<   2015年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧
「大木裕之と過ごす私の守谷・茨城、日常的妙。」第2回:河合さん
皆さん、どうもこんにちは。藤本です。
「〈映像作品のための連続/断続的ワークショップ〉大木裕之と過ごす私の守谷・茨城、日常的妙。」
第2回目が、参加者河合さん(守谷市在住・24歳)アテンドで実施されました。
2015年2月28日の出来事です。この日、大木氏は福島での撮影を終えてからの来守谷でした。
今回も前回に引き続き、河合さんが事後に記録した文章に沿ってご紹介します。
a0216706_12233212.jpg
(※この日わたくしは、主に移動中、車でお2人のあとをつけるというスタイル。車のガラス越しに動向をうかがっておりましたので、移動中の記録がストーカー的目線の写真で構成されていることを予めご了承ください。)

河合さん記述:
①ARCUS→守谷SA→四季の里公園
自転車で移動、守谷SAで昼食、茨城大勝軒、つけめん、大木さんの事前の話により決定。
2014年3月リニューアルオープン。2014年3月以来。
a0216706_18222474.jpg

a0216706_18223439.jpg

a0216706_17112785.jpg

昼を食べる。前回、兄と来た時の会話を思い出す。
守谷やさい村、キティちゃんの自販機、前のSAのなんでもある食堂のイメージと今のSAのどこにでもありそうなフードコートなイメージの違い。
昔、鉄の扉。今、オープンな入り口。家族構成。妹。
大木さん、レンコンの入ったパン、300円。
a0216706_17192374.jpg


四季の里公園。イバライガーの自販機を通過。日本通運(元コダック)ビル脇の道。
鯉、アヤメのない池、あまり奥まではいかず。よく晴れた。雲がない。
餌をやらなくても集まる鯉。なんとなく鳥を撮ってみる。
a0216706_1833928.jpg

a0216706_18332962.jpg

梅の木、あまり咲いておらず。
a0216706_18345045.jpg

a0216706_18341668.jpg

a0216706_18343546.jpg


②四季の里公園→家→レストランテ・ジェノ
家に歩いて向かうことに。
一人暮らしの話、水戸にいた話、大学やめたとか。
ここまで何度かARCUSの方向など確認。
a0216706_19133717.jpg

a0216706_19144679.jpg

a0216706_1915076.jpg

家到着、自転車を片付ける、家の中までは入れず。犬の名前。冷蔵庫の中チェックは許さず。
a0216706_19152244.jpg

歩いてレストランテ・ジェノへ。
高橋・飯塚・海老原など旧家を話す。
a0216706_19154313.jpg

a0216706_1916327.jpg

やたら大きな音で閉まるとトビラ。ジェノ、大木さんハンバーグ、ケーキセット500円。外税。
メニュー壊れてる、味はまあ、そとの荒れ具合が気になる、店長のことが心配。
コーヒーマシンのセルフ。山椒が化学調味料だ毒だと間違われたという張り紙。説得感。
大木さんの話、なぜかあまり覚えていない。
LLENO?ジェノ?
a0216706_19162671.jpg
a0216706_19164689.jpg

a0216706_1917913.jpg


③レストランテ・ジェノ→車両基地脇を通過→守谷駅
閉店した100円ローソン。新守谷駅。開智学園。
時間があれば歩きたかったところ。
守谷駅東口、常総線越える、いばしん裏、知り合いとニアミス、気づかず。
守谷駅、ロバ?ロマ?来るまでに通過してきた乗馬クラブ。入会金高し。
a0216706_19181049.jpg


歩道わき、欄干、座る、しゃべる、西日が印象的。
なんとなく守谷は西日が良く見える気がする。
今年の抱負、「記録を多く残す」
a0216706_19242893.jpg

a0216706_19244899.jpg

コーヒーファクトリー、大木さんPC取り出す。
店のそとのPC眺める、音声なし、音声が気になる。
福島とアフリカあたりの交錯が興味ぶかい。
a0216706_1925710.jpg

a0216706_19252552.jpg
(※大木さんのパソコンを外に放置して盗まれないか、ヒヤヒヤする藤本。)
a0216706_19254491.jpg
(※しかしガラスをはさんでみると、なぜか客観的な態度で鑑賞することができる。)
a0216706_1926413.jpg

大木さん、次の予定へ。
a0216706_19263411.jpg


・感想
当初、守谷の行く場所の説明なり行く理由などが必要なのかと考えており、プランを立てる際にも自分の中にテーマをもって構成していた。その分、当日の個人の考えを抜きにして、普段から散歩なりしている場所をただ歩くというのは意外に感じた。予定通りいくことはないだろうと考えていたので、困惑することもなく、その場に応じて行く先を変えていくのは日頃からやっていることでごく自然であり、常に意識している「流れ」とか「素の部分」が見えるようでもあった。行った場所に意味をもたせるとすれば「人の集まる場所」「開発の進んで行く様子」「点在する大型施設」などさまざまな意味をもたせられるが、今回はそのような意味は必要なく、表題のとおりの日常的な部分を見せることが多かった。


河合 幹貴


「大木裕之と過ごす私の守谷・茨城、日常的妙。」第3回:西尾さんにつづく。                                                                                                                                                                                         
[PR]
by arcus4moriya | 2015-02-28 23:19 | 地域とアート | Comments(0)
View the feedback of 2014 resident artists!
Seyit Battal Kurt

After several weeks of official meetings and warm receptions in Moriya and Tokyo that ARCUS had organized for us, I finally settled down and had time to go out and explore the nature, and see the surroundings of the city of Moriya.
One of my aims while I was staying at ARCUS was to do research on farmers in Moriya. For several years, I have been researching on histories and context of local communities through sustainability of agriculture and how farmers are looking at the food system.

Accompanied by constant singing of the crickets (day and night), most of the time I felt like being in a setting of Hayao Mizayaki’s movie. With this mixture of amazement and the longing for discovery, I started to meet people and their relatives who are engaged in farming, agriculture and gardening. In the beginning, packed with camera equipment, I was walking or biking around the streets to meet people working in their gardens and farms, hoping to make some video recordings and interview them. Although I prepared a questionnaire paper which was written in Japanese and English with me, soon enough I realized that visiting them on my own would not work, since I could not communicate with the people in Japanese and most of them could not speak English.
With the profound assistance of the ARCUS staff and some volunteers, I was able to meet some farmers and diverse individuals in their daily living and could have in-depth interviews with them on topics ranging from ecology, farming, sustainability, cultural identity, family structures, and the Second World War experiences to the unique connection between mathematics and farming. Sometimes, I would encounter someone who wished not to talk about farming, but instead wanted to tell me an old fairytale, and I would record those different perspectives spanned from personal memories as well.

Beside my research and work, the most amazing thing was the friendly attitude of people in Moriya and Japan towards me and other residency artists. It was a great pleasure to work with ARCUS staff and everyone who were involved in the program: from the volunteers to people working for the city of Moriya, and every single person I met during my stay in Moriya. It was impossible not to fall in love with the people and the beautiful nature of Japan. I am very glad and thankful to ARCUS for providing me the opportunity to stay in Japan and experience the live here, and to make it possible to accumulate wonderful video portraits of people who are engaged with agriculture and keeping a relationship with the physicality of the earth.
The project is ongoing and I am planning to extend this research to other counties to define how agriculture is changing and how it is reflecting the production and consumption of our everyday food, and how efforts of farmers is understood by different people, communities in various areas in the world.

Seyit's studio:OPEN STUDIOS 02




Florencia Rodríguez Giles

The experience at Arcus Studio was truly interesting and inspiring at several different levels. The research that I conducted, the cultural and natural environment, as well as all the new people I met, constituted rich sources of new experiences that I´m still processing.

I would like to stress that it was the first time that I lived and worked on the outskirts, in a very peaceful place surrounded by nature and subtracted to the overwhelming cultural and entertainment market of the big cities. This situation provided a particular lifestyle that allowed me to be fully concentrated on my project while entertaining at the same time rich relationships with a whole community of people (the staff of Arcus Studio and their contacts, the invited curator, the artists in residency, the local people, etc).

Since my proposal was to explore new kinds of intersubjective and communitarian relations based on the collectivization of the oneiric life, I was completely dependent on the support of the Arcus staff and they responded to my requirements in a highly efficient and enthusiastic manner. Indeed, the coordinators of Arcus Studio were extremely helpful in establishing the required nexus with the local people, contacting persons that I needed to meet regarding different aspects of my project (a Noh Actor, a family of Yamabushis, the owner of a Kimono Textile Factory, etc), fixing the whole schedule, and helping me to apply the protocol rules on which my project was based. They also constantly shared their impressions and ideas and were productively critical regarding my project and the public presentations I made. They provided so much support and interest that I had the feeling that my project was not my project but a goal shared and pursued by all of us.

Furthermore, I would like to mention that I made an open call inviting local people to participate in this project. The fact that the resulting group of people was quite diverse as to their ages, professions and life experiences enriched my work by opening unexpected perspectives. At the same time – in spite of these differences – they were all Japanese, which means that they shared certain patterns in theirs mode of expression (body language, gestuality, temper, etc.) that significantly differed from my previous experiences with Argentineans. It is also worth mentioning that the communication problems that I had at the beginning of the project (since I do not speak Japanese) led me to develop new strategies that enriched my project with new faces.

Florencia's studio : OPEN STUDIOS 02
Florencia's activity “Practice” : OPEN STUDIOS 02






Constantinos Taliotis

The Japanese are crazy about statistics. If you are traveling in Japan, Moriya is the last place you would like your car to break down in. In the unlikely event that you have to spend a day in this small town north of Tokyo you only have two options: either eat the most expensive pizza on earth or spend a whole day in the most humongous Joyful Honda in Asia, a superstore where you can buy anything from fish vaccines to death certificates, or die looking for them. If you also have to spend the night in Moriya, you probably took the wrong turn…in your life.

I spent a hundred days and nights in Moriya and every single one of them was great; thanks to ARCUS. I arrived when the summer humidity was at its highest point and left right in time before winter’s snowfall. I survived four earthquakes and typhoon Vongfong. And yet I wished I could stay longer in Moriya. At ARCUS I found an exciting vista of inspiring, infinite and efficient creativity, an environment that encouraged and facilitated uninterrupted research initiatives with impressive accuracy and a unique mechanism of generating motivation both for the invited artists and the local community. ARCUS is a fascinating and beautiful planet full of the most unexpected surprises. Next time I am traveling through Japan I know where I want my car to break down.

Constantinos' studio : OPEN STUDIOS 02
[PR]
by arcus4moriya | 2015-02-27 16:16 | AIR | Comments(0)
HIBINO HOSPITAL vol.65 @茨城空港
HIBINO SPECIAL からの報告によると
本日2月21日
茨城県上空に納豆菌が発生しました。
大豆が乗客の藁で出来たひこうきを作成して
空をめざし 
空で納豆に。

《出発のご案内》
茨城空港
DEPEARTURE TIME 2015/02/21 PM5:00
ARIVAL TIME 空で納豆になったら・・・帰ってくる。



a0216706_17342887.jpg

皆さん、どうもこんにちは!藤本です。
本日2月21日、HIBINO HOSPITAL vol.65を開催しました。上に記したのは日比野克彦氏が今回のワークショップの導入で参加者に渡したテキストの一部です。
なんと会場は茨城空港です。
1999年から始まったHIBINO HOSPITAL。これまでに64回の創造的なワークショップが行われてきましたが、空港での開催は初めての試みです。
しかも、制作する場所は「国際線チェックインカウンター前」。ロビーやショップ前などの空きスペースではない、というところがすごいではありませんか。メインエントランスからとても近い理想的な場所です。国際線の運行が終了した後に使わせていただきました。

ヒビノホスピタルにおいては、もはや伝統ともいえますが、ワークショップのタイトルは当日現場で明かされます。つまり参加者は、何をするのかほぼヒントもない状態で参加申し込みをし、会場へやってきてくれるのです。これってよく考えたらすごいことです。アーティスト日比野克彦氏の吸引力の凄みを感じます。

そして、今回のタイトルは「納豆ひこうき」。
制作の前に、会議室で日比野氏からワークショップのイントロダクションがありました。毎回制作の前にしっかりとこういった時間を設けることは重要だと改めて感じました。

取り出してみせたのは、普通の「藁納豆」。これを眺めて、日比野さんは語りだします。
「これって...何かに見えるよね?これに何かがついたら、飛びそうだよね。」
最初に渡された文章を読み上げながら、日比野さんはおもむろにその藁納豆を掲げます。
しかし、[茨城=納豆=藁=飛行機...]という単純なイメージのみによるアイディアではなさそうです。
a0216706_18522583.jpg

移動して、いよいよ制作開始です。
藁・たこ紐・針金を使って、自分なりの納豆ひこうきを作ります。
a0216706_1972168.jpg
a0216706_19122712.jpg

a0216706_19124566.jpg

a0216706_19135711.jpg

見学も自由です。
a0216706_16585195.jpg

藁の扱いはなかなか難しかったようですが、皆さん、飛行機の形状の再現に苦労しながらも、オリジナリティを発揮しています。
a0216706_20464032.jpg

a0216706_12133239.jpg

a0216706_16535722.jpg

大豆が乗客です。
a0216706_20512416.jpg

こちらでは、納豆ひこうきを飛ばすための準備が着々と行われています。
a0216706_172924.jpg

a0216706_1655373.jpg

作り終わった人は、まず自分の作った納豆ひこうきと同じくらいの重量のものを会場で探します。交渉が成立したら、針金の両端に吊るして、バランスを確認。
a0216706_20303786.jpg

さらに、4個、8個、16個とバランスを調整しながら繰り返します。
a0216706_11443642.jpg

そしていよいよ、空港の天井から吊るす作業に入ります。
a0216706_1152891.jpg

a0216706_1231662.jpg

a0216706_1647786.jpg

遠くから見ると、本当に納豆のような納豆ひこうき
a0216706_12185233.jpg

近くで見ると、それぞれの思い描く飛行機の形をした納豆ひこうき
a0216706_12175911.jpg

a0216706_1220147.jpg

a0216706_16522680.jpg

完成後、日比野氏のまとめがあり、参加者の皆さんと記念撮影をしてプログラムは終了。たくさんの参加者の方々が後片付けまで手伝ってくださいました。

参加者の皆さんが帰ったあと、日比野氏は長い時間をかけてモビールのバランスの微調整や、細部の修正を丁寧にされていました。それはスタッフと関係者しか知らない、アーティスト日比野克彦氏の姿でした。

ご参加くださった皆様、ご協力くださった茨城空港の皆様、本当にありがとうございました。
a0216706_1227424.jpg

[PR]
by arcus4moriya | 2015-02-21 21:47 | HIBINO HOSPITAL | Comments(0)
2月21日つくば座撮像日。
a0216706_11311168.jpg

こんにちは、石井です。大変お待たせしました。
2月21日は、いよいよ待ちに待った「つくば座」撮像日
アーカススタッフはJAXA筑波宇宙センターにいました。鈴木先生はこの日、筑波大学のチームと一緒に撮像しました。そして市内あちこちで同時に撮像にチャレンジします。
a0216706_199814.jpg

今日はなんていいお天気!! JAXA筑波宇宙センターにはレクチャーのあった棟の後ろに、広大なサッカー場があります。なにやらキラキラと輝く光が。ここでは宇宙少年団つくば分団とJAXAのチームが撮像しました。朝早起きして分団の皆さんは簡易でオリジナルのリフレクタ(CR:Corner Reflector)を製作した様子。1mサイズのCRの間にかわいらしくキラキラ光るものが見えます。
a0216706_1139201.jpg
a0216706_1037968.jpg
a0216706_10521874.jpg
a0216706_1131935.jpg
な、なにやってるの...
a0216706_1134093.jpg
a0216706_1164055.jpg
さすが宇宙研究のお膝元、気合いがハンパないです...これには驚きました。9個のCRの回りに小さな手作りCRと、背後にはサッカーゴールでできたCR!他にも様々なチャレンジングな「星になる装置」が構成されていきます。
a0216706_1175749.jpg
一方で....。
a0216706_11175267.jpg
a0216706_11102835.jpg
最終確認に余念がないのは開発員の大木さん。全てのCRの仰角を変えて撮像してみる、という実験も兼ねて角度の調整中。
a0216706_11115240.jpg
わかりますか?ちょっとずつ角度を変えています。そして走る走る...
a0216706_11131343.jpg
段ボールとアルミシートでどれだけ輝くか、そのサイズも様々なつくば分団チームは写り方についても相談し合い。。
a0216706_11143232.jpg
若干余裕さえ感じます。
a0216706_1115092.jpg
a0216706_11273444.jpg
さぁ、CRの配置が終わったところで、JAXAチームも人間リフレクタの用意を。この頃で既に11時頃です。
a0216706_1128132.jpg
このように羽織るだけ。100円ショップで売っている防寒アルミシートです。
a0216706_1129787.jpg
用意は準備万端、あとはだいち2号が東の99度から11時36分に撮像しにくるのを待つだけです!
a0216706_11295359.jpg
さぁ、来ますよ!11:20分頃からもう動かないように!という指令がきます。
a0216706_114350100.jpg
子どもたちはのどかにサッカーゴールの裏でくるのを待ちます。。。大木さんが今どこを飛んでいるかを教えてくれます。
『現在オホーツク海を過ぎました....北海道........東北に入ってきました...まもなく関東に来ます』。。。その間隔が短くて、いかに「だいち2号」のスピードが速いのかがわかります。でもこちらから肉眼では見えない、地球を見ているセンサが近づいてきていると思うとドキドキしました。↓ココが今来ている瞬間です。では同時に他のチームの様子をみてみましょう。
a0216706_11481154.jpg
谷田部(やたべ)中学校
a0216706_11495178.jpg
軽トラにCRを積んでドラム缶と寸胴も用意してきた筑波山麓星組!
a0216706_11515963.jpg
a0216706_11534042.jpg
a0216706_12164250.jpg
桜中学校
a0216706_11571223.jpg
木製枠のCRが増えている!筑波研究学園専門学校
a0216706_12124082.jpg
あれ、撮像の瞬間は乗っかってないですよね?な、つくば市役所チーム。
a0216706_12243994.jpg
筑波大チーム「結プロジェクト」チームはこちら。恐らく撮像終了の瞬間? 感動の達成シーンの模様。時間は11:37を示しています。
a0216706_12391813.jpg
a0216706_12395455.jpg
つくば座チームによる撮像は無事終了しました。
この「つくば座」の撮像結果はどうぞ4月18日に公開されるJAXA筑波宇宙センターの特別公開日でご覧ください。もしくはアーカススタジオでのドキュメント展(4月18日(土)〜5月23日(土))でも、全チームの様子をもらさずドキュメントとしてお知らせします。

ファン!ファン!JAXA!さんではこの日の様子が報告・紹介されていますのでぜひご覧くださいね。「筑波宇宙センター[開催報告]だいちの星座プロジェクト〜つくば座の巻〜
撮像の速報での結果(JAXAのみ)がご覧いただけます。『JAXA筑波宇宙センターの本気』に驚いて下さい(笑)
a0216706_12491532.jpg
皆さんお疲れさまでした!来月の3月7日はもりや座撮像日です!
[PR]
by arcus4moriya | 2015-02-21 19:07 | だいちの星座 | Comments(0)
いばらきアートプロジェクト円卓会議 シンポジウム「地域×アート」
皆さん、どうもこんにちは!藤本です。

2月14日(土)に、
いばらきアートプロジェクト円卓会議2014
「地域×アート」茨城のアートプロジェクトのこれから

というシンポジウムに、ARCUS Project チーフコーディネーター朝重がパネリストとして参加させていただきました。(主催:茨城県水戸生涯学習センター 共催:MeToo推進室、水戸商工会議所)

パネリストの皆様。左手から順に、
取手アートプロジェクト、奥村圭二郎さん。
アーカスプロジェクト、朝重龍太。
水戸のキワマリ荘、松本美枝子さん (田中マイティさんの代わりに登壇)
常陸太田アーティスト・イン・レジデンス、ミヤタユキさん。
そして、本日のモデレーター、中崎透さん。
a0216706_1428781.jpg
(今、気付きましたが、アーカスプロジェクト以外は団体名に拠点の地名が入っているのですね。「団体名」のみから受け取る事ができる情報量の違いも興味深いです。今のところ、情報量が最も少ないのは、断トツでアーカスプロジェクトと言えるでしょう。)

ちなみに、中崎さんはアーティストであり、MeToo推進室のメンバーであり、水戸のキワマリ荘の中にある「遊戯室」を運営しており、2008年にアーカスプロジェクトで「Parallel School/パラレルスクール」を実施したNadegata Instant Partyのメンバーであります。
a0216706_2173249.jpg


今回参加した全ての団体の拠点が茨城県内ですが、お互いの活動は知っているが、度々訪れるのがなかなかに難しい、という関係の4団体でした。こういう機会に集まれることは貴重です。

会場も人でいっぱいになってきました。そろそろ開始です。
a0216706_20323351.jpg


中崎さんの軽快なトークが、会場に一体感を生みます。
a0216706_21254191.jpg

a0216706_2028498.jpg

4団体はこのシンポジウムの前に、それぞれの回でトークを実施しておりました。しかし、中崎さんの「その4回のトークを全部聞いたよ、という人ー?」の問いかけに手を挙げた方は0人だったので、「そりゃそうですよね。」ということで、各団体の紹介タイムが設けられました。
そこから、話が少しずつ広げられてゆき、具体的なトピックになる。そのように話が進んでいきました。

トピックは流動的でした。
アーティスト、作品、オーガナイザー、鑑賞者
の理想の関係について考えさせられる会でした。
[PR]
by arcus4moriya | 2015-02-14 22:01 | 地域とアート | Comments(0)
いばらきアートプロジェクト円卓会議 04 | ARCUS Project
皆さん、こんにちは!どうも、藤本です。
本日、2月11日(水・祝)は、
いばらきアートプロジェクト円卓会議2014のプログラム04 | アーカスプロジェクト の回。
チーフコーディネーターの朝重龍太がアーカスプロジェクトの活動をプレゼンさせていただきました。ごく一部ですが、紹介させていただきます。

主催は、水戸を拠点に活動されているMeToo推進室です。
会場は水戸駅からほど近い cafe zakka gallery MINERVA。ガラス張りの素敵な空間でした。

お客さんも集まり、そろそろ始まる模様です。
聞き手はMeeToo推進室の寺門義典さん。
a0216706_1971953.jpg

プレゼンがスタートしました。
a0216706_19123192.jpg

プレ事業スタートから数えるとアーカスプロジェクトは今年度で20周年を迎えました。一言で20周年と言うのは簡単ですが、こういったアートプロジェクトが20年続くというのは大変稀な事です。複数の奇跡と、大勢の人の情熱が積み重なって歴史は形成されております。
a0216706_1915712.jpg

a0216706_19222278.jpg

a0216706_19233255.jpg

今年度の招聘アーティストの活動事例の紹介。
a0216706_2021448.jpg
a0216706_2022955.jpg


続いて、アートと地域をつなぐプログラムの事例紹介も。
a0216706_1927718.jpg

a0216706_19421584.jpg


プレゼン後は、質疑応答タイムです。会場にいる方々から様々な質問があり、その熱気に押され
わたくしからもやや鋭利な質問をさせていただき、
a0216706_19343789.jpg

真剣に答えるチーフです。
a0216706_19361240.jpg

茨城県庁 地域計画課内のアーカスプロジェクト担当者もマイクを持ち、
答えは出ないが答えを探しながら向上すべくアートプロジェクトを継続していくことと、目に見える形としての結果や成果を求められる立場ならではの難しさについて話します。
a0216706_19371678.jpg

a0216706_19413219.jpg

a0216706_19415829.jpg


気付けば、外は真っ暗に。
今回はたくさんの方にアーカスプロジェクトの活動をアピールさせていただきました。お客さんの中にもアートプロジェクトに関わりたい、もしくは関わっているという方がおそらくいらっしゃったと思います。アーカスプロジェクトの事例が何かのお役にたてば幸いです。
加えて、内部の人間が自身の活動を客観的に捉え、功績と課題にフラットに向き合うことの必要性を改めて気付かせていただきました。
このような機会を与えてくださったMeToo推進室の皆様に感謝申し上げます。そして、長時間お付き合いいただいた皆様にも感謝致します!

3日後に控えた、同企画のシンポジウム「地域×アート」茨城のアートプロジェクトのこれから
も楽しみです。
[PR]
by arcus4moriya | 2015-02-11 22:54 | 地域とアート | Comments(0)
だいちの星座プロジェクト ー 製作ワークショップ@ARCUS Studioの巻
a0216706_22271344.jpg
大地にも、精密検査が必要だ。
みなさんの健康管理といっしょなんですね。健康だからできるワークショップ!ということで。
学びの里の体育館に集合!だいち2号の展示もこのように。(協力:JAXA)
a0216706_22163532.jpg


星となる装置=電波反射機(CR)を製作するワークショップは午後から開始します。20チームおよそ150名で製作します。


では、電波反射機の製作の様子をダイジェストでどうぞ!星の材料はこちら。
水道管パイプ(T字L字ユニット)・金網・塩ビ用ボンド・結束バンド。
THE DIYなものばかりです。
a0216706_20291323.jpg
a0216706_2030788.jpg
a0216706_2034832.jpg
ビデオで最初にパイプや金網の切り方などの下ごしらえの仕方を一通り見た後...
a0216706_20354135.jpg
筑波大のお兄さんがサポートしながら製作がスタート!
a0216706_2113383.jpg
切ります。
a0216706_2036850.jpg
切ります。
a0216706_20364450.jpg
計ります。
a0216706_20372764.jpg
切ります。
a0216706_20383322.jpg
そろえます。
a0216706_20394710.jpg
塗ります。
a0216706_20411693.jpg
たたきます。
a0216706_20422146.jpg
たたきます。
a0216706_20432143.jpg
そろえます。
a0216706_20442934.jpg
またたたきます。
a0216706_20453873.jpg
貼ります。
a0216706_20481097.jpg
養生します。
a0216706_20492783.jpg
「日」の字が3つ。
a0216706_2050417.jpg
張ります。
a0216706_20504762.jpg
張ります。
a0216706_20571210.jpg
カオス。体育館でDIYは壮観。
a0216706_20582163.jpg
結束します。
a0216706_20595585.jpg
チームの結束も大事。
a0216706_2104498.jpg
イレギュラーなミニリフレクターを作っているのは....わが街の守谷市役所チーム!ニコ生のコメントでも多くの反響がありました。余った材料のパーツでも何でも作り込んじゃうこのチーム。
a0216706_2131070.jpg
a0216706_2142434.jpg
しかも早い!なんでしょう、他のチームがまだ網を張ってる頃に既に完成しているこの余裕(笑。
a0216706_2110328.jpg
一方で、鈴木先生と大木さんはニコ生視聴者に向けて「だいち2号」の性能について解説をしてくださっていました。
a0216706_21202824.jpg
a0216706_2153113.jpg
↓奥のほうに「だいち2号」の模型も展示してあったのを、ご存知ですか?大木さんがとてもとても詳しく、模型を使って性能や仕組み、こまかなパーツの諸元まで教えて下さっていますのでぜひとも動画をご覧ください。だいち2号がよくわかります!
a0216706_2163392.jpg
a0216706_21364269.jpg
                                      ↑写真:JAXA
a0216706_2240091.jpg
                                      ↑写真:ARCUS

a0216706_21255812.jpg
今回最多数メンバーの松前台小のみんなは3チームにわかれて3つのCRを作っていました。(自費で余分に用意してきたとのこと!)ほとんど子どもたちだけで製作しているというたくましいチーム。着々と製作しているのかなあと思いきや.....「お兄さぁーん!」
a0216706_21271765.jpg
どうした?どうした?
a0216706_2127438.jpg
結束バンドの止め方?...みんなガチですね。この眼差し。なんて微笑ましい光景でしょう。
a0216706_21305452.jpg
a0216706_2144855.jpg
こちらは金沢美大のお姉さんが男子中学生をアシスト。さぁ、金網をどんどん張って3つの「日」の字が完成したら組み合わせます。
a0216706_21525876.jpg
張り具合もチェック。
a0216706_2153466.jpg
組み立てたら、今度は折りたためられるようにチェック。
a0216706_21555314.jpg
さぁ、完成です!ここからはチーム紹介。守谷市立御所ケ丘中学校チーム。
a0216706_21563148.jpg
a0216706_21575110.jpg
守谷市産業地域協力会チーム。(後に郷州小学校で撮像します)
a0216706_21582649.jpg
morismチーム。
a0216706_21585556.jpg
守谷高校&つくば宇宙利用研究会チーム。
a0216706_21593954.jpg
つくば市役所チーム。
a0216706_2202471.jpg
守谷市役所チーム。
a0216706_2204950.jpg
守谷市立大井沢小学校チーム。
a0216706_2212686.jpg
つくば市立桜中学校チーム。
a0216706_2221956.jpg
守谷市立愛宕中学校チーム。
a0216706_223691.jpg
筑波研究学園専門学校チーム。
a0216706_2235573.jpg
筑波大学「結プロジェクト」チーム。
a0216706_2261847.jpg
日本宇宙少年団つくば分団&JAXA筑波宇宙センター混合チーム。
a0216706_2271598.jpg
頑張りました、大所帯の守谷市立松前台小学校チーム。
a0216706_2292665.jpg
全員無事にCRを予定より早い時間で完成させました。
最後に質疑応答コーナー。いくつか小学生から。「人間リフレクタ何人分で(金網の)リフレクタ1個分の光の強さになるの?」人間リフレクタのポーズについて。「人間リフレクタをやる時の角度は気にしなくて良いの?」という質問には「丸太のようなポーズならどんな角度でも大丈夫」と。
では「人間に金網を直接巻きつけたらどうなの?」という、もっともな質問まで。
a0216706_22134132.jpg
a0216706_2214128.jpg
a0216706_22145075.jpg
山下さんから、ニコ生視聴者からの質問をだしてもらいます。ここにいる皆さんは昨日までに質問しつくしたので(笑)それほど疑問はない様子。ネット視聴者からは「撮影した画像はどのくらいで見られるのでしょうか?」。
a0216706_22111769.jpg
だいち2号の性能としてはその日のうちに速報画像が解析できる能力をもっていることは大木さんから説明されました。また、万が一震災がおきた場合はこの活動は中止になります。本来のだいち2号のミッションは災害があった場合緊急観測をして活躍しなければならないときでもあるのです。とも。
a0216706_22124642.jpg
方位磁針のセッティングもチェックして。撮像日にのぞみます。
a0216706_22154061.jpg
最後に鈴木先生から。
今回のつくば座・もりや座では、まだ私も知らない星座が皆さんによって作られます。この活動を通じて皆さんの授業やクラブ活動などの広がりを私たちに伝えてほしい。ぜひ感想を聞かせてもらい、より世の中に伝わりやすく広めていきたいです。』

そして大木さんも素敵なお話をしてくださいましたので一部抜粋。
『JAXAは"だいち2号"をはじめ、これまで様々な人工衛星を打上げていますが、なかなかそれが身近に感じられる事は少なかったのではないかと思います。Google earthは知らないうちに撮られていて誰でも見られる状態になっていますが、今回、これから私たちがやろうとしていることは、皆さんが積極的に"だいち2号の観測の中に写り込む=入っていく"ことなのです。宇宙と地球の間のつながりの中に直接入っていく、という活動を地域のみなさんと行えることはとても嬉しいです。宇宙を身近に感じられる活動、まずはこの活動を成功させたいと思っています。』


a0216706_22502661.jpg
最後に全員で記念撮影をしました、撮像日まで楽しみです。つくば座撮像日につづく。お疲れさまでした!

写真:加藤甫


                                              


この様子はNVSさんが当日生中継してくださった動画です。全国でのべ1000人以上の視聴者にご覧いただきました。こちらでは鈴木先生と大木さんによるニコ生視聴者向けのガイドもあります。どうぞご覧ください。


「だいちの星座プロジェクト - つくば座・もりや座」 製作ワークショップ編
@アーカススタジオ(もりや学びの里体育館)
動画:NVS                                             
[PR]
by arcus4moriya | 2015-02-08 12:24 | だいちの星座 | Comments(0)
だいちの星座プロジェクト ー レクチャー@ARCUS Studioの巻
a0216706_18484657.jpg
a0216706_18491247.jpg
a0216706_19443873.jpg

2月8日(日)はアーカスプロジェクトの拠点、アーカススタジオのある "もりや学びの里 体育館" で実施した「だいちの星座プロジェクト-つくば座・もりや座」レクチャー・ワークショップ編です。寒い中150名近くのチームメンバーが揃いました。
小さなお子様から小中学校の科学部、専門学校生や大学生、大人のみなさんも勢揃い。つくば座チームともりや座チームが一堂に会し、「電波反射機(=Corner Reflector/コーナーリフレクタ : CR)」を実際に作る日です。昨日のJAXA筑波宇宙センターに参加できなかったメンバーにもわかるように、そして昨日参加したリーダーはおさらいを。ということで朝から全員気合いでレクチャーを受けます。アーカススタッフも気合いを入れてJAXAさんからの貴重な展示物を設営しました。
a0216706_18387100.jpg
a0216706_18395215.jpg
a0216706_18355229.jpg
星座ができるまでのステップを確認。どんな行程を進むのかな?午後のワークショップで「星」になる装置ができるんです。
a0216706_185214.jpg
a0216706_18544565.jpg
昨日のレクチャーと全く同じかおもいきや....そうじゃないんです。TXの守谷駅からスタート。鈴木先生と大木さんによる、より詳しいレクチャーです。これはニコニコ生放送でも生中継されましたのであとで記録動画をご覧下さい。(末尾を参照)
鈴木先生は画家でもあります。油絵を描いて、金沢では油画科で教鞭を執っています。JAXA地球観測研究センターの開発員、大木さんはTX快速では、ほぼお隣の「つくば駅」より最寄りの超広大な施設、筑波宇宙センターから来て頂きました。
a0216706_1841568.jpg
大木さんによれば、人工衛星が最初に観測する画像(左端)はこんなに荒いのだそうです。いろいろ解析をして、ようやくみんなが見られるような画像にするのだそうです。
a0216706_1837239.jpg
そして宇宙のお仕事とはいえども、地上の仕事がたくさんあるんだとか。この形を覚えておいて下さいね。
a0216706_1848144.jpg
あんな画像やこんな画像。普段見ることのないような貴重な資料画像を参考に「宇宙」をイメージするものを共有していきましたね。宇宙兄弟、銀河鉄道999、機動戦士ガンダム...から今では地球から400kmの場所で生活できるようになったISS国際宇宙ステーションなど。1902年に公開された映画『月世界旅行』も参考に。メリエスが絵具をつけたフィルムの地球は黄色かったという話。地球が青いとわかるまで、ずっと月のように「黄色い」と認識されていたのは驚きです。
a0216706_18585646.jpg
『月世界旅行』から66年後、ついに人類が月にいき宇宙飛行士が地球を記録に残します。その交信記録:ビル・アンダース(大木さん)とボーマンさん(鈴木先生)の会話は、動画でお楽しみください。
a0216706_19591975.jpg
宇宙飛行士が科学の力で月まできて見たものをミッションにない中で、フィルムで撮ろうとした=その美しさを伝えようとした、という行為が大変重要なエピソードである事を先生は説いています。
a0216706_1931746.jpg
その後1978年の人類で初めて地球の全景を撮った「ザ・ブルー・マーブル」や、古代から残るナスカの地上絵、現代の地上絵ではロバート・スミッソン/Robert Smithsonの「スパイラル・ジェティ / Spiral Jetty(1970)」、トム・ヴァンサン/Tom Van Santの「Reflections from earth(1981)」、ピエール・コントゥ/Pierre Comteの「Signature Terre」などなど。2001年にはスペースシャトルにいる毛利さんへ送る電波メッセージとして地上絵を送った実験もありました。芸術と宇宙との関係も学びます。そして現代へ。
a0216706_1963291.jpg
先生が出会った、最初の衛星テラよりももっと高い解像度で撮像できる観測衛星に出会います。初代・陸域観測技術衛星「だいち」の2種類ある観測方法のうち光学(カメラ↑)で撮った画像と「だいち2号」の観測できるレーダー(↓)で撮像した画像の違いも。合成開口レーダーのすごいところは、こうもりのように(音波ではないけれど)電波で撮ることができること。「レーダーは雨や雲をつきぬけていく」っていうことを学びました。
a0216706_1913587.jpg
a0216706_19143391.jpg
a0216706_1915542.jpg
これから作ろうとしている「星」は、街の「変化」を示したものが光になって現れます。人々が生活しているときに街の中で起こした「変化」が点となって星空のように輝いて見えるのです。
a0216706_19154820.jpg
JAXAが持っている本格的な電波反射機(画像左)は、富士山にあります。良ーく見ると透けて見えるのがわかりますか?網目であっても「面」で認識する人工衛星だいち2号に写り込むのに適しているのが「金網」だってことも、前日のレクチャーで学びました。そして改良を重ねたCR(画像右)はこんなに小さな1mまでコンパクトにできるようになりました。「こんな幅の編み目があっても...」のところ。
a0216706_19184213.jpg
さらに鈴木先生の研究によって、おりたたみ式で2.5Kgの軽量化になったのも画期的でした。
a0216706_19195913.jpg
筑波大生のお兄さん達に今日も人間リフレクタになってもらいました。キラキラしてるでしょ。背景の数値、わけわからないですよね。でも実際にポーズした形によって輝き方が異なるという分析がされたのですから大変興味深いです。筒状のポーズが一番写りやすいのだそう。
a0216706_19224441.jpg
a0216706_1928683.jpg
寝てても角度さえあっていれば写るらしいんですけどね。なかなか難しいんだそうです。
a0216706_19293585.jpg
手引書にもどこで撮像するのがいいのか書いてあります。どんなポーズをするかはみんな次第です。
a0216706_19313133.jpg
つくば座は2月21日、もりや座は3月7日のいずれも午前11時36分に真方位99°、磁方位106°の方向から撮像されます。
a0216706_19353610.jpg
さあ、撮像する日時は決まっています。おさらいは終了。昨日のデモンストレーションもふまえて、午後はCRを作る準備にとりかかります。JAXA・筑波大・金沢美術工芸大のお兄さんお姉さんが全20チームの製作をリードします。
a0216706_19391098.jpg
わからないことがあったらこの背中の青い文字のお兄さんに聞くのが一番です!
a0216706_19461754.jpg
今回「星の材料」を全て協賛してくださったのは、守谷のDIYの聖地、株式会社ジョイフル本田さん。ご協力ありがとうございました!
a0216706_19395034.jpg
a0216706_19403480.jpg
a0216706_1949770.jpg
レクチャー内容のみならずワークショップ中にも「背中が青い文字のお兄さん」な大木さんが、特別にニコ生視聴者の皆さんに「だいち2号」の性能についても詳しく解説してくれていました。これはワークショップ参加者のみなさんも見られなかったはずですから、どうぞ次の「製作ワークショップ編」をお楽しみに。


「だいちの星座プロジェクト -つくば座・もりや座」 レクチャー編
@アーカススタジオ(もりや学びの里体育館)

「だいちの星座プロジェクト -つくば座・もりや座」 ワークショップ編に、つづく


動画:NVS
写真:加藤甫
[PR]
by arcus4moriya | 2015-02-08 10:21 | だいちの星座 | Comments(0)
だいちの星座プロジェクトー質疑応答@JAXAの巻
もう先週「もりや座」撮像終わったのに、、、(苦笑。 3月に入った現在よりこんにちは、石井です。遅ればせながら2月7日を振り返りましてご報告!ひとつひとつコツコツといきます。

レクチャー、デモンストレーションと終えて、最後に参加者の方々からの質疑応答の時間を設けました。鈴木先生と大木さんが素朴な疑問も難しそうな疑問も答えます。普段聞けないような事ですし未知の世界にチャレンジしようとしている100名の参加者のみなさんにはなんでも答えます。
a0216706_1742369.jpg
a0216706_17441742.jpg
つくばの撮像範囲と守谷の撮像範囲も確認して、実際どの位置まで写るのかも各チームは確認します。
a0216706_1884025.jpg
a0216706_1834657.jpg
「つくば座」と「もりや座」を作るエントリーメンバーのみなさんからは、より詳しい「だいち2号」の特長や、撮像される時のコツについての質問が続々と出てきました。(翌日の守谷での質問コーナーよりかなり多くの質問がでましたね)
a0216706_1745979.jpg
a0216706_1746199.jpg
大人のみならず小中学生のみんなも活発に質問をします。美術の授業だったらこんなに質問でたかしら?と感心するほど。
a0216706_17464883.jpg
初めてこういった実験にのぞむ参加者もいれば、もともと宇宙利用に興味のある方もいて私も出てくる質問に興味津々でした。
a0216706_17481117.jpg
リフレクターをおいて、衛星が来る角度を説明する大木さん。角度はこんな感じ?リフレクターの前に立ってはだめとか、どのくらいの間隔で置くとより強い光として反射するか、とか。
a0216706_174941.jpg
a0216706_18879.jpg
a0216706_17522831.jpg
思いのほか、子ども達の質問が多く....「いい質問ですね」と鈴木先生。
a0216706_175355.jpg
菅谷さんもはしりまわります。
a0216706_17545052.jpg
疑問をもつことはいいことですね。なんで金属なのか、とか、なんでこの3面なのかとかそれ以外に光るものはあるのか、建物の屋上だったらより(衛星との距離が)近いんじゃないの?とか地面と水面ではどっちが反射しやすいのか等.....様々な疑問に答えていただきました。
a0216706_17535398.jpg
これで明日は実際に「星」となる装置をみんなが作る訳ですから、積極的に仕組みを知ろうとするうちにあっという間に時間が過ぎていきました。今日のレクチャーとデモをしっかり頭に入れておけば明日はうまくいくでしょう!
a0216706_18181192.jpg
実際のリフレクターをお手本に、明日は守谷のアーカススタジオでみなさんの手で作ります。長時間お疲れさまでした!
a0216706_18213555.jpg







おまけ

a0216706_1828217.jpg
この日は偶然(!)鈴木先生の誕生日でした。恒例の仕込み好きなアーカス組は、JAXAの皆さんも巻きこんで(笑)、プロジェクトの成功を祈りつつ、ARCUSとJAXAによる今回のだいちの星座プロジェクトスタッフ全員でサプライズを。これも良い思い出です。今日から3月7日の撮像日までの約一ヶ月間、よろしくお願いします!
a0216706_18242483.jpg

a0216706_1829399.jpg
ちょっとALOS-2にどこか似てるかな?(金色に輝いているところですかね (^^)





写真:加藤甫
[PR]
by arcus4moriya | 2015-02-07 23:37 | だいちの星座 | Comments(0)
「だいちの星座プロジェクト -つくば座・もりや座-」         デモンストレーション@JAXAの巻
a0216706_1225695.jpg
                                     写真:JAXA

こんにちは、石井です。さてさて、まだ初日だというのに3巻目。後半は、いよいよ「星」となる魅惑の装置、「電波反射器:コーナーリフレクター」のつくり方を実演してもらう時間です。
ワークショップ当日に慌てないように、各チームの代表にはつくり方をここで詳しく理解してもらい、明日はチームリーダーとして指導できるようマスターしていただきます。
大公開!『星のレシピ』。当日、参加者全員に配られた鈴木先生の手引書は、こちらから。

身近にあるもので構成されているリフレクタの材料はすべて、ここから!
守谷でDIYといえば、これまで海外からアーカスに滞在してきた、名だたる歴代アーティスト達も愛してやまない素材の王国、ジョイフル本田さんの協賛です。ありがとうございます。
a0216706_104390.jpg
大木さんが掲げているこれ。漢字の「日」の字になっている反射板を3枚つくります。
a0216706_0545710.jpg
まず、鈴木先生から材料の下ごしらえについて。金網の切り方、水道用塩ビパイプの切り方、金網の切り口の処理などをビデオで。
a0216706_0554912.jpg
小学生は4年生からの参加。切るのは先生にやってもらおうね。
a0216706_0561591.jpg
金沢美工大と筑波大の大学生のお兄さん・お姉さんたちがお手本をみせてくれます。
a0216706_0571246.jpg
これらの切り方・貼り方・組み立て方は「だいちの星座」チャンネルのYouTubeでもあがっています。
a0216706_0575162.jpg
水道用塩ビパイプを切るこのカッターだけは、大人でも工夫が必要です。ガチャン、ガチャン、と数回に噛ませながら切り離します。
a0216706_0593216.jpg
金切りばさみも、ここでは素手で切っていますが、当日は軍手着用で。
a0216706_058591.jpg
きれいに切れました。目合#20の亀甲金網です。これはビニール等のコーティングがされていると反応しません。
a0216706_114643.jpg
切り口を丁寧に「銀色の」ガムテで覆います。ここは先生のこだわりらしい....「シルバーのテープ」。
a0216706_123336.jpg
実際にビデオで映し出しながら細かい部分もわかるようにプロジェクションしています。
a0216706_133894.jpg
カットしたパイプに「塩ビパイプ用接着剤」を塗ります。
a0216706_154457.jpg
木槌、もしくはこのようなゴム製トンカチでT字L字のジョイントパイプを軽くたたき固定。反対側を付ける時は一度床面にあてて、両脇が平行であることを確認しないと、ジョイントパイプの向きが歪んで「日」の字にできません。
a0216706_162954.jpg
a0216706_174079.jpg
塩ビパイプで「日」の字ができたところで、910mmx910mmにカットした金網をとりつけます。
a0216706_18935.jpg
対になる両端を張りながら、結束バンドで固定します。あ。この商品バーコードははがしておきましょう。このバーコードのデータさえも、だいち2号のレーダでは反応を示すんだとか?!
a0216706_185666.jpg
a0216706_192370.jpg
今日の100名が明日の仲間たちに教えます。今日学んでおくと、明日簡単です。
a0216706_194112.jpg
ここでさらに「金網とパイプをうまく張るためのコツ」が伝授されます。結束バンドでシルバーのガムテープを貼った金網の端からパイプとを結ぶ最も適した位置。細かいでしょう?手作りで、より精度の高い星を作る為の大事なコツです。
a0216706_1101927.jpg
実際に会場の前方に集まり、「金網の張り具合」を触ってチェック。たわまないように、はじくとピンとはねるくらいの突っ張り具合で。
a0216706_111357.jpg
結束バンドをとめた後の端切れも、きちんとあとで処分して、リフレクタを持つときに指を傷つけないために、調整します。ものづくりは丁寧な仕事が大事。
a0216706_1113879.jpg
灰色と銀色な「日」反射板の完成。素材は地味でもキラキラ美しく見えるのはなぜでしょう..。
(あ。バーコードはがさなきゃ)
a0216706_1123942.jpg
次はいよいよ3面をつなげます。「日日」の下部にもう一枚の「日」
a0216706_1133080.jpg
反射板同士をつなげるのは200mmの結束バンドで。ちなみに結束バンドの色はどちらかといえば白色か透明が好ましいそうです
a0216706_113562.jpg
協力し合いながら面同士を固定します。
a0216706_1145454.jpg
これは折りたたみ式にできるので、一度3面そろったリフレクタの完成を見せた後....
a0216706_1152812.jpg
たたみます。
a0216706_1155388.jpg
パタン、パタンと一面分で重さ約2.5Kgのハンディタイプに。
a0216706_1162184.jpg
お持ち帰りいただけます。
a0216706_1165543.jpg
最後に撮像日に設営するときの再演。どのようにつなげていくか。当日手際良く、丁寧にスムーズに組み立てられるように。
a0216706_1173395.jpg
a0216706_1175712.jpg
完成です。エッジもそろえて、後は指定の方角に向かって正しく配置すれば、うまくだいち2号に反射してもらって「星」のできあがり☆

金沢美術工芸大学、筑波大学のみなさん、ありがとうございました!
いよいよ明日がアーカススタジオで製作の本番です。続く!
...とその前に、質疑応答編はこちら!


写真:加藤甫
[PR]
by arcus4moriya | 2015-02-07 23:00 | だいちの星座 | Comments(0)


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
カテゴリ
全体
AIR
地域とアート
オープンラジオ
アーティスト・イン・スクール
HIBINO HOSPITAL
だいちの星座
ロッカールーム
アーカスの日常
スタジオ来訪者数
2009〜2010
未分類
外部リンク
検索
ARCUS Twitter
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧