カテゴリ:地域とアート( 132 )
明日です!【まなFES オープンハウス on 敬老の日(オープンスタジオ01同時開催)】
明日のオープンハウス+スタジオに向けて準備が進んでいます。
a0216706_2151080.jpg

アーティストとサークルさんの大いなる競演です。夕刻には野外での交流会も!!
敬老の日はもりや学びの里内アーカススタジオへ是非お越し下さい!
まなFES オープンハウス on 敬老の日(オープンスタジオ01同時開催)
[PR]
by arcus4moriya | 2011-09-18 22:06 | 地域とアート | Comments(0)
栗山斉 in アーカススタジオ・サテライト@新・港村
明日、9/17〜25までの短期間ですが、新・港村のアーカススタジオにおいて、プロジェクトプレゼンテーション02を行います。
取手在住の日本人アーティスト
栗山斉さんの「sunflower project」です。この週末に、スタジオトークも開催予定です。
a0216706_22361819.jpg


sunflower projectについて
[PR]
by arcus4moriya | 2011-09-16 22:38 | 地域とアート | Comments(0)
ニシコ@新・港村「地震を直すプロジェクト」リサーチ開始!
今年2月に、海外在住日本人アーティスト支援の一環で、ロッカールームでトークをしてくださった、ニシコさん(オランダ、デンハーグ在住)のプロジェクトです。

地震を直すプロジェクト

震災をオランダで知り、日本人としての想いと自分の暮らすオランダでの人々の受け止め方の差を思い知り、このプロジェクトをやると決意したそうです。

9月7日に帰国。
翌日8日には、横浜「新・港村」をベースにリサーチをメインにした滞在制作を始めました。昨日から、アーカスのスーパー(元)インターン志村春海の運転で被災地入。日々の記録をブログに更新しています。

応援してます、がんばって。
[PR]
by arcus4moriya | 2011-09-13 23:23 | 地域とアート | Comments(0)
収穫の秋|無と存在
アーティストの栗山斉さんが7月のまなFES講座の際に植えてくれたひまわり達。
夏の間、スタジオから窓越しにみえたそのスピーディーな成長で楽しませてくれました。
a0216706_16573333.jpg

a0216706_1704864.jpg
そんなひまわり達も今が旬な様子、枯れてしまう前に栗山さんが収穫に来てくれました。
a0216706_1721856.jpg

根っこをキレイにします。
ゴボウのようなにおい。。

さて今後の作品制作、取手に場を移し次のプロセスへ突入です。

K
[PR]
by arcus4moriya | 2011-09-09 17:17 | 地域とアート | Comments(0)
夏の終わり こどもアーカス
夏休みも終わり、激しい雨もひと休み、秋の空気が感じられるようになりましたね。
さて、今年の夏、アーカスは密かなにぎわいをみせていました。連日こどもアーカスに来てくれたこどもたちが様々な興味を膨らましていってくれたのです。ありがとうねー!
またはじまった学校でのクラスメイトと久々の再会に、ちょっと胸が高鳴ったり、夏休みの尽きない話でもしているのでしょうか。昔々の気持ちをすこし思い出したりしました。
a0216706_19514229.jpg
レゴの山がいろんなカタチになり。

みんなの興味もさまざまで、ワシに驚くほど詳しかったり、サカナをたくさん知っていたり、紙にちいさく絵を描いていたと思ったら、大きな壁画を残しっていってくれたり。その好奇心、創造力はおとなには予測不可能。
a0216706_19515977.jpg

最終日に残されたこんなメッセージにほろり。
a0216706_1952681.jpg

また来年もやらなくては!
みんな、see you next summer!!
[PR]
by arcus4moriya | 2011-09-06 19:57 | 地域とアート | Comments(0)
こどもアーカス!初日。
先週の放射線測定で運動場(地表面)が0.551マイクロシーベルト/毎時(地表面から50センチは0.304)を記録しました学びの里では、野外で遊びづらい子どもたちに、夏休みの間、広々としたアーティスト用スタジオで遊んでもらおうと、「こどもアーカス!」を実施しています。
守谷市HP(守谷市内放射線量率の測定について)

今日は、近所の小5男子が参加。
a0216706_1934567.jpg

自作のガムテープでつくった鷲と鷹のオブジェを持参しつつ、レゴでの制作に没頭していました。しょっぱなから濃いめのモチベーションの高い子どもの参加にめちゃくちゃ心が躍りました、あと残り9日!どんな子たちがくるんだろう〜楽しみです。M

レゴ作品の数々はこちら、
[PR]
by arcus4moriya | 2011-08-16 19:39 | 地域とアート | Comments(0)
続 無と存在 
a0216706_18505481.jpg

今日も守谷は暑かった。。
そんな中、先日のまなフェス講座にてお話をして頂いたアーティストの栗山斉さんがアーカススタジオ前の花壇にひまわりを植えにきてくれました!
前回の講座では、∴ 0=1というコンセプト、∴(アスタリズム=ゆえに、したがって)0=1、無と存在が同等であるという考えに基づいて、様々な現象に着目し無と存在がイコールであること実証していくスバラしい作品群を紹介していただきましたが、そのコンセプトをひまわりに委ねる今日の苗植え、今後どのような作品になるかこうご期待です!!(K)
[PR]
by arcus4moriya | 2011-07-12 20:41 | 地域とアート | Comments(0)
07.03_アーカス市民投票リポート
アーカス市民投票の中間結果発表です!!!
a0216706_11293058.jpg

*第2回の投票を行い、11月のふるさと市もりや会場で最終結果を掲示します。

【候補者名】

①福祉の充実した町
②自然の豊かな町
③若い人が活動する町
④自然エネルギーの町
⑤話し合いのある町
⑥子育てのしやすい町
⑦自転車や歩きにやさしい町
⑧未来に希望がもてる町!!

【候補者選びと投票の方法】
アーカス市民投票管理人により、2011年7月3日(日)に開催された月一の地場産品マーケット「ふるさと市もりや」出店者の方々に10:30-11:30にかけてお一人お一人にインタビューを行い、7つの「候補者=住みたい町のイメージ」を擁立しました。
8番目の候補者は、投票にいらした方の推薦があり、投票前に急遽付け加えられました。
自由な投票なので、ひとりが複数の候補者に投票するのもオッケー、ベストな候補者がいない場合は、勝手に新しい候補者を作って投票するという方法で実施しました。
a0216706_11321771.jpg

出店者の構成は、地元のグループ「もりくる」さん、下駄屋さん、焼きそばサークルさん、和菓子屋さんなど地元の方々です。お客さんは地元の方、マーケットの出店者のお知り合いで別の町かrいらしている方、たまたま守谷に用事があっていらした方々でした。風の強い日曜日でしたので、あまり人でもなくゆったりのんびりとしたイベントでした。投票は、親子、カップルが多い結果となりました。(M)

中間結果報告と投票所の画像
[PR]
by arcus4moriya | 2011-07-09 12:30 | 地域とアート | Comments(0)
スサイタカコ@ウンナナクール吉祥寺店
a0216706_1222754.jpg

昨年度、彩都ぴあもりや(市民芸術祭)で「どこでもアーカス!」ワークショップをお願いしましたアーティスト、スサイタカコさんから、展示のお知らせです。
アーティストデザインの下着のシリーズの販売が始まったとのことで、発売記念の展示となっているそうです!
* * * * * * * * * * *
スサイタカコ
ホームページ
blog

スサイさんからのインフォと商品の画像はこちら!
[PR]
by arcus4moriya | 2011-06-14 12:18 | 地域とアート | Comments(0)
Open up!! ARCUS and Moriya City もりや学びの里の桜プロジェクト
a0216706_17362483.jpg

梅雨だというのに、かんかん照りの昨日、6月6日(月)にもりや学びの里の入り口にあった樹齢100年以上の桜の大木2本の伐採作業が行われました。
旧大井沢小学校開校から現在までの歴史をほぼすべて見守って来た桜には、近所の方々、卒業生のみなさんの思い入れが強くあります。2本とも幹の内部や、半分近くが朽ちていたりと、いつ倒れてもおかしくない状態で持ちこたえていた桜の木です。
一昨年の満開の桜の木(画像上から5番目の遊具を挟んだ2本の桜が伐採されました:アーカスブログより

当日は、伐採風景の記録の為朝から作業を見守りました。
お神酒などでのお祓いの儀式のあと、作業が始まったそうですがわたしは遅刻して間に合いませんでした。
7名の職人さん、クレーン、高所作業車と物々しい布陣でありながら見事な連係プレーの中、黙々と職人さんたちがたち働かれる景色は清潔感に満ちて清々しかった。すべてが静粛に取りはからわれ桜の最後をみとるにふさわしく美しいものでした。そして、切り倒される時の桜の木からは、悲壮感ではなく「大往生」を遂げた最期の大きなため息のような音が聞こえたように感じました。

アーカスでは、この桜を直接関係した人々とともに送るプロジェクトを行う事に急遽決めました。
大まかなプロジェクトの流れは、伐採された桜の枝を、守谷市内の造園屋さんで「チップ」に加工、そして今年中に「桜くんせいの日」を開催する予定です。

桜が伐採される前は、「さみしい」と感じていました。
しかし、今朝、桜のなくなった学びの里は、開かれて明るい「新しい公園」に生まれ変わっていました。
3月の震災以降、わたしたちは「新しい明日に向かうため」ひとりひとりが開かれることを求め、開くことの必要を強く感じているのではないのでしょうか?
再開したアーカスは、ホットスポットになってしまった守谷で今後どれだけ開いていけるのか、あの桜の木に試されているように思った一日となりました。(m)
[PR]
by arcus4moriya | 2011-06-07 00:00 | 地域とアート | Comments(0)


S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
全体
AIR
地域とアート
オープンラジオ
アーティスト・イン・スクール
HIBINO HOSPITAL
だいちの星座
ロッカールーム
アーカスの日常
スタジオ来訪者数
2009〜2010
未分類
外部リンク
検索
ARCUS Twitter
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧