<   2013年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧
国際審査員による審査コメント Comments for selection from Invited international curator 2013
今年度の国際審査員キース・ウィトル氏による審査コメント

ロドリゴ・ゴンザレス・カスティージョ
版画は日本において物語の歴史的衰退と繁栄を語る上で重要なものです。時が経つにつれてその形式は(何世紀にもわたって形式や特徴が絶え間なく変わるかのように)浮世絵からより現代的に大変人気のある「マンガ」のように変わってきていますが、いまだに版画は日本芸術の特色であります。
 メキシコ出身の視覚芸術家として、ロンドリゴ・ゴンザレスは特に日本の木版印刷(木版画)に興味を持ち、現代の状況において木版画が、その知識やアイディアの交換を通して生み出す意味の可能性を提供しようとしています。
 彼が過去の作品においてサインシステムへの興味を示したように、アーカスへの応募内容からは、彼は記号論やコミュニケーション理論、また瞬間的・感情的なつながりをについて実践したいのだろうと考えられます。またこのプロジェクトによる調査では日本だけにある文化的なイメージや象徴についての理解を彼に提供するものと考えられます。

 彼の応募では特に3つのことが際立っていました。1. 普段美術館や画廊に行かない人や現代アートについて知らない人に彼のアイディアや製作過程を共有する機会になること 2. アートをただ静的な対象(絵画や彫刻など)だけでなく、広く参加できるものとして捉えていること 3. 彼のプロジェクトに参加することが、普段出会わないさまざまな人々と知り合いとなる基盤を作り出すこと。
 新しい人間関係や対話を創造することに深く興味があり、日常生活で起こることや人々との間のつながり、参加者各自の芸術活動からひらめく芸術家として、彼の提案は日常生活を感情豊かなものにするというねらいが明らかでした。

 彼の参加型プロジェクトは陽気な面あるのはもちろんのこと、日常生活と芸術の障壁を壊すことや人々の創造的な側面を表面化することが教育的な面から魅力的です。
 
絵画や版画を用いて、さまざまな角度から守谷での毎日の生活をそのまま示し、同じ都市のお年寄りと子供たちのあいだにある一体感を共有し、プロジェクトの参加者同士が新しい目的や人間関係を見つけることができるようにすることを彼は望んでいます。

参加型プロジェクトを通して、アートが個人とグループの間でコミュニケーションツールとなり、人々の対話を生み出すことで、自身たちのプラットフォームを創造することできます。彼のプロジェクトと取り組みはアーカスプロジェクトの目的の一部にとてもふさわしいものです。


シビレ・ノイマイヤー
シビレ・ノイマイヤーは、非常に興味深く、また才能を開花させているアーティストで、彼女が取り組んでいる作品は、彼女の聡明な洞察力と同じく優れたものです。彼女のレジデンスへの申込内容は、彼女のプロフェッショナル精神を示しただけに留まらず、私は彼女の見識の深さ、想像力、意欲に感銘を受けました。彼女の幅広い関心知識は、現代アート、映画、文学、科学史、科学理論やそれ以外をも包含しています。彼女がアートの実践に尽力することを通じてプロフェッショナルとしての経験を積み重ねていることが、彼女の応募内容及び作品からはっきり表れています。

同時代の鑑賞者として私は、どのようにしてノイマイヤーのプロジェクトが、制約のない中から彼女がテーマを選ぶことで生じ、一連のプロセスを通じて進化していくのかに感銘を受けます。それらはしばしば特定の場所、特定の時間により形成され、多くの学問分野にまたがって協働的に制作することに重点が置かれており、専門家と専門ではない者とがさまざまな分野をまたいで関係し合います。紙、彫刻、写真、ビデオ、あるいはそれ以外の形式であろうと、ノイマイヤーの作る作品には確かな理論的な分析と明確な方法論に裏付けられたコンセプチュアルな快活さ、美、鋭さがあります。

生物学、考古学、植物学・地質学の研究、分類と変形、過程と時間に対する彼女の関心は、創作的・詩的な知識と科学に基づく知識との境界線を、芸術的、象徴的に曖昧にさせてくれます。

彼女の作品は、馴染みのあるもの-空間や背景-を表現しながら、しかしそれらに対する私達の認知を、アイディア、環境、対話を通じて変化させます。それは創造的な行為として作品との相互作用と同じく大切なものです。彼女の作品は普段は隠されているものを目に見えるようにし、また、一見つかみどころがなく克服できないものの無視することのできない大切な力へと、私達を引き込ませるのです。

ノイマイヤーのレジデンスの提案は、文化と自然に関する重要な問いに取り組んでいるとともに、そのプロセス及び調査には十分な土壌があります。

彼女の以前の作品の中に、環境への関心についてミクロからマクロまで探求した作品がありますが、それは様々な手法で拡張可能なものです。私達は自然をどのように知覚すべきか。汚染や廃棄物については?森林や河川は?食料は?日本の生活様式において“伝統的”なものは何か、そして彼女がそこから何を学べるか?人間と自然との繊細なバランスについてもう一度考察することを余儀なくされた出来事-放射線、エネルギー、水、材料、食糧、人口の問題-社会が直面している恐ろしい問題-、それらが明確に描かれ、光が当てられ、時を得た説明が与えられています。
 
私達の日々の意思決定、社会的・環境的な文脈が私達の一連の行動をどのように形作るべきか、地方と都会の双方の人間が今直面している環境関連の問題など、彼女のより広い関心が、確かなコンセプトの枠組みと芸術的なプロセスを通じて探求されるだろうと私は確信しています。それは、私達がそれらの問題をどう考えるべきか、あるいは問題解決はどのように進んで行くかといったことを押しつけることなく、環境の衰退という重要かつ差し迫った課題にどう私達がアプローチしていくのかについて、地域レベルで開かれた対話を行っていく機会を提供してくれます。

私は、シビレのレジデンスへの提案は、よく熟慮され、綿密で、日本だけでなく私達全てにとって非常に価値のあるものだと確信しています。プロジェクトを完成へと前進させる彼女の力、彼女の着想を展開させるための意欲と献身。彼女が茨城や守谷で行うリサーチ活動や、様々な段階で行われる地域住民との関わりは、レジデンスの本質や趣旨に適したものになるでしょうし、さらには、より広くアーカスプロジェクトとしてもふさわしいものになるでしょう。


ナンデシャ・シャンティ・プラカシュ
もし現代美術作品が、制作された特定の国の政治・経済状況に影響されているとしたら、選考過程でナンデシャ・シャンティ・プラカシュの作品と出会うことは、現代美術とグローバリゼーションの関係性や、特別な「政治」「経済」への問題提起を浮かび上がらせます。
 彼の制作でよく使われるモチーフは、社会や政治でよくある議論であり、プラカシュは日常生活や仕事から発見したもの、材料は捨てられたくずや、拾ったもの、短命なもので、それらそのものの形態やメディアを使用することで、現代芸術の過度な営利主義への発展から後退するよう提案しています。それらは現代政治の価値観を拒否する明確な批判になります。
 時間や歴史、変化の過程を積み重ねた彫刻を通し、毎日目にはしてもあまり重要でないありふれた人々の日常生活を利用することによって、プラカシュは国際化の過程と地元文化の再構築について調査しています。その再構築によって都市化された文化と自然が対等な関係を築いています。
 彼の作品はスタイルや材料の面では、特徴的なものでないのですが、‐主要な目的としてその地域の人との交流やコミュニケーションが繰り返されるプロジェクト‐ 過程、時間、場所、環境そして大衆に広くアイディアの普及、地域の環境、人々、参加者、社会が制作の中で原理を有効に活用し、社会的に実体的にプロジェクトの調査を理解するための調査になっています。プラカシュのテーマと制作への取り組みは、アーカスプロジェクトにふさわしいものであると私の心をうちました。

 急速な近代化を反省する時代である最近の日本の状況において、異例の速さで都市化や都市膨張が広がっているアジア太平洋の状況で、プラカシュのプロジェクトを通して、社会そして都市は、先入観を変え、地方、多様性、相違点、特殊性といったメリットが強調され、新しい議論が形成され、異なるグループと付き合うチャンスが生まれることとなるでしょう。

 彼は社会と政治的な態度について議論し、作品制作をとおして開かれた対話を行う予定です。プラカシュの提案では、作品制作の参加者自体を、現代世界の一般認識をより高めるための手段として、重要なものとして考えています。
 
場所や事物、地域を扱うことで、新しい関係や議論を創造することに深く興味を持っており、教育プロジェクトでかなり数の経験を持ち、公共空間を明らかに変化させる技術をもつ芸術家として、彼のプロジェクトは我々の既存のものの見方を変え、違った見方を意識させることを促進します。
 このような彼のプロ意識、機転、想像力、制作への意欲によって、滞在中のプロジェクトの結果を疑う余地はないでしょう。彼は社会の中の芸術の可能性を引き出し、さまざまな価値観を表現していくでしょう。


キース・ウィトル氏についてはこちらから
http://www.arcus-project.com/jp/topic/2013/topic130521133839.html


Comments for selection from Keith Whittle

Rodrigo Gonzalez Castillo
Printmaking plays an important part in the historical ebb and flow of pictorial storytelling in Japan. Though over time its form has changed - appearing in ever-changing forms and characters across the centuries - from Ukiyo-e to the more contemporary and extremely popular pictorial story telling form “manga”, it is still a special feature in Japanese art.

As a visual artist from Mexico, Rodrigo Gonzalez is particularly interested in woodblock printing in Japan (moku hanga), how in a contemporary context it could offer a means through which an interchange of knowledge and ideas might take place.

As in his previous work which explores the system of signs, his ARCUS residency proposal can be interpreted and understood both in terms of semiotics or communication theory, or just as valid, in terms of the instantaneous and emotional bond he aims to achieve. As an exploration it can also be understood as one that will lead him to an understanding of the meaning behind culturally-distinct images and symbols within Japan.

Three specific threads stand out in his application: 1. The opportunities his ideas and processes afford people who usually do not visit museums, galleries or know about contemporary art. 2. His insight that art is not just about static objects (painting, sculpture etc), but can be participatory and inclusive. 3. That participation in his projects creates a platform where very different people, who normally never meet, participate together and get to know each other.

As an artist deeply interested in the creation of new relationships and dialogues, one finding inspiration from the connections between everyday life situations, phenomena and people. And relationships among participants, or between the respective artwork and the participant, it was clear from his proposal that his aim is to establish art as something accessible that enhances daily life.
The educational as well as playful aspects inherent in his participative projects, appeal as they function as a means to break down the barriers between art and everyday life, bringing to the surface everybody's creative side.
Working with images to represent a direct and intimate panorama of every day life in Moriya, with drawing and printmaking as primary tools, his ambition is to transmit a feeling of community, shared between the children and the elder people as members of the same city; and to activate a visual communication in which the participants of the project could find new meanings and relations.

As a platform for participatory art that can initiate and broker conversations between individuals and groups to communicate and to create a platform by themselves. His project and approach is particularly fitting the philosophy behind the ARCUS Project residency programme.


Sybille Neumeyer
Sybille Nuemeyer is a highly interesting and talented emerging artist, who's engaging artworks are matched by the intellectual insight that she brings to them. Her residency application not only demonstrated to me her professionalism, but her obvious resourcefulness, imagination and dedication. Her wide-interests and knowledge encompassing contemporary art, film, literature, science history and science theory. Growing level of professional experience, along with her commitment to developing her practice, was vividly displayed in her application and through the work she submitted for consideration.

A contemporary observer, I am impressed by how Nuemeyers’ projects evolve from a singular process, born from an open-ended engagement with her chosen subject area. Often given shape by a particular place and time, with an emphasis on interdisciplinary practice and collaborative working, they involve both specialists and non-professional advocates across numerous fields. Whether through paper works, sculpture, photography, video, or other forms, Nuemeyer creates works of conceptual vivacity, beauty, and poignancy underpinned by strong theoretical analysis and clear methodology.

Further, her interest in biology, archeology, botanical and geological studies, classifications and transformations, process and time offers us an artistic and symbolic blurring of the borders between fictional, poetical and science-based knowledge.

Presenting the familiar - spaces and contexts, but shifting our perceptions of such through investigation of a proposition, or situation and discourse in any given work - as much as part of the creative act as interaction with the work. Her work makes visible what is often hidden and engages us with forces that though often seemingly intangible or insurmountable are too important for us to ignore.

Nuemeyers’ residency proposal tackles some of the key questions about culture and nature and is fertile ground for process and research.

As with previous work her chosen theme, one that explores environmental concerns - micro to macro, is scalable in different ways. How should we feel about nature? About pollution and waste? About our forests and rivers? About food? What is the 'traditional' in the Japanese way of life, and what can might she learn from it? The events that have recently forced us to once again to consider the delicate balance between humankind and nature - radiation, issues of energy, water, materials, food, and population - the formidable challenges societies face by such - are clearly outlined and highlighted and make for timely exploration.

Her interest in larger concerns, our daily decisions and how social and environmental contexts should inform our courses of action and environmentally related problems that the people in both rural and urban areas now face, will I believe, be explored through solid conceptual frameworks and artistic process. Which though not dictating how we should view these problems, and or how we might go about finding solutions, offers a chance for open-dialogue at a local-level on how we best approach important and pressing issues concerning the reversal of environmental degradation.

I believe Sybille’s residency proposal is well considered, thorough and extremely relevant, not only to Japan, but to us all. Her ability to push projects forward to completion, dedication and commitment to developing her ideas. Coupled with research she will undertake in the area of Ibaraki and Moriya city, engagement with its citizens at all levels, make her particularly suited to the nature and intent of the residency, and wider ARCUS Project programme.


Nandesha Shanthi Prakash
If contemporary art is informed by its relation to the particular political and economic circumstances of any given country from which it derives, encountering the work of Nandesha Shanti Prakash, during the selection process, demonstrated that contemporary art and it’s relation to globalisation, raises yet further important political and economic questions.

Questioning the social and political, a recurrent motif in his work, Prakash’ constructs objects from those found in everyday life and work - which in their modes and media - discarded scraps, found objects, and ephemera - propose a retreat from the growing excessive commercialism of contemporary art practices. And which in themselves assert a sage-like refusal of contemporary politicized values and their obvious, critical language.

By utilising the ordinary from people’s daily lives, the everyday the seeming peripheral through sculptural works layered by time, history and process of transformation, Prakash’ deftly and subtly explores the process of globalisation and restructuring of local culture - urbanisation being the most spectacular aspect of this restructuring process, and the conflicting relationship of culture and its relationship to nature.

Exemplary for his eclectic approach without a signature style or material – but reiterative projects where communication and communion with the local can be seen as a central motivation – process, time and space, environment, dissemination of ideas to wide audiences. Where local environments, people, participation and community are principle assets within the work, his project research encompasses research to understand the site both socially and physically. Prakash’ immediately struck me as an artist whose themes and approach to his practice would be ideally suited to the ARCUS Project Residency Programme.

In the context of Japan, a country currently undergoing a period of considerable reflection on the shortcomings of modernity, and in the context of wider the Asia-Pacific region, where urbanisation and urban expansion are taking place at unprecedented speed. Prakash’s residency project and his interest in society and our relations in the city, will, I believe, initiate and broker new conversations, shift preconceptions, highlighting the merits of the local, diversity, difference and distinctiveness - making spaces for conversation between differing groups.

Questioning social and political attitudes, and characterised by open-endedness and dialogue, leading to object, event, and process-based work. Nandesha Shanti Prakash proposal utilises important and extremely relevant strategies, - both in his chosen research and stated approach which consider the participation of the population in the production of artworks; as a tool of mediation in order to raise a better general awareness of the contemporary world.

As an artist deeply interested in the creation of new relationships and dialogues working with site, object and communities. One with considerable experience of participatory educational projects, along with his clearly evident skill in transforming the common place, his project will act as catalyst to make us aware of different perspectives, one that also opens up new possibilities to change familiar views.

This along with his professionalism, resourcefulness, imagination and dedication to his work, will no doubt result in a significant project during residency. One that brings out the potential of art into society and represents diversified values.


Information about Keith Whittle is here.
http://www.arcus-project.com/en/topic/2013/topic130521133839.html
[PR]
by arcus4moriya | 2013-11-26 18:57 | AIR | Comments(0)
ロドリゴの版画作品が期間限定でモコバスに…! You can see Rodrigo's prints in MOCO bus!
みなさん、こんにちは。藤本です。
今日の夜は、守谷市の「モコバス」にロドリゴの版画作品を貼る作業をさせていただきました。
(そして、11/30,12/1のオープンスタジオのチラシも貼らせていただきました。)
夜のバスプールは静かで、人がいなくて、寒くて…普段は入れない場所は人を少し特別な気持ちにさせます。
その特別感のおかげで、作業は終始ハイテンションで進みました。
Tonight, we installed some Rodrigo's prints and stuck fliers of Open Studio#02 in MOYIYA community bus(called MOCO bus).
The bus pool was so quiet, no people and cold at night. You can not go in, normaly. That atmosphere gives you special feeling. Because of it, we were excited during the installing.

a0216706_22552546.jpg

仕上がりに満足しましたか?ロドリゴさん。Rodrigo, did you get satisfaction?
a0216706_22592310.jpg


ちなみに、ロドリゴの作品は6台のうちの2台だけ。
ご覧いただける期間は、11/24〜12/10(予定)です!
その他の4台には、今年のアーティスト・イン・レジデンスプログラム、最後のオープンスタジオのフライヤーを所狭しと貼らせていただきました。
You can see the artwork two busses of all six busses, and the other four busses have a lot of our fliers, 24th November to 10th December.

a0216706_2256553.jpg


オープンスタジオ当日は、モコバス 
 いこいの郷・板戸井ルート〈A・左回り〉もしくは〈A・右回り〉
守谷駅西口1番乗り場発
〈Information of busses to ARCUS studio〉

12:20〈左回り〉  
12:30〈右回り〉  
13:20〈右回り〉  
13:30〈左回り〉
14:20〈左回り〉
14:30〈右回り〉 
15:20〈右回り〉
15:30〈左回り〉

のいずれかにご乗車いただき、「守谷高校前」で下車してください。
所要時間はおよそ20分です。
アーカススタジオが目の前に見えます。
(お帰りの時間はお気軽にスタッフにお問い合わせ下さい。)
時刻表はこちらからダウンロードできます。


運が良ければ、ロドリゴの作品をバス内でご覧いただけるかもしれません。
You might be able to see his artwork in the way to go to Open Studio luckily!

a0216706_2354030.jpg

a0216706_23394834.jpg

お楽しみに!
[PR]
by arcus4moriya | 2013-11-23 22:56 | AIR | Comments(0)
ショウケースvol.6 小中大地さん 新聞で紹介していただきました。
ショウケースvol.6小中大地さん 始まりました!
詳しい内容はこちらです。
会期中もゴブリン博士は時々やってきて、次第にゴブリンが増えて行く予定です。
運がよければゴブリン博士に会えるかも?
朝日新聞茨城版に紹介されました。
学びの里は紅葉もきれいです。ぜひおでかけください。
[PR]
by arcus4moriya | 2013-11-21 12:13 | 地域とアート | Comments(0)
11/15 アーカスプロジェクトのアーカイブについて。
この日は、3331アーツ千代田さんにある、P+アーカイブさん[東京アートポイント計画×NPO法人アート&ソサイエティ研究センター]のお招きで、「アーキビスト・ネットワーキングカフェ02」に参加しました。
チーフコーディネターの朝重と、2010-2011年度元ディレクターの小田井真美さん(札幌国際芸術祭2014 チーフプロジェクトマネージャー)、2011年度アーカイブスタッフだった志村春海さんによるアーカスプロジェクトのアーカイブについてのトークがありました。

a0216706_14183165.jpg


2011年度に、過去のアーカスプロジェクトに関わった関係者や地域の人へのヒアリングやインタビュー、そして歴代の招聘アーティストへの当時の実態についてや現在の状況についてを主な項目にしたアンケートを一斉に行いました。調査を行うことにより、見えてくる過去約17年間のAIRの変遷を再確認し、今後AIRがどのようにアートに関わる事業の一環として、どういう分野で活用しうるのかについて、小田井さんがプロジェクトとして調査してきたことを話してくださいました。また、現在でこそ当たり前のように良く言われる「地域活性化」を軸に、1994年から謳われてきたアートプロジェクトという活動が地域にどのような影響を及ぼしたのか、またアーカスプロジェクトが行ってきたことは日本でのAIR事業だけでなく、日本の現代アートのここ20年間の流れの中でどう位置づけられてきているか、などもお話しいただきました。(小田井さんのスライドより)
a0216706_14211330.jpg


アーカススタジオには、1994年のパイロット事業時代からの書類、「レコーディングマテリアル」、審査資料、活動時に残された記録写真、アーティストが掲載された媒体資料....などなど、とてつもない資料が残されています。

アーカススタジオの規模縮小に伴い、昨年度から保存可能な書類、資料のスペースにも限界が出てきており、歴代のスタッフがまとめては片付けてきた資料の山を少しずつ、整頓していきました。懐かしいスライド、VHS、Hi-8、FD(フロッピーディスク)、MO(マグネットオプティカルディスク!!!)、はたまた審査資料などなど....時代を感じる古き良き財産が残されています。
a0216706_1434347.jpg

今年、春の耐震工事に合わせて「もりや学びの里」から一時出て行かなければならなかったことと、7月に開催したシンポジウムの資料展示の為に、今年度スタッフが全ての画像や映像資料を、開かずの間のような資料室から取り出し、整理しました。そこでチーフはじめ、スタッフが直面したのは...
20年近く前のテレビなどで放映された情報がVHSなどの録画資料となっており、ある程度、ある時期にデジタル化されているものの、中には再生できないものもあったり、資料としてお披露目したくとも当時の契約等、著作権などの権利問題の諸関係で表立って資料として公開できないこと、膨大な年次毎の資料をどこまで残していくか
などの問題でした。

なかなか貴重な映像資料は残っていても、今後、どのように保管していくか、そしてもし、公益化できるとするならば、どのような線引きが必要か、などの問題にも直面しています。
a0216706_157386.jpg


奇しくも、アーカイブスタッフが資料を片付けていた2011年の3月11日、東日本大震災がおき、半ばまとまりかけていた資料棚が全て傾き、安全に保管できないことがわかり、そこからまたコツコツと資料を整理する日々が続きました。

今年9月に入り無事、アーカスの元の巣へ戻った際には、これから整理すべき資料をまとめる為のファイル棚だけは確保しました。戻ってすぐにレジデンス事業は始まり、まだファイルは空のままです。
a0216706_15504159.jpg

今回のトークを通じて、今後、このような事業資料・記録媒体を整理することに興味を持つ人、アーカスプロジェクトの変遷を、客観的に資料と対峙しながら精査しアーカイブ化することに積極的な人材の確保、または、将来、アートプロジェクトを行いたい人に対して有意義なデータとして遺していくことを実践するには、どうしたら良いか、現場で今現在行われているAIR事業と同時に追尋しながら記録をまとめていく困難さを吐露するとともに、聴講くださった参加者の方々から意見交換をする機会を得ました。大変に有り難い機会でした。

ただやみくもに実績や回数としてプログラムを行うだけではなく、その活動後にどのように変化をもたらしたか、誰に影響を及ぼしたか、それはその時代の招聘アーティストにとっても有意義であったのかどうか、地域に新たな提案として還元されているのかどうか、それをどのように数値化/価値判断していくか、等々。。。問題は山積みではありますが、昨今のアートプロジェクトにおける実績と成果や効果においての回答の一つ・糸口となるような「記録」を残すことの重要性を改めて考えさせられる回でした。

今後P+アーカイブさんの活動にアーカスプロジェクトも注目していきたいと思います。
ちなみにこちらは1回目のカフェレポートだそうです。
[PR]
by arcus4moriya | 2013-11-16 12:41 | AIR | Comments(0)
ショウケースvol.6 小中大地さん ただいま制作中です!
毎回ひっそりとスタジオにたたずむ「ショウケース」。
11月19日(火)から始まる次の展示は、小中大地さんです。
現在初日をめざして時々スタジオに来て制作中です。

制作中に、滞在している他のレジデントアーティストとの交流も生まれています。
お互いのスタジオを行き来したり、場所や道具を少しの間かしてもらったり。
ショウケース、こんな展開もアリなんです!
a0216706_14221430.jpg

[PR]
by arcus4moriya | 2013-11-15 14:23 | 地域とアート | Comments(0)
スタジオヴィジット ーチェ・キョンファさんー Studio Visit -Che Kyongfa-
みなさん、こんにちは。藤本です。
本日は、キュレーターがレジデントアーティストのスタジオを訪れる「スタジオヴィジット」の日でした。本日お越しいただいたのは、東京都現代美術館のキュレーター、チェ・キョンファさん。昨年度のアーティスト・イン・レジデンスプログラム ゲストキュレーターです。
寒いけれど、天気の良い守谷。アーティストのスタジオには、自然光が降り注ぎます。
アーティストたちはみっちりと作品について話し込み、集中力が加速していきます。

Today is the day of “ Studio Visit”which we have curators or involved people in Fine Art, for our resident artists. This is Che Kyongfa who is a curator of Museum of Contemparary Art Tokyo(called MOT). In addition She was the guest curator of ARCUS Project residensy 2012, last year.
It was quite cold, but sunny in Moriya, and rich sun light came in artists' studios.
They talked enough about their projects here with Ms.Kyongfa with showing the processes, and the talking made them more serious.
a0216706_1748315.jpg

a0216706_1751786.jpg


気付けば、お昼をとるのも忘れ…
お昼をはさんで、話は続きました。
They had forgotten to have lunch. After lunch time the talking was continued.
a0216706_17515325.jpg

a0216706_17572180.jpg

a0216706_17551567.jpg


そして、ナンデシャはスタジオヴィジットのあいまに、市民の方にご協力いただいて手に入れた立派な竹をスタジオに運び込んでいます。いきいきと嬉しそうな表情にこちらも嬉しくなります。

Nandesha took some bamboo that a people living in Moriya, gave him into his studio. Those ware really magnificent. We were so happy to see his smile during it.
a0216706_17562293.jpg


スタジオヴィジットはアーティストにとって非常に重要な機会です。普段からアーティストの制作現場を見ているスタッフや関係者ではなく、新鮮な視点を持ったキュレーターの立場から発せられる意見や感想は、アーティストに自身の制作を見つめ直すタイミングや、これまで取り組んできた制作プロセスに対する自信を与えてくれるかもしれません。

彼らは、守谷という場所で特別な時間を過ごしていると同時に、美術史上に、大勢の中の1アーティストとして存在しています。例えば地域の人にとってどういう存在であるかということと同時に、世界での彼らの立ち位置がどこにあるかを意識するということも大事。
ひょっとしたら、この二つの大きな異なるレイヤーを包括的に俯瞰するのは、もう少し後でも良いのかもしれません。でも、常に考えなければいけないことではあります。
つまりアーティストとは…大変なことを日々、果敢にやってのけているのです。

11/30(土)、12/1(日)に最後のオープンスタジオを開催します。時間は両日13:00〜19:00です。
ガイドツアー、トークイベントなど盛りだくさんです!
どうぞお見逃しなく。

Studio Visit is very important opportunity for artists, because They can get fair or neutral opinions from people who do not know their activity very much. The oppinions might be different from ARCUS staff like familiar people. So artists might look back their process, and get a turning point that they think again of their artwork, or get confidence again.

They have spent the time which have two layers. One of them is as a special artist in Moriya, the other is...just one of many artists in the world, on the long art history. They should be conscious about their perspective with thinking their positions here and also in the Art World.
Sometimes it might be quite complicated for them, must see two different layers at the same time, artists might be able to think about their positions in the art world as their career after the experienceof the residency, but they actually should be conscious in any times...
In other words, artists are tackling earnestly such a tough work!


We will have the last Open Studio
30th November, 1st December 13:00-19:00
and prepare guided tour & Talk events for both of days. Please join us!
[PR]
by arcus4moriya | 2013-11-12 17:57 | AIR | Comments(0)
「キャッチ!ART ROUND EAST」搬入の巻。Install for Group show, "CATCH! ART ROUND EAST"
Group show, "CATCH! ART ROUND EAST" installing.

みなさん、こんにちは。藤本です。
明日11/2(土)より、私たちアーカスプロジェクトも参加する合同展覧会「キャッチ!ART ROUND EAST」を開催します。場所はなんとJR上野駅構内、Breakステーションギャラリーです。
私たちアーカスプロジェクトからは、レジデントアーティストのロドリゴ・ゴンザレス・カスティージョ (メキシコ)、シビレ・ノイマイヤー(ドイツ)、ナンデシャ・シャンティ・プラカシュ (インド)が共同で制作したひとつの作品を展示します。

We, ARCUS Project participates in the group exhibition "CATCH! ART ROUND EAST" at Break station gallery in JR Ueno Station. It starts from tomorrow, 2nd of November.
So, our resident artists, Rodrigo(Mexico), Sybille(Germany), and Nandu(India) created one installation as their collaboration work.
a0216706_18335410.jpg


本日、搬入だったのでその様子をお伝えします。
こちらは全体。
This is whole visual image.
a0216706_1837355.jpg

以下は部分です。
Details, below.
a0216706_18305541.jpg

a0216706_18313351.jpg

3人のアーティストの思考の欠片と、手作業の中から生まれたたくさんのものたちが一つの作品として混じり合っています。一つひとつをじっくり見ていると、彼らがアーティストたる所以がわかるかもしれません。
Their own on going researches makes these of each parts as one of installation. All of parts are making and mixing with their fragments of thoughts.
You will might be able to see the reason why they are artists.


a0216706_1832387.jpg



ぜひ、上野駅で電車を降りて作品をご覧ください。
Please come and see their works.

【開催情報】
期間:11月2日(土)~12/19(木) 7:00 - 23:00
場所:JR上野駅構内(正面玄関口「ガレリア」2階)http://goo.gl/maps/MB2YO
参加団体:ARE (アール)
アートアクセスあだち音まち千住の縁 / 大友良英、大巻伸嗣、野村誠ほか、松戸まちづくり会議 / 豊嶋秀樹、アートラインかしわ / 向井淳二、流山生涯学習センター / 小池博史、アーカスプロジェクト、SOBASUTA / 傍島賢、拝借景 / 藤林悠、取手アートプロジェクト / 宮田篤+笹萌恵

AREとは
ART ROUND EAST (ARE:アール)は、JR常磐線及びつくばエクスプレス沿線地域を中心とした東東京地域でアート関連活動を行っている事業体の集まりで、個々のアートプロジェクトの発信力を強化することにより、アーティストの発表の場づくりと地域の活性化を目指しております。


ちなみに、ここが入り口部分です。 BTW, this is the entrance/2nd floor.
a0216706_18375057.jpg

[PR]
by arcus4moriya | 2013-11-01 18:31 | AIR | Comments(0)


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
AIR
地域とアート
オープンラジオ
アーティスト・イン・スクール
HIBINO HOSPITAL
だいちの星座
ロッカールーム
アーカスの日常
スタジオ来訪者数
2009〜2010
未分類
外部リンク
検索
ARCUS Twitter
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧