーティストの面倒を見て下さっている要さんも駆けつけてテユは嬉しそうでした。
a0216706_1384549.jpg
最後に、これまで23年間、守谷市で世界各国からレジデントアーティストを迎え入れ、送り出して来た会田市長も、この日は本当に嬉しかったことと思います。この日はなんとなく、アーカスに関わりのあった人々にとっても、ちょっと特別な日だったように感じました。これを機に、初めて茨城を知って頂いた参加作家の皆さんにも会えて、これから観てまわれる作品に期待が膨らみます。(と書く予定でした。) 会田市長もこの11月末をもってご勇退され、アーカスプロジェクトとしてはひとつの時代の転換期を迎える2016年・秋となりました。後日談にはなりますがこれから少しずつ、歴代招聘アーティスト達の作品も紹介していきたいと思います。
無事開催、おめでとうございました!










-----
[PR]
# by arcus4moriya | 2016-09-17 17:17 | AIR | Comments(0)
9/6 プレゼンテーション / First Presentation
a0216706_1891650.jpg
English is coming soon.
皆さん、こんにちは。藤本です。
本日は9月6日、アーティストが来日して2週間弱です。今年度ゲストキュレーターの服部浩之さんをお迎えしての最初のプレゼンテーションの日です。アーティストが各20分で自身の過去作品や活動の紹介をする、という会です。服部さんはあいちトリエンナーレ2016のキュレーターであり、本日もご自身の活動拠点の名古屋からお越しくださいました。
アーティスト同士にとっては、互いの制作の詳細について知る初めての機会です。

ガン・シオン・キン[マレーシア出身、在住]のプレゼンテーションは自国の情報から始まりました。
a0216706_188452.jpg
マレーシアを中心に作品制作と発表を続けるガンは、作品において「遊び」の感覚を大切にし、笑いやユーモア、喜びを探求しています。しかし、その作品は感覚的というより、むしろコンセプチュアルで絵画の根源的構造などを探求するものです。近作では、展覧会制作そのものをひとつの作品と定義し、ひとりの人物をモデルにした12枚の同じポートレイトを描き、各絵に異なったタイトルを添えることで、人のアイデンティティと文脈の関係やその不確実さを思考するセルフキュレーションによるプロジェクトを実施しました。
a0216706_189018.jpg
気になったことを質問しながら、ディスカッション形式で進みます。
a0216706_1893420.jpg


イェン・ノー[韓国出身、オーストリア在住]
韓国人として欧州に暮らすノーは、言語や翻訳を主題に、同一空間において互いに関連するインスタレーションとスピーチ・パフォーマンスを発表します。西欧世界で編まれるテキストがアジアなど非西欧圏へと輸入される際に、翻訳・通訳を通じて、ときに誤読や誤解なども生じるなかで、如何に解釈され、近代化にどのような影響を与えたかを考察しており、近年はヴァルター・ベンヤミンによる『翻訳者の使命』というドイツ語のテキストをモチーフにして、翻訳することを介して、ポストコロニアルの諸問題の再考を試みています。
a0216706_1816331.jpg
彼女の過去の展覧会の様子や展覧会でのスピーチパフォーマンス、平面作品とそのパフォーマンスの関係性などについて、掘り下げてディスカッションしました。
a0216706_2003491.jpg
a0216706_1943784.jpg


エルネスト・バウティスタ[Ernesto エルサルバドル出身、在住]
a0216706_2035337.jpg
彼は、治安が不安定なエルサルバドルに暮らす彼自身の背景に呼応するかたちで、身近にある暴力や死、争いなどを強く意識し、人間の存在や生の本質的意味を探求します。血や銃弾、炎、人骨、刃物など、死や暴力を直接想起させるものを素材とし、社会や政治の諸問題を主題に、彫刻やインスタレーション、映像作品を制作しています。
a0216706_2091713.jpg
エルサルバドルの国内の状況や、彼の人骨(頭部)を使った作品について、鑑賞者のリアクションについて話しました。日本人の私にとっては、人骨を見るということだけれも大きなインパクトだったりもしますが、エルサルバドル人の鑑賞者は私とは違う捉え方をするはずです。
a0216706_19422059.jpg
a0216706_20145655.jpg

これから本格的にスタートする、ここでのリサーチ、制作活動がどう転がっていくのか大変楽しみです。そして、レジデンスの醍醐味のひとつは、互いのバックグラウンドの違い、そこからくる考え方の違いを知っていくことでもあります。それはアーティスト同士でももちろんそうですし、スタッフ、キュレーター、サポーターさんたちとでもそうです。その経験がどのように制作活動に反映されるか、どのような変化をもたらすかというところが楽しみなのです。

…ちなみに、当初予定していた1人20分という設定はもちろん変更をやむなくされ、結局1人1時間以上のプレゼンテーションとなりました!
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        
[PR]
# by arcus4moriya | 2016-09-06 11:00 | AIR | Comments(0)
9/2 Opening Reception オープニングレセプション
a0216706_5392342.jpg

こんにちは、石井です。遅ればせながら、ご報告です。9月2日に今年のレジデントアーティストを迎えお披露目するオープニングレセプションを開催しました。この日は日頃お世話になっているサポーターさんやアーティストの皆さん、関係者の皆様へ、今年度の招聘作家のご紹介をする日です。大勢の方々にお集りいただきました。(ダイジェストでお送りします)
a0216706_19324759.jpg
a0216706_1861997.jpg
最初に守谷市の会田真一市長よりお言葉を。
a0216706_188725.jpg
a0216706_5591618.jpg
エルサルバドルからやってきた、エルネスト・バウティスタ(通称:ネスト)から皆様へ、抱負をスピーチ。
a0216706_5395912.jpg
ガン・シオン・キン(通称:ガン)はマレーシアのKLからやってきました。
a0216706_5403183.jpg
イェン・ノー(通称:イェン)はオーストリア在住で韓国出身。
a0216706_541797.jpg
皆さん、この3人を宜しくお願いいたします。

アーカスプロジェクトのアドヴァイザー、南條史生さんからもお言葉をいただきました。
a0216706_5413520.jpg
今年は茨城県北芸術祭のディレクターとしても茨城県に関わられ、その経緯やアーカスとの20年以上に渡る由縁もお話しくださいました。
a0216706_5421074.jpg
エルサルバドル大使も御参席くださいました。以前に守谷へもいらしたことがあるとのこと。アーカスにとっては初めてのエルサルバドル作家招聘でもあるので、また別のご縁を感じました。
a0216706_543894.jpg
このプログラムは、県内の様々な企業の皆様からの協賛によって成り立っています。地域のいろいろな団体の皆様にも助けていただき、協力いただきながら23年目を迎えられました。本日も多くの御来賓の皆様にお越しいただきました。有り難うございました。
途中、OB作家のご紹介もさせていただき....今年のKENPOKU ART2016茨城県北芸術祭に出展する、2003年度招聘のレ・トゥア=ティエン(ベトナム)が会場に来てくれました。
a0216706_5435187.jpg
そして、続くOB紹介では1996年の招聘作家、タワッシャイ・プンサワッ(タイ)からの彼らしいビデオメッセージ。ちょうど常陸大宮市で県北芸術祭に出品する作品の制作中だったとのこと。20年前の守谷での思い出も重なりつつ、県北の皆さんにおもてなししてもらい、県南の皆さんにもぜひ県北芸術祭に来てくださいとアピール。
a0216706_5445858.jpg
多くの御来賓の皆様に歓迎の言葉をいただき、見守られながら、乾杯!
a0216706_5453933.jpg

今年もサポーターさんが事前に様々なお手伝いをしてくださいました。フードはハンス・ホールベックさんのアウフシュニット盛り合わせとレバーパテ、寿し屋の小平治さんからは色とりどりの巻物盛り合わせ、茨城をたべよう!推進協議会さんは常陸牛のローストビーフとシャインマスカット、アサヒビールさん、デザートは桜坂ビバーチェさんからほうじ茶のミルクプリン・水ようかんと抹茶のムースのご提供でした。
a0216706_5463926.jpg
a0216706_5473488.jpg
a0216706_19303057.jpg

a0216706_18271911.jpg
しばし、談笑。きっと緊張していたんでしょうね。南條さんと話してやっとリラックスできたような3人。
a0216706_5482964.jpg
この日は、マレーシア次席大使にも御参席いただきました。
a0216706_5491432.jpg
日頃スタジオで大変お世話になっているサポーターの皆さんやご招待した市民の皆様も。
a0216706_5532079.jpg
a0216706_18244736.jpg
松戸からP-AIR、東京からTWSなど、近隣のAIR団体さんも集まってくださいました。
a0216706_19315170.jpg
橋本知事からのスピーチのあとの...。
a0216706_550943.jpg
歓談は続きます。
a0216706_551627.jpg
a0216706_5521693.jpg
a0216706_18314150.jpg
今瀬部長さんからは、まるで水戸黄門の印籠のような(?!)県北芸術祭の公式ガイドブックを片手に、スピーチいただきました。今年はアーカスプロジェクトからも関連作家らが15人ほど県北芸術祭に参加します。県南から県北へぜひ多くの方に出向いていただきたいです。
a0216706_5535227.jpg
本日のMCは課長。ありがとうございました。
a0216706_613238.jpg
通訳の池田さん。今年も、アーカスプロジェクトにとって重要な役割を担ってくださいます。いつも有り難うございます。
a0216706_5543037.jpg

あわせて、この日クラウドファンディングサイト、READYFORでのアーカスが挑戦しているプロジェクトにもご協力を募る機会にも恵まれました。そちらの報告ブログはこちらです。 まるでファンドレイジングパーティーのようなお披露目パーティーとなり、皆様にご支援いただきましたことをスタッフ一同、心より感謝申し上げます。
大変和やかな、そしてにぎやかなお披露目の会となりました。ご協力いただいた関係者の皆様に重ねて感謝申し上げます。最後に主催者、来賓の皆様とアーティストで記念撮影。
a0216706_19381532.jpg
これから12月12日までの110日間、お世話になります。今回のレセプション会場の全運営を担ってくださった、茨城県の地域計画課の皆さんと守谷市企画課のみなさんと。(初めての集合写真かもしれません...!)
今年も老舗アーカスプロジェクトのレジデンスプログラムを、宜しくお願いいたします!!!
関係者の皆様、ありがとうございました!
a0216706_19434053.jpg
(写真:加藤甫)


この様子は毎日新聞茨城新聞でも取り上げていただきました。

[PR]
# by arcus4moriya | 2016-09-02 05:38 | AIR | Comments(0)
8/31 市長表敬・オリエンテーション/Visit the mayor・Orientation
“To every time its art. To art its freedom.”
a0216706_2314183.jpg
皆さん、こんにちは。藤本です。本日、アーティストたちは予定がびっちりの1日でした。
市長表敬訪問では、守谷市長の会田真一氏にレジデンスプログラム開始のご挨拶をしました。
Hello, Fujimoto is writing. Today the artists had a lot of appointment all the day. The main occasion was a visit to the Mayor Mr.Shinichi Aida to greet and report our residence program began on 25th of August.
a0216706_21525761.jpg
市長とは、それぞれの国の話で盛り上がりました。
During the meeting, they had a good conversation about their countries.
a0216706_22334787.jpg
アーティスト3人は、市長へ自国のお土産を渡しました。
And artists gave souvenirs from their countries to the mayor.
a0216706_22551314.jpg
こちらは、韓国出身オーストリア在住のイェンからのお土産のうちのひとつ。SECESSIONというオーストリアのウィーンにある大変歴史のあるアートスペースで購入したしおりです。この言葉は、建物の外壁にも記されている彼らのモットーの日本語訳だそうです。
短い言葉ですが、非常に適確でメッセージ性が強く、全員感動していました。
市長が、「とても素晴らしい言葉だから、アーカススタジオに飾って訪れる人に見てもらった方がいいんじゃないか。」とおっしゃったので、スタジオに持って帰りました。
This is the one of souvenirs from Yen who is Korean Lives and works in Vienna, Austria. The bookmark is from the Secession which is the historic art house in Vienna(Association of Visual Artists Vienna Secession). The sentence on it, is in keeping with the motto that adorns its facade—“To every time its art. To art its freedom.”
We all loved the sentence, then Mr. Aida return it back to us because of its very impressive message. So he said “Better to display it in the ARCUS Studio for visitors”. After all we decided to bring it back with happy feeling.
a0216706_2314183.jpg
この日実は表敬訪問前に、茨城県庁国際課の職員さんによるオリエンテーションがあり、生活基本情報、日本・茨城県についての情報などを教えていただき、
Before the meeting, artists actually had a orientation by staff of International Affairs Division, Ibaraki prefectural office. She gave a general information about Japan, Ibaraki for artists.
a0216706_21543375.jpg
表敬訪問後には、プレスインタビューもあり、
After the visit to the Mayor artists had a interview by press,
a0216706_22921100.jpg
その後、守谷市役所の国際交流員さんによるオリエンテーションで、守谷の生活基本情報を学びました。
And then they had another orientation by staff of Moriya city hall. It was detailed information of living in Moriya.
a0216706_22245571.jpg
ちなみにその後、守谷市役所にて転入の手続きを行い…
アーティストの3人には、「本当にお疲れさま。」という気持ちでした。  
At last they took some steps for moving-in notification at the counter in the city hall. It took quite long time, we felt sorry about a tight schedule, and said to them“Great job.”                                                                                                                                                                                                     
                                                                                                                                                         
[PR]
# by arcus4moriya | 2016-08-31 10:00 | AIR | Comments(0)
8/25 招聘アーティスト来日/Arrival day
a0216706_2025531.jpg
皆さん、こんにちは。藤本です。
8/25(木)に今年度の招聘アーティストが無事来日し、アーティスト・イン・レジンデンスプログラムが開始しました。今年度応募総数656件のなかから選ばれた3人のアーティストです。
Hello, Fujimoto is writing. Our artist-in-residence program began with the arrival of three artists. They were selected from 656 applicants.

エルネスト・バウティスタ [エルサルバドル]
Ernesto Bautista (El Salvador)
a0216706_172251.jpg

ガン・シオン・キン [マレーシア]
Gan Siong King (Malaysia)
a0216706_1722389.jpg

イェン・ノー [韓国]
Yen Noh (South Korea)
a0216706_1723527.jpg
アーカスプロジェクトでは恒例ですが、アーティストを成田空港まで車で迎えに行きます。
空港でアーティストを迎える瞬間はいつも少し緊張するもので、到着口でアーティストに出会えた瞬間には、お互いに顔がほころびます。
We ARCUS Project drives the artists from Narita International Airport to ARCUS Studio in Moriya. It is our one of established custom, but I tend to be tense when I wait for them at the airport. So artists and us break into a smile when we find each other finally.

守谷に到着して休憩をはさんだあとは、自転車を貸し出したり、
After having a rest, artists got bicycles,
a0216706_1751212.jpg
スーパーマーケットに買い出しに行ったりと…
went to the supermarket to buy some stuff for living.
a0216706_1752466.jpg
まずは、ここでの生活の準備をスタートさせました。これから始まる滞在制作、どうぞ皆様あたたかく見守って、もしくはぜひご協力をお願い致します!
We are looking forward to work and support with them, and hope you enjoy any exchange during 110 days till 12th of December!                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                 
[PR]
# by arcus4moriya | 2016-08-25 06:00 | AIR | Comments(0)


S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
全体
AIR
地域とアート
オープンラジオ
アーティスト・イン・スクール
HIBINO HOSPITAL
だいちの星座
ロッカールーム
アーカスの日常
スタジオ来訪者数
2009〜2010
未分類
外部リンク
検索
ARCUS Twitter
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧