<   2015年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧
One day of Moriya Manabi no Sato
「Hi! Nice to meet you! my name is Mitchy!」
a0216706_1021850.jpg

そういって、毎年やってくるアーティストにご挨拶してくださるのは管理人さん。数名いる管理人さんが毎日入れ替わりで「もりや学びの里」の施設管理をしており、わたしたちが最もお世話になっている方々のひとりに、この方がいます。
There is one of management caretaker for Moriya Manabi no Sato, where ARCUS Studio is in.

春になれば花壇の手入れ、夏になれば冷房のメンテナンス、(今年は守谷市の鳥でもあるコジュケイの出産の世話も4度も!)秋になるとスズメバチ退治や校庭に落ちる枯葉を集め、冬はまた暖房メンテナンス。古い校舎だけに、アンペアが小さいのですぐに停電がおきても、常に冷静に対処してくださいます。それ以上にこの施設の利用者への対応のみならず、スタジオ環境にもいつも気をかけてくださっています。
a0216706_1037198.jpg

They take care of not only building maintenance & security, but also gardening in Spring, maintenance for Air conditioning for Summer season, (additionally, taking care of "Kojukei" Bird's hatching 4times in this summer!), Emergency exterminating Giant hornet, a lots of fallen leaeves collection at ground in Autumn, so on...and always caring about user, who is called "Circle" of this Facility including us.

無事にコジュケイの赤ちゃんの誕生を見届けた今週、そんな管理人さんの一人が本日でお仕事を終えます。アーティスト達はわずかな間でも彼の優しさを感じ取っていたようです。アーカスプロジェクトは日々、様々なサポーターに囲まれて運営できています。ぜひ、生涯学習施設、もりや学びの里へ一度足を運んでみてください。(写真は入り口のリニューアルした看板です!)
a0216706_1045228.jpg

We knew that "Kojukei" couple made new 2-little family in this week. ("Kojukei- Bamboo pheasant," is our official Moriya city bird.) This day, one of caretaker leaves from this job. he was the one who really has been taking care of hatching with artificial incubator in this summer season, and finally could see new family in the cage before his leaving. Also, He looked after new ARCUS resident artists even in a very short period of time.
we are supported by such a wonderful people in Moriya. Why don't you drop by? (this is new sign board!)
[PR]
by arcus4moriya | 2015-08-29 20:15 | AIR | Comments(0)
8/25 アーティストたちのプレゼンテーション/Artists' presentation
皆さん、どうもこんにちは。藤本です。招聘アーティストが8/18に来日して、約1週間が経ちました。
本日は、アーティストたちがそれぞれこれまでやってきた活動と、ここアーカスプロジェクトでやろうとしていることを互いに話す機会をもちました。内部でのプレゼンテーションです。
Hello, Yumiko is writing about the artists' presentation on 18th Aug. They have spent the time here around a week.
They introduced their previous activities and projects which they are planning.

まずは最年長のエドゥアルドから。といっても彼も30歳、若手です。
First Eduardo who is older than the others. But still 30 years old, should be a young artist.
a0216706_12571112.jpg
彼はこれまで、主に映像や、映像を用いたレクチャー・パフォーマンス作品を制作しており、今回の滞在では、日本と諸外国の関係における移民の歴史・現状についてリサーチし、パフォーマンスや映像作品を制作する予定。茨城県にいる日系ブラジル人の人々について調べており、日本とブラジルの政治的な関係から導かれる彼らの社会的生活に興味をもっています。
(※代わりにアーティスト本人のコメントを掲載致します。)
During my stay at ARCUS Project I will undertake research with Brazilian-Japanese locals in Ibaraki. I am interested in the social lives of these locals related to the political connections between Brazil and Japan. If any Brazilian-Japanese locals in Moriya would like to speak with me, please contact the ARCUS Project office and they can arrange a meeting with me.
a0216706_12592291.jpg
続いて、ステファニー。
彼女は主に、映像やパフォーマンスなどの制作を行っています。今回は、イギリス人でありながら茨城県で生まれた日本人になりきって生活し、文化や慣習の相違点を体験し分析することに取り組む予定。守谷で100日のあいだに地域に溶け込み、観察を重ね、日本人になることに挑戦します。このプロジェクトの目的は完璧な結果を出すことよりも、人々に疑問を投げかけることにあります。
(※代わりにアーティスト本人のコメントを掲載致します。)
During my time in Moriya I plan to conduct a hundred day experiment to try and become Japanese from purely first hand interactions and observations with the local people by immersing myself into the community of Moriya. The intention of the project is to create a space for questions rather than resulting with a final complete solution.
a0216706_12573487.jpg
最後はアンガー。
ドローイング、彫刻、写真、映像、テキストなど、多岐にわたる制作を行っています。滞在中は、市民へのインタビューなどから民話や言い伝えを集め、新たな歴史の発掘や物語の制作を行う予定。
(※代わりにアーティスト本人のコメントを掲載致します。)
I want to conduct research about remembering. I want to invite people and let them draw the map of Moriya by using their memories. As the first bottom-up step to find questions and collecting answers, I'll be using the postcard which contains images i collect in this city as medium. Basically, I want to explore the mnemonic experience (something that makes people remember something) of people in relating themselves to the past, and presents---as part of the community. Through the images I collect (drawing, photographs, etc), I'd love to use the metaphors and metonymy as a "gate" to the people's (collective) memory.
a0216706_1355266.jpg
a0216706_12581034.jpg

普段は、一見仲の良い友人同士にも見える3人ですが、互いを単なる友人ではなく、アーティストとして強く意識できるこのようなタイミングは刺激的なはずです。
They look like friends even if they are not artists. But this opportunity could make important discussion to be conscious each other as artists.
[PR]
by arcus4moriya | 2015-08-25 23:33 | AIR | Comments(0)
8/21 オープニングレセプション / Opening Reception
皆さん、こんにちは。藤本です。
本日は8月21日に開催した2015年度アーティスト・イン・レジデンス プログラムのオープニングレセプションの様子をご紹介します。招聘アーティストを来賓の皆様に正式にご紹介し、彼等の活動について紹介する大切な日です。
Hello, Yumiko is writing. 21st of Aug was the opening reception of AIR program 2015. It was the important occasion to introduce our resident artists and their activities officially.
a0216706_12562969.jpg

実は少し前から、サポーターさんにもご協力いただいて事前準備を進めておりました。例えば、箸袋に“ARCUS”とハン押しする作業、手のひらサイズのリーフレットの折り作業など、やることがとにかくたくさんあります。会場のテーブルクロスだって一見シュッと見えますが、自分たちで測って切って貼り付けて…と大変でした。それも強力なサポーターの皆様が手伝ってくださいました!
Some supporters had helped us to prepare quite a lot of things for the reception in advance. For example, stamping “ARCUS”mark on covers of chopsticks, folding leaflets, and we set a tablecloth with measuring, cutting and sticking by ourselves.
a0216706_12573645.jpg
a0216706_1311569.jpg
アーカスプロジェクト21年(※プレ事業含む)の歴史の紹介を、過去招聘アーティストのあたたかいメッセージとともに。今年度招聘のアーティストが掲示を手伝ってくれております。
Angga, Stephanie and Eduardo helped to put 21years-history of ARCUS Project including test programs and warm messages from our former resident artists on the wall.
a0216706_1313567.jpg
a0216706_1315936.jpg
会場は、国際交流研修センター(ログハウス)です。雨が降る中の準備はなかなかに大変…
A venue was the International exchange training center (Log House). The preparation in rain was quite tough.
a0216706_13174496.jpg
お料理も到着し、そろそろ開始です。
The food's ready, it will be started soon.
a0216706_13243988.jpg
はじめに、アーカスプロジェクト実行委員会の会長・茨城県知事、橋本昌氏より、続いてアーカスプロジェクト実行委員会の副会長・守谷市長、会田真一氏よりご挨拶があり、
First of all, the chairman of ARCUS Project Administration Committee Masaru Hashimoto who is the governor of Ibaraki prefecture gave a greeting, and next the vice chairman Shinichi Aida who is the mayor of Moriya city.
a0216706_13252922.jpg
a0216706_13254185.jpg
アーティストが自己紹介のち、抱負を語りました。
ティモテウス・アンガワン・クスノ[インドネシア] Timoteus Anggawan Kusno [indonesia],
a0216706_13262412.jpg
ステファニー・ビックフォード=スミス[英国] Stephanie Bickford-Smith [UK],
a0216706_13263531.jpg
エドゥアルド・カシューシュ[南アフリカ] Eduardo Cachucho [South Africa]had a short speech.
a0216706_13265212.jpg
そして、アーカスプロジェクトアドバイザーであり、AIR2015の最終審査員としても関わっていただいた南條史生氏より激励のお言葉を頂戴し、感慨深いひととき。
And the Adviser, Fumio Nanjo who is the director of Mori Art Museum gave a speech with encouragement. He is one of juries for the final selection of this year's AIR program.
a0216706_1326498.jpg
ここで2010年度招聘アーティストのソンミン・アンからのメッセージ。彼はシンガポール出身で、アーカスプロジェクトでの活動後、守谷で制作した作品がシンガポールビエンナーレで発表され、シンガポール美術館に所蔵されました。その後も活躍し、この秋開催のイスタンブールビエンナーレなど、世界の国際舞台での国際展に出展が決定しております。先月、5年ぶりに再来日を果たしました。ちなみに映っているのは、その作品の短いバージョンです。
Before a toast, we had a short screening which showed a artwork by Song Ming Ang. He was invited as our resident artist in 2010. “Be True to Your School” created by him at that time in Moriya, is actually 5-channel video but we show its short version, a single channel. It was showed at Singapore Biennale, and then a collection of Singapore Art Museum. He became a remarkable artist after ARCUS, will be entered upcoming İstanbul Biennial 2015 in this Autumn.
We met him this May in Moriya, Thank you for coming back to Japan.
a0216706_1327993.jpg
乾杯!
ちなみに、アサヒビール株式会社からたくさんのドリンクをご提供いただきました。ありがとうございます。
Make a toast to our resident artists and all people supported us! with drink from Asahi Breweries, Ltd.
a0216706_13273242.jpg
a0216706_1328488.jpg
a0216706_19174364.jpg
a0216706_1918534.jpg
a0216706_13364699.jpg
最後になりましたが、今回司会を務めてくださった、一般社団法人コモン・ニジェールの福田英子さん。どうもありがとうございました。
Thank you for a wonderful compere, Mrs. Hideko Fukuda who is a representative of Comment Niger.
a0216706_1337259.jpg

素晴らしいフードは、 さくら坂VIVACE、 ハンスホールベック、 寿し屋の小平治 より。
また、今回は茨城の美味しいものを皆様にご紹介したいということで「茨城を食べよう運動推進協議会」から、常陸牛のローストビーフとシャインマスカット、県産ワインを提供いただきました。
Beautiful food from sakurazaka VIVACE, Hans-hohlweck, Koheiji as cooperation. They have nice restaurants in Moriya. And for this time, Ibaraki wo Tabeyou Suishin Kyogi Kai Which is the association to promote local food production presented some roast beef of Hitachi-ushi, shine muscat and wine in Ibaraki.

どうもありがとうございました。
Thank you for all people supported and visited!
[PR]
by arcus4moriya | 2015-08-21 22:36 | AIR | Comments(0)
8/20 オリエンテーション / The Orientation
皆さん、どうもこんにちは。藤本です。
本日レジデントアーティストたちは、オリエンテーションを受けました。茨城県庁国際課からカサンドラさん、守谷市役所からヨークさん、ルイーザさんにスタジオにお越しいただき、茨城県全体について、守谷市について教えていただきました。観光情報からゴミの出し方まで…!制作にも、生活にも有用な情報です。

Hello, everyone. Yumiko is writing.
Our resident artists had a orientation by Cassandra from Ibaraki pref office and Jörg, Louisa from Moriya city hall. It was the information about whole Ibaraki and specifically for Moriya. Tourist attractions, special products and even the guide for sorting and disposing of recyclable resources and waste! It should be very useful information both as residents and artists.

皆、真剣な表情で聞いております。
That's why they were listening with serious looks.
a0216706_16154471.jpg
a0216706_16161022.jpg


これから、日本での制作と生活が同時に始まります。
Their artistic activities and living started in Japan.
[PR]
by arcus4moriya | 2015-08-20 22:11 | AIR | Comments(0)
2015年度招聘アーティスト来日 / Resident Artists 2015 arrived
皆さん、どうもこんにちは。藤本です。
本日8月18日(火)、2015年度の招聘アーティスト3人が来日しました。今年は、インドネシア、英国、南アフリカから、ティモテウス・アンガワン・クスノ、ステファニー・ビックフォード=スミス、エドゥアルド・カシューシュを招聘し、8月18日から12月5日までの110日間アーティスト・イン・レジデンス プログラムを実施します。

Hello, Yumiko is writing. Today was the day that our resident artists arrived. 18th August. We have invited Timoteus Anggawan Kusno from indonesia, Stephanie Bickford-Smith from UK and Eduardo Cachucho from South Africa. Eduardo was living in Belgium, so he had his flight from there.

まず、成田に到着したのは、ティモテウス(インドネシア)。“アンガー”というニックネームです。
First we met Timoteus at the Narita International Airport. Please call him Angah.
a0216706_1824098.jpg

続いて、エドゥアルド(南アフリカ)。この表情、よくしています。
And next, Eduardo arrived. He often makes this a bit fanny smile.
a0216706_1813053.jpg

一旦2人を守谷のアーカススタジオへ送り、時間をあけて遂にステファニー(英国)の到着です。
We took two guys to ARCUS Studio in Moriya, and caught Stephanie at last.
a0216706_1818855.jpg

全員が無事に到着し、とりあえず一安心。アーカスプロジェクト、22回目(※プレ事業含む)のアーティスト・イン・レジデンス プログラムが始まりました。皆様、どうぞ彼らをよろしくお願い致します。

Eveyone had a safe journey. It made us relief, and meant 22nd (※Including a test term)AIR of ARCUS Project started.
They will spend special 110 days from today.
[PR]
by arcus4moriya | 2015-08-18 22:00 | AIR | Comments(0)
今年度アーティスト・イン・レジデンスがスタートします。
a0216706_1582412.jpg
いよいよ夏も残暑のはず...がものすごい暑さの本日、アーティストが続々と到着しています。
今年もこの季節がやってまいりました。
22年目を迎えたアーカスプロジェクトのレジデンスプログラムは、プレ事業の1994年、パイロット事業の1995年から2000年までの6年を含め、22回目となります。今年の応募の様子をご報告します。


2003年度に公募制を導入してからちょうど13年目を迎えた今年、世界からアーカススタジオでのレジデンスプログラムに参加したいと届いた応募者数は、昨年度よりちょっと減ったものの、御陰様で、
599組という数に達しました。
今回はユニット、または複数のメンバーでの応募(ひと組として換算)が増えたため、実際には600数十名の応募者(延べ人数)でした。

推移を見ますと、(*クリックすると当時の招聘アーティストが閲覧できます。)

2003年度:125名(37カ国・地域)のうち5名 
2004年度:180名(45カ国・地域)のうち5名
2005年度:246名(48カ国・地域)のうち5名
2006年度:281名(51カ国・地域)のうち5名
2007年度:304名(60カ国・地域)のうち5名
2008年度:350名(63カ国・地域)のうち4名
2009年度:401名(57カ国・地域)のうち3名
2010年度:426名(70カ国・地域)のうち3名
2011年度:174名(55カ国・地域)のうち3名
...無論、東日本大震災の影響を多大にうけたことは言うまでもありません。
2012年度:337名(63カ国・地域)のうち3名
2013年度:344名(47カ国・地域)のうち3名
2014年度:640名(78カ国・地域)のうち3名
2015年度:599組(81カ国・地域)の中から、3名招聘決定。←今ココ。
a0216706_1542739.jpg
(今年、デザイナーの木村稔将さんに作成していただいたリーフレットの一部より抜粋)
a0216706_15435353.jpg
今年度の3人を加えると、94人/30カ国・地域のアーティストがアーカススタジオで活動してきた計算になります。決して大きな数ではありませんが、着実に世界の国際舞台で活躍しているアーティストがこの門(ラテン語でアーカスとは門の意。)をくぐっています。
今年度は、応募してきた国・地域数が過去最大数の81カ国・地域に増加したことが特筆すべき点といえるでしょう。
昨年度滞在したキプロスやアルゼンチンのアーティストなど、滞在後に情報がその近隣諸国に伝わるようです。
そして今年は初めて、アフリカ大陸は南アフリカからのアーティストも選ばれました。


20年前、1990年代初頭の日本ではまだわずかな所でしか行われていなかったアーティスト・イン・レジデンス。
(1994年頃ですとまだFAXでやりとりをし、まだ何でもそろっているレオパレスのようなアパートもなく、携帯電話もない、オンライン応募もない時代です)時代とともに芸術表現のみならず、それを受け入れる土地も変化しています。


じわじわと日本でのアーティスト・イン・レジデンス(AIR)が世界でも認知されるようになり、国内外でのデータベースができ、インターネットの普及により海外からのアクセスがしやすくなったのが読めてきます。国内でも多くの地域でAIRが活用されるようになりました。

22年実施し続けた結果、その資料も膨大になっています。
作品を残すことに特化していない、アーカススタジオのレジデンスプログラムでは残された記録資料で時代背景・文化背景を読むことが出来ます。社会にどう反映されているか、どんなことを当時求められていたか。など、その貴重な記録を今後どのように活用していくかについては適切に整理しアーカイビングしていく必要性もあり、先日、P+ARCHIVEさんのインタビューにも答えさせていただきました。

アートプロジェクトを実施していく中で起こりうる出来事や経過を今後どのように日本のAIRの事例のひとつとして残していくか、が私たちの課題です。そのようなアーカイビングに興味のある研究者やアーティスト、学生さんやアートプロジェクトに興味のある方へもぜひ、アーカススタジオへ一度立ち寄っていただければと思います。
スタジオ見学も申込み頂ければ随時、受付けています。

守谷市内の方も、守谷市の広報もりや・図書館の掲示板や町内の回覧などで↓↓↓↓↓↓このチラシを目にした方もいるかと思います。少しでもご興味がありましたらどうぞお気軽にお立ち寄り下さい。
a0216706_1611932.jpg

[PR]
by arcus4moriya | 2015-08-17 14:44 | AIR | Comments(2)


S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
AIR
地域とアート
オープンラジオ
アーティスト・イン・スクール
HIBINO HOSPITAL
だいちの星座
ロッカールーム
アーカスの日常
スタジオ来訪者数
2009〜2010
未分類
外部リンク
検索
ARCUS Twitter
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧