10/15 武蔵野美術大学での講義 / Lecture at Musashino Art University
皆さん、どうもこんにちは。藤本です。
Hello people. Yumiko is writing.
本日アーティスト3人は、武蔵野美術大学にお招きいただき講義しました。
Today our resident artists were invited to Musashino Art University as the lecturers.
a0216706_17271069.jpg
まずはチーフコーディネーターの朝重から、アーカスプロジェクトについて、アーティスト・イン・レジデンスについての紹介です。
First of all, the chief coordinator Tomoshige got started from introducing the artist in residence program in ARCUS Project.
a0216706_17272610.jpg
アンガーのプレゼンテーションが始まりました。過去作品について。
Then Anggawan started his presentation about his past art works.

彼のプロジェクトは常に歴史と深く関わっています。“歴史”といっても、教科書に載っていることだけではありません。あらゆる立場の人によってあらゆる角度から残されたそれらの総体が、歴史を形成しています。しかし、我々が学んでいる歴史とは必ずしもそういったものではないということは想像に難くありません。
His project is strongly linked to history. "History" is not only the past story written in book but it also consists of several perspectives of those who have different cultural background and social status. What we have learned as history subject in school is not always the same with the "history".
a0216706_17274246.jpg
彼の生まれたインドネシアでは、時の政権によって歴史が歪みを伴って提示された時期がありました。
In his home country, Indonesia, there was the time when the history was produced and rewritten because of the political situation.
彼はその事に非常に自覚的なアーティストです。その事実が現在の彼らにどのように影響を及ぼしているか、ということについても。
He is quite conscious and sensitive about the relationship between history and oppression, and about how the "artificial" history has affected people still nowadays.
a0216706_20421252.jpg
a0216706_20435127.jpg
a0216706_1728721.jpg
会場からは質問も。
Some students made a questions to him.
a0216706_1727556.jpg

続いて、ステファニー。
The next presenter was Stephanie.

プレゼンテーションは、自身が幼少期に出演したTV番組でのインタビューから始まりました。
She started her presentation with the old TV program she was interviewed in her childhood.
a0216706_18454070.jpg
このインタビューの中で、「将来、何になりたい? 」という質問に対して、当時10歳の彼女はこう答えます。「女優になりたい。物書き、発明家、アーティストにもなりたい。」そして、彼女は今でもある意味でこの事に忠実で、一貫性を持たないということとを一貫して実践しています。
One of the questions they asked in this program was "What would you like to be when you are older?". 10-year-old Stephanie at this time answered, "I would like to be an actress, writer, inventor and artist.". She is honest to follow her dream and fulfill it eventually through her art works where she has played different social and cultural roles.
a0216706_2052724.jpg
自身をツールのように扱い、様々な役割を与え、多分野における境界線を身をもって探り続けることが、彼女の活動の神髄ともいえます。
As social experiment, she gives her body various meaning, explores and tries to transgress the boundaries between many different fields.
a0216706_2018069.jpg
会場からはシャープな質問も。
The student asked the sharp question towards her presentation.
a0216706_20181410.jpg
a0216706_20183018.jpg
長沢教授からもコメントを頂きます。
Professor Nagasawa commented on the lecture.
a0216706_20193316.jpg
最後はエドゥアルドです。
The last lecturer was Eduardo.

“A Method for Experimental Production of Emotions”「感情の実験的演出方法」とでも直訳してみましょう。これだけでは理解しづらいです。彼がここで着目しているのは、言語の政治性です。言語が人の感情をどうコントロールするかというリサーチに基づいたプロジェクトです。「Flat land」という、映像と本人のレクチャーパフォーマンスを合わせた作品などがあります。
We could see the sentence “A Method for Experimental Production of Emotions” on one of the slide. It might be hard to understand fully what it meant without any explanation. What he has interested in is the language has politics. His project is based on the research about how language can control emotion. One example of his artwork is "Flat land" that is the combination of video and his lecture-performance.
a0216706_2034499.jpg
そして、学生の皆さんのために、自身の学生の頃の少し初々しい作品も上映。
Especially for this time, he showed his artwork that was created in university to the students who are the same situation as he was.
これは我々も初めて観ました。
We first watched this work.
a0216706_20265627.jpg
これは彼のパフォーマンスのドキュメント映像です。長時間のこの無理な体勢と読まれるテキストにどんな関係があるのか、オープンスタジオにお越し頂ければ少しピンとくるかもしれません。
This is the documentation of his performance. Can you guess what kind of relationship between his unnatural tough position and his reading? Come to the event "Open studio" and you may get the answer.
a0216706_2027119.jpg
a0216706_20272620.jpg
計3時間弱にわたる講義でした。皆様お疲れ様です。
The lecture lasted about three hours.
a0216706_2029350.jpg


今回、このような機会を与えてくださった長沢秀之先生、池田哲さんに心より感謝申し上げます。
We appreciate Professor Hideyuki Nagasawa and Mr. Satoshi Ikeda for giving us this great opportunity.

そして、これが学生の皆さんにとって有意義で、実用的な機会として捉えていただけていたら幸いです。というのも、今年度のアーティストたちは年齢が学生の皆さんと近いため、プレゼンの内容に修了制作が含まれていたりと、おそらくかなり近い将来を意識できるような内容であったように思うのです。
We hope this lecture was thought-provoking and the students could learn something practical. Because our resident artists are almost as young as the students, it would be our pleasure if their presentations could inspire the students especially when they think about their coming future.

次はぜひ彼らのスタジオでのアーティストトークにお越し頂きたいです!
オープンスタジオ関連プログラム
「アーティストトーク×飯田志保子」
(11月18日(水)15:00-18:00 ※入場無料)
よろしくお願いします。
The next time, we will held this event "Artist talk" in their own studios in ARCUS. It would be wonderful if you join us!
This is one of the Open studio related program; "Artist talk × Shihoko Iida" (3pm - 6pm on 18th of November ※The entrance fee is free of charge.)
We are looking forward to seeing you.
[PR]
by arcus4moriya | 2015-10-15 13:00 | AIR | Comments(0)
<< 10/16 「holding,... 10/15 ソンミン・アンの再... >>


S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
全体
AIR
地域とアート
オープンラジオ
アーティスト・イン・スクール
HIBINO HOSPITAL
だいちの星座
ロッカールーム
アーカスの日常
スタジオ来訪者数
2009〜2010
未分類
外部リンク
検索
ARCUS Twitter
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧