11/27AIT+ARCUSミングリアスナイトvol.8/AIT+ARCUS Minglius Night Part 8
皆様こんにちは、山﨑が書いています。
Hello everyone, Yamasaki is writing this article.

花金の夜に良い音楽と良いビール片手に、アートについて気軽に意見交換し合えたら最高だと思いませんか?本当にそうでした。今日はアーカスプロジェクトが参加したこのイベント「AIT+ARCUSミングリアスナイトVol.8 隠れん坊~隠れた歴史や境界線を探して~」について、皆さんに共有したいと思います。
Just imagine, wouldn't it be so lovely to chat about arts with good music and good beer at Friday night? Yes it was, indeed! In this article, let me share the story about this event "AIT + ARCUS Minglius Night Part 8; Hide and Go Seek- Uncovering history and borders".
a0216706_1131527.jpg


11月27日にアーカスは、代官山のアーティスト・イン・レジデンス、AITとアーティスト・トークのイベントでコラボレーションしました。AITを会場に、AITとアーカスプロジェクト双方の滞在アーティスト達5人が過去の活動や日本滞在中に行ったリサーチ、制作についてプレゼンテーションを行いました。
On 27th of November, we collaborated with AIT, the Artist In Residence located in Daikanyama, Tokyo, and we held artists talk event together in AIT. Five residence artists from AIT and ARCUS Project did presentations about their past artworks, researches and experiences in Japan.
暖かい照明、ジャズが流れ、アーティスト達の母国にちなんだお酒と食べ物をつまみながら、参加者は交流を楽しんでいました。パジャマパーティーのような雰囲気でした。他のレジデンスの海外アーティストや美術関係者が目立ちましたが、AITが主催する現代芸術学校MADの学生さん達もいらしていました。
I felt so cozy that it was like pajama party with warm lights, jazz, beer and foods from artists' home countries. The participants were mostly artist, curator, art director and coordinator, but I also met couple of students of MAD (the non-formal contemporary arts school run by AIT). They enjoyed chatting and interacting with each other.
a0216706_1923537.jpg


イベントは和やかな雰囲気の中、アーカスプロジェクトの紹介から始まりました。
The event got started with introducing ARCUS Project.
a0216706_1192372.jpg

アーカスプロジェクトの3人のアーティストの濃いプレゼンテーションを順に聞きました;ステファニー・ビックフォード=スミス(英国)、エドゥアルド・カシューシュ(南アフリカ)、そしてティモテウス・アンガワン・クスノ(インドネシア)です。それぞれポイントが明確なプレゼンだったので、彼らの社会への問題意識や日本へ来る前の活動が今回の制作と深く繋がっていることを改めて納得しました。
We had great interest to listen to the stories of three residence artists from ARCUS; Stephanie Bickford-Smith (U.K.), Eduardo Cachucho (South Africa) and Timoteus Anggawan Kusno (Indonesia). Because the points they wanted to stress in each presentation were clear, I think it was easy to get they had created artworks as one tool to approach and deal with social subjects.
a0216706_11112327.jpg

a0216706_123662.jpg

a0216706_1282190.jpg

a0216706_11161718.jpg


アーカスプロジェクトのアーティストによる発表と質疑応答を終えた後は、AITのプレゼンテーションの時間です。まずはAITのレジデンスプログラムの概要からお話が始まりました。
After the presentations and Q&A session by ARCUS artists were over, it was AIT's turn to talk. First of all, the coordinator explained residence program in AIT.
a0216706_1211036.jpg

そしてAITの滞在アーティスト、メンヤ・ステヴェンソン(ドイツ)、エマ・ブランシュとフレデリック・ファルク(スウェーデン)のトークを聞きました。日本の文化や伝統的な産業技術が彼らの作品の中に取り入れられていく過程を見られて興味深く思いました。
Then, we welcomed AIT residence artists as presenters; Menja Stevenson (Germany)
, Fredrik Färg and Emma Marga Blanche (Sweden). It was interesting for me that they had discovered Japanese culture and traditional industrial skill as something new in arts context, and I could see the process they took those Japanese elements into their works.
a0216706_11172190.jpg

a0216706_111801.jpg


滞在アーティスト達の制作のコンセプトについて聞いたことは、日常生活や社会構造を新しい視点から見つめる良い機会となりました。最後にAITとアーカスプロジェクトの滞在アーティストとスタッフ一同で。楽しい夜の時間をありがとうございました。
It was great opportunity to see our daily lives and social structure from new point of view; arts. The photo of residence artists and staffs from AIT and ARCUS Studio. Thank you very much for inviting us to such a lovely night.
a0216706_11191259.jpg

[PR]
by arcus4moriya | 2015-11-27 11:04 | AIR | Comments(0)
<< 11/30今年度のオープンスタ... エドゥアルドのスタジオ:OPE... >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
AIR
地域とアート
オープンラジオ
アーティスト・イン・スクール
HIBINO HOSPITAL
だいちの星座
ロッカールーム
アーカスの日常
スタジオ来訪者数
2009〜2010
未分類
外部リンク
検索
ARCUS Twitter
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧