<   2014年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧
コンスタンティノスの見ているもの/Point of view Constantinos Taliotis
a0216706_22332232.jpg


お隣はつくばみらい市の「ワープステーション江戸」へ再訪。
言わずと知れた、日本時代劇映画の撮影に使われるロケーションセットです。

We went again to "Warp station EDO" which is famous for the location set of historical play.

コンスタンティノスはフランク・ロイド・ライトが日本人、または日本建築に与えた・受けた影響を日本に現存するライトの建築物を通じて調査する一方で、日本映画や建築にも関心を示しています。

Constantinos has focus to influence of Frank Lloyd Wright. What he has done to Japanese architectural history, and also what he got from Japanese architectural history. At the same time
while he is doing his research he has interested to Japanese movie and Japanese architectural history it self.

日本独特の江戸時代の建築物や、室内のしつらえ、またはそれをフィクションとして映画に残していくインダストリーの中で、シーンの背景にどんな時代に則した時代考証や文化があったのか、日本にいる間の彼は知りたいこと、調べたいことで横溢しています。

In Edo period there were some particular way to build, and interior decoration, for sure he want to search about that staff, but not only for that he also want to check how we transform the location set to fiction movie like Japanese historical play.

今日は終日、快晴でした。ちょうどその日は別の場所でも某ドラマか映画の撮影もあったようですが、彼が集中して探しているものは、この建物の中の、なにか。

Today was totally sunny the day there was also shooting day for some Japanese drama, however he did not pay attention to that he is looking something which is in this building.

a0216706_2273610.jpg

古い江戸時代の町家のセットを幾度とのぞきこみ、何かを探しているようです。
He is looking some location set of private house from Edo period to find something.

a0216706_2275315.jpg


a0216706_22151826.jpg

一体、何を撮影しているのでしょうか。
We do not even know what he is shooting.

a0216706_22123365.jpg

ワープステーション江戸を見学に来た人たちも、つい近づいて覗き込み話しかけてきます。
Even though just passenger were trying to talk with him.
a0216706_22145647.jpg


a0216706_2285859.jpg

時代劇中の日本家屋のしつらえが忠実に再現されている一方で、そのバックステージも気になっている様子。
まったく忠実な画面より、やはり映画やドラマの劇中で描かれている様子の裏がわかる場所も気に入っているようです。セットとしての仕組みを、フェイクであるにも関わらず、一軒一軒、丹念に調べながら空間を探しているようでした。
While he was shooting some private house he payed attention to the technic to make location set at same time. Not only for the surface he's research is going over whole space.

a0216706_2295328.jpg

彼の目線に、どんなものが映し出されているのか、楽しみです。
a0216706_22101042.jpg


最後に、今回の撮影に甚大なご協力をいただいたワープステーション江戸の所長、山中さんと。
山中さんには日本の歴史と、それに反映したこのセットのひとつひとつをご説明いただき、ガイドしていただきました。アーティストがこのような環境でリサーチを試みるのは、ワープステーション江戸でも珍しい試みだったようです。付き添いスタッフも大変勉強になりました。つくばみらい市の鴻巣さんにもお世話になりました。
ご協力いただき、ありがとうございました!
a0216706_22102437.jpg

[PR]
by arcus4moriya | 2014-10-28 14:26 | AIR | Comments(0)
フロレンシアのミーティング
a0216706_14121080.jpg


なにやらフロレンシアが話し合っています。
作業テーブルの上には、七色のカラフルな刺繍糸達が勢揃い。
着々と制作も進んでいるようです。

Florenecia has something to talk about her work shop. There are ten colors of embroidery thread she is preparing for 2nd work shop.
a0216706_22221685.jpg


詳しいことはここでは見せられないのですが、どうやらOS01で制作してきたマスクを用いて、参加者との何かをするための、ミーティング。キーワードは彼女の夢を集めるプロジェクトに参加した方々から集めた、夢の世界の言葉たちのようです。

We can not show and explain the detail of her plan, however it seems like that she is going to use the mask from OS 01, and use some words which she picked from participant's dream.
a0216706_22231053.jpg


ちなみに、舞台経験もあるOBスタッフの青木さんに、今回は協力いただきました。
実際にミーティングで集まった方々は、こんな感じ。お互いの顔が見えないようになっています。

For this time we got support who has worked experience at stage theater, and she used to work at Arcus project.
a0216706_14162179.jpg


さて、実際にこれから起こる彼女と参加者とのコラボレーション&プラクティスは毎週続きます。
引き続きどうなるかお楽しみに!

Well, her project has been started, and it is running until the end of OS 02.
See you at Studio!
[PR]
by arcus4moriya | 2014-10-25 13:20 | AIR | Comments(0)
セイットの浅野農園取材その2 / Seyit's interview of Asano farm vol.2
a0216706_17564777.jpg


10/24。今日は風もなくあたたかな日でした。今日はセイットのリサーチの続きをご報告。
浅野農園のご夫妻にもっと詳しく取材をするため、再度訪問しました。
Seyit's research of the farmer is going on. He visited Asano farm again to interview them.

a0216706_1752852.jpg

ここでは、通訳を介さず、予め彼が質問したかったことを一覧にしたものを、インタビューして映像に収めていくという作業が続きます。
He shoot interview without translation. He had questions which wanted to ask the farmers.

a0216706_17523467.jpg

様々な農家さんの考える「農業」について、彼は知ろうとしています。
茨城県が日本でも一位二位を占めるくらい農産物を生産し、全国に出荷していることも、守谷に来てから知りました。
付き添いのスタッフは、日本語で農家さんが彼の問いにどう答えているのかが逐一わかるので、少しでもその話をセイットにも聞かせてあげたいな、と思うほど、素晴らしいお話を伺うことができました。
一方で、専業農家であることで目の当たりにするジレンマや、現実なども、、、、
TPPや遺伝子組換えの種子など、様々な話題が出てきました。
He is trying to know the way of thinking to do farming, and he knew the Ibaraki prefecture has highest percentage to delivery vegetables in the country. Unfortunately we couldn't translate Japanese to English for each time, if he could understand the answer of his questions the interview was perfect. In the other hand we also talked about dilemma, or reality to keep doing farm, TPP, and vegetable which has recombine genes.


おっと、ここから先は、彼のリサーチの成果で明らかになることでしょう。
彼の視点や疑問が、普段ありふれた風景の中にあって気づかないような私たちの日常に気付きをもたらす、興味深いリサーチでした。
浅野農園のご夫妻、協力ありがとうございました!
You will see what he found by passing through those interview, he gave us that there are lots of things that needs to recognize by us.
a0216706_1755473.jpg



だんだん寒暖の差が激しくなり、秋らしくなってきました。
実りの秋がやってきますね。彼のリサーチも実りある成果になりそうです。
Day by day the temperature difference between morning and night are increasing. We can smell the Autumn. As well as Autumn harvest, his research will be great harvest.
[PR]
by arcus4moriya | 2014-10-24 10:41 | AIR | Comments(0)
ラジオ収録! / Radio recording @Town Moriya
a0216706_14252150.jpg

いよいよ終盤にさしかかる季節、滞在2ヶ月が過ぎ、3ヶ月目に入ったアーカススタジオでのアーティスト・イン・レジデンス。
本日は、守谷市内で拠点をもつラジオ放送局、「あっとタウン守谷」さんの取材がありました。
パーソナリティーの実好さんや福田さんからのアーカスプロジェクトのご紹介と、常勤スタッフや現在守谷に滞在しているアーティストへのインタビューを収録しました。(最後にも記しますが、毎週月曜日夕方16時放送だそうですよ!第一弾は明日ON AIR!)

@Town Moriya, which is radio broadcasting program in Moriya city, they came to ARCUS Studio for recording interview today.
We introduced our project and resident artists. also, answered their interview, as like...What is "ARCUS?","AIR?"... from Radio personality, Mr. Sane and Ms. Sachiko.

まずはスタッフ3名のインタビューから。パーソナリティーの実好さんが初めてアーカスプロジェクトを知ったのは2005年。日比野さんと茂木健一郎さんが10周年のシンポジウムでトークにいらしてたときだそうです。その頃はTXが開通した年でもあります。10年前ですね。
私たちは3年くらい前から勤務しているものの、チーフ以外、こういった形で3人揃ってインタビューを受けるのは初めてに近いです。
(スタッフもいつもは「オープンラジオ」で人に聞くことに慣れてるのに、いざ取材で聞かれると緊張するものですね;;;)

We, staff explained about our project history, how hard to continue this AIR project for emerging artists for 20years, and also how we have been supported by understanding of citizen of Moriya.  According to Mr. Sane, he has attended ARCUS's 10th anniversary event, it was 2005. it was the year TX (Tsukuba Express)railway opened.

As it is almost first time for three of us to be interviewed, I was a bit nervous to answer their questions via radio...! ( Because we are always being part of "asking" interview in "Open radio program!" )

a0216706_142555.jpg

スタッフのあとは、各アーティストにインタビューを!コンちゃんと...
After interview of staff, they continued with three of resident artists!
a0216706_190962.jpg

それぞれ、どんな話しをしたのでしょうかねぇ、フロちゃんもセイットも....。
we wonder how's their talk?! ...must be good.
a0216706_1903062.jpg


今回の収録が放送されるのはなんと、二本立て!
@タウン守谷】は、来週10/27(月)と11/3(月祝)16時〜16時半
に二回に分けて放送されます。

みなさん、どうぞお楽しみに!

These recording will be On AIR on 16:00- 16:30 Monday, 26th Oct and 3rd Nov.
"@Town Moriya", on internet Radio as well!
Thank you very much Sane- san, sachiko san!

Please tune up!
[PR]
by arcus4moriya | 2014-10-23 18:05 | AIR | Comments(0)
セイットのリサーチと撮影その2 / Seyit's research and shooting on farmers
a0216706_1535587.jpg

午後は、午前中の農園とはまた別の農園へ。
次は、アーカスプロジェクトのサポーター西尾さんの畑です。西尾さんは、ご自身で栽培した数種類の野菜を守谷サービスエリアの野菜村で販売しています。
Next, he moved to another farmer's shooting. The ownwer is one of ARCUS Supporters as well. Thank you, Sachiyo san.
She has sold vegetables at a Moriya service area.

今回はソラマメの種まきに合わせて取材に伺いました。西尾さんの畑では西尾さんと西尾さんのお父様の農作業を見学させていただき、撮影させていただき…トラクターや西尾さんのお父様の頭にカメラを設置させていただき…。
This time, he shot the farmwork. Sachiyo and her father planted seeds of broad beans. Seyit installed the small camera on a bonnet of their tractor, and set her father's head....
continues his shooting!
a0216706_1543557.jpg

a0216706_1545354.jpg

a0216706_18927100.jpg

a0216706_18113310.jpg

a0216706_18115454.jpg



こうやって、次々に農家を訪ね、記録を増やしています。
西尾さん、引き続きよろしくお願いします!
Seyit keeps on shooting for his research.
Thank you so much Sachiyo san, See you next time.
[PR]
by arcus4moriya | 2014-10-17 14:56 | AIR | Comments(0)
セイットのリサーチと撮影 / Seyit's research and shooting on farmers
a0216706_14394473.jpg

こちらはセイットです。本日、セイットは2軒の農家さんの取材を行いました。
まずは、大生郷(おおのごう)の浅野農園さんへ。こちらは専業農家で、たくさんの種類の有機野菜を育てています。主人がどうやって有機野菜を育てているのかを知るために、セイットは畑を観察しながらインタビューしています。

Seyit's activities is researching the situations of farmers in Japan. In this day He shot two farmers.
First, we visited Asano Farm which is full-time farmer. All vegetables are organically grown. He interviewed how the owner grows these organic vegetables.


a0216706_152798.jpg

a0216706_1513475.jpg

a0216706_1522543.jpg

農園のご主人は、それぞれの野菜をどう育てているかを丁寧に説明してくれました。
太陽光で土に生える雑草を死滅させ、肥沃な土にします。この人参の栽培法も特殊で、一切農薬を使わないそうです。
The owner introduces their vegetables and the way to plant them one by one.
He says, we use the Sun-light. Solar power can makes wealthy soil without using agricultural chemicals.
These of carrots are totally organic vegetables.

a0216706_1524254.jpg

ほうれん草の出荷作業場も見学しました。
She is a wife of owner, who packs every fresh spinach for shipping.
He interviewed with her, as well.
a0216706_1525795.jpg



一通り、撮影を終えて、次の農家へ移動!
Then, move to the next farm...!
[PR]
by arcus4moriya | 2014-10-17 10:15 | AIR | Comments(0)
OPEN STUDIOS 01 -10/11 (1st day)
皆さん、どうも。藤本です。
10月11(日)・12(日)にOPEN STUDIOS 01を開催しました。こちらでは初日の様子をご紹介します。
スタジオガイドツアーが始まる前でもちらほら来場者の方々が。早い時間に来ると人が少ない中でゆっくりスタジオを見られる良さがあり、その時間帯に流れている静かで穏やかな空気が私は好きです。

今回アーティストたちは、ここでの1ヶ月半ほどの制作過程と、過去作品をインストールしました。

Hello this is Fujimoto.
We had 1st OPEN STUDIO at 11th, and 12th of December, and here we introduce first day of that. We started this event from studio guide tour, however there were some people to see, and meet artists before tour. If you could come earlier you would feel the atmosphere of studio with calm time which I like very much.

All artists showing process of their research, and past art works.
a0216706_21552821.jpg

a0216706_21554490.jpg


コンスタンティノスは、オープンスタジオの日でも相変わらず制作を続けています。こういう状況も“展覧会”ではない“オープンスタジオ”ならではの良い風景です。

Constantinos was making his own piece, this is one of characteristic point only can see in OPEN STUDIO, not in the exhibition.
a0216706_2156921.jpg


さて、スタジオガイドツアーが始まります。2014年度のAIRプログラムのゲストキュレーター西川美穂子氏が来場者の皆さんとともに、各アーティストのスタジオをまわります。

Then we have started the guide tour with AIR program guest curator 2014 Mihoko Nishikawa, and artists.

まずは、アルゼンチン国籍のフロレンシア・ロドリゲス・ヒレスのスタジオからです。
現在、彼女は近隣住民とともに夢にまつわるプロジェクトを展開しています。複数名の参加者は、その日に見た夢をオンライン上の掲示板に書き込み、参加者同士で共有するという作業を日々続けています。そこで、参加者は自分が見た夢の内容・情景などを他の参加者に公開すると同時に、他の参加者の見た夢を知ります。定期的に実施されるグループワークショップでは、実際に参加者が集い、これまでに見た夢を紡いで伝える作業を行います。その際、参加者同士が現実の世界で互いに見知ることのないよう、全員がアーティストの制作したマスクを身に付けます。彼らは、「夢を共有する」ということだけに特化した限定的な関係を築いてゆきます。
本来個人的なものであるはずのそれぞれの「夢」。そんな夢の共有という行為の先に、彼女は社会的共同思想/意識が生まれる可能性を探っています。

First we had Florencia Rodríguez Giles from Argentina. Now she is working with neighbors of Moriya here are some following comment from our guest curator Mihoko Nishikawa.

This artist gives unique, comprehensive development to dream paintings, performances, and stage set designs. Her drawings and the stage costumes she creates display a powerful creativity. During her last visit to Japan, she absorbed Japan’s traditional culture during a collaboration with a Butoh master and other activities, and later reflected her experiences in artworks. With a deeper understanding of Japan, there is a strong possibility she will take this endeavor even farther. Through her involvement in Arcus, she hopes to experience broad exchange with local people and gather fragments of dreams. We can look forward to her discoveries of a culture unconsciously shared by people in a group.

a0216706_2157107.jpg

a0216706_21573439.jpg

a0216706_2242245.jpg

a0216706_22111128.jpg

続いて、セイット・バタル・クルト(オランダ)。
現在、彼は茨城県で農業・農作業を営む人々への取材を行っています。彼らがどんな環境の中で農業と向き合い、これまで続けてきたのか、あるいは他に仕事をもつ人々の場合、どのように両立させてきたのか。(彼は守谷の、忙しい中でも農作業にあきらめずに取り組む人の多さにも着目しています。)
彼は、人々がここで当たり前のように営んできた暮らしに焦点をあて、変わりゆく現実を知りながら、他方で変わることのないものの象徴としての石を探しています。

Next from Netherlands Seyit Battal Kurt. He is shooting interviews of farmer, or people who related farming. Here are following comment from our guest curator Mihoko Nishikawa.

The video this artist created from research in the Kurdish village of his birth shows people in a matter-of-fact way, whether a mother baking bread or villagers assisting the birth of livestock. When small, the artist accompanied his father when he left the village to work overseas, and he subsequently spent his youth in the Netherlands. Born in the village, he is both an insider and an outsider there. The artist’s perspective in this video, while warm and quiet, is yet penetrating in its scrutiny—an aspect I found strongly appealing. Today, when changes in industrial structure and expanded distribution are affecting the world’s food culture, I feel curious to see how he will look at Japan’s food culture, which is becoming increasingly homogenized.
a0216706_2158715.jpg
a0216706_2202317.jpg


最後は、コンスタンティノス・タリオティス(キプロス)です。
現在、彼はフランク・ロイド・ライト(建築家・米国)が日本にて設計した建築物についての調査を実施しています。フランク・ロイド・ライトが設計した建築で現在日本に現存するものは、旧帝国ホテル(明治村博物館に移築保存)、ヨドコウ迎賓館(兵庫県)、そして自由学園明日館(東京都)があります。現存する建築物を実地にて調査することから、その建築物自体に関連する書籍、新聞記事、雑誌、定期刊行物、また日本とフランク・ロイド・ライトの関係を論じた様々な資料の調査を通じて、西洋近代建築の巨匠であるフランク・ロイド・ライトが日本の近代建築についてどのような影響を与えたのか。そして近代建築の西洋からの導入を通して、日本の近代化はどのような形で進行してきたのかを探求しています。加えて、日本文化がどのような影響をフランク・ロイド・ライトに与えたのかについても調査していきます。
特定の個人や特定の建築という限定された情報に対する精密な調査を通して、そこから読み取れる全体性を探っています。

We have Constantinos Taliotis for last, now he get focus to search about Frank Lloyd Wright. Here are also following comment from our guest curator Mihoko Nishikawa.

Photographic works portending fear and violence that recall a scene from a B-grade movie. An installation of a model house that, while perfect in every way, somehow makes us uneasy . . . The artist’s works strike a deep impression that makes them hard to forget. From his use of architecture, movies, and other monumental elements symbolic of the 20th century, we can sense his deep insight into contemporary society. This time he would like to investigate destruction and speed, taking cars as a motif. We can feel certain a global theme will take form.
a0216706_21585322.jpg

a0216706_21594334.jpg

a0216706_12234360.jpg

a0216706_12241447.jpg

a0216706_21591152.jpg



ガイドツアーとトークセッションの合間に、女性同士の集い。アーカスの強力なサポーターであり、アーティストでもある女子高生たち。彼女たちはいつも場を和ませてくれます。

Girls talk In between the the guid tour and talk session. They are huge supporters of arcus, and also work as an artists from high school. They always soften the place where they are.
a0216706_2244074.jpg


さて、そしてトークセッションが始まります。

Then the talk session has started.
a0216706_192151.jpg

アーティストたちはそれぞれ過去の作品を紹介しながら、制作に対する姿勢を語りました。そして、互いに批評的立場をとる一面も。これぞアーティスト。

Each artist has presented about their works, and their attitude to making artworks. Some time we could see the argument of criticizing by them. That is the artists.
a0216706_1914333.jpg

a0216706_1925081.jpg


皆さん、真剣な表情です。

Everybody seems quite serious.
a0216706_1227011.jpg




…2日目につづく。
continue to 2nd day.


撮影:加藤 甫
Photo : Hajime Katou
[PR]
by arcus4moriya | 2014-10-11 20:37 | AIR | Comments(0)
コンスタンティノスの制作模様/ The work process of Constantinos Taliotis
a0216706_11453454.jpg

こんにちは、高倉です。
本日はアーカスのレジデントアーティスト、コンスタンティノス・タリオティスの制作模様をご紹介します。

Hi this is Yoshinori Takakura. Today we introduce working process of Constantinos Taliotis for sure he is one of our resident artist.


彼はアクション映画に頻発する建築物や構造物の爆破シーンを切り集め、爆破シーンのみで構成される一本の映像作品を作ったりします。そのような彼にとって世界中の建築史は大きな調査対象です。

He collects so many scene of building explosion from many movies in order to make one film art work. So for him it is important to know architectural history.
a0216706_11443583.jpg

コンスタンティノスの日本にきた目的の一つに、建築家フランク・ロイド・ライトの建てたヨドコウ迎賓館や自由学園の取材があります。
One of reason that Constantinos has come to Japan is to do the research of Frank Lloyd Wright. So for that he went to Yodokou guest house, and Jiyuugakuen.
a0216706_11445252.jpg


西洋建築史において、彼の存在はどのように作用し、コンスタンティノスはそこから何を抽出するのか。11月に予定されているオープンスタジオへの期待が膨らみます。
In the architectural history what he had done. What was the function of him to the history, and also what Constantinos can extract from him. We can't wait to see the 2nd open studios.
a0216706_16165813.jpg

[PR]
by arcus4moriya | 2014-10-07 17:18 | AIR | Comments(0)
フロレンシア制作模様 / Working process of Florencia

a0216706_15124931.jpg

こんにちは、高倉です。
今日はアーカスのレジデンスアーティスト、フロレンシア・ロドリゲス・ヒレスの制作模様をお伝えします。

Hi this is Yoshinori Takakura.
We introduce working process of Florencia Rodríguez Giles this time.


彼女の作品は、その制作行程に「夢」が大きく関わってきます。

In her art work the dream involve to the process very much.
a0216706_15125586.jpg


「あなたが昨日みた夢を教えてください。」というお願いのもとにワークショップ参加者から聞き取った個々の夢を参加者の中で共有していきます。

"Tell me what you saw in your dream last night" based on this request she joint ownership of dreams to participants which taught by them.
a0216706_15125917.jpg


フロレンシアの作るコスチュームにより、匿名性を得た参加者たちが語る夢はどのように実を結ぶのか。集大成となるワークショップは次回オープンスタジオ時に開催されます!

All participants would get anonymity by wearing costume which made by Florencia. The dreams from all participants would perform one story. compilation of her work shop will appear on 2nd open studio!
a0216706_151318.jpg

[PR]
by arcus4moriya | 2014-10-02 16:02 | AIR | Comments(0)
OPEN STUDIOS 01にむけて:西川美穂子氏ヴィジット
皆さん、こんにちは。藤本です。

Hello this is Fujimoto.

10月に入りました。アーティストたちは来日してから1ヶ月強が経ち、1回目のオープンスタジオを約2週間後に控えています。本日はオープンスタジオの打ち合わせのために、今年度ゲストキュレーターの西川美穂子さんがスタジオに来て下さいました。各アーティストのスタジオで個別に制作状況を共有し、アドバイスしてくれている様子を少しご紹介します。

We are in October, since all artists has arrived in Japan, it is already past a month and we have OPEN STUDIO 1 in 2 weeks today we have our guest curator Mihoko NISHIKAWA for the meeting with artists. She visit all studio to talk
about their process and she also gave some advice as needed. We will introduce about that.

セイット・バタル・クルト[オランダ]
彼は守谷市、茨城県内で農業についてリサーチし、映像を撮影している最中です。
これまでに取材した映像を見ながら、テーマについて話しています。

Seyit Battal Kurt [Netherlands]
He did research about farmer who lives in Moriya or Ibaraki prefecture, and shooting their appearance.
They were checking some film and talk with theme.
a0216706_1917315.jpg

a0216706_1918192.jpg

様々な方を取材していると、農業とは直接関係の無い話もたくさん登場してくるようで、それも作品に取り込んでいくかどうかを検討しています。

While he was taking interview there were so many stories which does not located about farming, so they were
discussing about to include that or not.
a0216706_19181295.jpg



コンスタンティノス・タリオティス[キプロス]
いつものように、無関係かつ、フィクションの壮大な話で盛り上がりつつ、

Constantinos Taliotis[Cyprus]
They talk a lot about huge topic which were fiction, and none relation with his art work.
a0216706_19182927.jpg

徐々にプランについての真剣な話に移行してゆきます。来日してからリサーチした建築物やそれにまつわる事実関係を紹介しています。
But step by step the topic move on to serious mode. He was talking his research which was architecture and also mention about relation of fact.
a0216706_19184463.jpg

1回目のオープンスタジオでは過去の映像作品もみせる予定です。

He is planning to show his previous film works at the OPEN STUDIO 1.
a0216706_1919092.jpg


フロレンシア・ロドリゲス・ヒレス[アルゼンチン]
オープンスタジオでは、ドローイングと、ワークショップのために制作しているマスク(ローブ)をみせようと思っているようです。メモや資料などのインストールについて西川さんに相談しています。

Florencia Rodriguez Giles[Argentina]
She is going to show her drawing and musk(robe) which is making for her work shop.
They are talking about her note, document and also hoe to install at OPEN STUDIO.
a0216706_19195510.jpg
a0216706_19201383.jpg

そして、1回目のオープンスタジオ後に本格的に始まるワークショップのイメージも伝えています。

Then she is informing about images of her work shop which will start after 1st OPEN STUDIO.
a0216706_19203262.jpg

a0216706_1921239.jpg


どのようなオープンスタジオになるのでしょうか。乞うご期待。

What we have for the OPEN STUDIO. Do not miss it!



[PR]
by arcus4moriya | 2014-10-01 19:15 | AIR | Comments(0)


S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
AIR
地域とアート
オープンラジオ
アーティスト・イン・スクール
HIBINO HOSPITAL
だいちの星座
ロッカールーム
アーカスの日常
スタジオ来訪者数
2009〜2010
未分類
外部リンク
検索
ARCUS Twitter
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧