ようこそ守谷へ2016に参加しました
皆さん、こんにちは。藤本です。
6月25日(土)に、アーカスプロジェクトは「ようこそ守谷へ2016」というイベントにブースで参加させていただきました。これは守谷に引っ越してこられた方を歓迎するイベントで、実行委員会は市民によって構成されています。
今年は、111の世帯(合計279名)が参加されたようです。つまりそれ以上の人数が昨年守谷に移住されたということですね。守谷ってすごい!

準備完了。
a0216706_1152348.jpg
a0216706_11532665.jpg
今回、アーカスプロジェクトでは、アーティストユニットのNadegata Instant Party (中崎透+山城大督+野田智子)のご協力により、「Parallel School」(2008)を上映しました。この映画は、2008年(2007年度)にアーカススタジオにおいて行われたプログラムで、実際には行なわれていない「学校」をモチーフとした“架空のワークショップ”「ナデガタ・スクール」のドキュメンタリーです。
a0216706_115436100.jpg
来場者が来られる前のひととき。守谷市役所の国際交流員ルイーザさん(ドイツ出身)が映画のエンディングのシーンを観て、ものすごく笑っております。そうなんです、非常に巧妙に作られた作品なのですが、笑いを我慢出来ないポイントがたくさんあります。
a0216706_12125833.jpg
映画の中にはアーカススタジオのある、もりや学びの里をはじめ、8年前の守谷市内の様々な場所が映っており、その頃と現在を比べることで街の急激な変化がみてとれます。特に守谷駅前などは今とかなり違う姿をしていました。
作品によって残される「街の姿」について、関係者の方々とも話題になりました。来場者にもそういった芸術の側面が伝えられたことも収穫のひとつです。

ーーーーーーーーーー

守谷市長 会田真一氏のご挨拶。
a0216706_12194942.jpg
そして、私がひそかに好きなコーナー、守谷市役所 各部の部長さんたちが大きな声で順番に挨拶。
a0216706_1220661.jpg
こんなイベントって他の市ではなかなかないのでは…。
a0216706_12202061.jpg
今年は、アーカスプロジェクトのブースに立ち寄ってくださった方の中に、「前からアーカスプロジェクトを知っていて、気になっていたんです。」と言ってくださった方が多かったです。
a0216706_1232069.jpg
a0216706_1213504.jpg
a0216706_12193763.jpg


実行委員長の実好さん(写真右)、今回も突然マイクをくれます。ありがとうございました。しっかりアピールさせていただきました。
a0216706_12342613.jpg


皆様、どうぞアーカススタジオにお気軽にお立ち寄りください。


                                                                                                                                                                                




                                  
[PR]
by arcus4moriya | 2016-06-25 13:00 | 地域とアート | Comments(0)
<< もりや市民大学講座_オープンコ... アーカス‖シェア‖スタジオ 利... >>


S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
全体
AIR
地域とアート
オープンラジオ
アーティスト・イン・スクール
HIBINO HOSPITAL
だいちの星座
ロッカールーム
アーカスの日常
スタジオ来訪者数
2009〜2010
未分類
外部リンク
検索
ARCUS Twitter
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧