ドキュメント展・関連企画ワークショップ「新しい星座を考えてみよう!」
4月18日からスタートした「だいちの星座」プロジェクト -つくば座・もりや座- のドキュメント展もいよいよ残るところ一週間となりました。5月23日(土)までです。

ここで期間中に実施された関連プログラムのご紹介。
初日4月18日にアーティストの鈴木先生による「新しい星座を考えよう!」というワークショップが行われました。
既にできあがったそれぞれの星座。つくば座の形は、ロケットのようにも見えたり、
(ちなみにこのてっぺんの星は筑波山麓星組の撮像ポイントであって、下の3つの底辺の星の中心部がJAXAつくば宇宙センターのポイント。まさにロケット発射する位置がJAXAという奇遇!)
a0216706_1953775.jpg
もりや座は複雑な北斗12星(!!)にも見えたりするのですが、
(いちばん左の星はmorismさんの常総環境センターでの撮像ポイント、いちばん真上が松前台小学校、中心が守谷市役所、右下が郷州小学校です。詳しく知りたい方はぜひスタジオへ!)
a0216706_1961578.jpg
この日はこの星座の形から思い浮かぶ、参加者の将来の姿を思い浮かべて自由に絵を描く、というプログラムでした。
a0216706_15525913.jpg
未就学児が多かったせいか、未来は様々なものになれそうな(笑)自由な表現がたくさん創りだされました。
a0216706_15543990.jpg
そして描いた人から一人ずつどんな星座を描いたのか説明してもらいました。
a0216706_1556381.jpg
大人たちも負けじと参加。これはT-Rex座。
a0216706_15592041.jpg
こちらはヘッドホン座とトレッキング座。イメージがいろいろ膨らみます。
a0216706_15595785.jpg
このワークシートに描かれた新しい星座は、展示期間中に会場でお披露目されています。ご来場いただいた皆さんも参加して描くことができます。リピーターも増え、この初日のワークショップから、だいぶ来場者の作品も増えてきました。へび座・アイス座・未来の鳥座...と子どもたちの想像力は果てしないです。
a0216706_1864465.jpg


期間中、市内小学校の見学ツアーもありました。
a0216706_18384428.jpg
放課後、立ち寄る小学生の子たちも大勢。普段めったに間近でみることができないような人工衛星の模型もあるので、こどもたちには珍しいようです。あとは参加チームの大人のみなさんにもぜひご覧いただきたい成果です。


そして先週末の5月16日土曜日は関連企画第2弾として、「春の星座と人工衛星だいちの観測会」を実施予定でした。
あいにくの曇天となり、観測会は実施できませんでしたが、スタジオ3ではJAXA協力による、「だいち2号紹介」スペースにて、大勢の皆様にご参加いただき、地球観測研究センターの大木さんとJAXAつくば宇宙センター広報の菅谷さんにトークしていただきました。

その様子はこちら!

[PR]
by arcus4moriya | 2015-05-14 14:00 | だいちの星座 | Comments(0)
<< フロレンシアの再来日:アーティ... 3月7日もりや座撮像日。その2... >>


S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
AIR
地域とアート
オープンラジオ
アーティスト・イン・スクール
HIBINO HOSPITAL
だいちの星座
ロッカールーム
アーカスの日常
スタジオ来訪者数
2009〜2010
未分類
外部リンク
検索
ARCUS Twitter
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧