11/14・21キッズツアー@OPEN STUDIOS / Guided Tour for Kids
皆さん、どうもこんにちは。藤本です。
Hello everyone, Yumiko is writing.
この度のOPEN STUDIOSは、平日も含む8日間の開催だったので、会期中11/14(土)、21(土)にキッズツアーを実施しました。対象は、小・中学生と幅広いですが、今年は参加者により深い鑑賞体験を提供するべく!ツアーを小学生向け・中学生向けにわけて実施しました。
We organized Guided tour for kids twice on 14th and 21st of November during OPEN STUDIOS. The ages of participants had diversity from primary school students to secondary school students, and we separated them into two groups depends on their ages, so that they could involve more with their unique way to think.
a0216706_1647267.jpg
a0216706_16473984.jpg
鑑賞のヒントとしてワークシートを使いながら、各アーティストのスタジオを巡ります。
We visited each artists' rooms with this learning material to make the points clear to encourage participants' understanding.
a0216706_17331148.jpg
エドゥアルド[南アフリカ]のスタジオではまず短い活動紹介の後に、鑑賞タイムです。
We got started from introducing Eduardo (from South Africa) to kids briefly.
とりわけ、彼がエスコーラ・オプション(常総市のブラジル人学校)と茨城県立取手松陽高等学校の学生に向けて実施したワークショップのドキュメントを含む映像は、時間をかけて全編を鑑賞しました。10分弱のものですが、子どもたちにとってはなかなか長い時間です。
We watched his documentary about his workshops held in Escola Opçao (the school for Brazilian Japanese students located in Joso city) and in Toride-Shoyo upper secondary school. It took less than ten minutes to watch whole film, which was fairly long time for children to keep concentrating on it.
a0216706_16471112.jpg
a0216706_16465837.jpg
その後、映像に関するフィードバックは一旦おいて、このような質問を投げかけます。
「明日、君は親の仕事でブラジルに引っ越すことになりました。
想像してみよう。」
「1番目に思いつく楽しみなことはなんだろう?」
「1番目に思いつくこわいことはなんだろう?」ワークシートに書き込みます。
The documentary was over, then we asked some questions to children like
"Just imagine you are going to move to Brazil tomorrow because of your father's job."
"What is the most exciting thing comes up to your mind?"
"How about the scariest thing to move to Brazil?" Then we let children write their answers on the worksheet.
a0216706_1724752.jpg
子どもたちから返ってきた答えは様々です。
・楽しみなことは…
食べ物、
民族衣装、
新しい友達ができること、
新しい遊び、など。
・こわいことは…
新しい友達ができるかどうか心配、
新しい家にクモの巣がないかどうか、
眠る時にこわくなる、
これまでの友達と離ればなれになること…など
という具体的な内容。
興味深かったのは、小学生のチームからは「言語が通じない」ことに関する不安がまったく出てこなかったことです。彼らの想像力に具体性が伴っていないのか、はたまたコミュニケーションの構築を言語にそれほど頼っていないということなのか…

The answers were very varied.
-The most exciting things were..
food, traditional cloth, making new friends, new way to play with friends, etc.
-The scariest things were..
Failing make new friends, nest of spider in a new house, terrifying to fall sleep in a new place, getting separated from Japanese friends, etc. They gave us specific answers.
It was interesting that primary school students did not reach to this answer "the fear of nonverbal communication". Their imaginary worlds might be far apart from reality or they might not rely on language for communication..
a0216706_17175394.jpg
その後は、エドゥアルドが守谷で実施してきたことを説明しながら、言語外でコミュニケーションを成立させるための実験…もしくはこう言い換えられるかもしれません。「母国語が違う相手と、言葉以外のいくつかの方法を用いて仲良くなるための実験」。今後、誰の身にも起こりうる環境の変化や困難な状況を、美しく本質的な方法で乗り越えていけるかもしれない、方法。
After that, I explained what Eduardo did during his stay, particularly about the experiment to communicate outside world of language; "the nonverbal experiment to get along with someone who speaks different mother tongue". The beautiful and radical way essentially to go over universal tough situation as change of environment.
a0216706_1741718.jpg


続いては、ステファニー[英国]のスタジオです。ステファニーは日本人になるということに挑戦しました。ここでは、まずスタジオを自由に見学してから、短いワークショップを体験します。
Next, we visited Stephanie (from England). She had tried to be Japanese during the period . We let kids see around the studio as they wanted, and we held a short workshop.
皆で輪になってぐるぐる歩きます。そして自分の1番親しい友人のことを思い浮かべます。家族でもかまいません。とにかく自分にとって親密な相手のことをよーく思い出します。その間、ずっと歩みは止めません。そして、ステファニーから突然このような合図があります。「はい!それでは、ここからは自分の歩き方をやめて、思い浮かべている人の歩き方をできる限り真似して、再現してください。しかも、その子の気持ちを想像しながら。」
We walked around making a circle. And we suggested them to remember their best friend or family member. The important thing was to focus on imagining details of someone who was close to them while they kept walking. Suddenly, Steph called out "Alright! Then, we are going to stop walking in the way you usually walk, but let's start copying the way your best friend walks. Take a walk just as your friend while imagining her/his feeling".
a0216706_1781778.jpg
中学生のチームニは、自分の目の前にいる人を真似するというさらに直接的な指示でした。
For the secondary students team, she told them to copy the way of the person walked in front of her/him.
a0216706_1751668.jpg
これは、なかなかに難しい。どういう特徴があったか発表してもらいました。例えば「○○ちゃんは、いつもたくさんのお友達と一緒に歩いているから、いっつも横を向いて歩いている。前を見ずに友達の方を見てる。」というものや、一緒に参加していた親御さんが「娘を想像しながら挑戦したけど、難しかった…」など。
This seemed difficult for them. We asked them how their best friends walked usually. For instance, this student replied, "a friend of mine always looks at the side of friends of her because she walks with lots of friends all the time. She does not look forward, but look beside for friends." This mother said, "I tried to imagine my daughter, and it was hard for me.."
結局、いくら親密な相手でも他者の行動を再現するのは難しいし、気持ちを想像することや寄り添うことはさらに難しい、という結果に。
As a conclusion, it was difficult to copy other's behaviors regardless how intimate relationship they were in, and it was even more difficult to imagine other's feelings and be someone's side.
a0216706_17213890.jpg
それを踏まえて、映像×3台のモニターを改めて鑑賞。ここに映し出されているのは、ベンチに座る女性3人と、その格好や表情、仕草などを模倣するステファニー。まさにステファニーが3人の協力者(この場合、守谷市出身、もしくは在住の同世代の女性たち)の行動を模倣するところから、彼女らの心境を想像し、寄り添う行為の記録です。そして、3台のモニターと一緒に置かれているのは各2枚の紙。一方は「協力者の女性がそれぞれがベンチに座りながら考えていたこと」が書かれた紙、もう一方は「ステファニーが彼女たちの心境を想像し、さらには“彼女たちとして”書いた文章」の紙。
We watched her film on three monitors again. In the film, we could see three women sat on bench, and Stephanie tried to copy each of the fashion style, facial expression and movement. This was the documentary to record Steph imagined three participants' feelings and thoughts by copying their behavior (in this case, all were the women from Moriya city, and they were in the same generation with Steph). And there were two pieces of paper in front of each monitor. One was about "what the woman was thinking while she sat on the bench", and on the another paper, Steph described what the woman was supposed to think and wrote it down as "the woman".
a0216706_1711219.jpg
子どもたちと一緒に両方を読んでみます。それらには大きなギャップがあり、その実験においてステファニーが直面した困難自体も表現されています。
逆にステファニーの動きを鑑賞者が模倣するための装置もあり、希望者は体験することができます。
We read both of the paper with children. The contents were actually different, we could get she faced the difficulty in the social experiment.
Through her work process, the participants could experience Stephanie's movement.You can see the photos below.
a0216706_17223031.jpg
a0216706_17234252.jpg
我々は、自分と他者を隔てるものをどれだけ飛び越えることができるのでしょうか。もし難しくてもできるとしたならば、それはどんな方法なのでしょうか。彼女のあらゆる実験はその可能性を探るものだったのだと思います。
Is it possible for us to be over the border between you and someone else? If so, how can we make it possible? I think the purpose of her various experiments were to look for the personal space and the way to integrate the spaces somehow.


最後はアンガー[インドネシア]のスタジオです。ここは、架空のインスティテューション「Lost and Found and Lost and What Department (LFLW : 失くして見つけて失くしてそれからどうなる課)」です。室内には、実にたくさんのものがあります。何かのメモのような文章からドローイング、写真、写真のコピー、ビデオモニターなどなど。これらは彼が滞在中に人々から集めたあらゆる物語、記憶、また秘められた質問などです。そこからインスパイアされたドローイングもあります。

ここでは、自分の一番気になるピースを見つけることを目標に鑑賞です。やはり1つを選ぶのは難しいようで、子どもたちはかなりの時間をかけて鑑賞することに。
次に、見つけたものをさらによく観察して、それを基に自分で新しい物語を作成します。文章で表現できない場合はドローイングでももちろん良いです。

The last artist we introduced to kids was Angga (from Indonesia). His studio was a temporary fictional institution, "Lost and Found and Lost and What Department". In his studio, we could see so many stuff as random note, drawings, photos, copies of photo, monitors and so on. These were stories, memories and secret questions that he had collected during his stay in ARCUS Project. We also could find the drawings inspired by these histories.
We kindly asked children to find their favorite thing in the studio. It took long time for them to see all and choose only one thing.
Next, we let them observe carefully what they found, and make a new story from it. Not only with the words, but also expressing with drawing was of course fine.
a0216706_17113511.jpg
全てのピースは、誰かの経験した、もしくは見聞きしたであろう状況が散りばめられたメモ、文章、ドローイングで、そこからあらゆるヒントを探し出し、想像力も総動員させながら、“自分が”見聞きした物語として再生させるのです。ここでも、皆たっぷりと時間をかけて考えこんでいました。
All notes, words and drawings included personal experiences. The participants were looking for hints to recreate new story imaging as if they were main character of story. Again, it took a long time to think deeply.
a0216706_1712312.jpg
a0216706_17145838.jpg
その状況を笑顔で眺め、予想をはるかに超える子どもたちの集中力に驚きながら嬉しそうにしているアンガーです。
Angga looked like he was surprised and pleasured at the same time to see them concentrate on thinking so hard.
a0216706_17151938.jpg
ここでは、人々に忘れ去られた記憶や、語られることのなかった物語を掬い取る行為によって、一方向的な歴史の形成やそれが人々に与える影響について疑問を投げかけています。
He questioned the oppressed process to form history and the affection to people by taking forgettable memory and nonverbal story by force.


時間をオーバーしてしましましたが、アーティストにとっても参加者の子どもたちにとっても有意義な体験となったことを願います。
This kids tour took much longer time than we expected. I hope this event was brilliant for both artists and children.


写真:加藤甫
(※3,6,8,9,14枚目を除く)
Photo: Hajime Kato
(Except 3rd, 6th, 8th, 9th and 14th photos)
[PR]
by arcus4moriya | 2015-11-21 16:33 | AIR | Comments(0)
<< 11/22 Eduardo&#... 11/18 Artist Ta... >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
AIR
地域とアート
オープンラジオ
アーティスト・イン・スクール
HIBINO HOSPITAL
だいちの星座
ロッカールーム
アーカスの日常
スタジオ来訪者数
2009〜2010
未分類
外部リンク
検索
ARCUS Twitter
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧