<   2015年 11月 ( 21 )   > この月の画像一覧
11/30今年度のオープンスタジオも無事終了しました。/Artist-in-Residence Program2015ended successfully
こんにちは。朝重です。
Hello, Tomoshige is writing.

今年度レジデンスプログラムのオープンスタジオは11月22日に終了しました。
11月14日より22日までの(16日の月曜日を除く)、8日間にお越し頂いた皆様、ありがとうございました。
On 22nd of November, our Artist-in-Residence Program in 2015 ended without any problems.
Thank you all for visiting us and joining OPEN STUDIOS held for eight days; 14th-22nd of November (except 16th).

オープンスタジオでは、3人のレジデントアーティストたちのプロジェクトの経過・成果の発表にあわせ、キッズツアースタジオツアー、ゲストキュレーター飯田志保子氏とアーティストとのトーク、また星野太氏と小田井真美氏を招いて飯田氏と共にディスカッション(12 )など実施しました。
In OPEN STUDIOS, three resident artists showed us their processes of productions, and we organized Guided Tour for Kids, Guided Tour by Coordinators, Artist Talks×Shihoko Iida, and Open Discussion.


a0216706_21172367.jpg



今年度招聘したアーティスト3人の活動は、様々な方の協力、参加を必要とし、彼らが滞在期間中に出会った人との関係のなかで、手探りにて発展されていったものとなりました。
そして、オープンスタジオ期間中、平日の静かなスタジオのなかでじっくりとアーティストとお話して頂いたり、また休日にわざわざ足を運んで頂き、同じ時間を共有して頂いた皆様との対話から、アーティストたちは活動を更に進めていくこととなるでしょう。
All three resident artists could develop their productions thanks to your cooperation, understanding and participation.
I am sure your dialogue the artists and the time you shared with them during OPEN STUDIOS would contribute for the artists to build their careers as artists in the future.


a0216706_21181431.jpg


あわせて、ディスカッションにおいても、参加や地域という話題が議題にあがり、地域のなかで、住民の参加を視程にいれた制作を進めていく活動を行うことの意義や難しさといった問題が見えたように思われます。
In this event, Open Discussion, we discussed deeply about participation and region. It was so thought-provoking topic for me that I reconsidered how meaningful but difficult to engage local people with art project.

オープンスタジオは、出来る限り「見せる/見る」だけの関係や経験の場でなく、アーティストをふくめ、その場に居あわせた人同士が交流するための媒介のような場でありたいと思っています。
今年のオープンスタジオは、8日間と日程も長く、そのような場になったのではないかと思います。
I hope OPEN STUDIOS was wonderful chance for both artists and participants to interact with each other and build equal relationship.
That is the reason we had held this OPEN STUDIOS 2015 in longer period than the one in previous year.

a0216706_21184599.jpg


お越し頂いた皆様からは運営側にも、アンケートを通じて、ご意見、ご提案など多くお寄せ頂きました。より良いオープンスタジオとするため、皆様のご意見ご提案から浮かびあがる問題点について改善していき、今後の活動につなげていきたいと思います。
We received lots of reviews, opinions and suggestions from participants through questionnaire. We carefully take it in consideration and deal with problem to make the event even better for next year.

あらためて、参加頂いた皆様、またご協力頂いた皆様、そしてサポーターの皆様に感謝し、御礼申し上げます。
今後の3人の活躍、ここでのプロジェクトの発展の機会があれば、アーカスプロジェクトからお伝えしていきますので、どうぞよろしくお願い致します。
We are very thankful for your participation, cooperation and supporting. Thank you again and again.
We are going to update the information of three resident artists through this website, so please follow and do not miss.

(写真:加藤甫)
(Photo: Hajime Kato)
[PR]
by arcus4moriya | 2015-11-30 12:00 | AIR | Comments(0)
11/27AIT+ARCUSミングリアスナイトvol.8/AIT+ARCUS Minglius Night Part 8
皆様こんにちは、山﨑が書いています。
Hello everyone, Yamasaki is writing this article.

花金の夜に良い音楽と良いビール片手に、アートについて気軽に意見交換し合えたら最高だと思いませんか?本当にそうでした。今日はアーカスプロジェクトが参加したこのイベント「AIT+ARCUSミングリアスナイトVol.8 隠れん坊~隠れた歴史や境界線を探して~」について、皆さんに共有したいと思います。
Just imagine, wouldn't it be so lovely to chat about arts with good music and good beer at Friday night? Yes it was, indeed! In this article, let me share the story about this event "AIT + ARCUS Minglius Night Part 8; Hide and Go Seek- Uncovering history and borders".
a0216706_1131527.jpg


11月27日にアーカスは、代官山のアーティスト・イン・レジデンス、AITとアーティスト・トークのイベントでコラボレーションしました。AITを会場に、AITとアーカスプロジェクト双方の滞在アーティスト達5人が過去の活動や日本滞在中に行ったリサーチ、制作についてプレゼンテーションを行いました。
On 27th of November, we collaborated with AIT, the Artist In Residence located in Daikanyama, Tokyo, and we held artists talk event together in AIT. Five residence artists from AIT and ARCUS Project did presentations about their past artworks, researches and experiences in Japan.
暖かい照明、ジャズが流れ、アーティスト達の母国にちなんだお酒と食べ物をつまみながら、参加者は交流を楽しんでいました。パジャマパーティーのような雰囲気でした。他のレジデンスの海外アーティストや美術関係者が目立ちましたが、AITが主催する現代芸術学校MADの学生さん達もいらしていました。
I felt so cozy that it was like pajama party with warm lights, jazz, beer and foods from artists' home countries. The participants were mostly artist, curator, art director and coordinator, but I also met couple of students of MAD (the non-formal contemporary arts school run by AIT). They enjoyed chatting and interacting with each other.
a0216706_1923537.jpg


イベントは和やかな雰囲気の中、アーカスプロジェクトの紹介から始まりました。
The event got started with introducing ARCUS Project.
a0216706_1192372.jpg

アーカスプロジェクトの3人のアーティストの濃いプレゼンテーションを順に聞きました;ステファニー・ビックフォード=スミス(英国)、エドゥアルド・カシューシュ(南アフリカ)、そしてティモテウス・アンガワン・クスノ(インドネシア)です。それぞれポイントが明確なプレゼンだったので、彼らの社会への問題意識や日本へ来る前の活動が今回の制作と深く繋がっていることを改めて納得しました。
We had great interest to listen to the stories of three residence artists from ARCUS; Stephanie Bickford-Smith (U.K.), Eduardo Cachucho (South Africa) and Timoteus Anggawan Kusno (Indonesia). Because the points they wanted to stress in each presentation were clear, I think it was easy to get they had created artworks as one tool to approach and deal with social subjects.
a0216706_11112327.jpg

a0216706_123662.jpg

a0216706_1282190.jpg

a0216706_11161718.jpg


アーカスプロジェクトのアーティストによる発表と質疑応答を終えた後は、AITのプレゼンテーションの時間です。まずはAITのレジデンスプログラムの概要からお話が始まりました。
After the presentations and Q&A session by ARCUS artists were over, it was AIT's turn to talk. First of all, the coordinator explained residence program in AIT.
a0216706_1211036.jpg

そしてAITの滞在アーティスト、メンヤ・ステヴェンソン(ドイツ)、エマ・ブランシュとフレデリック・ファルク(スウェーデン)のトークを聞きました。日本の文化や伝統的な産業技術が彼らの作品の中に取り入れられていく過程を見られて興味深く思いました。
Then, we welcomed AIT residence artists as presenters; Menja Stevenson (Germany)
, Fredrik Färg and Emma Marga Blanche (Sweden). It was interesting for me that they had discovered Japanese culture and traditional industrial skill as something new in arts context, and I could see the process they took those Japanese elements into their works.
a0216706_11172190.jpg

a0216706_111801.jpg


滞在アーティスト達の制作のコンセプトについて聞いたことは、日常生活や社会構造を新しい視点から見つめる良い機会となりました。最後にAITとアーカスプロジェクトの滞在アーティストとスタッフ一同で。楽しい夜の時間をありがとうございました。
It was great opportunity to see our daily lives and social structure from new point of view; arts. The photo of residence artists and staffs from AIT and ARCUS Studio. Thank you very much for inviting us to such a lovely night.
a0216706_11191259.jpg

[PR]
by arcus4moriya | 2015-11-27 11:04 | AIR | Comments(0)
エドゥアルドのスタジオ:OPEN STUDIOS
エドゥアルド・カシューシュ[南アフリカ]

segurando, andando, caindo - つかむ、歩く、倒れる

1.エドゥアルド・カシューシュによるステイトメント

segurando, andando, caindo - つかむ、歩く、倒れる は茨城の中高生2つのグループを対象に行ったワークショップのシリーズです。常総市にあるエスコーラ・オプションの日系ブラジル人中高生、また取手市の取手松陽高等学校の日本人高校生に参加してもらい、文化、言語、日常生活での身体の動きについて問いかけました。

このワークショップを実施するにあたり、私は1世紀以上にも及ぶブラジルと日本の政治的、社会的関係性を念頭に置き続けてきました。ブラジルにはおよそ1500万人の日系人が住んでおり、日本には約20万人の日系ブラジル人が住んでいます。このコミュニティと日本との関係性は、日本人でもありブラジル人でもあると自覚する人々にとって、重要なつながりとなっています。

複数回にわたって実施したワークショップからそれぞれの生徒が制作したのぼりや、そのワークショップのプロセスの様子を記録した映像で構成されたインスタレーションで成果を可視化しました。また22日の最終日には、それぞれの学校から選出した生徒たちによるパフォーマンスを行います。


2. 飯田志保子氏によるコメント [ ゲストキュレーター 2015 / キュレーター / 東京藝術大学美術学部先端芸術表現科准教授 ]
南アフリカ出身で現在ベルギーを拠点に活動するカシューシュは、これまでも異文化の流入や他者との出会いが人の心理、言語、無意識的な身体の振る舞いにどのような影響を及ぼすか、映像やパフォーマンスを用いて考察してきた。来日前からカシューシュは日本とブラジルの関係に関心を寄せていたが、茨城県常総市にあるブラジル人学校の先生との出会いから、その15-16歳の生徒と取手市の高校に通う日本人の学生を通じた、異文化間の相互関係を探求する方向へと活動を進展させてきた。11月22日に行われるパフォーマンスで両校の生徒が出会う前に、カシューシュは各校の生徒に対して別々に複数回行わたってワークショップを行った。それは彼がダッチ・アート・インスティテュートの修了制作で自ら行ったレクチャー・パフォーマンス《私はつかむ、歩く、倒れる(I’m holding, walking, falling) 》(2015)を出発点とし、複数の生徒が関われるように展開したものである。文化背景を異にする他者同士が即興的に共通言語を発案・構築していく行為や、他人の日常的な仕草を注視して抽出することは、今回参加した生徒たちが常陸大宮市の「西の内和紙」を用いて制作したバナーと、それを使ってオープンスタジオ最終日に行われるパフォーマンスに反映される。カシューシュのアーカスでの活動には、相互関係によって発明されるコミュニケーションの即興性と、自分の身体がいかにしてそれを体得し、日常化するかの挑戦が凝縮されている。



Special Thanks:
エスコーラ・オプション(常総市)、取手松陽高等学校(取手市)、安部 比呂代、秋山 陽希、ダラ ハルミ ドス サントス、藤瀬 ジョージ、今西 秋恵、石田 礼美、金城 アウヴァロ カツアキ、風見 友季亜、桐木 ユウゾウ ネト、松下 アユミ、リタ 大城 村上、小川 良美、酒井 和泉、坂本 エミリ マユミ モタ、高野 カウェ、タゾエ ロドリゴ、上田 ヤナ 新城、上村 まゆみ、ウエノ フェルナンド、渡邊 夏海、ジュリアナ タミー 山本 ポンテス

a0216706_14591323.jpg

a0216706_14592158.jpg
a0216706_14593196.jpg
a0216706_14593975.jpg
a0216706_14594774.jpg
a0216706_14595576.jpg
a0216706_150432.jpg
a0216706_1501212.jpg
a0216706_1502133.jpg
a0216706_1503063.jpg
a0216706_1504056.jpg
a0216706_1504882.jpg
a0216706_15122.jpg


撮影:加藤 甫
                                                                                                                                                                                                                                               
[PR]
by arcus4moriya | 2015-11-25 12:01 | AIR | Comments(0)
Eduardo's studio:OPEN STUDIOS
Eduardo Cachucho[South Africa]

segurando, andando, caindo - holding, walking, falling

1.Statement by Eduardo Cachucho
A series of workshops have been undertaken with two groups of high school students from Ibaraki prefecture. Brazilian-Japanese students from the Escola Opção in Joso City and a group of Japanese students from the Toride Shoyo in Toride City were invited to take part in workshops that question culture, language and the body in everyday life.
Kept in mind during these interactions is the relationship between Brazil and Japan on a political and social level, now over one century long. With the Japanese population in Brazil at some 1.5 million and the Japanese-Brazilian population in Japan at around 200,000. The relationship between this community and Japan offers an important link to people who identify as both Japanese and Brazilian.
Visible in the installation are outcomes from these workshops including banners created by each student and video documentation of the workshop process. A performance by selected students from each school will be held on the closing day of the open studio 22 November 2015.


2. Comment by Shihoko Iida [ Guest Curator 2015 / Curator / Associate Professor, Department of InterMedia Art, Faculty of Fine Art, Tokyo University of the Arts ]
Cachucho born in South Africa, currently based in Belgium. His video and performance pieces have dealt with the effects of foreign culture and encounters with others on human psychology, language and unconscious body movements. Cachucho was interested in the relationship between Japan and Brazil even before arriving Japan. But a meeting with a teacher from a Brazilian school in the Japanese city of Joso in Ibaraki inspired him to explore the relationship between different cultures. He approached this by working with 15-16 year-old students from the Brazilian school, and Japanese students from a high school in Toride. Before the students from the two schools meet on the 22nd November for a performance, Cachucho conducted workshops with them in separate groups. For his workshops, Cachucho adapted his lecture performance, I’m holding, walking, falling, produced for his graduation piece at the Dutch Art Institute in 2015, to accommodate multiple students. The shared language created through communal improvisation with people of different cultural backgrounds and the observations of other people’s everyday gestures are reflected on banners made with the students, using “Nishi-no-uchi Washi paper” from Hitachi Omiya city, and which will also be used in the performance on the last day of the open studio. Essentially Cachucho’s activity at ARCUS Project shows an array of challenges in improvised communication invented through interrelations, and how these are mastered by our bodies and then transformed into everyday matter.

Special Thanks:
Escola Opçao, Toride Shoyo High School, Hiroyo Abe, Haruki Akiyama, Dara Harumi Dos Santos, Jorge Fujise, Beatriz Akie Imanishi, Ayami Ishida, Kanashiro Alvaro Katsuaki, Yuria Kazami, Yuso Neto Kiriki, Ayumi Matsushita, Rita Oshiro Murakami, Yoshimi Ogawa, Izumi Sakai, Sakamoto Emily, Mayumi Mota, Kawe Takano, Rodrigo Tazoe, Yana Arashiro Ueda, Mayumi Uemura, Fernando Ueno, Natsumi Watanabe, Juliana Tamy Yamamoto Pontes

a0216706_14591323.jpg

a0216706_14592158.jpg
a0216706_14593196.jpg
a0216706_14593975.jpg
a0216706_14594774.jpg
a0216706_14595576.jpg
a0216706_150432.jpg
a0216706_1501212.jpg
a0216706_1502133.jpg
a0216706_1503063.jpg
a0216706_1504056.jpg
a0216706_1504882.jpg
a0216706_15122.jpg


Photo:Hajime Kato

[PR]
by arcus4moriya | 2015-11-25 12:00 | AIR | Comments(0)
ステファニーのスタジオ:OPEN STUDIOS
ステファニー・ビックフォード=スミス [英国]

たぶん、私は日本語を話す日本人に見える、日本人として感じた

1.ステファニー・ビックフォード=スミスによるステイトメント

英国ではなく、守谷で生まれ育ったとした場合、私の人格はどれほど異なったのだろうか。私自身が日本人であると想像することから、どのように1人の人間が、異なる国籍をもつ仲間と感情のつながりを持てるのか探求しています。

コミュニティに介入し、観察することで、守谷での仲間の感情を理解し始めました。この感情と私自身の守谷での体験を比較しながら、日本人としての私はどうであるかを想像し始めました。書くこと、うごき、音、パフォーマンスを通して、私自身と他者が、それぞれ別人格をイメージすることが可能となる創造的な演習を行いました。

大規模な移民社会のなかで、国籍を維持する心理的な境界に挑戦し探求しようとしています。

制作の一部として、パブロ・ナルーダによる「衣服への歌」を独唱します。



2. 飯田志保子氏によるコメント [ ゲストキュレーター 2015 / キュレーター / 東京藝術大学美術学部先端芸術表現科准教授 ]
「日本人になる」ためのリサーチを行いたいという興味深い提案をしてきたビックフォード=スミス。まずはドローイングや写真を用いて自分と周囲の人々の外観ならびに内観的な観察を重ねた。そのうえで彼女は、自分と呼応するような立場の日本人として守谷在住か出身の同年代の女性を募集し、瞑想的なワークショップを実施。プライヴェートな部屋のようなセッティングをしたスタジオ空間に参加者を招き入れ、簡単なエクササイズをしながら自分の体の部位や動きに意識を集中するよう促した。そして参加者が互いの動作を模倣し合う時間を共有した後、どこか知らない場所にいる外国人女性の気持ちになることについての問いかけをした。それによって参加者は自意識を外部に投影し、「他者になる」過程を共有した。ビックフォード=スミスがこのワークショップで試みたのは、アイデンティティを形づくる人間の心理作用に揺さぶりをかけることである。自分の内に形成されていくかもしれない日本人のような気持ちとはどのようなものか、彼女はイギリス人としての自我を一時的に潜め、ここ守谷で感情を他者に同化させるプロセスを可視化させることに挑戦している。それは古着に袖を通し、衣服が留めているかもしれない誰かの肌と記憶の痕跡を想像することにも似ているだろう。



Special Thanks:
國分 舞、樋口 朋子、 松永 万澄、 奥村 由子、ベン・ペピアット、逆井 恵美、 ベニシア・スタンリー=スミス、清水 美帆、高橋 菊子、 高見澤 優海、 和地 恵子、山田 侑、山野井 照顕


a0216706_14443277.jpg

a0216706_14444175.jpg
a0216706_1444545.jpg
a0216706_1445328.jpg
a0216706_14451498.jpg
a0216706_1445231.jpg
a0216706_14453281.jpg
a0216706_14454096.jpg
a0216706_14454866.jpg
a0216706_14455784.jpg
a0216706_1446529.jpg
a0216706_14461426.jpg

撮影:加藤 甫
                                                                                                                                                                                                                                                                                             
                                                                                                                                                            
[PR]
by arcus4moriya | 2015-11-24 12:01 | AIR | Comments(0)
Stephanie's studio:OPEN STUDIOS
Stephanie Bickford-Smith [UK]

Perhaps I speak look feel Japanese

1.Statement by Stephanie Bickford-Smith
In My practice speculates how my persona may have been different had I been born and raised in Moriya rather than Britain. Through an imagined projection of my Japanese self, I hope to explore how one can enter an emotional connection with peers from different national backgrounds.
By collecting research through primary interactions and observations with the community, I have begun to build an emotional understanding of my peers here in Moriya. Through comparing this image with my experiences from home, I am starting to imagine what my Japanese self could be. I have developed creative exercises using writing, movement, sound and performance to help myself and others imagine alternative personas.
In a world of mass migration, my work aims to explore and challenge the psychological borders that national identity maintains.
As part of my work, I will perform recitals of the poem, ‘Ode to Clothes’ by Pablo Neruda.


2. Comment by Shihoko Iida [ Guest Curator 2015 / Curator / Associate Professor, Department of InterMedia Art, Faculty of Fine Art, Tokyo University of the Arts ]
Bickford-Smith made an interesting proposal: to research how to “become Japanese”. She began by observing her own and other people´s inner self and appearance, through drawing and photography. She then held meditative workshops with female residents born in, or living in Moriya. These were of her own age - women who she considered as Japanese counterparts to herself. The participants were invited to her studio, set up to imitate a private room. There she encouraged them to focus on their bodies and movements through simple exercises. After an initial phase where the participants imitated each other’s movement, she gave them questions about how they could be connected to feelings of a female foreigner who is in an unfamiliar place. Through this process, the participants projected their consciousness about themselves to the outside, and shared the process of “becoming the other”. Bickford-Smith tried through her workshop to shake up the psychological effects that shape people´s identity. By temporarily concealing herself as a British and focusing on the feeling of being Japanese, she is trying to visualize the process of assimilating the feeling of the other while in Moriya. The sensation is similar to how we imagine the traces of someone’s skin, and the sense that memory might remain in old clothes as we put them on.


Special Thanks:
Mai Kokubun, Tomoko Higuchi, Masumi Matsunaga, Yuko Okumura, Ben Peppiatt, Megumi Sakasai, Venetia Stanley-Smith, Miho Shimizu, Kikuko Takahashi, Yu Takamizawa, Keiko Wachi, Yuki Yamada, Teruaki Yamanoi

a0216706_14443277.jpg

a0216706_14444175.jpg
a0216706_1444545.jpg
a0216706_1445328.jpg
a0216706_14451498.jpg
a0216706_1445231.jpg
a0216706_14453281.jpg
a0216706_14454096.jpg
a0216706_14454866.jpg
a0216706_14455784.jpg
a0216706_1446529.jpg
a0216706_14461426.jpg

Photo:Hajime Kato

[PR]
by arcus4moriya | 2015-11-24 12:00 | AIR | Comments(0)
ティモテウスのスタジオ:OPEN STUDIOS
ティモテウス・アンガワン・クスノ [インドネシア]

何を覚えていたか忘れた

1.ティモテウス・アンガワン・クスノによるステイトメント

レジデンスプログラムの期間中、私は人々から物語、記憶、また秘められた質問を「Lost and Found and Lost and What Department (LFLW : 失くして見つけて失くしてそれからどうなる課)」を通じて集めてきました。LFLWは、私のスタジオ内に設立された架空の機関です。私はここで集めた物語に手を加え、参加可能なインスタレーションとして疑問を掲げます。LFLWはオープンスタジオ会期中にオープンしています。同じ部屋を時間帯で分けて活動展開することで、「忘れる事」、「思い出す事」に区切りをつけ、対比を浮き上がらせます。昼間にスタジオは「フォゲッティング&リメンバリングクラブ」となり、夜には「ロスト アンド ファウンド&ロスト アンド カラオケクラブ」へと替わります。

昼間だけオープンしている「フォゲッティング&リメンバリングクラブ」では、スタジオで用意している材料を使って参加者自身の物語を共有することができます。そして、日が沈んでからは「ロスト アンド ファウンド&ロスト アンド カラオケクラブ」となり、どなたでもご参加いただけるステージを用意しています。オープンスタジオ最終日には、この「失くして見つけて失くしてそれからどうなる課:LFLW」の「ロスト アンド ファウンド&ロスト アンド カラオケクラブ」にてDJパーティーを行う予定です。

この制作は「Remembering and Forgetting as Social Institution」(1990年)について議論したジョン・ショッター(John Shotter)への応答です。一方で、この制作は過去2年間に私が取り組んできた「歴史上の架空の物語」を展開する既存の方法へ挑戦する実験でもあります。過去に私は、「架空の物語」を歴史に加えることで、語られることのない集合的な記憶を記録する実験を試みてきました。今回の滞在では、実際に語られた記憶を集める方法を優先的に行い、仮説(またはフィクションと思われるもの)を通して課題を投げかけることを試しています。


2. 飯田志保子氏によるコメント [ ゲストキュレーター 2015 / キュレーター / 東京藝術大学美術学部先端芸術表現科准教授 ]
アンガワン・クスノがこのたびスタジオ内に仮設した「Lost and Found and Lost and What Department (LFLW:失くして見つけて失くしてそれからどうなる課)」は、オープンスタジオ期間中の日中だけ開設する架空の施設である。彼が守谷市民に依頼した秘密の質問状に寄せられた匿名の回答、戦争体験についての対面インタヴュー、そして戦後日本の状況や地域史に関する調査を基にしたこの施設は、クスノが滞在中に収集した個人史の集積で出来ている。彼は滞在当初から率直に、戦後から現在に至る日本社会と政治状況の変化や、大きな転換期を経た現代人の問題意識の所在といった、答えるのが難しい大きな問いを周囲に投げかけてきた。根底には、翻って自国インドネシアが抱える植民地時代の空白と戦後の近代史を日本と比較し、グローバルな文脈で相対化して考察しようとするクスノの関心が垣間見える。タイトルの《何を覚えていたか忘れた》は、私たちが「過去をすぐに忘れる」ことに由来している。だがLFLWはそれを批判するのでもジャーナリスティックに提示するのでもなく、クスノの感性と遊び心に彩られた徹頭徹尾フィクショナルな場として、語られなかった記憶を共有するために作られた。そこには歴史の隙間からフィクションを生み出すクスノのアーティスティックな手腕が発揮されている。



Special Thanks:
榎本 勝男、榎本 みよ子、現王園 セヴィン、岐阜 彫秀、堀 浩、ブリジッタ・イサベラ、加藤 希美、河合 幹貴、レギナ・ニャマン、中村 亮子、 中野 寿楼、中田 貴士、小川 紘平、大嶋 辰男、太田 エマ、田原 智美、髙橋 要、松下 ハリッグ 祥子、山野井 照顕、 山下 秀樹、Family Martの榎田さん、
そして尊敬すべき匿名ハガキの送り主の皆様


a0216706_1429177.jpg

a0216706_14291438.jpg
a0216706_14292367.jpg
a0216706_14293532.jpg

a0216706_1430689.jpg

a0216706_1430214.jpg

a0216706_14303493.jpg

a0216706_14304938.jpg

a0216706_1431221.jpg

a0216706_14311620.jpg

a0216706_14312927.jpg

a0216706_1431409.jpg

a0216706_14315057.jpg

撮影:加藤 甫
                                                                                                                                                                                                                                             
[PR]
by arcus4moriya | 2015-11-23 12:01 | AIR | Comments(0)
Timoteus's studio:OPEN STUDIOS
Timoteus Anggawan Kusno [Indonesia]

I FORGOT WHAT I REMEMBER

1.Statement by Timoteus Anggawan Kusno
During my residency period at ARCUS Project, I have been collecting stories, memories and secret questions from the people under the "Lost and Found and Lost and What Department" (LFLW). LFLW is a temporary fictional institution which using my studio as the medium. Through this institution, I transformed the collected stories, and articulate the questions through the prototype of interactive installation, which will be happening in the studio. LFLW will be activated physically during the open studio. By using the same single space, I make the tension of forgetting and remembering by making a contrast and split them with time: during the day, the studio will be "Forgetting and Remembering Club", and when the night comes, it will be the “Lost and Found & Lost and Karaoke Club”.
Through Forgetting & Remembering Club (which only activated during the day) I invited participants to share their stories by using the mediums operated in the studio. And after the sun goes down, the Lost and Found & Lost and Karaoke Club will be opening, and invites people to show their talent on the stage. At the closing of the open studio, there will be a DJ Party at this Club.
This work is responding to John Shotter, which discussed about "Remembering and Forgetting as Social Institution" (1990). On the other hand, this work is an experiment, which challenge my existing methods on developing "fictional narratives on historical context" that I have been working on this last 2 years. At my previous works, I had been experimenting through fictions, which brought to historical context in aim to record the 'unspoken' (collective) memory. Now, in this residency, I am experimenting on the bottom-up methods on collecting (collective) memories, and raising those questions through fiction.


2. Comment by Shihoko Iida [ Guest Curator 2015 / Curator / Associate Professor, Department of InterMedia Art, Faculty of Fine Art, Tokyo University of the Arts ]
Anggawan Kusno used his studio to create the “Lost and Found and Lost and What Department”. The project is a temporary fictional institution only open in the daytime during the open studios period. The institution presents a number of personal histories accumulating through the residency, making a collection based on anonymous responses to a secret questionnaire that Kusno ask for Moriya residents, face-to-face interviews on war experiences, and research on post-war Japan and local history. Kusno approached people with big and complex questions right from the beginning of the residency. His questions, posed in a frank manner, addressed the transformation of Japanese society and political situation from the post-war era onwards, and the awareness of these issues for people with experience of radical transition periods living today. Behind Kusno‘s questions, lay an interest in comparing the emptiness of the post-colonial era and post-war modern history of his birth country Indonesia, with Japan, relativized it in a global context. The title of the whole project in this studio, I FORGOT WHAT I REMEMBER stems from Kusno’s observations that we tend to easily forget the past. Yet LFLW does not criticize or present these issues as investigative journalism, but sets out to create a space to share unspoken memories, narrating them as fiction full of sensitivity and playfulness. The work demonstrates Kusno’s artistic talent for creating fiction based on the gaps found in history.


Special Thanks:
Katsuo Enomoto, Miyoko Enomoto, Sevin Genouzono and Mother, Horihide Gifu, Hiroshi Hori, Brigitta Isabella, Kimi Kato, Motoki Kawai, Regina Njaman, Ryoko Nakamura, Jiro Nakano, Takashi Nakata, Kohei Ogawa・DJ Gori, Tatsuo Oshima, Ema Ota, Satomi Tahara, Kaname Takahashi, Teruaki Yamanoi, Hideki Yamashita, Ms.Enokida of Family Mart
... and any other respectable "Anonymous" senders of postcards.

a0216706_1429177.jpg

a0216706_14291438.jpg
a0216706_14292367.jpg
a0216706_14293532.jpg

a0216706_1430689.jpg

a0216706_1430214.jpg

a0216706_14303493.jpg

a0216706_14304938.jpg

a0216706_1431221.jpg

a0216706_14311620.jpg

a0216706_14312927.jpg

a0216706_1431409.jpg

a0216706_14315057.jpg

Photo:Hajime Kato

[PR]
by arcus4moriya | 2015-11-23 12:00 | AIR | Comments(0)
11/22 OPEN STUDIOS クロージングパーティー / Closing party of OPEN STUDIOS
こんにちは、高倉です。
本日はオープンスタジオを締めくくるクロージングパーティーの様子をお伝えします。

Hello this is Takakura.
Today I am going to focus on closing party of OPEN STUDIOS 2015.
a0216706_11192767.jpg
最初からテンションの高い3人。レンズを向けると早速ポーズをとるアンガー。
しかしながら陽気な仕草は照れ隠し。
人前に立つ時は常に緊張してカチコチになるそうです。

All of artists were very much hight from begging.
When I saw him through lens he was sure to make pose.
However he is just pretending to be cheerful,
whenever he stand in front of people he taught me that he has tense atmosphere.
a0216706_11192758.jpg
会場を彩るお料理を担当してくれたのはお隣取手市にお店を構える
「コンフリ」の葛谷君。各国から集まったアーティストにちなんで
インドネシア、英国、南アフリカ。それぞれの国のご飯を作っていただきました。

We have asked Mr. Kuzuya (conflictable cube/art space bar) to colored the place.
He prepared all foods based on each artist's country
Indonesia, U.K., South Africa, and also Japan.
a0216706_11335716.jpg
パーティーは100日を越える滞在を経たアーティストの挨拶からはじまりました。

The party was started from greeting of artists who have spent over 100 days.
a0216706_11192814.jpg
Anggawan/アンガー
a0216706_11192941.jpg
Eduardo/エドゥアルド

a0216706_11192918.jpg
Stephanie/ステファニー

使う言葉に違いはあれど、それぞれに収穫があり守谷での生活が今後の
制作活動に影響を与えて行くことを確信しながら伝えてくれました。

Words were different, but all of them talked about their great experience
which will affect their life.
a0216706_11433806.jpg
かんぱーい!

Cheeeeers!
a0216706_11390540.jpg
日本での活動を振り返りながら、みんなの話が尽きることはありませんでした。

They all look back their days in Moriya, and they could not stop talking.
a0216706_11193151.jpg
会場が盛り上がりみんなが時間を忘れて賑わいだす頃、照明が消されました。
アーカススタジオ恒例のチーフ朝重さんを祝うサプライズ誕生会です。

While the conversation took a lively turn, the lights went off.
That was an established surprise custom of Arcus studio to
celebrate our chief Tomoshige's birthday.
a0216706_11193165.jpg
いつもきちんと驚き喜んでくれるこの瞬間は、何度迎えても快い時間です。

He shows us how he surprises as usual, precious moment.
a0216706_11193236.jpg
パーティーはまだまだ続きました。その会場をアンガーのカラオケスタジオに変えて、
「Lost and Found and Lost and What Department
(失くして見つけて失くしてそれからどうなる課)」
と名付けられた部屋の名前をまっとうすべく、スタジオに歌声が響き渡りました。

The party was not ended at that moment, we have changed the place
to Anggwan's studio for sing songs, in order to have his installation
named "Lost and Found and Lost and What Department".


写真:加藤甫
Photo: Hajime Kato



































[PR]
by arcus4moriya | 2015-11-22 18:00 | AIR | Comments(0)
11/22 Eduardo's "つかむ、歩く、倒れる - segurando, andando, caindo"_2@OPEN STUDIOS
11月22日OPEN STUDIOS最終日、エドゥアルドの"つかむ、歩く、倒れる - segurando, andando, caindo"パフォーマンスまでの一日。
続きます。(前編はこちら。)
The Last day of OPEN STUDIOS. Its the time to start of Eduardo's Performance, "segurando, andando, caindo".

さて、本番です。予定時刻より遅くなってしまいましたが、それだけ入念に3組のパフォーマンスが直前まで身振り手振りで順番や表現内容を限られた時間の中で打ち合わせて、緩やかにスタート。
Finally the time for performance came. It took longer time for preparing for the performance than we expected, but they could take time to think deeply how they would perform.
a0216706_16265581.jpg
最初に、これまで個々で、または2人組で作っていた小さなバナーより格段に大きい、5色の西ノ内和紙が黒板に掲示されています。その中から各組ごとに4色選びます。終始一貫したルールがあり、「言葉を発しないこと」でした。黙々と、それぞれに自分たちのイメージするやり方で、和紙にはさみを入れ、形作っていきます。好きな形を恊働で決定し、身振り手振りで指示を出し合い、一枚一枚重ね合わせながらバナーをつくることから始まりました。
a0216706_16272936.jpg
a0216706_16304044.jpg
Firstly, each pair selected four pieces of big Nishi-no-uchi Japanese paper from five different colors that put on the black board. They had to follow the rule 'do not speak'. They concentrated on cutting the paper to visualize the form of their imaginations. They told their opinions each other with body language, stuck four pieces of paper and created banners.
a0216706_1632228.jpg
a0216706_16332253.jpg
a0216706_16341050.jpg
a0216706_16343240.jpg
a0216706_16353618.jpg
a0216706_16375177.jpg
a0216706_16392316.jpg
その後、できた組から、お互いの日常の動きを始めました。
a0216706_16413099.jpg

「あなたの生活・人生に深く関係するひとつの動き」というものは、同じ世代の生徒たちにとっては、彼らが解釈する日常の当たり前の動きでもあり、一方では内面から表出した仕草や習慣、培ってきた動きともとらえられます。他者にとってはみたこともしたこともない動きかもしれません。(私の想像するところ)、美術を学ぶ高校生の一人には、パネルに和紙を貼り、ドーサで日本画の画面をしつらえる動き。のようにも見えました。一方では鏡の前で、メイクをする日常の動き。じっと動かずにしゃがみこんで考え込む仕草の一方で、次々に運ばれてきているように見える箱か何かの封を開けて、組み立ててまた隣に移動させるような一連の動作、寝ていて起きるとすぐに眼鏡を探す動作を見せる生徒の一方で、大きく指を指して何かを指摘する動き、など。
a0216706_1644406.jpg
As soon as they finished their first performance, each pair started showing us their movement of daily life.
'One meaningful movement that deeply connect to your life' can be common habitat you do every single day or it can be personal movement you have learned from your life. For me, one of the movement that art major student did looked like she put Japanese paper on the board and draw on it, while her pair student were like sitting in front of mirror and wearing makeup. The other student sat without moving as if she was thinking something, while another student carried a kind of box, opened it and moved it away. This student woke up and looked for her glasses, while her partner ordered something with his finger.
a0216706_16472975.jpg
それぞれの個々の動きが、各組で再構成され、混ざり合った動きになったり、順序よく交互に動きを見せる組など、様々な動きが同時に、そして静かに、繰り返されます。
Each movement was combined, reconstructed, mixed, and they silently showed us various movement at the same time and repeated.
a0216706_1742328.jpg
このとき周りで観ている人たちは、どんな意味なのか考えていたことだろうと思います。人生もしくは生活に深く関係する動きは、その人の内面から出てくるしぐさ、であることは誰も知らずに。単純な動きでも、その人が表出する動きは、本人には意味のあることかもしれないし、意味もなくやっている日常の癖なのかもしれません。時折、照れたり、午前中のワークショップより緊張の面持ちで6人は自分たちでディレクションしたパフォーマンスに集中していました。
その動きを読み解くこともままならぬうちに次々と異なる3組の動きが続くと、感覚を研ぎすましてスタジオじゅうのオーディエンスが注視している緊張感が漂っていました。その感覚の差異も、プロセスをみてきた私にとっては、興味深い「一体感」と心地よい意味での「距離感」を感じました。このお互いの相手でさえ、数時間までは言葉を交わさずにその動きを真似て、相手の動きを理解することに集中していたからです。エドゥアルドの説明はごくわずかに限られ、彼らに委ねられていた、という緊張感もあります。
a0216706_1642145.jpg
I guess the audience considered the meaning of the movements. Nobody knew that the movement strongly connected to life came from his/her inside. The simple movement you do can be meaningful for you, or it can be just your habit in daily life. Sometimes performers looked they were nervous, but they really focused on the performance they directed.
The audience also concentrated trying to read their different movements. It was interesting for me to feel a sense of unity and a sense of distance at the same time. In the performance, the audience tried to understand performers, but few hours before, the performers tried hard to copy and understand the meaning of their movement. This might be because Eduardo did not explain much about his art project.
a0216706_17164476.jpg

各グループには段取りというものは課されていなかったので、一通りの動きをしたあと、自由に次の動きへ移ります。
会話せずにバナーを創り、動きを表現し、最後に言葉・文章を各グループごとに発表します。初めて声が発されます。口にする言葉は「生活・人生に関連する、意味をなす一言」というお題のもと、彼らが選んできた文章が含まれています。その一節を交互に声にする者、再構成して一つの文にする者、詩のように詠み上げたり、これまでの動きも同時に合わせる者など、様々です。
a0216706_1754510.jpg
Because Eduardo asked the students to set the time table for their performance as well, they moved onto another performance whenever they thought it was the time.
First, they made banner with body language, then they expressed their movements, and they finally spoke by presenting the words and sentences. What they spoke included their meaningful words that represented their lives. The way they spoke was different depends on the pair. For instance, this pair spoke word by word by turn, the other pair combined the sentences into one, and the last pair edited their sentences like poem and spoke with movement.
a0216706_1785330.jpg
a0216706_17124064.jpg
最後まで丹念にバナーを作り続けていた組は、バナーを黒板に掲示し終え、お互いの言葉を発します。その頃には、他の2組も、鑑賞者の一部に変化していました。
When the last pair finished to making their banner and started speaking out, the other two pairs finished their performance so they were a part of audience.
a0216706_17201290.jpg

「私は肉が好き。でも肉は私を好きじゃない。」
"I like meat. But meat does not like me."

「Words. Don't blame them because...you don't know the real meaning of it....Don't blame yourself. Because you don't know how to manage to talking the right words.」

互いの言葉が「自分の使う言葉」で述べられた後、英語と日本語でその意味を互いに訳しあい、互いの言語で呼応します。更に2人で組み合わせ意味の混ざり合った文が2人の声で発せられました。
They spoke their original sentences with their languages, they translated the meaning into English and Japanese, and they combined the meaning of their sentences and read it in both languages together.
a0216706_17203960.jpg
「I like the meaning of meat, Don't blame them, the meat. Because you don't know how to eat it. Using the right meat. Because pork chop meat, it will make you a sick.」
「わたしは肉の意味が好き。肉を非難するな。なぜなら、あなたはどのように肉を食べるのか、わからないから..正しい肉を使え。なぜなら、豚肉は、あなたを病気にさせるから」

a0216706_17232059.jpg

そのとき、文章の意味は最初の彼らそれぞれにとって意味を成す一節として出されたものとは文脈の意味を成すものではなく、2人の言葉によって紡ぎだされた言葉であり、新しい文章でした。
全て、彼ら自身が考え即興でオーディエンスの前で初めて演じたパフォーマンスです。その、終わり方も、しかり。
They created new sentences with their different languages.
They considered by themselves and winged it as performance in front of the audience.
a0216706_1721832.jpg


ふと、私はこれまでエスコーラ・オプションへに行くたびに街の中で流れる防災放送のこだまのような響きを思い出しました。例えば、日系ブラジル人社会の中で日本語を理解できる人がどれだけいただろう。わからないとき、どんな風に聞こえているのだろう。言語を使わずその社会で生きるとき、人はどうやって相手を理解しようとするのだろう。と、パフォーマンスを全て見終わったあとにフラッシュバックのようによみがえりました。
Their performance reminded me the sound of emergency disaster radio communication network I heard on the way to go to Escola Opçao. I wonder how many people can speak Japanese in Brazilian Japanese community in Joso city. How does it sound like if you do not understand Japanese? How is like to live in a society without the skill of major language, and how can you communicate with people who have different mother tongue? I could not help but think and remember the time we spent with Brazilian Japanese people.

それぞれ育った環境で培われてきた動きや仕草、そして使う言語の強さ、発音の抑揚の与える印象、伝えることの大切さと、時として無用さ、言葉のもつ意味を超えた共同言語をつくり出すことによって、エドゥアルドが試したかった「新しい文化の創られ方」の一端が垣間見えたでしょうか。
How did you think about Eduardo's experiment of combining movements, words, pronunciations and creating common language in order to seek 'how to create new culture'?
a0216706_17254170.jpg

発言する人に対する聴衆の反応は、初めてそこで発せられる言葉の意味を知る事ができます。しかし文がうまく発言できずにたどたどしくコミュニケーションすることさえも、声色さえも聴衆に緊張感や笑みをもたらし、目の前にいる彼らの動きを理解しようとする空気の中で、まるでここでこの瞬間にしか出会えない世界を表しているようにも見えました。
For the audiences, it should be the first time to hear new language made by performers. At some points of the performance, I saw the students were in awkward moment when they could not fully communicate or their voice were trembled to pronounce unfamiliar language, but the audience were enough tolerant to wait and try hearing. I was grateful to share those precious moments.

その様子がわかる動画を、エドゥアルド自身のHP上で紹介しています。
You can access the video of the performance from Eduardo's official website.
a0216706_17331048.jpg
a0216706_1730516.jpg
a0216706_17324637.jpg
パフォーマンスを終えた彼らは、いつしか仲の良い同士になっていました。
取手松陽高校の皆さん、エスコーラ・オプションの皆さん、素晴らしい体験をありがとうございました。
After the performance, the students with different background got along well.
Thank you very much for your cooperation, especially for Toride-shoyo high school and Escola Opçao.
a0216706_17343941.jpg
ビバ!ブラジル! Viva! Brazil!
a0216706_17352587.jpg


写真:加藤 甫
Photo: Hajime Kato
[PR]
by arcus4moriya | 2015-11-22 11:19 | AIR | Comments(0)


カテゴリ
全体
AIR
地域とアート
オープンラジオ
アーティスト・イン・スクール
HIBINO HOSPITAL
だいちの星座
ロッカールーム
アーカスの日常
スタジオ来訪者数
2009〜2010
未分類
外部リンク
検索
ARCUS Twitter
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧