12/1 森美術館でのプレゼンテーション/Presentation at Mori Art Museum
こんにちは。朝重です。
Hello, Tomoshige is writing.

オープンスタジオも無事に終え、アーティストたちもしばし落ち着いた日々を過ごすなか、今日はみんなで森美術館を訪問しました。
Because OPEN STUDIOS was over finally, our residence artists look they relax and enjoy the rest of their stay in Japan. Today we visited Mori Art Museum.

今回、森美術館に来たのは、展覧会を観にきたのではありません。
アーカスプロジェクトは設立当初からアドバイザーを森美術館の館長である南條さんにお願いしております。その関係のなかで、今回はレジデンスプログラムの一環として、森美術館のキュレーターの皆様、またスタッフの皆さんにアーティストたちの活動についてプレゼンテーションの機会を頂きました。
This time, the purpose to come to Mori Art Museum was not for the exhibition.
The director of Mori Art Museum, Nanjo-san has been working as the advisor of ARCUS Project since the project started. Thanks to him, we have been able to keep good relationship between Mori Art Museum and ARCUS Project. We were honored to have this great opportunity to do presentation to introduce our residence program, particularly about artists projects for the curators and staffs of Mori Art Museum.

皆さんの貴重な時間を頂いて、キュレーター、スタッフ陣を目の前にしてアーティストたちは少し緊張の面持ち。最初に今年度の3人について簡単に紹介をします。
I am thankful to the audience to spare their time for our presentation even though they should have been busy. The artists looked a bit nervous standing in front of people. We got started by introducing three residence artists briefly.

a0216706_16302510.jpg


まずはステファニーから、彼女の過去作品と今回の活動について話します。
The first presentation was done by Stephanie. She described her past artwork and recent project.
a0216706_16303830.jpg



続いてアンガー。インドネシアの歴史構築がどのように彼の作品制作に影響を与えたのか、また今回の滞在にて、彼がどのように人の歴史をあつめたのかを語ります。
We welcomed Angga as the next presenter. He talked how Indonesian history affected his art project, and how he collected the individual and personal histories during his stay in Moriya city.

a0216706_1631488.jpg



最後に、エドゥアルド。エドゥアルドは22日に実施したパフォーマンスの記録を仮編集したものを元に、今回のプロジェクトについて説明していました。
Lastly, Eduardo explained his ongoing art project while he showed the documentary of the performance done on 22th.

a0216706_16312122.jpg



キュレーターの皆さん、スタッフの皆さんから個別に質問を受けたり、自身の制作について言葉によって説明を行うことは、レジデントアーティストたちにとっても大変貴重で重要な経験になったに違いありません。
I strongly believe that it should have been wonderful opportunity for the artists to have questions from staffs and explain their project by words.

このような経験を経て、アーティストたちが再度、日本に展覧会やプロジェクトの機会を得て、戻ってきてくれることを期待しています。
I expect the artists would get the chance for exhibition and art project in Japan through this kind of experience, and come back here someday in the future.

森美術館の皆様ありがとうございました。
Thank you very much for staffs in Mori Art Museum.
[PR]
by arcus4moriya | 2015-12-02 21:43 | AIR | Comments(0)
<< 12/4 市長表敬/Court... 11/30今年度のオープンスタ... >>


S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
全体
AIR
地域とアート
オープンラジオ
アーティスト・イン・スクール
HIBINO HOSPITAL
だいちの星座
ロッカールーム
アーカスの日常
スタジオ来訪者数
2009〜2010
未分類
外部リンク
検索
ARCUS Twitter
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧