10/17アンガーの制作過程:インタビューなど/Angga's interview
皆さん、どうもこんにちは。藤本です。オープンスタジオが近づき、徐々に慌ただしくなってきたアーカススタジオです。
今回は、ティモテウス・アンガワン・クスノ(以下、アンガー)[インドネシア]の制作過程についてご紹介致します。彼は本当に手数の多い作家で、全力で制作に取り組む姿には、感心させられっぱなしです。ということで全てをご紹介はできませんが、10月17日に行ったインタビューの様子をレポート致します。
Hello everyone. Fujimoto is writing. We are getting busy nowadays because "open studio" is coming.
Today I would like to introduce one of our residence artist, Timoteus Anggawan Kusno (we call him Angga) [from Indonesia] and the process he has created his artwork. His passionate attitude towards his work has impressed us. Unfortunately, we cannot write everything about him, however, I am happy to tell you about his interview on 17th of October.
a0216706_14474282.jpg
インタビューを受けてくださったご夫婦は、アーカススタジオで作成した回覧板を見てアンガーの活動を知り(彼は人々のあらゆる物語、記憶、また秘められた質問を集めています。)、スタジオにお電話をくださいました。スタジオに行ければいいのだけど、車がなく難しいということでアンガーはご夫婦のお宅に伺い、インタビューさせてもらうことになったのです。
He interviewed this married couple. They got to know about his project through the local letter (he has collected story, memory and hidden question), and they called to our studio to offer to talk with him. Because they did not have a car, we visited their house to meet them.
事前の自己紹介等の話は、ふるまっていただいたお茶やたくさんのお茶菓子とともに。
さて、そろそろ撮影が始まります。
They provided us tea and lots of Japanese sweets.
Let's start filming.
a0216706_14475864.jpg
お二人が、アンガーのプロジェクトを介して、他の人と共有したいという記憶は、茨城県で経験した戦争体験です。奥様は水戸で、旦那様は大洗でそれぞれに戦時中に経験した事、聞いた話を教えてくださいました。お二人が小学5年生、11歳の頃の話です。
What they wanted to share through Angga's project was their experience of the war in Mito city and Oarai city in Ibaraki prefecture. Each of them told what they experienced and heard during the war. It was the time when they were 11-year-old.
a0216706_1514368.jpg
内容については、オープンスタジオ会期中に彼のスタジオでインタビュー映像として公開予定です。
ぜひそちらをご覧いただきたいです。
We are planning to broadcast his interview film in his studio during "open studio".
Please join us and take a look.
a0216706_15143065.jpg
インタビューが終わってからは、奥様が描いた絵手紙を見せていただいたり、過去にあったタイムカプセルの話をしたりしました。
After the interview, the lady showed us hand-written post cards, and shared the story about the time capsule.
a0216706_15182273.jpg
すごいのが、その後奥様が私たちの前で歌ってくれたことです。とても美しい歌声で、話している時とはまた違った印象を受けました。定期的に手話を教えてらっしゃるとのことで、その手話付きの歌は、坂本九の「見上げてごらん夜の星を」です。永六輔が作詞した文章が、先ほどのインタビューの後だと重く、奇跡のような響きをもって聴こえてきます。
What we were amazed by was she sang a song in front of us. Her voice was very beautiful, which gave us different impression from when she spoke. She sang "Love is the light" with sign language, she is the teacher of sign language by the way. We could engage the lyrics written by Ei Rokusuke with what she talked in the interview.
…アンガーも(私も)何も言葉が見つからなくて、いただいたふかし芋をゆっくり食べました。
この歌声も映像の中で聴く事ができます。
…Angga (and I) could not say anything, but we just ate steamed potatoes slowly.
You can listen to her song in the film as well.
a0216706_15364767.jpg
戦後70年を迎え、体験者の高齢化ももちろん深刻な問題ですが、今回私個人としては、茨城県内でも悲惨な空襲を体験された方が大勢いるということを今まで知らなかったことに驚きを感じました。戦争は、広島や長崎、東京だけで起こっていたことではなく日本の各所にまぎれも無く大きな爪痕を残しているのですね。これもアンガーのリサーチを介して触れることができた、“歴史”の一部です。
It has passed seventy years already after the war was over. We face the problem that the age of the war victims is getting older and older so we do not have that many opportunities to listen to the story about the war. I was personally surprised that I did not know there were so many victims who suffered from air raid in Ibaraki prefecture at the war time. The war left deep scar not only in Hiroshima, Nagasaki and Tokyo, but also in many other parts of Japan. This is also a part of "history" I could feel through Angga's research.

長時間にわたりご協力いただき、誠にありがとうございました。
Thank you so much for your cooperation.

a0216706_14471359.jpg



OPEN STUDIOS | オープンスタジオ
【会期】11月14日(土)〜22日(日) ※16日(月)を除く
【時間】13:00-19:00
関連プログラム等については、公式HPをご参照ください。

彼の制作過程をぜひ見に来てください!
[PR]
by arcus4moriya | 2015-10-17 13:44 | AIR | Comments(0)
<< 10/22, OBアーティスト... 10/16 エドゥアルドWS ... >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
AIR
地域とアート
オープンラジオ
アーティスト・イン・スクール
HIBINO HOSPITAL
だいちの星座
ロッカールーム
アーカスの日常
スタジオ来訪者数
2009〜2010
未分類
外部リンク
検索
ARCUS Twitter
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧