11/27 ARCUS+AIT アーティストミニ・トーク/ARCUS+AIT Artist Mini Talk
今日は、今年のオープンスタジオの最終日です。
It's the final day of the open studio today.

アーカスプロジェクトでは、東京で活動するアーツイニシアティヴトウキョウ(AIT)さんと、お互いにレジデントアーティストが滞在している時期にあわせ、毎年共同でさまざまな人との交流を目的にトークイベントを実施してきました。これまで過去8回のトークイベントでは、私たちアーカスプロジェクトのレジデントアーティストがAITさんのスペースにお伺いしての実施でしたが、今回はちょうど時期がオープンスタジオ開催中とのこともあり、AITのレジデントアーティストをアーカススタジオ(もりや学びの里)に招いての実施となりました。
Arcus Project and Arts Initiative Tokyo [AIT] based in Tokyo have a talk event of resident artists together every year, in order to encourage exchanges among residencies.
We have hold previous 8 events at AIT so far, and this year Arcus Studio invited AIT resident artists to Moriya.

9回目となる今回は、「ピールド、ピール、ピーリング」と題して、AITがスウェーデンのレジデンス施設IASPISとの連携で招聘しているアーティスト、ジェニー・ユーシャンスキーとアーカスプロジェクトの3人のレジデントアーティストを加えた、4カ国からのアーティストによるミニ・トークでした。
It's our 9th talk event, titled 'Peeled, Peel, Peeling' with artists from four different countries, that are our three resident artists, and Jenny Yurshansky who was invited to AIT through its exchange program with IASPIS in Sweden.
a0216706_16311894.jpg


私、朝重からこの企画について、簡単に説明した後、今回のイベントを共同で企画しているAITの東海林さんにまず、AITの活動について紹介してもらいました。
After brief introduction from Ryota, Mr. Tokairin from AIT introduced AIT's program.
a0216706_16312731.jpg

いつもAITさんの活動について聞く度に、プログラムの多さ、多様性には驚かされます。
AIT has a number of diverse program.

4ヵ国のアーティストのトークは、まずAITのアーティスト、ジェニー・ユーシャンスキーさんから始まりました。
The talk started with Jenny Yurshansky from AIT.
a0216706_1631364.jpg


ジェニーさんは、9月からの日本滞在で日本にある外来植物について調査しています。世界中どこでもそうですが、動物と同じように、紛れ込んできたものから意図的に持ち込まれたものも含め、もともと自生していた土地を離れ、移動を繰り返し、日本には本来なかったはずの植物が多々あるとのこと。
植物の移動を観察し、調査することで、移民や移動を強いられた人々と重ね合わせ、移動や移住が世界に与える影響について調査していました。
Jenny has been researching on invasive/aliens plant in Japan since September during her stay.
As it has been seen all over the world, there are a number of invasive plants in Japan which initially didn't exist before but by being brought either deliberately or accidentally, they migrated from original habitat to Japan.
By observing movement of the plants, Jenny has been investigating how forced migration can affect the world.
a0216706_16315670.jpg

a0216706_16314544.jpg

a0216706_1632892.jpg


ジェニーさんからのトークが終了した後に、今回アーカスプロジェクトのレジデンスプログラムに参加した3名のアーティストが順次、プロジェクトについて話をしていきます。
Three artists' presentation from Arcus followed Jenny's talk.
a0216706_16322289.jpg


ガンは、自分が滞在期間中に制作してきた、マイクロ・ビデオ・エッセイのシリーズ”yarimoriya”のなかで、今回撮影対象のテーマに掲げた「work」「home」「play」をもとに、3本の映像を紹介しました。また、自分の制作活動にたいする意識や、制作における態度について自身の経験から話をしました。
Gan introduced his a series of micro video essay called 'yarimoriya', which he has been working during the residency, especially three films with themes of 'work', 'home', and 'play'.
He also talked about how he engages with production.
a0216706_16323131.jpg
a0216706_16324136.jpg
a0216706_16325439.jpg


続いて、イェンが今まで取り組んできたプロジェクト全体について話をします。1920年代から30年代に日本でおこったダダやアヴァンギャルドの運動のリサーチから始め、現在のアートまでの歴史認識や断絶について、あわせて今回、取り組んだ参加型のプロジェクトについて、彼女がウェブサイトにて提示したオープン・プロポーザルをもとに説明していきました。
Then, Yen gave an overall view of her project.
She started with research on Dada and avant-garde movements in 1920-30 Japan, and how they are disconnected from current practice of art in history of art.
With her open proposal on the website, she introduced the participatory project she worked on this time.
a0216706_1633792.jpg
a0216706_16331722.jpg
a0216706_16332980.jpg


最後にエルネストが今回のプロジェクトにて、取り組んできたインタビューについて、また今後の展開について話をしました。
エルネストは、これまでに、インタビューを行った人々の話から得たものや、これから彼がインタビューを行いたい人から聞き出したいことなどを元に、人とストーリーの相関図をつくり、彼が取り組んでいるプロジェクト全体のマインドマップを作成していました。
死生観の調査から始まった今回のプロジェクトは、エルサルバドルでの自身の体験と比較しながら、日本での体験をもとに、生き甲斐や夢、記憶といったキーワードから、彼が捉えた日本の社会状況へとさまざま形でつながっていきます。
At the end, Ernesto talked on the interviews he has been working on for this project and how he will develop them.
He has made a mind map drawing the relationship between people and stories that he heard from the interview.
Staring the project with the investigation into views of life and death, he explored Japan with keywords, such as reason for living, dream and memory, comparing to his own experience in El Salvador.

a0216706_16334012.jpg
a0216706_16335073.jpg
a0216706_16335915.jpg


エルネストは最後に、これまで撮影した映像をつかった、今回のプロジェクトのトレーラー映像を紹介しました。
今後、このプロジェクトは長時間のドキュメンタリーフィルムになるとのことです。どんな風に今後展開していくのかが楽しみです。
He also showed a trailer from the project.
He intends to develop this project into long documentary film.

4人のトークがそれぞれ、終了した後、聞いていてくださった観客の質問がどんどん出てきましたが、ここで時間が来てしまい、一旦トークは終了となりました。その後に行われたクロージングパーティーで、アーティストも来てくださった皆様も交流し、話は続いていきました。
We had many questions from the audience, yet unfortunately run out of time.
At the closing party, the artists and audience enjoyed their endless discussion.

いつもの雰囲気とは少し異なった、ARCUS+AITミニ・トークでしたが、大変有意義な時間でした。
AITの皆様、そしてジェニーさんありがとうございました。
We had very nice time here at Arcus!
Thank you for your cooperation, AIT and Jenny!


写真:加藤甫
Photo: Hajime Kato










ーーーー

[PR]
by arcus4moriya | 2016-11-27 16:30 | AIR | Comments(0)
<< Ernesto's s... 11/26 イェン パネルディ... >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
AIR
地域とアート
オープンラジオ
アーティスト・イン・スクール
HIBINO HOSPITAL
だいちの星座
ロッカールーム
アーカスの日常
スタジオ来訪者数
2009〜2010
未分類
外部リンク
検索
ARCUS Twitter
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧