ステファニーのスタジオ:OPEN STUDIOS
ステファニー・ビックフォード=スミス [英国]

たぶん、私は日本語を話す日本人に見える、日本人として感じた

1.ステファニー・ビックフォード=スミスによるステイトメント

英国ではなく、守谷で生まれ育ったとした場合、私の人格はどれほど異なったのだろうか。私自身が日本人であると想像することから、どのように1人の人間が、異なる国籍をもつ仲間と感情のつながりを持てるのか探求しています。

コミュニティに介入し、観察することで、守谷での仲間の感情を理解し始めました。この感情と私自身の守谷での体験を比較しながら、日本人としての私はどうであるかを想像し始めました。書くこと、うごき、音、パフォーマンスを通して、私自身と他者が、それぞれ別人格をイメージすることが可能となる創造的な演習を行いました。

大規模な移民社会のなかで、国籍を維持する心理的な境界に挑戦し探求しようとしています。

制作の一部として、パブロ・ナルーダによる「衣服への歌」を独唱します。



2. 飯田志保子氏によるコメント [ ゲストキュレーター 2015 / キュレーター / 東京藝術大学美術学部先端芸術表現科准教授 ]
「日本人になる」ためのリサーチを行いたいという興味深い提案をしてきたビックフォード=スミス。まずはドローイングや写真を用いて自分と周囲の人々の外観ならびに内観的な観察を重ねた。そのうえで彼女は、自分と呼応するような立場の日本人として守谷在住か出身の同年代の女性を募集し、瞑想的なワークショップを実施。プライヴェートな部屋のようなセッティングをしたスタジオ空間に参加者を招き入れ、簡単なエクササイズをしながら自分の体の部位や動きに意識を集中するよう促した。そして参加者が互いの動作を模倣し合う時間を共有した後、どこか知らない場所にいる外国人女性の気持ちになることについての問いかけをした。それによって参加者は自意識を外部に投影し、「他者になる」過程を共有した。ビックフォード=スミスがこのワークショップで試みたのは、アイデンティティを形づくる人間の心理作用に揺さぶりをかけることである。自分の内に形成されていくかもしれない日本人のような気持ちとはどのようなものか、彼女はイギリス人としての自我を一時的に潜め、ここ守谷で感情を他者に同化させるプロセスを可視化させることに挑戦している。それは古着に袖を通し、衣服が留めているかもしれない誰かの肌と記憶の痕跡を想像することにも似ているだろう。



Special Thanks:
國分 舞、樋口 朋子、 松永 万澄、 奥村 由子、ベン・ペピアット、逆井 恵美、 ベニシア・スタンリー=スミス、清水 美帆、高橋 菊子、 高見澤 優海、 和地 恵子、山田 侑、山野井 照顕


a0216706_14443277.jpg

a0216706_14444175.jpg
a0216706_1444545.jpg
a0216706_1445328.jpg
a0216706_14451498.jpg
a0216706_1445231.jpg
a0216706_14453281.jpg
a0216706_14454096.jpg
a0216706_14454866.jpg
a0216706_14455784.jpg
a0216706_1446529.jpg
a0216706_14461426.jpg

撮影:加藤 甫
                                                                                                                                                                                                                                                                                             
                                                                                                                                                            
[PR]
by arcus4moriya | 2015-11-24 12:01 | AIR | Comments(0)
<< Eduardo's s... Stephanie's... >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
AIR
地域とアート
オープンラジオ
アーティスト・イン・スクール
HIBINO HOSPITAL
だいちの星座
ロッカールーム
アーカスの日常
スタジオ来訪者数
2009〜2010
未分類
外部リンク
検索
ARCUS Twitter
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧