11/22 Eduardo's "つかむ、歩く、倒れる - segurando, andando, caindo"_1@OPEN STUDIOS
a0216706_10475957.jpg
こんにちは。遅ればせながら、石井です。オープンスタジオの最終日を迎えました。エドゥアルドのワークショップに参加したエスコーラ・オプションの学生と取手松陽の高校生が、この日初めて一同に会しました。
I am sorry to be late to post this article about Eduardo's Performance. The last day of OPEN STUDIOS came. The students from Escola Opçao and Toride-shoyo who had participated in his workshop met for the first time.
a0216706_10253149.jpg

なぜなら!本日は彼らのパフォーマンスがあるからです。エドゥアルドのスタジオを見学し、自分たちがどのように関わったのかを興味深く見てからの.....。
They had meeting in ARCUS Studio at very early time on this day because! They had performance. Firstly, they visited Eduardo's Studio, and they seemed impressed to see they were part of his artwork-process.
a0216706_11364359.jpg
a0216706_1139972.jpg
a0216706_10365992.jpg
最後のワークショップを午前中に実施しました。
2時からのパフォーマンスとしてお披露目する前に、初対面の学生達の様子は限られた人の間でしか知る事ができなかったので、そのときの様子を。
Then they participated in the last workshop in the morning.
I would like to describe the workshop in detailed because only few people were allowed to see the process they created their performance before they showed it in public at 2pm.
a0216706_10443070.jpg

取手松陽の高校生と、エスコーラ・オプションの中高生はそれぞれ3名、今日の本番に向けて集まりました。何をするかはもちろん、知る由もなく。ただ、事前に6人に宿題が出ていました。それは、

・2,3行の文章を書いてもってきてください。
・あなたの生活・人生に関連する、意味をなす一言を考えてきて下さい(ワークショップでやった時のように)
・あなたの生活・人生に深く関係するひとつの動きを考えてきて下さい(とても短い動きで結構です)


というもの。
これまで数回のワークショップで体験した言葉の選び方や発し方、身体の動きやバナーで自分を表す表現は、個々人と、同じ学校の顔見知りの仲間同士で作り上げたプロセスでした。故に、これまでのワークショップで個々に表現していたことを、会ったことのない相手と一緒に作り上げる最後の過程であることは、私にも理解できていました。リハーサルとなる前の、ウォーミングアップで初めて6人が最後に作り上げるプロセスが始まります。
a0216706_14313562.jpg
a0216706_10464629.jpg
Six students from both Escola Opçao and Toride-shoyo got together for the performance. They actually did not know what they would do in the performance, but they had assignments from Eduardo beforehand. It was like,
-Bring one text that you have written (short 2-3 sentences)
-One word that you say filled with meaning connected to your life (like in our workshop).
-One movement that is deeply connected to your life. (short simple movement).

They had already experienced joining his workshop to select word, speak out, express themselves by their physical movements and banners, but they did it by alone or with their classmates at the time. However, this time, they were asked to express themselves with unknown students from different school. Before rehearsal, they got started with warm-up exercises.
a0216706_1744051.jpg
身体を温めるようにストレッチをし、声を出し続けたり、発した声をできるだけ他の皆とつながるように発声したり、音程をそろえたり。エドゥアルドの指示のもと、6人が少しずつ、距離を縮めていきました。
a0216706_15122513.jpg
a0216706_1582617.jpg
They did stretching, kept calling for a while, made harmony by their voices and so on. They seemed like they were getting along little by little in the process of the exercises.
a0216706_15112358.jpg
そしてランダムに組んだ各校一人ずつの2人組で、それぞれが前回・前々回に表現した「日常の動作」を相手に見せていきます。
a0216706_0135864.jpg
a0216706_01545.jpg
They made three pairs, and each pair included students from different school. And then, each student showed their 'movement of daily life' to his/her partner.
a0216706_0161914.jpg
相手の日常がどのように体現されるのか、言葉なしにジェスチャーのみで交互に表現されていきます。おそらくお互いに日常使う言葉が違うので、会話による相談も成立しない、ということもあります。しかし、同じ世代の2人は、見よう見まね、そして顔の表情で相手に伝えていたようです。
a0216706_15325360.jpg

その交互に見せあった一通りの日常の動きを、言葉を使わない2人組によって、再構成するよう指示がでます。順番や、回数や、アレンジ構成を2人組で決めていくのです。
a0216706_1527268.jpg
a0216706_15274839.jpg
a0216706_1528361.jpg
a0216706_15284968.jpg
a0216706_15291297.jpg
a0216706_15293180.jpg
They expressed their daily lives without word but only with body language. They had different mother tongue, so I guess it was difficult for them to talk anyway. They communicated with each other with facial expression somehow.
a0216706_1535253.jpg
Eduardo asked them to combine their movements of daily life without saying anything. They recreated order and composition of the movements together.
a0216706_1531338.jpg
a0216706_1536489.jpg
a0216706_1538643.jpg
a0216706_15384779.jpg
a0216706_15402455.jpg
その光景は、言葉で言い表せないほど美しかったです。言語や住む世界、宗教の違い、外見の違いなどいろいろあっても、そして同じ国にいて国籍が同じでも、時として解さない言語を排除しても、伝え合おうとするそれぞれの態度は、同じ世代というくくりや、エドゥアルドという一人のアーティストを中心に経験を共有してきた者同士のくくりという共通項をも超えた、目と手で会話しあっている「人 対 人」の動きでした。相手の伝えようとしていることがわからないとき、人はしぐさで必死に伝えようとします。その細やかな「伝える方法」を6人はそれぞれに構築しあっていました。
a0216706_15425769.jpg
a0216706_154628.jpg
a0216706_15474076.jpg
a0216706_15512794.jpg
a0216706_1549417.jpg
a0216706_16172818.jpg
a0216706_16191145.jpg
Any word cannot express how I was moved by them at the time, it was truly beautiful. They transgressed their different backgrounds of language, environment, religion, appearance, etc., and they shared their common points like the same nationality, settled area, the experience to participated in Eduardo's workshop. They made conversation with their eyes and hands, and they were equal as "person to person". When you do not understand what other people want to tell you with language, it is inevitable to use movement. They explored and invented their original way for communication.
a0216706_16241993.jpg

さぁ、本番まで間もなくです!
続く。
OK, rehearsal is (almost?)done.
Continue...!


写真:加藤甫
(※写真2,5,13,14,15枚目を除く)

Photo: Hajime Kato
(※Except; number 2nd,5th,13th,14th, and 15th photo)
[PR]
by arcus4moriya | 2015-11-22 10:16 | AIR | Comments(0)
<< 11/22 Eduardo&#... 11/14・21キッズツアー@... >>


S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
全体
AIR
地域とアート
オープンラジオ
アーティスト・イン・スクール
HIBINO HOSPITAL
だいちの星座
ロッカールーム
アーカスの日常
スタジオ来訪者数
2009〜2010
未分類
外部リンク
検索
ARCUS Twitter
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧