カテゴリ:AIR( 292 )
Information of Great East Japan Earthquake (March 1st, 2017)
These are information about Great East Japan Earthquake on the internet as reference data. Please refer to them.


▶Japan Atomic industrial Forum_English
Daily updates on nuclear power station in Fukushima

■Nuclear Power Plants in Japan
(2011)
a0216706_15165454.jpg



(2016)
a0216706_16042450.png





'Information on the Great East Japan Earthquake' by Ministry of
Economy, Trade and Industry


Reading of environmental radioactivity levelby Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology(MEXT)

Nuclear Regulation Authority_English

IAEA: International Atomic Energy Agency_English


■The distance from FUKUSHIMA Nuclear Power Plants to IBARAKI, ARCUS
Studio in Moriya city
a0216706_202129.jpg




Emergency & Disaster (IBARAKI Prefectural Government)

AIST: Advanced Industrial Science and Technology_ the south part in IBARAKI

Emergency support desk for foreign residents in Ibaraki:

Moriya City

National Institute of Radiological Science

Consumer Affairs Agency, Government of Japan (inspection of
agricultural products)


ICRP: International Commission on Radiological Protection

Information on Radioactivity Level ( Air ports and ports)


【Report and Media】

The radiodensity in Japan_graphic data_Japanese

IBARAKI

Water in IBARAKI_japanese

Science Media Centre of Japan

Citizen's Nuclear Information Center_incl:u-stream posting

'GAIJIN Pot'_WEB Magazine for Foreign residents in Japan
The Great East Japan Earthquake issue

Science for a Changing World










----

[PR]
by arcus4moriya | 2017-03-01 12:01 | AIR | Comments(0)
View the feedback of 2016 resident artists!

I need to point out a residency is not usually what people think it is. There are a lot of little moments creating a whole episode in the book of experiences everyone has inside. We can just read it in our minds one time and another and invent it in a different way each time.

However, this collection of little moments usually have names, surnames, places, tastes, sounds, smells, details that, in a way, becomes part of our imaginarium as artists. For good or bad there is life knowledge on it, and therefore, art knowledge.

I wont say what I remember of Japan or what I cherish on me because there were so many things. In a personal way, I was looking hardly to unfold a whole new stage on the develop of my practice, and I needed support to achieve some skills, knowledge to fill some knowledge holes, the experience of the radical otherness to understand my own context, support, faith and time for creation. I found all those elements on ARCUS, and beyond that, I found great friends and so great people.


---


A month after returning home, I can’t help but feel that there were opportunities missed, and work left undone during my residency. I think this is a good, because I feel that there are more works to develop, with plenty of room for explorations, and I look forward in undertaking this task with a renewed conviction in my work and abilities. This, I think is the most important outcome from my time in Moriya.

Yokatta.

This positive experience is largely due to the generosity and cooperation from the local citizens, because my residency project revolves around telling stories from Moriya and/or Japan that overlaps with my experience in Malaysia. I am thankful that my presence and project was embraced without prejudice, but is nurtured with curiosity and a willingness to help. So to those who have played a part in my project, my deepest gratitude for your kindness, time and stories.

Dōmo arigatō.

As an extension of my residency project, I will share with you a story I heard while I was there.

I was told, and will now paraphrase, an anecdote about ARCUS Project. About 30 years ago, there was a gathering of city mayors. When asked the question of which city would welcome the responsibilities to fund and host an artist residency, only one hand was raised, and with that simple act an important institution is born. I hope ARCUS Project will not only continue to flourish and provide a sanctuary for artists to dream and grow, but also continue to reflect and renew itself as an art institution and remain in the forefront of artistic endeavors. We must never forget, it is with courage, imagination and a willingness to act, that a project called ARCUS Project exists.


Thank you Moriya and ARCUS Project. Long live friendship and long live art.

Otsuukaresama-deshita.



---


I was looking for an opportunity to experiment with the idea that challenges my previous practice and requires a research rather than a production. Not many art/cultural institutions, I personally think, actively encourage an emerging artist to pursue such work. ARCUS Project, however, clearly stresses in their application guide that they are willing to support such art work that would need to be developed and challenged, seeking to exhibit working process. Yet it does not mean that they are reluctant to have a resident artist who wishes to focus on a production rather than a work in progress. This is actually what I find most interesting at ARCUS Artist-in Residency: they do not require any specific way of working, solely backing what the resident artists wish to do, even if they are not familiar with a way of working and a method the artist brings to the studio. And the residency begins with a discussion to get familiar with, exploring them. In this regard, it is inevitable to have a close relationship between the artists and the ARCUS team, which makes the programme very unique.

During my 110 days residence at ARCUS Project, I was able to pursue my idea and research plan with great support. It was also possible because of their financial support that is from the city of Moriya, a small town 40 mins away from Tokyo metropolitan by train. This means that the people living in Moriya are both directly and indirectly involved in ARCUS Project as well, not only the people from ARCUS Studio and a city hall but also the residents in Moriya. In the beginning, I thought about what I could rather directly contribute to the city because of the relationship between ARCUS Studio and the city, even though I was not asked for. It turned out, however, that my concern was unnecessary when I found out that the people are willing to know about what I want to bring to this specific place and time without a certain expectation. Many of them showed great interest in my research, even though they are not familiar with, and heartily supported my way of working in different ways. They were ready to be excited with what the resident artists would pursue. I now think that it was not about the thought that I, as an artist, should contribute to the community through my work of art as a sort of exchange, which is rather self-centred. Instead, they appreciated the challenge of creating a dialogue from artists, the approaches to different ways of involvement became an important matter.

My research-based work dealt with Japanese avant-garde and art history which is strongly connected with the art history of the mainstream as well as of Korea. In many aspects, it has been limited to talk over a relationship between Japan and Korea due to the history they share and most of all, a nationalistic view in politic they both have continued to have. It was my another challenge to think of in what way I approach to the complicating issue, and I wondered how people I met in Japan would react to it. Moreover, I needed to meet many people out of blue, including art professionals, for my investigation. It was my first experience as an artist that a team in a programme of Artist-in Residency is highly involved in my work by arranging meetings, being my company for the meetings and co-organizing several events of my work. The team has a job title of “coordinator” that I was not familiar with and still do not know how to define, but the ARCUS team and I were working together in many different ways and they greatly supported my research.
Supporters—anyone can volunteer to support the residents artists of ARCUS Project—often impressed me with active communication. I would say that they are not just supporters but participants of the work, which made an interesting dialogue between artists and their neighbours without intentionally organizing a community-based event. On the other hand, as ARCUS Project is one of the oldest and established Artist-in-Residency programmes in Japan, I could take advantage of their network all over in Japan, which was a great help for my research work in the end—many of art professionals/art institutions that I contacted or met have a good relationship with ARCUS Project or are in partnership with. From these experiences, I tremendously learned how to ‘work together’ and share ideas within my practice. This was a core concern of my research work that I developed at ARCUS Project as well. I feel the experiences as organic, as a practice that I will attempt to develop further. They encouraged me to come up with different approaches to dialogue between art and society. I sincerely appreciate for great support of ARCUS Studio, Moriya and participants who gave me some insight into such dialogue.













------

[PR]
by arcus4moriya | 2017-02-28 12:00 | AIR | Comments(0)
12/12 帰国
こんにちは、石井です。いよいよ110日目のレジデンス最終日。みんな帰国の朝は寡黙です。昨日まで、荷造りやらアパートの片づけやら、大変だったことでしょう。ちなみにいつからか、最後に記念撮影をするのが恒例になってきました。
a0216706_18341247.jpg
(大概、私が撮るとピントがあうんですよね...)
a0216706_18365473.jpg
マレーシアに帰る、ガンから出発。彼は帰国直前まで制作・編集をしていたそうで、yarimoriyaは最後にウルっとさせるようなまとめ動画でその活動を終えたようです。そんな疲れも見せることなく、さりげなく、にこやかに去って行くガン。彼の作品はオープンスタジオが終わっても、彼が守谷を去っても、オンライン上で見ることが出来ます。→ヤリモリヤ
a0216706_18514357.jpg

a0216706_18375440.jpg
はい、次はイェン。なぜ1人出発する毎に撮影するんだか、泣き顔シーンを撮りたいのでしょうか、アーカススタッフ。(↓イェンが涙するとは、想像していなかったです、朝重さん笑い過ぎ)
a0216706_18383757.jpg
...泣きますよね。きっといろんなことが蘇ったのでしょうね。
a0216706_18393882.jpg
エルネストとイェンのお別れ。
a0216706_18395692.jpg
気をつけて!
そして最後は最も渡航時間の長い、そして荷物も入りきらなくて私たちも気が気でなかったエルネスト。メキシコ経由でエルサルバドルへ。
a0216706_1841485.jpg
残暑の8月に来日してから、あっという間の110日。しかし、この帰国の日は毎年、朝早くからとっても長く感じる1日でもあります。同時に来日の日のドキドキを思い出します。アーティストの様子もそれぞれに悲喜こもごもです。今年も3人、無事に滞在制作を終えて日本を旅だっていきました。帰国後、これからの3人の未来に期待したいと思います。...みんな、お達者で!
a0216706_1841584.jpg
2016年度のレジデンスプログラム、お疲れさまでした! また随時、活動報告はブログにて更新してまいります。







-----
[PR]
by arcus4moriya | 2016-12-12 18:33 | AIR | Comments(0)
11/2 ガンの撮影_カトレアの山野井洋蘭 / Gan's shooting_Yamanoi Orchid Farm
皆さん、こんにちは。藤本です。招聘アーティストのガン・シオン・キン[マレーシア]は現在「yarimoriya」というプロジェクトを展開しています。
彼が守谷や周辺地域で経験した、出会ったあらゆる物事を記録し、編集し、マイクロ・ビデオ・エッセイとしてそれらをインスタグラム上に公開しています。すべて1分以内の映像で、現在37本が公開中です。(yarimoriya ぜひご覧下さい。※帰国する12/12まで増えていく予定!)
a0216706_19564368.jpg
本日は、守谷市のお隣、常総市の「カトレアの山野井洋蘭」さんに撮影に伺いました。広い温室がたくさんある、非常に大規模な農園です。代表の山野井喜仁さんが丁寧に案内してくださいました。
a0216706_1704957.jpg
カトレアの苗木が花をつけるまでに10年以上の月日を要するということや、とても繊細な植物だということを初めて知りました。水のやり方ひとつをとっても、どのくらいを葉にかかるようにして、どのくらいを鉢(土)にかけるかなど、職員さんの丁寧な仕事ぶりに感動を覚えます。過去に機械を使って水まきをする方法を試されたようですが、それだとやはりムラができてしまうことから、現在では人の手によって行われているそうです。
a0216706_1705967.jpg
ガンも自分の体が葉に触れないように慎重に撮影しています。

出荷の準備も見せていただきました。
部屋の中にただよう甘い香りにうっとりします。
a0216706_1702528.jpg
まるで宝石のようなカトレアの花。とっても薄くてデリケートな花びらに少しでも傷がついてしまうと大変です。
a0216706_1703780.jpg
近くで見ると信じられないくらい繊細なグラデーションで、吸い込まれそうになります。
a0216706_19562039.jpg
そんな繊細なお花を、梱包用にひとつひとつ丁寧に処理していきます。
a0216706_1711310.jpg
写真では伝えられませんが、その手さばきの早く、見事なこと!
a0216706_171326.jpg
出荷するのに、ひとつずつこの小さな水の入ったケースにセットされていきます。
a0216706_172141.jpg
そして、ふわふわのベッドのような状況におさまり、お花はお店に届けられるようです。
a0216706_2083590.jpg
外観を撮影するガン。当たり前のことですが、使用する映像の何十倍もの使用されない映像があります。
a0216706_20102359.jpg
オープンスタジオ初日に山野井さんご夫妻がサプライズでカトレアの鉢をプレゼントしてくださいました。(大変高価なものだということがわかっている私たちはとっても恐縮してしまいます。なんて豪快で素敵なプレゼントなんでしょう…)
a0216706_1723480.jpg
ご協力いただき、本当にありがとうございました。
a0216706_174295.jpg
出来上がった映像をぜひこちらからご覧下さい。
a0216706_214095.png
今回の撮影で、ガンが、花だけでなく、働いているスタッフの方々のふるまいや、独特な手の動きに着目していることがみてとれます。                                                                                                                                                                     
[PR]
by arcus4moriya | 2016-12-09 20:58 | AIR | Comments(0)
Yen's Studio : OPEN STUDIOS
Yen Noh [South Korea]

CAN WE TALK ABOUT MAVO?
A Makeshift Platform of the Japanese (Contemporary) Art Topography for All Dada in Japan

1.Statement by Yen Noh
“CAN WE TALK ABOUT MAVO? A Makeshift Platform of the Japanese (Contemporary) Art Topography for All Dada in Japan” attempts to rethink the mindset of Mavo, the Japanese avant-garde collective of the mid-1920s, which has been ignored and not institutionalized in Japanese art history.
I look into the performativity and temporality of the practice of Mavo in order to bring it into a contemporary social and economic context. By doing so, the practice can be reinterpreted into “contemporary” that not only “swims against main” but also claims urgent need for responsibility from us. It is an experiment with the ‘practice of doing’ in which a deliberate misunderstanding, mistranslating and mistransferring are used as a critical method. I take my investigation of Mavo to open the process of it and involve the action of the investigation in giving a platform for creating knowledge in order to practice my history consciousness.
By ‘librarying’ collected books by participation, a makeshift platform will be created to talk over Mavo and the “contemporary”. A panel discussion consisting of experts in different fields - and not necessarily relating to Mavo and art history - will take place in this platform.

2. Comment by Hiroyuki Hattori [ Guest Curator 2016 / Independent curator ]
Yen has been making speech performances using interpretation and translation of things as a subject matter, and in this residency she shifted the gear towards participatory projects which require partaking of others. Having a strong interest in the postcolonialism she starts her journey from the Korean Dadaist poet Yi Sang (1910-1937), extending her insight into the situation in Japan where a deep influence on the modernisation of Korea can be traced. Reflecting upon it she attempts to create a platform for thinking and dialogue, focusing on the Japanese art history after Dada and its turning point in the last centennial. Based on her artist statement / open proposal she calls widely for publications on the history of MAVO, Dada and the modern and contemporary Japanese Art. Collecting the nominated books by the specialists and general public she sets up a library where various events occur as a performance. Dispersed, seemingly incoherent actions recall the activity of Dada, forming a performative and process-based work as a whole.

Special Thanks:
Yukiko Asano, Ameko, Shihoko Iida, Satoshi Ikeda, Risa Iwasaki, Sen Uesaki, Camilo Henriquez, Naoto Oizumi, Koichiro Osaka, Emma Ota, Yoichiro Oda, Toshiharu Omuka, OLTA, Motoki Kawai, Gan Siong King, Noi Sawaragi, Yukiko Shikata, Yoshio Shirakawa, Seong mee Jang, Jo Schmeiser, Yoshinori Takakura, Kaname Takahashi, Kyongfa Che, Ricarda Denzer, Koichi Toyama, Yosuke Nakazato, Shoko Nakajima, Yuji Nawata, Shelia C.Severn Newton, Aya Nomoto, Ernesto Bautista, Ken Hagiwara, Hiroshi Hara, Hikaru Fujii, Florian Pumhösl, Jesse Hogan, Andrew Maerkle, Yukari Miyajima, Rin Miyajima, Teruaki Yamanoi, Hiroki Yamamoto

ARTISTS’ GUILD, Wajiro Kon collection / Kogakuin University Library, The National Museum of Art, Osaka, Tokyo University of the Arts, University Library

a0216706_14333665.jpg
a0216706_14333616.jpg
a0216706_14333632.jpg
a0216706_14333788.jpg
a0216706_14333830.jpg
a0216706_14333915.jpg
a0216706_14333808.jpg
a0216706_14333853.jpg
a0216706_14333769.jpg
a0216706_14333717.jpg

Photo by Hajime Kato













--


[PR]
by arcus4moriya | 2016-11-29 02:00 | AIR
Ernesto's studio:OPEN STUDIOS
Ernesto Bautista [El Salvador]

The infinite memory

1.Statement by Ernesto Bautista
The infinite memory is a documentary film project based on a storytelling dynamic relating memory, dreams, death and transcendence.

I’m achieving to register the personal signs to create new meanings of the present.
Explore the way creation of memory can exist as an infinite display through the constant try of rebuilding past through the logic of dreams. And through this, highlight the act of remain as an act of pure creation.

Every time to have the possibility of create a real new memory upon the existing one. The title comes from the human desire to be remembered by the people we meet and we loved, the only way we can be eternal until we are forgotten, and then, for the people they could share the memory of ourselves and so on. Until forever.

Shintoism says the second death is when we are forgotten. I’m mapping connections that define our identities.

We got the illusion of a memory but yet there is never a real memory, we storage memory on the same way we remember a dream, we fill the empty spaces of information with questionable visions of what our subconscious thinks remember.
Important details keeps storage clear on our head, but what is not, is just not relevant, and can be replaced by many similar information. In that way, our heads build memories like we build the memory of a dream.

2. Comment by Hiroyuki Hattori [ Guest Curator 2016 / Independent curator ]
Death is something close to Bautista who lives and works in El Salvador, and the sympathy towards death is reflected on his oeuvre. In recent years he has been working on a long-term multi-layered project called Museum of Infinite, an imaginary institution he sets up which comprises interdisciplinary research areas such as art, mathematics, philosophy and architecture. As a part of this project, he works on producing a work The infinite memory in this residency program. He spent a few days shooting a film in the forest, a tourist spot with beautiful landscape where at the same time is a destination for people who wander and walk towards death. He also interviewed and filmed people he met during his residency in Japan, asking them about their dreams and memories. Bautista, who is also a poet, will add his own texts and drawings to exhibit as a part of project.

Special Thanks:
Satoshi Ikeda, Risa Iwasaki, Sayaka Enoki, Carlos Henriquez Consalvi, Camilo Henriquez, Masato Ohki, Keiko Ogura, Risa Kawanabe, Gan Sion King, Robert Jacobs, Junichi Shimomura (Unten-Ji Temple), Yoshihiro Shimomura (Yasaka Shrine), Tetsuya Suzuki, Hiroshi Suzuki, Ambassador Marta Lidia Zelayandia, Kaname Takahashi, Yen Noh, Teruaki Yamanoi, Naoko Yoshida, Federico Lowy, Kahori Wada

Embassy of El Salvador in Japan, Hiroshima Peace Memorial Museum, Museo de la Imagen y la Palabra



a0216706_13531607.jpg
a0216706_13533582.jpg
a0216706_13533624.jpg
a0216706_13533799.jpg
a0216706_13533873.jpg
a0216706_13533760.jpg
a0216706_13533781.jpg
a0216706_13533609.jpg
a0216706_13533680.jpg


Photo by Hajime Kato










-----


[PR]
by arcus4moriya | 2016-11-29 00:01 | AIR
11/27 ARCUS+AIT アーティストミニ・トーク
今日は、今年のオープンスタジオの最終日です。

アーカスプロジェクトでは、東京で活動するアーツイニシアティヴトウキョウ(AIT)さんと、お互いにレジデントアーティストが滞在している時期にあわせ、毎年共同でさまざまな人との交流を目的にトークイベントを実施してきました。これまで過去8回のトークイベントでは、私たちアーカスプロジェクトのレジデントアーティストがAITさんのスペースにお伺いしての実施でしたが、今回はちょうど時期がオープンスタジオ開催中とのこともあり、AITのレジデントアーティストをアーカススタジオ(もりや学びの里)に招いての実施となりました。

9回目となる今回は、「ピールド、ピール、ピーリング」と題して、AITがスウェーデンのレジデンス施設IASPISとの連携で招聘しているアーティスト、ジェニー・ユーシャンスキーとアーカスプロジェクトの3人のレジデントアーティストを加えた、4カ国からのアーティストによるミニ・トークでした。
a0216706_16311894.jpg


私、朝重からこの企画について、簡単に説明した後、今回のイベントを共同で企画しているAITの東海林さんにまず、AITの活動について紹介してもらいました。
a0216706_16312731.jpg

いつもAITさんの活動について聞く度に、プログラムの多さ、多様性には驚かされます。

4ヵ国のアーティストのトークは、まずAITのアーティスト、ジェニー・ユーシャンスキーさんから始まりました。
a0216706_1631364.jpg


ジェニーさんは、9月からの日本滞在で日本にある外来植物について調査しています。世界中どこでもそうですが、動物と同じように、紛れ込んできたものから意図的に持ち込まれたものも含め、もともと自生していた土地を離れ、移動を繰り返し、日本には本来なかったはずの植物が多々あるとのこと。
植物の移動を観察し、調査することで、移民や移動を強いられた人々と重ね合わせ、移動や移住が世界に与える影響について調査していました。
a0216706_16315670.jpg

a0216706_16314544.jpg

a0216706_1632892.jpg


ジェニーさんからのトークが終了した後に、今回アーカスプロジェクトのレジデンスプログラムに参加した3名のアーティストが順次、プロジェクトについて話をしていきます。
a0216706_16322289.jpg


ガンは、自分が滞在期間中に制作してきた、マイクロ・ビデオ・エッセイのシリーズ”yarimoriya”のなかで、今回撮影対象のテーマに掲げた「work」「home」「play」をもとに、3本の映像を紹介しました。また、自分の制作活動にたいする意識や、制作における態度について自身の経験から話をしました。
a0216706_16323131.jpg
a0216706_16324136.jpg
a0216706_16325439.jpg


続いて、イェンが今まで取り組んできたプロジェクト全体について話をします。1920年代から30年代に日本でおこったダダやアヴァンギャルドの運動のリサーチから始め、現在のアートまでの歴史認識や断絶について、あわせて今回、取り組んだ参加型のプロジェクトについて、彼女がウェブサイトにて提示したオープン・プロポーザルをもとに説明していきました。
a0216706_1633792.jpg
a0216706_16331722.jpg
a0216706_16332980.jpg


最後にエルネストが今回のプロジェクトにて、取り組んできたインタビューについて、また今後の展開について話をしました。
エルネストは、これまでに、インタビューを行った人々の話から得たものや、これから彼がインタビューを行いたい人から聞き出したいことなどを元に、人とストーリーの相関図をつくり、彼が取り組んでいるプロジェクト全体のマインドマップを作成していました。
死生観の調査から始まった今回のプロジェクトは、エルサルバドルでの自身の体験と比較しながら、日本での体験をもとに、生き甲斐や夢、記憶といったキーワードから、彼が捉えた日本の社会状況へとさまざま形でつながっていきます。
a0216706_16334012.jpg
a0216706_16335073.jpg
a0216706_16335915.jpg


エルネストは最後に、これまで撮影した映像をつかった、今回のプロジェクトのトレーラー映像を紹介しました。
今後、このプロジェクトは長時間のドキュメンタリーフィルムになるとのことです。どんな風に今後展開していくのかが楽しみです。


4人のトークがそれぞれ、終了した後、聞いていてくださった観客の質問がどんどん出てきましたが、ここで時間が来てしまい、一旦トークは終了となりました。その後に行われたクロージングパーティーで、アーティストも来てくださった皆様も交流し、話は続いていきました。

いつもの雰囲気とは少し異なった、ARCUS+AITミニ・トークでしたが、大変有意義な時間でした。
AITの皆様、そしてジェニーさんありがとうございました。


写真:加藤甫











ーーーー

[PR]
by arcus4moriya | 2016-11-27 16:30 | AIR | Comments(0)
11/19 キッズツアー(守谷中学校美術部のみなさん)@OPEN STUDIOS
こんにちは、篠倉です!

今回はオープンスタジオのイベント「キッズツアー(中学生編)」です!
a0216706_17113205.jpg
今回参加してくれたのは小学生1人と守谷中学校の皆さんです。前回のキッズツアーに比べるとみなさん緊張した面持ちですね。なんと守谷中学校のみなさんは全員美術部なのだそうです!私も美術部だったのでとても親近感があります。私がいた美術部にはこんな機会が無かったので羨ましいです。もっとお話ししたかったのですがシャイな生徒さんが多かったようです・・・


a0216706_17113434.jpg
まずはガンさんのスタジオへ。
さっそくガンさんのみかん配給が行なわれました。なんでみかん?口には出さないけど表情から困惑しているのがわかりましたよ。
ビデオ撮影の道具が沢山並べてありますね、これらすべてをバックにつめて撮影時には持ち歩いていたそうです。実は道具の一つ一つにガンさんの言葉が添えられていたのですが皆さん気づきました?


a0216706_17113657.jpg
a0216706_19255178.jpg
a0216706_19255097.jpg
沢山の道具で撮影されたムービーをみんなで見ています。ガンさんのyarimoriyaはスタジオ外でもオープンスタジオが終わった後でも見られるので家に帰ってからゆっくり見てみてくださいね。ガンさんのスタジオは靴を脱いでくつろげるスペースがあったため映像をみんなで囲って見ていました。
映像作品だけでなく過去の絵画の作品集が公開されていたり。絵も描けてムービーもかっこよく撮れる、多才っていいなぁ・・


a0216706_17114077.jpg
a0216706_17114261.jpg
次にエルネストのスタジオへ行きました。エルネストのスタジオはすごく暗いので配線に引っかからないように注意しなければ。
まずは自由にムービーを見てもらいます。お坊さんが話しているところ、夢の話、霧がかった湖、森の映像・・・じっと見つめていました。

a0216706_14554828.jpg

カミーロ(エルネストがエルサルバドルから招いた撮影担当)と話をしていたのですが、エルネストが暮らすエルサルバドルという国と日本とは大きく安全面や住んでいる人の考え方が違います。私とカミーロの間に死生観にも違いがあることが分かりました。私たちも子どもの頃、死んだらどうなるのか?どんな世界があるのかを絵本で読んだ事があります。イメージは想像しようと思えばいくらでも出来ますが、亡くなる事への距離感や恐怖の度合いなどの感覚を言い表すことは難しいだろうなと思います。今回エルネストは夢と死生観についての作品を発表したのですが、この二つにどんな共通点があるのか考えて見るといいかもしれません。




最後にイェンさんのスタジオに行きました。
沢山本が積まれていますね。普通の図書館だと床においていると怒られそう・・みんなダダなんて知っているのかな?私は中学生のときダダを知りませんでした。
床にはCAN WE TALK about MAVO?の文字があります。
a0216706_17520499.jpg

集められた本はダダやその時代に関するものでした。本のほとんどはイェンさんの物ではなく貸してくれた人たちがいます。貸してくれた人たちはなぜその本がダダっぽい!と思って貸してくれたのでしょうか。CAN WE TALK about MAVO?は本を貸してくれた人がその本を選んでイェンさんに貸そうと考えたことがイェンさんとのダダ対談として成立していることを指すのではないか?という問いなのではと思いました。

a0216706_15433658.jpg

a0216706_19254975.jpg
ウルトラマンの怪獣にダダという怪人がいたのはご存知でしょうか。あの黒と白の幾何学模様の入った怪人です。
あのダダの由来もイェンさんの探しているダダイズムにあるのです。

a0216706_15533802.jpg
イェンさんのダダの図書館で本を眺めたり絵を描いている人もいました。
美術部の皆さんは今回のキッズツアーをどのように受け止めたのでしょうか?今後の作品にすこしでも影響が見られると嬉しいですね。








[PR]
by arcus4moriya | 2016-11-19 15:59 | AIR | Comments(0)
11/18-20 イェン ‘Librarying’
皆さん、どうもこんにちは。藤本です。今回はイェンが取り組んだプロジェクト、
“CAN WE TALK ABOUT MAVO?” マヴォについて話さない?
日本のダダ・ムーブメントのための、日本(現代)美術の位相の仮設プラットフォーム

の「Librarying(ライブラリング)」後半の3日間についてご紹介します。
このプロジェクトは、日本のアート界に見過ごされ、制度化されてこなかった1920 年代半ばに活躍した前衛美術グループ、マヴォの思想を再考するための試みです。    

こちらはライブラリングから生まれたものの一部↓
a0216706_1116258.jpg
ライブラリングは、オープンスタジオ期間中の6日間、11/11(金)・12(土)・13(日)・18(金)・19(土)・20(日)に行われました。1日に2回(11:00-14:00 / 15:00-18:00)。
1回の参加人数は4名以下です。

※前半3日間の様子は、こちらから覧いただけます。
a0216706_11482452.jpg
イェンがリサーチした関連書籍を東京藝術大学の助手さんたちのご協力により附属図書館から貸していただいたり、個人からの提供(貸出)が増えてきたことで、スタジオの風景も徐々に変化してきました。
a0216706_11402548.jpg
壁面にも参加者さんの残していったものが増えてきています。
a0216706_117578.jpg
a0216706_19104335.jpg
a0216706_18593550.jpg
a0216706_185836100.jpg
プロジェクトの副題にも入っている「ダダ」というキーワードはやはりたくさん登場しています。ウルトラマンに登場する「ダダ」のカードを持ってきてくれた方もいました。
a0216706_11391416.jpg
最初に紹介したこちら、よく見るとテキストがダダ(ウルトラ怪獣)の身体の模様になっています。
a0216706_1116258.jpg
個人的に気に入ってしまったテキスト↓書籍からの引用なのでしょうか。(文字の配列にもどことなくダダイズムを感じます。)
a0216706_11365294.jpg
おれはおれの個室を愛する 個室をつくるためには 窓の外に 権力と悪が支配する都市がなければならない 飢えにあこがれている群衆がいなければならない 草原と海は個人のものだ だから個室はいらない


グループの歌「マヴォ団歌」なるものがあるということを、とある資料から発見した参加者さんがいたり。
a0216706_11443937.jpg
a0216706_1146519.jpg
それぞれの方法でMavoを捉えようとしている状況、近づこうとしている様子がとても興味深いです。
a0216706_13495961.jpg
Mavo。ヨーロッパで起こった芸術運動Dadaの影響を受け、1923年に結成された日本の前衛芸術グループ。…そういった大枠の情報から、参加者個人が、どのように周辺知識を得て近代化が進む当時の情景を膨張させていくか、はたまたMavoそれ自体の詳細情報の量を増やしていくのか。いずれにせよ、現代と繋げていくことができるか。
a0216706_13503159.jpg
ライブラリングは11/20(日)に最終日を迎えましたが、このプロジェクトの一部として6日後に
パネル・ディスカッション「CAN WE TALK ABOUT MAVO -マヴォについて話さない?」
を実施します。
パネリスト:
白川 昌生 氏 [美術家/美術評論家]、上崎 千 氏 [芸術学/アーカイブ理論 ]、外山 恒一 氏 [「九州ファシスト党〈我々団〉」総統、革命家]
a0216706_14123547.jpg
モデレーターは、アンドリュー・マークル 氏 [ART iTインターナショナル版副編集長]です。


ー 今日において知識を蓄えることは、自らをリスクに晒すことでもある。絶え間なく押し寄せる知識、情報。その中で、鋭い批評精神を維持し、自分の感覚に意識的であることは困難極まりない。それでも、常にものごとを問いただすために、どう肯定的であり続けることができるだろうか?知識の現代性とはなにを意味するのか?
(イェン・ノー オープン・プロポーザルより抜粋)

                                                                                                   
                                                                                                                                    
[PR]
by arcus4moriya | 2016-11-18 11:00 | AIR | Comments(0)
11/12 キッズツアー@OPEN STUDIOS
皆さん、こんにちは。藤本です!
今回はオープンスタジオ期間中の土曜日に2回開催したキッズツアー@OPEN STUDIOS 第1回目の様子をご紹介します。
a0216706_1702473.jpg
対象は小・中学生です。この回は小学生が多かったです。それに加えて特別参加として、小学生以下の皆さんの参加と保護者さんの参加もあり、ツアーはにぎやかに始まりました。
a0216706_17143167.jpg
アーティストの自己紹介が終わり、
ガン・シオン・キン[マレーシア]のスタジオから見学です。
a0216706_17162217.jpg
ガンはyarimoriyaというマイクロ・ビデオ・エッセイに取り組みました。
子どもたちには最初にワークシートを渡しますが、まずは制作の説明より先にスタジオの中をじっくりみてもらいます。
a0216706_17165184.jpg
ガンと一緒にインスタグラム上に公開しているyarimoriyaをタブレットを操作しながらみました。すべて1分以下の短い映像で、時には子どもたちが知っている風景や人が登場します。なぜなら、ガンが注目したのは、周辺エリアに住む一般の人々の仕事の様子、暮らし、楽しみなどだからです。
a0216706_17155654.jpg
制作の過程で話した、特別な選ばれし人を撮影したいというわけではなく、すべての人の人生の重みがイコールであることを伝えたいというガンの言葉が印象に残っています。
a0216706_17164180.jpg
映像以外にも、撮影のためのあらゆる道具の展示や、ガンの制作に対する姿勢がみてとれる文章などを自由に見学し、
a0216706_1740306.jpg
ワークシートの項目について時々考えて、自分の考えを書いてみます。
a0216706_17392991.jpg
最後に質問コーナー。皆の前だと恥ずかしくてなかなか質問出来ない子どもたち。
ツアー後に何人かが再びガンのスタジオに遊びに来て、通訳無しでガンと交流していました(驚)。
a0216706_1717993.jpg
次はエルネスト・バウティスタ[エルサルバドル]のスタジオへ移動です。
a0216706_17181693.jpg
小さい子どもたちは、暗い部屋に入るのがどうも怖いようで、みんなで揃ってゆっくり入りました。
a0216706_17183490.jpg
こちらでは、エルネストが取り組んいる「無限の記憶」という、記憶、夢、死と超越についての人々の話をもとに制作したドキュメンタリーフィルムプロジェクトについてと、エルサルバドルという国の状況について最小限の説明をし、時間をかけて映像をみました。子どもたちには少し難しい内容かもしれませんが、それでも挑戦です。
a0216706_17185062.jpg
以前に読んだ本の中で、子どもたちが大人との会話において、もしくは大人の話を聞く場面において、知らない言葉がたくさん出てきた場合に、それでもその言葉を前後の話の流れとあわせて理解しようとする力を持っている。というようなことが書いてありました。
a0216706_17185963.jpg
私たち大人の理解の仕方とは違う仕方で、彼らなりの物事を理解する術を持っている、ということについて書かれていました。
a0216706_17191165.jpg
それに関して私はもっと知識を蓄える必要がありますが、自分の体験に基づいて言えば、そういったことを実感したことは何度もあります。
a0216706_17192163.jpg
人生の深淵に触れるほど暗い内容も含めて、エルネストの考えていることと、子どもたちが経験したことのなさそうな感情だけれども、子どもたちの想像力とがどのように交差できたかは、正直きちんと読み取れませんでした。
a0216706_17333942.jpg
中には、ただただ「こわい」とだけ感じて終わった子もいるかもしれません。課題が残りました。
a0216706_17335328.jpg
そして、最後のスタジオです。イェン・ノー[韓国出身、オーストリア在住]は参加者と「Librarying」中です。
a0216706_17341373.jpg
イェンの取り組んでいる
“CAN WE TALK ABOUT MAVO?” マヴォについて話さない?
日本のダダ・ムーブメントのための、日本(現代)美術の位相の仮設プラットフォーム
は、大人にも説明するのが難しいプロジェクトです。非常によく考察され、丁寧に組み立てられたプロジェクトだけに、その複雑さをなかなか分解して伝えられないのです。史実に基づくだけではなく、イェンの頭の中であらゆる年代のあらゆる人物と出来事が独自の結合をみせるように、プロジェクトもゆっくり出来上がっていきました。そのなかのいくつかだけをピックアップすることはあまり意味をもちません。
a0216706_17344014.jpg
ただ、まず子どもたちにはスタジオに入る前に「ここがどんな場所か、何をするための場所か考えながらみてみてね。」ということだけを伝えて、スタジオを自由に見学してもらいました。
a0216706_17345627.jpg
スタジオ内にあるものをとくかく見つけた順に発表してもらい、一番たくさんあるものが「本」であるということから、イェンの「Librarying」という図書館のあり方を拡張させる取り組みについて話を繋げることができました。子どもたちの知っている図書室や図書館との違いについて発表してもらったときも盛り上がりをみせました。
a0216706_17353719.jpg
実は、本よりもペンの方がたくさんあるかもしれないという疑惑が浮上しましたが、これも物事をフラットに捉えることができる子どもならではの指摘だと感じました。
a0216706_19243296.jpg
英語のテキスト。
a0216706_17354990.jpg
子どもたちが聞いたことないであろう「MAVO」という集団の話。
a0216706_17352595.jpg
イェンの活動を機に守谷周辺の子どもたちがMAVOを知るというのは、不思議な現象ですね。私にも見たことも聞いたこともないものに出会うことがときどきありますが、その時にここにいる皆のように想像力を膨らませることが果たしてできているだろうか…と思いました。(すぐに検索してしまいますから…。)
a0216706_1736398.jpg
1時間の予定が1時間半になってしまったキッズツアーでした。
a0216706_17361310.jpg
皆様どうもありがとうございました。最後は少し疲れた様子の子どもたちが、親御さんに甘える様子もちらほら。
今日のことを大きくなって思い出してくれるといいな、と願うアーカススタジオスタッフなのでした。
 

撮影:加藤甫                                                                                                                                                                                                                                                                                                
[PR]
by arcus4moriya | 2016-11-12 14:00 | AIR | Comments(0)


S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31