田原サンド
今日のランチは豪華なサンドイッチ!アーカスサポーターの田原さんより手作りの温かい差し入れ頂きました!ありがとうございます!
a0216706_1541765.jpg

a0216706_1544751.jpg

a0216706_12115355.jpg

[PR]
# by arcus4moriya | 2011-10-13 11:52 | AIR | Comments(0)
Working...
a0216706_22184357.jpg
a0216706_22183556.jpg


Photo by Gosuke
[PR]
# by arcus4moriya | 2011-10-12 22:19 | AIR | Comments(0)
The unnecessary drama
a0216706_2217438.jpg
a0216706_22165024.jpg


Photo by Gosuke
[PR]
# by arcus4moriya | 2011-10-12 22:17 | AIR | Comments(0)
【アーカススタジオ来訪】10月4日~10月8日
10/4 計:7 (アーティスト:0、守谷市内:5、その他県内:1 、県外:1)
10/5 計:20(アーティスト:4、守谷市内:1、その他県内:0 、県外:15)
10/7 計:11(アーティスト:4、守谷市内:7、その他県内:0 、県外:0)
10/8 計:12(アーティスト:0、守谷市内:12、その他県内:0 、県外:0)
[PR]
# by arcus4moriya | 2011-10-12 20:42 | スタジオ来訪者数 | Comments(0)
【アーカススタジオ来訪】9月29日~10月1日
9/29 計:8 (アーティスト:4、守谷市内:4、その他県内:0 、県外:0)
9/30 計:38 (アーティスト:0、守谷市内:20、その他県内:10 、県外:8)
10/1 計:6 (アーティスト:2、守谷市内:4、その他県内:0 、県外:0)
[PR]
# by arcus4moriya | 2011-10-12 20:41 | スタジオ来訪者数 | Comments(0)
筑波大学でレクチャー
風邪ぎみ(なおり気味)が多いアーカス組、筑波大学の授業にてレクチャーを行ってまいりました。

詳細はこちら。チラシも制作していただきました。オレンジカラーのチョイスが気になります。

今年度の筑波大学芸術支援コースの学外演習の一環で、オープンスタジオで学生さん達がお手伝いをしてくれる予定です。今回は、その授業の第一弾目。アーカスについて、そして滞在アーティストについての紹介を兼ねたレクチャーです。

a0216706_1927433.jpg


広々とした教室に、想像以上の受講生33人!!!が集まり嬉しい限り。芸術支援コースのみならず、デザインの学生さんや、芸術以外の学生さんも聴講して下さっていたようです。小田井の文化政策的な話しから、アーティスト2人の個人的な制作方法や、今後の予定など、盛り沢山の内容でした。様々な領域の学生さんが、それぞれどう思われたのでしょうかね。

a0216706_19273598.jpg


滞在期間中をかけて、反応していければ嬉しいです。どうぞ、よろしくお願い致します。

(しむら)
[PR]
# by arcus4moriya | 2011-10-12 19:42 | AIR | Comments(0)
まなFES 秋の活動参観日(オープンスタジオ02『ダブル・スタンダード』同時開催)詳細情報!!!
開催日↓↓↓

2011年10月21日(金)12:00〜17:00
2011年10月22日(土)12:00〜19:00

-------------------------------

内容詳細(予定)↓↓↓

①アーティスト活動参観
(オープンスタジオ02『ダブルスタンダード』)

時間:両日時間内
場所:スタジオ(A棟2F各アーティストのスタジオ)
アーティスト:
ヴォイチェフ・ギレヴィチュ(ポーランド)
ワイ・クエン・フイ(香港)
ファザル・リズヴィ(パキスタン)
西尾千尋(スタジオプログラム:日本人ゲストアーティスト)

レジデントアーティストらの制作中のプロジェクト、途中経過を公開します。
さらに、アーティストと第三者が恊働で行う内容のプログラムを2日間で実施します。

●ヴォイチェフ・ギレヴィチュ「コラージュ・ワークショップ "Recycling Culture"」
日時:22日(土)13:00~15:00
会場:スタジオ4
参加費:無料
申し込み:不要

●ファザル・リズヴィ「被災地の写真洗浄活動」
日時:21日、22日(終日)
会場:創作工芸室(B棟一階)
参加方法:前日までに参加意思届け出

●ワイ・クエン・フイ「市民憲章クッキー」
時間:22日(土)12:00~19:00
会場:広場(※まなCAFEメニューとして/なくなり次第終了)

--------------------------------

②サークル活動参観
(もりや学びの里利用サークル)

日時:両日(各サークルによって異なる)
場所:もりや学びの里内 和室、体育館など
サークル:ウィンドアンサンブル守谷、健康麻将勉強会

もりや学びの里で活動しているサークル(一部)が活動を公開します。
自発的な活動意欲は地域のエネルギー。元気いっぱいです!

--------------------------------

③サポーター活動参観
(ロッカールームプロジェクト)

日時:制作時間=21日(金)14:00〜15:00 鑑賞時間=22日(土)12:00〜19:00
会場:ロッカールーム(A棟1F)
参加費:無料
企画制作:神村文男(アーカスサポーター)

みんなでブレーンバッフル(平面スピーカー)をつくります。
一枚の大きな板でステレオ再生に挑戦!箱型とは違う音は迫力満点!
ブレーンバッフル特有の音の広がりを楽しみながら、響きの原理を学ぶ機会となります。
完成後は、まなCAFE等で鑑賞会!持ち込み音源(レコード)大歓迎。

--------------------------------

④まなCAFE
(まなFES 特別企画)

日時:両日イベント時間内(料理がなくなり次第終了)
会場:広場
参加費:無料

CAFEでほっと一息。
アーカスとサークルのコラボによって、2日間限定で誕生!軽飲食をご用意しています。
お手伝いも募集しています!

--------------------------------

⑤ピクニックシート作り
(まなCAFEの一環として)

日時:10月21日(金)12:00〜17:00
会場:広場(まなCAFE内にて)
参加費:300円(材料代として)
講師:シンプル組合

広場で美味しく、まなCAFE料理を味わうために、
まなFESキャラ「まな民」のピクニックシートを作ります。

--------------------------------

◎関連イベントその1
映像鑑賞合宿「All About My ARCUS」
日時:10月21日(金)21:00〜10:00(翌朝)
参加定員:30名(前日までに参加予約)
参加料:500円(朝食代として)
持参するもの:寝袋、ほか

--------------------------------

◎関連イベントその2
日時:10月21日(金)18:00〜19:30
会場:守谷市国際交流研修センター(ログハウス)茨城県守谷市緑二丁目1番地1
参加費:無料
申し込み:当日会場にて受付を設けています。事前に出席を決めている方は、事前にその旨をアーカスプロジェクト実行委員会事務局(茨城県企画部地域計画課内)担当・内田にお伝えいただけると幸いです。電話:029-301-2735 FAX:029-301-2739 Eメール:chikei4@pref.ibaraki.lg.jp 
*当日は、17:00〜オープンスタジオ&まなFES会場(もりや学びの里)から会場までの無料送迎バスがあります。

--------------------------------

まなFES(もりや学びの里フェスティバル)について

「もりや学びの里」で活動する市民を中心とした活動団体と、アーカスプロジェクトのアーティストやサポーターが交流し、それぞれの「主体的・自発的」活動を発信、共有することを目的に、開催期間を限定して展開するフェスティバル型プログラムです。アーカスプロジェクトの地域対象プログラムの一環として実施している事業です。

特設ウェブページ↓
www.arcus-project.com/manafes

[PR]
# by arcus4moriya | 2011-10-08 21:32 | AIR | Comments(0)
アーカススタジオ@新・港村 の現在
先月のsunflower project|栗山斉に続き、

仙台方面のリサーチから、横浜のアーカススタジオ@新・港村に帰着したニシコさん。
現在は、ウィーンから難波さんというアーティストであり、今回のプロジェクトの助っ人が加わり、修復作業にとりかかりつつあるようです。

地震を直すプロジェクト ブログ

修復のトライアウトがしたいそうで、「接着剤」をいろいろ試してみたいそう。会場に行かれる方があったら、寄付できる「接着剤」があればご持参ください、あ!作業用に洗濯バサミも沢山必要だとのこと。持参して駆けつけよう!

連休中の横浜、さぞかし人手にあふれているのでしょう。ほかの展示も見に行かねば、しかし、行けない(涙)
アーカスインフォブースの修復もせねば、、、、明日は横浜へ。(M)
[PR]
# by arcus4moriya | 2011-10-08 18:39 | 地域とアート | Comments(0)
【information】アーティストトーク@筑波大学と柏でのARE発足プレトーク
けっこう、いろんなところでいろいろやっています。
アーカススタジオにも毎日様々な方が、次々来訪。

来週のおそとでの予定を予告2本。

!!筑波大学でのアーティストトーク!!
10月12日(水)13:45-16:30 5C508教室
ファザルとワイクンがそれぞれの活動について、学生たちにお話させていただきます。

ART ROUND EAST 発足に向けてのプレトークイベントのお知らせ

この度、ART ROUND EAST・通称ARE(アール)のプレトークイベントを行います。
常磐線・つくばエクスプレス沿線地域のアートプロジェクト、アーティストをはじめとした芸術文化の連携を促し、アート関連活動を通じた地域活性化を目指す動的構想として、AREは発足します。東関東地域の現状とこれからについて、地域にまつわる5名のディレクターがお話しします。
この後「アートラインかしわ」のキックオフパーティーも開催されます。是非足をお運び下さい。

日時:10月14日(金)17:00〜18:00
場所:三井ガーデンホテル柏2F
「アートラインかしわ」キックオフパーティー会場
アクセス:JR常磐線、東京メトロ千代田線、東武野田線「柏」駅東口より徒歩2分
http://www.gardenhotels.co.jp/kashiwa/

スピーカー:
石戸新一郎(千葉県柏市・アートラインかしわ、有限会社いしど画材)
中村政人(東京藝術大学絵画科准教授、東京都千代田区・3331 Arts Chiyoda統括ディレクター)
小田井真美(茨城県守谷市・ARCUS Projectディレクター)
松田朋春(千葉県柏市柏の葉アーバンデザインセンター、スパイラル/株式会社ワコールアートセンター)
傍嶋賢(茨城県取手市・SOBASUTA)
[PR]
# by arcus4moriya | 2011-10-08 16:41 | AIR | Comments(0)
西尾千尋と古紙の山@美濃紙業 守谷工場
喜び固まる西尾さん。
a0216706_18484315.jpg

薄汚れてもかわいい堀北。
a0216706_18493756.jpg

さて、どうなるか10/21-22の二回目のopen studio 'double standard'、スタジオ1が西尾さんのスタジオです。協力:美濃紙業 守谷工場
(M)
[PR]
# by arcus4moriya | 2011-10-07 18:50 | AIR | Comments(0)
ー写真で語る心の風景ー「写真」で詠む「俳句」のワークショップ開催!
みなさん、今はまさに季節の変わり目ですが、日常の変わりゆく風景をどのくらい感じていらっしゃいますか?
日常を見つめ直したい、ふっとした変化に耳を傾けたいと思っていらっしゃる方に是非参加していただきたいワークショップのお知らせです☆
a0216706_6275637.png

「俳句の積み重なった歴史に感動した!」
と語ってくださったランドスケープアーティストの小川智彦さん。
最近は俳句の魅力に心を奪われてしまったそうです。
俳句では五七五という限られた文字数の中で、その時感じた風景や想いを表現するという即時性の面白さがあります。同じことを体験していてもそれぞれ詠む句は異なるはず。
今回のワークショップでは、俳句本来の面白さにプラスして写真の魅力も盛り込んだものになっています。

具体的な内容は、まずワークショップ参加者のみなさんと小川さんとで守谷のまちを散歩します。
散歩しながらまちというフィールドに出て、みなさんに様々感じてもらうのです。
「俳句の基本は感じることから!」と小川さん。日常の喧騒から離れて、周りの風景と自分自身と向き合える大事な時間になるはず。
そしてそこで気になった風景の写真を撮っていき、どういう風に写真を並べるか構成を考えます。
それと同時にその風景、写真から浮かんだ俳句も書き残す。
そうやって参加者が感じた言葉と写真(風景)が集まっていきます。そして最後には参加者みんなで考えた句と写真を発表!!
一体どんな素敵な作品が出てくるのでしょうか?☆

普段から俳句をやっていらっしゃる方にも気軽に参加していただける内容になっています。
まち歩きが好きな方も大歓迎!

少しでも興味を持ってくださった方はお気軽にお問い合わせください!
日時などの詳細はイベント情報ページこちらから!
(NK)
[PR]
# by arcus4moriya | 2011-10-06 23:53 | 地域とアート | Comments(0)
取手の坂道の会 守谷のアーカス見学
先日、秋の散歩日和。取手より坂道愛好会の方々がアーカススタジオ見学に来てくれました。
a0216706_2204444.jpg

取手の坂道愛好会:「坂道」をキーワードとして集まり、坂道の散策によって街をより良く知ろうとする活動。
聴けば、取手アートプロジェクトにも関われている方もおられ。
アーカス?レジデンス?とお隣の街のアートプロジェクトに非常に興味を持って頂いていたようでした。嬉しい。
a0216706_2203139.jpg

ディレクターが館内をご案内。次の目的地があるので足早に、しかし、しっかり見ていって下さいました。皆さん動きが早く写真になかなか収まりません.。
a0216706_2203566.jpg

坂道っていいですよね。名前が着いていたり、道標が立っていたり。今度ご一緒したいものです。
また来て下さいー!

(KH)
[PR]
# by arcus4moriya | 2011-10-05 22:27 | 地域とアート | Comments(0)
東京藝術大学大学院美術研究科壁画第一中村政人研究室
今日は久しぶりの雨で、こんな中美大生12名が、アーカススタジオを訪れました。
大学1年生の彼らは、中村政人さん(先生)に連れられて、一週間集中的に大学以外のアートの現場を訪ねて授業をしているとのこと。
a0216706_212323.jpg
a0216706_21231853.jpg

アーティスト・イン・レジデンスの経験も豊富な中村さんから、AIRについての話を聞きアーカスに現在滞在中のレジデントのスタジオ4室を思い思いに訪ねては、話をしていました。
a0216706_21235886.jpg
a0216706_2124599.jpg
a0216706_21243322.jpg
大学で自分の制作の世界に没入する前に、こんなふうに世間を知る機会があるのは、彼らの活動環境のオプションを増やすよいきっかけになりそうですね。学生にとっては、先輩にあたるレジデントアーティストの姿を見せる事ができたのはうれしいことでした。
がんばれ!(M)
[PR]
# by arcus4moriya | 2011-10-05 18:06 | AIR | Comments(0)
たくさんの人が集まる場所
今日のアーカスは太陽の光がとても気持ちよく、そよ風と共に甘い金木犀の香りが漂う一日でした。
アーカスではびっくりするくらい毎日いろんな来客があるんです!
アーカスサポーターのかたつむりさんはもちろん、地元にお住まいの方などがふらっと訪れて下さるので気がつけばあっという間に時間が過ぎてしまっていました。
以前から居る先輩スタッフの方々に伺うと、アーカスではこの光景は日常だそうでこんなにも地元に溶け込んでいるアートスペースというのは今まであまり経験したことはなかったので、私にとっては驚きの連続です。

a0216706_22213748.jpg

スタッフも、お客さんもアーティストも垣根なくフランクに会話しています。

a0216706_22151749.jpg

今日はつくばみらい市の方からアーカスのことを知って興味を持ってくださった方がふらっと訪れてくれました。
その方も最初はアーカスがどんな場合かよくわからず半信半疑だった様。
でもみんなと話をするうちにアーカスの敷居の低さに驚いてまた来てくれると言ってくれました☆
こうやってちょっとずつでも興味を持って下さる人が増えるのはすごい嬉しい!!
興味を少しでも持った方はどんどんスタッフに話しかけちゃってくださいねw

さて、毎週火曜日はスタッフ、アーティストと集まってのミーティングの日なのです。
アーティストのプランも徐々に固まってきて、今月の21日に行われるオープニングセレモニーが楽しみです。

a0216706_22202971.jpg

アーティスト達の顔も真剣そのもの。

ですが、今回の震災について興味をもったワイさんが急に「フジヤマにいきたい!」と言い出し、スタッフみんなで顔を合わせて?顔に。富士山の付近はそんなに大きな津波の被害などは無いはずなのになぜ、フジヤマ??
よくよく話を聞いてみるとワイさんが言いたかったのは「フジヤマ」ではなく「フクシマ」でした(笑

a0216706_2221328.jpg

確かに日本の地名は似たものが多くてわかりづらいよねという話になりみんなで日本地図でお勉強w
そんなアーティストのお茶目な一面に和みながら、久しぶりに自分も日本の地理を勉強しちゃいました。

(NK)
[PR]
# by arcus4moriya | 2011-10-04 22:22 | AIR | Comments(0)
はじめまして
はじめまして、今年度インターンとしてアーカスに関わらせてもらう髙木です。

僕は筑波大学で芸術を学ぶ身なので今回のレジデンスアーティストについて自分の視点から彼らを紹介していきたいなと思っています。
今回、東北・関東大震災による打撃が残る日本に来て、滞在制作するということはどういうことなのか、どういう意味を持つのかが僕が気になっていることでもあります。

1回目は「ヴォイチェフ・ギレヴィチュ / Wojciech Gilewicz」を紹介します。

彼はポーランド出身で作品としては平面を扱う作家です。

彼の作品は日常・空間と芸術作品の関係性を問う作品である。
彼は自分の作品を空間それも公共(public)な場所に溶け込ます。それは都市の風景だったり、美術館であったりする。
似たことをやっているアーティスとしてバンクシーがいる。彼は作品を美術館、町に勝手に設置する。彼はそのことによって見えないルールを意識させる。それに対してヴォイチェフの作品は空間を再認識させ、場所に思いをふけさせるものである。何気なく歩く道、風景、標識・・それらと彼の制作するキャンパスの違いとは一体何なのか。

下記の動画はヴォイチェフがキャンバス(作品)を設置しているところである。過去にはキャンバスに空間を切り取っていたが、ここで彼は空間にキャンバスを溶け込ませるというベクトルが逆のことを行っているのである。
参照動画:http://www.youtube.com/watch?v=PZe1upmJIkw&feature=feedf_more

そんな彼が今回アーカスに滞在し何をするのかも報告出来ればいいと思っています。
少しずつアーティストを紹介していきたいのでよろしくお願いします。
[PR]
# by arcus4moriya | 2011-10-01 18:28 | AIR | Comments(0)
MIFA
9/27(水)レジデントアーティスト、守谷市国際交流協会(MIFA)にて日本語を学ぶ・・・。

a0216706_16292851.jpg


守谷市国際交流協会(MIFA)
http://www.fureai.or.jp/~mifa/
[PR]
# by arcus4moriya | 2011-10-01 16:29 | AIR | Comments(0)
Local 2011_Cecilia's report 03_ARCUS Radio
Arcus Radio 88.0 FM at Moriya Dream Site Festival


It is Saturday September 24 of 2011. The sun is shining, the weather is good and the sky is completely blue, no clouds around. Just 2 days after Typhoon Roke hit the coast of Japan, one can not believe this weather, still feels like summer.
Although, yesterday, Friday 23rd it was a national holiday to celebrate “Ohigam”, the start of the autumn season.

Coincidentally this same weekend Moriya had a festival, “Moriya Dream Site Festival”, which happens once every year. The venue is the square of Moriya Tsukuba Express Station and its immediacy.
There was a central stage and tents all around. The first performance was a group of drum players. It is believed that the sound of the drums cleans the space from bad spirits that is why they are the first ones to perform. This performance is followed by on going dances form various groups, kids, teenagers, adults and the elder.
The tents around the station were selling all sorts of goods, from traditional Japanese sandals, to house improvement goods, to various assortment food: kakigori or slushed ice with syrup, beer, yaki soba, taco yaki, Indian curry and more, all made by local shops and citizens.

Located just by the east escalators was Arcus Radio tent. A temporary radio station was set up. Several radio players were placed around the area so people can listen to the program. Arcus Radio was syntonized on 88.0 MHz.
There where two invited local DJs, Shinichiro Iida and Kohei Ogawa. During the whole day they played music and various guests spoke over the microphone.
Topics related to Arcus, the festival and art were discussed.

Arcus Radio live broadcasting brings together the community, I think specially this time when the broadcasting took place in a public space. Children, teenagers and adults as well were curious about what was happening inside the tent.
I think that the voice of radio is powerful as it can reach a large audience. Free information and knowledge for everyone.

Written by Cecilia Ramirez Corzo Robledo
Mexican artist currently living in Moriya, Ibaraki, Japan.
www.omou.co
[PR]
# by arcus4moriya | 2011-09-30 11:37 | 地域とアート | Comments(0)
AIR 2011_Cecilia's Report 02_Open studio 01+Mana-FES
ManaFES and Open Studio 01 “Single Standard”


Several activities took place during the day of the first Open Studio of the 2011 Residence Programme.
The day started with MamaFES last day exhibition of the amateur painting group “Kagara” from the Moriya Bunka Kaikan (Moriya community group).
The group had a one week exhibition organized by ManaFES invitation programme. Also, as part of ManaFES communication programme, the Kagara group gave a workshop. During the workshop people were invited to paint and draw on postcards.

More(続く&記録写真)
[PR]
# by arcus4moriya | 2011-09-29 11:41 | AIR | Comments(0)
アーティストのプランをちょこっと紹介!
みなさんこんにちは!
というかこんばんはの時間ですかねw
この度、今月から新しくアーカスの広報をお手伝いすることになりました、新スタッフの冠(かんむり)と申します!
今後頻繁にblogやツイッターなどでアーカスの情報を発信していきたいと思いますのでどうぞよろしくお願いします。

本日はディレクターの小田井さんが札幌出張のため不在でしたが、アーティスト・イン・レジデンスで参加している3人から現状考えているプランを発表してもらう日でした。
小田井さんとはSkypeを駆使しながらのネットワーク会議で、英語と日本語が飛び交うバイリンガルな場にいきなりびっくりしてしまった私ですが、、、英語もがんばるぞ!と気を取り直して(笑)
アーティストのプランは非常に面白いものばかりでした。
日本に来てからまだ2週間ちょっとしか経っていないにも関わらず、3人のアーティストは沢山のことを吸収しイメージを広げているようです。
学びの里でも活動している紙芝居サークルの方の話や、灯篭流し、宇宙芸術の話にまで飛躍するほどw
まだまだどうなっていくのかは未知数な部分もありますが、ここからどう具体化されて形になっていくのかが楽しみですよね☆

とにかく今日始めて会議に参加して面白かったのは、アーティストそれぞれの目の付けどころ。
私自身もまだまだ守谷は初心者なのですが、それゆえに好奇心旺盛に色んな事に興味を持っているのだなと感じました。
私もアーティスト達に負けないようにアーカスの魅力、守谷の魅力を少しでもお伝えできるように頑張りたいと思います!!

(NK)
[PR]
# by arcus4moriya | 2011-09-27 23:38 | AIR | Comments(0)
【アーカススタジオ来訪者数】9/21〜27
9/21 計:4 (アーティスト:1、守谷市内:3、その他県内:0 、県外:1)
9/22 計:8(アーティスト:3、守谷市内:4、その他県内:0 、県外:1)
9/27 計:12(アーティスト:5、守谷市内:6、その他県内:0 、県外:1)
[PR]
# by arcus4moriya | 2011-09-27 21:55 | スタジオ来訪者数 | Comments(0)
AIR 2011_Cecilia's Report 01_Orientation for Moriya Daily life," post 3.11"
ARCUS in residency artists arrived on Sunday September the11th. Fazal Rizvi from Pakistan, Wai Keung Hui from Hong Kong, Wojciech Gilewicz from Poland and Chihiro Nishio from Japan.
One of the first meeting was held on Tuesday 13th at ARCUS studio. Followed by a lovely lunch in a local soba place, just walking distance form the studio.
Everyone was there, Arcus staff, Arcus artists plus 2 invited guests, Mr. Jorg Becker, and Mr. Geffrey Burke.
Mr. Jorge Becker has just arrived from Germany, and is now working at the Moriya City Hall as a coordinator for International Relations. Mr. Geffrey Burke has been living in Mito for 4 years and works for the Coordination of International Relations at the Ibaraki Prefectural Government office.
Both of the guests gave a brief introduction about Ibaraki Prefecture and Moriya City. They also talked and explained about aspects for the daily life in Japan: transportation, health, housing etc. Mostly, the talk was centred around the current situation, after the 3.11 disasters.
We received information regarding earthquakes. How to be prepared and take care of ourselves, where to go in case of a mayor disaster and in general what to do before, during and after an eventuality.
Radiation and nuclear activity was an important subject during the talk. Both Mr. Burke and Mr. Becker presented several statistics regarding radiation.
Lets keep in mind that Ibaraki is home to many nuclear facilities. They showed how the government is doing a tremendous effort to measure everything, from cucumbers to apples, to meat and schools’ ground soil.
They both feel confident and safe. Despite their confidence, in my opinion, I think nuclear activity is an overwhelming disaster that will cause a continual suffering. Even after decades it will continue to be with us. While it cannot be seen by the eye, it is all round us.

For more text and links, Click here!
[PR]
# by arcus4moriya | 2011-09-22 17:28 | AIR | Comments(0)
子育て支援センターに、子どもWSの相談に行く。
a0216706_19222822.jpg

台風前の守谷。平和というかこわいってゆうか、遊具って微妙、萌えますが、、、M
[PR]
# by arcus4moriya | 2011-09-21 19:24 | 地域とアート | Comments(0)
アーカススタジオ2_新・港村リポート
いつも適当に、あのスペースのことを呼んでいる気がしますが、、Bブロックの会場入り口から進むと、右奥に位置しています。
a0216706_19174740.jpg

9月18日(日)16:00- 栗山斉さんによるプロジェクトトークを実施しました。
a0216706_19162664.jpg

N-markの武藤氏がustream で配信してくれていますので、要チェック!
N-mark world towerアーカススタジオの栗山斉のアーティストトーク三回に別れています(合計 約45分)

展示風景は、翌20日にcecilia(アーカス海外PR)による撮影です。9月25日(日)夕方過ぎまで見れます。(M)
a0216706_19181739.jpg

[PR]
# by arcus4moriya | 2011-09-21 19:19 | 地域とアート | Comments(0)
シドニーで再び! 【番外編】
シドニーから、嬉しいメールが届きましたよ。送り主は、美術史家のオリビエさん。マナフェスでの講座プログラムの講師役や、去年にはレジデントの1人、ジェイソンのトークのホスト役になってくれたりと、ここ最近のアーカスおなじみの顔です。

メールでは、オリビエさんが9月に関わっていた展覧会の写真が沢山添付されていました。このグループ展には、去年のレジデントのジェイソンや、ジェイソンと共にラジオトークを繰り広げてくれた毛原さんも作品を出品しています。
a0216706_1635245.jpg


毛原さんの作品は、ミニテレビ局。蚊取り線香の部分がテレビ局です。このTVで放映されているのが、右に繋がっているデジカメで撮影している映像。観客は、蚊取り線香テレビ局のスイッチを押して、実際にTV局を操作できる仕掛け。もちろん、アナログTVがあれば、電波をキャッチして、映像をもることができます。会場には、別に、アナログ放送終了にまつわるプロジェクト「最後のテレビ」のドキュメント映像も公開されているようです。

最後のテレビ
http://sites.google.com/site/saigonotelevision/

a0216706_16345126.jpg


ジェイソンは、去年のアーカス滞在時に、つくばのKEKで撮影した映像を出品。8ミリフィルムの映写機2台で2種類の映像を投影しています。そして複数のドローイング作品では、機械や科学技術の“良い所”と“悪い所”のイメージが組み合わされていると言っていました。

a0216706_16342267.jpg

a0216706_1634401.jpg


展覧会の詳しい情報はこちら。
http://www.4a.com.au/next-exhibition/?utm_source=Master+List&utm_campaign=6b050aac12-Portal_Performance_at_4A_Caocangdi_9_17_2011&utm_medium=email

お二人とも、タイムリーな内容だったようで、去年からの時間の経過も感じずにはいられません。もう一年たつのか〜。ということで、番外編でした。

(写真提供:オリビエ      文:志村)
[PR]
# by arcus4moriya | 2011-09-20 17:45 | AIR | Comments(0)
明日です!【まなFES オープンハウス on 敬老の日(オープンスタジオ01同時開催)】
明日のオープンハウス+スタジオに向けて準備が進んでいます。
a0216706_2151080.jpg

アーティストとサークルさんの大いなる競演です。夕刻には野外での交流会も!!
敬老の日はもりや学びの里内アーカススタジオへ是非お越し下さい!
まなFES オープンハウス on 敬老の日(オープンスタジオ01同時開催)
[PR]
# by arcus4moriya | 2011-09-18 22:06 | 地域とアート | Comments(0)
【アーカススタジオ来訪者数】9/17(土)
9/27 計:17(アーティスト:3、守谷市内:12、その他県内:1 、県外:1)
[PR]
# by arcus4moriya | 2011-09-17 21:18 | スタジオ来訪者数 | Comments(0)
【アーカススタジオ来訪者数】9/16(金)
9/16 計:43(アーティスト:4、市内:39、その他県内:1 、県外:0)
[PR]
# by arcus4moriya | 2011-09-17 02:31 | スタジオ来訪者数 | Comments(0)
AIR 2011 アーティスト到着!!初オープンスタジオ+まなFES間近!
レジデントアーティストついに到着です!!
時は2011年9月11日、震災から半年、また、アメリカでの同時多発テロから10年、世界中が様々な想いに包まれる中、空を飛んでやってきた3人のアーティストを入念なプランでお迎えしました。

一足早く着いたヴォイチェフ。ついにアーカスへ到着した感慨に浸っているのか、あるいは時差ぼけなのか、ゆっくりとその瞬間を味わっているよう。
a0216706_137375.jpg

続いて、アジア勢が到着。まずはワイ・クエン。
a0216706_1365422.jpg
そしてファザル。
a0216706_136552.jpg


すこし落ち着いた9月13日、日本での生活、災害、放射能の対する知識を得るため、茨城県庁よりジェフリーさんと守谷市からヨークさんをお招きしオリエンテーションをしました。
a0216706_1491821.jpg

その後西尾さんも加わりそれぞれのスタジオを選びます。
a0216706_1383344.jpg

制作スタイルもさまざまな4人のアーティスト、空間や環境に対する感覚もそれぞれですが、やはり鋭い。。みんなの希望もわかれ、無事それぞれのニーズにあったスタジオに入ることになりました。

生活の足は自転車。
毎日アーカスバイク(健全なママチャリ)で街に繰り出しています。
事務所では彼らの街での発見を聞くのが楽しみになり、9月19日(月)敬老の日は早くも初めてのオープンスタジオです。みなさんご参加ください!
まなFES 敬老の日/オープンハウス(オープンスタジオ01同時開催)
(K)
[PR]
# by arcus4moriya | 2011-09-17 02:14 | AIR | Comments(0)
栗山斉 in アーカススタジオ・サテライト@新・港村
明日、9/17〜25までの短期間ですが、新・港村のアーカススタジオにおいて、プロジェクトプレゼンテーション02を行います。
取手在住の日本人アーティスト
栗山斉さんの「sunflower project」です。この週末に、スタジオトークも開催予定です。
a0216706_22361819.jpg


sunflower projectについて
[PR]
# by arcus4moriya | 2011-09-16 22:38 | 地域とアート | Comments(0)
ごあいさつ
「スタジオにいるのが楽しい」と西尾千尋さん。
取手アートプロジェクトからの推薦をうけ、海外アーティストとともに制作活動が始まりました。
それぞれ特徴のある4つのアーカスのスタジオで、西尾さんが選択したのは磨りガラスの柔らかい光りのある空間。外の景色は見えないけれど、光が広がり、その色を刻々と変化させます。

まずは黒板へのドローイングでスタジオへごあいさつ。
a0216706_205851.jpg

一杯に拡げた腕で空間に糸をとめていくことで部屋を計り、また窓際に移した映像をなぞり時間を書き留めるなど、空間との対話を次々と記しくいく様子を見せていただき、スタジオ入り2日目にしてすでにオープンスタジオ体験をさせてもらいました。
a0216706_243550.jpg

a0216706_212315.jpg
今後は、この場を独占せず、さまざまな人を招き入れて“レジデンスのなかにさらにレジデンスを作る”ような試みをしたりと、制作空間としてのスタジオをオープンなものとして捉えた活動を展開されるようです。

夕方には昨年度このスタジオで制作をされていたアーティストの石塚つばささんも来てくれました。
a0216706_2443292.jpg

かたちにならない創作や、何かがかたちなる瞬間に出会うことのできるのもレジデンスならでは。今後どのような試みや発見があるのか楽しみです。

また、西尾さんのスタジオからユーストで日々の創作風景を流したりしています。
こちらでみれますのでどうぞ。西尾千尋@アーカススタジオ
西尾さんHP
K

9月15日のアーカス:19人(アーティスト:3、展覧会:11、市内:4人、その他県内:1)
[PR]
# by arcus4moriya | 2011-09-16 03:01 | AIR | Comments(0)


S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
カテゴリ
全体
AIR
地域とアート
オープンラジオ
アーティスト・イン・スクール
HIBINO HOSPITAL
だいちの星座
ロッカールーム
アーカスの日常
スタジオ来訪者数
2009〜2010
未分類
外部リンク
検索
ARCUS Twitter
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧