2016年のアーカス。新年度、始まりました。
a0216706_2205940.jpg
2016年度のアーカスプロジェクト、始まりました。
今年の桜はあっという間でしたね。もりや学びの里の桜は例年より少し少なめ。
それでもきれいに咲きました。
a0216706_2215048.jpg


新年度のご挨拶が遅れましたが、新しい環境でスタートされた方も、変わらない方も、昨年度はたいへんお世話になりました。今年度もアーカススタッフは変わらず続投します。引き続きアーカスプロジェクト、どうぞ宜しくお願いいたします。

昨年度末に2014-2015年度のAIRプログラムのカタログが完成しました。
デザイナーは木村稔将(きむら・としまさ)さんです。前回の2012-2013年度と同じデザインで、裏表両方が表紙となっており、なおかつ年度毎に2冊に分割できる冊子です。配送はまだもう少しだけ先になりますが、どうぞお楽しみに。
a0216706_2223653.jpg
a0216706_222574.jpg
a0216706_2231895.jpg

そしてアーカスプロジェクトをご紹介するときのリーフレットも、英語版が完成!
a0216706_2241821.jpg
a0216706_2243794.jpg

オレンジの鮮やかな日本語版と同サイズで、こちらは初心にかえって(?!)ビビットなピンクのリーフレットです。
a0216706_2245462.jpg


今年のAIR公募も3月に始まり、まもなくオンライン申込も4月末で閉め切ります。
昨年は599組の応募がありました。ユニットやグループの応募もあったため、実際は世界各国・地域の600名以上のアーティストたちから関心をもっていただき応募いただきました。

2009年からここ数年は海外アーティスト3組のみ招聘、という状況でなかなか昔のように日本人枠を復活できないのが心苦しいのですが、いつしか再び海外アーティストと日本人アーティストが同じ環境でレジデンスを実施できる日が来ることを夢みつつ、23回目のレジデンスプログラムに突入します。
昨今のSNSの普及のお陰でfacebookTwitter等、世界中の言語でアーカスプロジェクトが紹介されているのを拝見すると大変ありがたいです。
今年はいったい何組の応募が来たのち、どんなアーティストが選ばれて守谷へやってくるか、どうぞご期待ください。
そして今年の秋には歴代のアーカスOBアーティストも12名ほど、茨城県北芸術祭に参加する形で茨城へ帰ってきます。続々と再来日を果たし、リサーチを進めているようです。(また参加作家については別の機会にご紹介します!)

1994年のプレ事業を含むと23年目を迎えるアーカスプジェクト。皆様の変わらぬご支援に感謝申し上げます。
a0216706_1242033.jpg
     左:稲垣智子 (Left: Tomoko Inagaki/2004) 右:ジェイソン・コフキ (Right: Jason Kofke/2010)



 
[PR]
by arcus4moriya | 2016-04-29 19:27 | AIR | Comments(0)
<< 5月も終わり。公募の経過報告 「上映+その他のアクション」大... >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
AIR
地域とアート
オープンラジオ
アーティスト・イン・スクール
HIBINO HOSPITAL
だいちの星座
ロッカールーム
アーカスの日常
スタジオ来訪者数
2009〜2010
未分類
外部リンク
検索
ARCUS Twitter
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧