「上映+その他のアクション」大木裕之と過ごす私の守谷・茨城、日常的妙。:後日考【前日まで編】
ーあの2時間半そのものが映像体験だったといえるだろうか。

「上映+その他のアクション」〈映像作品のための連続/断続的ワークショップ〉大木裕之と過ごす私の守谷・茨城、日常的妙。 を実施。 [日時:2月27日(土) 会場:アーカススタジオもりや学びの里内 和室)16:30-19:00 来場者:38人]

あの時間に起こったことを言語化するのは困難だが、自分にとって興味深い挑戦でもあるので、主観的な視点を大いに交えて、大木さん・参加者・来場者と巡った「映像を介した記録と記憶の実験」とそれにまつわるあれこれを記録させていただきたきます。
申し遅れました。どうも、藤本です。
(※写真はイベント当日に撮影されたものをランダムに掲載しています。)
a0216706_17384861.jpg
大木さんと参加者と共にこの企画を始めた2015年2月を境に、記録行為(文章・写真・脳内定着)に対して、これまでとは違う執着心が生まれ、同時に抵抗感が生まれた。起こった出来事を記録のために写真におさめたり、そこで考えたことを言葉に置き換えたり、それらの行為まで辿り着かず頭の中で反芻したりする時、それが本当に相応しいやり方だったのか、その残し方/内容で本当に良いのか、という自問がつきまとう。
大げさに言うと、その一瞬一瞬の選択と決定が、今後の自分にどのような影響を与えるのか考えてしまう。もちろん自分でコントロールできないことの方が膨大だが、そうした意識下で日々起こっている身体的反応にまで影響があるのかもしれないと思ってしまう。
a0216706_1754192.jpg
とはいうものの、やはり今の自分の判断で記録し、記憶するしかない毎日なのでするしかない。
話はイベント当日から少し遡る…

2/25[木](イベント2日前)
大木さんが電話で、「前日の2/26からが自分にとっては本番だからそこからの流れの中で決めていくことが大切」というようなことを言った。つまり、この場合言い換えると「その流れの中でしか決められないので2/27のイベント本番で何をするかは、事前にはわかり得ない。」ということになる。
この時点で、私が作成したタイムテーブルはすっかり白紙となった。
この状況はおおむね想定内で、以前からイベント当日の進行に関しては直前でも関知できなさそうだし、すべきでないだろうと想像はしていた。それだけ大木さんの集中力とその場に居合わせた人との関係、その場の流れの中でしか実現できない「何か」に初めて挑戦しようとしていたのはわかっていた。個人的には恐ろしくも、非常にエキサイティングな状況だが、私個人の判断だけで綱渡りは出来ないので…
イベント前日の2/26の昼に、本人の口から他のスタッフにもその旨を伝えてもらうことにした。
なぜなら、大木さんの言葉で語られた内容を、私の口から他者へ正確に伝えるのはいつもいつも本当に大変な作業だったからだ。要約も難しいし、だからといって再現もほぼ不可能だった。
(私の力不足…? 大木さんの言語はいつもすこぶる規格外だ。)

自分で解釈した内容ならいくらでも言えるのだが、そうすべきではないと感じていた。それが通用すると思えないほど今回のプログラムのコンセプトは繊細で未開だった。
a0216706_1831799.jpg
「その場に居合わせるスタッフと目標地点を深く共有する」ということも、この活動において欠かせないアクションのひとつだ、ということらしい。


ーーーーーーーーーー
2/26[金](イベント前日)
この日大木さんは東京の自宅を出て、朝早くに守谷駅に到着し、駅からアーカススタジオまでの間をちょっと変わったルートで歩いて来たらしい。最短ルートでも50分強はかかる道のりを、おそらくさらに時間をかけ守谷の地形や磁場に触れるようにして、道を辿りながら歩き、その間に撮影もしたようだ。
a0216706_1919498.jpg
昼前、スタジオにて大木さんからスタッフへ、前述の“イベント当日の流れとめあて”の話。
今回1番センシティブだった点は、昨年度からのワークショップで撮影した映像(1人の時に撮ったものも含める)をどういう形で見せるか、である。
短くてもよいから編集して、一旦完成した“映像作品”として上映するという選択肢ももちろんあった。
しかし、そうではない実験をしてみたい、という意図が(その他、回り道トークを含め)約2時間かけて本人の口から説明された。つまり単なる上映というよりは、ワークショップに参加した人だけでなく、当日だけ来場した人も「映像」というメディウムを介して、記録と記憶について認知し、一人ひとりが当事者として、危機感や責任感をもって人々/社会の今後を考えられるような「何か」を実践したい。

思い返せば、このような主旨の話を最初にしたのが、今年度に入って第1回目のワークショップを実施した6月4日であった。まださらに抽象的な内容だったが、参加者の西尾さん、河合さん、アメ子ちゃんにむけて大木さんは同じ目標を話していた。
a0216706_18591840.jpg
結果、その「何か」がいまいち掴めないまま、アーカスプロジェクトはこのチャレンジを受け入れるわけだが、大木さんにとっても初めての試みとなるので、来場者からどういう反応が返ってくるか、そもそもその意図がきちんと伝わるかどうか皆目見当がつかない。
…イベント2時間半の具体的な進行が決められない。これはコーディネーターとしては胃が締め付けられる。2時間半は短いともとれるが長いともとれる微妙な長さだ。この時、不安や緊張が私の頭の中を侵略し始めていた。

その後大木さんは、会場設営を少し進めてチェックイン&シエスタのために本日のお宿、ビジネス旅館吉春へ。
20:30過ぎに再びアーカススタジオに現れ、会場設営、プロジェクションの具合をチェック、映像チェック、上映にまつわる話。
23:00頃私はスタジオを出て、大木さんとバーミンヤンで映像を見返し、「妙」のこの先の話、私個人の今後のことなども聞かれた。撮影はしていただろうか…思い出せない。その後COCOSに移動。
※ワークショップ名としては「大木裕之と過ごす私の守谷・茨城、日常的妙。」だが、そこから生まれる映像作品を大木さんは「妙」と呼んでいる。

夜中1:30頃、車で大木さんを旅館へ送る。
a0216706_10574535.jpg
私はおそらく不安な気持ちで…
「2年前のあの日、アーティスト本人にこの企画を持って行ったときの覚悟を思い出せ。腹をくくってアーティストを信用すればいいだけのこと、大木裕之というアーティストと仕事をするということはそういうことだ。美術で社会に触る場をつくる。変える。etc.」と、自分に言い聞かせる。(これはイベント開始直前まで続く。)アーティストの支援を通して、人々の人生を変えたいという自分の強欲etc. について。
(この日起こったことから、茨城県の事業としてのアーカスプロジェクトを無闇に背負っている自分にも気付かされる。成果、効果、公金、税金、還元。こういった単語のネガティヴな側面ばかりがこれほどまでに自分の脳内の一部を占拠していたとは!それとも誰もかけていない期待を勝手に背負ういつもの癖かね?いやはやしかし、無闇というのは本当に危険である。)

後半、つらつらと自分の心持ちを記してしまったが、この時大木さんや参加者の皆はどのような心境だったのだろうか。明日のイベントを通してそういったこともわかりそうだ。
a0216706_11112990.jpg
参加者の当日の動きに関しては、すったもんだがあったが、結局、事前の集合時間なども無しにして「イベント当日は自分のタイミングでアーカススタジオに来るというアクションをしてください。」という旨をお伝えすることとなった。


後日考:【当日編】に続く。


[Photo:加藤甫]
ーーーーーーーーーー
※これまでのワークショップの様子はこちらからご覧いただけます。
2014年度 第1回
2014年度 第2回
2014年度 第3回
2015年度 第1回
2015年度 第2回
2015年度 第3回&4回
2015年度 番外編
2015年度 第5回
      




           
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                           
[PR]
by arcus4moriya | 2016-02-27 20:00 | 地域とアート | Comments(0)
<< View the feedba... 〈映像作品のための連続/断続的... >>


S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
AIR
地域とアート
オープンラジオ
アーティスト・イン・スクール
HIBINO HOSPITAL
だいちの星座
ロッカールーム
アーカスの日常
スタジオ来訪者数
2009〜2010
未分類
外部リンク
検索
ARCUS Twitter
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧