〈映像作品のための連続/断続的WS〉大木裕之と過ごす私の守谷・茨城、日常的妙。2015第3回・4回
皆さん、こんにちは。藤本です。
1月21日(木)に〈映像作品のための連続/断続的ワークショップ〉大木裕之と過ごす私の守谷・茨城、日常的妙。2015第3回目、2月13日(土)に第4回目を行いました。まず第3回目の様子をご紹介し、その後第4回目に続きます。(ちなみに、12月12日(土)も大木さんは来守谷し、帰りに参加者の河合さんとご飯を食べながら語らう会がありました。)


【第3回目】この日、大木さんはカメラを持ってきておりません。撮影するだけが映像制作ではないようです。前回までは参加者さんに集合時間/場所を伝え、きっちりスタートするような形でしたが、この回からはどうやら“臨機応変”と“適宜”がキーワードのようで2月27日の「上映+その他のアクション」に向けてチャレンジと調整が続いています。状況に反応しながら、訪れる場所や時間帯、誰に声をかけるか、これまでとは違うアプローチでとにかくフレキシブルに守谷周辺でアクションしています。
参加者を募ってプログラム化された形で映像制作をするのは、本企画オリジナルの形態で、通常大木さんはアーティスト個人として自身の方法をもってして映像制作に向き合っていることの方が多く…
a0216706_14274669.jpg
なんて言っている間に、「(参加者の)アメ子に電話してみよっか。」ということになり突然電話。アメ子ちゃんの出身校で待ち合わせ。正確には、車で近くまで行ったところで、「今○○の駐車場にいるんだけど…。」などと適宜場所を変えながら、大木さんが(おそらく)相応しいと感じる場所を探して守谷市内を漫遊し、最終的にその中学校集合ということで落ち着きました。にもかかわらず、ちょうど良い時間に来てくれたアメ子ちゃん、ありがとうございます。

合流後、アーカススタジオへ。
スタジオで会話しているうちに、アメ子ちゃんの予備校の時間が近づき駅に送っていくことに…受験を控えて忙しく大変な時間を過ごす中、大木さんが守谷に来る時には会えるようにしてくれます。

夕方にもう1人の参加者、西尾さんとも少し合流できました。
こうやって、カメラが無くとも皆さんと少しでも会うことが大木さんにとって大事なのだろうと思いました。



【第4回目】この日は、参加者の方に事前に声をかけておりません。まずスタジオで話をし、今日は“人が集まるところに行って、参加者以外の守谷周辺に住む人に対してアクションしてみよう”ということになりました。
結局メヒコにも行き、噂のフラミンゴを見ながら遅いランチをとりました。
a0216706_15151365.jpg
なかなか異常な状況なんですね、メヒコの店内。フラミンゴの不可解ながらも法則性を感じる動きを眺めながら、重力波初観測のニュースから始まり、アインシュタイン・放射線などが話題に。科学者と資本主義の関係は複雑なのでしょうか。
a0216706_171479.jpg

その後、守谷駅経由でイオンタウンへ。土曜日・夕飯前の時間ということもあり、たくさんのご家族連れなどで賑わっています。しかも明日はバレンタインデーですね。チョコレートを売っているお店の横に座る大木さん。
a0216706_179760.jpg
ここでは、お隣の常総市から夕飯の材料を買いに来てらした親子(お母様と高校生の息子さん)や、守谷市とその他周辺に住む中学生たちと話をしながら撮影させてもらいました。
a0216706_1810505.jpg
「将来どんな大人になりたいか」とか「外国へ行ってみたいか」など…。
若い皆さん、これからどんな人生を歩んでゆくのでしょう。今日のことを少しでも記憶しているでしょうか?突然知らない人(アーティスト)に話しかけられ、イオンの床にしゃがんで他人の目も気にしつつ話し込んだ記憶。


その後は、翌日2月14日に閉店を迎えるアピタ北守谷ショッピングセンターへ。ここは1987年に開店し、北守谷エリアの日常的な商業施設として、多くの人々の暮らしを支えてきた店です。(私もかなり通っていた。)この企画でアピタを訪れるのは2回目ですが、前回とは全く違う店内に複雑な気持ちになります。店内は一見、売りつくしセールの異様な熱気と高揚感で満たされていますが
a0216706_1831858.jpg
でもやはり圧倒的に寂寥感が勝ります。
a0216706_1833665.jpg
ソックスを買う、というアクション。
a0216706_1853970.jpg
この後、守谷市出身の知人が合流、アピタの思い出などを聞かせてくれました。それが1階の小さなフードコートだったのですが、そこからはその彼が子どもの頃に時々遊んでいたという古びたゲームセンターも見えていました。皆の思い出が詰まった場所がすっかり無くなってしまうというのは、本当に大きな出来事です。


その後は小雨降る中、つくばエクスプレス線のみらい平駅へ。守谷駅の隣の駅です。
駅の周辺は、新しい住宅、綺麗な道路、見慣れた大型スーパーやそびえ立つマンション。新しい街特有の既視感というか…匿名性の高さに似たものを感じます。

今回は、みらい平駅で解散です。
次回のブログもよろしければご覧ください。そして2月27日(土)16:30-19:00は、この活動の成果発表となる「上映+その他のアクション」を開催します。ぜひアーカススタジオにお越し下さい!
a0216706_1955648.jpg



〈映像作品のための連続/断続的WS〉大木裕之と過ごす私の守谷・茨城、日常的妙。2015【番外編】につづく。

ーーーーーーーーーー
※これまでのワークショップの様子はこちらからご覧いただけます。
2014年度 第1回
2014年度 第2回
2014年度 第3回
2015年度 第1回
2015年度 第2回
                                                                                                                                                                                                                  

                                                                                                                                                                                                      
[PR]
by arcus4moriya | 2016-02-13 22:00 | 地域とアート | Comments(0)
<< 〈映像作品のための連続/断続的... HIBINO HOSPITAL... >>


S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
AIR
地域とアート
オープンラジオ
アーティスト・イン・スクール
HIBINO HOSPITAL
だいちの星座
ロッカールーム
アーカスの日常
スタジオ来訪者数
2009〜2010
未分類
外部リンク
検索
ARCUS Twitter
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧