11/22 Eduardo's "つかむ、歩く、倒れる - segurando, andando, caindo"_2@OPEN STUDIOS
11月22日OPEN STUDIOS最終日、エドゥアルドの"つかむ、歩く、倒れる - segurando, andando, caindo"パフォーマンスまでの一日。
続きます。(前編はこちら。)
The Last day of OPEN STUDIOS. Its the time to start of Eduardo's Performance, "segurando, andando, caindo".

さて、本番です。予定時刻より遅くなってしまいましたが、それだけ入念に3組のパフォーマンスが直前まで身振り手振りで順番や表現内容を限られた時間の中で打ち合わせて、緩やかにスタート。
Finally the time for performance came. It took longer time for preparing for the performance than we expected, but they could take time to think deeply how they would perform.
a0216706_16265581.jpg
最初に、これまで個々で、または2人組で作っていた小さなバナーより格段に大きい、5色の西ノ内和紙が黒板に掲示されています。その中から各組ごとに4色選びます。終始一貫したルールがあり、「言葉を発しないこと」でした。黙々と、それぞれに自分たちのイメージするやり方で、和紙にはさみを入れ、形作っていきます。好きな形を恊働で決定し、身振り手振りで指示を出し合い、一枚一枚重ね合わせながらバナーをつくることから始まりました。
a0216706_16272936.jpg
a0216706_16304044.jpg
Firstly, each pair selected four pieces of big Nishi-no-uchi Japanese paper from five different colors that put on the black board. They had to follow the rule 'do not speak'. They concentrated on cutting the paper to visualize the form of their imaginations. They told their opinions each other with body language, stuck four pieces of paper and created banners.
a0216706_1632228.jpg
a0216706_16332253.jpg
a0216706_16341050.jpg
a0216706_16343240.jpg
a0216706_16353618.jpg
a0216706_16375177.jpg
a0216706_16392316.jpg
その後、できた組から、お互いの日常の動きを始めました。
a0216706_16413099.jpg

「あなたの生活・人生に深く関係するひとつの動き」というものは、同じ世代の生徒たちにとっては、彼らが解釈する日常の当たり前の動きでもあり、一方では内面から表出した仕草や習慣、培ってきた動きともとらえられます。他者にとってはみたこともしたこともない動きかもしれません。(私の想像するところ)、美術を学ぶ高校生の一人には、パネルに和紙を貼り、ドーサで日本画の画面をしつらえる動き。のようにも見えました。一方では鏡の前で、メイクをする日常の動き。じっと動かずにしゃがみこんで考え込む仕草の一方で、次々に運ばれてきているように見える箱か何かの封を開けて、組み立ててまた隣に移動させるような一連の動作、寝ていて起きるとすぐに眼鏡を探す動作を見せる生徒の一方で、大きく指を指して何かを指摘する動き、など。
a0216706_1644406.jpg
As soon as they finished their first performance, each pair started showing us their movement of daily life.
'One meaningful movement that deeply connect to your life' can be common habitat you do every single day or it can be personal movement you have learned from your life. For me, one of the movement that art major student did looked like she put Japanese paper on the board and draw on it, while her pair student were like sitting in front of mirror and wearing makeup. The other student sat without moving as if she was thinking something, while another student carried a kind of box, opened it and moved it away. This student woke up and looked for her glasses, while her partner ordered something with his finger.
a0216706_16472975.jpg
それぞれの個々の動きが、各組で再構成され、混ざり合った動きになったり、順序よく交互に動きを見せる組など、様々な動きが同時に、そして静かに、繰り返されます。
Each movement was combined, reconstructed, mixed, and they silently showed us various movement at the same time and repeated.
a0216706_1742328.jpg
このとき周りで観ている人たちは、どんな意味なのか考えていたことだろうと思います。人生もしくは生活に深く関係する動きは、その人の内面から出てくるしぐさ、であることは誰も知らずに。単純な動きでも、その人が表出する動きは、本人には意味のあることかもしれないし、意味もなくやっている日常の癖なのかもしれません。時折、照れたり、午前中のワークショップより緊張の面持ちで6人は自分たちでディレクションしたパフォーマンスに集中していました。
その動きを読み解くこともままならぬうちに次々と異なる3組の動きが続くと、感覚を研ぎすましてスタジオじゅうのオーディエンスが注視している緊張感が漂っていました。その感覚の差異も、プロセスをみてきた私にとっては、興味深い「一体感」と心地よい意味での「距離感」を感じました。このお互いの相手でさえ、数時間までは言葉を交わさずにその動きを真似て、相手の動きを理解することに集中していたからです。エドゥアルドの説明はごくわずかに限られ、彼らに委ねられていた、という緊張感もあります。
a0216706_1642145.jpg
I guess the audience considered the meaning of the movements. Nobody knew that the movement strongly connected to life came from his/her inside. The simple movement you do can be meaningful for you, or it can be just your habit in daily life. Sometimes performers looked they were nervous, but they really focused on the performance they directed.
The audience also concentrated trying to read their different movements. It was interesting for me to feel a sense of unity and a sense of distance at the same time. In the performance, the audience tried to understand performers, but few hours before, the performers tried hard to copy and understand the meaning of their movement. This might be because Eduardo did not explain much about his art project.
a0216706_17164476.jpg

各グループには段取りというものは課されていなかったので、一通りの動きをしたあと、自由に次の動きへ移ります。
会話せずにバナーを創り、動きを表現し、最後に言葉・文章を各グループごとに発表します。初めて声が発されます。口にする言葉は「生活・人生に関連する、意味をなす一言」というお題のもと、彼らが選んできた文章が含まれています。その一節を交互に声にする者、再構成して一つの文にする者、詩のように詠み上げたり、これまでの動きも同時に合わせる者など、様々です。
a0216706_1754510.jpg
Because Eduardo asked the students to set the time table for their performance as well, they moved onto another performance whenever they thought it was the time.
First, they made banner with body language, then they expressed their movements, and they finally spoke by presenting the words and sentences. What they spoke included their meaningful words that represented their lives. The way they spoke was different depends on the pair. For instance, this pair spoke word by word by turn, the other pair combined the sentences into one, and the last pair edited their sentences like poem and spoke with movement.
a0216706_1785330.jpg
a0216706_17124064.jpg
最後まで丹念にバナーを作り続けていた組は、バナーを黒板に掲示し終え、お互いの言葉を発します。その頃には、他の2組も、鑑賞者の一部に変化していました。
When the last pair finished to making their banner and started speaking out, the other two pairs finished their performance so they were a part of audience.
a0216706_17201290.jpg

「私は肉が好き。でも肉は私を好きじゃない。」
"I like meat. But meat does not like me."

「Words. Don't blame them because...you don't know the real meaning of it....Don't blame yourself. Because you don't know how to manage to talking the right words.」

互いの言葉が「自分の使う言葉」で述べられた後、英語と日本語でその意味を互いに訳しあい、互いの言語で呼応します。更に2人で組み合わせ意味の混ざり合った文が2人の声で発せられました。
They spoke their original sentences with their languages, they translated the meaning into English and Japanese, and they combined the meaning of their sentences and read it in both languages together.
a0216706_17203960.jpg
「I like the meaning of meat, Don't blame them, the meat. Because you don't know how to eat it. Using the right meat. Because pork chop meat, it will make you a sick.」
「わたしは肉の意味が好き。肉を非難するな。なぜなら、あなたはどのように肉を食べるのか、わからないから..正しい肉を使え。なぜなら、豚肉は、あなたを病気にさせるから」

a0216706_17232059.jpg

そのとき、文章の意味は最初の彼らそれぞれにとって意味を成す一節として出されたものとは文脈の意味を成すものではなく、2人の言葉によって紡ぎだされた言葉であり、新しい文章でした。
全て、彼ら自身が考え即興でオーディエンスの前で初めて演じたパフォーマンスです。その、終わり方も、しかり。
They created new sentences with their different languages.
They considered by themselves and winged it as performance in front of the audience.
a0216706_1721832.jpg


ふと、私はこれまでエスコーラ・オプションへに行くたびに街の中で流れる防災放送のこだまのような響きを思い出しました。例えば、日系ブラジル人社会の中で日本語を理解できる人がどれだけいただろう。わからないとき、どんな風に聞こえているのだろう。言語を使わずその社会で生きるとき、人はどうやって相手を理解しようとするのだろう。と、パフォーマンスを全て見終わったあとにフラッシュバックのようによみがえりました。
Their performance reminded me the sound of emergency disaster radio communication network I heard on the way to go to Escola Opçao. I wonder how many people can speak Japanese in Brazilian Japanese community in Joso city. How does it sound like if you do not understand Japanese? How is like to live in a society without the skill of major language, and how can you communicate with people who have different mother tongue? I could not help but think and remember the time we spent with Brazilian Japanese people.

それぞれ育った環境で培われてきた動きや仕草、そして使う言語の強さ、発音の抑揚の与える印象、伝えることの大切さと、時として無用さ、言葉のもつ意味を超えた共同言語をつくり出すことによって、エドゥアルドが試したかった「新しい文化の創られ方」の一端が垣間見えたでしょうか。
How did you think about Eduardo's experiment of combining movements, words, pronunciations and creating common language in order to seek 'how to create new culture'?
a0216706_17254170.jpg

発言する人に対する聴衆の反応は、初めてそこで発せられる言葉の意味を知る事ができます。しかし文がうまく発言できずにたどたどしくコミュニケーションすることさえも、声色さえも聴衆に緊張感や笑みをもたらし、目の前にいる彼らの動きを理解しようとする空気の中で、まるでここでこの瞬間にしか出会えない世界を表しているようにも見えました。
For the audiences, it should be the first time to hear new language made by performers. At some points of the performance, I saw the students were in awkward moment when they could not fully communicate or their voice were trembled to pronounce unfamiliar language, but the audience were enough tolerant to wait and try hearing. I was grateful to share those precious moments.

その様子がわかる動画を、エドゥアルド自身のHP上で紹介しています。
You can access the video of the performance from Eduardo's official website.
a0216706_17331048.jpg
a0216706_1730516.jpg
a0216706_17324637.jpg
パフォーマンスを終えた彼らは、いつしか仲の良い同士になっていました。
取手松陽高校の皆さん、エスコーラ・オプションの皆さん、素晴らしい体験をありがとうございました。
After the performance, the students with different background got along well.
Thank you very much for your cooperation, especially for Toride-shoyo high school and Escola Opçao.
a0216706_17343941.jpg
ビバ!ブラジル! Viva! Brazil!
a0216706_17352587.jpg


写真:加藤 甫
Photo: Hajime Kato
[PR]
by arcus4moriya | 2015-11-22 11:19 | AIR | Comments(0)
<< 11/22 OPEN STUD... 11/22 Eduardo&#... >>


S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
全体
AIR
地域とアート
オープンラジオ
アーティスト・イン・スクール
HIBINO HOSPITAL
だいちの星座
ロッカールーム
アーカスの日常
スタジオ来訪者数
2009〜2010
未分類
外部リンク
検索
ARCUS Twitter
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧