カテゴリ:オープンラジオ( 18 )
2016年のオープンラジオ夏の陣!
今年はPokémon GOが席巻する夏!夏らしい暑さになってきましたね。皆さんこの夏、いかがおすごしですか?石井です。今年もやってまいりました、微弱電波で放送するオープンラジオ。
(世相を表すお面も、アナ雪のアナは隅に追いやられてピカチュウが堂々のセンター!)
a0216706_9363884.jpg
夕方5時半で歩行者天国になる守谷の下町、旧294号街道は平将門の作った守谷城という"いわれ"で守谷城址の残る、古くからある通り。
また一方では、かの岡倉天心が藝大から排斥され、築いた日本美術院(いわゆる芸術家のマネージメント機関)を五浦に移し、天心は海外展開して茨城を後にしたのち、紆余曲折あって弟子の横山大観(水戸出身で茨城名誉県民)や下村観山らが廃れかけた美術院を再興させようと、五浦(いづら)にスタジオ移転の決意をする際に、助言を請うて立ち寄ったのが"守谷の斎藤さんち"だったらしい...というのは、五浦六角堂と守谷のつながりとして地元では知る人ぞ知る、な話。(興味深い研究資料(p.306)もぜひご参照を。日本美術院の五浦移転に関する一考察:岡倉覚三のネットワーク構築と野口勝一の役割/清水恵美子氏)
a0216706_784735.jpg
"斎藤さん"とは、斎藤隆三さんという守谷の史学者・文学博士のこと。兄の斎藤斐とともに岡倉天心没後の日本美術院を再興支援・運営したという地域の芸術家支援の血統を知ると、アーカスプロジェクトよりも110年も前にあったその存在に、浅からぬ因縁を感じずにはいられません。そんな日本美術史の一端をになう、ゆかりある人物史もフラッシュバックするような、普段は静かな町並みの八坂神社界隈の商店街は、この日だけはたいへんにぎやかになります。

いつもお世話になっているリカレント☆ねっと事務所さんの軒先で、18時からお囃子をBGMに生放送。オープンラジオは誰でも発言参加できる即興ラジオ番組です。88.0MHzのFM微弱電波はおよそ周囲100m範囲以内の「発言・表現の自由」。さっそく男子に声をかける朝重(ともしげ)さん。
a0216706_15531542.jpg
去年も立ち寄ってくれた3人組は、もうオープンラジオの常連のようですね。ちょっと大人っぽくなったかな?男子は部活、勉強の話。
a0216706_1601352.jpg
守谷の八坂神社に集まる人の数は、一年で最も多いと毎年思います。続々と駅の方からあふれる人の波、波、波。そんな中でかわいらしい浴衣姿の子たちにインタビュー。次は女子学生。
a0216706_1605158.jpg
女子は恋バナ。藤本さんは女子から話を聞き出すのが上手なんです。そんなこと話しちゃうの?というような話も、微弱電波にのせて彼女たちがインタビューに答えていきます。夏休みの思い出や、この夏何をしたい?目標は、将来の夢は?など、彼女たちのハキハキとしたトーク。ここではお披露目できないような話も微弱電波の範囲内なら無礼講(笑)。
a0216706_15471276.jpg
a0216706_11115311.jpg
守谷で子どもミュージカルを習っているという子には、その美声で一曲、歌ってもらいました。おもわずお囃子そっちのけで、鳥肌が立ちました。浴衣で即興ミュージカル。歌い終えると周りから拍手が!そんなこともできるのがオープンラジオ。8/8(月)に守谷市市民交流プラザで体験ワークショップがあるそうですよ!
a0216706_20452780.jpg
ふらっと先に訪れたこの方と藤本さんの科学的な話の伏線ができつつの...と、盛り上がると山車がやってきてお囃子にかき消されます(笑)。だんだん前の人通りがはげしくなってきました。後半、行き交う山車や御神輿の合いの手に持っていかれながらも、トークは続きます。
a0216706_9172385.jpg
日も沈み、この秋、KENPOKU ART2016茨城県北芸術祭に参加される、鈴木浩之さん(右)と大木真人さん(左)の登場。
a0216706_9114057.jpg
a0216706_735581.jpg
2015年にアーカスの地域プログラムで「つくば座・もりや座」を作ったのも記憶に新しいと思います。いつもはつくばと金沢におられるお二人がこの守谷の下町にいるのは「もりや座」ぶり。最先端の科学技術と身近な道具でアナログな仕組みを用いて表現する=人工衛星で地上絵を描く「だいちの星座」プロジェクトの、初の海外(地球内)展開、モンゴルで実施した撮像実験で現地のテレビに生中継された話や、そしていよいよ来週8月11日(祝・山の日)に人工衛星「だいち2号」が観測・撮像する、茨城県の北部6市町(六角堂のある北茨城市はじめ高萩市、日立市、大子町、常陸大宮市、常陸太田市)「いばらきけんぽく座」についてもお話を伺いました。
a0216706_7503876.jpg
そんなサイエンスな話をしている間もにぎやかに山車が通過します。
a0216706_1195245.jpg
行き交う人は山車を見たり、祭りのさなかにラジオで科学番組やってる?と覗き込んできたり。電波繋がりで人工衛星の話を聞いていますが、そのギャップがまた楽しいのがオープンラジオ。もちろん、アーカスプロジェクトが今挑戦している、クラウドファンディングREADYFORのプロジェクト紹介『茨城県守谷市に芸術分野の資料書物が揃う図書サロンをオープン!』も忘れずにアピール。皆さんの芸術支援への支援が力になります!そしてこんな出で立ちで(手作り法被持参)放送しておりました。(お祭り女もまずはコスチュームから!ってことで某芸術大学の藝祭ハッピを引っ張り出してくるのも、“表現の自由”。)
a0216706_11181642.jpg
a0216706_7475591.jpg
お囃子にあわせて踊るこの踊り子さんたち、私にとってはキレッキレの和製マイケル・ジャクソンにさえ見えてきます。お面の表情とその繊細で滑稽な舞いに、ついこちらも笑顔になります。
a0216706_7483558.jpg
この八坂神社例大祭祇園際は、北総三大祇園祭としてその名を知られており、昨年、守谷市指定の無形民俗文化財に認定されました。毎年、連綿と引き継がれて各町内会の山車が旧道を行き来し、地元の無病息災を祈る祭りは、新しく守谷に越してきた市民にも新天地での初めての夏祭りとして新鮮に映るのではないでしょうか。八坂神社に祀られている「素戔鳴尊」の、『蘇民将来子孫也』のいわれについても、旅人を迎え入れる守谷の”人となり”、ではなく”街となり”がわかります。(詳しくは八坂神社のHPをご覧下さい)

ラジオ番組を終え、八坂神社の境内に向います。山車が順番に境内に向って舞い、そして勢い良くぐるぐると回ります。そのスピードは圧巻です。提灯のGのかかりっぷりをご覧下さい。
a0216706_8281130.jpg
a0216706_8271677.jpg
a0216706_827483.jpg
原宿の竹下通りを超える人ごみの中で、一番盛り上がるクライマックスの瞬間でもありました。この伝統を守っていきたいですね。アーカスプロジェクトの活動もいつか無形の文化財になる日がくるでしょうか。また来年のオープンラジオ夏の陣も楽しみにしたいと思います。












_____
[PR]
by arcus4moriya | 2016-07-30 15:57 | オープンラジオ | Comments(0)
オープンラジオ夏の陣 88.oMhz @守谷祇園祭
皆さん、こんにちは!藤本です。
本日7月25日は守谷市にある八坂神社の祇園祭です。アーカスプロジェクトは、毎年会場ほど近くの場所でオープンラジオを実施しております。1年に1度のこの祭。八坂神社へ続く旧道が、恐ろしいほどの人で溢れ返り、気温・湿度が上がるんじゃないかというほど皆の血が騒ぎます。
a0216706_19411085.jpg

オープンラジオとは…
微弱電波を利用することで、自主企画番組を目に見える距離の中で発信し、視聴者とその場でのコミュニケーションを図るプログラム。数台の受信用のラジオと発信機器があればどこでも実施可能です。
今回は、アーカスプロジェクトサポーター、河合幹貴さんが企画&メインパーソナリティを担当し、本町のリカレント☆ねっと事務所からお送りします。
a0216706_19424193.jpg
石井さんは、藝大時代の手作りはっぴで登場です。
a0216706_20575834.jpg

18:00からスタートです。最初の飛び入り参加者は昨年もこのラジオに参加してくれたご兄弟でした。外は明るく、各エリアの山車6台もまだ八坂神社には来ない時間帯だろうと思っておりましたが…
a0216706_19445564.jpg
去年の話や祭の話をしている最中、
オープンラジオ名物 “山車が目の前にやって来たら、実況のち一旦中断” 。さっそく登場です。
a0216706_19462743.jpg
盛り上がっております。山車の上では2人のひょっとこが、途切れることのない太鼓と笛の音色に合わせて踊り続けます(すごい体力と精神力!)。それぞれの山車の形や装飾の違い、はっぴの模様、着こなし、ヘアスタイル(やんちゃ度)。これらを見比べるだけでも楽しくて仕方ありません。
a0216706_19574234.jpg
a0216706_19503271.jpg
私事ですが、昔は祭嫌いで、全然乗り切れない、たいそう冷めた子どもでした。「酔っぱらってギトギトした大人キラーイ」的な。しかし、大人になるにつれて“血の騒ぎ”を感じることができるようになってきたのです。
祭とは、乗るとか乗らない、そういう問題ではないんです。
「注入」であり、「解放」の時なのです!
a0216706_20122836.jpg
a0216706_20201038.jpg


…話が逸れましたが、河合さんは初パーソナリティだったため、アーカススタジオスタッフが時々ちゃちゃを入れながらお送りしました。飛び入り参加者の日常の話、中学生が一生懸命語る将来の夢。お囃子をBGMにそれらをきいていたら…「守谷っていいな。」そう思えました。
a0216706_20202242.jpg
踊るひょっとこ、太鼓、笛、山車を引く人、声を出す人、神輿を担ぐ人、皆きっと仕事の後に集まってこの日のために練習を重ねたんだろうな。ラジオに参加してくれた中学生の子たちが、そんな人たちのことを「格好いい。自分も将来やりたい!」と言っていたんですよ。素敵な文化です。

19:30を過ぎてラジオが終了し、その後は神社近くで6台の山車とありえない人数の観客がごった返す中でシャウトしながら、この祭を構成する全ての人々に感謝の意でした。


そして、河合さん、初のパーソナリティお疲れ様でした!
a0216706_2028496.jpg

[PR]
by arcus4moriya | 2015-07-25 22:34 | オープンラジオ | Comments(0)
オープンラジオ88.0MHz@もりやX'masファンタジー!
a0216706_20425327.jpg

今年もやってまいりました。
オープンラジオ88.0MHz@もりやクリスマスファンタジー
クリスマス気分を横目にアートを語る。

本日のメインパーソナリティーはスタッフ藤本。
入念にトークのトピックを準備して、今夜はクリスマス気分を横目にアートを語っていただきます。

ということで、駅前広場では着々とランタンに灯が灯り始めました。
a0216706_20445646.jpg

奥ではかわいいダンサーさんたちが、サンタのコスチュームでダンスを披露。
a0216706_20455328.jpg

アーカスプロジェクトのラジオブースはいつも、改札からでて階段を降りる途中の踊り場です。
ここで微弱電波で目に届く範囲の中でのラジオ生放送を実施しました。
さっそく最初のトピックは「クリスマスのほろ苦い思い出」。
守谷市のプロモーションマネージャーさんも偶然通りかかり、インタビュー。
このオープンラジオのおもしろさは、街行く人々に声をかけて、自由に話してもらうところ。
a0216706_2047429.jpg

その後に、部活帰りの高校生たちが立ち止まってくれました。
a0216706_20484851.jpg

なんでも、アーカススタジオのあるもりや学びの里の目の前にある、守谷高校で遠征練習試合を終えた県外の高校生達でした。そこにまた偶然訪れた、守谷市長まで!
a0216706_20585217.jpg

市長も大学生の頃送球部(!)だったそうで、遠征にきた高校生達にインタビューされて、ハンドボールについて話していただきました。ちなみに守谷高校は関東大会に出場するほど、ハンドボールが強いのだそうです。
a0216706_20503916.jpg

われらがアーカスプロジェクトも、今夜は女子高生のパーソナリティーゲストを招いていたので、さっそく高校生同士のラジオ番組が進行していきます..
a0216706_20522348.jpg

まさに青春まっただなかの彼らに、クリスマスのほろ苦い思い出を語ってもらいました。
...というより、告白タイムのような感じ(笑)。
あの甘酸っぱい学生の頃のドキドキした感じ、一言発言するにも恥じらいを感じながらマイクに向かって叫ぶ感じ、なんとまぁ素敵なんでしょう!
ここでは明かせないような、まさに微弱電波でしか届かない彼らの告白に、逐一コメントするJKパーソナリティー。最後は楽しんでもらえたのか、記念撮影まで。
a0216706_2182113.jpg

次のトピックに移るときにはしっぽりと。
a0216706_219578.jpg

フロレンシアのプラクティスに参加していたゲストの3人に、彼女のプラクティスに参加してどんな印象、感触を得たかなど、じっくり聞くはずでした。
が、時間はあっという間にたち、クリスマスファンタジーの時間が終わろうとしているギリギリまで!話し込んでくださいました。この続きは、また次回にとっておきましょう。今年もアーティスト・イン・レジデンスプログラムは無事に終えましたが、それに欠かせないのが地元の表現者だったりします。海外アーティストは彼らとの出会いで、化学反応がたくさん起こりました。
アーティストとして活動している高校生、ラジオの現場で働いている青年、様々な人がアーカスプロジェクトに関わってくださいました。
a0216706_21121237.jpg

このクリスマスファンタジーでお会いしたのが最初の出会いだった、ひょうたんクラブの清水さんのひょうたんも、今夜はいっそうきれいに輝いていました。。。
a0216706_2115129.jpg

a0216706_21105576.jpg

MERRY X'MAS!!! Wishing you lots of joy, Love and Peace!!
a0216706_21152795.jpg

[PR]
by arcus4moriya | 2014-12-23 20:26 | オープンラジオ | Comments(0)
オープンラジオ@X'masファンタジー!と年末のイベント予告!

こんばんは。石井です。
レジデントアーティストが帰国してからも、なんやかんやと忙しいアーカススタジオから、イベントのお知らせです☆☆
来週12月23日(火・祝)に守谷駅前広場にて、X'masファンタジーが開催されます。
駅階段の踊り場にて、アーカスプロジェクトのラジオブースが登場。

アーカスでもプログラムに参加いただいたことのある、ひょうたんクラブの清水さんはじめ、街の児童たちがつくったひょうたんランタンの明かりを背景に、毎度のアーカスプロジェクトも微弱電波で駅界隈でラジオ放送します。
オープンラジオ88.0MHz@もりやクリスマスファンタジー。

ちなみにこれは去年の様子。と奥に富士山が見えるの、わかりますか?
空気が澄んでいるのでよく見えたんですね。

a0216706_20573250.jpg


今年は、先月のオープンスタジオにいたるまで、アルゼンチンからやってきたアーティスト・フロレンシアのプラクティスに参加していた市民のみなさんにちょこっとその体験をお話いただいたり、クリスマスの苦い思い出など。。。クリスマス前々夜、行き交う人々にインタビューさせていただきます。

われらのまっさんもマイクをつかむかもしれませんが(笑
a0216706_211545.jpg

夏の八坂神社祭礼のオープンラジオに引き続き、メインパーソナリティーは藤本が担当します!
(あ、本場のラジオ番組「@タウンもりや」のさねちゃんさんも飛び入りしてくださるかな?)
a0216706_2173863.jpg

ぜひ、皆様厚着して、駅前のラジオブースにお集まりくださいね。黄色いのぼりが目印です。
a0216706_213574.jpg

翌日12月24日からは、松本力さんの、「いちねんせいのさくひんてん」お披露目展覧会スタートします!最終日の28日には特別上映会も実施!
年末までイベント目白押しのアーカスプロジェクトです。皆様どうぞ中央公民館へいらしてくださいね。

それから、だいちの星座プロジェクト「つくば座・もりや座」の参加エントリー募集が本日からスタートしました!
詳しいことはHPをご覧下さい。なかなか説明が難しいのですが、かいつまみますと。。。
地上に描いた星を人工衛星についたカメラが撮像するのです。
携帯写メより距離のながーい、地上から690km向こうにあるカメラと想像してみてください。
衛星が撮る画像に、自分たちで「映り込む星をつくることを学ぶ」レクチャーとワークショップ。

夜空が輝く寒い冬となってきましたが、夜空を見上げながら逆転の発想で地上に星座を作ることに興味を持っていただけたらなあと思います。(ちなみに撮影・撮像するのは真昼なのです)
科学や美術や理科や図工、地理、数学、社会、体育...いろんな教科に相通ずるプログラムです。先生が大勢集まって覚えてくれると、撮像する当日、より楽しいだろうなあと思います。

エントリー、お待ちしております!
[PR]
by arcus4moriya | 2014-12-20 21:31 | オープンラジオ | Comments(0)
オープンラジオ夏の陣88.oMhz!!
a0216706_1985999.jpg

夏本番、始まりました!暑いですね!
さてさて、今年もこの暑さを笑顔で乗り切り、吹き飛ばして参りましょう!
八坂神社例大祭では、大変多くの方が行き交う中、ラジオ放送に参加してくださった市民のみなさんが思い思いに発言していってくれました。

7月の最終土曜日に行われる八坂神社の祇園祭は北総三大祇園祭ともよばれ、約5万人を越える人々が参拝に集まります。この暑さに負けぬよう、無病息災を祈るんだそうです。
通りはご覧の通り。歩行者天国になる前から混み合い始めていました。
電波チェックもし、本日は快晴だったせいか、ラジオは下村医院の前あたりまですっきりと聴こえます。八坂神社までは多少のノイズはありましたが、100mくらい離れていても聞き取ることができました。
a0216706_1925468.jpg

ラジオブースの設営にきた数十分後には、すでに本町の通りはこんな状態。
a0216706_19111054.jpg


にぎわいだす夕暮れ時、今年のオープンラジオ夏の陣始まりました。メインパーソナリティーは、藤本です。
a0216706_19132928.jpg

今日この日の為に、八坂神社の祭りの歴史、町内により出される山車の話、一週間前からそびえ立つ幟の由来など、いろいろ事前調査してトークにいそしむわけですが。。。。
a0216706_19144657.jpg

まぁ、人通りが多く、そこかしこからお囃子が響き始めると、いざ祭りのマメ知識を話そうと思いきや、祭りに惹かれて頓挫します。そして、皆さんのかけ声に打ち消され....
a0216706_19152467.jpg

知ってる顔に笑顔をもらい....(勢い余ってブレブレです)
a0216706_1916243.jpg

ようやく話したい人を見つけては、ラジオの微弱電波にのせていきます。
a0216706_1917186.jpg

ついにしゃべりたい若い子達が集まり始め...(最近の流行のピースはこんな風なのね)
a0216706_19184217.jpg

「夏の甘酸っぱい思い出」をテーマにインタビューをすると、でてくるでてくる、彼女達の元気な甘酸っぱい思い出の話。そしてなぜかモノマネまで。まさかとは思いましたが微弱電波で、微弱な距離の告白まで....!!
a0216706_1921248.jpg

日が暮れて、屋台の明かりが灯りだすとさらににぎやかな山車のお囃子の音が通りに鳴り響きます。
a0216706_19293946.jpg

サポートしに来てくれた方も、話してくださいとお呼びした方も、お囃子がくるたびにトーク中断。
a0216706_19575387.jpg

でも今夜は守谷市内でも(ホントの)ラジオパーソナリティーをされている方がよってくれたり。人生相談室になったり....とラジオを使うと人の話しを聞き出す面白いツールとなります。
そんなこんなで皆さんのトークがお開きになったところで、お祭りもクライマックスへ突入。
a0216706_195905.jpg

神社の前はひとだかり。そして町内の山車が次々に来て、踊り子が舞い、
a0216706_2014847.jpg

a0216706_2031229.jpg

a0216706_1942572.jpg

a0216706_19431817.jpg

ひょっとこたちのお面の表情もさながら、踊りがもう本当に芸術的で...口角をあげなきゃな、と思わされます。
神社前に並んだ山車が....
a0216706_1944959.jpg

回り始めます!
a0216706_19444380.jpg

はやい!!!!
a0216706_19452222.jpg


小さな街の守谷でも、伝統あるひと夏に一度の大きな行事を無事終えた時の瞬間を、たまたま目の前にいたわたしたちは見逃しませんでした。
a0216706_19472890.jpg

「では、また来年の夏に!」と堅い握手を交わす町会の長でしょうか。とても素敵でした。
[PR]
by arcus4moriya | 2014-07-26 18:09 | オープンラジオ | Comments(0)
12/22 X'masファンタジーとオープンラジオ
a0216706_19115111.jpg

レジデントが帰国しても、アーカススタッフは寂しがっている暇はございません。
今年もやってまいりました、守谷駅前ひろばでのクリスマスファンタジー!

昼間からの冷たい強風がやむのを祈りつつ、夕暮れを待ってアーカス組もオープンラジオの準備。
まだ準備の明るいうちから、「ラジオ」と聞いて集まってくるこどもたち。自分の声がラジオにのると、ちょっと照れるけど嬉しいんですよね。
a0216706_18523321.jpg

いよいよ市民の皆さんがつくったランタンに灯火。浮世絵か?!ってくらいの澄んだ夕焼け空の向こうには富士山も見えます。
a0216706_18534440.jpg


a0216706_18544797.jpg

灯されたランタンのそばに近寄って、光を楽しむ人。
a0216706_18552926.jpg

夕暮れをバックに駅の改札から出てきた人たちが階段の上から写メをとる光景。そんな中でアーカスプロジェクトのオープンラジオは放送されています。遮るものがなければ、見える範囲内で微弱電波でラジオの放送が流れるので、通りかかる皆さんは(いわゆる本当の)ラジオ番組かと思ってマイクを出すと緊張されます。ここで会話を楽しむのが、オープンラジオ。試合帰りの学生さんや買い物帰りの家族連れなど、様々な方々に話してもらいます。
a0216706_19223184.jpg

a0216706_18562437.jpg

キッズダンサーのみんなや、温かい飲み物で暖をとりながらイルミネーションを楽しむひとたち。
そんな中になんだか黄緑の妙なものがいる.....
携帯ラジオはあちこちのブースに設置されているので、私たちが思った事を口に出すと、それは瞬く間に会場に響き渡ります。
「あの、へんな生き物、ここまであがってこないかなあ....階段昇って来れないかなあ...」
なんて事をつぶやいていましたら、
えっちらおっちらと...ラジオブースにあがってきてくれました。
a0216706_1913462.jpg

来てくれました!その名も「守犬(モリケン)!!」
a0216706_18574949.jpg

オープンラジオの常連でしゃべりにきてくれた半田さんが、早速インタビュー。
a0216706_18584547.jpg

ちなみに、モリケンの隣にいる方が、モリケンの通訳をしてくれている方だそうです。
ラジオでは
「”あの”、ヒャッハー!!とかいうゆるキャラみたいに、しゃべらないの?」
「”あの”、ナッシー!!とかいうゆるキャラみたいに、ジャンプしないの?」
「どこからきたの?」「なんでカエルかぶってるの?犬なの?何者なの??」
と質問攻め(笑)。

なんでも、通訳さんによれば、守谷のサービスエリアに今度出来る新しい拠点「パサール」あたりにいるのだそうな。
そして、この日は初めて、守谷SAから街に降りてやってきたのだそうです。
着ぐるみはカエルだけれども、お尻にはかわいい犬のしっぽがあり、足は....短いですw。
カエルは筑波山にいる四六のガマ、「無事帰る」の意味もあるのだそうな。
とてもかわいらしいキャラクターにインタビューさせてもらいました。

外は寒くてガクブルでしたが、年末のひととき、あたたかい光で癒されました。
また来年も、呼んでもらえるかな〜?そしてこのラジオで話してみたい!という方も随時募集してますよ〜!
a0216706_18512493.jpg

[PR]
by arcus4moriya | 2013-12-22 18:38 | オープンラジオ | Comments(0)
オープンラジオ「お祭り騒ぎに乗っかるラジオ」
7/28(土)は今年度最初のオープンラジオを、アーカススタジオMECにて開催しました。
といいますのも、この日は守谷で一番大きいお祭り、八坂神社の「守谷祇園祭」。
古くから続いている八坂神社の祭礼に、昨年度初めてアーカスもオープンラジオで参加させていただいたのですが今年は仮事務所として、この本町に8月まで間借りしていることもあり、引き続き今年も「乗っかり」企画させていただくことになりました。
町中には、祭りの週の中頃からこのような高いノボリがあちこちに立てられ、通りも厳かな雰囲気に。
a0216706_17451230.jpg

スタジオMECからすぐ近くの八坂神社。私たちも番組を始める前にお参りに行きました。
a0216706_17382967.jpg

この守谷旧市街にある町内会にそれぞれの山車があり、「上町」「海老原町」「新町坂町」「土塔新山(どとうしんやま)」「仲下(なかしも)」と5つの山車が一同に町内を繰り出します。
作りはそれぞれで、昔からある最も古いものは仲下のだそうで、車輪もタイヤではなく、宮大工による木造の車輪なのだそう。仲下と同様に、木製の車輪なのは新町坂町。山車に施された彫刻や、山車をまわす仕組みやそれぞれに異なるお囃子の調子など、普段聞けないようなことを地元の方々にいろいろ聞かせてもらいました。
a0216706_17394275.jpg

今年は、チーフも町内会(新町・坂町さん)の山車引きに参加することに。オレンジの法被が映えます。
a0216706_18252216.jpg

a0216706_1750381.jpg

そして、こちらは番組が始まる前の小学生たちによるフライングインタビュー。
a0216706_17533775.jpg

アーティスト・イン・スクールに参加してくれた児童たちもちょこちょことスタジオMECを訪れてくれました。そうこうしているうちに、だんだん人通りも多くなり、通過する山車もひっきりなしに。オープンラジオもスタート。
a0216706_18233544.jpg

まずは藤本が、この祭りの由来の紹介や山車の説明など、地元の皆さんから取材して得た情報を放送。聞いている方々からも拍手がおこります。
a0216706_19121621.jpg

a0216706_18264266.jpg

a0216706_18282924.jpg

この日の天候は不安定で、突然強風と通り雨がきたり、土砂降りが続いたと思いきや、ぱったりやんだり。「お祭り騒ぎに乗っかるラジオ」は雨宿りにスタジオMECの軒下にきた人たちにも、微弱電波でインタビュー。
「今年の夏の目標は何ですか?」「祭りのあるあるについて教えてください」....
飛び入りで半田さんも昨年に引き続きインタビュアーになって参加してくれました。
a0216706_1832486.jpg

ラジオ放送と聞いて、集まってくる中学生たちも、最初は照れながらも今夏の目標や、挑戦したいことなどインタビューに答えてくれ、最後にオープンラジオのジングルを一緒に読み上げて番組を盛り上げてくれました。その微弱電波が届くスタジオMECの事務所内でも、中にいた人たちがラジオを聞きながら楽しんでくれたようでした。
a0216706_18345292.jpg

祭りは続き、最高潮へ。やまない雨の中でも3つの山車が神社前に集まり、おかめやひょっとこがあの笑顔でも、ぐるぐるとものすごいスピードで回る山車に微動だもせず踊り続けておりました。思わずニンマリしてしまうこの踊り手さんたちをご覧ください。
a0216706_1856813.jpg

a0216706_18411250.jpg

a0216706_18424181.jpg

a0216706_18453044.jpg

a0216706_1847574.jpg

よもや、マイケルにさえ見えてきます....
a0216706_18502175.jpg

そして、山車をまわすのに疲れ果てた方が一人...後ろで「まわしにいってこーい!」という声は笛の音でかき消され...(本当に木製の山車なので大変重たいそうです。)
a0216706_18514172.jpg

夜は更けていきました。町内会の皆様、ありがとうございました。
[PR]
by arcus4moriya | 2013-07-28 15:14 | オープンラジオ | Comments(0)
夕べのコンサートで オープンラジオ裏・生放送!
8月4日(土)に守谷市役所で開催された「夕べのコンサート」に、オープンラジオが参加しました。
a0216706_12524667.jpg

毎週末、開催されるコンサートの初日、4団体のサークルさんとプロのジャズバンドが演奏。
そのなか、オープンラジオの微弱電波でどういう構成で放送しようか、最後まで悩んだ末の策は、
喫煙所近くのコーナーをおかりしての楽屋裏話。
a0216706_1602441.jpg

コーラスの「コールリリーズ」の皆さんの『かゆいかゆい痒いー♪』という歌声、人生を歌っているという『梅干しの歌』、
上演後に歌の意味や、サークルさんの活動の歴史などをお聞きしました。

「守谷ギターアンサンブル」さんが演奏している『ふるさと』が流れると、ラジオブースを通りがかった
コールリリーズさんがマイクを手にとり、『ふるさと』の歌声を生放送してくれました。
密やかに流れてたはずのオープンラジオ、微弱電波を使ってギターと歌声のコラボレーションが
会場に響いたのはわたしたちも驚きでした。

いつも守谷学びの里で練習されている「守谷ウィンドアンサンブル」さんは元気の出る合奏を、
「オカリーナ風の音」さんは美しい細やかな音色を披露している間、音楽について語るオープンラジオ。
サークルさんの活動を知る良いきっかけになりました。

a0216706_1621271.jpg

最後は「ROUTE MJQ」のジャズ演奏。
実は美声で歌う女性ボーカルの息子さんだという少年、ラジオでジャズについて話してくれ、最後に舞台で手拍子をして会場を盛り上げていました。

この日は真夏日。暑さにまけずに活躍する皆さんの演奏を聴く「夕べのコンサート」の実況は、
裏生放送でも楽しい『夕べのラジオ』となりました。
[PR]
by arcus4moriya | 2012-08-09 16:05 | オープンラジオ | Comments(0)
8月はOPEN RADIO MONTH!
a0216706_22362597.jpg

とうとう8月に入りました。

もりや学びの里の草木は青々としています...
a0216706_2238359.jpg


アーカススタジオでは、先月末のオープンラジオ夏休み特別出張版「ヤサカ・ユカタ・ナイト」に
引き続き、スタジオから飛び出しての出張ラジオイベントが目白押しです。

8/3(金)17:00〜17:30
モリヤイーストキャストでの「どろんこクラブトーク」。

8/4(土)14:30〜15:00
モリヤイーストキャストでの「守谷中学校美術部トーク」。

8/4(土)18:00〜20:00
守谷市役所での「夕べのコンサート・裏副音声オープンラジオ」。

8/19(土)
水戸芸術館での「こども・こらぼ・らぼ2012 こどもDJ はじめてのマイク」

皆様のご参加をお待ちしております。

OPEN RADIOのほかにも、

引き続き「笑う机」の開催と、
8/10(金)よりアーカススタジオにて
Re:AIRがはじまります。

ロッカールームでの自主企画展示も随時大募集!
a0216706_2241549.jpg


その他、夏休みのイベント、展覧会やワークショップなど、随時情報をUPしてまいります。
どうぞお楽しみに!
[PR]
by arcus4moriya | 2012-08-02 22:54 | オープンラジオ | Comments(0)
6/23 のオープンラジオは....
先月行われた、『ゲーム音楽語り〜ポリリズミック・メトリック〜』。
http://arcus4u.exblog.jp/15609655
オープンラジオではおなじみの貝塚さんの音楽にまつわるトークの中でも、今回は
ゲーム音楽を取り上げてくれました。

そしてゲストは、ケン・アシーム・シャルマさん。
二人が説明してくれる「ポリリズミック」とは、拍子が
はじめの拍子をカウントしているうちに違う拍子に変わっていく不思議なリズムの数え方。
そこに合う映像を使った作品や、ゲーム音楽で斬新なリズムを語ってくれました。

a0216706_19491385.jpg


10年以上前に流行った「渋谷系」。今となってはその渋谷系音楽を取り入れて
秋葉原で撮影された映像と音に編集された現代の「アキバ系」。
いろいろな映像とゲームの街の音楽を織り交ぜたトークに、参加してくれた中学生も
興味深く聞き入っていました。

a0216706_19521624.jpg



そして関連企画ラウンジコンプレックスvol.2では、ゲストの登場。
『You & You and Me!!!〜あなたとあなた、そしてわたし〜』と題して、
マレーシアからアーティストのFairuz Sulaiman、そして、絵描き・映像(アニメーション)作家の
松本力さん、音楽家のVOQさんを迎えました。
音楽を通して異文化を知るきっかけをオーディエンスの皆さんと一緒に共有しながら、
3人による音楽と映像のパフォーマンスを微弱電波で生放送しました。

a0216706_1958486.jpg

まずはマレーシアの映像作家のファイルズさん。今までの作品の紹介をプレゼンしてくれました。
a0216706_19594299.jpg

そしてVOQさんの音楽について、教えてもらい...「まずは聞いてみましょう」ということで
VOQさんの奏でる音と歌に合わせて
松本力さんとファイルズさんのパフォーマンスが始まります。
a0216706_2031953.jpg

a0216706_205469.jpg

左がファイルズ、右が松本力さん。二台の昔懐かしいOHPを使って、
不思議な画像が浮かび上がります。
a0216706_2017861.jpg

a0216706_20185542.jpg


VOQさんの音楽に合わせて、幻想的なコラボレーションライブが終了した後、
それぞれのアーティストによる質疑応答を行い、どうやって映像ができるのかを
参加者から出た様々な質問に答えてくれました。
a0216706_20244100.jpg

a0216706_20252543.jpg

松本力さん、Fairuzさん、VOQさん、ありがとうございました。
(写真:今井光夫)

さて、7月・8月はオープンラジオが街へ繰り出します!出張オープンラジオ、夏休み特別版として
守谷市内、水戸芸術館、あちこち登場。明日は守谷の祇園祭で生放送しますのでお楽しみに。
詳細はこちら!!
http://www.arcus-project.com/jp/event/2012/ev_jp120718123043.html
[PR]
by arcus4moriya | 2012-07-27 20:47 | オープンラジオ | Comments(0)


S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31