<   2014年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧
View the feedback of 2013 resident artists!
Interview with Resident Artists 2013.

Rodrigo González Castillo


Sybille Neumeyer


Nandesha Shanthi Prakash



Project Images of each artist at final Open Studio.

Rodrigo González Castillo

"NOW & THEN"
woodcut print, print making project.
a0216706_2013962.jpg
a0216706_2022113.jpg







Sybille Neumeyer

"dialogue"
double channel video installation
a0216706_20222329.jpg
a0216706_20273561.jpg




"peripheral observations: specimen 01"
single channel video installation
a0216706_2031171.jpg






Nandesha Shanthi Prakash

"Hanging Gardens"
installation
a0216706_20392263.jpga0216706_20385141.jpg



"Jivana -The Life/existence-"
Video
a0216706_2050679.jpg



Photo by Akira Yasuda, Hajime Kato.


ARCUS Project 2013 IBARAKI, Artist-in-Residence Program
Please see other activities of our AIR program.
[PR]
by arcus4moriya | 2014-02-28 19:19 | AIR | Comments(0)
Information of the Earthquake, Fukushima, and Radioactivity (March 1st, 2014)
These are information about Great East Japan Earthquake on the internet as reference data. Please refer to them.


▶Japan Atomic industrial Forum_English
Daily updates on nuclear power station in Fukushima

a0216706_15165454.jpg


'Information on the Great East Japan Earthquake' by Ministry of
Economy, Trade and Industry


Reading of environmental radioactivity level
by Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology(MEXT)


Nuclear Regulation Authority_English

IAEA: International Atomic Energy Agency_English


■The distance from FUKUSHIMA Nuclear Power Plants to IBARAKI, ARCUS
Studio in Moriya city
a0216706_202129.jpg



Emergency & Disaster (IBARAKI Prefectural Government)

AIST: Advanced Industrial Science and Technology_ the south part in IBARAKI

Emergency support desk for foreign residents in Ibaraki:

Moriya City

National Institute of Radiological Science

Consumer Affairs Agency, Government of Japan (inspection of
agricultural products)


ICRP: International Commission on Radiological Protection

Japanese Air Transport after the 2011 Tohoku-Pacific Ocean Earthquake


【Report and Media】

The radiodensity in Japan_graphic data_Japanese

IBARAKI

Water in IBARAKI_japanese

Science Media Centre of Japan

Citizen's Nuclear Information Center_incl:u-stream posting

'GAIJIN Pot'_WEB Magazine for Foreign residents in Japan
The Great East Japan Earthquake issue

Science for a Changing World
[PR]
by arcus4moriya | 2014-02-28 18:27 | AIR | Comments(0)
「いちねんせいのさくひんてん」にむけて制作スタート3
みなさん、こんにちは。
この度アーカスプロジェクトでは取手アートプロジェクトさんとの連携事業「いちねんせいのさくひんてん〜いつもいっしょに〜」を開催します。名前の通り、作品を出品するのは小学1年生です。守谷市内の小学校3校の1年生全員がアーティストと共同制作をし、その作品をイオンタウン守谷で一同に展示します。
3校のうちの最後の実施校にあたる守谷市立松前台小学校でワークショップを行ったのは、アーティスト副島章弘さんです。副島さんが行ったワークショップは「あなたのいろ・わたしのいろ・つながる・ひろがる」。
子どもたち自身が、事前に身近にいる大事な人に〈好きな色〉と〈その理由〉を聞き、自分の好きな色も加え4つの色を使い、大きな布にみんなで絵を描きます。それを自由に切りとって作品にします。

ちなみに、子どもたちが教室にくる前の状態はこのような感じ。
a0216706_1618580.jpg


まずは、副島さんから今日のワークショップについての説明があり、
子どもたちが、家族などに事前に聞いて作成したお手紙ワークシートを見ながら、「自分の回りの人の好きな色」とその理由を何人かに発表してもらいました。理由がまた面白いです。
a0216706_16352191.jpg

a0216706_16381077.jpg

そして、その色を作ります。
なかなか渋くて素敵な色を作っていますね。
a0216706_1639957.jpg

そして、描く作業の前に布を湿らし…。

a0216706_17244233.jpg

まずは、副島さんによるデモンストレーションを皆で見学します。
写真では伝わりにくいのですが、湿った布に水彩絵の具がじんわりと広がっていく様子が美しく、子どもたちの間からは「わぁ〜…。」という声が。
a0216706_1645614.jpg


さあ、いよいよ描く行程に入ります。
a0216706_1762638.jpg


徐々に、大胆になっていく様子が面白いです。
a0216706_1734937.jpg

a0216706_17104746.jpg

このパレットの緑3色の微妙な違いは1年生とは思えません…!
a0216706_17111635.jpg

なかなかのスペクタクルです。
a0216706_16544649.jpg


次は、布を好きな大きさ・形に切りとって一人ひとりの作品にしてゆきます。
a0216706_17201616.jpg

でも、ほかの人の描いた部分も自分の作品の中に含まれていたりして…
作品同士が関わり合いを持ち、一人では決して作れない作品が出来上がってゆきます。
a0216706_16555657.jpg




完成した子どもたちの作品は、3/29(土)から4/6(日)までイオンタウン守谷1Fにて展示します!
ぜひ、足をお運びください。
a0216706_16563334.jpg

[PR]
by arcus4moriya | 2014-02-26 22:27 | 地域とアート | Comments(0)
「いちねんせいのさくひんてん」にむけて制作スタート2
みなさん、こんにちは。
この度アーカスプロジェクトでは取手アートプロジェクトさんとの連携事業「いちねんせいのさくひんてん〜いつもいっしょに〜」を開催します。名前の通り、作品を出品するのは小学1年生です。守谷市内の小学校3校の1年生全員がアーティストと共同制作をし、その作品をイオンタウン守谷で一同に展示します。
3校のうちの2校目、守谷市立大野小学校でワークショップを行ったのは、アーティスト桐生眞輔さんです。桐生さんは、書の伝統的技法を研究した書家として出発し、美術行為としての書を新たな解釈で提示しているアーティストです。
今回のワークショップのテーマは「友達と手をつなごう」。
自分の身の回りにある様々な素材を合わせてオリジナルの筆をつくり、その筆で書を表現します。

まずは、“書の表現”とは何か、という、小学1年生には少し難しそうな導入からです。しかし、例を挙げて説明することで、みんな興味津々。
a0216706_21183868.jpg


次に、様々な筆の種類の説明です。
a0216706_1261052.jpg


クイズを交えながらのやりとりに、テンションが高まっていきます。
a0216706_1145299.jpg


導入が終わると、筆の材料を採取しに校庭へ。
a0216706_11113690.jpg

自分の思い描く筆には、どんな植物がぴったりかな?みんな真剣です。
a0216706_15512598.jpg


教室に戻り、筆の制作に入ります。それぞれ自宅から持って来た物と、校庭で採取した物を組み合わせて、オリジナルの筆を形にしてゆきます。
a0216706_11322033.jpg


持ち手の部分にも装飾を付けていますね、凝ってます。
a0216706_11354020.jpg


持ち手が長い筆だと、どういう文字になるのでしょう。
a0216706_1151228.jpg


a0216706_11533893.jpg



そしていよいよ、自分で作った筆を使い、書の表現に入ります。
この時間は授業参観です。保護者の皆さんの見守る中で始まりました。
今回は、「友」という文字を書きます。1年生はまだ習っていない文字ですが、文字の成り立ちの説明を聞きながら、自分の書きたい書体を選びます。
a0216706_1242675.jpg


a0216706_1284356.jpg

a0216706_1292559.jpg

a0216706_1294985.jpg

子どもたちの作品の素晴らしさに、圧倒されます。
a0216706_12103435.jpg

a0216706_12162876.jpg


皆の前で、桐生先生に作品を紹介されると少し恥ずかしいようですが、それでもやはり誇らしげな子どもたちの姿が印象的でした。
a0216706_15502931.jpg

a0216706_1551783.jpg

a0216706_12199100.jpg


彼らは、まだ学校の授業では習字を経験していません。学校教育で書に触れた初めての経験が、この授業だなんて何ともうらやましい限りです。

皆の書の作品と、作った筆は、3/29(土)から4/6(日)までイオンタウン守谷1Fにて展示します!
ぜひ、足をお運びください。
a0216706_15443883.jpg

[PR]
by arcus4moriya | 2014-02-21 21:00 | 地域とアート | Comments(0)
「いちねんせいのさくひんてん」にむけて制作スタート1
みなさん、こんにちは。
今年度もあと少しで終わりですね。

さて、この度アーカスプロジェクトでは取手アートプロジェクトさんとの連携事業「いちねんせいのさくひんてん〜いつもいっしょに〜」を開催します。
名前の通り、作品を出品するのは小学1年生です。守谷市内の小学校3校の1年生全員がアーティストと共同制作をし、その作品をイオンタウン守谷で一同に展示します。

3校のうちの1校目、守谷市立黒内小学校に登場したのは“ゴブリン博士”こと、アーティスト小中 大地さんです。
a0216706_18164819.jpg


まずは、1年生のみんなにゴブリン博士の研究を手伝う研究員として話を聞いてもらいます。博士のこれまでの活動、研究発表がにこやかに始まりました。
a0216706_18242641.jpg


研究発表が終わるといよいよ、研究員たちは今回のテーマ「いえゴブリン〜家族をつなぐ不思議な妖精〜」で、各自でゴブリン制作に入ります。
今回は、事前にワークシートがあり、自分の家族一人ひとりの特徴や好きなことを調べてもらってきました。その特徴を体のパーツとして形にし、全て合体させた家族の守り神のような存在としての「いえゴブリン」を制作します。
a0216706_18282471.jpg

集中していますね。
a0216706_18311351.jpg


一体、どんないえゴブリンができるのでしょう?まずはパーツごとに制作します。
a0216706_18351422.jpg


これは、チョコレートっぽいですね。家族の誰かが、チョコレートが好きなのでしょうか…
a0216706_18393477.jpg

a0216706_18401599.jpg


この目は何かを表現していますね、きっと…
a0216706_18475571.jpg


そのような答えは、イオンタウン守谷にて展示する際には、わかるような展示の方法になる予定です。
それぞれのいえゴブリンと、その由来をお楽しみ下さい。
ちなみに、展示期間は3/29(土)ー4/6(日)です。
お楽しみに。

a0216706_20475210.jpg

[PR]
by arcus4moriya | 2014-02-05 22:22 | 地域とアート | Comments(0)


S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28
カテゴリ
全体
AIR
地域とアート
オープンラジオ
アーティスト・イン・スクール
HIBINO HOSPITAL
だいちの星座
ロッカールーム
アーカスの日常
スタジオ来訪者数
2009〜2010
未分類
外部リンク
検索
ARCUS Twitter
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧