<   2011年 09月 ( 19 )   > この月の画像一覧
Local 2011_Cecilia's report 03_ARCUS Radio
Arcus Radio 88.0 FM at Moriya Dream Site Festival


It is Saturday September 24 of 2011. The sun is shining, the weather is good and the sky is completely blue, no clouds around. Just 2 days after Typhoon Roke hit the coast of Japan, one can not believe this weather, still feels like summer.
Although, yesterday, Friday 23rd it was a national holiday to celebrate “Ohigam”, the start of the autumn season.

Coincidentally this same weekend Moriya had a festival, “Moriya Dream Site Festival”, which happens once every year. The venue is the square of Moriya Tsukuba Express Station and its immediacy.
There was a central stage and tents all around. The first performance was a group of drum players. It is believed that the sound of the drums cleans the space from bad spirits that is why they are the first ones to perform. This performance is followed by on going dances form various groups, kids, teenagers, adults and the elder.
The tents around the station were selling all sorts of goods, from traditional Japanese sandals, to house improvement goods, to various assortment food: kakigori or slushed ice with syrup, beer, yaki soba, taco yaki, Indian curry and more, all made by local shops and citizens.

Located just by the east escalators was Arcus Radio tent. A temporary radio station was set up. Several radio players were placed around the area so people can listen to the program. Arcus Radio was syntonized on 88.0 MHz.
There where two invited local DJs, Shinichiro Iida and Kohei Ogawa. During the whole day they played music and various guests spoke over the microphone.
Topics related to Arcus, the festival and art were discussed.

Arcus Radio live broadcasting brings together the community, I think specially this time when the broadcasting took place in a public space. Children, teenagers and adults as well were curious about what was happening inside the tent.
I think that the voice of radio is powerful as it can reach a large audience. Free information and knowledge for everyone.

Written by Cecilia Ramirez Corzo Robledo
Mexican artist currently living in Moriya, Ibaraki, Japan.
www.omou.co
[PR]
by arcus4moriya | 2011-09-30 11:37 | 地域とアート | Comments(0)
AIR 2011_Cecilia's Report 02_Open studio 01+Mana-FES
ManaFES and Open Studio 01 “Single Standard”


Several activities took place during the day of the first Open Studio of the 2011 Residence Programme.
The day started with MamaFES last day exhibition of the amateur painting group “Kagara” from the Moriya Bunka Kaikan (Moriya community group).
The group had a one week exhibition organized by ManaFES invitation programme. Also, as part of ManaFES communication programme, the Kagara group gave a workshop. During the workshop people were invited to paint and draw on postcards.

More(続く&記録写真)
[PR]
by arcus4moriya | 2011-09-29 11:41 | AIR | Comments(0)
アーティストのプランをちょこっと紹介!
みなさんこんにちは!
というかこんばんはの時間ですかねw
この度、今月から新しくアーカスの広報をお手伝いすることになりました、新スタッフの冠(かんむり)と申します!
今後頻繁にblogやツイッターなどでアーカスの情報を発信していきたいと思いますのでどうぞよろしくお願いします。

本日はディレクターの小田井さんが札幌出張のため不在でしたが、アーティスト・イン・レジデンスで参加している3人から現状考えているプランを発表してもらう日でした。
小田井さんとはSkypeを駆使しながらのネットワーク会議で、英語と日本語が飛び交うバイリンガルな場にいきなりびっくりしてしまった私ですが、、、英語もがんばるぞ!と気を取り直して(笑)
アーティストのプランは非常に面白いものばかりでした。
日本に来てからまだ2週間ちょっとしか経っていないにも関わらず、3人のアーティストは沢山のことを吸収しイメージを広げているようです。
学びの里でも活動している紙芝居サークルの方の話や、灯篭流し、宇宙芸術の話にまで飛躍するほどw
まだまだどうなっていくのかは未知数な部分もありますが、ここからどう具体化されて形になっていくのかが楽しみですよね☆

とにかく今日始めて会議に参加して面白かったのは、アーティストそれぞれの目の付けどころ。
私自身もまだまだ守谷は初心者なのですが、それゆえに好奇心旺盛に色んな事に興味を持っているのだなと感じました。
私もアーティスト達に負けないようにアーカスの魅力、守谷の魅力を少しでもお伝えできるように頑張りたいと思います!!

(NK)
[PR]
by arcus4moriya | 2011-09-27 23:38 | AIR | Comments(0)
【アーカススタジオ来訪者数】9/21〜27
9/21 計:4 (アーティスト:1、守谷市内:3、その他県内:0 、県外:1)
9/22 計:8(アーティスト:3、守谷市内:4、その他県内:0 、県外:1)
9/27 計:12(アーティスト:5、守谷市内:6、その他県内:0 、県外:1)
[PR]
by arcus4moriya | 2011-09-27 21:55 | スタジオ来訪者数 | Comments(0)
AIR 2011_Cecilia's Report 01_Orientation for Moriya Daily life," post 3.11"
ARCUS in residency artists arrived on Sunday September the11th. Fazal Rizvi from Pakistan, Wai Keung Hui from Hong Kong, Wojciech Gilewicz from Poland and Chihiro Nishio from Japan.
One of the first meeting was held on Tuesday 13th at ARCUS studio. Followed by a lovely lunch in a local soba place, just walking distance form the studio.
Everyone was there, Arcus staff, Arcus artists plus 2 invited guests, Mr. Jorg Becker, and Mr. Geffrey Burke.
Mr. Jorge Becker has just arrived from Germany, and is now working at the Moriya City Hall as a coordinator for International Relations. Mr. Geffrey Burke has been living in Mito for 4 years and works for the Coordination of International Relations at the Ibaraki Prefectural Government office.
Both of the guests gave a brief introduction about Ibaraki Prefecture and Moriya City. They also talked and explained about aspects for the daily life in Japan: transportation, health, housing etc. Mostly, the talk was centred around the current situation, after the 3.11 disasters.
We received information regarding earthquakes. How to be prepared and take care of ourselves, where to go in case of a mayor disaster and in general what to do before, during and after an eventuality.
Radiation and nuclear activity was an important subject during the talk. Both Mr. Burke and Mr. Becker presented several statistics regarding radiation.
Lets keep in mind that Ibaraki is home to many nuclear facilities. They showed how the government is doing a tremendous effort to measure everything, from cucumbers to apples, to meat and schools’ ground soil.
They both feel confident and safe. Despite their confidence, in my opinion, I think nuclear activity is an overwhelming disaster that will cause a continual suffering. Even after decades it will continue to be with us. While it cannot be seen by the eye, it is all round us.

For more text and links, Click here!
[PR]
by arcus4moriya | 2011-09-22 17:28 | AIR | Comments(0)
子育て支援センターに、子どもWSの相談に行く。
a0216706_19222822.jpg

台風前の守谷。平和というかこわいってゆうか、遊具って微妙、萌えますが、、、M
[PR]
by arcus4moriya | 2011-09-21 19:24 | 地域とアート | Comments(0)
アーカススタジオ2_新・港村リポート
いつも適当に、あのスペースのことを呼んでいる気がしますが、、Bブロックの会場入り口から進むと、右奥に位置しています。
a0216706_19174740.jpg

9月18日(日)16:00- 栗山斉さんによるプロジェクトトークを実施しました。
a0216706_19162664.jpg

N-markの武藤氏がustream で配信してくれていますので、要チェック!
N-mark world towerアーカススタジオの栗山斉のアーティストトーク三回に別れています(合計 約45分)

展示風景は、翌20日にcecilia(アーカス海外PR)による撮影です。9月25日(日)夕方過ぎまで見れます。(M)
a0216706_19181739.jpg

[PR]
by arcus4moriya | 2011-09-21 19:19 | 地域とアート | Comments(0)
シドニーで再び! 【番外編】
シドニーから、嬉しいメールが届きましたよ。送り主は、美術史家のオリビエさん。マナフェスでの講座プログラムの講師役や、去年にはレジデントの1人、ジェイソンのトークのホスト役になってくれたりと、ここ最近のアーカスおなじみの顔です。

メールでは、オリビエさんが9月に関わっていた展覧会の写真が沢山添付されていました。このグループ展には、去年のレジデントのジェイソンや、ジェイソンと共にラジオトークを繰り広げてくれた毛原さんも作品を出品しています。
a0216706_1635245.jpg


毛原さんの作品は、ミニテレビ局。蚊取り線香の部分がテレビ局です。このTVで放映されているのが、右に繋がっているデジカメで撮影している映像。観客は、蚊取り線香テレビ局のスイッチを押して、実際にTV局を操作できる仕掛け。もちろん、アナログTVがあれば、電波をキャッチして、映像をもることができます。会場には、別に、アナログ放送終了にまつわるプロジェクト「最後のテレビ」のドキュメント映像も公開されているようです。

最後のテレビ
http://sites.google.com/site/saigonotelevision/

a0216706_16345126.jpg


ジェイソンは、去年のアーカス滞在時に、つくばのKEKで撮影した映像を出品。8ミリフィルムの映写機2台で2種類の映像を投影しています。そして複数のドローイング作品では、機械や科学技術の“良い所”と“悪い所”のイメージが組み合わされていると言っていました。

a0216706_16342267.jpg

a0216706_1634401.jpg


展覧会の詳しい情報はこちら。
http://www.4a.com.au/next-exhibition/?utm_source=Master+List&utm_campaign=6b050aac12-Portal_Performance_at_4A_Caocangdi_9_17_2011&utm_medium=email

お二人とも、タイムリーな内容だったようで、去年からの時間の経過も感じずにはいられません。もう一年たつのか〜。ということで、番外編でした。

(写真提供:オリビエ      文:志村)
[PR]
by arcus4moriya | 2011-09-20 17:45 | AIR | Comments(0)
明日です!【まなFES オープンハウス on 敬老の日(オープンスタジオ01同時開催)】
明日のオープンハウス+スタジオに向けて準備が進んでいます。
a0216706_2151080.jpg

アーティストとサークルさんの大いなる競演です。夕刻には野外での交流会も!!
敬老の日はもりや学びの里内アーカススタジオへ是非お越し下さい!
まなFES オープンハウス on 敬老の日(オープンスタジオ01同時開催)
[PR]
by arcus4moriya | 2011-09-18 22:06 | 地域とアート | Comments(0)
【アーカススタジオ来訪者数】9/17(土)
9/27 計:17(アーティスト:3、守谷市内:12、その他県内:1 、県外:1)
[PR]
by arcus4moriya | 2011-09-17 21:18 | スタジオ来訪者数 | Comments(0)


カテゴリ
全体
AIR
地域とアート
オープンラジオ
アーティスト・イン・スクール
HIBINO HOSPITAL
だいちの星座
ロッカールーム
アーカスの日常
スタジオ来訪者数
2009〜2010
未分類
外部リンク
検索
ARCUS Twitter
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧