10/22, OBアーティスト続々再訪 - ヴェンザ・クリスト / Venzha の巻
アーカスプロジェクトにはこれまでに91人のアーティストがこのスタジオで活動し、守谷で生活してきました。(今年の招へいしている3人の現役レジデントを入れて94人になります)
先日も、茨城県北芸術祭プレ企画・アートトークイベントの開催で5年振りに来日したソンミンの他、先週・今週と懐かしい顔ぶれが次々にアーカススタジオを訪れました。
91 residence artists created artworks in our studio, and stayed in Moriya city. (We have had 94 artists so far including the ongoing artist residence project in 2015.)
In this week and last week, many past residence artists visited our ARCUS studio as Song Ming Ang came here for the first time in this five years for one of KENPOKU ART 2016 event 'art talk'.


10/18(日)に高萩の茨城県指定文化財・穂積家で「今、アートで何が起こっているか」をテーマに、これもプレイベントとしてアートトークに参加していたのはヴェンザ・クリスト(Venzha Christ / インドネシア)。彼もKENPOKU ART 2016 出展作家の一人です。
Venzha Christ from Indonesia participated in the art talk event as one of the presenter on 18th of October, and he talked about 'what happen to arts currently'. The site was Hotsumi house that is designated as culture heritage by Ibaraki prefecture. Venzha is one of the artist of KENPOKU ART 2016.

a0216706_127539.jpg
a0216706_12191960.jpg
左から南條さん、福原志保さん、そしてヴェンザ。
最初に南條さんによる KENPOKU ART 2016概要のお話、
From the left of the upper photo, you can see Nanjo-san, Shiho Fukuhara-san and Venzha.
At the beginning of the 'art talk', Nanjo-san introduced the concept of KENPOKU ART 2016.
a0216706_12204958.jpg
ちょこっとアーカスも紹介されておりました。
He mentioned about ARCUS for short introduction.
a0216706_12221951.jpg
次に、もう一人の県北芸術祭参加アーティスト、BCLの福原志保さんのバイオアートのとっっっっっても興味深い話に引き込まれました。(ここでははしょりますが、「茨城県北芸術祭」で検索するとYouTubeにもその様子があるようですよ!)
One of the artist of KENPOKU ART 2016, Shiho Fukuhara talked about her artwork as one the member of BCL, which did impressed me. (I do not write about her in detailed, but you can find the information from YouTube channel 'KENPOKU ART 2016'!)
a0216706_12244463.jpg
そしてヴェンザのプレゼンと続きます。これは懐かしいオープンスタジオの様子!彼は2002年に招聘され、守谷に滞在していました。
彼は滞在中に、常総環境センターで拾った大きな電子エレクトーンやステレオ機材を解体・改造して空気中に流れている電波に反応して音が出る装置「Heterogeneouz-ObsesiKami- ヘテロジニアス オブセッション」を作ったときの話や、(元々彼は建築も学んでいたので)子供たちと未来の自分たちの街づくりについて考えるワークショップを笠間芸術の森公園での県民祭りで行ったこと等、振り返っていました。
And then, Venzha did presentation. This slide shows the nostalgic photo of 'open studio'! He was invited to ARCUS in 2002 and had stayed in Moriya city.
He explained his artwork 'Heterogeneouz-ObsesiKami' made from big electronic piano and a part of stereo machine, and it can make sounds by reacting to electronic wave in the air. (Because he has background of architecture,) he also organized the workshop about designing the future city for children in the Ibaraki festival in Kasama art forest park.
a0216706_12271187.jpg
そしてアーカススタジオでの日本滞在後、地元ジョグジャではアーティストやクリエイター、ミュージシャンなど、多種多様な仲間が集うオルタナティブスペースとしての居場所を経て、地域の特徴も活かしたメディアラボに確立しつつ、アーカスでの体験を生かして海外のアーティスト達が行き交う拠点にまで成長したようです。(そういえばアーカススタッフも当時、現地へ訪れた事がありました。)今ではHouse Of Natural Fiber(HONF)という組織・財団として、イベントやプロジェクトを行っています。組織として巨大化しているようですが、ヴェンザ自身は相変わらず子鹿の目をしながらUFOを追い求めています。
And after his stay in ARCUS studio, he developed his hometown Yogyakarta as alternative space where diverse people who have different background, like artist, creator, musician, etc. get together, as media laboratory with local uniqueness, and as arts institution where the artists from all over the world interact with each other. (We have been there, by the way.) Now it became big organization, called House Of Natural Fiber(HONF), manages event and project, while the owner Venzha has not changed that much but still has fawn eyes and looks for UFO.

ジョグジャカルタでのFabLab拠点を仲間達と展開する一方で、アーティストだけでなく、科学者や研究者やクリエイター、ハッカー、医療従事者や農家、はたまた政府にも声をかけて自国の農作物と自然との関係を衛星データなどをハッキングして、どのようにシステムコントロールできるか否か、伝統的な焼き畑などで田畑を燃やし二酸化炭素を生み出す代わりに、いかにエネルギーを無駄にせずにリサイクルシステムを活かして何かを創りだすか、など、様々なプロジェクトに取り組んでいる話でした。
While he has developed FabLab with his company, he also has done several projects. For instance, he hacked the satellite data of the relationship between Indonesian farming products and nature, with not only artist but also scientist, professor, creator, hacker, doctor, farmer and government to explore the way to control the system. He also researched how he can create something effectively without consuming the energy, for example, taking the advantage of the recycle system, not slash‐and‐burn farming producing carbon dioxide.

数年前のドイツのトランスメディアーレでは、要するに「ドブロク」を作る仕組みのようなものを制作して受賞したという経歴もあります。去年はYCAMにて「MEDIA ART/ KITCHEN YAMAGUCHI 地域に潜るアジア:参加するオープン・ラボラトリー」に参加、グリーンズに出てたんですね。また昨年度のイノヴェイティブ・シティフォーラムにも「アートは社会と対話する」という題目で登壇していました。アートトークでもこの話をしていましたので参考までに。
Venzha won the prize in Transmediale in Germany few years ago. He participated in 'MEDIA ART/ KITCHEN YAMAGUCHI' held in YCAM in last year. Also, he made speech about 'arts carry on dialogue with society' in 'Innovative City Forum' last year.    


   

そして、守谷に帰ってくるのは...レジデンス以来です。
And he came back to Moriya...

このアートトークイベントの数日後、13年ぶりに守谷に帰って来ました。スタジオには今年招聘されたティモテウス・アンガワン・クスノがいます。彼とヴェンザは同じ故郷のジョグジャカルタ出身です。
Few days after the event 'art talk', he visited us for the first time in this thirteen years. Timoteus Anggawan Kusno has stayed in our studio. Both he and Venzha were born in Yogyakarta. We had Pius Sigit Kuncoro in 2001 as residence artist, and his hometown is also historical town, Yogyakarta.
その他にも2001年度にピウス・スィギット・クンチョローがいますが、彼もインドネシアでの京都のような歴史深い町、ジョグジャ出身です。
a0216706_1655751.jpg
アンガにとっても、大先輩の来訪にどんな会話をしていたのか....こればかりは想像のみです。彼らは終始ジャワ語で話していたので。
We could only imagine what Angga talked with Venzha because they spoke Javanese all the time.
a0216706_168877.jpg
あとから聞いた話によれば、いまや世界のあちこちで活躍しているヴェンザにとって、このアーカススタジオでの滞在が、その後の自身のキャリアに最も強く影響を及ぼした出来事だった、といっていたそうな。
Venzha told him his experience in ARCUS positively affected to build his career in abroad. Angga told us about that later.
a0216706_16133030.jpg
OBの声を聞いて現役レジデントがどう感じるかはアーティストそれぞれでしょう。日々、じっくりこれまでのプロセスを振り返り後輩に伝えたり、表現方法が違えど他のアーティストと意見交換をする時間は、キャリアを得たあとでその年月を振り返るヴェンザにとっても新鮮なのではないでしょうか。
現役レジデントにとっても、様々な思いを巡らし本人の中で自信につながるか、今後のことを考えるにも良い機会だったのではないでしょうか。ともかく、スタッフもこのような形で、現役とOBがそれぞれレジデンス後に見てきたこと、レジデンス中に体験したこと、を共有しあいながら、この場所を拠点に対話がうまれたことに、感慨深さを覚えました。来年の県北芸術祭が、楽しみです。
We do not know how Angga felt to hear about the previous residence artist's experience. It should have been interesting for Venzha to look back his life as artist by sharing the process he has built his career with young artists, and to exchange his opinion with other artists have different background.
We hope it was good opportunity for the residence artist to connect Venzha's experience to his confidence and to think his later career. Anyway, we were impressed by the dialogue they made by sharing their experience in ARCUS. We are looking forward to seeing his artwork in KENPOKU ART 2016.
[PR]
by arcus4moriya | 2015-10-22 13:49 | AIR | Comments(0)
<< 10/24 エドゥアルドWS ... 10/17アンガーの制作過程:... >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
AIR
地域とアート
オープンラジオ
アーティスト・イン・スクール
HIBINO HOSPITAL
だいちの星座
ロッカールーム
アーカスの日常
スタジオ来訪者数
2009〜2010
未分類
外部リンク
検索
ARCUS Twitter
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧