<   2015年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧
HIBINO HOSPITAL vol.66 @アーカススタジオ
皆さん、どうもこんにちは。藤本です。
3月14日、HIBINO HOSPITAL vol.66 をアーカススタジオにて開催しました。ご存知、日比野克彦氏によるワークショップシリーズです。前回のvol.65からまだ3週間しか経っておりません!それにもかかわらず、たくさんのお申し込みをいただき、さらには連続参加の方が数組いらっしゃいました。
今回のテーマは…
a0216706_1812637.jpg
a0216706_17365822.jpg
「年度末企画会議」

文字通り、この場で参加者の方々と企画会議を行います。
参加者の年齢層は幅広く、4歳〜40代。日比野さんの導入のなかで、まずは子どもたちに「年度末」という概念の説明がありました。そういえば、子どもの頃って「年末」とか「年度末」とかってあまり考えた事がなかったような…。(黒板に子どもにとってわかりやすい説明があります。)
幼稚園や小学校での時間の区切り方が、生活の中での唯一の基準だった頃をにわかに思い出します。
a0216706_18214037.jpg
さて、「年度末企画会議」ということで…本日全員で取り組むことは、日比野さんの来年度の作品ためのアイディアを考えること(!)。会議なので、皆で話し合ったり、発表をする必要があります。
日比野さんの来年度は大変忙しいです。なぜなら、以下4つの場所で行われる芸術祭に立て続けに参加するからです!(驚)これは、想像を絶する忙しさです。

A 新潟 / 水と土が混ざっている所
B 十日町 (※新潟県) / 山の中
C 水戸 / 町
D 香川 / 島、海、浜

参加者はグループにわかれて、それぞれの芸術祭が行われる場所の特徴について想像し、知っている事があれば思い出す作業に入ります。ほとんどの人は行った事もない場所ですが、上記のようにに少しだけヒントがあります。やはり、まず場所の事を知ってからアイディアを出すことが大事です。
a0216706_18512165.jpg
話し合いの結果をグループごとに発表
a0216706_191350.jpg
a0216706_1921507.jpg
a0216706_1850813.jpg
次は、発表された様々なイメージをもとに、その場所にどんなものがあるといいか、夢でもいいからこんなものがあったらいいな、というものを考え、他の人に伝えられる様に絵で表現します。
a0216706_18565786.jpg
最初4つあったグループは合併があり、3つに減りました。それくらい難易度の高いことに取り組んでいるということですね。皆さん、苦労も含め、しっかり楽しんでいるようです。
a0216706_202724.jpg
a0216706_19144874.jpg


さて、グループごとにアイディアの発表です。
a0216706_19344572.jpg
a0216706_19353682.jpg
a0216706_19355546.jpg
子どもたちの集中が少しだけ切れてきているようです。なんせ、ここまでですでに2時間以上が経っています。でもまだまだ終わりません。もう一段階アウトプットがあるようです。皆で出し合ったアイディア(下記、3つの場所のための)を各グループ内で3つに絞ります。
・ 十日町 / 山の中
・ 水戸 / 町
・ 香川 / 島、海、浜

そして、それらのアイディアをもとに、なんと“茨城県内で芸術祭を行おう”という発想に転換し、ポスターを作成するというのです。茨城県内の「山の中」、「町」、「島」…茨城県に島なんてあるのか?リサーチ部隊がすぐに調べた結果、参加者もアーカススタジオスタッフも知らなかった二ツ島という、とっても小さな島がありました。
これで、それぞれの芸術祭のタイトルは決定です。

つくばさん芸術祭 (会場:山の中)

ちくせい(筑西)げいじゅつさい (会場:町)

二ツ島芸術祭 (会場:島)
a0216706_2073759.jpg
ポスターを作成します。大人も子どもも皆一斉に取りかかります。
a0216706_2075526.jpg
a0216706_1358960.jpg

いよいよ、最終発表です。
日が暮れ始めております。
a0216706_154588.jpg


つくばさん芸術祭
地元のお米の「おにぎり券」 / 360°パノラマ「とうめい電車」 / 自然の音とのコラボレーション「山の中の映画祭」 (※チケットは、はっぱを持参してください!とのことです。ロマンチックですね。)
a0216706_14185375.jpg


ちくせいげいじゅつさい
「てっとうのあるゆうえんち」 / 「いきさき ロード」 / 「よるのみすてりーばす」(※観客は行き先を知らない状態で乗り、もとの場所に戻ってこれるかどうかわからない、というかなりチャレンジングな作品。)
a0216706_1491065.jpg


二ツ島芸術祭
「うわさのそうじきサーフィン」 / 「泡からうまれた灯台」 / 「空飛ぶビスケット」(※ビスケットがもともと空を飛んでいるわけではなく、マシンから飛び出す大きなビスケットを観客がバットで打ち飛ばすらしい。しかし、ビスケットは打った瞬間に砕けて粉々になってしまう、とのこと。その不毛感はぜひ体験してみたい。)
a0216706_14242255.jpg


気付けば、予定時間を大幅に過ぎておりましたが、皆さんの充実した笑顔が素晴らしいです。皆さん、この中から、実際に作品が生まれたらどんな風かなぁ、と想像しながら帰ったのではないでしょうか。
a0216706_14521636.jpg

今回のワークショップは、参加者自身がアイディアを生み、練っていくという、参加者全員のクリエイティビティを刺激する、構築的な内容でした。
3時間半という長い時間の中でいくつものステップがあり、時間の経過とともに、参加者同士の関係も徐々に近づいてゆき、最終的にはチームそれぞれのカラーが色濃く反映された結果が残りました。芸術を介して、知らない人同士があっという間に、もしくは時間をかけながら自然と繋がりを形成していく様子は、いつみても不思議です。それが日比野さんの実力だと思いました。しかし、アーカススタジオという、この場所にも何か特別な空気が流れているんだとも、改めて思いました。




(ちなみに、本日のアーティスティックな行為。)
a0216706_1448870.jpg

[PR]
by arcus4moriya | 2015-03-14 22:58 | HIBINO HOSPITAL | Comments(0)
「大木裕之と過ごす私の守谷・茨城、日常的妙。」第3回:西尾さん
皆さん、どうもこんにちは。藤本です。
〈映像作品のための連続/断続的ワークショップ〉大木裕之と過ごす私の守谷・茨城、日常的妙。
第3回目が、2015年3月9日参加者西尾さん(守谷市在住)アテンドで実施されました。
第1回:アメ子第2回:河合さんのブログもぜひご覧ください。

天気は小雨、気温は低め。町全体がしっとりと雨に包まれていました。
ここからは、西尾さんが事後に記述したメモで活動をご紹介します。


西尾さん記述:
- 弱い雨が降り始める中、散策開始。谷津田(※谷津とは谷にある湿地を意味し、主に関東地方に多く見られる小規模な谷にある。)の方に降りて行く。小貝川まで続く湿地帯脇の小道をテクテク歩く。葦や藪の中に柳やニセアカシアが自生する地域で、守谷で一番好きな場所。
a0216706_1361490.jpg

a0216706_1343644.jpg

a0216706_1761647.jpg

- 細い車道に出て、みずき野方面に歩く。途中、小さな鳥の資料館で保護または飼われている猛禽類の鳥を見る。一羽ずつ金網で覆われた小屋の中に居たのだが、不意にやってきた我々が怖かったのか大きな鳴き声をあげ警戒していた。
「逃げ場がないから怖いんだね。」
と大木さんが言ったことに少し驚いた。失礼ながらそんな風に思う方には見えなかったから。
a0216706_1792238.jpg

- 榎の大木のところまで来た。古い木で、たしか市内でも有名な木だったと思う。その風景なのか、家の佇まいなのか周辺を見渡して大木さんが、「インドを彷彿させる」と言った。
私はインドを訪れたことがないのでよく分からなかったが、街中や住宅街、農村といったネーミングで表せないものなのかな、と理解した。私にとっての暮らしの風景はまさにそういったものだと思う。
a0216706_11454129.jpg
a0216706_11455771.jpg
a0216706_17102876.jpg

- 数年前に開通した郷州沼崎線(一般道)にたどり着き、そこから 駅方面を確認する。ずい分歩いてきたようだが意外とそうでもない。近くのコンビニで買い物。雨が降っていたので軒下でちょっと休憩、皆それぞれ飲んだり食べたり。普段は車での移動が多いため、そんなふうにすることはない。なんだか旅先にいるようで楽しかった。
a0216706_17101584.jpg

- 城址公園裏にある谷津田の葦原に向かう。途中、小さな祠がある神社に立ち寄る。天蓋を作るスダジイの葉の間からこぼれる光が不思議な空間を作り出している。雨が心地よい。
庭に烏骨鶏を飼うお宅の横を通り葦原に。烏骨鶏は真っ白でとてもかわいらしい鳥、小さな卵を生む。
谷津田を見渡すとかなり広がっている。もうすぐ小貝川にあたる。ここは守谷の地形を代表する場所だと思う。
a0216706_1115526.jpg

a0216706_112952.jpg

a0216706_1122925.jpg

a0216706_113463.jpg
a0216706_1132222.jpg

- 守谷城址にはいる。詳しいことは知らないが、かつては入り組んだ地形を生かし出城(※本城のほかに国境などの要害の地に築いた城。枝城。)として使われていたらしい。大木さんが、その場にある樫の木の木肌に興味を引かれたようだった。これまた見慣れたものだったので、私には、そのこと自体が興味深く思えた。
a0216706_1134425.jpg
(日本酒をまく大木氏。)
a0216706_1135970.jpg

a0216706_12422100.jpg

- 公園を抜け、一途帰り道に。雨が強くなってくる中、家に向かって黙々と歩く。ふいに大木さんが、見えてくるお店を指して、なにを売っているのかと聞いてくる。よくよく聞いてみると何かを買いたいようだ。地域と消費について興味がある(正確な表現ではありません、ごめんなさい) のだという。私がそう思うのは旅している時。古くからあるお店に入り、それぞれ買い物をする。入ってみようとすら思っていなかった店で買い物をするのは新鮮だった。
その後も近くのスーパーで買い食い。ふふっ、と思わず笑ってしまう。
a0216706_17413930.jpg
a0216706_1742362.jpg

a0216706_11451586.jpg

a0216706_11454744.jpg

- その後はまた黙々と歩き終点へ。大木さんが途中の横道に興味を示したので、行きますか?と尋ねたら、いやいやいやいや…と。それはそうよね。私だけが土地勘があり距離を理解しながら歩いていたのだから、一体どこまで歩くのやらと思っていたことでしょう。大木さん、藤本さん、お疲れ様でした。


[感想]
詩のように暮らしたい、といつも考えている。でもなかなかそれができないのが日常で、なんだかバタバタと過ごしている。大木さんと歩いていると、日常は、(私が思う)詩のようなものに満たされていて、そのひとときを感じる瞬間が自分にあるかどうかだと改めて気づかされる。よき日でした。





藤本による追加:
最後に、西尾さん宅で西尾さんのこれまでの話や、ここ守谷での話。
a0216706_1146240.jpg

西尾さんに別れを告げ、教えていただいた近くの沖縄料理屋でプログラム全体の話を膨らませる。今日は守谷・インド・沖縄が大木さんの中で絶妙に繋がっていく瞬間を共有出来たように感じ、私にとっても大変興味深い1日だった。
我々も大木さんのように、過去の出来事(大きな事から些末なことまで)と現在起こっていることを、たゆまぬ努力により日々関係づけ、普遍的なテーマのもとに「日常」を過ごすことができたらどんなに素晴らしいか…。それが徹底していれば我々も “アーティスト” と名乗ってもいいのかもしれません。でも、それを作品に昇華できないと “アーティスト” とは認められないでしょう。
あらためて、アーティストで居続けることは、限られた人々に与えられた特殊技能と努力に依るものだと感じました。

…というわけで
2015年度も映像作品の完成に向けて活動は続きます。よろしくお願い致します!

a0216706_11461288.jpg



〈映像作品のための連続/断続的ワークショップ〉大木裕之と過ごす私の守谷・茨城、日常的妙。2015第1回につづく。                                                                                                                                                                                                                                                                                


                                              
                                                                    
[PR]
by arcus4moriya | 2015-03-09 22:19 | 地域とアート | Comments(0)
3月7日もりや座撮像日。その1−アーカススタジオの巻
a0216706_23514188.jpg
こんにちは。石井です。お待たせしてしまいました。年度末です。2月7日からはじまった、だいちの星座プロジェクト。いよいよ最終の守谷市内12カ所で撮像する「もりや座」の撮像日を一ヶ月後の3月7日に迎えました。今年度最後で最大の規模数で実施された「もりや座」のご報告です!(きっとまだこの回だけでは終わりきらないと思いますがとりあえず行ってみよう!)

あいにくのどんよりとした雲りの日でしたが、だいち2号は大丈夫。
今回は「もりや学びの里」で行われた関連企画「人間リフレクタで写ってみよう!」の様子をご報告。前日金沢から守谷入りした鈴木先生はなにやら特別に何か用意していました。前日はものすごく寒かったですね。このラインは私たちアーカススタッフが引いたんです。どんな構成でリフレクタを配置するかを先生方に計画してもらいました。市内で各チームもいろいろ考えたことと思います。そして当日の朝からJAXAの大木さんが学びの里運動広場で用意を始めます。
a0216706_2354950.jpg
a0216706_2356454.jpg
a0216706_2356424.jpg
あれ。なんだか金網とパイプの間隔が...?
a0216706_23573699.jpg
で....
a0216706_23583142.jpg
でっかーーーーーーーーい。
a0216706_01543.jpg
つくば座では角度の調整を試していたお二人は、今回、2倍の大きさとCR同士の間隔をテストされるようです。高さ2m。結構な大きさです。
a0216706_033658.jpg
ひとつひとつ微調整が始まります。
a0216706_055848.jpg
a0216706_08027.jpg
どこをどう調整しているのかというと...99度の角度です。
a0216706_0131786.jpg
a0216706_0155760.jpg
こちらは4つのCRが狭い間隔で配置されたバージョン。
a0216706_0172072.jpg
...つくば宇宙センターの時にも劣らないくらい、ガチです。
a0216706_018271.jpg
a0216706_0202376.jpg
真剣なお二人の向こうで、なにやらキラキラする人たちが......会場には続々と参加者が集まってきました。入口で誘導するスタッフもキラキラしながらお出迎え。
a0216706_07616.jpg
a0216706_05248.jpg
受付で人間リフレクタに参加する方々がポンチョを借りて早速着てもらいます。
a0216706_024171.jpg
a0216706_0252440.jpg
a0216706_0362488.jpg
a0216706_0261785.jpg
a0216706_027249.jpg
a0216706_0281770.jpg
さぁ、リフレクタの設置も完了!あとは天気がもつのを祈るばかり!
a0216706_034743.jpg
鈴木先生、準備はいいですか〜?
a0216706_0332818.jpg
続々とキンキラキンの人たちが集まりました。
a0216706_0371492.jpg
a0216706_0382055.jpg
a0216706_0425071.jpg
わかってはいましたけど、やはり何かの秘密結社みたいですね...w
a0216706_0395612.jpg
いよいよ10:30よりプログラムのスタートです!初めて参加する方が多いので鈴木先生と大木さんから今回のプログラムについての解説から始まります。
a0216706_0435777.jpg
a0216706_0442125.jpg
a0216706_0505651.jpg
a0216706_0515961.jpg
今回もニコニコ生放送の中継が始まりました。
a0216706_0462074.jpg
だいち2号が通過しながら私たちを撮像する方角はあっち!
a0216706_0584539.jpg
あの高い木のある方向です。なんだかあの木のてっぺんも指差してくれているように見えますね。
a0216706_0531732.jpg
さて、撮像時間の11:36まで天気はもつかなあ?

......とここまでで、一息しましょうか。続きが待ちきれない!という方はぜひこちらをどうぞ☆
ニコニコ動画で生中継された様子はこちらで視聴することが出来ます。当日は700名越えの視聴者が全国でこの様子をご覧になってくださったそうです。ありがとうございました。

「だいちの星座プロジェクト-つくば座・もりや座 関連企画『人間リフレクタで写ってみよう!』」
動画:NVS

11:25まで雨がひどくなって退散しました。一度参加者全員退避してBBQ場にいたのですが、その間、ニコ生(NVS)さんはコーナーリフレクタの反射する仕組みを番組内で詳しく説明してくれています。どうぞご覧くださいね。

そして4月1日(水)に、NHK水戸放送局で18:10頃より、今回の「だいちの星座プロジェクト」のまとめとして番組で紹介していただけることになりました。茨城県域放送なので、守谷市内ではご家庭のアンテナの向きによりご覧いただけると思います。(急遽、事故や事件のニュース等で放送されない場合もありますのでご了承ください)


.........そして私たちはその間、突然の雨で何をしていたかというと...そして守谷市内の他のチームはどうしていたのかというと....続く。
[PR]
by arcus4moriya | 2015-03-07 07:48 | だいちの星座 | Comments(0)


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31