フロレンシアの活動報告2015
皆さん、どうもこんにちは。藤本です。
5月15日のブログでもご紹介しましたが、2014年度のレジデント、フロレンシア・ロドリゲス・ヒレス[アルゼンチン]が制作のために再来日しております。
a0216706_14131082.jpg

本日は、彼女が昨年の滞在時から取り組んでいる、“Interzone”におけるプラクティスの撮影本番の日です。この日のためにフロレンシアは再来日し、参加者の方も再び集結し、事前練習をおこなってきました。
撮影の間は写真が撮れない状況だったので、事前練習(別日)の様子と、本日3時間にわたる撮影の終了後の様子をご紹介します。

事前練習(別日)
集中力を高めて、感覚を思い出します。
a0216706_146410.jpg
a0216706_141211.jpg


撮影終了後
皆さん、とてもお疲れのようです。やりきりました。
a0216706_14132889.jpg
a0216706_14134691.jpg
a0216706_1413583.jpg
a0216706_14141272.jpg
                              上4枚 撮影: Florencia Rodríguez Giles

撮影後に、その足で東京の「七針」というスペースでもプラクティスを披露しました。フロレンシアは、美術館やギャラリーで作品を発表する機会はこれまで多くありましたが、こういったライブハウスのような場所での発表は初めてだったようです。
到着すると、なぜか看板を撮影する皆さん。
a0216706_14165350.jpg
プラクティスの様子。普段とは場所の雰囲気がかなり違います。
a0216706_15134569.png
a0216706_1514229.png


ちなみに、参加者の皆さんは疲れているにもかかわらず、東京までの道程、フロレンシアの荷物を手分けして持ってくれておりました。つくづく愛されているアーティストです。

彼女の活動を通じて、これまでなかったコミュニティができ、
撮影が終わったときには「何だか卒業式みたいで、さみしい。」というような参加者の心境があり、
改めて美術やアーティストの存在の大きさを感じられた1日でした。

フロレンシア、ありがとう。また会おう!
彼女の活動にご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました。

a0216706_15133162.png

[PR]
by arcus4moriya | 2015-05-23 23:44 | AIR | Comments(0)
<< 〈映像作品のための連続/断続的... 5月16日の観測会はなくなった... >>


S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
AIR
地域とアート
オープンラジオ
アーティスト・イン・スクール
HIBINO HOSPITAL
だいちの星座
ロッカールーム
アーカスの日常
スタジオ来訪者数
2009〜2010
未分類
外部リンク
検索
ARCUS Twitter
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧