<   2013年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧
6月28日のルールは
「公園の中で友達に会ったら、土下座をしなければいけません。」

前日の放課後の作業中に、「〈今日のルール〉アイデアシート」に書かれたルールです。

土下座?本当にやるの?
なぜやるの?

今日のルールだからです!!

とにかくやってみよう!!

公園の中で、お友達に会ったら土下座をします。
「お友達じゃない、知らない人だからしない」というのもアリです。
お友達との土下座もすぐに終わってしまい、子ども達は「なにかやることないの?」と大騒ぎ。
土下座ブームはあっけなく終了してしまいました・・・・。
なかなか面白くてかつ持続するルールを考えるのは難しいですね。
代わりに別の作業を手伝ってもらいます。
a0216706_19285177.jpg

a0216706_20462586.jpg


並行して、廊下では「ほしのすなばを作ろう」のコーナーも実施。
好きな星の形に、プラスチック段ボールを切り抜いて行きます。
星の形に切るというのは、けっこう難しいですね。
そして、すなばをつくるためには、けっこうな量が必要です。
隕石のような形も星だねと、お話しながらいろんな形をイメージして取り組みました。
a0216706_20442070.jpg

[PR]
by arcus4moriya | 2013-06-28 20:49 | アーティスト・イン・スクール | Comments(0)
家でできないこと。
本町に引っ越してから、あっという間の3ヶ月が経とうとしています。
シンポジウムを直前に迎えパタパタとしながらも、アーカススタッフはあちこちで市民の皆さんと出会うきっかけが増えています。昨年のモリヤ・イースト・キャストでのプログラムをきっかけに、お声がけいただく機会も増えてきました。
市内では小学校でアーティスト・イン・スクールが行われていて、小学生対象の地域プログラムが着々と進んでいる間、ほかのスタッフもとある場所でのイベント会場に行って参りました。

ベビー&キッズフェスティバル、という未就学児童と親御さんに向けた、
おうちじゃできないことをやってみよう、というアイディアから生まれた
足あとアート。

a0216706_20421222.jpg

ママさんたちのアイディアを現実にするお手伝いです。
あるもので作る、というわけで街中で集めてきた段ボールをしきつめて、紙をひいてみました。
実に6mX7mくらいの巨大な紙の画面ができあがりました。

そして絵具を用意してみました。

a0216706_20432971.jpg

泥遊びと同じ感覚なのでしょうか。子ども達は絵具の入った洗面器?からなかなか出てこずに、
ムニムニと踏んで楽しんでいる様子。
a0216706_20452550.jpg

はじめはおそるおそる足でスタンプしているようでしたが、
a0216706_20485875.jpg

あっという間に一枚目がみんなの足で埋め尽くされました。

汚れるからだめよ...というお母さんの声も聞かずに飛び込んできて楽しそうに
やったことのないことをしてみる子ども達は、めちゃくちゃ元気でした。
a0216706_20514358.jpg

子ども達が「絵具が足りない」、とスポンジを絞り出して夢中に画面を色どりたがる光景は、
観てて面白かったです。
最後に、ジャクソンポロックがひとり....(笑。
a0216706_20553245.jpg

ママさんたちの自主的なアイディアから生まれた実行力にも脱帽。
こどもたちの「家でできないこと。」を実現できた一日でした。
[PR]
by arcus4moriya | 2013-06-27 21:07 | アーティスト・イン・スクール | Comments(0)
休園日2日目
今日は休園日2日目です。

授業時間は静けさがただよう公園です。
休み時間は沢山の人が来てくれます。

そんな公園に、前橋からお届けものが。
a0216706_13214116.jpg


a0216706_13231718.jpg



今回のプロジェクトで使用する材料を届けてくださいました。ありがとうございました。
そして、箱には素敵なメッセージが書いてあります。

休園日は今日まで。明日から後半に入ります。どんな展開になるか、楽しみですね。
[PR]
by arcus4moriya | 2013-06-25 13:55 | アーティスト・イン・スクール | Comments(0)
今日明日は休園日です。
松ケ丘小学校でのアーティスト・イン・スクールも第2週に入りました。

a0216706_1634533.jpg

転校生なかじは、今日と明日は別の小学校に転校しておりますので、
公園は休園日となります。
ご注意ください。

公園スタッフは、「なかじはどこへいっちゃったの?」と皆から尋ねられました。
皆ちょっとさみしそうです。

休園日ですが、なかじからの「お題」が公園の前に残されています。
今日もこどもたちが、この「お題」に取り組んでくれました。
どんな答えが出たかは、またのお楽しみです。
[PR]
by arcus4moriya | 2013-06-24 16:34 | アーティスト・イン・スクール | Comments(0)
いろいろなテーマ
アーティスト・イン・スクールも3日目になりました。
第一週目は、各クラスの授業時間を利用して、ワークショップを行っています。
a0216706_2333097.jpg
今日は怒濤の1時間目から5時間目まで連続の日!!
中休み・昼休み対策も練らなくてはなりません。大変です・・・。

ワークショップの内容としては、まずテーマがあります。
それぞれのテーマから、発想したものを自由に紙に描いていきます。
最後にどんな絵を描いたか手をあげて発表してもらいます。
そして次のクラスへどんな公園にしてほしいか、お題を考えます。

プラスチック段ボールを敷き詰めた床に、腹這いになって描いたり、
おともだちとどんな公園にしようか話をしながら描いたり。

授業ではちょっと味わえないことが、学校の中で体験できます。




a0216706_23171430.jpg

[PR]
by arcus4moriya | 2013-06-19 22:19 | アーティスト・イン・スクール | Comments(0)
アーティスト・イン・スクール 事前準備!
6月17日(月)より始まるアーティスト・イン・スクールの事前準備を、6月15日(土)に行いました。

この日は、松ケ丘小学校おやじの会の有志の方々に、ボランティアとして作業に加わっていただきました。

まずは教室にある机などの備品を片付け、掃除をします。
その後、養生シートと呼ばれるプラスチック段ボール板をしきつめます。
空色のテープでカラーをあわせて張り合わせます。
板の組み合わせ方は互い違いがいいかも〜・・・など、いろいろ話をしながら作業をすすめます。
a0216706_1553852.jpg


廊下側は、「公園」とわかるようにサインボードをつくります。
低学年の生徒にも読めるように「こうえん」「公園」「公えん」「こう園」など、いろいろな組み合わせを考えましたが、結局「公園」になりました。

文字のデザインと切り抜き作業は、おやじの会の皆さんが担当です。

みなさん暑い中、熱心に作業に参加してくださいました。

〇〇先生から、つめたい美味しいものの差し入れまで頂戴しました。ありがとうございました。

無事に作業も終了し、月曜日から始まるプログラムにむけて準備が整いました。
a0216706_15463614.jpg
a0216706_15483821.jpg

a0216706_15442221.jpg

[PR]
by arcus4moriya | 2013-06-18 16:08 | アーティスト・イン・スクール | Comments(0)
アーティスト・イン・スクール始まりました!
今日から、守谷市立松ケ丘小学校にて、アーティスト・イン・スクールが始まりました。
朝7時50分に学校に集合!夜型な生活からいきなり朝方へ変換です!
先生方は毎日7時半出勤・・・すごいパワーです。
朝8時20分より、朝礼にて全校生徒の前で「転校生」として挨拶した中島さん。
a0216706_22465828.jpg

これから、どんな活動が始まるのでしょうか・・・・。
みんなのワクワク・ドキドキする気持ちを受け止めながら、約3週間活動していきます。
3時間目からさっそく授業の中でワークショップを開始しました。
a0216706_2248657.jpg

いろいろな状況を試しながら、制作のヒントをつかんでいきます。
休み時間、授業中、放課後で状況はさまざま。
a0216706_2250668.jpg

a0216706_22513295.jpg

偶然の出会いもまた、制作のヒントの幅を拡げるチャンスではないかと思います。
いろいろな出会いが、実りとなる事を願いつつ・・・
[PR]
by arcus4moriya | 2013-06-17 22:33 | アーティスト・イン・スクール | Comments(0)
アーカスの近況。
しばらくぶりのブログです。
スタジオMECでは、不定期に「テーブルミーティング」と「ショウケース」と題したプログラムが始まりました。

テーブルミーティングでは、ある一つの事柄をテーマに、まったりテーブルを囲んで話し合う時間。
回を重ねる毎に、気軽にここへ訪ねて話題を共有したり、顔を出してくれるアーティストや地元の皆さんも少しずつ、増えてきそうです。

一回目は、まったり上映会。

二回目は現在招聘中のキュレーター、キース ウィトルさんのトークを開催。
(これはまた後日詳しくお知らせします!)

a0216706_22323081.jpg


ショウケースとは...?
市内在住の方はお気づきになられたでしょうか?
守谷市内に月に一度、アーカスプロジェクトが回覧する内容は一般的な文字情報が主ではありません。
回覧板の中身をそのまま作家さんの作品でお見せして街の中を巡ります。
その実物は、スタジオMEC(現在の仮事務所)にてひっそりと展示していました。

a0216706_2227185.jpg

(↑実際にMECにはなぜかショウケースが鎮座しており、それがこの名前の由来でもあります笑)
6月に巡ったのは本田尚子さんの植物画でした。
最終日が近づくにつれ、本物を観にお越しくださった方々も。
やっぱり、直筆、実物の作品を観るのは素敵だなあ、と思える瞬間でもあります。

来月はどんな作品が回覧されるか、どうぞお楽しみに!

それから、アーカスプロジェクトは今年度で20年目を迎えます。
プレ事業や、パイロット事業といって、お試し期間も含めてなのですが、
「この事業をやってみよう!」
と産声をあげてからもうすぐ二十歳になるのです。
それまでには歴史があり、ここに携わってくださった方々もたくさんいます。

これまでに多くの国や地域から、推薦で来た人、公募で選ばれた人、様々な方法でAIRという仕組みを
使ってアーティスト達が守谷へ移動してきました。そして守谷市民、茨城県民が気づかないようなところに焦点をあてて、調査を重ね、人とかかわり合い、興味深い「作品になる手前」を私たちは見せてもらってきました。

a0216706_22171044.jpg

...前置きが長ったらしいですが、ここまで続いてきたアーカスプロジェクトのコアの部分、
AIR(アーティスト・イン・レジデンスプログラム)事業を記念して、七夕にシンポジウムを開催します。

告知・申込み受付が始まりました。

「アートと地域を考えるシンポジウム」


昨今流行の、国内ではどストライク気味なタイトルですが、だからこそがっつり考えてみようじゃないか、というこのテーマ。。
なぜにアーティストが、アートが、地域貢献のために必要とされるのか?それは本当か?
地域はそれでどのように機能しうるのか? アーティストはどのように考えるのか? 市民と呼ばれる人たちは?

現場では常に「地域活性化」「地域交流」「国際交流」「アートを介して」
の言葉と隣り合わせて何かおもしろいものを、何か気になるものを、発信していこうと試行錯誤しています。ただ楽しいだけではなく、ためになってかつアーティストの未来への活動を支援することにもつながること、等々...

今となっては全国的にAIRができて、それぞれの団体の方々とネットワークを組んで共有できるまでになりました。あっという間の20年です。

それらを振り返る記録展示や上映も「アーカススタジオ406」として同日開催します。

これまでと、今後を考える、良い機会になればと思います。
ぜひ多くの皆様のご参加をお待ちしております。
要申込みとなっており、定員に達し次第、締切になりますのでお早めにお申込みくださいね。
詳細はこちらです

会場は、守谷ではなく、つくば市の国際会議場です。万が一、学びの里にお越しいただいても現在耐震工事中ですからどうぞお間違えのないよう....!!
[PR]
by arcus4moriya | 2013-06-15 23:03 | 地域とアート | Comments(0)


S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
AIR
地域とアート
オープンラジオ
アーティスト・イン・スクール
HIBINO HOSPITAL
だいちの星座
ロッカールーム
アーカスの日常
スタジオ来訪者数
2009〜2010
未分類
外部リンク
検索
ARCUS Twitter
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧