アーティスト紹介1 / About Artists1
こんにちは、高倉です。
今日はレジデンスアーティストの中から、
ティモテウス・アンガワン・クスノ(インドネシア)の
スタジオレポートをお届けします。とにかくたくさんの
インタビューをしたいと考える彼と1度話し始めるとあっという間に
時間が過ぎていきます。
a0216706_11461691.jpg

2011年にあった震災に端を発したインタビューは、その後に起きた原子力発電所
の事故が日常生活にどのような影響を与えたか、そしてそのことを
後世にどのように伝えていきたいか。まで、鋭い質問が続きました。
安易に答える事のできないそれらの質問は、同時に忘れてはいけない事実として
私の頭に強く思い起こされました。

熱心に聞き入る姿勢と、関心に満ちた問いかけには
時間の流れを忘れさせる力がありました。

あっという間に日が暮れた、久しぶりの出勤でした。

a0216706_13272085.jpg

Hello this is TAKAKURA.
Today I am going to introduce Timoteus Anggawan Kusno ( Indonesia )
from our residency artists.
During his stay he is trying to have interviews as much as possible.

The interview was started from disaster at 2011, accident of
nuclear power plant, and ended with this question
"How can you tell about this huge disaster to your sons, when they get older. "
All questions were sensitive to me and difficult to answer,
therefor at the same time it reminded me those are the topics
that we have to keep in our mind.

Once someone start to talk with him time goes fly.
Passing through the interview he breathe in every words, and
his way of asking questions has power to forget about time.

It is been a while to work as Arcus staff, however time runs on.

a0216706_11461592.jpg









































 

[PR]
by arcus4moriya | 2015-09-18 11:47 | AIR | Comments(0)
<< 〈映像作品のための連続/断続的... 9/11 大きな子どもが大子へ... >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
AIR
地域とアート
オープンラジオ
アーティスト・イン・スクール
HIBINO HOSPITAL
だいちの星座
ロッカールーム
アーカスの日常
スタジオ来訪者数
2009〜2010
未分類
外部リンク
検索
ARCUS Twitter
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧