8/25 アーティストたちのプレゼンテーション/Artists' presentation
皆さん、どうもこんにちは。藤本です。招聘アーティストが8/18に来日して、約1週間が経ちました。
本日は、アーティストたちがそれぞれこれまでやってきた活動と、ここアーカスプロジェクトでやろうとしていることを互いに話す機会をもちました。内部でのプレゼンテーションです。
Hello, Yumiko is writing about the artists' presentation on 18th Aug. They have spent the time here around a week.
They introduced their previous activities and projects which they are planning.

まずは最年長のエドゥアルドから。といっても彼も30歳、若手です。
First Eduardo who is older than the others. But still 30 years old, should be a young artist.
a0216706_12571112.jpg
彼はこれまで、主に映像や、映像を用いたレクチャー・パフォーマンス作品を制作しており、今回の滞在では、日本と諸外国の関係における移民の歴史・現状についてリサーチし、パフォーマンスや映像作品を制作する予定。茨城県にいる日系ブラジル人の人々について調べており、日本とブラジルの政治的な関係から導かれる彼らの社会的生活に興味をもっています。
(※代わりにアーティスト本人のコメントを掲載致します。)
During my stay at ARCUS Project I will undertake research with Brazilian-Japanese locals in Ibaraki. I am interested in the social lives of these locals related to the political connections between Brazil and Japan. If any Brazilian-Japanese locals in Moriya would like to speak with me, please contact the ARCUS Project office and they can arrange a meeting with me.
a0216706_12592291.jpg
続いて、ステファニー。
彼女は主に、映像やパフォーマンスなどの制作を行っています。今回は、イギリス人でありながら茨城県で生まれた日本人になりきって生活し、文化や慣習の相違点を体験し分析することに取り組む予定。守谷で100日のあいだに地域に溶け込み、観察を重ね、日本人になることに挑戦します。このプロジェクトの目的は完璧な結果を出すことよりも、人々に疑問を投げかけることにあります。
(※代わりにアーティスト本人のコメントを掲載致します。)
During my time in Moriya I plan to conduct a hundred day experiment to try and become Japanese from purely first hand interactions and observations with the local people by immersing myself into the community of Moriya. The intention of the project is to create a space for questions rather than resulting with a final complete solution.
a0216706_12573487.jpg
最後はアンガー。
ドローイング、彫刻、写真、映像、テキストなど、多岐にわたる制作を行っています。滞在中は、市民へのインタビューなどから民話や言い伝えを集め、新たな歴史の発掘や物語の制作を行う予定。
(※代わりにアーティスト本人のコメントを掲載致します。)
I want to conduct research about remembering. I want to invite people and let them draw the map of Moriya by using their memories. As the first bottom-up step to find questions and collecting answers, I'll be using the postcard which contains images i collect in this city as medium. Basically, I want to explore the mnemonic experience (something that makes people remember something) of people in relating themselves to the past, and presents---as part of the community. Through the images I collect (drawing, photographs, etc), I'd love to use the metaphors and metonymy as a "gate" to the people's (collective) memory.
a0216706_1355266.jpg
a0216706_12581034.jpg

普段は、一見仲の良い友人同士にも見える3人ですが、互いを単なる友人ではなく、アーティストとして強く意識できるこのようなタイミングは刺激的なはずです。
They look like friends even if they are not artists. But this opportunity could make important discussion to be conscious each other as artists.
[PR]
by arcus4moriya | 2015-08-25 23:33 | AIR | Comments(0)
<< One day of Mori... 8/21 オープニングレセプシ... >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
AIR
地域とアート
オープンラジオ
アーティスト・イン・スクール
HIBINO HOSPITAL
だいちの星座
ロッカールーム
アーカスの日常
スタジオ来訪者数
2009〜2010
未分類
外部リンク
検索
ARCUS Twitter
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧