2017年 08月 29日 ( 1 )
熊谷雲炎さんによるパメラン・ウォール展示vol. 1「遊」/書アート体験
こんにちは、とやまです。

アーカスサロンでは、アーカイブの書棚スペースを利用した展示のシリーズ、パメラン・ウォールが始まりました。
初回のvol. 1は守谷在住の現代書家、熊谷雲炎さんによる「遊」です。

a0216706_18525139.jpg
黄色に水色の夏らしい表具が素敵です。
雲炎さんがオリジナルの配合で墨を腐らせ、にじんだような質感を出す手法で書かれています。

雲炎さんには、この夏、アーカス‖シェア‖スタジオで約1ヶ月間スタジオもご利用いただきました。
スタジオで作家としての書を探究するかたわら、書アート体験と題して10日間(全20回)にわたるワークショップを企画し開催されました。

ワークショップでは、まず雲炎さんからそれぞれの書体の基本を教えていただきます。
a0216706_19035270.jpg
ワークショップの始まりの挨拶
a0216706_19020506.jpg
篆書・隷書・楷書・行草・草書などの解説
a0216706_19253674.jpg

今回書いてみる書のテーマは「花火」です。
雲炎さんが書いてくださったそれぞれの書体での「花火」のお手本をまず半紙で練習します。
a0216706_19281727.jpg
好きな字体をえらぶ子ども達
a0216706_19300785.jpg
a0216706_19312458.jpg
まだ学校でも書道の授業を受けたことのない子ども達が真剣に取り組みました。


今回のワークショップの目玉は、普段見ることの少ない大きな全紙(695x1365mm)に、雲炎さんが持って来てくださった色々な変わり筆での創作に取り組めることです。
a0216706_19325844.jpg

いよいよ全紙での書アートに挑みます。
a0216706_19361132.jpg
家族で一緒に
a0216706_19381766.jpg
a0216706_19393280.jpg
a0216706_19573917.jpg
おんぶしながらのたくましいお母さん
a0216706_20073625.jpg
こんなに小さな子が書く力強い花火
a0216706_20103404.jpg
アーカススタッフも体験しました。

夏休みということもあって、親子やご家族で参加される方が多く、なんと計201人の方が書を体験されました。
完成した書は学びの里いっぽいに貼り出され、それぞれの素敵な花火が揃いました!
a0216706_20140770.jpg
a0216706_20154014.jpg
a0216706_20172682.jpg
アーカスプロジェクトは熊谷雲炎さんをはじめ、この場所を好きになってくださる方々の参加によって成り立っています。
今回の大規模なワークショップで初めてアーカスプロジェクトのことを知ったという方も多く、そんな皆さんがまたあそびに来てくれるような場所にしていきたいと思います。







[PR]
by arcus4moriya | 2017-08-29 20:55 | 地域とアート | Comments(0)


S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
AIR
地域とアート
オープンラジオ
アーティスト・イン・スクール
HIBINO HOSPITAL
だいちの星座
ロッカールーム
アーカスの日常
スタジオ来訪者数
2009〜2010
未分類
外部リンク
検索
ARCUS Twitter
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧