<   2017年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧
10/26 カーティス コーラスグループ'ドルチェ'見学 Curtis visited local chorus group
カーティスはオルタナティブなサイレンを制作するにあたり、コラボレーションしてくれるコーラスグループを探していました。
現在の一般的なサイレンは電子のトーンですが、カーティスはより人間の感情・自然に近い音でできているサイレンを構想しています。

市役所のスタッフの協力により見つけていただいた、守谷のコーラスグループ'ドルチェ'の方達に協力していただけるかもしれないということで、まずはドルチェの練習を見学に訪れました。
a0216706_20244081.jpg
a0216706_20253522.jpg
着いてびっくり、皆さんハロウィン前ということで仮装されていました。
みんなでわいわい楽しく集まって歌うことができるなんて素敵な会です。


この日はミュージカル「南太平洋」の'バリハイ(Bali Ha'i)'を練習されていました。
a0216706_20255776.jpg
a0216706_20260712.jpg
真ん中で聴くカーティス

最後にカーティスの考えているワークショップを皆さんに説明します。
ワークショップはカーティスが全てを指揮するのではなく、みんなで即興的にその場で作っていくようなものを考えている様子。
ドルチェの皆さんもはっきりとは想像できないようでしたが、ご協力いただけることになりました。
やったことのないことにトライする気持ちをお持ちの素敵な方達です。

みんなが楽しめるようなものを作ることができるといいなと思います。
初回の練習が楽しみです。

文:外山

[PR]
by arcus4moriya | 2017-10-26 19:46 | AIR | Comments(0)
10/18 ラヂオつくばの収録
a0216706_10380801.jpg
こんにちは石井です。

今日はラヂオつくばのインタビューがありました。
ラヂオつくばのパーソナリティの福田さんはいつもアーカスを応援して下さいます。
そして毎年、レジデントアーティストを紹介させてくれ、毎年、自己紹介を緊張した面持ちで行うアーティスト。

そのひとコマを。

a0216706_10283211.jpg
今年は外山が一人ひとりのインタビューを伝えてくれています。私はちょいちょい噛んでいます。
この放送は10月29日(日)20:30から「Yesからはじめよう!グローカルな夜」にてオンエアされます。
そしていつものこの赤いテーブルに乗っている、ライトグリーンなもの。。。そう、今年のオープンスタジオのポスターが完成!
今年のOS(Open Studios)は、11月22日(水)〜26日(日)に開催します!!

その情報も含め、皆様にお知らせするこのラヂオ放送局はFM84.2 MHzです。御聞きになれない方はサイマルでインターネットから後日こちら(コモン・ニジェール公式HP)から視聴できます。どうぞ皆様お楽しみに!










[PR]
by arcus4moriya | 2017-10-18 10:24 | AIR | Comments(0)
10/17 カーティス 琴と尺八の先生宅を訪問 Curtis visited koto and shakuhachi players
いろいろなものに広く興味のあるカーティスですが、日本の伝統楽器を作曲に使いたいということで、守谷市内の琴と尺八の先生のお宅を訪ねました。

樋口雅礼瑤さんとそのお嬢様の樋口景山さんです。

お二人は守谷でお琴と尺八の教室を開催されています。

a0216706_18052302.jpg

到着するとお部屋にはすでにたくさんの琴が準備されていました。

まずは、この日のために集まってくださった琴を演奏される方達とお話しし、カーティスのプロジェクトを紹介します。

それから琴爪をはめて琴の弾き方を教わります。
a0216706_17244316.jpg
a0216706_17254350.jpg
a0216706_17245897.jpg

はじくととにかく音は出る琴に比べて尺八は難しそうです。
a0216706_17260921.jpg
a0216706_17261301.jpg

皆さんが演奏する「さくらさくら」ととなりのトトロのテーマに合わせてカーティスは琴を即興で演奏しました。
a0216706_17254908.jpg
a0216706_17255987.jpg
a0216706_17261780.jpg

カーティスは音楽を正規の方法で'学んだ'ことはないそうですが、色々な楽器を即興で弾きます。
スタジオでも定期的に音楽室のピアノを弾いて曲を作っています。
この日の琴もなんだか形になっていました。
カーティスの、いろいろな人と楽器を演奏し、即興で相手に合わせていくことができるところは才能だなと感じます。


とても優しい樋口さん親子に迎えていただき、カーティスも素敵な時間を過ごせたようです。
a0216706_17263517.jpg

さらになんと後日樋口さんが琴を借りて作曲に使用したいというカーティスのために琴をスタジオまで持って来てくださいました!
大事な楽器をお貸しくださるなんてカーティスも大変喜んでいました。
a0216706_17282915.jpg
a0216706_17284311.jpg
a0216706_17283619.jpg

気になったダニエルがスタジオに覗きに来ました。
a0216706_17285274.jpg
a0216706_17290910.jpg
a0216706_17291797.jpg
琴があることでスタジオの雰囲気が変わりますね。
スタジオにあった本。
When the Snakes Awake: Animals and Earthquake Prediction
地震の前の動物達の異変について


*おまけ*
a0216706_17264040.jpg
樋口さん宅からの帰り道自転車に乗っているフリエッタに遭遇しました。
守谷のなかで偶然出会うなんて宇宙的な力に導かれているねとカーティスが。


文:外山


[PR]
by arcus4moriya | 2017-10-17 17:13 | AIR | Comments(0)
フリエッタ&サラの活動1 / Activities of Julieta & Sarah 1
- English is coming soon.
皆さん、こんにちは。藤本です。
今回はフリエッタ・アギナコ&サラ・ドゥムーン[メキシコ/ベルギー]の活動についてご紹介します。
彼女たちは現在、利根川についてリサーチしています。
・主に守谷~犬吠埼(利根川の河口、千葉県銚子市)エリアの利根川においてどのように人工的な工事がなされ変化していったか。
・川が起こした災害の歴史
・現地に残る利根川にまつわる昔話や民話、個人の経験
などです。

9月に守谷から犬吠埼(千葉県)まで利根川沿いに自転車で約1週間かけてフィールドトリップしました。出発前までにテントを借り、組み立てをシュミレーションし、自転車に荷物用のカゴを取り付け、虫除けスプレーを準備し…その他諸々やることがたくさんです。
毎日テント生活では大変なので、スタッフも大急ぎで各エリアの宿の予約状況や当日予約が可能かどうかのチェック、シャワーのあるキャンプサイトの確認などに追われました。(トリップ中も追われていました。)

なんせ自転車と徒歩の旅は、それ自体で、さらにはその場で出会うさまざまなエレメントにより、必ずしも計算通りに進むとは限らないのです。
加えて宿自体が見当たらないエリアもあります。予約の電話がなかなか繋がらないキャンプサイトもあります。これは大変だ…
a0216706_14502963.jpg

a0216706_14512706.jpg
出発当日、そんな状況をはねかえすような笑顔の2人。蚊の心配をしていたのにサラがショーツだということに驚きを隠せません…!
a0216706_14522437.jpg
利根川と川を取り巻く環境を実際に見て、柳田國男記念公苑(茨城県利根町)や伊能忠敬記念館(千葉県香取市)や千葉県立中央博物館 大利根分館(千葉県香取市)などをはじめとする施設を訪れました。
訪れた先では、言葉の壁も感じ、また言葉の壁を越える現地の人々の親切心や行為にも触れたようです。いろいろと奇妙なトラブルもあったようですが、とにかく無事に戻ってきました。

帰ってきてからは、守谷中央図書館で自分たちが辿った守谷〜犬吠埼の利根川のあらゆる時代の地図探しにとりかかりました。図書館の職員さんに多大なるご協力をいただき、調査エリアを網羅した1880〜1886年(明治)の地図本を見ることができました。当時地図は軍事機密だったのです。
他の年代の地図とあわせて見ると利根川の変化を細かく把握することができました。
1/25000程度の地図だと全てのエリアを網羅するには、たくさんの地図を組み合わせなくてはならないのでパズルのようでもありました。
a0216706_17482079.jpg
a0216706_17461613.jpg


その後は、国土地理院(茨城県つくば市)でも、情報サービス館の職員さんと他部署の職員さんに助けていただきながら同エリアの伊能図「大図」のデータに出会い、第二次世界大戦直後に測量された同エリアの地図(国土地理院作成)を購入することもできました。これらももちろんパズル状態です。
建物内は撮影禁止だったので記録写真がないのが残念です。
a0216706_18083763.jpg
この後は、利根川における河川工事の専門知識と経験をお持ちの方へのインタビューや、民話に詳しく、かつ個人的な利根川の記憶・災害経験のある方への面会などが控えています。
少しずつ集めている情報をどのような形で表現行為に反映させるのかが楽しみです。



さて…
10月28日(土)に、招聘アーティストが過去作品を中心に自身の活動について紹介するトークイベントがあります!

サイレン、ステレオタイプ、フィールドワーク-SIREN, STEREOTYPE, FIELDWORK-
アーカスプロジェクト 2017 いばらき アーティスト・イン・レジデンスプログラム 招聘アーティストプレゼンテーション

会場:SHIBAURA HOUSE
ぜひともお越し下さい。
SHIBAURA HOUSEのウェブサイトイベントページでの紹介はこちら


a0216706_19134636.jpg







[PR]
by arcus4moriya | 2017-10-03 17:27 | AIR | Comments(0)


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
AIR
地域とアート
オープンラジオ
アーティスト・イン・スクール
HIBINO HOSPITAL
だいちの星座
ロッカールーム
アーカスの日常
スタジオ来訪者数
2009〜2010
未分類
外部リンク
検索
ARCUS Twitter
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧